カテゴリ:男・女

男「妹達のいる前でおっぱい触りたいって言ったらどうなるだろう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/10(木) 22:46:00.534 ID:XSZfp0Pz0
男「あー、おっぱい触りてぇ~!」

妹2「!?」

男「デカパイ揉みしだきてえな~、一時間くらい」

妹2「あんたなに言ってんの……!」

男「ん?なんだ」

妹2「死ねっ! きもいんだよ!」バシッ

男「……」

男「これが普通の反応だな」

続きを読む

男「おはよう」幼馴染「あっ・・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/04(土) 23:04:14 ID:BvJU5yKM
幼馴染(顔にハナクソ付いてる・・・)

男「ん?俺の顔に何か付いてるのか?」

幼馴染「ううん、なんとも無いよ」

男「昨日は徹夜だったからな。クマが・・・」

幼馴染(どうしよう・・・こういう場合って言ったほうがいいのかな・・・)

男「幼馴染は昨日の課題どうだった?」

幼馴染(うう・・・でもやっぱり気になる・・・)

男「?」

友「おー、幼馴染と男!おはよう!」

男「オッス!」

友(はっ・・・ハナクソォ!)

続きを読む

タグ:

男「死にたいな…」女「殺人してみたい…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/01(土) 21:40:33 ID:CYhM2yQA
男・女「えっ。」

男「今なんて?」

女「そっちこそ。」

男「死にたいなって。」

女「殺人したいなって。」

男・女「……」

男・女「うぇーいっ!」パチンッ

続きを読む

女「やめて! ひどいことしないで!」

1: ◆AYcToR0oTg 2014/11/27(木) 20:58:20 ID:vVMsqdnI
女「いやあ! 私のパンツちゃんが!」

男「はあ、はあ! いいぞパンツ。その調子で俺のビッグベンを締め付けてくれ」

男「くっ、はあ……もう我慢できない! たっぷり時間を進めてやる!!」ドピュ

女「そんな、もうっ!? パンツちゃんダメ! 返事して!」

女パンツ クテー

男「ふん……もういいだろう、女に返してやる」

女「ぐすっ、うう……ひどいよ男! どうして私のパンツちゃんを!」

男「言わなければわからないか? それはなあーーーーお前が俺のパンツ君を食べたからだよ!」

女「だってあれは……!」

続きを読む

タグ:

俺「ねぇベロチューしよーよwww」二次嫁「私はあなたのお嫁さんなんかじゃ……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/17(土) 03:12:38.637 ID:Qpc9cNu70
俺「はむっ!はむっ!」チュウウウ

二次嫁「んひゅっ!?んー!んー!」ジタバタ

俺「んほっ、んほっ」レロレロ

二次嫁「やっ、きたなっ……んあっ……」

俺「うひゅひゅひゅひゅwww」ブチュッ

二次嫁「……ぅぅぅう!」

俺「愛してるよぉ二次嫁たぁん」ダキダキ

二次嫁「私は大っ嫌いです!」

俺「体は正直だぞ?」モミモミ

二次嫁「本ッ当にやめてっ!」

続きを読む

タグ:

幼女裁判長「ひこくにんを『ようじょけい』にしょする!」俺「えぇ!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 22:23:15.562 ID:veUzNB8R0
俺「そ、そんな…」ガクリッ

幼女警官「ほらっ!あるけっ!『ようじょけいむしょ』にれんこうするよっ!」

俺「うぅ…」グッスグッス

幼女警官「こらっ!なかないのっ!はやく『ようじょぱとかぁ』にのれー!」バシッ

俺「あふんっ」

続きを読む

タグ:

妹「私のこと好き?」兄「はい」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/07(月) 00:31:27.906 ID:OBAf2NiW0
妹「私も好きだよ」

妹「好き同士がする事って言ったら一つだよね?」

兄「お、おお」

妹「じゃあ…目瞑って?」

兄「あ、ああ」スッ

妹「フフッ」カシャッ

兄「え?」

続きを読む

タグ:

男装美少女「お願いだ…僕が女であることを黙っていてくれないか…」

1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/03/15(火) 02:25:54.465 ID:NoaVtY+D0
女「頼むよ…ここでの生活を終わらせたくないんだ」※全寮制男子校

女「せっかく全国大会が見えてきたのに、いまになって追放なんてされたくない」

女「頼むっ、僕とお前のチームメイト兼ルームメイトのよしみで秘密にしてくれないか!」


①口止め料は?
②どうしよっかなー

>>3

続きを読む

タグ:

お嬢様「回転寿司……初めて入りますわね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/22(土) 01:38:07.05 ID:ArC9ytE1o
お嬢様「執事、お腹が空きましたわ。どこかお店に入りましょう」

執事「お言葉ですがお嬢様、この後は3時のおやつの時間です」

執事「おいしいケーキが待っているというのに、今なにかを食べられたら……」

お嬢様「私はお腹が空いた、といってるのよ?」

執事「やれやれ、仕方ありませんね」

執事「しかし、このあたりにお嬢様の舌を満足させられるようなお店は……」

お嬢様「あそこにお寿司屋さんがあるじゃないの」

執事「あれは回転寿司ですよ。いつもお嬢様が行くお店とは違います」

お嬢様「この際、なんでもかまないわ。入りましょう」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1477067886

続きを読む

タグ:

女の子「こんにちわ」僕「!、あっ、えっ、おっ」女の子「♪」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/21(日) 15:28:07.745 ID:lh/Pyaj+0
僕「こ、んにち、わ」

女の子「ふふ、もしかして、だれかと待ち合わせですか」

僕「あ、は、はい、」

女の子「ちなみにどんな方ですか」

僕「ふえっ、そ、その、」

女の子「ネットで知り合って親しくなって実際に会ってみようということになった女の人ですか?」

僕「え、なんで」

女の子「あーやっぱり!、わたしです、はんどるねーむ○○です、こんにちわ、はじめまして!リアルではw」

僕「ふ、(フヒッwwwこんなに可愛いことか僕くんついに脱童シナリオ突入かーっ!?!?!??wwww)、ふつつつつつかものですが、ヨロシクオネガイシマスエエマジデハイヨロシクヤッテクダサイエエタノンマスwww」

女の子「へへへ、僕さん優しそうなので安心しました、とりあえず、お昼食べにどこかはいりましょう♪」テクテク

僕「は、はひ、はいっ!!(セーックス!!!)」タタタ

女の子「ふふ」ニヤ




はんどるねーむ○○さん「僕さん来ないなあ、電車遅れてるかな」

続きを読む

娼婦「結婚したいだァ?」 少年「いけませんか?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/16(水) 01:19:04.061 ID:AL0NUeac0
娼婦「あっひゃっひゃ!ボウズ、お前自分が何言ってるかわかってんか?」

少年「僕は本気です!お姉さん!」

娼婦「ボクハホンキデスー、って笑わせんなよ、オイ。だいたい身請けできる金はあるのか?金はよォ」

少年「……お小遣いを溜めれば…なんとか」

娼婦「ッチ、いくら御曹司のボンボンだからってな、娼婦身請けする金なんてなあポンと出せるもんじゃねえんだよ」

少年「そ、そうでしょうか」

娼婦「あったりめーだろうが…ったく、一発ヤった後だってのに冷静になれねえのかオメーは」

少年「…以前からずっと思ってました。あなたと…結婚したいって」

娼婦「はぁ~…(もう一発ヤれば収まるか?)ほら、来な。もう一回しよーっぜ!」

続きを読む

タグ:

男(ナンパしてみたい)女(ナンパされてみたい)

1: ◆4R9wov7guBoX 2016/03/09(水) 07:08:57.23 ID:hA1oP+lb0

男(友達が、ナンパで彼女ができたと自慢してきた)

男(「お前はナンパとかしたことないだろwwwまあお前には無理だろうなwww」とか言われた)

男(今まで俺と同じモテない男子連合の一員だった癖に)

男(許せないな)

男(俺もナンパで彼女が欲しい)

男(ナンパしてみたい)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457474937

続きを読む

タグ:

妻「なんですかこれ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 15:29:25.71 ID:AtUocz+DO
AM4:00



夫「なにって、コーラだろ」

妻「……はぁ?」

夫「ああ、缶が良かったのか? でもあのコンビニ、ペットボトルしかなくてさー」

妻「……呆れました無能ですね」

夫「あれあれ、なんで僕は罵倒されているんだろう。妻がコーラを買ってこいと言うからわざわざ買ってきたのに」

妻「コーラと言えばペプシでしょう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458368965

続きを読む

後輩「……」コソコソ 男「?」

1: ◆4R9wov7guBoX 2016/04/20(水) 07:24:56.07 ID:X2e/bUYO0

男「ねー」

後輩「!!」

男「君、一年生だよね」

後輩「は、はい!」

男「うちのクラスに用事?」

後輩「あの、えと、そういうわけじゃ……」

男「うん?」

後輩「ご、ごめんなさい! 失礼します!」ササー

男「……?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461104695

続きを読む

タグ:

女幼馴染「ボクってかわいいと思うかい?」男「別に」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:15:11.05 ID:K4MsX08P0
幼馴染「は? 一回死ねよ」

男「いやいや、正直に答えただけだが」

幼馴染「もう一回聞く。ボクってかわいいかい?」

男「全く」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「よし分かった。君を今から殺す」つ包丁

男「いや待て待て。何故そうなる」

幼馴染「ボクのことをかわいいと思わない人はこの世に必要ないからな」

男「そんなこと言ったら、多分人口の90%は必要なくなるな」

幼馴染「は?」

男「いや、なんでもない」

幼馴染「じゃあ、情けでもう一回聞いてあげる」

男「そうですか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459516506

続きを読む

タグ:

女「僕に告白してくるだなんて、君も大概変わり者だね」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/21(金) 21:09:15.298 ID:WgIVOj5b0
女「いや、バカにしてるわけじゃないんだ。そう聞こえたのなら申し訳ない」

女「ただ、毎日図書室の隅っこで一人寂しく本を読んでる僕に惚れるだなんて、中々稀有なことだろうし」

女「それに、自分で言うのもなんだけど、僕は結構変人だろう?」

女「実際、クラスでも若干浮き気味というか、遠巻きに見られてる感はあるけれど」

女「そこがミステリアスに見えていい?ふふ、褒めてるつもりだろうけど微妙な言葉だね」

女「うん、気持ちは嬉しいけれど、お断りさせていただくよ」

女「諦めない?明日も来る?……まあ、好きにしていいよ。僕の気持ちは変わらないけれど」

続きを読む

妹「兄さんがどれだけ私を意識しているのか、チェックしましょう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/11(土) 20:54:21.16 ID:gILevhAi0
妹「最近は物騒な事件も多いですし、今一度兄さんの安全性をチェックしたいと思います」

妹「えぇっと…チェック表チェック表……」

妹「よし、まずは太ももをチラ見する回数ですね…」

妹「……………」ゴソゴソ

妹「ん…ちょっと短すぎ…ですかね…」

兄「妹~~いるか~~」コンコン

妹「ひゃうい!!」

兄「ひゃうい?」

妹「し、仕方ありません……これでいきましょう…」ギュッ

続きを読む

タグ:

女子高生「こいつ痴漢でーす」痴漢「何か勘違いしてないか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/25(金) 21:31:04.20 ID:vOoUGzF80
ガタンゴトン~ガタンゴトン~

「満員電車」という現象は観光対象となるほどの東京を代表するものとなった。

発展途上国では東京同様に満員電車が現れ始めると、国の発展を実感する者が多いという。

しかし残念なことに満員電車、はたまた満員バスの増加に比例して増加する現象がある。

そう、痴漢行為だ。

悲しきかな。若き日本女性の半数は痴漢被害にあったことがあるとのことだ。

もちろん国や自治区、鉄道会社、女性自身が危険意識を持ったり、対応策を練るが被

害数は減少するどころか増加の傾向にある。

小型カメラのハイテク化、普及により盗撮被害も増加している点も見逃せない。

このSSはそんな満員電車・バスという密室空間に潜む犯罪の一部始終と痴漢犯罪の不安定さを記したものである。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443184263

続きを読む

タグ:

幼馴染「私のこと好き?」男「別に」

1: VIPにかわりまして、NIPPERがお送りします。 2015/09/26(土) 20:10:58.60 ID:Ev69lPpR0

幼馴染「いや、そこは『好き』って言えよ」

男「嘘はいかんだろ」

幼馴染「これじゃあ、聞いた私がバカみたいだろ」

男「バカなんだろ」

幼馴染「......」べしべし

男「ごめんごめん。好きだからお前のこと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443265858

続きを読む

タグ:

妻「主婦の仕事を年収に換算すると1000万円なんですって」男「ハァ?」

1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/02/25(木) 21:02:49.032 ID:B031kpPY0
<家>

妻「専業主婦の仕事を年収に換算すると1000万円なんですって」

男「ハァ?」

男「なにいってんだ。たかが家事にそんな価値があるわけないだろ」

男「昔とちがって今は電化製品が進歩して、掃除も洗濯もほとんど自動化されてるし」

男「なによりもし家事をしくじっても、困るのは俺ぐらいだ。責任も少ない」

男「それなのに1000万? 朝っぱらから笑わせるなよ」

妻「ひどい……」

続きを読む



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク