武内P「彼氏役?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:04:37.43 ID:OgprucgGo
武内P「彼氏役…ですか?」

凛「うん、アイドルは恋愛禁止でしょ?」

武内P「そうですね。それはどうしても…」

凛「私もそれは分かってるし別にいいんだけど、そういう物に興味が全くないというと嘘になると思う。」

武内P「は、はぁ」

凛「でも演技と言っても外でやると問題になるし、ここは責任を取ってプロデューサーにやってもらうのが一番なんじゃないかな」

武内P「そ、そうでしょうか」



卯月(みおちゃん、凛ちゃんいきなりどうしたんでしょうか?)ヒソヒソ

未央(年末年始忙しかったからストレスが溜まってるのかな?)ヒソヒソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484229877
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:05:15.15 ID:OgprucgGo
武内P「そのくらいは構いませんが…」

凛「!?」

未央「あ、それはいいんだ」

武内P「私みたいなおじさんではあまりリアリティは無いかもしれませんが…」

未央「またまたー、謙遜しちゃって、プロデューサーだからいいんだよね?しぶりん?」

凛「い、いや別に私はそういうつもりじゃ…」

武内P「あ、でしたら多田さんを呼んできましょうか?」

未央「まあまあいいからいいから、しぶりん、彼氏彼女というと何をすると思う?」

凛「名前で呼ぶとかかな?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:05:56.65 ID:OgprucgGo
武内P「名前、ですか…?」

未央「下の名前でって事でしょ?」

凛「う、うん」

武内P「なるほど…、凛さん、…これでよろしいでしょうか?」

凛「///」

未央「うーん、ただ呼ぶだけじゃなぁ、なんかちょっとシチュエーションを考えてみようよ」

卯月「シチュエーションですか?」

未央「うん、例えばさ。しぶりんはアイドルで忙しくて、やっと家に帰ってきたところをプロデューサーが迎えるとか」

凛「なんでそんな具体的なの」

卯月「逆じゃないんですか?」

未央「逆だから面白いんじゃん!、じゃあしぶりん扉を開ける所からどうぞ!」

武内P「…」クビサワリ

………
……


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:06:40.48 ID:OgprucgGo

凛「ただいま」

武内P「お帰りなさい、凛」

凛「///、ま、まだ起きてたの?」

武内P「ええ、貴方を待っていたので、食事はどうされますか?」

凛「ごめん、外で食べてきちゃった。」

武内P「そうですか…、最近は遅いことが多いですね…」

凛「まあ忙しいからね」

武内P「また、お酒を飲まれてるんですか?」

凛「いちいちうるさいなぁ…ってなにこれ!?未央何言わせるの!?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:07:19.72 ID:OgprucgGo
未央「あはは、プロデューサーも意外とノリノリだったね」

卯月「なんだか見てるこっちがドキドキしちゃいましたね!」

凛「まったく///」

未央「じゃあ次はしまむーかな?」

卯月「うぇ!?私もやるんですか?」

未央「そりゃあしぶりんだけにいい思いはさせられないっしょ―」

卯月「えぇー?、私も昼ドラやるんですか?」

凛「昼ドラて」

未央「別のやる?じゃあしまむーの思う彼氏彼女の事情は?」

卯月「ううーん、デート、は外に出なきゃできないから駄目なんですよね。やっぱり手を繋ぐとかですか?」

未央「おおじゃあ早速やってみよう」

卯月「うう…プロデューサーさんいいんですか…?」

武内P「私は構いませんが、無理をなさらなくとも…」

卯月「い、いえ!島村卯月頑張ります!///」

凛(かわいい)

武内P(かわいい)

未央「おーなんかしまむーは初々しくてかわいいね!」

………
……

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:08:00.61 ID:OgprucgGo
卯月「プ、プロデューサーさん、私たち付き合い初めて3ヶ月が経ちましたね。」

武内P「そうですね。し…、卯月さんに受け入れてもらえて本当にうれしかったです。」




凛「え、なにこれ名前呼びもされるの?あとからやる方が有利じゃない?」

未央「まあまあ抑えて抑えて」



卯月「そ、それでそろそろ次のステップに進みたいなって」

武内P「次のステップとは?」

卯月「手を、手を繋ぎたいんです!」



凛「3ヶ月で手を繋ぎたいとか健気すぎない?」

未央「ちょっとしぶりん黙ってて」



武内P「ええ、かまいませんよ」

卯月「そ、それでは…」

武内P「失礼します。」手を繋ぐ

卯月「えへへ、演技とはいえなんか照れちゃいますね///」

未央(かわいい)

武内P(かわいい)

凛「天使なの?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:38:55.98 ID:OgprucgGo

未央「お疲れしまむー!いい演技だったよ!」

卯月「頑張りました!」

凛「ていうか私との差は何なの」

卯月「次は未央ちゃんですね」

未央「おお?うーん、この場でできる彼氏彼女っぽい事かぁ」

凛「台本は任せて」

未央「ええ…、お姫様抱っことか?」

武内P「お姫様抱っこですか…」

未央「あれ?まずかった?」

武内P「いえ、不味くはないのですが…、ちょっと趣旨から外れますが、お姫様抱っこについての注意点をお話ししましょう」

凛「なにそれ」

武内P「お姫様抱っこは意外と腰への負担が大きく危ない、という問題がありまして」

未央「ふーん?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:41:40.33 ID:OgprucgGo
武内P「女性は比較的体重が軽いとはいえ、30キロは超えています。一般的に20キロを超えると二人で持つことが推奨されます。」

武内P「ですので一般的に想像されているような、両腕を前に突き出して持つようなやり方だと腰を痛める可能性が高くなります。」

武内P「実際に行う際には…、ここからは実際にやってみた方がいいかもしれません。本田さん協力してもらえますか?」

未央「え、うん」

武内P「持ち上げる側も腰を曲げないよう膝立ちになります。この状態で本田さんは私の首に両手を回してもらえますか?」

未央「こう?」ダキツキ

武内P「ええ、そのまま私の首で自分の体重を支えるようにしてください。ここから持ち上げる側は腰と足を軽く支えて…、立ち上がります。」

未央「う、うわぁ」

武内P「こうすれば腰への負担は最小限にできますし…」

未央(でもこれめっちゃ顔が近くない?///)

武内P「この状態で片手を離せば撮影の際にも絵が映えます。」

未央「あ、なるほどね!」

武内P「その際離さない手は体重を支えてあげた方が、相手のためになります。そうすれば相手も腰に添えた手はフリーになりますし…」

武内P「また、この持ち上げ方は怪我をした際や介護の際にも応用できます。その際は正面から抱きかかえることになりますが…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 23:49:30.20 ID:OgprucgGo
武内P「それでも相手にはそれなりの負担になりますし、重心も高くなり、足元も見えません。この状態での移動は極力避け、階段を下るようなことは絶対にしてはいけません。」

未央「なるほどねー、これが普段プロデューサーが見てる風景かぁ」

卯月「あ、じゃあその状態で手を繋いで名前呼びですね!」

未央「え!?、こ、この状態で!?」

凛「そうだね。台詞はこれで」ニヤニヤ

武内P「えっとそれでは…」手を繋ぐ

未央「」

武内P「未央」

未央「あはは~、な、なにかな?///」

武内P「このまま新居に行きましょう」

未央「///」

卯月「未央ちゃん、真っ赤ですね!」

未央「わ、わかった!終了!終了!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 00:10:03.39 ID:xRVCTfi4o

未央「いやー、カリスマJKへの道は険しそうだね」

卯月「そんな話でしたっけ?」

凛「違うでしょ、まあ悪くなかったし今後定期的に…」


ガチャ

莉嘉「おはよー☆、あれ?みんなでなんかやってたの?」

凛「あ、いや別に」

卯月「それがですねー、さっきプロデューサーさんと…」

凛「あ、卯月まって…」


―説明中―


莉嘉「彼氏役!?面白そう☆、私もやる!」

未央「おおう、なんか戦闘力高そうだなー」

莉嘉「やっぱりー、彼氏と彼女と言えばキスじゃない?」

武内「いえ、それは流石に…」

未央「3人とも思いつきながら黙っていたであろうことをあっさりと…」

卯月「さ、流石ですね。」

凛「」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 00:12:01.28 ID:xRVCTfi4o

莉嘉「えー?駄目なのー?」

武内P「そうですね…」

莉嘉「あ!分かった!じゃあPくん手だして?、両手ね☆」

武内P「は、はぁ」

莉嘉「この前漫画で見たんだ~、手の大きさ比べ!Pくんの手大きい!ホントに大きい!」

未央「お、意外と平和ですな」

莉嘉「か~ら~の~☆、恋人繋ぎ!!」キュ

凛「!?」

莉嘉「そして両手を奪ってからのキス!!」

武内P「おぉ!」ガタッ

莉嘉「あ!何その避け方!酷くない!?」

未央「はいはいストップ~、反則は退場だよ~」

莉嘉「ええ~?、失敗したからセーフじゃない?」

未央「恐ろしいなこのカリスマJC…」

卯月「プロデューサーさん聞いたことない声出してましたね。」



この後莉嘉はお説教を貰い、この遊びは禁止となった。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 00:14:57.51 ID:xRVCTfi4o
おわり!

凛「プロデューサーとアイドルが近すぎる」


武内P「ラブコメの波動が足りない?」


渋谷凛「おっぱい談義」


武内P「神崎さんに可愛いと言ってみる」


武内P「白坂さんが甘えてくる。」



とか書いてました。
隙あらば莉嘉の精神は見習っていきたい。
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 00:32:52.50 ID:cum59mFH0
もっと…もっと書いてクレメンス…
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 01:00:47.05 ID:QHsDbAWuo

毎度楽しませてもらってます

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク