FC2ブログ
1: ◆PkYglbjU4rYC 2017/05/04(木) 10:16:56.71 ID:/Ma5UHZ8O
優季「どぉしたの?急にぃ?」

あゆみ「ほら、桂里奈ってお兄さんのこと好きでしょ?」

紗希「.....家族として」

あゆみ「う、うん、家族としてね?」

桂里奈「でも、お兄ちゃんカッコいいよ!」

あや「身内びいきだよね?」

桂里奈「えー?絶対他の男の人よりかっこいいよ!モテモテだもん」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1493860616
2: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 10:32:04.25 ID:/Ma5UHZ8O
あや「モテモテかぁ」

優季「本当にぃ?」

紗希「.....本当」

あゆみ「あ、紗希は会ったことあるんだ」

紗希「......カッコいい」ポッ

梓「紗希が照れてるっ!?」

あや「へぇ、そう言われるとちょっと気になるかなぁ」

桂里奈「じゃあ今度の寄航日に会いに来る?」

あや「いいの?」

桂里奈「うん!」

3: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 10:37:12.34 ID:/Ma5UHZ8O
ー後日ー
あゆみ「あや、おはよー」

あや「......」

あゆみ「あや?」

あや「へ?あ、あゆみっ?!おはよう!」

あゆみ「あや?大丈夫?なんかぼーっとして紗希みたいになってたけど」

あや「だだだ大丈夫!元気!全然元気!!」

あゆみ「ならいいんだけど.....あ、そういえば、桂里奈のお兄さんに会ったんだよね?」

あや「!?」

あゆみ「あや?」

あや「~~っ?!」ぷしゅー

あゆみ「あや?あやぁーっ?!」

4: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 10:41:34.70 ID:/Ma5UHZ8O
あや「ご迷惑おかけしました」

あゆみ「急に倒れるからびっくりしたよ」

優季「何かあったぉ?」

あや「べ、別になにもっ!」

あゆみ「怪しい....」

桂里奈「お兄ちゃんに会ったからかな?」

梓「そんなまさか」

紗希「......あるかも」

梓「あるの?!」

桂里奈「お兄ちゃんに会った人って何人かに一人くらいの割合でこうなっちゃうから」

あゆみ「え?なにそれすごい」

5: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 10:49:30.17 ID:/Ma5UHZ8O
優季「それでぇ、桂里奈のお兄さんどんな人だったの?」

あや「べ、別にすごくイケメンって感じじゃないっていうか、桂里奈に似てるなぁって感じで、最初は特になんともなかったんだけど....いや、別に今もなんともないっていうか、なんかちょっと子供っぽいし年上ぽくないっていうか、いや、ふ、普通!そう!普通の人だった」

桂里奈「そういえば、お出かけした時はぐれちゃったけど、二人っきりの時に何かあったの?」

あや「っ!?」ボンっ

あゆみ「あや?!あやーっ!!」

あや「べ、別にあんなやつ好きでもなんでもないんだからっ!?」

梓(ツンデレ?)
あゆみ(ツンデレだ)
優季(ツンデレみたぁい....)
紗希「.....ツンデレ」

桂里奈「えー?そうなの?」

6: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 10:56:01.32 ID:/Ma5UHZ8O
優季「まぁ、あやのツンデレはいいとして」

あや「つ、ツンデレじゃないし!」

あゆみ「お兄さんと二人のとき何があったの?」

あや「べべべ別に何にもないし!」

紗希「......パンツ」

あや「!?」

桂里奈「あー、ラッキースケベの後、怒って離れたら怖い人に絡まれて、お兄ちゃんに助けられて惚れちゃったパターンかぁ」

あや「見てたの?!」

桂里奈「ううん、よくあるから」

梓「よくあるんだ」

優季「なんかぁ、話聞いてたらわたしも会ってみたくなってきちゃたぁ」

桂里奈「じゃあ、今度は優季が来る?」

優季「いくいくぅ!」

7: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 11:00:32.04 ID:/Ma5UHZ8O
ーそして後日ー
あゆみ「優季、おはよー」

優季「おはよぉ」

あゆみ「そういえば、桂里奈のお兄さんには会ったの?」

優季「会ったよぉ」

あゆみ「どうだった?」

優季「どうってぇ、なんていうかぁ」

優季「かっこよくってぇ、すごくいい感じぃ?」キャー

あゆみ「優季もかぁ」

8: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 11:16:01.56 ID:/Ma5UHZ8O
梓「それで、どんな人だったの?」

優季「えぇっとぉ、見た目は桂里奈を男の人にしたような感じでぇ、小柄だけどすらっとしててぇ、ちょっと頼りなさそうだったかもぉ」

あゆみ「それで、優季も桂里奈のお兄さんが気になる?」

優季「正直惚れちゃったぁ」キャー

あや「ふーん」

梓「あれ?あやヤキモチ?」

あや「そんなんじゃないしぃ」

優季「あやいいのぁ?わたしもらっちゃうよぉ?」

桂里奈「ダメだよ、お兄ちゃんとったら」


9: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 12:34:26.87 ID:dUHEiV3jO
あや「別にどうでもいいけど、桂里奈のお兄さんのどこが良かったの?」

優季「分かってるくせにぃ。最初はぁ、ちょっとからかうつもりでぇいろいろしかけてたんだけどぉ、予想通りの反応で照れててかわいいなぁって思ってたんだけどぉ」

桂里奈「あ、そうだ!優季ってば、お兄ちゃんにえっちなことして気を引こうとしてたんだよ!」

優季「ごめんってばぁ。それでぇ、ちょぉっとやりすぎちゃってぇ、うっかりタンスから落っこちちゃってぇ」

あゆみ「え?ごめん、なんでそんなとこに登ったの?」

優季「その時にわたしのこと庇って下敷きになってねぇっ」

あや「.....あたしもかばってもらったし」

優季「高い所から落ちて恋にも落ちたっていうかぁ」

梓「ダジャレ?!」

優季「なんていうかぁ、ダメダメな感じなのにここぞぉってところでいいところ見せてくれる男の人ってかっこいいかなぁってぇ」

梓「そこまで言われるとわたしも気になってきた」

あゆみ「梓も桂里奈のお兄さんに会うの?」

桂里奈「多分来週もいるよ?」

あゆみ「一人で大丈夫?」

梓「う、うん、平気」

紗希「......」

10: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 12:38:03.17 ID:dUHEiV3jO
ーそれから後日ー
あゆみ「梓、おはよー」

梓「うん、おはよー」はぁ

あゆみ「どうしたの?ため息なんて」

梓「あの、もう予想付いてるかもしれないけど」

あゆみ「あ、うん。そんなにかっこよかったんだ、桂里奈のお兄さん」

梓「どうしよう。胸が苦しくって食欲もないの」

あゆみ(わー、普通......)

11: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 12:48:41.31 ID:dUHEiV3jO
桂里奈「ね?お兄ちゃんかっこいいでしょ?」

梓「うん。見た目は普通っていうか桂里奈っぽいんだけど」

優季「男は見た目じゃないよねぇ」

あや「.....梓まであんなののどこが」ブツブツ

紗希「......かっこいい」

あゆみ「ちなみに梓はお兄さんのどこがよかったの?」

梓「わ、わたしは桂里奈との約束に遅れそうになって走ってたら曲がり角でぶつかって」

あゆみ「転校初日でもないのにベタな出会い方したね」

梓「最初は桂里奈のお兄さんだって分かんなくて、謝ってたら足怪我してるってハンカチ貸してくれて」

あや「あたしだったら文句言うなー」

優季「あや、そっちの方がベタだと思う」

梓「それで、桂里奈の家にいたらお兄さんがいて、その、すごく優しかったし、あやや優季みたいにすごく好きっ!って感じじゃないんだけど気がつくともやもやしてうまくお話しできなくて」

あや「だからあたしは別に....っ!」

優季「はいはい」

紗希「.......ツンデレ」

梓「どうしよう。ずっと黙ってたしお兄さんに嫌われてないかな?」

桂里奈「多分大丈夫だよ。大人しい子だねって言ってたし」

12: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 12:56:05.62 ID:dUHEiV3jO
あゆみ「これで会ったことないのわたしだけかぁ」

桂里奈「今度うちくる?」

あゆみ「うーん、むしろ会うのが怖いって言うか、桂里奈のお兄さんに会った人ってみんなこんな感じなの?」

桂里奈「分かんないけど、友達は多いよ。やたら女の子の情報に詳しい親友とか、お兄ちゃんを敵視してるけどピンチの時は駆けつけてなんだかんだ助けてくれるライバルとか」

あゆみ「え?桂里奈のお兄さん何者なの?」

桂里奈「普通の高校生だよ。ときどき異世界に旅行に行くくらいで」

あゆみ「なんかよく分からなくなってきたけど、すごく気になってきた」

優季「そもそもあゆみがいいだしっぺじゃぁん」

あや「会ってみればいいじゃん。好きにならなきゃいいわけだし」

あゆみ「う、うん。あたし会ってみる!」

あゆみ「絶対に桂里奈のお兄さんに惚れたりしない!」

紗希「.....フラグ」

13: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 13:06:20.23 ID:dUHEiV3jO
ー結果後日ー

あゆみ「お兄さんの魅力には勝てなかったよ.....」

梓「あゆみもかぁ」

あや「なんか腹たつんですけど」

優季「それでぇ、あゆみは何があったの?」

あゆみ「最初は何かあったわけでもなくて普通にお話ししてただけだったし、桂里奈のお兄さんってかんじで普通だったんだけど、桂里奈の提案でスポーツセンターで遊んでた時に足をくじいちゃって」

梓「あ、それで足に包帯巻いてたんだ」

あゆみ「それで、歩けそうだし大丈夫ですって言ったんだけど、結局お兄さんにおぶわれて帰ることになって、男の人の背中って広くてあったかいんだなぁって思ったらそのまま」

あや「.....あたしの時は手をつないでもらっただけだったのに」

優季「へぇ、手をつないでもらったんだぁ」

あゆみ「なんて言うか、桂里奈のお兄さんすごい」

桂里奈「えへへ、そうでしょ?」えっへん
14: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 13:15:46.74 ID:dUHEiV3jO
沙織「なになに?恋バナ?」

梓「あ、武部先輩」

桂利奈「お兄ちゃんの話してました!」

沙織「へぇ、どんな人なの?かっこいい?」

優季「カッコいいですよ。顔は桂利奈ちゃんそっくりですけどぉ」

あや「そうだ!武部先輩もあってみたらどうですか?」

沙織「へ?会えるの?」

桂利奈「はい!」

沙織「男の人との出会いって急に舞い込んでくるから困っちゃうよねぇ」ヤダモー

梓「......なんで武部先輩とあわせようと思ったの?」

あや「ほら、武部先輩なら女子力高いし好きにならずに手玉に取ってくれそうだし」

優季「それはぁ.....」

あゆみ「どうだろう?」

15: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 13:20:30.06 ID:dUHEiV3jO
ーしばらくして後日ー
あゆみ「あ、武部先輩。おはようございます!」

沙織「おはよう」

あゆみ「あの、どうでした?桂利奈のお兄さん」

沙織「あー、なんて言うか」

桂利奈「何をどうやってもお兄ちゃんと会えなかった」

あゆみ「えぇっ?!」

沙織「うぅ、せっかく素敵な出会いと彼氏がゲットできると思ったのに」

あゆみ「先輩.....」

桂利奈「え?彼氏?」

桂利奈「お兄ちゃん、彼女いるよ?」

沙織,あゆみ「え?えぇっ???!!!」

END
16: ◆45SR4r0flud5 2017/05/04(木) 13:26:09.29 ID:dUHEiV3jO
終わりです。HTML出してきます。

スレ立て時にトリップ間違えてました。久々で忘れてたです。
桂利奈の名前も普通に間違えてました。最後の最後で気づくとか.....
みほキチじゃない澤ちゃん初めて書いた気がする。いや、そもそも梓はみほキチじゃない

桂利奈ちゃんのお兄ちゃんになりたいだけの人生だった....
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/04(木) 14:23:13.32 ID:foxCCan/O
おっ、みほ警察の人ゥー!

最早クンカーみほキチじゃない梓が思い浮かばなくなる病にかかりました。

ブラコン桂利奈ちゃんやめろォ!(建前) ナイスゥ!(本音)

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ