【 ガヴドロ 】ガヴリール 「 激辛料理食べに行こうぜ 」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:46:14.40 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 激辛料理!? 」キラキラ

ガヴリール 「 近くの激辛料理店であるキャンペーンがあってな 」

サターニャ 「 キャンペーン? 」

ガヴリール 「 激辛特盛料理を30分以内に食べきると… 」

ガヴリール 「 2万円が貰えるんだ! 」

サターニャ 「 2万円!? 」キラキラ

ガヴリール 「 まぁ私と山分けで1人1万だが どうだ? 」

サターニャ 「 悪い話じゃないわね! 」

ガヴリール 「 よし決まりだ 早速行こう 」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496061974
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:47:31.71 ID:7DALn+Wl0
ーー 激辛料理店 ーー

ガヴリール 「 三つの料理から一つを選ぶみたいだな 」

ガヴリール 「 激辛特盛ラーメン…激辛特盛チャーハン… 」

ガヴリール 「 激辛特盛カレー…サターニャ好きなの選んでいいぞ 」

サターニャ 「 激辛特盛チャーハン! 」

店員 「 ご注文はお決まりでしょうか? 」

ガヴリール 「 激辛特盛チャーハン1つ 」

店員 「 …本当によろしいですか? 」

ガヴリール 「 はい…? 」

ザワザワ ザワザワ
マタギセイシャガデルゾ

店員 「 かしこまりました 」ペコリ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:49:23.84 ID:7DALn+Wl0
ガヴリール 「 何か周りの反応が… 」

ガヴリール 「 相当ヤバイみたいだな 」

サターニャ 「 楽しみね! 」ワクワク

ーーーーーーー

店長 「 お待たさ致しましたお客様 激辛特盛チャーハンでございます 」

ガヴリール 「 おーきたき…!? 」

激辛特盛チャーハン 「 …… 」ゴゴゴゴ

サターニャ 「 真っ黒!! 」

ガヴリール 「 真っ赤ならわかるけど真っ黒だと!? 」

ガヴリール 「 しかもこの量… 」ゴクリ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:50:54.05 ID:7DALn+Wl0
店長 「 それではルールを説明致します 」

店長 「 30分以内に食べきると2万円 ただし無理だった場合… 」

店長 「 罰金1万円を支払ってもらいます 」

サターニャ 「 ええ!? 聞いてないわよガヴリール!! 」

ガヴリール 「 すまん…今月金欠でどうしても金がいるんだ… 」

ガヴリール 「 因みに私は今一銭も持っていない… 」

サターニャ 「 わ、私だって1万円も持ってないわよ!? 」

店長 「 どうしますか?挑戦をやめますか? 」

ガヴリール 「 …すまない サターニャ 」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:52:40.97 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 やってやるわよ! 」

ガヴリール 「 え! 」

サターニャ 「 絶対に全部食べきるんだから!」フンス

ガヴリール 「 サターニャ…! 」パァ

店長 「 承知いたしました これにサインをしてください 」スッ

ガヴリール 「 こ、これは… 」

店長 「 もしこの料理であなた方が何かあっても当店は一切の責任を持ちません 」

ガヴリール 「 ま、マジか…そんなにヤバイのかよコレ… 」

サターニャ 「 望むところよ! 」カキカキ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:54:01.24 ID:7DALn+Wl0
店長 「 それでは制限時間30分…はじめ! 」

モブ客a 「 遂に始まってしまった… 」

モブ客b 「 あの子達可哀想に… 」

ガヴリール 「 まずは私から食べてみる…いいな? 」

サターニャ 「 ええ かまわないわよ? 」

ガヴリール 「 よし…まずは1口… 」スッ

ガヴリール 「 くっ なんて強烈な匂いだ…もはや薬品級だぞ!? 」

店長 ( ククク…早く食えよ 早く! )

ガヴリール 「 ……ん 」パク

ガヴリール 「 あああ!!? 」ガタ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:55:33.93 ID:7DALn+Wl0
ガヴリール 「 ああああ!!! 」ゴロゴロ

サターニャ 「 ガヴリール!? 」

店長 「 ふはは!コレだ!最高だぜその顔よぉ 」ゲラゲラ

ガヴリール 「 み、水!アアア!!! 」

店長 「 どうぞお客様~ 」スッ

ガヴリール 「 んっ 」ゴクゴクゴク

ガヴリール 「 アアアア!!全然収まらなイ!!! 」ゴロゴロ

店長 「 水なんかで収まるわけねぇだろwwww 」ゲラゲラ

サターニャ 「 が、ガヴリール!! 」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:56:50.47 ID:7DALn+Wl0
ガヴリール 「 」ピクピク

店長 「 クク…お前さんはどうする?リタイアするか? 」

サターニャ 「 ガヴリール…仇は私がっ 」

モブ客a 「 待てお嬢さん! 」ガシッ

サターニャ 「 何するのよ!? 」

モブ客a 「 あんたまで犠牲になる必要はない!やめておくんだ! 」

モブ客b 「 この激辛料理を食べきった者は1人も…いやそれ以前に! 」

モブ客b 「 二口めに手をつけた者すら誰もいないんだ!! 」

サターニャ 「 そ、そんなことっ! 」

店長 「 俺の激辛料理は無敵だ!! 」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:58:49.94 ID:7DALn+Wl0
店長 「 リタイアするならそれでよし! 」

店長 「 今ならこのチャーハン代くらいは目を瞑ってやるぜ? 」

サターニャ 「 うぐぐ… 」チラ

ガヴリール 「 サターニャ…お前でも流石にこれは無理だ… 」

ガヴリール 「 こんなのもう食べ物じゃない…リタイアしてくれ… 」ガク

サターニャ 「 ガヴリール!!! 」

サターニャ 「 ……… 」スッ

店長 「 ほう?食うのか?その激辛特盛チャーハンを 」

モブ客a 「 お嬢さん…もう止めねぇよ 」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:01:59.96 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 ガヴリール…絶対仇とるから 」

店長 「 さあ…食えよ 早く食え! 」

サターニャ 「 ……ん 」パク

サターニャ 「 美味しいぃ!! 」パァ

店長 「 ほげえええええ!? 」

サターニャ 「 何よ!すっごく美味しいじゃない! 」パクパク

店長 「 あ、ああありえないいい!!!」

モブ客a 「 スッゲェ…なんだあのお嬢さん!!! 」

モブ客b 「 おい!TV局に電話だ! 」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:03:23.64 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 美味しすぎて止まらないわよ!! 」パクパクパクパク

店長 「 お、おお…ふおおおおお!!! 」ブワッ

サターニャ 「 ど、どうしたのよ?いきなり大泣きして」パクパク

店長 「 有り得なかったんだ…俺の激辛料理をこんなに美味しそうに… 」

店長 「 嬉しくてなあああああ!!! 」ブワッ

サターニャ 「 ちょっ唾飛ばさないでよっ 」

店長 「 す、すまん 」

店長 「 俺は大の激辛好きでな…激辛料理を極めるため修行を… 」

店長 「 そして完成したのが ラーメン、チャーハン、カレーの3つだ 」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:06:17.75 ID:7DALn+Wl0
店長 「 しかし常人には耐えられない程の激辛になっちまった… 」

店長 「 味はいいんだ!味は!だが誰もそれをわかってくれない!! 」

店長 「 しかしお前は!!ふおおおお!!! 」ブワッ

モブ客a俺まで泣けてきたぜ!! 」ブワッ

モブ客b 「 良かったな店長! 」ブワッ

サターニャ 「 さっきからうるさいわよ!! 」パクパクパク

サターニャ 「 美味し…ん? 」カラン

サターニャ 「 もう無くなっちゃった 」

店長 「 他の2つも食べてくれないか!? 」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:09:56.41 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 んー お腹膨れてきたから今度でいいかしら? 」

店長 「 いつでもきてくれ!そうだ名前を聞いていいか? 」

サターニャ 「 胡桃沢=サタニキア=マクドウェルよ!! 」ドーン

ーーーーーーー

ガヴリール 「 サターニャあれ全部食べたんだよな? スゲーよ 」

サターニャ 「 美味しかったわよ? 」

ガヴリール 「 お前の味音痴には誰も勝てないな… 」

サターニャ 「 あっ これガヴリールの分ね 1万円 」スッ

ガヴリール 「 …いや私はいいよ 食べたのサターニャだし 」

サターニャ 「 そうだけど…あの店に連れていってくれたのはガヴリールでしょ? 」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:11:58.59 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 それにお金いるって言ってたじゃない 受け取りなさい 」

ガヴリール 「 …ありがとな 」

ガヴリール 「 それじゃ また明日学校で 」

サターニャ 「 ええ 気を付けて帰るのよ 」

ガヴリール 「 子供じゃないんだから… 」

サターニャ 「 あんた傍から見ると小学生くらいに見えるわよ 」

ガヴリール 「 ………… 」

サターニャ 「 …ごめん 」

ガヴリール 「 この1万円に免じて許してやる 」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:15:42.27 ID:7DALn+Wl0
ーー 次の日 朝 ラフィエル家 ーー

ラフィエル 「 ふふふ…ついに完成しましたよ!! 」

ラフィエル 「 激辛シュークリーム!! 」

ラフィエル 「 世界的にも有名なあのソースをふんだんに使ったこの… 」

ラフィエル 「 激辛シュークリーム!! 」

ラフィエル 「 有名激辛料理店の3種の激辛料理には程遠いですが… 」

ラフィエル 「 充分サターニャさんの面白い反応を引き出せると思います!! 」

ラフィエル 「 いかに味音痴なサターニャさんとはいえこれは… 」

ラフィエル 「 ふふふ…あっ 今日の新聞とるの忘れてました 」タタタ

ラフィエル 「 えっ!サターニャさんが新聞に載ってます!? 」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:18:51.59 ID:7DALn+Wl0
「 有名激辛料理店 激辛特盛チャーハンを完食する者が現る!? 」

ラフィエル 「 美少女にインタビューって… 」

ラフィエル 「 何ですかこれ!? 」ガーン

ラフィエル 「 ま、まままさか…サターニャさんがあの激辛料理を!? 」

ラフィエル 「 面白半分で食べた私は一口目で失神したのに… 」ガク

ラフィエル 「 ここまで味音痴とは想定外です… 」

ラフィエル 「 っ こんなシュークリーム!もういらないです! 」ポイ

ラフィエル 「 こうなれば…世界1辛いと言われているこのソース! 」

ラフィエル 「 先程シュークリームに使ったやつの何100倍辛いか知りませんが!」

ラフィエル 「 リーパースリングブレード!!」ドーン

ラフィエル 「 これをふんだんに使いますかねぇ… 」ニコニコ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:22:29.73 ID:7DALn+Wl0
ーーー 学校 ーーー

ザワザワ ザワザワ
オイクルミザワガキタゾ

ヴィーネ 「 サターニャ~新聞見たわよ!凄いじゃない!」

サターニャ 「 ふふん!私もすっかり有名人ね? 」フンス

ガヴリール 「 そんな有名店だとは知らなかったな 」

サターニャ 「 昨日は急にTV局が家に押しかけてきてビックリしたけど 」

サターニャ 「 あっ私TV出ることになったのよ 」

ヴィーネ 「 うっそ!? 凄いな~ 」

サターニャ 「 それで仲のいい友達を1人連れてきてって言われたんだけど… 」

サターニャ 「 ガヴリール来てくれない? 」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:24:22.56 ID:7DALn+Wl0
ガヴリール 「 はっ?私が!? 」

サターニャ 「 あの店連れていってくれたのはガヴリールだし ダメ? 」

ガヴリール 「 い、いいけど… 人前は恥ずかしいな… 」

ヴィーネ 「 それじゃ駄天前のガヴになりきらないとね! 」

ガヴリール 「 えぇ…マジかよ 」

ヴィーネ 「 TVでその性格と見た目は後々後悔すると思うわよ? 」

ガヴリール 「 …そうだな ヴィーネ化粧頼むわ 」

ヴィーネ 「 任せて!でも1人じゃ記憶が曖昧で大変かも… 」

ラフィエル 「 それでは私にも協力させてください! 」

ヴィーネ 「 あっ ラフィ! 」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:25:46.85 ID:7DALn+Wl0
ラフィエル 「 はいラフィエルです!サターニャさん これをどうぞ!」スッ

サターニャ 「 ん…メロンパンじゃない! 」

ラフィエル 「 とっても美味しいソースを中に入れてみました! 」

サターニャ 「 へぇ~ 頂くわ! 」パク

ラフィエル ( サターニャさんといえど世界1の前ではむりょ… )

サターニャ 「 美味しい!! 」パァ

ラフィエル 「 」

サターニャ 「 少し食べにくいけど美味しいわ!! 」パクパク

ガヴリール 「 そんなに美味いのか?1口くれよ 」スッ

ラフィエル 「 あっ ガヴちゃんダメです!! 」

ガヴリール 「 ん? 」ペロ

ガヴリール 「 うがああああ!? 」ビクン

ガヴリール 「 」ピクピク
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:26:46.75 ID:7DALn+Wl0
ヴィーネ 「 が、ガヴが白目向いて泡吹きながら倒れた!! 」

ラフィエル 「 あちゃー… 」

サターニャ 「 ど、どうしたのよガヴリール!? 」

ラフィエル 「 すいません保健室に連れて行ってきます… 」

ラフィエル ( しかしサターニャさんの舌はどうなってるんでしょう… )

ラフィエル ( もはや人智を超えた何かを感じます 悪魔ですけど )

ヴィーネ 「 ガヴ…心配ね 」

サターニャ 「 このメロンパン美味しいのに 」パクパク

ヴィーネ 「 そういえばいつTVに出るの? 」

サターニャ 「 んっとねー 1週間後ね なんか激辛料理食べるみたい 」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:28:15.80 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 世界クラスのトップ料理人達が私の為に作るらしいの! 」

ヴィーネ 「 か、かなりの大事ね… 」

サターニャ 「 ヴィネットとラフィエルには観客席を用意しておくわ! 」

ヴィーネ 「 え?そういうのって抽選とかじゃないの? 」

サターニャ 「 私のコネで大丈夫よ! 」

ヴィーネ 「 なんかサターニャが遠く感じるわ… 」

ーーー 数日後 ーーー

サターニャ 「 ん…ポストに何か 」スッ

サターニャ 「 こ、これは…! 」

サターニャ 「 そういう事なのね!! 」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:29:13.60 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 今日私の家に届いてた招待状の内容を話すわね? 」

ガヴリール 「 へぇー そんなのくるんだな 」

サターニャ 「 世界トップクラスの料理人が4人くるらしいの 」

サターニャ 「 その4人が作る激辛料理を全部完食できたら100万円!! 」

ガヴリール 「 うっそマジで!? 」

サターニャ 「 私は挑戦者として扱われて、他にも挑戦者はいるらしいわ 」

ラフィエル ( サターニャさんなら絶対勝てると思います )

ヴィーネ 「 頑張ってサターニャ! 」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:30:54.00 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 ねぇこれから皆であのお店に行かない? 」

ガヴリール 「 あの激辛料理店か? 」

ラフィエル 「 丁度お腹も減ってますしいいですね~ 」

ヴィーネ 「 1度あのお店行ってみたかったの! 」

サターニャ 「 決まりね!残りの激辛料理も食べてやるんだから! 」

ガヴリール 「 また新聞に載るつもりか 」

ラフィエル ( サターニャさんの食べっぷり楽しみです!! )

ガヴリール 「 暗くなる前に早く行こう 」

サターニャ 「 そうね! 」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:32:49.18 ID:7DALn+Wl0
ーー 激辛料理店 ーー

店員 「 いらっしゃいま…あっ 店長! 」

店長 「 んー? 呼んだ? 」ヌッ

店長 「 おお!サタニキア君じゃないか! 」

サターニャ 「 また食べにきてあげたわよ! 」フンス

店長 「 嬉しいねぇ さっ 席にご案内するぜ 」

ヴィーネ 「 流石にサターニャは顔覚えられてるわね 」

ガヴリール 「 まぁそりゃな… 」

ガヴリール ( 私は覚えられてないか… )

ラフィエル 「 名前も覚えられてますね 」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:36:51.82 ID:7DALn+Wl0
ヴィーネ 「 激辛料理だけじゃなくてピリ辛もあるのね~ 」

ヴィーネ 「 あんまし辛いの得意じゃないしピリ辛にしようかな 」

ラフィエル 「 私もピリ辛にします~ 」

ガヴリール 「 私は…適当でいいか 」

ガヴリール ( あの激辛料理以外ならなんとかなるだろ多分 )

サターニャ 「 私はもちろん激辛よ! 」

ヴィーネ 「 皆決まった?店員さん呼ばないとね 」

ラフィエル 「 ここに呼び鈴がありますよ~ 」ピーン

店長 「 ご注文をお伺いします 」スッ

ヴィーネ ( 店長さんがくるんだ )
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:38:54.08 ID:7DALn+Wl0
ヴィーネ 「 このピリ辛手羽先ください 」

ラフィエル 「 ピリ辛豚キムチをお願いします 」

ガヴリール 「 中辛ビビンバ 」

サターニャ 「 私は激辛特盛ラーメンね! 」

店長 「 手羽先…豚キムチ…ビビンバと激辛特盛ラーメンですね 」

店長 「 激辛特盛ラーメン…やはり注文してきたねサタニキア君 」

サターニャ 「 当然よ! でもあの30分以内に食べたら2万円? 」

サターニャ 「 ってやつはいらないわ! 」

店長 「 あのキャンペーンならもう終わったよ 君がクリアした時点で」

サターニャ 「 なら良かったわ 2万円も悪いからね 」

店長 「 …ふっ すぐに料理をお持ちします しばらくお待ちくださいお客様 」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:42:04.42 ID:7DALn+Wl0
ラフィエル 「 サターニャさんはお優しいです 」

ガヴリール 「 まぁサターニャなら絶対にクリア出来るしな 」

ガヴリール 「 それはそうと今日はラーメンか? 」

サターニャ 「 ええ 次に来る時はカレー!それでコンプリートよ! 」

ヴィーネ 「 気合い入ってるわね 」

サターニャ 「 もうすぐ世界クラスの激辛料理を食べないといけないのよ! 」

サターニャ 「 少しでも鍛えておかなくっちゃ! 」

ラフィエル ( その必要は全くないと思いますが… )

店長 「 お待たせしました 」スッ
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:44:19.57 ID:7DALn+Wl0
店長 「 こちらがピリ辛手羽先に… 」コト

ヴィーネ 「 わぁ…美味しそう! 」

店長 「 ピリ辛豚キムチ 」コト

ラフィエル 「 美味しそうです! 」ジュル

店長 「 それから中辛ビビンバです 」コト

ガヴリール 「 おお…いい匂いだな 」

店長 「 そして最後に… 」スッ

店長 「 激辛特盛ラーメンでございます 」ゴト

サターニャ 「 やっと来たわね!! 」

ガヴリール 「 うっわ…チャーハンは真っ黒だったけどコレは真っ赤… 」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:47:12.59 ID:7DALn+Wl0
ヴィーネ 「 サターニャ食べれるの…? 」

ラフィエル 「 け、煙で目が痛いです… 」ブンブン

店長 「 辛さは激辛特盛チャーハンと同じだからね 」

店長 「 サタニキア君なら楽勝なはずだ 」

サターニャ 「 え?なんか言った? 」ズルズル

ガヴリール 「 もう食べてるし 」

サターニャ 「 チャーハンも良かったけどこれも美味しい!! 」ズルズル

店長 「 くぅ~! 」ブワッ

ヴィーネ 「 す、凄いのね…私も1口頂こうかしら 」

ラフィエル 「 ヴィーネさんダメです!! 」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:49:43.37 ID:7DALn+Wl0
ラフィエル 「 確かにサターニャさんの食べっぷりをみたら… 」

ラフィエル 「 ただのラーメンに見えますが!絶対ダメです!! 」

ヴィーネ 「 わ、わかったわよ 自分の食べるから… 」パク

ヴィーネ 「 っ 程よくスパイシーで美味しい!! 」パァ

ガヴリール 「 私のビビンバも美味いぞ 」パクパク

店長 「 手羽先は得意料理の一つでね~ 」

店長 「 そっちの君はこの前激辛特盛チャーハンを食べて倒れた子だろ? 」

ガヴリール 「 あっ 覚えててくれたんですね 」

店長 「 俺は客の顔を1度だって忘れたことないさ 」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:51:29.99 ID:7DALn+Wl0
店長 「 そっちの君も前に激辛特盛チャーハンを食べて失神した子だよな? 」

ラフィエル 「 は、はい!そうです! 」

ガヴリール 「 ラフィも挑戦したことあったのか… 」

店長 「 君たち2人に関してはどこまでの辛さがいけるのか 」

店長 「 1度反応をみればわかるからねぇ…全て把握してるつもりさ 」

店長 「 その豚キムチとビビンバはさしずめ君達2人専用に作ってあるからね 」

ヴィーネ 「 す、すごい…なんて人なの! 」

ガヴリール 「 確かにいくらでも食べれそうだ…! 」パクパク

ラフィエル 「 はい!とても美味しいです! 」パクパク
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:54:37.32 ID:7DALn+Wl0
店長 「 そういえばサタニキア君はあの挑戦者に選ばれたんだよな 」

サターニャ 「 店長知ってたの? 」ズルズル

店長 「 うちの店も色々関わっててね 」

サターニャ 「 ふ~ん 」ズズー

サターニャ 「 もう無くなっちゃった… 」

店長 「 激辛特盛ラーメンも完食か…残りのカレーも食べるか? 」

サターニャ 「 やめとくわ また今度で 」

店長 「 わかった 挑戦頑張れよ 」

サターニャ 「 ええ!もちろんよ! 」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 22:57:56.58 ID:7DALn+Wl0
ーーー 帰り道 ーーー

ヴィーネ 「 美味しかった~ 」

ラフィエル 「 また行きましょうね ♪ 」

サターニャ 「 当然!カレーまだ食べてないもん! 」

ガヴリール 「 カレー食べ終わったらもう行かないのか? 」

サターニャ 「 ん… 多分行くと思うわ あの店好きだしね 」

ガヴリール 「 だよな 私もあの店好きだ 」

ガヴリール 「 そういえばさ サターニャと一緒に私もTV出るんだろ? 」

ガヴリール 「 私何すればいいの? 」

サターニャ 「 ガヴリールは私のサポートをするらしいわ 」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:00:27.20 ID:7DALn+Wl0
ガヴリール 「 サポート? 」

サターニャ 「 私に水出したり…汗ふいたり? 」

ラフィエル 「大食い番組とかでよく見るやつですね! 」

ガヴリール 「 なるほどな 」

ガヴリール 「 よし、ヴィーネ ラフィエル 私に化粧してくれ 」

ヴィーネ 「 いきなりどうしたの? 」

ガヴリール 「 サターニャにつられて私まで気合い入ってきたわ 」

ラフィエル 「 ガヴちゃん…! 」

ヴィーネ 「 わかったわ!今からガヴの家行くから 」

ガヴリール 「 掃除とかも手伝ってくれ 」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:03:21.33 ID:7DALn+Wl0
ーー 激辛チャレンジ当日 ーー

司会者 「 遂にこの時が来てしまったァァァ!!!! 」

司会者 「 第5回激辛チャレンジ!!! 」

司会者 「 今まではクリア者がおらず全員病院送りになったが!!!? 」

司会者 「 今回はどうなるウウウ!!!? 」

ーーー 客席 ーーー

ラフィエル 「 あの司会者さん物凄くテンション高いですね 」

ヴィーネ 「 暑苦しいわ… 」



司会者 「 それでは今回のチャレンジャーに来てもらおうか!!! 」

司会者 「 1人目!!激辛料理を食べ続け早20年!!!! 」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:05:15.27 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 前回の第4回では惜しくも脱落してしまったが!!!! 」

司会者 「 今宵はいかに!? 激辛し先生だァァァ!!!! 」

激辛し先生 「 あっ どもども 」ヌッ

ウオーゲキカラシダー!!!
ガンバッテー!!!!

司会者 「 2人目!!予選で圧倒的強さを魅せたダークホース!!! 」

司会者 「 全ての激辛料理はこの男の前で屈服してしまうのか!!!? 」

司会者 「 ニックネームはカラムーチョ!!!!!! 」

カラムーチョ 「 辛さとは人生!辛さこそが全てだっ!!! 」ヌッ

カラムーチョダー!!!
ヘンナニックネームツケンナ!!!


ヴィーネ 「 予選とかあったの? 」

ラフィエル 「 サターニャさんは特別参加って感じですかね 」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:08:02.92 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 3人目!!海外の激辛チャレンジで優勝経験あり!!!! 」

司会者 「 優勝候補No.1で日本を支配してしまうのか!!? 」

司会者 「 外人のジョージだァァァ!!!!!!! 」

ジョージ 「 ジャパニーズガール ニハ マケナイネ!!!! 」ヌッ

アレガデンセツノジョージダー!!!
ニッポンヲドウスルキダ!!!


ラフィエル 「 すごい体の大きさです!!! 」

ヴィーネ 「 で、デカイ!ガヴの5倍くらいはデカイ!! 」


司会者 「 そして最後の4人目!!大会初の飛び入り参加!!!! 」

司会者 「 あの有名激辛料理店のチャーハンを5分で完食!!!? 」

司会者 「 更に超絶美少女で華のJkェェェェェ!!!!! 」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:10:06.02 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 胡桃沢=サタニキア=マクドウェルだァァァ!!!! 」

サターニャ 「 そこの外人には絶対に負けないわ!!! 」ヌッ

ウオーーー!!!!!!!
カワイイー!!!!!!!
ブヒィィィィ!!!!!
サターニャサーン!!!!!!


ヴィーネ 「 サターニャ物凄く人気ね 」

ラフィエル 「 はぁ…はぁ…そうですね 」

ヴィーネ 「 もしかして最後に叫んだのってラフィ? 」

ラフィエル 「 それはともかくサターニャさん何かあったんですかね 」

ラフィエル 「 あの外人さんと 」

ヴィーネ 「 控え室で喧嘩でもしたんじゃないかしら? 」

ヴィーネ 「 あっ サターニャの後ろにガヴが付いてきてるわ 」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:13:37.06 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 これでチャレンジャーは揃ったぞ!!!!! 」

司会者 「 それでは改めてルールを説明しよう!!!!!! 」

司会者 「 君達には4つの激辛料理を食べてもらう!!!! 」

司会者 「 1つめをクリア出来たら100万!!!額は上がっていくぞ!! 」

サターニャ 「 えっ!4つ全部食べてれたら100万円じゃないの!? 」

司会者 「 おおっと!!それは違うぞ!!2つめをクリア出来たら300万!! 」

司会者 「 3つめは500万!!!! そして最後の4つめは… 」

司会者 「 1000万だァァァ!!!!! 」

ジョージ 「 ソンナコトモシラナイノカ ジャパニーズガール 」プフ

サターニャ 「 ムキー!あったさっきから私が女だからって! 」

サターニャ 「 馬鹿にしてんでしょ!! 」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:15:39.51 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 君達には途中でリタイアする権利がある!!! 」

司会者 「 例えば1つめを食べ終えた時点でリタイアをすれば 」

司会者 「 100万はプレゼントしよう!!! だが次の料理に手を出せば 」

司会者 「 その料理をクリアするまでリタイアは出来ない!!! 」

司会者 「 勿論食べきれず失格になれば賞金は0だ!!!! 」

司会者 「 失格…その時は病院送りって事だけどなァァァ!!!! 」

激辛し先生 「 ふふ…リタイアするものなどここにはいませんよ 」

カラムーチョ 「 その通り!!早く激辛料理を食わせろ!!! 」

司会者 「 確かにあまり説明が長いと皆冷めてしまう!!!!! 」

司会者 「 早速1つめの料理を紹介しよう!!!!!! 」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:18:11.63 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 あまりの激辛に鶏肉も唖然ンンン!!!!!! 」

司会者 「 激辛チキン南蛮だァァァ!!!!!!! 」ドーン


激辛チキン南蛮 「 ………… 」ゴゴゴゴ

激辛し先生 「 ほう チキン南蛮とは なかなか… 」

サターニャ 「 ソースが真っ赤!! 」

司会者 「 ではこの激辛チキン南蛮を作った料理人に出てきてもらおう! 」

司会者 「 チキンさんカモーーーン!!! 」

チキンさん 「 チキンと激辛のコラボレーション!!!! 」

チキンさん 「 これを完食出来れば100万だ さあどうぞ召し上がれ 」

司会者 「 ッということで!!チャレンジャーの諸君!!!! 」

司会者 「 準備はいいか!!!? いただきます!!!! 」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:21:37.54 ID:7DALn+Wl0
激辛し先生 「 いただきます!! 」パクパク

カラムーチョ 「 いただきます!! 」パクパク

ジョージ 「 イタダクネ!! 」パクパク

サターニャ 「 いただきまーす 」パクパク

司会者 「 全員一斉に食べだしたぞ!!!さあ一口目の反応はどうなる!!!? 」

激辛し先生 「 ぐっ…辛い…だがこのぐらいならイける!! 」パクパク

司会者 「 激辛し先生はまだ大丈夫なようだ!!流石!!!! 」

カラムーチョ 「 …………… 」

司会者 「 むっ!!!カラムーチョがフリーズしているぞ!!!? 」

カラムーチョ 「 あばばばばは 」パタリ
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:24:49.58 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 おおっとカラムーチョ選手!!泡をふいて倒れたァァァ!!!! 」

司会者 「 弱い!!弱すぎる!!!! 早くも失格だァァァ!!! 」

ブーブー ナニシニキタンダー
ヨセンノトキイカサマシタンジャネ


ヴィーネ 「 何がダークホースよ… 」

ラフィエル 「 あのチキン南蛮…それほどで辛いのでしょうか? 」


ジョージ 「 ジャパニーズヨワイネ ジョージ ヨユウ 」ムシャムシャ

司会者 「 おお!!?ジョージは余裕かァァァ!!!? 」

司会者 「 いや!ジョージ選手物凄い汗です!!本当はキツイのか!! 」

司会者 「 いったいどれだけ恐ろしいんだこのチキン南蛮は!!!!! 」

サターニャ 「 美味しいわよ? 」パクパク
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:28:08.97 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 !!!!!! 」

激辛し&ジョージ 「 !!!!! 」

サターニャ 「 このソースも食べやすくていいわね 」パクパク

チキンさん 「 ほげえええええ!!? 」

司会者 「 さ、サタニキア選手!!!なんだこの余裕は!!!!? 」

激辛し先生 「 ほう…この辛さでビクともしないとは 」

激辛し先生 「 私は舌がヒリヒリしているというのに… 」ヒリヒリ

司会者 「 あ、あの激辛し先生が舌がヒリヒリするほど辛いのに!!!! 」

司会者 「 サタニキア選手!!!すごいスピードで平らげていく!!!! 」

サターニャ 「 美味しかった~ 」カラン
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:31:19.23 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 もう完食!!!? 大食い対決ではないので量は並程度ですが 」

司会者 「 もう激辛料理を完食してしまったぞ!!!!! 」

司会者 「 汗も流していない!!水も1滴も飲んでいない!!! 」

司会者 「 本当に人間かァァァ!!!? 」

ガヴリール ( 私いる意味あんの? )



ヴィーネ 「 ダントツじゃない!! 」

ラフィエル 「 流石サターニャさんです! 」

ラフィエル 「 後ろのガヴちゃんが置物にしか見えません! 」

ヴィーネ 「 さらっと酷いこと言うわね 」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:33:02.91 ID:7DALn+Wl0
ジョージ 「 オレモ カンショク 」ゴクゴク

司会者 「 続いてジョージも完食!!しかし物凄い量の水を飲んでいる!!! 」

司会者 「 汗も滝のようだ!!!!! 」

ジョージのアシスト 「 手が足りない!君も手伝って!! 」

ガヴリール 「 えっわたし? 」

ジョージのアシスト 「 早く!!そこのタオルでジョージの汗ふいて! 」

ガヴリール 「 えぇ… 」


ラフィエル 「 ガヴちゃん… 」

ヴィーネ 「 ガヴかわいそう… 」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:35:38.76 ID:7DALn+Wl0
激辛し先生 「 ふぅ…ご馳走様でした 」

司会者 「 激辛し先生も完食!!! まだ余裕がありそうだ!!! 」

激辛し先生 「 余裕だなんてとんでもない…恐ろしいチキンでしたよ 」

司会者 「 全員完食した所で!!!1つ問おう!!! 」

司会者 「 リタイアして100万を手にするか!!? 」

司会者 「 更なる激辛料理に挑むか!!!? 」

激辛し先生 「 考えるまでもありません 」

ジョージ 「 ハヤク ツギダスネ 」

サターニャ 「 まだお腹は空いてるわよ! 」

司会者 「 …ふっ 聞いた私が馬鹿だったァァァ!!!!! 」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:39:51.25 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 続いての激辛料理はマグマのような赤いスープ!!!! 」

司会者 「 まるで挑発するような赤い麺!!!! 」

司会者 「 激辛店 赤い彗星の名物!!激辛タンタン麺だァァァ!!! 」

激辛タンタン麺 「 ………… 」ゴゴゴゴ

司会者 「 激辛料理店 赤い彗星 オーナーの登場だ!!! 」

辛子ャア 「 私の激辛料理で君達を圧倒する!!!! 」

司会者 「 熱いコメントをありがとう!!! 」

司会者 「 チャレンジャーの諸君!!準備は出来ているか!!!? 」

司会者 「 いただきます!!!! 」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:43:52.52 ID:7DALn+Wl0
激辛し先生 「 いただきます!!! 」ズルズル

ジョージ 「 イタダクネ!!! 」ズルズル

サターニャ 「 いただきまーす 」ズルズル

司会者 「 今回も1口めの反応をみていくぞ!!!! 」

激辛し先生 「 これはキツイ!!! 」ゴクゴク

司会者 「 前回いい線まで行った激辛し先生がピンチか!!!? 」

ジョージ 「 グッ ナカナカカライネ 」ゴクゴク

司会者 「 ジョージは相変わらず飲む水の量も流す汗も半端ないぞ!!!! 」

サターニャ 「 このタンタン麺?ラーメンと何が違うのかしら 」ズルズル
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:45:02.31 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 美味しいけど 」ズルズル

司会者 「 この余裕!!!! 圧倒的余裕!!!! 」

司会者 「 もはや味音痴を疑うレベルだァァァ!!!!! 」


ヴィーネ 「 味音痴なんだけどね… 」

ラフィエル 「 シーッ ですヴィーネさん 」


激辛し先生 「 ぐっ…水を早く用意してくれ… 」ズルズル

激辛し先生アシスト 「 はい!先生!! 」

司会者 「 激辛し先生は水を飲みながらなんとか食べ進めているぞ!!! 」

ジョージ 「 ノドガヤケソウネ 」ズルズル
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:46:00.04 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 ジョージは…!!!? 」

司会者 「 足元に水たまりができるほどの汗!!!!! 」

ジョージアシスト 「 このタオルもうダメ!!! 」ベチョ

ガヴリール 「 新しいの持ってきました!! 」サッ

司会者 「 なんとサタニキア選手のアシスタントが手伝っている!!! 」

ジョージ 「 アツイネ クーラーツケロ 」ズルズル

司会者 「 文句を言いながらもどんどん食べ進めているぞ!!!! 」


ラフィエル 「 ガヴちゃん仕事もらえて良かったですね 」

ヴィーネ 「 知らない人の汗ふく仕事なんて嫌だけどね… 」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:47:48.29 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 ご馳走様~ 」コト

司会者 「 サタニキア選手完食!!!スープは飲まなくてもいいのに!!! 」

司会者 「 全て飲み干しているだと!!!!まさか悪魔か何かなのか!!!? 」

サターニャ 「 よくわかったわね! 」ドヤ

激辛し先生 「 私も完食だ… 」コト

ジョージ 「 オレモゼンブ クッタ 」コト

司会者 「 激辛し先生とジョージもなんとか完食!!!! 」

辛子ャア 「 俺の激辛料理が… 」

司会者 「 しかしこの2人には明らかに限界が近い事が見てわかる!!! 」

司会者 「 続いての料理を出す前にまた同じ質問をしよう!!! 」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:49:35.65 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 ここでリタイアをして300万をとるか!? 次に進むか!? 」

激辛し先生 ( この司会者が言っているように私は限界が近い… )

激辛し先生 ( しかし私にはプライドがある!!! )

激辛し先生 「 勿論挑戦しよう!! 」

ジョージ 「 アタリマエネ!! 」

サターニャ 「 もっと美味しいの食べたい! 」

司会者 「 決まりだ!!しかし次の料理は今までの料理を遥かに凌駕するらしいぞ!!!! 」

司会者 「 本場中国の料理人!!!珍沈さんに直接持ってきてもらおう!!! 」

珍沈 「 了解アルヨ 今もっていくネ 」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:50:59.53 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 こ、これは…!!! 」

激辛麻婆豆腐 「 ………… 」ゴゴゴゴ

激辛し先生 「 ほう… 」

サターニャ 「 なにあれー? 」

司会者 「 激辛 麻婆豆腐だァァァ!!! 」

珍沈 「 この麻婆豆腐には秘伝の隠し味が入っているネ 」

珍沈 「 もはや 辛い だけじゃすまないアルヨ 」

司会者 「 だそうだ!!ではチャレンジャーの諸君!!準備は出来ているか!!!? 」

司会者 「 いただきます!!!! 」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:52:20.96 ID:7DALn+Wl0
激辛し先生 「 いただきます!! 」パク

ジョージ 「 イタダクネ!! 」パク

サターニャ 「 いただきまーす 」パク

司会者 「 同じように1口めの反応をみていくぞ!!!! 」

激辛し先生 「 あばばばばば 」パタリ

ジョージ 「 アバババババ 」パタリ

司会者 「 !!!!!!?? 」

司会者 「 げ、激辛し先生とジョージが脱落!!!!!! 」

珍沈 「 この麻婆豆腐は人間じゃ食べきるのは不可能ネ…クックック 」

ガヴリール ( あーやっと解放された )
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:53:21.70 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 海外で優勝経験のあるジョージまで…なんだこの麻婆豆腐は!!!! 」

珍沈 「 中国4000年の前では無力ネ!! 」

サターニャ 「 すっごく美味しい!ご飯と合いそうね! 」パクパク

珍沈 「 ほげえええええ!!? 」

司会者 「 いかに中国4000年が凄かろうと!!!!!! 」

司会者 「 我らがサタニキア選手の敵ではなかったァァァ!!!!! 」

ガヴリール ( もうサターニャの事馬鹿にするのやめよう )


ヴィーネ 「 優勝候補まで蹴散らしちゃったわね…すごいわ! 」

ラフィエル 「 予想通りサターニャさん1人だけが残りましたか 」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:54:46.48 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 これも美味しかった~ 」カラン

サターニャ 「 …ねぇ あんた 」

珍沈 「 は、はひっ 」

サターニャ 「 今度またこれ作って ご飯と一緒に食べたい 」

珍沈 「 か、かしこまりネ!! 」

司会者 「 サタニキア選手!!余程珍沈の麻婆豆腐が気に入ったようだ!!! 」

司会者 「 そして…とうとう1人だけになってしまったサタニキア選手 」

司会者 「 ここでリタイアして500万をとるか…次の激辛料理を食べるか!! 」

サターニャ ( う~ん 少しお腹膨れてきた…でもここまできたんだし… )

ガヴリール 「 サターニャ おもっきり食ってやれよ 最後の料理 」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:56:36.53 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 ガヴリール! そうね…勿論次の激辛料理も食べるわ!! 」

司会者 「 決まりだァァァ!!!では最後の激辛料理の説明をしよう!!! 」

司会者 「 全ての辛さの始まりと言っても過言ではない!!!!! 」

司会者 「 原点にして頂点!!!!! 」

司会者 「 激辛カレーだァァァ!!!! 」

サターニャ 「 カレー…もしかして! 」

店長 「 よっ サタニキア君 やっぱり君だけが上がってこれると思ってた 」

激辛特盛カレー 「 ………… 」ゴゴゴゴ
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:57:37.59 ID:7DALn+Wl0
サターニャ 「 店長じゃない! 」

司会者 「 料理人はあの激辛料理有名店の店長だァァァ!!!! 」

店長 「 チキン南蛮…タンタン麺…麻婆豆腐…どれも素晴らしい激辛料理だった 」

店長 「 でも君以外の3人には耐えられなかったんだ 」

店長 「 この三つの料理は君に最後まで美味しく食べてもらって幸せだったろうねぇ… 」

サターニャ 「 店長… ええ 全部物凄く美味しかった!! 」

チキンさん 「 うぅ… 」ポロポロ

辛子ャア 「 …ありがとう」ポロポロ

珍沈 「 嬉しいアルヨ… 」ポロポロ
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 23:59:40.68 ID:7DALn+Wl0
司会者 「 な、なんていい話でしょうか…私まで涙が…うっ 」ジワ

サタニキアチャンテンシスギ...
マジナケルワ...
ケッコンシヨ...

ラフィエル 「 素晴らしいです 」ポロポロ

ヴィーネ 「 いい話ね… 」ポロポロ


店長 「 この激辛特盛カレーはチャーハン、ラーメンとは違う 」

店長 「 長年求めていた秘薬が見つかってな…ワンランク上に進化したんだ 」

店長 「 辛さも美味しさも数段上がってるはずだ 」

サターニャ 「 …全部食べてあげるわ! 」

司会者 「 っよし!ここまで上がってきたチャレンジャーよ!!!! 」

司会者 「 最後の料理を食べる準備は出来たようだな!! いただきます!!!! 」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:00:57.89 ID:xwRsFX8Z0
サターニャ 「 いただきます!!! 」パク

サターニャ 「 ………… 」モグモグ

司会者 「 んっ!? サタニキア選手!!珍しく黙り込んでいるぞ!!? 」

サターニャ 「 ……ん 」ゴクゴク

司会者 「 今初めて!!水を飲んだ!!!! 」

サターニャ 「 このカレー美味しい!!! 」パァ

司会者 「 わかっていたァァァ!!!この美女に不可能が無いことぐらい!!!! 」

店長 「 やはり君は…ふっ 何も言うまい 」

ガヴリール ( これでサターニャは1千万貰えるのか… )

ガヴリール ( 今度から様付けで呼ぼう )
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:02:32.99 ID:xwRsFX8Z0
サターニャ 「 美味し… 」パクパ

サターニャ 「 ………… 」

司会者 「 ど、どうしたんだ!?動きが止まったぞ!!? 」

サターニャ ( どうしよ…お腹いっぱい… )

店長 「 …あっ 司会者君 これは激辛料理を食べるのであって大食いではないはずだ 」

店長 「 いや特盛にした私が悪いんだが… サタニキア君はもう充分食べたはずだろ? 」

司会者 「 …あっ なるほど 確かにサタニキア選手は激辛を克服している!!! 」

司会者 「 まだ料理は残っているがサタニキア選手の優しょ… 」

サターニャ 「 ちょっと待って!」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:03:59.84 ID:xwRsFX8Z0
サターニャ 「 せっかく店長が作ってくれたんだもん 」ググッ

サターニャ 「 全部残さず食べるわ!! 」パクパク

店長 「 サタニキア君…! 」ジワ

司会者 「 諦めずに食べ始めたァァァ!!!もう満腹のはずなのに!!!! 」

司会者 「 正に食べる側の鏡ィ!!!優しさァァァ!!!! 」

司会者 「 真の王者に相応しいのは君だァァァ!!!!!! 」

ガヴリール ( 頑張れ…! )


ラフィエル 「 サターニャさん頑張ってください!!!」

ヴィーネ 「 サターニャ頑張れ!!! 」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:05:04.27 ID:xwRsFX8Z0
サターニャ 「 うぷっ 」ゲフ

サターニャ 「 諦めるもんですか…! 」パクパク

店長 「 もう少し…!あと数口で完食だ!! 」

司会者 「 頑張れぇぇぇぇ!!!!!頑張れサタニキア選手!!!!! 」

サターニャ ( こんな美味しいカレー…残すことなんて出来ないわ!! )

サターニャ 「 んんんん!!! 」パクパク

サターニャ 「 ふぅ…ご馳走様 」カラン

司会者 「 完食!!!!!!!!!! 」

ウオーーー!!!!
スゲーサタニキアチャン!!!!
サターニャサーン!!!!!!!

司会者 「 この時点で!!大会初の優勝者が決定したァァァ!!!!! 」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:06:03.88 ID:xwRsFX8Z0
司会者 「 その栄光ある者の名は!!!! 」

司会者 「 胡桃沢=サタニキア=マクドウェルだァァァ!!!!! 」

サタニキア! サタニキア! サタニキア!
サターニャサーン!!!!

ガヴリール 「 お疲れ様 サターニャ 」コト

サターニャ 「 水ありがと ガヴリール 」ゴク

店長 「 君は本当に素晴らしい人間だ サタニキア君 」

サターニャ 「 私は悪…ううん ありがとう店長 美味しかったわよ 」

店長 「 くぅぅ…」ポロポロ

サターニャ 「 またお店食べに行くから! 」

店長 「 …ああ!いつでも来てくれよ! 」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:07:31.30 ID:xwRsFX8Z0
ーーー 数日後 ーーー

ガヴリール 「 へへ…サターニャ様 このダメ天使に施しを… 」スリスリ

ヴィーネ 「 …ガヴどうしちゃったの? 」

ラフィエル 「 昨日サターニャさんに1千万円が届いたらしいです 」

ヴィーネ 「 あ~… 」

サターニャ 「 ちょっと暑苦しいって! 」

ガヴリール 「 そんな事言わずに何か奢ってくださいよ~ 」スリスリ

サターニャ 「 …私もう10万円しか持ってないんだから! 」

ガヴリール 「 …はっ!? 残りの990万はどうしたんだ!? 」

サターニャ 「 実家に送ったのよ お菓子作る最新器具?は高いから 」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 00:11:14.66 ID:xwRsFX8Z0
ガヴリール 「 じ、実家に送ったってお前… 」

サターニャ 「 お父様とお母様に楽させてあげたいのよ 」

ガヴリール 「 …それなら仕方ないな ごめん 」

ヴィーネ 「 サターニャ…あなた本当にいい子ね 」ウルウル

ラフィエル 「 ええ…天使の鏡です 」ウル

サターニャ 「 悪魔なんだけど! 」

サターニャ 「 まぁ…この残りの10万円でどこか遊びに行きましょう! 」

サターニャ 「 皆で! 何か食べたいのあるかしら? 」

ガヴリール 「 おお!流石サターニャ様!焼肉…いやあの激辛店がいい! 」

サターニャ 「 決まりね…! 」

ヴィーネ 「 私今日は中辛に挑戦しようかな ラフィもどう? 」

ラフィエル 「 そうですね!いつか激辛を食べれるように! 」


終わり
辛いの食べ過ぎると体に悪いらしいから
皆気をつけてな
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 01:21:36.01 ID:nXbHfc2xo
サターニャは優しくて良い娘やなあ
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 17:28:58.30 ID:BJX0VSN7O
最後にヲチたりするのかと思ったけど綺麗なまま終わった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク