雷「下克上よ!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:51:17.31 ID:1WXdVZ4f0


暁「zzz」

雷「暁、暁! 起きて。もう朝よ」

暁「ううん……」

雷「暁」ユサユサ

暁「zzz」

雷「暁!」

暁「ひゃあっ!」

雷「やっと起きた。ほら顔洗って歯をみがいて。はやくはやく」

暁「もお、わかったわよお……」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:51:58.67 ID:1WXdVZ4f0
雷「目やにがいっぱい! そんなんじゃ立派なレディになれないわよ」ゴシゴシ

暁「んんっ……」

雷「寝癖もとれてないわ! 私が梳いてあげるわね」サッサッ

暁「ん……」

雷「ほら、歯磨きの後はうがいもしなきゃ。上を向いてあーってするのよ」

暁「……」

雷「手もしっかりと洗うのよ。お腹痛いのは嫌でしょ。爪の間までしっかりね」

暁「…………」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:52:47.38 ID:1WXdVZ4f0
雷「あ、ちょっと暁――」

暁「もう! うるさいうるさいうるさーい! 暁一人でできるわよ!」

暁「だいたい雷はでしゃばりなのよ! 暁のほうがお姉さんなんだからね!」

雷「な、なによ。そのお姉ちゃんが頼りないから、私が助けてあげてるんじゃない」

暁「暁はそんな助けなんてなくても平気よ!」

雷「……そんなことないわ」

暁「そんなこと……え?」

雷「暁は私の助けがなくちゃ何にもできないんだから!」

暁「なっ、そんなことないもん! 暁のほうがレディなんだから!」

雷「でもこの前だって……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:54:47.86 ID:1WXdVZ4f0


――

暁「ふんふふ~ん♪」

電「暁ちゃん、ごきげんなのです」

雷「どうしたの暁。なにかいいことあった?」

暁「え? べ、別に~」

響「今日のおやつは間宮さん特製のプリン」

雷「ああ、なるほど」

電「納得なのです! プリン、楽しみなのです!」

暁「べ、別にプリンなんか楽しみじゃないわよ!」

雷「本当?」

暁「あたりまえよ。暁はレディなんだからおやつくらいで浮かれたりしないわ」

雷「ふーん……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:56:04.09 ID:1WXdVZ4f0
食堂

間宮「はいどうぞ」

響「ありがとう間宮さん」

雷「ありがとう!」

電「なのです」

暁「わああ~」キラキラ

雷「ほら暁。お礼言わなきゃ」

暁「あっ、間宮さんありがとう!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:57:04.54 ID:1WXdVZ4f0
間宮「ふふっ、どういたしまして。味わって食べてね」

雷「もう暁ったら」

暁「な、なによ」

響「はやく食べよう」スタスタ

暁「あっ待ちなさい。急ぐとこけちゃうわよ。あっ」ステン

パリーン

暁「うう……」

電「はわわっ。大変なのです……」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:57:38.90 ID:1WXdVZ4f0
雷「それでけっきょく私が片付けてあげたし、プリンも分けてあげたじゃない」

暁「うっ、そ、そんなこともあったかもね」

雷「かもじゃないでしょ。ついこの間の話じゃない。これだけじゃないわよ」

暁「ま、まだあるの?」

雷「もちろん。あの時は……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:58:49.62 ID:1WXdVZ4f0


――

雷「あら暁、何見てるの」

暁「ホラー番組よ」

電「ホラー!? はわわ……」

響「怖くないのかい?」

暁「あらみんな怖いの? 暁くらいになるとへっちゃらだけどね!」エッヘン

電「電は苦手なのです……」

雷「もうすぐ消灯時間なのに。怖くて寝れなくなっちゃうわよ」

暁「そんなわけないでしょ! 子供じゃないんだから!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 22:59:48.03 ID:1WXdVZ4f0


響「zzz」

電「zzz」

雷「zzz」

暁「…………」

暁(どうしよう……寝れない……)

暁(目を閉じるとさっきの怖いのを思い出しちゃう……)

暁「うぅ……」

暁(あ……トイレ行きたい……でも……)

暁「みんな寝てるし……どうしよう……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:00:31.16 ID:1WXdVZ4f0
グスッグスッ

雷「……んぁ……? 暁……?」

暁「! 雷……」

雷「なんで泣いてるの……?」ゴシゴシ

暁「べ、別に泣いてなんか……」モジモジ

雷「そう……」

暁「うん……」モジモジ

雷「……」

暁「……」モジモジ

雷「はあ……トイレ、行く?」

暁「……! うん……」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:01:37.75 ID:1WXdVZ4f0
雷「それでトイレまで連れていってあげた上に、添い寝もしてあげたでしょ」

暁「うう……そうだけどぉ……」

雷「やっぱり暁は私がいないとだめなのよ。お姉ちゃんって言ったって名前だけでしょ」

暁「そ、そんなことないわよ! 暁だってちゃんとお姉ちゃんやれてるし!」

雷「例えば?」

暁「例えば! ええっと、ええっと……」

雷「ないの?」

暁「えっと……そんなのいいじゃない!」

雷「あ! ごまかしたわね! ずるい!」

暁「むー! とにかく、暁は雷よりお姉さんなんだから、もうでしゃばらないでよね!」

雷「むー!」

暁「むー!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:02:14.39 ID:1WXdVZ4f0
雷「いいわ、なら下克上よ!」

暁「げ、下克上?」

雷「そう。暁にお姉ちゃんは務まらないから、今日から私がみんなのお姉ちゃんになるの!」

暁「そ、そんなの認めないわよ!」

雷「認めさせてみせるわ。響と電だってきっと私の方がいいって言うはずよ」

暁「二人も認めないわよ!」

雷「そんなのわからないじゃない!」

暁「じゃあ聞いてみましょ!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:03:45.22 ID:1WXdVZ4f0
暁「それでどっちが」

雷「お姉ちゃんに向いてると思う?」

響「…………」

電「うぅ……喧嘩はダメなのです……」

暁「暁よね? ね、響?」

響「……」

雷「私に決まってるじゃない。ね、電?」

電「……」

暁「はっきりしてよ。暁のほうがお姉さんに決まってるでしょ」

電「えっと、その……」

響「そもそも姉って選べ――」

雷「こうなったら二人に見せつけるしかないようね!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:05:13.32 ID:1WXdVZ4f0
暁「見せつける?」

雷「私のほうがお姉ちゃんとしてふさわしいって証明するのよ」

暁「そ、それなら暁だって……!」

雷「むっ、それじゃあ勝負よ!」

暁「勝負?」

雷「判定は響と電に任せるわ。私の妹になるんだから。二人に認められたほうがお姉ちゃん、これなら文句ないでしょ」

暁「う、うけてたつわ。暁の実力、見てなさい!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:06:47.00 ID:1WXdVZ4f0
暁「さあ、どんと来なさい。暁が勝って、レディだって証明するんだから!」

響「でも、勝負の内容はどうするんだい」

雷「そうね……」

電「お姉ちゃんらしいのを証明したいなら、お姉ちゃんらしいことで勝負するのがいいと思うのです」

雷「それなら、妹のために世話をやいてあげるのがお姉ちゃんよね!」

電「そうなのです?」

響「さあ? つまり……お世話がうまいほうがより姉らしい?」

雷「そうよ!」

響「んー……じゃあ、料理対決とかはどうかな。お腹のすいた妹のために料理を作るなら世話をしてると言えるだろうし」

電「あ、それ賛成なのです! 二人の料理、食べてみたいのです!」

暁「なるほど料理勝負ってわけね!」

雷「いいわねそれ。さっそく厨房を借りましょ!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:07:48.41 ID:1WXdVZ4f0
調理後

暁「できたわ!」

雷「私もできたわよ!」

電「わあ! 楽しみなのです!」

響「お腹もすいてきた」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:08:53.16 ID:1WXdVZ4f0
暁「さあたんとめしあがれ!」カパッ

電「こ、これはっ……!」

響「カレーだね」

雷「むっ、私のも忘れちゃだめよ!」カパッ

響「あれ?」

電「カレー……二人ともカレーなのです!?」

雷「そうね……私も驚いたわ」

暁「でもしかたないじゃない。海軍で料理といえばカレーでしょ?」

電「確かにそうなのです……」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:10:51.34 ID:1WXdVZ4f0
響「同じ料理なだけに、これは味で勝負が決まるかな」

雷「さーて、それはどうかしらね」チラッ

暁「?」

響「じゃあまずは暁のから……いただきます」

電「いただきます。なのです」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:11:45.35 ID:1WXdVZ4f0
響「……」モグモグ

電「……」モグモグ

暁「……」ドキドキ

響「……」モグモグ

電「……」モグモグ

暁「……」

響「うん。おいしい」

暁「!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:13:06.81 ID:1WXdVZ4f0
電「おいしいのです!」

暁「本当? やったあ!」

電「甘口なのもうれしいのです」

暁「ふふんっ。当然よ。妹の好みはしっかり把握してるわ! にんじんさんも抜いたんだから!」

響「それはポイント高いね」

雷「むぅ……ほら、次は私の番よ。食べて」

電「いただきます!」

響「いただきます」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:14:13.18 ID:1WXdVZ4f0
電「……」モグモグ

響「……」モグモグ

雷「……」

電「っ!」

響「これは……」

雷「どう!」

電「おいしいのです! でも……」

響「不思議な味がするね。それにあまり具が入ってない」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:14:51.07 ID:1WXdVZ4f0
雷「実はそれ、二人の嫌いな野菜がたくさん入ってるのよ」

電「そうなのですか!?」

響「全然分からなかった」モグモグ

雷「すりつぶしたりして食べられるように工夫したのよ!」

暁「……? わざわざそんなことしなくても、はじめから入れなければいいんじゃ……」

雷「それは違うわ!」

暁「!?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:16:40.77 ID:1WXdVZ4f0
雷「嫌いだからって抜いたら栄養が偏っちゃうわ。味だけじゃなくて、健康面も気にかけてこそお姉ちゃんよ!」

暁「うっ」

響「ふむ……」

電「なるほどなのです……」

雷「さあジャッジをお願いするわ。私と暁、どちらがお姉さんらしかったかしら!」


ドコドコドコドコドコジャカジャカジャカジャカ ジャーン


響「雷」

電「雷ちゃんなのです」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:17:38.56 ID:1WXdVZ4f0
雷「! やったわ! これで私がお姉ちゃんね!」

暁「あ……だ、だめ!」

雷「だめって何よ。約束でしょ!」

暁「い、今のはたまたまよ。次やれば勝てるもん!」

雷「いや……」

暁「勝てるもん……」グスン
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:18:39.84 ID:1WXdVZ4f0
雷「…………はあ、二人はどう? 続けてもいい?」

響「別に。気がすむまでやればいいさ」

電「電も同じなのです」

雷「ならいいわ。暁が納得するまで何度でも相手してあげる」

暁「!」

雷「何度やったって私には勝てないわよ?」

暁「……」グシグシ

暁「次こそは負けない……!」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:22:05.54 ID:1WXdVZ4f0
暁型の部屋

響「それで次はなにで勝負するんだい」

電「お腹いっぱいで、料理はもうやめてほしいのです」

雷「そうねえ……」

電「……」ゴソゴソ

響「電、何をやってるんだい?」

電「あ、あの、ちょっと耳がかゆくなっちゃって。綿棒を探してるのです」

響「これ?」

電「あ、それなのです! 響ちゃん、ありがとうなのです」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:23:56.63 ID:1WXdVZ4f0
暁「…………それよ!」

雷「それ……? あっ、そうね! 次は耳かき勝負にしましょ!」

暁「むっ! 暁が先に思いついたんだから! ぷんすか!」

雷「はいはい」

響「耳かきか……耳は二つあるし、それぞれやってもらおう」

電「うう~はやくしてほしいのです」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:24:53.28 ID:1WXdVZ4f0
暁「お姉ちゃんの膝においで電!」ポンポン

電「失礼するのです」ポフッ

電「はわわ。暁ちゃんの膝枕とっても気持ちいいのです!」

暁「ありがと! それじゃあやるわよ。怖かったら目を閉じていいわよ」

電「なのです!」ギュッ

暁「はやいわよ!」

電「ご、ごめんなさいなのです」

暁「もう……」カリカリ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:25:46.28 ID:1WXdVZ4f0
電「はわ~」

暁「どう?」カリカリ

電「とっても気持ちいいのです」

暁「うふふ、とうぜんよ。暁はレディ――」ガリッ

電「ほぎゃっ」

暁「! あ、ご、ごめ……」

電「うう……ひどいのです……奥に入れすぎなのです……」

暁「ごめんなさい電! 次はやさしくするから!」

電「もう自分でするのです……」

暁「あうう……」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:26:48.55 ID:1WXdVZ4f0
暁「雷……」チラッ

暁「!」

雷「……」シー

響「zzz」

雷「響、寝ちゃったわ……よっぽど気持ちよかったのかしら」ナデナデ

ドコドコドコドコドコジャカジャカジャカジャカ ジャーン

響「雷」

電「雷ちゃんなのです」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:27:59.93 ID:1WXdVZ4f0
暁「……まだ響には耳かきしてないのに……」

響「電みたいになるのは怖いからね」

電「ごめんなさい暁ちゃん……」

雷「これで私が――」

暁「だめ、まだよ」

雷「えー……」

暁「納得するまでって言ったでしょ!」

雷「言ったけど……」

暁「次よ、次!」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:28:57.28 ID:1WXdVZ4f0
暁「レディともなればオシャレにも気を配らないとね!」

雷「そうなの?」

電「知らないのです」

響「それでいきなりファッション勝負って言いだしたのか」

暁「暁は私服いっぱい持ってるんだから!」

響「なるほど、これなら雷に勝てるかもしれないね」

暁「それじゃあ着替えるわよ!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:29:39.64 ID:1WXdVZ4f0
暁「じゃーん! どう!」

電「かわいいのです……けど……」

響「暁、それサイズが合ってないと思うよ」

暁「え、うそ!?」

電「アクセサリーもかわいいけど、つけすぎだと思うのです」

暁「そんな!」ジャラジャラ

雷「次は私よ! じゃーん!」

響「シンプルにまとめてきたね」

電「でも細かいところが丁寧に行き届いてる感じがするのです! 大人っぽいのです!」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:30:36.09 ID:1WXdVZ4f0
ドコドコドコドコドコジャカジャカジャカジャカ ジャーン

響「雷」

電「雷ちゃんの勝ちなのです」

暁「もー! 次!」


カポーン

響「お風呂?」

暁「今度は髪を洗ってあげるので勝負よ」

雷「いいわねそれ!」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:32:23.17 ID:1WXdVZ4f0
暁「響!」

響「髪がぬれるのは好きじゃない」

暁「へ?」

響「髪がぬれるのは好きじゃない」

暁「それじゃあ勝負ができないじゃない! いいからこっち来て!」


雷「かゆいところはない?」ゴシュゴシュ

電「はい~」

雷「髪長いわよねぇ。傷めないようにしなくっちゃ」ゴシュゴシュ

電「ありがとうなのです~」

雷「頭皮マッサージもしてあげるわね」ゴシュゴシュ

電「はわ~」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:34:09.79 ID:1WXdVZ4f0
ドコドコドコドコドコジャカジャカジャカジャカ ジャーン

響「雷」

電「雷ちゃんなのです」

暁「納得いかなーい! 次!」


響「布団に入るにはまだはやいよ」

暁「暁は寝るわけじゃないわ。寝かしつけるのよ!」

響「寝かしつける?」

暁「そうよ。眠れない妹のためにトントンしたり子守歌を歌ってあげるの。それで勝負よ!」

雷「いいわね! さっそくやりましょ!」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:35:01.64 ID:1WXdVZ4f0
電「まだ眠くないのです……」

暁「寝かせてあげるわ電! ほらこっち!」

電「お邪魔するのです」ゴソゴソ

暁「ふふっ、まずは子守歌ね。いくわよ!」

暁「ねーむーれーねーむーれー♪ ねーむーれー♪」

電(絶対眠れないのです……)
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:35:57.82 ID:1WXdVZ4f0
電「あの、暁ちゃん。子守歌よりも、添い寝してくれるだけでいいのです」

暁「添い寝? それだけでいいの?」

電「はい。あったかくなればきっと眠れると思うのです」

暁「そう。わかったわ。それじゃあ」ピトッ

電(あ……あったかい……ほんとに眠れるかも……)

暁「zzz」

電「と思ったら先に暁ちゃんが寝ちゃったのです!?」

雷「あらら」ナデナデ

響「zzz」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:37:29.12 ID:1WXdVZ4f0
ドコドコドコドコドコジャカジャカジャカジャカ ジャーン

響「雷」

電「雷ちゃんなのです……」

暁「うう……次!」

雷「待って暁。いつまで続ける気? これじゃあいつまでたっても勝負がつかないわ」

暁「うぅ……だってぇ……」

雷「一生続けるわけにもいかないでしょ。次で最後にしましょ? ね?」

暁「…………わかった……」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:38:32.99 ID:1WXdVZ4f0
響「やっと最後だね」

電「最後はどんな勝負をするのですか?」

暁「むぅ~! こうなったらしかたないわ。純粋に艦娘としての力で勝負よ!」

響「それって……」

雷「なるほど。それしかないようね! 最後にふさわしいわ!」

電「え、そ、そんなのだめなのです!」

雷「大丈夫よ。使うのは演習用の弾薬にするわ」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:39:38.23 ID:1WXdVZ4f0
電「それでも……」

暁「電は心配性ねえ」

電「心配に決まってるのです! 電にとっては二人ともお姉ちゃんなのです!」

雷「電……」

暁「……」

電「だからやめてほしいのです……」グスッ
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:40:20.84 ID:1WXdVZ4f0
雷「わかったわ電……」

暁「ええ……」

電「雷ちゃん……暁ちゃん……」

雷「こんなかわいい妹のお姉ちゃんは私にこそふさわしいわ!」

暁「違うわ! 電の真のお姉ちゃんは暁よ!」

電「ぜんぜんわかってないのです!?」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:41:37.06 ID:1WXdVZ4f0
海上

雷「勝負!」

暁「負けないんだから!」

響「他にも訓練してる艦娘がいるから、あまり派手にしないようにね」

電「はぅ……けっきょく止められなかったのです……」

雷「準備いいわよ!」

暁「暁もオーケーよ!」

電「もう知らないのです……開始なのです!」

雷「まずは小手調べよ! てー!」ドーン

暁「っ! ふんっ、当たらないわよ!」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:42:40.70 ID:1WXdVZ4f0
電「うう……」

響「電、ここは危ないから少し離れよう」

電「でも心配だしここで見ていたいのです……」

響「かえって邪魔になる」

電「でも……」

響「ほら行くよ」スー

電「……電はここで見てるのです。いざとなったら止めに入るのです」

響「そうか……じゃあ私は陸にいて、何かあればすぐ助けを呼べるようにするよ」スー
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:43:29.58 ID:1WXdVZ4f0
雷「はあ……はあ……やるわね!」

暁「雷こそ!」ドーン

雷「はあっ」ドーン

暁「っ! くっ」

暁(だめ……ほとんど互角だと思ってたのに。押されてる……このままじゃ負けちゃう……)ハアハア

雷「や!」ドーン

暁(いや……お姉ちゃんは暁よ! 負けないんだから!)ドーン

雷「残念!」ドーン
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:44:23.63 ID:1WXdVZ4f0
暁(っっ! 大丈夫、これもぎりぎりよけられるっ……)

深雪「わー! どいてどいて!」

電「……?」

暁(!!!)

暁「電!」ドーン

深雪「どい――あううっ!」

電「み、深雪さん!? 大丈夫なのです!? い、今、暁ちゃんに……!」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:45:08.47 ID:1WXdVZ4f0
暁「よか――」

雷「ちょっと! そのままじゃ直撃――」

暁「え? きゃああああ!!」

雷「暁!」


響「これは大変だ」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:45:53.87 ID:1WXdVZ4f0
暁「はっ!」ガバッ

響「あ、気がついた」

雷「暁! まだ寝てなくちゃだめよ!」

電「暁ちゃん。大丈夫ですか?」

暁「響、雷、電……あれ、どうなって?」

響「覚えてないのかい? 電に衝突しそうになった深雪を暁が撃って止めて、その暁に雷の砲撃が直撃したんだ」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:47:06.68 ID:1WXdVZ4f0
電「ううっ……ごめんなさい……電がぼーっとしてたから、深雪さんに気づかなくて迷惑かけちゃったのです。深雪さんにもけがさせてしまったのです……暁ちゃんもけがしちゃったのです……」

雷「それは違うわ電! 暁に直接けがさせたのは私よ! それにそもそも勝負なんかしなければこんなことにはならなかったのよ。だから悪いのは私!」

響「そんなことはない。そもそも……」

暁「いや、ちょっと、いっぺんに話されてもわからないわよ!」

響「ああ、ごめん」

暁「えっと、とにかく、深雪以外はみんなけがはないのね?」

響「うん」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:48:05.88 ID:1WXdVZ4f0
暁「そう……深雪には悪いことしちゃった……」

雷「大丈夫よ。深雪も電に謝ってたし、きっとお互い様よ」

暁「うん……」

雷「とにかく、他にたいした被害もないことを喜びましょ。お姉ちゃん対決も勝負ついたしね」

暁「あ……」

暁(そっか、最後に雷にやられちゃったから……暁の負け……)
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:48:54.64 ID:1WXdVZ4f0
暁「……」グスン

雷「ど、どうしたの!? やっぱりどこか痛い?」

暁「違うの……負けたんだって思ったら……」

雷「え? ああ……あのね、暁の負けなわけないじゃない」

暁「へ?」

雷「自分が被弾するのを覚悟で電を助けたんだもの。私の完敗よ」

電「そうなのです。やっぱり暁ちゃんがお姉ちゃんなのです!」

響「……」コクコク
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:49:39.95 ID:1WXdVZ4f0
暁「じゃ、じゃあ、暁の勝ちってこと?」

雷「そうよ」

暁「雷も暁がお姉ちゃんだって認めるのね?」

雷「だからそうだって」

暁「……やった! やったわ! やっぱり暁は一人前のレディ! 暁型の一番艦よ!」

響「ハラショー」

電「なのです!」

暁「とうぜんよ!」エッヘン
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:50:45.17 ID:1WXdVZ4f0
雷「はあ……おめでとう……」ガックリ

暁「そ、そんなに落ち込まないでよ」

電「でも、そもそもどうして雷ちゃんは、そんなにお姉ちゃんになりたかったのです?」

雷「そんなの……決まってるじゃない! 暁に頼られたいからよ!」

暁「え、そんな理由?」

電「雷ちゃんらしいのです……」

響「十分に頼られてると思うけど」

雷「だって暁ったら私のほうがお姉さんなんだからでしゃばるなって言ったのよ。だから私がお姉ちゃんになって、暁に頼られようと思った。でもだめだった……それに、こんなことになって、暁はもう私に頼ってなんてくれないわよね……」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:51:45.01 ID:1WXdVZ4f0
暁「…………雷」

雷「?」

暁「今日はいっしょに寝て欲しいなぁ……なんて……」

雷「! いいの……?」

暁「で、でもたまには暁に頼ってくれてもいいんだからね!」

雷「暁ー!」ギュー
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:53:34.91 ID:1WXdVZ4f0
暁「んむぅ……あつい……あれ? 響?」

響「私も頼りたいし頼られたい」ギュー

電「ずるいのです。電もなのです」ギュー

暁「ちょっと……一つの布団じゃさすがに……」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:54:03.68 ID:1WXdVZ4f0
響「四人だと狭いね」

雷「でも暖かいわ!」

電「眠くなっちゃうのです……ふわぁ……」

暁「確か……に……zzz」

響「ん……zzz」

雷「zzz」

電「zzz」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/25(土) 23:54:44.61 ID:1WXdVZ4f0
おしまい
ありがとうございました
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 00:16:06.76 ID:8DIptoYa0
乙、面白かった
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 00:16:44.34 ID:aCmuP8e5O
感動した

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク