曜「ねーねーぎゅーしてー?」果南「してあげるよ!」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 21:57:59.83 ID:1OvX4PBL
曜「わわわっ……果南ちゃん!!///」

果南「ハグぅ……」ギュー

曜「は、恥ずかしいから~///」

果南「誰も見てないよ?」

曜「見てないんじゃなくて、見ないふりしてるんだよぅ……///」

果南「気にしない気にしない。ほら、よく言うでしょ? ハグするとストレスの80%が解消されるって」

曜「で、でも~///」


注目記事




2: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 21:58:47.69 ID:1OvX4PBL
果南「そもそも、曜ちゃんが言ったんだよ? 『ぎゅーして?』って」

曜「違うから! 台本読んでただけだから!!」

曜「大体なんなのこれ……私たちがやるの?」

果南「そうだよ。Aqoursのメンバーで劇をやることになったの」

果南「それで私と曜ちゃんは、恋人同士の役を演じるの!」
3: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 21:59:16.53 ID:1OvX4PBL
曜「いやいやいやいや! 意味わかんないから!! 女の子同士で恋人役!?」

果南「それくらい、今時普通じゃない?」

曜「普通……なの?」

果南「だって、宝〇の団員はみんな女性だよ」

曜「ああ、そういうこと……てっきり私、果南ちゃんがレズに目覚めたのかと……」

果南「そんなわけないでしょ? 劇のための練習なんだもん。てっきり相手を好きになっちゃったら、練習にならないじゃない」
4: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 21:59:41.20 ID:1OvX4PBL
曜「そうだよね、練習にならないよね。だからもう、離れてくれると助かるかな~……なんて……」

果南「それは無理かなん」ギュー

曜「か、果南ちゃ~~~ん!!」

果南「曜ちゃん、台本の続き」

曜「あ……うん……///」
5: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:00:07.66 ID:1OvX4PBL
曜「えーっと……『あったかい……こうして抱きしめ合うと、心も暖まるような気が……』」

果南「待った」

曜「……え?」

果南「抱きしめ合うってことはさ、曜ちゃんからも抱きしめてくれないとダメなんじゃない?」

曜「なっ……!」カァァァ

果南「ほら曜ちゃん……抱きしめて?」

曜「か……果南ちゃん……もぅ……」
6: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:00:38.84 ID:1OvX4PBL
曜「……///」ギュー

果南『えへへ……やっぱり、ちょっと恥ずかしいね』

曜「か、果南ちゃんがやれって言ったんじゃん!///」

果南「違う違う、台本」

曜「あ、そっか……『恥ずかしくなんかない。私はこうしてるだけで幸せだから……』」
7: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:01:03.95 ID:1OvX4PBL
曜「……って、どうして私だけこんなに恥ずかしい台詞ばっかなのー!?///」

果南「わっ……耳元で叫ばないでよー、びっくりするじゃん」

曜「やめやめ! こんな恥ずかしい台本、練習なんてできないって!」スッ

果南「ええー、ハグ……やめちゃうの?」

曜「だ、だって……ハグは台本の……」
8: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:01:26.37 ID:1OvX4PBL
果南「別に、それだけじゃないんだけどな……」

曜「果南ちゃん……それってどういう……」

果南「わからないの? これだけ言っても……まだ?」スッ

曜「うっ……///」

曜(ヤバイヤバイヤバイ……近すぎるって……!!)

曜(果南ちゃん……いい匂い、だなぁ……)
9: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:02:34.25 ID:1OvX4PBL
果南「曜ちゃん……私、踏み出すことにしたんだ」

果南「誰かさんがニブチンだから」ドンッ

曜「わっ……///」

曜(壁ドン……初めてされた……///) 

曜(果南ちゃんの方が少し身長が高いから……まるで、果南ちゃんに包み込まれてるみたい……)
10: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:02:56.77 ID:1OvX4PBL
果南「曜……ちゃん……」

曜(果南ちゃんの顔が……どんどん近づいて……)

曜「うぅ……///」ウルウル

曜(もう……どうにでもなっちゃえ……)
12: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:04:29.27 ID:1OvX4PBL
千歌「はいカットー!」


曜「……え?」

果南「ちえっ、こんないいところなのに」

千歌「だめだよぉ~~~! 果南ちゃんはもうちょっと強く押さなきゃ!」

果南「これでも押してるつもりなんだけどなあ」
13: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:05:05.59 ID:1OvX4PBL
千歌「うん……まあ、カメラが倒れちゃったからね。今回は仕方ないよ」


梨子「あぁ……かなよう尊い」ハナジタラ-


ダイヤ「梨子さん! しっかりしてくださいまし!」

善子「全く……自分で書いた脚本に悶えてちゃ世話ないわね」
14: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:05:52.85 ID:1OvX4PBL
ルビィ「ルビィ、ちゃんとやれてたかなぁ……」

花丸「大丈夫。ルビィちゃんが担当したマイクは、ちゃんと入ってるずら」

ルビィ「ほんと!? よかった~」

鞠莉「まあ、梨子がダウンしたからやり直しだけどね~」

ルビィ「う……ぅゆ……」
15: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:06:59.58 ID:1OvX4PBL
曜(あ……危なかった~~~!! カメラ回ってること、すっかり忘れてたよ!!)

曜(近々劇の公演を控えているAqoursの恋物語っていう、わけわかんない脚本だけど……)


果南「仕方ない。やり直しだね、曜ちゃん」

曜「そ、そうだね。とりあえず……ハグは無しっ! ね!?」

果南「え? 台本に入ってるから、それは絶対やらなきゃだよ」

曜「そんな~……」
16: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:07:40.21 ID:1OvX4PBL
曜(ヤバイ……次あのやり取りをしたら、今度こそ……///)


鞠莉「それに、ハグは曜を落とすために欠かせないでしょ? ね、果南」

果南「……鞠莉!」

鞠莉「あ……ソーリー、つい口がスライドしちゃったのー!」ウフフ
17: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:08:13.62 ID:1OvX4PBL
曜「私を……落とす?」

果南「きっ、気にしないで!? なんでもないから!! うん、なんでも……///」


曜「ま……まさか……///」
18: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:08:55.57 ID:1OvX4PBL
千歌「はーい。じゃあ、梨子ちゃんが復活したから再開するよー」

梨子「次こそは……次こそは収めるのよ……あの神々しい映像を……!」


果南「じゃ……じゃあ……その……やるよ?」モジモジ

曜「え……えええええ~~~~~~~~!!?///」
19: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:09:05.99 ID:1OvX4PBL
END
20: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:10:01.16 ID:1OvX4PBL
かなよう流行れ
21: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/07(木) 22:17:31.85 ID:qYSgjpD4
ほぅ… ようかなですか
26: 名無しで叶える物語(茸) 2017/12/07(木) 22:52:09.44 ID:9o1rckMH
ちょうどようかなが欲しかったんだ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。