FC2ブログ

カテゴリ:とある魔術の禁書目録

佐天「あの人、かっこよかったなぁ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 11:22:20.09 ID:pMSjZlik0
初春「佐天さん、どうしたんですか?」

佐天「いやぁ、ちょっとね」

初春「何か嬉しいことがあったみたいですけど」

佐天「それ聞いちゃう? 仕方ないなー、特別に教えてあげよう!」

佐天「実は昨日、カッコイイ人みちゃってさ……」

続きを読む

  タグ:

絹旗「滝壺さんが妊娠…それで麦野と浮気ですか」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/07/24(月) 23:45:58.58 ID:cZXU7U+T0
風呂上りだった。

麦野が洗面台に現れて、こう言った。

麦野「ねぇ…浜面……」

浜面「ん?」

麦野「今日、お願い」

麦野は少しを顔赤くした。

浜面「ああ…」

俺はいつものように麦野の部屋に行った。

麦野「遅いじゃない、早く」パンパン

麦野は待ちきれないという感じで、ベッドを叩いた。

俺は麦野に近づくと、すると麦野は急に俺に抱きついた。

浜面「んっ」

麦野「浜面~~~」

麦野は力いっぱい俺を抱きしめた。

麦野の髪の匂いが風呂上りの為か、良い匂いがした。

麦野「見せろよ」

麦野は俺のシャツに手をかけて、剥ぎ取る。

続きを読む

  タグ:

黒子「さて、行きますわよ」上条「おう」

619: 黒子「さて、行きますわよ」上条「おう」 2010/05/31(月) 23:33:48.28 ID:d4.CfkMo
黒子「風紀委員ですの!そこの方々、全員今すぐ武器を放し投降を!」

「んだ?おらぁ……」

「ただのチビじゃねぇかよ!彼氏連れておままごとかぁ!?」

黒子「……」ピク

「いくらガキでも風紀委員なら能力者だろ。一気に吹っ飛ばしてやらぁ!」ダッ

黒子「……はぁ。正直に言ってその返答、もう聞き飽きましたわね」

「んだらぁぁぁ!」


「ぐぐ……」

上条「いやーさすが白井だな。あっという間だった」

黒子「ふん。わたくしがこの程度の相手に不覚を取ると思っていますの?」

「て、てめぇら逃げるぞ!とにかく散れ!」ピャー

黒子「あらあら、抵抗しては罪が深まるばかりですのに……」

黒子「上条さんはあちらに逃げた方を。わたくしは向こうの三人を追いますの」

上条「おう。白井、気を付けろよ」

黒子「ですから誰に向かって言っているのか分かっていますの?」

上条「それでもだよ、女の子なんだから!」ダッ

黒子「……はぁ」

続きを読む

  タグ:

姫神「彼氏ゲット」 絹旗「超大作戦!!」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 18:47:17.15 ID:SZQK89QT0
絹旗「これ超本当なんですかね~?」

絹旗(いつもならこんな女性向け週刊誌なんて超読みませんけど――)

絹旗(――見出しに超ひかれて、つい買ってしまいました……)

続きを読む

  タグ:

吹寄「上条当麻……か」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/17(日) 19:55:24.44 ID:piNEBuBt0
姫神「あなたは最近。上機嫌ね」

吹寄「そうかなのか? ……大覇星祭は散々だったからな。次は頑張りたいと思っているからな」

姫神「そうかしら。もっと別のことかも」

吹寄「別のこと? 他に何があるというのだ?」

姫神「好きな人とか。いるの?」

続きを読む

  タグ:

麦野「さぁて、上条を寝取って超電磁砲の出方でも見るとするか」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 04:26:31.05 ID:wRpCs6360
麦野「暇」

絹旗「超暇ですね」

麦野「なんか楽しいことないかなー…あ?」

絹旗「どうしたんですか…って、ああ」


上条「げっ、ビリビリ」

美琴「『げっ』って何よ! あとビリビリ言うな!」


絹旗「三位の人ですね。一緒にいる男は誰でしょう」

麦野「ちょうどいいじゃない。暇つぶしついでにこの前の借りを…」

絹旗「街中でのレベル5同士のマジバトルはやめてください。超迷惑です」

麦野「チッ わかってるよ」


上条「で、なんの用だよ」

美琴「べ、別に用がある訳じゃないけど…」


麦野「ん…?」

続きを読む

  タグ:

一方通行「好きです。付き合ってください」

1: ◆C97BaJbsPTqI 2013/07/26(金) 19:36:38.44 ID:LamZ9sUX0
ある晴れた日のこと


一方通行「……」

一方通行「うゥ~……だァァー!!暇すぎィ!!」

一方通行「空はこんなに青いっつーのにお先は真っ暗」

一方通行「暇過ぎて一寸先も見えねェ」

一方通行「……布団でも干すかァ」ヨイショ

ガラッ


番外個体「はぁ~いシロモヤシ」プラーン

一方通行「」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1374834998

続きを読む

  タグ:

五和「しばらく泊まりこみで護衛します」上条「えっ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/11(月) 10:36:24.68 ID:QLzsFUa40
上条の寮廊下にて

上条「いや、どうしてまた急に?まさかまた俺宛に処刑宣告でもきたのか?」

五和「そういう訳ではないのですが…最近はあなたの能力を狙っている組織も多いので…天草式との連絡役兼護衛という事で」

上条「うーん…」

インデックスはなんというだろうか?何故か機嫌が悪くなるインデックスの姿が思い浮かぶ

五和「あ…あの…何か問題がありますか…?」

五和はなんだかもじもじしてしまっている。いかん。彼女は任務で来ているのだ。断る事など出来ない

続きを読む

  タグ:

佐天「他人の能力を吸収できる能力かぁ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 21:06:41.66 ID:5r7MYW8m0
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ まだLv1だけどね」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「他人の能力を吸収できる能力らしいんだ」

続きを読む

  タグ:

浜面「俺だけアイテムの中で影薄い気がする・・・」

1: ◆Oamxnad08k 2013/09/12(木) 17:13:52.70 ID:lRZkFmmS0
浜面「まあ、しょうがねえか」

浜面「俺だけ無能力者だし、弱いし・・・」

浜面「はぁ~・・・」

浜面「いや、諦めるのはまだはやい」

浜面「何かあるはず、俺とあいつらとの決定的な違いが!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378973632

続きを読む

  タグ:

佐天「第2位を自由に行使できる能力ですって!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18(土) 00:10:47.71 ID:UW5m9oo20
佐天「初春!初春!速報だよっ!!」

初春「ななななんですか佐天さんっ」

佐天「能力が手に入ったんだけど…」

初春「それは良かったじゃないですかー」

佐天「その能力というのがね…?」

初春「はい」オチャ<ズズッ

佐天「レベル5の第2位を自由に行使できる能力らしい…!」

初春「ぬっふぇ!?」オチャ<ブー

続きを読む

  タグ:

美琴「傍にいて」

3: ◆n9cydZxNSw 2013/08/10(土) 00:31:31.44 ID:OGetzeLF0
時刻は午前四時。外は暗闇に光を射した群青の空が支配している。
まぶたを半分開いた美琴が最初に見たのは、グレーのTシャツを着た上条の後ろ姿だった。

「……おはよう」

呟くような美琴の挨拶は彼にしっかり届いたようで、男性らしいがっしりとした体をびくっと震わせた後、上条は振り向いて微笑みながらお早うを返した。

「……どこか行くの?」

「ん。ちょっと走りにな」

灰色のシャツに短パンと、彼の服装は明らかに外出用の格好であり、「運動に行く」と言えば100人中100人が納得するだろう。
しかし、美琴は不満げに上条の顔をじっと見つめる。
別に浮気などを警戒しているのではない。
そもそも彼にそんな器用さが無い事など百も承知である。
彼女が気に入らないのは唯一つ。

「私を置いてくの?」

続きを読む

  タグ:

上条「なぁインデックスお兄ちゃんって呼んでくれないか?」禁書「えっ」

1: 8 ◆H3qqj7wCjc 2016/04/17(日) 20:40:22.59 ID:RVJnM9Bv0
上条「お兄ちゃん、って呼んで欲しいんだ」

禁書「いや2回も言わなくても聞こえてるんだよ」

上条「じゃあ、いいか?」

禁書「…理由はわからないけど…今日の夜ご飯をすき焼きにしてくれるならいいかも」

上条「よっしゃあああああッ」

禁書「と、とうま?そんなに嬉しいの?」

上条「とうまじゃない!お兄ちゃんだ!」

禁書「お、お兄ちゃん…」

上条「あ、やっべこれ超かわいい」

禁書「かっ、かわいいってとうま///」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460893222

続きを読む

  タグ:

食蜂「手、離さないでね」上条「分かってるよ」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 20:49:33.27 ID:NaOM5g8tO
食蜂「うん、ありがとぉ」

上条「気にすることはないさ。今日の夕食は何が食べたい?」

食蜂「当麻さんが作るものならなんでもいいわぁ」

上条「そのなんでもいいが一番困ったりするんだけどな。今日は頑張ったしいいお肉で焼き肉でもするか」

食蜂「……うん。そうする」ニヘー

上条「よし、じゃあそうするか。一緒に買い物行こうな」

食蜂「うん」

続きを読む

  タグ:

浜面「アイテムってレズなの?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/12(土) 23:39:21.37 ID:hsE1N8L20
俺の名前は浜面仕上。

訳あって暗部のアイテムに入り、しばらくたった。

アイテムのメンバーとはそれなりに距離が縮まったと思う。

しかしそれと同時にあいつらの本性が最近露になった。

やけに女同士でスキンシップが多かったり、手をつないだり、夜一緒に寝たり…。

男だらけの世界に居たからこんなもんかと気にならなかったが…
ある日絹旗とフレンダを家まで送ったら、その別れ際にフレンダと絹旗がキスしていた。

さすがに気になって後日質問した。

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。