志希「風邪を引いた日」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 10:59:59.29 ID:dJbpojHw0
(志希宅)

志希「くちゅんっ!!」

志希「…」ズビッ

志希「…風邪引いちゃったなー」

志希「頭ボーっとするし…喉痛いし…寒いし…鼻がツンツンするし…」ボ-ッ

志希「...」

志希「(風邪なんていつ以来だろ…この感覚嫌だなー…)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1512611998
2: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:00:29.81 ID:dJbpojHw0
志希「…とりあえずプロデューサーに連絡しなきゃ」

トゥルルル...ピッ

P『おはよう、志希。どうしたんだこんな朝から』

志希「おっはよー…ゴホッ…!」

志希「(あー、駄目だ。高い声出ないや)」

P『?』
3: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:00:55.29 ID:dJbpojHw0
志希「あたしさー…今日、具合が悪いからレッスン休むね」

P『了解。大丈夫なのか?』

志希「頭痛、鼻づまり、寒気、喉の痛み、発熱、だるみ。典型的な風邪の症状が出ています。熱は38.3℃。食欲はなし。安静にしていれば問題ないでしょう…」

志希「ゴホッゴホッ…!」

P『…』

志希「はぁ…」

P『落ち着いた?』

志希「うん」
4: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:01:50.70 ID:dJbpojHw0
P『風邪引いてるんだから無理に話そうとするんじゃないよ。お馬鹿』

志希「馬鹿じゃないもーん」

P『はいはい。とにかく安静にしてろよ。何か食べたのか?』

志希「机の奥に隠れてたカロリーメイトをひと口かじったよ」

P『え、それだけ?』

志希「水分補給はきちんとしてるから大丈夫。それに風邪を引いてる時は食べ物の種類じゃなくて栄養価の高…ゴホッ…ゴホッ…!」

志希「…」オェッ

志希「ちょっとごめん…喉痛くてあんまり話したくない…うぇーってなった…」

P『仕事終わったらそっち行くよ』
5: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:02:20.99 ID:dJbpojHw0
志希「いいよ来なくて…移しちゃうし」

P『放っておくと悪化しそうだから行くんだよ』

P『それに志希のアパートって離れたところにしかコンビニがないんだろ。食べ物買ってくから待ってろ』

志希「…」

志希「うん。ありがと」

P『水分補給は忘れるなよ』

志希「うん」

P『ちゃんとあったかくして寝てろよ』

志希「…」

P『あと服もちゃんと着ろよ』

志希「…小うるさい♪」

P『何か言った?』

志希「んふふ…何でもにゃーい…♪」

P『じゃあまた』

ピッ
6: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:02:53.45 ID:dJbpojHw0

志希「…」

志希「…はなみず」デロ-ン

スッ...ズビ-!!

志希「…駄目だ…気持ち悪くて動けないや」ボ-

志希「…」

志希「…」ウトウト
7: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:03:54.76 ID:dJbpojHw0
(夕方)

志希「(寝苦しい…暑い…頭痛い…)」

志希「…」

志希「…」ハッ

P「起きた?」

志希「…」モソリ

志希「…なんでプロデューサーが部屋にいるわけ?」
8: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:04:25.66 ID:dJbpojHw0
P「チャイム鳴らして反応なかったから勝手に上がったんだよ」

志希「なるほど…これは不法侵入だね」

P「見舞いに来てやったのにあんまりじゃないか」

志希「にゃはは…ごめんごめん♪」

P「というか鍵をしろ。危ないぞ」

志希「…はーい」

P「素直でよろしい」
9: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:04:59.94 ID:dJbpojHw0
志希「あ、いま褒めてくれた? もっと褒めて、褒めてー♪」

P「寝てろ」ペシ-

志希「ひどっ。もっと病人をいたわる発言を心がけるべ…」

志希「…ゴホッ! ゴホッ…!」

P「…」

志希「…あー、喉痛い」

P「ほら水をお飲み」

志希「…ん」

グビグビ...

志希「…ぷぅ…美味しいねー」
10: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:05:44.21 ID:dJbpojHw0

P「おかゆは卵でいい?」

志希「おかゆって卵味とかあるんだ」

P「食べたことないのか?」

志希「ない。おかゆ自体あんまりない。だから…楽しみにしてるよん♪」

P「過度な期待はするなよ」

志希「んふふ〜♪ シェフがシェフだからね。期待せざるを得ない♪」

P「へいへい」
11: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:06:41.11 ID:dJbpojHw0
(しばらくして)

ズビビ...

P「どうよ」

志希「普通!」

P「もう2度と食べさせない」

志希「にゃはは…嘘だってば。美味しいよ♪」
12: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:07:17.14 ID:dJbpojHw0
ハフハフ...ズズズ...

P「…」

志希「♪」ズズズ...

P「…」

志希「ん…ご馳走さま。美味しいんだけど、もういいや…」

志希「…にゃはは…作ってくれたのに全部食べられなくてごめんね。食欲ないんだー」

P「いいよ」

志希「…本当に美味しかったからね?」
13: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:07:48.53 ID:dJbpojHw0
P「わかってるよ。ほらポカリ」

志希「…そのままだと濃くて苦手だから1/3くらい水を入れてくれないかな」

P「いいよ。氷は入れる?」

志希「んーん…いらない♪」

P「了解」

志希「プロデューサー」

P「はい?」

志希「ありがと…」

P「どういたしまして。鼻水出てるぞ」

志希「…」ズビ-

P「その状態でハスハスするなよ」

志希「…する気分でもないんだよね」

P「そっか」
14: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:08:22.47 ID:dJbpojHw0
(しばらくして)

ガサゴソ...サッサッ...

P「はい。掃除終わり」

志希「ご苦労様〜…」ズビッ

P「志希の部屋って案外物が少ないんだな」

志希「…アヤシイ薬もあるけど見る?♪」

P「いいや」

志希「そこの引き出しにブラジャーも入ってるよ♪」

P「はいはい。寝てなさいな」

志希「ぶー」
15: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:08:57.01 ID:dJbpojHw0
P「おでこ出して」

スッ...ペシ-

志希「んー、冷えピタ気持ちいいねぇ…♪」

P「薬やら飲み物やら軽食は用意しておいたから。もう1人でも大丈夫か?」

志希「…」

志希「あのさ…もうちょっとだけ、いてくれない?」

P「いいよ」

志希「…ありがと♪」
16: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:10:11.77 ID:dJbpojHw0
志希「…」

志希「…ゴホッ…ゴホッ…!」

志希「…」グズッ

P「…」

スッ...サスサス

P「大丈夫か?」

志希「…ん…ちょっとだけ寒くて持ち悪いかなー…」カタカタ

P「(震えてるな)」

P「吐くならここにタライがあるからな」

志希「…大丈夫」

志希「プロデューサー…まだ帰らないよね?」

P「しばらくいるよ」

志希「…よかった♪」ホッ
17: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:10:50.30 ID:dJbpojHw0
(しばらくして)

TV《本日はフリルドスクエアの皆さんに来てもらってます。1人ひと言お願いします!》

TV《酢昆布ぴにゃこら太頑張ります大作戦!》

TV《ありがとうございました。続きまして…》

〜♪

P「…」

志希「…」

P「…」

志希「…プロデューサー」

P「ん?」

志希「…そろそろ寝る」

P「うん」
18: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:11:35.33 ID:dJbpojHw0
ピッ...プツン...

P「じゃあ、俺は帰るよ」

志希「…」

スッ…ガシ-

P「…」

志希「そこに毛布があるから…」ガシ-

P「…泊まれと?」

志希「…ひとりは寂しいんだよね」
19: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:12:43.33 ID:dJbpojHw0
P「…」

P「今回だけだぞ」

志希「うん…」

P「安心しておやすみ」

志希「…寝る時、手。繋いでて」スッ

P「…ほい」ギュッ

志希「…♪」ギュ-
20: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:13:12.76 ID:dJbpojHw0
(次の日)

志希「というわけで! 志希ちゃん復活でーす! 今日からまたみんなのことをハスハスしちゃうよ〜♪」

P「…おぅ」

志希「おや♪ どーしたのかな、プロデューサー。お薬ならあるよ〜♪」

スッ...シャキ-ン!!

P「…危なさそうだから要らない…ゴホッ」

志希「…咳?」

P「…」ボ-ッ

志希「プロデューサー。鼻水垂れてる」

P「…」ズビッ
21: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/07(木) 11:13:43.97 ID:dJbpojHw0
P「…フラフラする」

志希「…ありゃ、風邪移しちゃったか」

P「やっちまった…」ゴホッ

志希「ご安心をー! 昨日のお返しにあたしがプロデューサーのことを看病してあげるからさ♪」

P「…え、志希が看病?」

志希「任せてよ」

P「ちょ…たんま。手に持ってるそのエグい色の薬はなんだっ!」

志希「♪」ガシッ

P「」

志希「治るまで…付きっ切りで看病してあげるからね…♪」ギュ-

終わり
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/07(木) 12:25:06.49 ID:Pf/LH0DDO
おっつ乙


次は風邪で汗をかいた舞をなめ回し、反応し始めたところで一気に夜戦に突入するSSをお願いしまかぜ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク