FC2ブログ

まほ「みほ警察だ!!!」小梅「ピーッ!」

関連スレ:

まほ「みほ警察だ!!!」



1: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:25:28.53 ID:ERDRqAkfO
エリカ「え?あの、隊長?」

まほ「エリカ、お前にはがっかりした」

エリカ「えぇっ?!」

まほ「わたしはな、期待していた」

まほ「だがしかし、お前の家に連絡もなく来てみればなんたるザマだ!」

まほ「お前は優雅にクラシックを聞きながら今日の練習試合の反省をしている場合ではない!!」

小梅「ピーッ!(ホイッスルの音」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467645928


注目記事




2: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:29:07.61 ID:ERDRqAkfO
エリカ「あ、あの、おっしゃってる意味がよく......」

まほ「分からないのか?黒森峰の副隊長ともあろう者が......」

小梅「ピ!ピーッ!」

エリカ「言いにくいですが、分かりたくありません......」

エリカ「あと小梅うるさい」

3: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:33:33.63 ID:ERDRqAkfO
まほ「いいか、お前は黒森峰の副隊長。つまりこのわたしの右腕と言える」

まほ「そう、つまりわたしの意図を汲み取り、的確な行動をしなければらない」

小梅「ピッ!」

まほ「さらには、わたしの不在時にはわたしの代わりとなり考え、指示を出さなければならない」

エリカ「は、はぁ......」

4: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:39:07.73 ID:ERDRqAkfO
まほ「かつては、それを完璧にこなせる者がいた」

まほ「そう、みほだ」

小梅「ふひゅるるる(悲しそうな音」

まほ「だがしかし、黒森峰にはまだエリカ、お前がいた」

まほ「そう、高いポテンシャルを秘めながらいまいち能力を伸ばせないでいるお前だ」

まほ「それなのにお前はクラシックなんて賢そうなものを聞きながら戦車道の勉強などとくだらないことを......」

小梅「ピッ!ピッ!」

エリカ(あぁ、コレこじらせた時の方の隊長だ......)

5: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:46:41.30 ID:ERDRqAkfO
まほ「エリカ、もっと高みを目指したくはないのか?」

エリカ「それは、当然黒森峰の副隊長としてより強い人間になりたいとは思いますが」

まほ「だったら、お前が聞くべきは、こっちだ」

エリカ「今どこからヘッドホン出したんですか?」

まほ「それはまほタッシェからだ」

エリカ「まほタッシェ」

まほ「そうだ、まほタッシェだ。魔法のタッシェっぽくて素敵だろう?」

※タッシェ...ドイツ語。袋のこと
6: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:52:09.26 ID:ERDRqAkfO
エリカ「それで、わたしが今聞くべきものとは......」

まほ「まぁ、まずは聴いてみろ」

エリカ「はぁ......」

みほっぽい声『それじゃあ、わたしが3っつ数えたら......』

エリカ「なんですか、コレ?」

まほ「催眠音声だ。都合により音声の詳しい内容はエリカ以外聞こえないぞ!」

小梅「ピッ!」

エリカ「でしょうね。それで、コレをどうしろと?」

まほ「聞け、日常生活に支障をきたしそうできたさない範囲で」


8: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 00:57:47.97 ID:ERDRqAkfO
まほ「それを聴き、常にみほを感じるんだ。そうすれば、やがてみほの考えが理解できるようになり、みほのように的確な指揮を行え、そして、その結果戦車道の実力が上がる」

エリカ「あの、できれば他の方法で......」

まほ「それでは、期待しているぞ『黒森峰の方の忠犬』。立派な副隊長、いや、隊長になれよ」

小梅「ピッ!」

エリカ「あの、ちょっと隊長......行ってしまったわ」

みほっぽい声『うふふ、そんな顔したってまだだぁめ」

エリカ「......小梅は明日説教ね」

10: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:01:11.17 ID:ERDRqAkfO
まほ「みほ警察だ!!!」

小梅「ピーッ!(ホイッスル音」

アンチョビ「わぁっ!なんだ?!」

まほ「安斎千代美だな。何をしている!」

アンチョビ「こっちのセリフだ!あとアンチョビ!」

小梅「ピッ!」

アンチョビ「あと隣の誰だ!」

11: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:07:13.95 ID:ERDRqAkfO
まほ「アンツィオの隊長ともあろう者が、自慢の髪の手入れをしている場合ではない」

アンチョビ「お前こそこんなところで油売ってる場合じゃないだろ!アンツィオの船だぞ!」

まほ「お前はアンツィオ高校の総帥だろう。総帥に求められるもの、それは信頼と人気、そして確かな実力だ」

小梅「ピッ!」

まほ「それなのにお前は呑気にカツラの手入れなど.....」

アンチョビ「地毛だ!!!せめてウィッグって言えよ!」

12: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:12:01.01 ID:ERDRqAkfO
まほ「全く、うちのエリカなんてみほっぽい声の催眠音声を聴いて戦車道の訓練の真っ最中だぞ」

小梅「ピッ!」

アンチョビ「えっ?あいつそんなことしてるのか......」

まほ「はっは、意識の差に声も出ないか」

アンチョビ「あまりの衝撃にドン引きして声を失ってるだよ.....真面目そうなやつだと思ってたのに」

小梅「ピー?」

アンチョビ「だからお前は誰なんだ......」

13: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:15:59.41 ID:ERDRqAkfO
まほ「まぁ言わずとも分かる。お前も負けたくはないだろう」

まほ「そこで、この洗髪セットだ」

アンチョビ「ん?今それどこから出した?」

まほ「まほタッシェだ」

アンチョビ「まほタッシェ」

まほ「そうだ。みんなの夢を叶える魔法のタッシェだ」

小梅「ピーッ!」バンザイ

14: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:26:15.43 ID:ERDRqAkfO
まほ「強力なライバルに負けたくない。そんなお前にはこの、みほ愛用『西住流シャンプーセット』を進呈しよう」

アンチョビ「西住流シャンプーセット?」

まほ「そうだ。これさえ使えば君もみほと同じ髪の匂いがしてカリスマ性が上がり大人気!ついでに戦車道の指揮能力が向上する」

アンチョビ「え?この流れで戦車道関係する要素があったか?」

まほ「今回は初回ということで、特別に無料で差し上げよう。遠慮はいらない」

アンチョビ「あぁ、これはご丁寧にどうも......」

まほ「もし気に入ってくれたならこの番号に電話をくれ。1セットを特別価格で提供だ」

アンチョビ「はぁ......」

まほ「それでは、君も明日から西住流美人だ」

小梅「ピーッ!」

アンチョビ「......なんだったんだ、いったい」

アンチョビ「あ、悪質な商品の売り込みか」

15: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:33:54.24 ID:ERDRqAkfO
まほ「みほ警察だ!!!」

カチューシャ「きゃあっ!なんなのよ突然現れたかと思えば!!ビックリしちゃったじゃない」

まほ「カチューシャ、この程度のことで驚いてる場合ではない」

カチューシャ「この程度っていうのは、あなたがプラウダの学園艦にいることかしら?それとも鍵のかかっているこの部屋に音もなく現れたことかしら?」

まほ「まぁまぁカッちゃん。些細なことだろう」

カチューシャ「何よカッちゃんって!わたしはカチューシャ!」
16: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:38:36.13 ID:ERDRqAkfO
まほ「ときにカチューシャ、今でも一人で寝るときにはお気に入りのぬいぐるみが手放せないそうだな」

カチューシャ「な、どこでその話を.....って、違う!!そんなはずないじゃない!!!」

まほ「恥ずかしいことではないさ。わたしも実はみほのパンツを被らないとぐっすり眠れなくてな」

カチューシャ「はぁっ?あんたそんなことしてるの?」

まほ「いや、恥ずかしいことを知られてしまった。これで私たちは秘密を共有する仲間だ」

カチューシャ「一緒にしないでよ!」

17: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:41:57.51 ID:ERDRqAkfO
まほ「そんな君にこれをプレゼントだ」

カチューシャ「な、何よ。カチューシャにプレゼントをしたかったのなら最初からそう言いなさいよ」

カチューシャ「......ミホーシャのぬいぐるみ?」

まほ「みほぐるみだよ」

カチューシャ「ん?これ今どこから出したの?」

まほ「まほタッシェだ」

18: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:48:36.57 ID:ERDRqAkfO
まほ「そうだ、時間がないんだった。それを抱いて寝ればぐっすり眠れるし、夢にみほが出てくるし戦車道もなんか上達する」

カチューシャ「何言ってんの?」

小梅「ピーッ!ピーッ!ピーッ!」

ノンナ「待ちなさい!......くっ、早く侵入者を捕まえるのです!!」

まほ「限界か......。小梅、ご苦労だった。逃げるぞ!」

ノンナ「待ちなさい!......逃がしましたか」

ノンナ「カチューシャ、ご無事でしたか?」

カチューシャ「う、うん」

ノンナ「.....なんですかそれは?」

カチューシャ「みほぐるみだって」

ノンナ「......今度カチェぐるみを作りますか」
19: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:53:38.61 ID:ERDRqAkfO
まほ「みほ警察だ!!!」

小梅「ピーッ!」

アリサ「ひっ!け、警察?!」

まほ「そうだ、みほ警察だ!!!」

アリサ「なんだ、黒森峰の隊長じゃない。ビビって損した」

まほ「よそが隊長ばかりだからと油断した結果だな、アリサ」

小梅「ピーッ!」

アリサ「知らないわよ!っていうか、ここサンダースの学園艦!しかもわたしの家!!」

まほ「あぁ、お構いなく」

小梅「ピッ!」

アリサ「いや、帰りなさいよ」
20: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 01:58:14.98 ID:ERDRqAkfO
まほ「それで、君、何をしている」

アリサ「え?な、な、な、なんでもいいでしょう!」

まほ「そうだな、君がタカシとやらのプレイベートを覗き見ていることはどうだっていい」

アリサ「ひっ!バレてるぅ!!!」

まほ「しかし、君は今そんなことをしている場合だろうか?」

小梅「ピッ!ピッ!」

アリサ「お願いですから警察だけは、警察だけは勘弁してください」

21: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:03:35.74 ID:ERDRqAkfO
まほ「君が知るべきはそんな男のことではなく、戦車道のことではないだろうか?」

アリサ「......え?戦車道?この流れで?」

まほ「そうだ。それで、こんなものを用意した」

アリサ「何それ、VHS?今時?っていうかそれどっから出てきたの?」

まほ「まほタッシェだよ。ん?ビデオデッキないのか......ならば仕方ない。ノートパソコンで」

アリサ「何?!今何もない空間からださなかった??!」

まほ「まほタッシェだよ。このファイルを再生っと」

22: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:07:22.43 ID:ERDRqAkfO
ちゃーちゃっちゃー♪
パンパパパン!♪

西住みほの1日

『西住みほの朝はお気に入りの目覚まし時計から慌ただしく始まる』

アリサ「......何これ?」

まほ「タイトル見てなかったのか?『西住みほの1日』だ」

アリサ「あ、あぁ、そう......」

23: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:14:37.89 ID:ERDRqAkfO
まほ「君が知るべきはみほの生活についてだ」

アリサ「はぁっ?なんで?」

まほ「みほの生活を知れば、西住流をそしてそれを超えて見せたみほを知り、みほを知ることで戦術の幅が広がり、戦車道とあとなんか恋もうまく行く」

アリサ「え?なんで恋?」

まほ「みほはモテモテだぞ。実はうちのエリカもみほっぽい声の催眠音声にハマっていて」

アリサ「同性限定じゃない!あと後半知りたくなかった!!」

24: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:17:54.19 ID:ERDRqAkfO
まほ「とにかく、君は自分自身を見つめ直し、そして他人を知るべきだ」

小梅「ピッ!」

まほ「それでは。戦う機会があれば正々堂々と戦おう」

アリサ「......一体なんだったの?」

アリサ「ん?このビデオもひょっとして盗撮?」

アリサ「このアングルどうやって......なるほど!アレにカメラを!勉強になるわ」

25: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:27:52.76 ID:ERDRqAkfO
まほ「みほ警察だ!!!」

小梅「ピーッ!」

ダージリン「こんな言葉を知っているかしら?『人は他人に迷惑をかけない限り自由である』」

まほ「そうだダージリン。わたし達は自由だ。だからこそみほは自分の戦車道を見つけるため西住の家を離れ大洗へと」

ダージリン「ハッキリ言いますわ。迷惑です」

26: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:33:58.78 ID:ERDRqAkfO
まほ「それでだな、自由を求めるのもいいが、それではあるべき自分を見失ってしまうのではないだろうか?」

ダージリン「そうね。その言葉は継続高校の隊長とあなたに送ることにするわ」

まほ「そう!道標!それは自分が何者なのかというアイデンティティ」

ダージリン「話を聞きなさい!」

まほ「それらを踏まえた上で、ダージリン、のんびりと紅茶を飲んでいる場合ではない!」

小梅「ピーッ!!」



27: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:37:46.86 ID:ERDRqAkfO
まほ「お前が今、口にすべきもの。それはこれだ!」

ダージリン「一体なんですの?......クッキー?」

まほ「そうだ、みほの手作りクッキーだ!」

小梅「ピッ!」

ダージリン「それで?クッキーがどうかしたのかしら?」

まほ「それ?ってみほの手作りだぞ?!」

ダージリン「何よその私がおかしいかのような反応は......」

28: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:46:25.09 ID:ERDRqAkfO
まほ「考えてもみろ。みほが食べる人のことを考えて生地を一生懸命捏ねているんだぞ!みほの可愛い手が!ちょっと額に汗をかきながら」

小梅「ピーーーーッ!!!!!」(興奮

ダージリン「......あなたちょっとおかしいんじゃない?」

まほ「みほの手で捏ねられ、みほの笑顔が浮かぶような甘さのこのクッキーを食べることでみほの体の一部を摂取したような気になり、己の目指すべき戦車道が見えてくるというわけだ」

ダージリン「まずあなたは人の道を見つめ直すべきですわね」

まほ「しかしダージリン。残念だがこのクッキーは私のものだ!」

小梅「ピッ?!」

まほ「さらばだダージリン。このクッキーは誰にも渡さない!」

小梅「ちょっと、二人で分けるって言ったじゃないですか!話が違う!」ピーーーーッ!

ダージリン「......何をしに来たのかしら?」


29: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:49:17.95 ID:ERDRqAkfO
まほ「みほ警察だ!!!」

小梅「ピーッ!」

優花里「わ、また出た!しかも増えてる!」

まほ「今回は他校の隊長ばかりだから関係ないとでも思ったかな?」

優花里「すいません、ちょっと今回も何言ってるのか分からないです」

30: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:53:42.06 ID:ERDRqAkfO
まほ「実はね、わたしは非常に悲しんでいる」

優花里「はぁ......」

まほ「前回渡したポエム、どうしたのかな?」

優花里「え?返しましたけど......」

まほ「そうだね、君は戦車車庫に落ちていたと言ってみほに渡してしまったね」

小梅「ピッ!」

まほ「嘆かわしい!『大洗の忠犬』秋山優花里がなんたることだ!」

優花里「え?あの、すいません?」

31: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 02:58:17.39 ID:ERDRqAkfO
まほ「忠犬を名乗るくらいならば主人の持ち物は穴掘って埋めて保管するくらいでなければ」

優花里「あの、わたし『大洗の忠犬』という二つ名を名乗った記憶はないのですが.......』

まほ「全く、『黒森峰のほうの忠犬』逸見エリカを見習ったらどうだ?彼女は今頃みほっぽい声の催眠音声を聞きながら尻尾を振っているぞ」

優花里「あの真面目そうな逸見殿にそんな趣味が......」

32: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:02:46.36 ID:ERDRqAkfO
まほ「これでは戦車道の上達も見込めない。残念だがみほ刑務所に入ってもらうより他ないな」

小梅「ピッ!」

優花里「え?て、手錠?!どこから出したんですかそれ!!」

まほ「まほタッシェさ。君だって似たような事をしているだろう?」

優花里「えぇっ......」

まほ「とにかく、逮捕だ」

小梅「ピッ!」

???「まっ↓たぁー↑」

33: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:05:48.61 ID:ERDRqAkfO
梓「みほ弁護士です!」

まほ「みほ弁護士だとっ!」

小梅「ピッ!?」

優花里「澤殿?!」

梓「それは不当逮捕です」

まほ「何?一体何を根拠にそんな事を?」

小梅「ピッ?!」

34: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:09:11.85 ID:ERDRqAkfO
梓「被告人は立派に『大洗の忠犬』を果たしています」

まほ「なにぃ?!」

梓「証拠はコレです!」ビシッ!

まほ「こ、これは?!」

梓「今日のお昼、ポエムノートを隊長に渡している時のものです」

まほ「この写真がどうしたというんだ?」


35: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:13:07.28 ID:ERDRqAkfO
まほ「抱きつかれて、頭を撫でられている、だと......」

梓「そうです!」

優花里「あの、抱きつかれはしましたが頭を撫でてもらったわけでは......」

梓「さらに、主人の持ち物を咥えて主人の元へ運ぶ、これはかの『とってこい!』にあたる行為であると考えられます」

まほ「な......あ......!!!」

36: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:17:38.98 ID:ERDRqAkfO
梓「よって、弁護側は被告人の無罪を主張します」

まほ「たしかに。これは立派な忠犬の行為だ......」

優花里「あの?二人ともわたしをそんな目で見てるんですか?」

まほ「あぁ、いやすまなかった。君は立派な『大洗の忠犬』だ」

小梅「ピッ!ピッ!」コクコク

梓「よかったですね!先輩!」

優花里「え?よかった?えーっ.......」



37: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:26:02.79 ID:ERDRqAkfO
まほ「澤梓、君はよいみほ弁護士に育ったな」

小梅「ピッ!」

まほ「君のように優秀な人材ならみほ警察として共に戦いたかった」

梓「そんな、優秀だなんて.....。わたしにできることは、無罪の人を信じてあげることくらいです」

まほ「それが強さだよ。それでは、また会おう」

こうして、優花里は見事無罪を勝ち取った。

信じる心。それは何よりも強い正義であろう。

しかし、疑う正義もまた否定されるものではない。

彼女らはまた互いの正義のため戦うのである。

そう、戦車道のように......


THE END

38: ◆45SR4r0flud5 2016/07/05(火) 03:30:59.85 ID:ERDRqAkfO
終わりです。ほんんとなんだろうなコレ

最初に貼り忘れていましたが、

まほ「みほ警察だ!!!」


の続きのようなものです。未読の方はどうぞ

それでは、HTML依頼してきます
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 13:20:59.06 ID:+iNt8XxcO
乙です
続編に期待!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア