【モバマスSS】島村卯月(30)「離婚してください…」

1: ◆Q/Ox.g8wNA 2017/05/21(日) 14:47:02.06 ID:LXv+jptkO

卯月「もう限界です…」

モバP「何でそんな事言うんだ…、理由を説明してくれ……」

卯月「貴方の愛が信じられなくなりました…、お願いします…」

モバP「そんな!俺が愛してるのは卯月だけさ、誓うよ!!」

卯月「…本当ですか??」

モバP「ああっ!!」

卯月「…最近、帰りが遅いですよね……」

モバP「あ、ああ、仕事の付き合いでどうしても抜けられなくてね…、その点は苦労掛けていると思うが…」

(週刊〇春をドサッとテーブルに投げる)卯月「明日発売の週刊誌です。……楓さんと深夜まで随分楽しそうにお酒、
飲んでますね…??」

モバP「こ、コレは…その…、楓さんの機嫌取るのもウチの会社の大事な仕事だろっ!?
最早、大御所の歌姫として、事務所では欠かせない人材なんだからっ!!卯月もそれは良く知ってるじゃないか!?!?」

卯月「……超大物歌姫、長年のプロデューサーと深夜の十年愛…ふーん。ほーん…」(ペラペラとページ捲る)

モバP「……か、楓さん、俺が飲みに付き合わないとすぐヘソ曲げるから…その……」

モバP「ヘソ曲げられると進行に滞りが……その…」(シドロモドロ)

卯月「…まぁ、それは良いです。『プロデューサーさん』がモテるのは結婚前から知ってますから、ええ」

モバP「…名前で呼んでくれよ……。
機嫌が悪くなるとすぐ呼び方がプロデューサー、に戻るよな…卯月は……」

卯月「知りませんっ」(ぷいっ)

モバP「それに、俺はそんなにモテないって……、よく言うだろ?? 女房焼くほど亭主モテはせず…、って」

モバP「みんな、アイドルだった頃の最初のプロデューサーと話すのが懐かしいから、構って来るだけだって……。なっ??」
(甘える様に、卯月の背中越しに身体ごと腕で包み込もうと) 


卯月「凛ちゃん」


モバP「え”っ”っ”」(ピタっと動きが止まる)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495345622

続きを読む

タグ:

僧侶「私達には使命があります」勇者「嫌です」

1: ◆WnJdwN8j0. 2014/06/12(木) 12:00:09.13 ID:UUMCzj2B0
勇者「嫌です」

僧侶「まだ何も言ってませんが」

勇者「さっきあんたが言ったことを復唱する。最近、この世界に強い魔物が増えつつある。これは500年前、勇者に封印された魔王が蘇ろうとしているからに違いない」

僧侶「伝説の勇者様は『魔王は再び目覚めるだろう。その時は、また我々が魔王を封じよう』と言い残しております。そして私達5人は、その伝説の勇者一行の生まれ変わりなのです」

勇者「話の流れからして、俺たちが魔王を封印しろというのでしょう。嫌です」

僧侶「な、何故」

勇者「理由を話せと言うか。なら理由は3つある」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402542009

続きを読む

タグ:

ヤンキー♀「す、好きだ…バカ…///」 男「知ってる」

1: ◆aHGz2Nt3qM 2013/03/12(火) 22:39:33.07 ID:hSV8QV9AO
・男とヤンキー♀がひたすらイチャイチャするだけの話なんで吐き気がしますが悪しからず

・作者は、いま背中が痛いのでなんか変なテンションです。勢いのみで構成されるので気をつけてください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363095573

続きを読む

タグ:

及川雫「もぉーっとちゅー」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 16:22:08.33 ID:DpKbyvZNO
「……ねぇ、雫」

「はいー。なんでしょうー?」

「なんだかんやでこうして潜っちゃったわけだけど……今日も、その、これで?」

「もちろんこれで、ですよー」

「そっかぁ」

「はい。初めての時から、この前も、昨日も、ずっとずうっとこうしてきましたしー。今日も、このままでいたいですー」

「まあうん、確かに初めの時からずっとこうだけれども」

「プロデューサーさんは、私とこうしているの、嫌ですか?」

「や、嫌とかじゃないよ。ないんだけどさ」

「えへへ、それなら良かったですー。私も、プロデューサーさんとこうしていられると、とぉーても嬉しいですから」

「雫が喜んでくれるのは嬉しいよ。……ただ、ちょっと」

「? なんですかー?」

「いや、今日はいつにも増して近いなーというか。くっついてるなーというか、抱き締められてるなーというか」

「駄目でしたかー?」

「駄目というか」

「でも、こうしてぎゅうーってすると幸せですよー? 気持ちよくてー。心地よくてー」

「まあ、幸せなのは幸せかなーとも思うけど」

「でしょうー? 私、プロデューサーさんとこうしていると、とってもとぉーっても幸せになれるんです。胸がとくんとくんしてー。お腹の奥がぽかぽかしてー。ほっぺがゆるゆる緩んだりー。ちょっと熱いくらいあったかくて、いっぱい幸せなんですー」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1482304928

続きを読む

タグ:

後輩「先輩先輩!大変ですよ!」先輩「どうした」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 20:12:30.77 ID:9cLW1pt10

後輩「私を!見てください!」

先輩「はぁ…?」ジー

後輩「そんなに見つめられると照れますね///」

先輩「何が大変なのか早く言え」

後輩「昨日前髪を自分で切ってたんですよ」

後輩「そしたら切りすぎちゃって」テヘ

先輩「くだらねえ……」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1497784350

続きを読む

タグ:

暁「司令官!何を作っているの?」提督「コトリバコだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 20:20:19.46 ID:RcsAXYfHO
暁「小鳥箱?ふふっ、司令官も可愛らしい物を作るのね♪」

提督「少しニュアンスが違うかな?」

提督「でも、暁はずっとそのまま、純情可憐な子供でいてくれよ?」ナデナデ

暁「あ、頭をなでなでしないでよ!///もう子供じゃないって言ってるでしょ!///」

暁「一人前のレディーとして扱ってくれないと怒っちゃうんだから!」フンス

暁「ところで、電の姿が見当たらないんだけど、司令官心当たりあるかしら?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1490613619

続きを読む

タグ:

千歌「・・・ばーか」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 00:18:29.59 ID:huMLxS3E
千歌「曜ちゃんのばか・・」

曜「・・千歌ちゃんだって」

千歌「なに」

曜「・・・別に」

千歌「・・・ふん」

曜「・・・はぁ」

続きを読む

タグ:

勇者「魔王を倒すのに剣など不要、鉄の盾があれば十分だ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 01:54:16.24 ID:x29Stwv4o
― 魔王城 ―

魔王「ついにここまでたどり着いたか……忌まわしき勇者よ」

勇者「魔王……世界の平和のためにお前を倒す!」

魔王「ククク、しかしどうやら貴様は剣を持っておらんようだが……?」

勇者「お前を倒すのに剣など不要、この鉄の盾があれば十分だ」

魔王「強がりを抜かしおって……その思い上がり、すぐに叩き潰してくれる!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1465923255

続きを読む

タグ:

依田芳乃「多少の縁」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/09(金) 17:55:35.50 ID:ZLH09hRho


 「来月分のレッスンルーム使用予定表です」

 「あ、どうも。早いですね、助かります」

 「まぁ、いま手が空いてるんで」


書類をトレーナーさんへ手渡し、軽く笑みを返す。
そう。残念な事に手は空いてしまっている。
本来ならこんな事にかまけている場合ではないのに。

あ、いや……こんな事ってのは言い過ぎた。アイドルさんに悪いな。うん。


滑り出しはまずまずだった。
世はアイドルブームの真っ最中、その勢いは未だ衰え知らず。
一旗揚げるには絶好の機会で、即座に動き出した判断は間違っていなかった筈だ。

だが当時のオレは高校生。大学どころか短大も専門も出ちゃいない。
唯一引っ掛かったのがこのプロダクションだった。
それもあの社長はオレの能力じゃあなく、たぶん気質を買ったんじゃないかと思う。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481273735

続きを読む

タグ:

藤原肇「ハンズ事務所?」

1: ◆OW1CEojZt0DI 2017/03/14(火) 23:21:50.99 ID:/ePXQQRM0
前作よりおよそ1か月後。18歳の肇ちゃんがPと事務所の掃除をする話

・独自設定多め
・Pと肇ちゃんの関係は前作をお読みいただければ

前作

藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」



それでは、よろしくお願い致します。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489501310

続きを読む

タグ:

モバP「のど飴をあげよう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 02:30:59.02 ID:aTKEZUQnO
作者による偏見や主観、間違った情報が含まれてる場合があります。

これは杏スレではなく保奈美さんスレです。

保奈美さんスレです。


以上よろしければどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488648659

続きを読む

タグ:

モバP「飛鳥のあ蘭子志希の母乳を搾る」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/12/27(火) 21:57:59.30 ID:Ur8DiWUV0
アイドルマスターシンデレラガールズの、二宮飛鳥、高峯のあ、神崎蘭子、一ノ瀬志希のR18SSです。

プロデューサーとアイドルはその業務の上で非常に長い時間を共有し、互いに要求や意見を出し合い、それをもってより良い仕事を成し遂げるものだ。

そのため、担当Pと特に仲の深まったアイドルは、他の誰にも言わないような事を相談したりすることもありうる。

分かちがたい絆で結ばれた、大抵は年上の、大人の男。

親や友人よりも優先して頼りたいと思っても、不思議ではない。

俺の担当アイドルのうち、二宮飛鳥、高峯のあ、そして神崎蘭子も、そう思ってくれていた。

だから俺は彼女らの不安に寄り添い、悩みを受け止める一方で、役得を貪ってもいた。

何もかも都合良く進むことに、まるで不安を感じていなかった。

……今から思えば、バカな話だ。

続きを読む

タグ:

モバP「プロデューサーって大変なんだぞ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 00:37:54.54 ID:kYvaJb+10
凛「分かってるつもりだよ。私たちの為に毎日頑張ってくれてるんだし」

モバP(以下P表記)「いやいや、そういう事じゃないんだよ。プロデューサーなんだから営業やらデスクワークやらは当然だ。そんなの他の職種でも当たり前にやることだしな」

P「俺が言ってるのは、そういうことではないのだよ」

凛「どういうこと?いまいちピンとこないんだけど」

P「そうさな、例えば…」

ホワンホワンホワンホワン…




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445528274

続きを読む

タグ:

女僧侶「回復役は回復するだけではダメなのね……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:31:34.12 ID:ciDSS8FBo
勇者「君が女僧侶か、よろしく!」

戦士「一緒に魔王を倒そうぜ!」

女魔法使い「やっと回復役が仲間になってくれたわね~」



女僧侶「はいっ、よろしくお願いします!」

女僧侶(私は神に仕える身として、回復魔法には自信がある……)

女僧侶(絶対皆さんの役に立ってみせる!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473161493

続きを読む

タグ:

ことり「きいてよ絵里ちゃぁん...」絵里「どうしたの?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:54:23.57 ID:luuVNUo3O
ことり「この前やっとの思いで海未ちゃんとしたんだけど」

絵里「海未と?どうだった」

ことり「生理的に無理だった…」

絵里「え?あんなにしたがってたのに」

ことり「うん。画面越しでしか見たことないんだろうなっていう…経験無いんだなって思ったよ」

絵里「あー。容易に想像できるわね」

ことり「しかも言わせる系なの」

絵里「あらあ…」

ことり「速くやれば気持ちいいと思ってるんだよ?」

絵里「念願の相手がそんな酷いなんて…かわいそうに」ヨシヨシ

ことり「絵里ちゃぁん」ダキッ

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク