【ガルパン】しほ「どうしてこんなことをしたんですか?」

1: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:09:29.79 ID:EHa/nXAq0
しほ「怒らないからちゃんと理由を言いなさい」

みほ「もう怒ってる......」

しほ「みほ」

みほ「ひぃっ」

まほ「ほら、みほちゃんとごめんなさいして」

しほ「まほ、あなたもです。あなたはもう小学生のお姉ちゃんなんですよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468422569  
2: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:13:44.75 ID:EHa/nXAq0
まほ「いや、おかあさま、戦車にラクガキしたのはみほで」

みほ「ウソだもん!おねえちゃんも一緒におえかきしたもん!」

まほ「あ、みほ!あとでお菓子あげるから黙ってるって」

しほ「まほ」

まほ「はい、ごめんなさい」

みほ「おねえちゃんも怒られたぁw」

しほ「みほ、あなたはもっと反省しなさい」

みほ「うー」

しほ「うー、じゃありません」

3: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:22:39.95 ID:EHa/nXAq0
しほ「そもそもあなたたちは西住の家に生まれたという自覚が足りません、」クドクド

みほ「....」ブーたれ

まほ(足しびれてきた)

しほ「そもそも戦車道に置いて戦車とは自分自身、魂のあり方を映す鏡のようなものです。それにイタズラ書きなど言語道断」

みほ「でも戦車かわいくないもん」

まほ「こらっ!みほ!」

しほ「戦車に可愛さは必要ありません」

みほ「えー」

しほ「えー、ではありません。とにかく、きちんと戦車を綺麗にしておくこと。終わるまで二人共お夕飯は抜きです」

まほ「そ、そんな」

しほ「まほ、戦車を綺麗にしたら私のところまで来なさい」

まほ「はい.......」

4: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:30:08.50 ID:EHa/nXAq0
まほ「みほのせいだぞ!みほがボコなんて描くから!」ゴシゴシ

みほ「おねえちゃんもかわいいって言ってたのに」フキフキ

まほ「ほら、こっちもちゃんと拭いて」

みほ「えーっ!そっちおねえちゃんでしょ」

まほ「描いたのみほでしょ!」

みほ「やだぁ!ボコ消したくないもん!」

まほ「わがままいうな!」ポコッ

みほ「わーん、おねえちゃんがぶっだぁ」ビエー

まほ「わわ、泣くな!そんなに強く叩いてない!」

みほ「お"ね"ぢゃん"がぁ"」

しほ「何事ですか......まほ」

まほ「違います!みほがちゃんとしないから!」

みほ「あ"ー」(大泣き

しほ「......まほ、おねえちゃんでしょ」

まほ「わたしは悪くない......ごめんなさい」

しほ「みほも。泣いていないで手を動かしなさい。泣いてばかりではいけません」
5: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:41:48.56 ID:EHa/nXAq0
まほ「みほのせいでまた怒られた」

みほ「みほのせいじゃないもん!」

まほ「もうっ!......って、みほ何やってるの?!」

みほ『おかあさんのばーか』カキカキ

まほ「こらっ!おかあさまに怒られるのわたしなんだからね!」ポカッ

みほ「お"ね"ぢゃん"がぁ"ま"た"ぶっだぁ」(号泣

まほ「も"ー、わ"た"し"わ"る"く"な"い"ー」(もらい泣き

菊代「まあまあ、どうしました?」

みほ「お"ね"ぢゃん"がぁ"」

まほ「み"ほ"がぁ"」

菊代「まあまあ」



まほ「み"ほ"がぁ"」
6: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:45:46.86 ID:EHa/nXAq0
菊代「なるほど、それで喧嘩なさってたんですね」

まほ「みほが悪いでしょ?」

みほ「悪くない!ボコかわいいもん」

菊代「そうですねぇ、みほお嬢様、ボコは可愛らしいですね」

みほ「えへへ、でしょぉ」

まほ「菊代さん!」

菊代「でもみほお嬢様、それで戦車は嬉しいでしょうか?」

みほ「え?」

7: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:50:42.39 ID:EHa/nXAq0
菊代「戦車の気持ちになってみてください。戦車はボコを描いてもらって本当に喜びますか?」

みほ「うーん、ボコかわいいから嬉しいと思う!」

菊代「そうですねぇ、でも、みほお嬢様。お嬢様は体に直接クレヨンでボコを描かれたとしたら嬉しいですか?」

みほ「えー、それは嫌かも」

菊代「でしたら、戦車もきっと同じでございましょう?」

みほ「あ......」

8: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 00:54:42.78 ID:EHa/nXAq0
菊代「それに、人の悪口を書かれたり、見たりするのは気持ちの良いものでしょうか?」

『おかあさんのばーか』

みほ「うぅ......」

菊代「でしたら綺麗にして差し上げなければいけませんね。あと、悪いことしてごめんなさいも言わないとですね、戦車にも奥様にも」

みほ「II号さん、ごめんなさい」ナデナデ

9: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:02:00.46 ID:EHa/nXAq0
菊代「まほお嬢様も、みほお嬢様は悪いことをしましたが叩いたりしてはいけませんよ」

まほ「......はい」

菊代「まほお嬢様はみほお嬢様よりも一つお姉さんです。いけないことをしたら何故いけないのかきちんと教えてあげられるようになってください」

まほ「ごめんなさい」

菊代「うふふ、お姉さんは大変ですが、みほお嬢様にきちんと悪いことを悪いと教えられれば良いお姉さんになれますから」

まほ「はい」

菊代「それでは、II号を綺麗にしましょうか」



10: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:07:01.13 ID:EHa/nXAq0
まほ「おかあさま、戦車の洗車終わりました」

しほ「そうですか。分かりました」

しほ「まほ、あなたは西住家の長女です。まだ幼く分からないでしょうが、いずれ西住流を継ぎ、当主として人の上に立たねばなりません」

しほ「ですから、あなたには厳しくすることも多いと思いますが、それは母の期待があるからと思いなさい」

まほ「......はい」

11: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:10:42.93 ID:EHa/nXAq0
みほ「おねえちゃん、おかあさんまだ怒ってた?」

まほ「うん、たぶん」

みほ「あそ山大ふんか?」

まほ「......は?」

みほ「だから、阿蘇山」頭の上で三角

みほ「大噴火!」両手を開いて爆発のイメージ

まほ「.......ぷ、ぷふふ!なにそれ?」ゲラゲラ

みほ「阿蘇山大噴火!」

12: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:16:17.07 ID:EHa/nXAq0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しほ「みほ、お行儀が悪い」

みほ「.......はい」

しほ「まほを見習いなさい。綺麗に食べてるでしょう?」

まほ「.......」

みほ「おはし使いにくい.......」

しほ「まほはもうきちんと使えています」

まほ「.......」黙々

みほ「おねえちゃん」(小声

まほ「.......ん?」

みほ「阿蘇山大噴火!」(小さくジェスチャー

まほ「ぶほぉっ!」

しほ「こらっ!まほ!はしたないですよ!」

まほ「今のはみほが......」
13: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:23:29.82 ID:EHa/nXAq0
ーーーーーーーー
まほ「ということが子供の頃あってな」

小梅「みほさん、子供の頃随分やんちゃだったんですね」

エリカ「ちょっと想像できないですね」

まほ「みほは大きくなるにつれて大人しくなっていったな。なかなか友達ができず心配したものだった」

小梅「それで、どうしてその話を?」

まほ「いや、実は最近お母様に叱られてな」

エリカ「え?隊長がですか?」

まほ「この前の練習試合のことで少しな」

小梅「隊長でも怒られることあるんですね......」

まほ「まだまだわたしは未熟だよ」

エリカ「この前の練習試合、完璧だったと思うのですが」

15: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:29:09.75 ID:EHa/nXAq0
まほ「それで、お叱りの最中にな」

エリカ「何かあったんですか?」

まほ「その阿蘇山大噴火を思い出してしまって」

小梅「えぇっ!」

まほ「つい笑ってしまって、さらに怒らせてしまって家に帰れなくなってしまったんだ......」

エリカ「隊長......」

まほ「それでな、エリカ、今度帰るときついてきて欲しいんだ」

16: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:36:05.81 ID:EHa/nXAq0
小梅「あの、前半のいい話っぽいのは?」

まほ「いや、菊代さんの話を挟んでおけば、エリカも菊代さんのように優しくしてくれるかと......」

エリカ「あの、隊長、わたしは行きませんよ?」

まほ「なんで!?」

エリカ「いえ、わたしが一緒にいても状況は変わらないかと.....むしろその菊代さんにお願いするべきでは?」

まほ「菊代さんは今休暇で大洗まで旅行に行っていて来月まで帰ってこない」

エリカ「はぁ.......」

まほ「頼むよエリカ、貴女の助けが必要なの。お母様のような凍てつく冷たい女のようなエリカが」

小梅「あの、褒めてるように聞こえません......」
17: ◆45SR4r0flud5 2016/07/14(木) 01:39:53.59 ID:EHa/nXAq0
まほ「頼むよ。小梅でもいい、少し頼りないけどいないよりは......」

エリカ「隊長......」

小梅「隊長......」

まほ「人助けだと思って、これも戦車道よ!」

エリカ小梅「「隊長、諦めてください」」

まほ「」


END
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 02:53:39.60 ID:whPla+2do
急に終わってびっくりした
続きを読みたかったが乙
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 04:32:30.85 ID:k3G53BY3o
ほっこりするわぁ
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 13:17:07.27 ID:KPIkAp8w0
やっぱりポンコツで安心した

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。