カテゴリ:進撃の巨人

エレン「変な機械があるぞ!」

1: レロレルト 2015/05/17(日) 21:20:21 ID:ir4Dsots0
キャラ崩壊にご注意。

エレン「なんか療を出て直ぐに変な機械があったぞ!」

アルミン「変な機械?正確にはどんな機械だった?」

エレン「えーと...長方形で...ガラスが張ってあってその中に缶みたいなのが一杯入ってたな...」

アルミン「うーん...ちょっと見に行ってみようか」

エレン「ああ!」

続きを読む

タグ:

アニ「エレンに懐かれた…」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/08(木) 22:52:23 ID:O7uxXLRs
アニ(お父さん、私訓練兵になったよ。でも退屈なんだ…友達いないから…)

アニ(ライナーは友達作っていいって言ってた。でもベルトルトに反対された…クソノッポが!)

アニ(でも、ベルトルトは正しいと思うよ。私は友達を殺すなんてこと出来ないから…それもベルトルトには見抜かれてたんだろうね)

続きを読む

タグ:

クリスタ「明日は良いことあるといいな」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/19(日) 22:03:53.84
多少のエロ百合ホモ翌要素あり



エレン達のいる寝室

ミカサ「……これは」

サシャ「貴重なミルクむにゃむにゃ……ちゅるちゅる」

エレン「んん……ッ」

げしッ!

サシャ「ぐはあ!?」

げしッ!

サシャ「はあん!?」

ミカサ「何をしているの」

サシャ「へあ?」

ミカサ「ここで、何をしているの」

サシャ「……あれ、絞りたて生ミルクはどこです!?」

アルミン「うんん……どうしたのミカうむむ?!」

ミカサ「今だけでいい、呼吸だけしてて」

アルミン「……!?」コクコク

ライナー&ベルトルト(……何が起きているんだ?)

サシャ「……ミルクじゃない? は!? ここはどこですか、ミカサ」

ミカサ「ここは、エレンの部屋」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368968633

続きを読む

タグ:

エレン「告白しようと思う。」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/19(水) 09:43:32.45
ミカサ「今・・・何と・・・?」

エレン「だからさ、告白しようと思うんだ。二度も言わせんな。でさ・・・。」

ミカサ(ああ、ついに、エレンが私に告白・・・。)

ミカサ(わかっていた、わかっていたけど、改めて言われるとなると、ああ・・・。)

ミカサ(宣言してから告白するなんて・・・、なんだか可愛い・・・。)

ミカサ(大丈夫、私はエレンを受け入れる。そもそも私はエレンのもの!)

エレン「・・・なんだけど・・・、おいミカサ、聞いてるか?」

ミカサ「はっ、ごめんなさい、何だっけ?」

エレン「だからさ、どう告白していいかがわからないんだ。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439945012

続きを読む

タグ:

エレン「巨人のいない世界」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/08(土) 06:24:33.15
こんな未来じゃない事を祈って

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370640273

続きを読む

タグ:

ハンジ「はぐれ巨人とサシャ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:43:17.24
進撃のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435585387

続きを読む

タグ:

エレン「調査兵団ってどんなだろう?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 23:47:49.25
アルミン「きっとマジメな人が多いんじゃないかな。」

~~~~~

エルヴィン「アルミンくん、ちょっと。」

アルミン「はい。」

エルヴィン「ここ、字が間違ってるから直しといて。」

アルミン「はい、すいませんでした。」

ハンジ「エルヴィン、頼まれていた資料、出来たよ。」

エルヴィン「ありがとう。」

リヴァイ「おいハンジ、私が頼んでおいた案件はどうなった?」

ハンジ「あ、申し訳ない、忘れてたよ。」

リヴァイ「何?仕方ないな。」

~~~~~

アルミン「・・・みたいな。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437058059

続きを読む

タグ:

アッカーマン「そいつはアッカーマン四天王の中でも最弱」【進撃SS】

1: ◆uSEt4QqJNo 2015/06/21(日) 20:33:58 ID:JIfgmdjw

*6月号69話までのネタバレ有り
特に69話が好きな人は見てはいけない
2巻と混ざってるようで2巻じゃない


次レスからネタバレ満載

続きを読む

タグ:

エレン「って最近ホモスレばっかりじゃねえか!!!」

1 :名無し訓練兵 :2015/04/13(月) 00:14:45
エレン「ふざけんな!! 俺はホモじゃねえぞ!!!」

アルミン「エレン、どうしたの? お風呂の時間だけど」

エレン「あ゛ぁん?」ギロッ

アルミン「ヒッ!?」ビクッ

エレン「何で俺がテメェみてーな糞もやしと背中流しっこせにゃならんのじゃボゲェェェ……」ゴゴゴ

アルミン「な、何もそこまでは」

続きを読む

タグ:

ジャン「俺はエレンに勝ちたい」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/22(土) 23:26:31.25
※原作ネタバレ及び一部キャラの口調等本編と異なる場合があります

ジャン「おいアレ見ろよマルコ」

マルコ「エレンが変な格好で倒れているね」

ミカサ「ギリギリ」

ジャン(ざまぁみろ死に急ぎ野郎!って言ったらミカサに嫌われるよな)

アルミン「エレン……って痛い!?痛いよミカサ!!」

ミカサ「アルミン。この溢れ出る感情を何処にぶつければいい?」

アルミン「少なくても僕じゃないのはたしかだよ!?」

マルコ「ジャン今ならミカサと組めるんじゃない?」

ジャン「俺は死に急ぐつもりはないからな?」

ベルトルト(この流れはライナーが来るかもね)



続きを読む

タグ:

クリスタ「ずっと…待ってたんだよ?///」ウルウルニコッ

2 :ODA兵士長 :2014/12/22(月) 01:54:31.01
お馬さんの手入れをしているこの時間。

この時間だけが私にとって安心できる時間。

私の唯一の友達のお世話をしながら物思いにふける。

私は…

ヒストリア・レイスは…

なんで生まれてきたんだろう?











立派なお医者さんで、尊敬できる自慢の父さん。

美人で、怒るとちょっと怖いけど、とっても優しい大好きな母さん。

俺と父さん、母さんは仲が凄くいい。

こんな話をしたら俺のことが羨ましくなるかもしれない。

でも、友達は一人しかいない。

物知りなそいつは外の世界についてたくさん教えてくれた。

だから俺はいつか…そいつと一緒に…

外の世界を探検するんだ!

続きを読む

タグ:

アニ「壁に穴のある街で」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/30(月) 23:15:44.66
アニ「お父さんへ。この壁の中の世界は無事終焉に向かっています」

アニ「ですからもういいですか?」

アニ「これ以上の意味が私にはわかりません」

とこんな風な手紙を私は書き、捨てる

だって届ける方法がどうやってもわからないし

わからなくなった

この世界は誰かが望んだように人類は負けそうだった

どのくらいなんだろう?

負けたかどうかは知らないし、分からない

私は一人で暮らしていた

誰とも会わない。会いたくない

滅んでしまった?かまわない。変わらないから

それは昔だって今だったそうだ

いやになる

いやになった

だから離れた

続きを読む

タグ:

ライナー「デリヘル呼んだら知り合いが来た」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 23:29:03 ID:I54cgV.Q
『ライナーへ アニたちと温泉旅行に行ってきます。一人だからって夜更かししないでね。 ベルトルトより』

ライナー「今日からベルトルトはアニと泊まりでウォールシーナ北部へ温泉旅行か・・・リア充め、爆発しろ!」

ライナー「アニと温泉、あいつら今頃・・・ああ、うらやましい」モヤモヤムラムラ

ライナー「・・・デリヘルでも呼ぶか」

続きを読む

タグ:

エレン「みんな仲良し新リヴァイ班」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/29(火) 04:44:45.85
―――隠れ家


コーーンッ コーーンッ

ミカサ「ふう…だいぶ割れた。休憩にしよう、ヒストリア」

ヒストリア「うん」

ミカサ「…」

ヒストリア「…」

ミカサ「…ユミルの事をずっと考えてるの?」

ヒストリア「!」

ミカサ「ユミルは…自分の意志であっちに行ったのだと思う」

ヒストリア「うん……私も、そう思うけど…」

エレン「おい、ミカサ、ヒストリア!お疲れさん、水だ」

ヒストリア「ん」

ミカサ「ありがとうエレン。掃除は終わった?」

エレン「いや、まだだ、ジャンの部屋が汚くてな」

ユミル「全くだ、あいつの部屋は汚ないからな」

ベルトルト「だよね、リヴァイ兵長に叱られちゃうよ」

ライナー「そいつは大変だな、あははは」

エレン「ははははは………」


エレン「…は?」

続きを読む

タグ:

ミカサ「恋はアッカーマンの戯れ」

2: 進撃の名無し 2014/11/20(木) 11:39:44 ID:O1vYX8Zo0
訓練兵なりたて時の話

ミカサ「私はミカサ・アッカーマン」

ミカサ「エレンの…家族」

ミカサ「…以上になりたい」

ミカサ「邪魔するやつは排除する」

ミカサ「誰であろうと」ジャキーン

エレンが巻いてくれたマフラーを少し引き上げ、顎を埋める。ざわめていた心が落ち着く。

…エレン……あなたは私だけのもの。

あなたには私だけがいればいい
3: 進撃の名無し 2014/11/20(木) 11:40:38 ID:O1vYX8Zo0

続きを読む

タグ:

エレン「ジャンのハートは俺のもの」

1: 名無し訓練兵 2014/12/26(金) 00:35:51 ID:F3QTacPA0
ヒューヒュー

ワーワー

エレン「イェーイ! 乗ってるかーい!?」

コニー「残りの曲は、あと一曲!」

ジャン「センキューベリーマッチ!」

エレン「俺、泣いてないよ?」

ライナー「俺、早くもう生まれたままの姿になりてえぜwww」

ジャン「お前らのこと、絶対忘れねえよ!」

コニー「ここから見える景色、ショックだったぜ?」

エレン「みんな用意はいいか? いくぜ、せ~の!!」

一同「in my pony!!」

続きを読む

タグ:

ライナー「母乳が出るようになった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/20(土) 00:45:46 ID:.qit52kM
-立体機動訓練後-

コニー「なぁマルコ?今日のお前、いつもに増して遅くなかったか?」

マルコ「実戦のことを考えて・・・っていうわけじゃなくて、最近また筋肉がついて体型が変わってきたみたいで、シャツがきついんだ。ボタンが弾け飛んじゃいそうで、激しく動けなくてね」

ベルトルト「ボタン付けってめんどうだもんね、でも、実戦ではそんなこと言ってられないよね」

ジャン「そうだぞ、おっぱい見られたくないから本気出さずに飛んでて巨人に齧られました、じゃ、シャレになんねぇだろ」

マルコ「お前が付けまくった痕をみんなに見せらんないからだよ」ボソ

ライナー「俺のみたいに伸縮性のあるインナーにすればいい。ほら、俺の大胸筋にもどんな激しい動きにも耐える優れものだぞ」

続きを読む

タグ:

ミカサ「相談×恋バナ×女子会?」

1: 進撃の名無し 2014/07/02(水) 21:33:47 ID:muWH8KeE0
――
―――


世界は突然、姿を変えた。


人類が誇るウォールシーナ、ローゼ、

そしてマリア・・・


三つの壁は一瞬にして消えた・・・
 
その巨大な構造物の跡には深い溝が残るのみであった。


そして忌むべき存在である巨人・・・

奴らも一週間たった今、

その姿を見せることはなかった。


―――
――


まあ私は今、別の問題で忙しい・・・ので

この話は数十年後にでもしようと思う。(しない)

続きを読む

タグ:

ミカサ「一日教官をやらせてください」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/16(土) 20:21:10.46
キース「言っている意味が分からん。何だ、一日教官って」

ミカサ「よく一日署長とかあるじゃないですか。それの教官版です」

キース「だめだ! なに訓練兵の分際で教官をやりたいとか言ってるんだ!」

ミカサ「そこをなんとか!」ガシッ

キース「ええい、離せアッカーマン訓練兵! ダメなものはダメだ!」バッ

ミカサ「私の黒髪を分けてあげますから!」

キース「いらん! っていうか失礼だ!」

続きを読む

タグ:

ミカサ「エレンが二人になった」

1: 名無し訓練兵 2014/12/27(土) 20:02:14 ID:fXSPVm8c0
ミカサ「エレン、そろそろ朝食の時間」

エレン「おう、すぐ行く」

ミカサ「エレンも早く」

アルミン「うん……えっ?」

エレン「ミカサ、今お前のことエレンって言ったか?」

アルミン「うん……気のせいかな?」

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク