まゆ「Pヘッドを被ったあなたは」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:45:59.50 ID:+lj15o9b0
「どうしてそんな変わった被り物をしてるんですかぁ?」

まゆは、訊ねます。
すっぽりと頭からかぶって……まるで、アルファベットのPのような。

「顔を見られたくないんだ」

その人は言います。

まゆは、真っ赤な日記帳に書きます。
“顔を見られたくないから、被り物をしている”と。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470663959
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:47:24.61 ID:+lj15o9b0
「僕が怖くないかい?」

今度は、その人が訊きます。

まゆは、首を横に振りました。
不思議と怖くありません。その人が部屋に入ってくると、何だかホッとしましたから。

「何か欲しいものは?」

その人は、重ねて訊ねます。

考えるけれど、思い浮かびません。
そこで日記帳を開いて自分が書いたことを辿ります。
"アイスクリーム"と書いてありました。だから、言います。

「アイスクリーム」

「そうか。アイスクリームが欲しいんだね?」

「分からない」

「今度、持ってくるよ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:48:34.00 ID:+lj15o9b0
その人が、なぜここにいるのか。まゆがなぜこの部屋にいるのか。
まゆにはさっぱり分かりません。
きっと、ここはまゆの部屋です。目覚めたらここにいたので、きっとそうなのでしょう。

でも、格子の付いた窓も、シミひとつないシーツも、簡素な家具も、どこか病院や施設を思わせました。
もしかして、まゆは入院してるでしょうか。

ならきっと、この人は先生です。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:49:30.86 ID:+lj15o9b0
「先生」

と、呼んでみました。

「僕は、先生なのかい?」

と、その人は言いました。
そう言われて、まゆは、急に分からなくなりました。

「先生ではないんですか?」

「いや。先生だ、僕は先生だよ」

まゆは安心しました。
このことを日記帳に書いておかなくちゃ。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:50:52.87 ID:+lj15o9b0
探そうとした日記帳は、探すまでもなくまゆの手の中にありました。
開くと、“アイスクリーム”と書かれています。

あれ。なんだっけ?

アイスクリームがどうしたのだろう。
まゆは、アイスクリームが欲しいんでしょうか。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:52:40.06 ID:+lj15o9b0
「どうしたの?」

見るとその人は、おかしな被り物をしていました。
だからきっと、お芝居の人です。

今から、私を笑わせてくれるのだと思いました。


ですが、その人は、特別には面白いことはしませんでした。
それどころか、何だか悲しそうです。
顔は見えませんが、きっと悲しい顔をしているんだと、何となく分かります。

まゆは、ふいに泣きたくなって、気が付くと、ベッドの上で震えていました。
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:54:04.21 ID:+lj15o9b0
「寒い?」

と、その人は訊きます。

寒いわけではないのに、まゆは震えています。
なので、

「寒くないです」

と言いました。

「じゃあ、なんで震えてるの?」

その人は、重ねて訊きます。

「分からない……」

まゆは答えます。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:55:19.88 ID:+lj15o9b0
分からないけれど……ただ、その人に抱き締めて欲しいのです。

でも、会ったばかりのその人に抱き締めて欲しいなんて、おかしいです。
被り物で顔は見えませんが、若い男の人だったらなおさらです。

まゆはとても怖くなって、泣き出しました。

「どうしたの?」

その人は訊きました。


まゆは、泣いています。泣いて泣いて泣いて……。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:56:53.28 ID:+lj15o9b0
………
……


「どうしてそんな変わった被り物をしてるんですかぁ?」

まゆは、訊ねます。
すっぽりと頭からかぶって……まるで、アルファベットのPのような。

「昨日も、訊かれたね」

その人は言います。
まゆは、覚えてないです、と答えます。

でも日記帳には、
“顔を見られたくないから、被り物をしている”
と、書かれてありました。

「顔を見られたくないんですね」

まゆがそう言って、その人は頷きます。
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:58:18.29 ID:+lj15o9b0
「どうして顔を見られたくないんですかぁ?」

まゆは、訊きました。


その人は言いました。


「あるところに男と女がいました。会った瞬間から、運命を感じる出会いでした。それから辛いことも楽しいことも、2人でたくさんの思い出を作っていきました。
 そして、女の子は病気にかかりました。それはとても哀しい病気でした。つい今あったことも、忘れてしまう病気です」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:59:51.10 ID:+lj15o9b0
「病気なんですね……可哀想に」

「そうでもないんだよ。忘れるということはね、嫌なことも忘れてしまう事だからね。
 でも……覚えているほうが辛いんだ。覚えていることを無理矢理忘れることはできない。
 一番良かった日のことを、来る日も来る日も思い出してしまうんだ」

その人は、うつむいて泣いているみたいでした。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:01:05.83 ID:+lj15o9b0
まゆは、言いました。

「P(ピー)さん」

その人は顔を上げました。

「僕が、Pかい?」

「ええ」

まゆはそういって笑い、日記帳に書きました。
“Pさんと呼ぶように”と。

まゆは声に出して読みました。
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:02:09.02 ID:+lj15o9b0
「Pさん……あれ、何のお話でしたっけ?」

「ああ、病気の女の子の話だ」

「男の人の話じゃなかったでした?」

「男の人の話でもある」

「男の人は、何の病気なんでしょう?」

「忘れられていたら、どうしようって思って、苦しくて眠れない病気だ」

「忘れられていたら、どうしよう……」

「そうだ。大切な人から忘れられてしまったら、彼は辛くて、死んでしまうだろう。だから、怖くて顔を隠す男の人の話だ」

「大切な人から、忘れられてしまったら……」

まゆは、考えました。
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:05:29.63 ID:+lj15o9b0
「そうしたら、新しく名前をつければいいんじゃないですかぁ?」

まゆは、言いました。
とても素晴らしい思いつきだと思いました。

「Pさん」

続けてまゆは、訊きます。

「その被り物を取ったら、何と呼べばいいんでしょう?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:07:24.16 ID:+lj15o9b0
Pさんは、答えました。

「……君が呼びたいように」

「まゆが、呼びたいように?」


Pさんは、被り物に指をかけて、ゆっくりと外し始めました。

中から出て来たのは――




名前は分からないけれど、とても、気持ちのいい顔でした。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:08:23.35 ID:+lj15o9b0
「まゆ、あなたの顔、知ってる気がします」

そう言って、手を伸ばします。

その手を、彼はそっと握ってくれました。


涙を零しながら、やさしく握ってくれました。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:10:02.77 ID:+lj15o9b0
………
……


Pさん。

まゆは、彼のことをそう呼びます。
“Pさんと呼ぶように”
と、日記帳にも書いてあります。

どうして、その人はPさんなのでしょう。
それはきっと、その人がそう呼ばれると、とても嬉しそうだからなのだと思います。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:11:04.77 ID:+lj15o9b0
P目線の同時進行も考えましたが、出来るだけ簡潔にまとめました。
ここまで読んでくださった方に、博士の愛した数式を。
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:13:47.66 ID:45jptfxZO

たまには病んでないまゆもいい

ん?病んではいるのか…?
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:16:31.04 ID:7Kup263Eo

病んでるというか、病む前に病む程好きだった事すら忘れてしまうというか

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク