FC2ブログ

提督「艦娘の口説き方講座」【安価】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:25:55.61 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


提督「……なあ、大淀さん」


大淀「はい」


提督「唐突なことを聞くんだけどさ」


大淀「はい」


提督「オレってさ、顔、カッコ良いよね?」


大淀「本当に唐突ですね」


提督「そして優しい」


大淀「どうしたんです? 頭のネジが飛んだんですか?」


提督「いやいや、いたって真面目だよ。薬もやってない」


大淀「はぁ」


提督「んで、一応若くして提督という役職もあり、君ら艦娘を率いる総司令官を担っている。一応お金もそれなりに溜まっている」


大淀「そこには嘘はありませんが……」


提督「うむ。そして、オレは部下である君ら艦娘から、好感度もかなり高い」


大淀「今の提督の発言に、私からの好感度はだいぶ下がりましたけど」


提督「まぁ、その、長々と話してもあれだし、結論を言おう」


大淀「はぁ。どうぞ」


提督「今のオレなら、どんな艦娘でも口説ける気がする」


大淀「そうですか。はい、ではおしゃべりは終わりです。残りの執務に取り掛かってくださいね」


提督「ちょ。お願い、最後まで話を聞いて」


大淀「……じゃあ。あと一言だけ」


提督「オレは君が好きだ」


大淀「きゅんっ・・・♡」




提督(よし、大淀さんは落ちた)


提督(次は>>2を落としてみよう)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472390755


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:26:18.59 ID:6rbaJ5R/0
榛名
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:38:05.18 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


提督(よし、次は榛名を落とすぞ)


コンコン ガチャリ


榛名「提督、榛名をお呼びになりましたでしょうか?」


提督「よう榛名。悪いな、急に呼び出したりして」


榛名「いえいえ。提督がご所望とあらば、この榛名、いつでもどこでも大丈夫です!」


提督「そうか……。じゃあ、すまない榛名、少し肩がこってしまってな。ほぐしてもらえるだろうか?」


榛名「ええ! 榛名でいいなら、肩もみをいたしましょう!」


提督「すまん」


モミモミモミモミ


提督「ああ……気持ち良い。榛名は肩もみうまいな」


榛名「うふふ。榛名、比叡姉さまの肩もよくほぐしておりますので……」


提督「榛名は、姉妹想いの良い艦娘だな」


榛名「いえいえ。このくらい当然ですよ」


提督「そうだ榛名。次は足をほぐしてくれないだろうか?」


榛名「えっ、あ、足、ですか?」


提督「あ、嫌……だったか?」


榛名「あ、いえいえ、その、榛名は、大丈夫です」


提督「……君は大丈夫だといっても、本当は大丈夫じゃないと思う節がある。嫌なことは、嫌といえば良いんだぞ」


榛名「そんな……。榛名は。榛名は、提督のお足をもんでも良いのかと、少し緊張していただけなのです。ですから、お気になさらずに」


提督「じゃあ。今から言う質問には、大丈夫、と答えをはぐらかさないでほしい」


榛名「え……」


提督「榛名。オレと生涯の伴侶になってくれないか」


榛名「……きゅんっ……♡」



提督(さて、次は誰を落とそう >>6)
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:39:40.84 ID:6GhvJ5xfo
山城
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:52:25.79 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


提督(次は山城を落とすぞ。しかし姉様ラブな彼女だ。なかなかの強敵になりそうだな)


コンコン ガチャリ


山城「……提督。なんの用でしょうか……」


提督「そんな暗い顔するな。せっかくの綺麗な顔が台無しだぞ」


山城「……どうせ私なんて、綺麗でもなんでもないですから……不幸だわ」


提督「なにを言うか!!」


山城「えっ」


提督「山城。君が不幸だと!? 本気で言ってるのか! 君のような容姿も性格も中身も世界一美しい女性が!!」


山城「……ド、ドッキリカメラはどこなの……? どうせ提督も、私をハメるつもりなんでしょう……」


提督「これはドッキリなんかじゃない!! オレの素直な気持ちだ!!」


山城「そ、そんな訳ないもの……。この鎮守府には私より可愛い子ばかりだし……」


提督「おまえはまだそんなことを言ってるのか!!」


壁ドン


提督「山城ッッ よく聞けッッ!!!」


山城「ふぁ……ふぁい……」


提督「お前が不幸不幸と繰り返すのは良い。それに、姉妹艦である扶桑に恋焦がれるのも良い。だが一つだけ、お前には真実を伝えたい!!」


山城「な……なんで……しょう……」


提督「おまえは不幸と言うかもしれないが……」


提督「オレはっ!! この艦隊でおまえと出会えたことが!!!」


提督「生まれてからの、一番の幸運だ!!!」


山城「……う……」


提督「お前が不幸と思っても構わん。お前が姉さんを想っていても構わん。だが、これだけは理解してくれっ」


提督「オレはいくら不幸になっても!! おまえといるから最高級の幸せ者なんだっ!!!」


山城「……きゅん……♡」



提督(……さて、次は >>12 を落とすか)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:54:54.24 ID:QuPPoyI20
夕立
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:03:29.48 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


コンコン ガチャリ


夕立「提督、呼んだっぽい?」


提督「ああ。今日は夕立と話がしたくてな」


夕立「わぁ~。なんだろなんだろ、楽しみっぽい~!」


提督「……急な話で悪いんだが……夕立」


夕立「っぽい」


提督「その語尾、っぽいっていうのを、やめてみてくれないか?」


夕立「え」


提督「あ、いや、もちろんその語尾が嫌な訳じゃない。むしろお前の愛すべき点だと思っている」


提督「だが、これから言う質問は、『ぽい』ですませてほしくないんだ」


夕立「ええ~。で、でも、提督さんのためなら、やめてみるっぽい!! あ、じゃなかった。やめる!!」


提督「ああ。ありがとう」


夕立「えへへ……」


提督「じゃあ、質問する。夕立、オレと結婚してくれないか?」


夕立「え、ええっ!? 突然なにっぽい!?」


提督「オレは君が好きっぽいんだ」


夕立「な、なにそれ~! 本当に好きか分からないっぽい!!」


提督「ああ。だから、お互い『ぽい』を抜いて正直に的確に話そう」


夕立「……ああ。なるほど……」


提督「オレは、お前を、世界一愛している」


夕立「……」


提督「だから。結婚してくれ」


夕立「……ほ、本当に? 夕立でいいっぽ……いいの?」


提督「君しかいないんだ。っぽい」


夕立「もう! 曖昧っぽい~!!」


夕立「でも夕立も、提督さんが好き!! これは、ぽくないから!!」


提督(……よし、夕立も落ちたっぽい。次は>>17っぽい)
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:06:07.11 ID:wq2QKrd5O
飛鷹
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:17:33.73 ID:qIwn18hZ0
~提督室~


コンコン ガチャリ


飛鷹「提督。お呼びになりました?」


提督「ああ。たまには飛鷹と、二人きりで飲みたくてさ」


飛鷹「え」


提督「シャンパンを開けておいた。乾杯しよう」


飛鷹「ちょ、ちょっと待ってちょっと待って。提督、誰かと私、勘違いしてない?」


提督「……? 艦隊で一番の美女を、誰と間違えるっていうんだ」


飛鷹「い、いや。だって、お酒といったらさ。そのー……」


提督「隼鷹のことを言ってるのか。間違ってなんかいない。逆にいえば、だからこそ君を呼んだんだ」


飛鷹「え……」


提督「いつも隼鷹の酒絡みで疲れているんだろう。だから今日は、オレが精一杯愚痴聞いてやる。君も疲れを取らないとな」


飛鷹「い、いいの? 本当に? 嬉しい……」


提督「とまぁ、そうは言っても飛鷹も、本当は隼鷹のこと好きだろうから、あまり悪口は聞けないだろうけどさ」


飛鷹「えへへ。よく分かってるね」


提督「じゃ、とりあえずグラス。はい」


飛鷹「……あ、ありがと」


提督「……いつか、戦いが終わったら、だけど……」


飛鷹「ん?」


提督「飛鷹と一緒に、サンフランシスコ航路を、回りたいと思っている」


飛鷹「提督……」


提督「平和になったら。必ず行こう。もちろん、二人きりで」


飛鷹「きゅんっ……♡」



提督(よし。飛鷹も落ちたな。次は >>21 だ)
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:25:40.01 ID:C2fcbXIwO
金剛
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:30:10.44 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


バッコーン


金剛「てぇええええええいいとおぉぉおおおくうぅぅうううううう!!!」


提督「こぉぉぉおぉおおぉおんごおぉぉっぉぉおおおおおおおおおお!!!!」


金剛「バァァァアアアアアアニングゥゥゥゥ!!!!」


金剛「ラァアアーーーーーーーブ!!!!」


提督「オレもおまえがぁぁあああああ!!!!!」


提督「バァァァアアアアアアニングゥゥゥゥ!!!!」


提督「ラァアアーーーーーーーブ!!!!」


金剛「ホワッツ!!!?? 本当デスカ!? 提督ゥーーー!!!」


提督「イエス!!! ワタシが嘘つくこと、ないネ!!!!」


金剛「ワァアアアオオ!!! コングラッチュレーショォオオオオン!!!」


提督「オレは金剛にィィィ!!! フォォッォォオオオオオオリィィィンラァァアアアアブ!!!!!」


金剛「私も提督にぃぃぃぃ!!!! 激烈ラァァアアアアアアブウウ!!!!!」


提督「オレたちの愛はぁぁぁぁああああああ!!!!」


金剛「フォオオオォォオォォオオオオエヴァアアアアアアラァァァブ!!!!」



提督(よし、金剛とはフォーリンラブした。次は >>24 だな)

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:36:06.17 ID:VgeRil5jo
龍驤
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:46:11.65 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


コンコン ガチャリ


龍驤「呼んだー?」


提督「おー。呼んだ呼んだ。たこ焼き焼いててん。一緒に食べようや」


龍驤「い、いや、どないしたんキミ。いきなり関西弁なんか使て」


提督「昔からやん。ほら、はよ食べんと冷めてまうで?」


龍驤「う、うん。まぁ。かわええからええか」


提督「ほい、マヨと青のり。ビールでええ?」


龍驤「あ、ありがと。ねえ、ほんまになんかあったん? なんかおかしいで今日」


提督「ちゃうねん」


龍驤「な、なんよちゃうて」


提督「キミが好きすぎて、関西弁がうつってしまいよったんや」


龍驤「……まーたそんな冗談言うようになって」


提督「いやいや。本気やで」


龍驤「ほっほーん。ならええわ。じゃあうちのどこが好きか言うてみ? ん?」


提督「胸が小さいところ」


龍驤「そうそうそう、うちの胸は断崖絶壁でこれからも……ってなんでやねん!!!」


龍驤「それ好きなところやのーて欠点や!! さりげなくボケでえげつないこと言うてくんなやキミィ!!」


提督「冗談やがな。いやいやでも、君のことを好きなんは冗談じゃあらへんがな」


龍驤「・・・きゅんっ・・・♡」


提督「いやいやそれできゅんとなるっておかしいやないかーい!」


龍驤「……そ、そんなん。人のきゅんポイントは色々やろ……」


提督「ほんまに落ちてもうてるやん」



提督(さて、次は >>27 を落とそか)
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:48:07.55 ID:8U7n+WXz0
由良さん
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:52:07.42 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


提督「由良さん」


由良「……はい」


提督「ふたりエ●チって、知ってる?」


由良「知りません」


提督「今度、一緒に部屋で読んでみようか」


由良「……」


提督「ねっ? ねっ?」


由良「……」




提督(よし! 由良さんは落ちたな。次は >>30 だ!)

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:54:44.10 ID:te02mKzLO
秋月
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:57:25.71 ID:qIwn18hZ0

~提督室~


提督「秋月!!」


秋月「はい! 司令!!」


提督「おにぎりだ!!」


秋月「わぁぁ!!」


提督「たくあんだ!!!」


秋月「わぁぁあああ!!」


提督「お味噌汁には大根を入れた!!」


秋月「わぁぁああああああ!!」


提督「そして今日は……」


提督「目玉焼きもついている!!!!!」


秋月「うわぁああああああああああああ!!」


提督「それを食べたら!!!」


提督「オレも食べていいぞ!!!!!」


秋月「いや、それは遠慮します」



提督(よし! 秋月は落ちたな。次は >>35 だ!)
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:59:57.11 ID:7sHUDTqpo
秋雲
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:03:17.35 ID:c68eX2SQ0

~提督室~


提督「秋雲!!」


秋雲「はいはーい」


提督「イラストを発注する!!」


秋雲「ほうほう。どんなイラストをお望みですか~?」


提督「オレと秋雲の!!!!」


提督「セッ●スシーンだ!!!!」


秋雲「……」


提督「きこえなかったのか?」


提督「オレと秋雲の!!!!」


提督「セッ●ス!!!!」


秋雲「……」


提督「セッ●ス!!!!」




提督(よし! これで秋雲は落ちたろう。次は >>40 だ!)
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:06:16.13 ID:DobAjXHSo
ポーラ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:11:13.95 ID:c68eX2SQ0

~提督室~


提督「ポーラ!! 世界各国のお酒を用意したぞ!!」


ポーラ「わぁ~。いいですねぇいいですねぇ。グラッツェですねぇ~」


提督「よし、今日は飲もう!!!」


ポーラ「わっかりましたぁ~。ポーラ、飲みます~」


提督「脱いでもいいぞ!!」


ポーラ「もう~提督~。そんな最初っから脱いだりしませんよぉ~」


提督「オレはもう脱いだ!!!」ガバッ


ポーラ「……ええ……」


提督「一発芸やります。ぞうさん」


提督「ぞぉ~さん、ぞぉ~さん、お~鼻が長いのよ」


提督「でもこ~れは~ぞぉ~さんじゃ~、な~いのよ~」


ポーラ「……」


提督「よし、落ちたな!!」



提督(次は >>43 だ!)
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:13:22.73 ID:kkjiqtmk0
川内
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:21:39.57 ID:c68eX2SQ0

~提督室~


提督「センダイ!!」


川内「ヤセン!!」


提督「ヤセン!?」


川内「ヤセン!!」


提督「ケッコン!?」


川内「ヤセン!!」


提督「ヤセン!!」


川内「ケッコン?」


提督「ヤセン!!」


川内「ヤセン!!!」


提督「ヤセン!! イマスグ!!!」


川内「え、いや今すぐはちょっと」


提督「ヤセン!!!!」


川内「いや、あの」


提督「ヤセンハヨセナ!!!!」


川内「生理的にちょっと……」



提督(よし! 川内は落ちたな。次は >>47 だ!)
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:31:36.73 ID:2rKbBYIn0
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:38:42.52 ID:c68eX2SQ0

~提督室~


コンコン ガチャリ


提督「おう、朧。きたか」


憲兵「いいえ。朧さんはきません」


提督「……」


憲兵「逮捕状が出てます。なんか、艦娘へ色々セクハラ発言したり、股間を丸出ししたりしたらしいですね」


提督「違うんです。あれはただ、艦娘を口説いていただけで」


憲兵「話は軍法会議で聞かせてもらいましょう」


提督(……オレ)


提督(堕ちたな……)






49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 06:43:02.28 ID:4jlOVaQd0
雑wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 10:59:07.04 ID:KgLN59y10
雑ゥ!
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 12:27:28.49 ID:Ge+WdHl0O

安価取ったのに出してすらもらえない朧かわいそす

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。