上条「寮監……ですか」その1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 02:33:17.75 ID:Xn0yJflc0
コンコン

上条「あのー、こちらでアルバイトの募集をしていると聞いてきたんですが」

-「おお、待っていたぞ。さあ入りなさい」

上条「失礼します。上条当麻と申します」

寮監「ふむ、さっそくだがこの書類に目を通してもらってもいいか?」

上条「あ、それはいいんですが『誰にでもできる簡単なお仕事です』としか書かれていなかったので……」

寮監「そうだったか?それはすまなかった。君にお願いしたいのは1週間だけの寮監代理だ」

上条「寮監……ですか」

上条「……って、えええぇ!?」



みたいな感じでよろしくお願いいたします
9: そげぶされた 2010/02/26(金) 02:57:40.14 ID:Xn0yJflc0
寮監「ん?待遇に不満か?それなりの条件を用意したと思ったのだが」

上条「いや!不満なんてこれっぽっちも!思いっきり頭を下げてお願いしたいです」

上条(上条さんにとっては正直破格すぎるくらいですよ。これなら食費で破綻しかけたうちの財政も持ち直せる!)

寮監「では決まりだな」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:07:40.30 ID:Xn0yJflc0
寮監「なに、仕事はそんなに多くない。一週間だけ住み込みで簡単な仕事をしてもらうだけだ」

上条「はぁ…具体的にはどういったことを?」

寮監「主な仕事は、そうだな門限を寮生に守らせること、消灯時間後の見回りなどだな」

上条(門限?予備校の寮か何かか?)

上条「それならできそうですね。それにしてもこんな年齢の寮監代理でいいんですか?」

寮監「……いつだったか歳は関係ないと誰かに教えてもらったことがあってな」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:12:49.86 ID:Xn0yJflc0
ーーーーーー
ーーー


上条「こ、ここって常盤台中学……」

上条「まさか上条さんは女子寮の寮監代理を引き受けてしまったというのでせうか?」

上条「ふ、不幸だああぁぁぁぁ~~~!!」

ー「一体どなたですの!?エントランスで騒いでいるのは?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:18:28.81 ID:Xn0yJflc0
上条「あ、すみません、って白井?」

黒子「あら?どなたかと思えばどこぞの類人猿ではありませんか。こんなところで何をしてらっしゃいますの?というか部外者の殿方が入っていいような場所ではございませんですのよ」

上条「いや、その……なんといいましょうか、これには深い訳があって」

黒子「まさかあろうことかお姉さまを追いかけて!?」

上条「だから話を聞けって!」

ー「黒子~?さっきから何を騒いでんの?」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:25:31.10 ID:Xn0yJflc0
上条「あ」

美琴「へ?」

美琴「なっ!?なんであんたがここにいんのよ!?」

黒子「お姉さま!その類人猿に近づかないでくださいですの!きっと不法侵入ですわ!ジャッジメントにお任せくださいまし!」

上条「とりあえず落ち着け!な?」

美琴「あのシスターだけでは飽き足らず……今度は女子寮ごとってこと?」ビリビリ
19: 誰か書き手が現れるまで… 2010/02/26(金) 03:41:04.18 ID:Xn0yJflc0
上条「」

バリバリバリドッシャーン

上条「ぐっ…」

黒子「な!?お姉さまの電撃を片手で!?」

上条「待て!これ…この書類を見ればわかる!」

美琴「何よ……え?これって?」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:45:27.64 ID:Xn0yJflc0
黒子「あら?これは常盤台中学の正式な書面ですわね」

美琴「なになに……上条当麻を一週間の臨時寮監代理に任命する…?え?ええぇー!?」

黒子「」

上条「な?ちゃんとした仕事なんだって」

黒子「こんな欲望の塊の類人猿が寮監代理ですって!?」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:50:38.54 ID:Xn0yJflc0
上条「俺だって女子寮の寮監代理だって知ってた引き受けてなかったんだって」

黒子「寮監も寮監ですわ。こんなわたくしたちとそれほど歳も変わらない殿方を寮監代理にするだなんて」

美琴「今回ばかりは黒子の意見に賛成ね」

上条「そこはちゃんと確かめたさ。何でも誰かに年齢なんて関係ないって強く諭されたみたいだったな」

黒子「」

美琴「」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 03:57:04.13 ID:Xn0yJflc0
美琴(でも、これってチャンスだわ…!一週間もあいつと一緒に暮らせるわけじゃない!)

黒子(お姉さまから何やら不穏な空気を感じますの)

美琴「うふっ、うふふ…」

上条「どうしたビリビリ?顔真っ赤だぞ?」

上条「熱でもあるんじゃないのか?」ピトッ

美琴「!?」

美琴「めぎゃん」ヘロヘロヘロヘロ~
25: 携帯の電池が尽きそうです末尾0なのはwifi 2010/02/26(金) 04:05:30.95 ID:Xn0yJflc0
美琴「う、うぅ~ん?あれ?」

上条「お、目が覚めたか。よかったよかった。急に貧血起こしたみたいだったから心配したぞ」

美琴「へっ!?はっ!?あ、あたしのベッド?」

上条「白井が運んでくれたんだぜ?ビュンって。テレポートって便利だなぁ」

美琴(ちょっと…ベッドとかさっきの妄想のままじゃない!)ピィ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 04:13:42.88 ID:Xn0yJflc0
黒子「お姉さま!実は私もここにいましてよ」

美琴「えっ?あ、ええ、大丈夫気づいてたわ」(120%無視してたわ…)

黒子(この顔は完全にこの類人猿しか見えてなかったようで)

上条「ところでそろそろ門限の時刻だな。門限を破った寮生には罰を与えるように言われてるんだが、庭の草むしりとかでいいのか?」

黒子「チキンウイングヘッドロックとかでよろしいのではないですの?」

上条「へっ?」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 04:19:23.88 ID:Xn0yJflc0
上条「なんだそれ?」(料理の手伝いか何かか?)

黒子「あら?ご存知ありませんの?ではこちらへいらしてくださいまし」チョイチョイ

上条「おぅ」スタスタ

黒子「ここをこうして…こうですの!」ギュウ

上条「」パクパクパク

美琴(羨ましすぎるわ黒子)
40: 寝落ちしてしまいましたすみません 2010/02/26(金) 11:28:09.73 ID:Xn0yJflc0
美琴(今なら私も抱きついてもいい流れなんじゃ…)ソロリ

上条「」パクパク…パク……

上条「」ダラリ

美琴「はっ!ちょっと黒子!?キマってるキマってる!!」

黒子「あら?わたくしとしたことがつい」チッ

上条「」ピクピクピク
41: 誰か書きたい人はいないですか>>1は大歓迎ですよ 2010/02/26(金) 11:34:24.48 ID:Xn0yJflc0
美琴(アイツが私のベッドで寝てるわ……変な匂いとかしないわよね!?)ドキドキ

黒子(わたくしが招いた結果とはいえ、類人猿が…類人猿がお姉さまのベッドに)チッ

上条「ううぅん…はぅ!特売に行かないと!!」ガバッ

上条「あれ?ここは?」

美琴「大丈夫!?」

黒子「記憶障害を起こしておりますわね」ニヤリ
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/26(金) 13:36:23.16 ID:Xn0yJflc0
――――――
―――


上条「…という夢をみたんだ」

禁書「そんな話じゃお腹いっぱいにならないんだよ!そもそも一週間もトウマが留守にしたら私のご飯はどうするつもりだったのかな?」フルフルフルフル

上条「ま、待て!だから夢だっt」

禁書「そんなことは関係ないんだよ!」ガブッ

上条「ぎゃああぁぁぁ~~~!不幸だあああぁぁぁ!!!」



おわり
関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。