パワプロ「雅ちゃんと一緒にAV見たらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:23:36.34 ID:OYWhvDS50
雅「パワプロくん今日も練習大変だったね」

パワプロ「そうだね。けどこんな練習量じゃきっと甲子園なんて夢のまた夢だろうし…まだまだ大変なんて言ってられないよ」

雅「そうとは思うけどパワプロくん最近無理し過ぎだよ?昨日なんて練習中倒れっちゃったし…あのあと運ぶの大変だったんだからね?」

パワプロ「…ごめん」

雅(…きっと自分が集めたチームだから責任感じちゃってるんだろうなぁ…。気楽にさせてあげないとなぁ……。………!)

雅「そうだ!あそこのTSUTAYAでDVDでも借りて今週末一緒に見ようよ!きっと気晴らしになるよ!」

パワプロ「いや…いいよ…見たいDVDも無いし………」(ん?待てよ……。これは雅ちゃんの性別を確かめる良い機会かもしれない……!)

雅「そっか…。残ねn…」

パワプロ「そうだ!前きっと雅ちゃんも興味あるようなDVD借りてたんだった!ウチで一緒に見ようよ!」

雅「え!?…うん!是非行くよ!」(なんかよく分からないけどテンション高めになってくれた!)

パワプロ「じゃあ今週の日曜俺の家に来てね!」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:25:27.41 ID:OYWhvDS50
ー日曜日ー

雅「ここがパワプロくんの家…!男の子の家なんて初めて入るから緊張するなぁ…)

ピンポーン

ガチャ

パワプロ「雅ちゃんいらっしゃーい。さ、さ中に入ってー」

雅「お、お邪魔します」

パワプロ「じゃ俺の部屋行こっか。茶菓子も用意してあるよ。今日は親が居ないから安心して見れるよ」

パワプロ「はい。狭いけどここが俺の部屋ー」

雅(こ、ここがパワプロくんの部屋かぁ…。なんか男の子って感じの匂いがする…)ドキドキ

雅「そ、それで今日何のDVD見るの?パワプロくん」

パワプロ「フッフッフ。それは見てからのお楽しみだよ雅ちゃん。男なら誰でも興味あるモノだけどねっ」ガサゴソ

雅「へぇ…それは楽しみだなぁ…!」(男なら誰でも興味あるって…何だろう?)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:26:37.74 ID:OYWhvDS50
パワプロ「よし!セット完了!じゃ再生するよー」ピッ

『もしも野球部のマネージャーが部員の股間をマネジメントしまくったらシリーズ第3弾!前作好評のゲッツー(2P)に引き続き、後逸する程のエロさで最新作登場

!』

雅(こ…これって…!!)ドキドキドキドキ

『もしも野球部のマネージャーが部員の股間をマネジメントしまくったら3~熱闘!援交子園!まん塁ピンチでのトリプルプレー(3P)~』←タイトル

雅(あ…あ…アダルトビデオ!?///)カァァァァ

パワプロ「いやぁ、やっぱり野球部やってる身としてはこういうのもチェックするのが男子部員の役目だからねー」ニヤニヤ

雅(そ…そーなの!?///)ドキドキドキドキ

『あぁ…はぁぁっ!!あんっ!あぁ!!はぁぁん!!○○くんのォ…おっきいバットがァ…私のグローブにィ…入ってきちゃううううううううう!!』

パワプロ「どう?雅ちゃん。なかなかイけるっしょ?コレ」ニヤニヤ

雅「う、うん…そうだねっ…」(恥ずかしくてマトモに見れないよっ…)ドキドキドキドキ

パワプロ「よし、そろそろ抜こうかな」カチャカチャ
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:29:21.85 ID:OYWhvDS50
雅「え!?ちょっと…何してるの!?ベルト外して…まさか…」カァァァァ

パワプロ「何って…抜くんだよ。オナニーのことね。男同士だし恥ずかしくないよね?雅ちゃんも抜きたかったら抜いていいよ。ティッシュたくさんあるし」ジーッ…

雅「で、でででもっ…!」カァァァァ

ボロン!

雅「!!」

パワプロ「あぁ!このマネージャー役可愛いなぁ!はぁ!はぁ!」(まぁホントは雅ちゃんに見られて興奮してるんだけどね)シコシコ

雅(お、男の子のアレってこんなんだったんだ…。初めて見た…。どんどんおっきくなってるし…///)ドキドキドキドキ
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:31:24.15 ID:OYWhvDS50
『○○くんのォ…おちんちんバット気持ちよくてエ…ストライクゾーン入っちゃううううううぅぅぅ!!!!」』

パワプロ「はぁ!はぁ!あぁ!!!出るぅぅぅぅぅぅぅ!!!」クルン!

雅「えっ!!ちょ…なんでこっち向いて…」

ドピュドピュ…ドピュルルルルル…ベチャ!ベチャ!

雅「きゃああああああああ!!!!」

パワプロ「はぁ…!はぁ…!」

雅「あ…あ…これってセーシ…」ベト…

パワプロ「はぁ…はぁ…。ゴ…ゴメン!俺いっつも出すとき腰左に捻っちゃうんだ!雅ちゃんの顔にぶっかけるつもりは無かった!許してくれ!」ドゲザッ

雅「…これが…セーシ…。か、顔にいっぱいかかっちゃった…。うっ…ひぐっ…うぅぅ…」グスッ
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:33:19.19 ID:OYWhvDS50
パワプロ「ごめんよ。雅ちゃん。でも男同士だからそんな泣く事は無いと思う。ちょっとひどいよ雅ちゃん!!」

雅「…ふぇ!?」グスッ

パワプロ「大体おかしいよ雅ちゃんは!男なのにこのAV全然見るそぶりしないし、精子がかかったぐらいで泣くなんておかしいって!」

雅「………!?」

パワプロ「大体男じゃないんじゃないの!?ホントにちんこ付いてんのかよ!見せろよ!!」グイッ

雅「いやっ!やめてよっ!パワプロくんっ!」バシッ

パワプロ「…悪かったよ。ごめん雅ちゃん。雅ちゃんが女なわけないよね…。どうかしてたよ。じゃあその精子洗い流すために一緒にシャワー浴びよう!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:34:24.48 ID:/fJhb4050
完全に分かってるだろこいつ
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:35:46.23 ID:OYWhvDS50
雅「えっ!?えっと…ひ、1人で洗うから!気にしなくていいよ」ビクビク

パワプロ「あ、そう?なら、あっちにお風呂場あるからシャワー浴びてきなよ」

雅「うん。じゃ行ってくるね。あと、の、覗いちゃダメだからね!」

パワプロ「当たり前田のクラッカーさ。ホモじゃないんだし、そんなことしないさ」ニッコリ

雅(一時はどうなるかと思ったけど男だと思ってくれて良かった…。精子かけられたのは嫌だったけど…)タッタッタ


パワプロ「やっぱり女の子だろうな雅ちゃんは。普通なら男同士でも精子かけられたらキレるし…」ニヤニヤ

パワプロ「さて、そろそろ脱ぎ終わった頃かな…」ソロソロ…
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:40:41.16 ID:OYWhvDS50
シャアアアアアアアァ…

パワプロ「安心しきってるなぁ…。えーっと雅ちゃんのパンツは…あったコレか」ニギッ

パワプロ「やっぱり女モノのパンティーだ…。女装趣味でもない限りこんなの履かないだろう…」

パワプロ「まぁ、まだ時間あるし匂いでも嗅ぐか…」クンカクンカ

パワプロ「あぁ、良い匂いだ。甘い香りと少し癖のある匂いが反発し合いながらも引き合って何とも言えない香りを作りだしているっ…!」

パワプロ「お次は秘部のあたるところをっ…」

ペロペロ…ペロペロ…

パワプロ(ちょっと塩っぽいな…汗かいてたのかな?だが、まんまんの匂いと雅ちゃん特有の甘い体臭を嗅ぎながら舐める秘部の味は全てにおいて神秘的な味…まさ

に貧乏人がカレーの匂いを嗅ぎながら白いご飯を食べるそれに等しい感覚…っ!)

パワプロ「これが幸せ…」

パワプロ「…おっとこうしている間にも時間は過ぎていくな。次は矢部君から勧められた某アニメのシーンを使って雅ちゃんの裸を拝んでやるっ!」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:44:27.17 ID:OYWhvDS50
シャアアアァァァァア

雅(…大体取れたかな?まだ匂いがするけど…)

雅(それにしてもパワプロくんがあそこまでエッチだったなんて…いや、男の子って皆そうなのかなぁ…)ドキドキ

雅(だとしたら僕もエッチ…ってことになるのかな?あの野球部のマネージャーさん気持ちよさそうだったなぁ…)ドキドキ

雅(…って僕ってば何を考えてるんだっ!あぁもう!!男っていっているのもボロが出てくるだろうし…顔面センターさんじゃないけど…)

ガラッ!!

パワプロ「雅ちゃん!!ボディーソープ足りてなかったよね!!持ってきたよ!!」

雅「!?」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:46:38.47 ID:OYWhvDS50
パワプロ「あ…」

雅「え…」カァァァァ

パワプロ「み、雅ちゃん…。おっぱい出てるっ…!それに…下も…無い…!」

雅「で、ででで出ってよー!!」グイッ

パワプロ「雅ちゃん…雅ちゃんは俺に嘘を付いてたんだね」

雅「えっ…。ち、ち違うよ!嘘じゃないよ!だってこれは仕方無かったんだも…」

パワプロ「じゃあこのおっぱいは何だよ!!」

モニュ、モニュ
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:48:51.69 ID:OYWhvDS50
雅「きゃ!やめてよ!」ドンッ

パワプロ「許さないよ…。俺…いや皆に嘘付いてたなんて…。皆に言ってやるから…」

雅「ち、違うんだ!僕は野球がしたかっただけで…したかっただけで…うっ」ウルウル

パワプロ「また泣くのかよ。男のフリしてるくせに泣くときだけ女になるなんて都合の良い野郎だね」

雅「…うっ…ゆ、許してよ。せ、せめて皆には言わないで…。野球したいから…」

パワプロ「…じゃあ今日から俺が雅ちゃんに命令したこと全部してくれるなら考えてやらないこともないなぁ…」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:50:10.94 ID:ttEQO+or0
稀に見る外道っぷり
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:50:32.33 ID:OYWhvDS50
雅「め、命令ってどんな…」

パワプロ「いやいや、まずはやるかやらないかどっちか言ってからだよね?俺の方が立場上なんだし」

雅「…わ、分かったよ。やるよ。だから、絶対に皆には言わないでね…?」

【ここからエロ展開です。ご注意ください】
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:52:04.09 ID:OYWhvDS50
パワプロ「上出来。じゃあまずは…俺のこの大きなバットを咥えてくれるかな?」ボロン

雅「えっ…えっと…命令ってそんなことを…」カァァァァ

パワプロ「はぁ!?今更何言ってんの?やるっつったんだからやるのが当たり前だろ?女ってことバラしちゃっていいの?」

雅「うっ…分かったよ。咥えれば良いんだよね…」

パワプロ「噛むなよ。噛んだらバラすから」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:54:07.59 ID:OYWhvDS50
はむっ

パワプロ「動いて気持ちよくさせろよ」(やべっ…雅ちゃんのお口にマイバットが…この上目遣いヤベェェェ!!)

雅「んっ…んぱっ…はぁ…んんっ…」(ど、どんどん口の中で大きくなってる…!それに硬くなって…。気持ち良いのかな?)

ンチュ……レロレロ…レロレロ…

パワプロ「うおっ!!」(カ、カリの部分責めてくる雅ちゃんエロ過ぎっ!)ハァハァ

雅「はぁ…んぱっ……!」(ここが気持ち良いのかな?)レロレロ

パワプロ「も、もう止めっ!フェラはここまでっ!」ハァハァ

雅「えっ…もういいの?まだ出してないよ?」

パワプロ「フェラは…な」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:56:46.25 ID:IiUYgluI0
「えっ・・・もういいの?まだ出してないよ?」

エロス
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:55:43.11 ID:OYWhvDS50
グイッ

パワプロ「次は挿入だ」

雅「ひゃっ…!えっ!挿入はダメだよっ!イヤだっ!それだけはダメだって!」

パワプロ「あ?バラすぞ?良いの?野球したくないの?」

雅「うっ…そ、それは…」

パワプロ「あぁもう面倒くさい女だな。一回やるつったんだからやれよな。じゃ挿入すっぞ」ピトッ

雅「だっ…ダメぇぇ…!」

ズブブブッ…

雅「ひゃうっ!!痛いっ!痛い痛いよ!」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:57:14.39 ID:OYWhvDS50
パワプロ「可愛い声で鳴くんだね…もっと鳴いていいよ」レロレロ

雅「うっ…あっ…痛っ…ダメっ…耳舐めないでぇ…」

パワプロ「んっ?処女膜が亀頭にあたってるなぁ…どうしようかなぁ?奪っちゃっていい?」

雅「ダ、ダメっ…抜いてください…お願いっ!」

パワプロ「ん?もっと具体的に言わないと分かんないよ。誰の何から誰の何を抜くんだい?」

雅「うっ…恥ずかしい…」カァァァ

パワプロ「何も言わないってことは試合続行でオッケーってこと?」ニヤニヤ
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 14:59:36.79 ID:OYWhvDS50
雅「わ、分かったよ…言うよ!僕…雅の…おまんこからパワプロくんの…おちんちん抜いてください…っ!」カァァァァ

パワプロ「良くできました雅ちゃん。じゃ言えたことだし、続行で」

雅「えっ…話が違うよっ!抜くんじゃ…」

ズボボボッ…

雅「ああああああああぁ!!痛い!痛いよ!やめてよ!パワプロくん!」

パワプロ「いやぁ、分かんないとは言ったけど雅ちゃんのいうことを聞くなんて一言も言ってないからねぇ。あっ!雅ちゃんおまんこから血出てるっ!処女サヨナラだね!」

雅「あ…あぁ…!ひどい…。ひどいよパワプロくん…!」グスッ
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 15:01:30.44 ID:OYWhvDS50
パワプロ「男って偽ってった方がひどいよ。何?男子の着替えとか見たかったの?ねぇ?淫乱だねぇ雅ちゃんは」

雅「ち、違うっ…!僕は単に野球が…」

ズチュ…ズチュ…!

雅「あっ…!はぁ…!んっ…!!腰ぃ…ふらないでぇ…」

パワプロ「み、雅ちゃんのおまんこ気持ち良いよっ…!あっ…!亀頭に子宮当たってるよ!小山雅"くん"の子宮に当たってるよ!」ズチュッ…ズチュ…!

雅「…んっ!はっ…!もうぅ…やめてよぉ…!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 15:11:27.44 ID:OYWhvDS50
パワプロ「気持ち良いよ雅ちゃん!そんなこと言って濡れ濡れだよ?それにものっそい締め付けてくるし…ビッチだねぇ雅ちゃんは」ズッ…ヌチャッ…!

雅「あっ…ち、違う…。濡れてなんか…僕は…男…だもん…!あぁぁ…!」

パワプロ「ふぅぅん。もーどーでもいーでーす。それより、雅ちゃん今日は危険日?膣の中に出したいんだけど?」ズチュッ…ヌチュッ…!

雅「だ、ダメぇ!!…それはっダメだよ…!中はダメぇ…!外に…お願いぃ…!」

パワプロ「へぇぇ。妊娠しちゃうかもねぇ?妊娠したら俺がちゃんと養ってあげるよ。だから3日間オナ禁してた分の精子もらって受精してね!」ズチュッ…ズッ…!

雅「あっ…ダ…ダメ…あっ…んっ…」

パワプロ「さっきより締め付けキツくなったよ?そんなにお精子ほしいでちゅかー?なら、出してあげるっ!子供作ろうっ雅ちゃん!」ズチュッ…ヌチャァァ…!

雅「ダ…ダメ…!」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 15:13:05.61 ID:OYWhvDS50
パワプロ「出るっ!!!出すよっ!雅ちゃんの子宮に俺の精子出すよっ!!」ズボボッ…!

ドピュッ…ドピュルルル…ドピュッ…!!

雅「あああああああああぁあぁ!!ダメっていったのにぃ…!パワプロくんのばかぁ…!」

パワプロ「はぁ!気持ち良かった!また明日もヨロシクね!あと妊娠したら報告してねっ!」ズボッ…!

雅「うっ…うぅ…うぅぅぅぅぅぅ…!」


こうして雅はパワプロの性奴隷となり、毎日パワプロに中出しされた
パワプロは雅とSEXすることによって練習の疲れを癒し、見事素晴らしい選手となる
それから数ヶ月して体の異変に気付いた雅は妊娠を悟る
しかし、その頃は甲子園真っ只中。ときめき青春高校は見事優勝し、雅はドラフトに選ばれるがそこで辞退。パワプロの妻になることを決める


お わ り
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 15:14:11.63 ID:FOOf3JW70
よし第二部開幕だ
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 15:14:18.95 ID:K5yE3jlV0
イイハナシダナー(;∀; )

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。