【モバマス】きらり「理想のカップルの身長差…?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:29:24.74 ID:W3mhUJ/EO
ーーPの家ーー

P「おはよー…」

きらり「あ!Pちゃんおはよ☆ご飯できてるにぃ!顔洗ってきてー!」

P「うぁーい…」


P「洗ってきた」キリッ

きらり「うきゃー☆Pちゃんかっこいー!」

P「きらりもな。エプロン変えたのか?それも似合ってるよ、可愛いぞ」チュッ

きらり「んっ…うぇへへ、ありがと!はいっ、手を合わせてぇー☆」

Pきらり「「いただきます!」」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:30:03.65 ID:W3mhUJ/EO
Pきらり「「ごちそうさまでした」にぃ」

P「よし!歯磨き」

きらり「するにぃ!」


きらり「歯磨きおわりー!」

P「よし、準備しなくちゃ。まずは着替え…」スタスタ

きらり「ベットの横に置いてあるにぃ!よっし、きらりも学校の準備ぃ!」タタタ



P「っし、行ってきます!」

きらり「行ってらっしゃい☆…あっPちゃんちょっと…」トコトコ

P「?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:30:41.28 ID:W3mhUJ/EO
きらり「ネクタイ曲がってるよ?じっとしてて…よしっ、完璧ぱーぺき♪(うぇへへ、きらり奥さんみたい…♪)」

P「(新婚みたいだな…)ありがときらり、それじゃ行くな!」

きらり「うん!行ってらっしゃーい☆」フリフリ

P「おう!行ってきます!」パタン

きらり「ふぅ…」

きらり「うぇへへ…」ニヨニヨ

きらり「…」ニヨニヨ

きらり「…はっ!きらりもそろそろ行かなきゃ!遅刻して先生に怒られちゃう!」ペシペシ タタタ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:31:18.92 ID:W3mhUJ/EO
ーー事務所ーー

P「」カタカタ…

ちひろ「」カタカタ…

ガチャ

きらり「にょわー☆きらりだよ!Pちゃんちひろさんおっすおっす!PちゃんPちゃん!」ヒョコ

ちひろ「きらりちゃん、おはようございます」

P「!きらりか、どうした?」

きらり「お昼ごはん、一緒に食べよ☆ほらっ、これPちゃんの分だにぃ」コト

ちひろ「…プロデューサーさん、きらりちゃんにお弁当まで作ってもらってるんですか?」ジトー

P「えぇ。2日前から、昼は作ってくれる事になったんです。俺としては凄く嬉しいんですけど、大変だしちょっと申し訳ないですね」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:32:15.51 ID:W3mhUJ/EO
きらり「んーん、きらりはPちゃんの彼女だから、Pちゃんに作ってあげたいんだにぃ☆」

P「嬉しいこと言ってくれるなこいつめー」ムニムニ

きらり「むぇへへー☆まひゅまろほっへらひぃ☆」ムニムニ

P「今は入ってないだろー」ムニムニ

きらり「ひあいのほっへもやはらはいひぃ☆」ムニムニ

P「ほんとだなーマシュマロみたいだ」ムニムニ

ちひろ「(イチャイチャすんな)はぁ…まぁ恋人だし仕方無いですね…マスコミとかにはバレないようにお願いしますよ?」

P「ウチには茄子さんが居るから大丈夫ですよ、この前幸運貰ったし。っていうかもうそんな時間だったのか。じゃあきらり、食べよっか」

きらり「うん♪Pちゃんどれ食べゆ?」カパッ

ちひろ「(私は高級仕出し弁当!口に出さないのは特に理由はありません!)」カパッ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:33:16.56 ID:W3mhUJ/EO
P「んー…じゃあまずは、この肉野菜炒めから貰おうかな」

きらり「分かったにぃ!はい、あーん☆」

P「あーんむ。ングング…ゴクン。美味い!俺の好みの味だ」

きらり「ほんとぉ!?うぇへへ、Pちゃんが好きな甘辛いソースで炒めてるんだにぃ!」

きらり「じゃあじゃあ、次は玉子焼き食べてみて!一番の自信作なんだにぃ!あーん☆」

P「あむ。モグモグ…ゴクン。ん、すっごい美味いぞ、さすがきらりだ」ナデナデ

きらり「うぇへへ…なでなで気持ちいいにぃ…///」カアァ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:34:26.19 ID:W3mhUJ/EO
P「ほら、きらりも食べないと。午後の仕事力でないぞ?」

きらり「!それは大変だにぃ、Pちゃん食べさせて!はい、きらりのお弁当!」コト カパッ

P「はいよ。ほら、あーん」

きらり「はむっ、モキュモキュ…ゴクン。うぇへへ、Pちゃんが食べさせてくれたから、とっても美味しいにぃ!」

P「何言ってんだ、きらりの料理の腕が凄いからだろ?」

きらり「違うの!Pちゃんお陰!」

P「バカ言え、きらりの…」

きらり「Pちゃんの…」

イチャコライチャコラニョワニョワハピハピ…            

ちひろ「(末永く爆発しろ…!)」モグモグモグモグ…!
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:38:02.30 ID:W3mhUJ/EO
P「ふぅ、美味かった…ちひろさん、来月のライブ会場の下見兼打ち合わせって14時ですよね?」

ちひろ「んーと、はい、そうですね」

P「ありがとうございます。んじゃ、そろそろに行くか。ちひろさん、今回のライブのまとめた資料どこでしたっけ?」

ちひろ「あぁ、あれなら私のデスクの引き出しにありますよ。はい、これですね」

P「あぁこれだ、ありがとうございます。それじゃあ行ってきます」

ちひろ「頑張ってくださいね♪(やっとあの空気から開放される…ほっ)」

きらり「行ってらっしゃーい☆」

P「おう、夕方には戻るよ」バタン

ちひろ「きらりちゃんは1時間後にスタジオに移動よね?それまでゆっくりしててね」

きらり「ありがとうございますっ☆じゃあきらり雑誌でも読んでるにぃ!」トコトコ パサッ

ちひろ「私はお仕事お仕事…」カタカタ…

きらり「~♪」ペラッ…ペラッ

きらり「…?これは…」ピタッ

きらり「理想のカップルの身長差…?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:57:15.72 ID:W3mhUJ/EO
ーーPの家ーー

P「~♪」コトコト…

きらり「むぇ~…」

雑誌「(~と言うように、自分よりも背の小さい女性の方が良い、という男性の声が多く、その割合はおよそ90%にも~)」

きらり「(っていうのを事務所で読んでから、つい色々考えちゃう…お仕事もあんまり集中できなかったにぃ)」

きらり「(身長の事はもう気にしてないけど、Pちゃんの好みの女の子、ってなったら話は別だにぃ…)」

P「っし、できたっと」ピッ

きらり「ほとんどの男の人がそう思ってたなんて、きらり知らなかったにぃ…」ボソッ


P「ん?きらり、なんか言ったか?」カチャカチャ

きらり「!…んーん、何でもないゆ?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 23:42:17.47 ID:W3mhUJ/EO
P「そうか?ならいいけど。皿運ぶの手伝ってくれるか?」コトッ

きらり「あ、うん!分かった!」タタタ

きらり「(きらりとPちゃんは恋人だし、きらりを好きでいてくれてるのは知ってるけど…ほんとはPちゃんも、背のおっきい女の子より、背のちっちゃい女の子の方が好きなのかなー…)」

きらり「(もしそうだったら、ちょっとだけいやだにぃ…)」シュン…

P「どうしたんだきらり、食欲無いのか?シチュー好きだろ?」

きらり「!そ、そんなことないゆ?きらりは今日もハピハピだにぃ☆Pちゃんのシチュー大好き!はむっ」モキュモキュ

P「…」ジー

きらり「んくっ(ゴクン)にょ、にょわ?」アセアセ

P「…まあいいや」モグモグ

きらり「…」モキュモキュ

P「…」モグモグ

きらり「…」モキュモキュ

P「(なんだ?今日はやけに大人しいな…いつもだったら家では)」モグモグ

きらり『Pちゃんあのねあのね!今日のクイズのお仕事で杏ちゃん凄かったんだにぃ!ぴんぽーん!って押すのすーっごい早くてね、それでね!…』キラキラ

P「(って感じで来るのに…仕事もうまく行かなかったみたいだし)」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 00:01:28.66 ID:duuCueABO
きらり「…ねぇPちゃん」

P「!…なんだ?」

きらり「…李衣菜ちゃんの事、女の子としてとしてどう思う?」

P「はっ?!何で李衣菜!?それに女の子としてって…俺にはきらりが居るから別に何も…」

きらり「変な意味じゃないゆ?それに何となくで李衣菜ちゃんって言ったけだだから、特に深い意味はないにぃ」

P「何でそんなこと?」

きらり「…きらりにとっては大事な事だから、答えて欲しいにぃ」

P「そ、そうか。よく分からんけど…まぁ、可愛いし、魅力的だと思う。素直で明るくてにわかなのにロックにひたむきな所とか、案外照れ屋な所とか。後は、意外と背が小さい所も可愛いな」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 00:02:56.97 ID:duuCueABO
きらり「!!…Pちゃんは、ちっちゃい女の子は可愛いと思うかにぃ?」

P「あぁ、なんか小動物みたいでさ、守ってあげたくなるよな。腕にすっぽり収まりそうな感じとか。上目遣いなんかも凄くいいし、あとは「ごちそうさまだにぃ」 

P「きらり?…あっいや!違うんだきらり、俺はきらりが」

きらり「お風呂入って来るにぃ。Pちゃん、残しちゃってごめんね。きらりやっぱしあんまり食欲無かったかも」

P「きらり…」

きらり「お風呂お先に頂くにぃ」スタスタ…

P「きらり、俺は…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 00:11:07.21 ID:duuCueABO
ーーお風呂ーー


きらり「うにゅ~…やっぱりPちゃんもだったにぃ…」チャプ…

きらり「でも、そうだよね…杏ちゃんとか李衣菜ちゃんとか茜ちゃんとか、みんなちっちゃくてとってもきゃわいいにぃ」

きらり「Pちゃんは『きらり、可愛いよ』って言ってくれるけど、もしかしたら杏ちゃんの方がタイプなのかなぁ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 00:13:44.77 ID:duuCueABO
きらり「杏ちゃんいいなぁ…うー…」プクプク…

P「入るぞー」ガラッ

きらり「うっきゃあ!!あうっ」ツルッ ゴン!

P「あーあー…きらり、急に立とうとするなよ、危ないだろ?風呂くらい何回も一緒に入ってるじゃんか」ナデナデ

きらり「いたぁい…いきなりはめっ…ノックくらいして欲しいにぃ…グス…Pちゃんのバカっ」ズキズキ

P「あー、そうだな。悪かった」ナデナデ

きらり「…それに、今は一人にして欲しかったにぃ」ウツムキ

P「そのくらい分かってるよ。ちょっと待ってろ、体洗うから」ゴシゴシ

きらり「うぅー…」プクプク…
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:13:21.09 ID:duuCueABO
P「ふぅ…きらり」チャプ…

きらり「…」フイッ

P「俺は、きらりが好きだよ」

きらり「!…」

P「何かあったのか?…良かったら、話してくれないか?」

きらり「…Pちゃんに話すのはちょっとだけ怖いにぃ」

P「でも、それだといつまでも解決しないだろ?多分俺が原因だろうし」

きらり「うっ…わかった…あのね、今日事務所で雑誌を読んでたら、『理想のカップルの身長差』って言うのがあってね」

P「あー…聞いたことあるな」

きらり「それでね、90%の男の人は自分よりも身長が低い女の子が好きなんだって書いてたんだゆ…」

P「そうか…」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:54:26.68 ID:duuCueABO
きらり「それで、それとなーく聞いてみたら、Pちゃんが背のちっちゃい女の子のいい所、いっぱい言ってて…」

きらり「きらりね、耐えられなくなって、逃げちゃったの。ごめんなさい」ペコッ

P「いや、それは別にいいんだが…」

きらり「…Pちゃんは、ちっちゃい子とおっきい子、どっちがタイプなの?」

P「どっちか、って言われたら、ちっちゃい子かな」

きらり「…!!」

P「…」

きらり「…そ…っかぁ…うぇへへ、答えてくれてありがとだにぃ…っ」ジワッ

P「身長だけならな」

きらり「うぇ…?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:55:47.34 ID:duuCueABO
P「っていうか、別に理想とかにこだわる必要はないと思うけどな。10cm弱しか変わらないからキスもハグも普通にできるし」

きらり「うゅ…でもでも、一緒に歩いてても、人目とか気にならない?彼女よりちっちゃいと、その、男のプライドが傷つくって書いてたにぃ…?」

P「プライドってのは信念を貫くためにあるんだ。自分をよく見せたいだけのしょうもないプライドなんか、犬に食わせた方がマシだ。ヒールでも厚底でも履いていいよ」

きらり「ほんと…?」

P「ほんとほんと、歩いてて気になるどころか自慢になるよ。俺の彼女可愛いだろ?ってな。まぁ今は変装しなきゃだからあれだけど」ハハッ

きらり「そっかぁ…ふふっ、Pちゃんありがと♪」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:56:40.59 ID:duuCueABO
P「それと、別に俺は条件で恋人を選んだりしないよ。きらりはなんて言うか、気付いたら好きになってたんだ」

きらり「うぇっ!?///」チャプン!

P「それにきらりだって、元々俺が完璧な理想のタイプって訳じゃ無かっただろ?」

きらり「!…えっと、そのぉ」

P「ははっ、いいさ別に。要するに、理屈じゃないってことだ」

きらり「Pちゃん…」

P「あー…今からちょっと恥ずかしいこと言うけど、笑うなよ?」

きらり「Pちゃんの事笑ったりしないにぃ」

P「ありがとう。…俺はさ、最初はきらりの事、元気いっぱいでちょっと変わった子だなーって思ってたんだ」

きらり「…うん」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:57:40.22 ID:duuCueABO
P「でも、それはきらりのほんの一部で、本当はとっても真面目で、優しくて、面倒見が良くて、気遣いが出来て、意外と家庭的で」

P「落ち込んでる子には励ましてあげて、間違った事をした子にはちゃんと叱ってあげて」

きらり「うぅ…///」カアァ

P「強そうに見えるけど、ほんとは凄く繊細で、傷付きやすくて、それなのに誰にもそれを見せようとしないで、一人で抱え込んじゃう。これは悪いとこだけど」

きらり「うにゅっ」グサッ

P「まぁ最初に言ったように、それが理由で好きになった訳じゃない。理由の一部って事は否定しないけど」

きらり「…じゃあ、理由ってなんだにぃ?」

P「思い出」

きらり「思い出…?どゆこと?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 06:59:22.67 ID:duuCueABO
P「んーなんて言うかな…例えば最初の頃、俺が徹夜明けで疲れてる時…」

きらり『Pちゃんお疲れかにぃ?何か飲むー?…分かったにぃ!すぐ淹れてくるね♪』

P「初めてファンレターをもらった時」

きらり『きらりに、ファンレター…?うきゃー!見せて見せて!…きらりの頑張り、見てくれてる人いたんだにぃ…グス…うれすぃ…うぇへへっ』ニコッ

P「海辺でのロケでの自由時間に遊んだ時」

きらり『Pちゃん遊ぼ遊ぼー!えいっ、ばしゃばしゃー☆うぴゃっ!やったにぃ~?あははっ』

P「初めてのソロライブを成功させた時」

きらり『はあっはあっ…楽しかったにぃ!きらりんライブ、大成功☆これは、きらりとPちゃんの二人の努力の成果だにぃ!Pちゃんありがと☆』

P「あの時、こんな事を言ってくれた、一緒にこんなことをした…」

P「それは俺にとって世界中の誰でもない、きらりだけが持ってる物だ」

P「思い出を重ねる度、俺の中でどんどんきらりが大きくなっていったんだよ」

きらり「あ…」 

P「だから言ってみれば、理由は今まで一緒に過ごした時間かな。きらりと一緒にいる時間が、いつの間にか何より楽しい時間になってたんだ。俺は、きらりがきらりだから好きなんだ」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 07:01:21.46 ID:duuCueABO
きらり「…」プルプル…

P「…きらり?」

きらり「きらりも、だよ」

きらり「お仕事がちゃーんと出来た時は良くやったな、って褒めてくれたし」

P『良くやったなきらり!ちゃんと見てたよ。練習も、本番も』

きらり「初ライブが成功した時は、泣いて喜んでくれたにぃ」

P『うっ…ぐっ…凄いぞきらり…あんなに頑張ったもんなぁ…うう…』

P「ばっ、やめろよ!アレ未だにからかわれるんだから」カアァ

きらり「うぇへへー♪それに、クタクタになるまで営業に行った後にも、絶対レッスン見に来てくれたしー、」

P『おうきらり、上達したな、わかるぞ?これなら大成功間違い無しだな』ニッ

きらり「収録できらりがミスしちゃった時は一緒に怒られてくれたにぃ」

P『申し訳ありません、緊張してしまったみたいで…上手くケア出来なかった私の責任ですのでどうか…』

P「…そんなの、プロデューサーとして当たり前の事だよ」

きらり「それに、Pちゃんはいつでもきらりの味方で、そばに居てくれたから」ニコッ

P「!」ドキッ

きらり「きらりも、そんなPちゃんだから、大好きなんだゆ♪Pちゃんとの思い出は、きらりの宝物だにぃ!…う、うきゃー、ハズーい☆///」テレテレ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 07:59:02.09 ID:duuCueABO
P「あはは、やっといつもの調子が戻ってきたな。きらりは元気が一番だ」ナデナデ

きらり「うぇへへー☆///」テレテレ

P「まぁだから、俺はきらりが130cmだろうが2mだろうが大好きだ。だがまぁ今の俺のタイプはある意味186.2cmの子だ。きらりがタイプだからな」

きらり「うあぁ…///」カアァ

。まぁ、そういう事だからもう気にすんな。わかったか?」

きらり「うんっ!今のPちゃん、すっごくかっこいいにぃ!」

P「うっ…///わかったら忘れていいぞ、ちょっと勢いで恥ずかしい事言い過ぎた///」フイッ

きらり「忘れないよーっだ♪あれあれ、Pちゃん照れてりゅ?顔赤いよ?かわいー♪ほっぺつんつん☆」ツンツン

P「んぅ…やめろよ、このバカきらりっ!///」カアァ

きらり「…ヤバーい、きらりきゅんきゅんが止まんないにぃ…Pちゃん、ちゅーしよ?//」カアァ

P「突然だな…いいよ、おいで…んっ」チュッ

きらり「んっ…ぇふっ…ぇろっ…ちゅぱ」チュウ チュッ チュウッ
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 08:03:24.84 ID:duuCueABO
P「んふっ…ぷはっ、どうしたきらり、いきなり激しいな」

きらり「うぇへへー☆Pちゃんだーい好きだにぃ☆」 ダキッ ムニュッ

P「!きらり、裸で抱きつくのはやめろって!(おいp、今は大人しくしてなさい)」ムクムク

きらり「今更気にしないよーだ♪もーっとはくはぐすぅ♪」ギュウウウ ムニュー

P「(このバカ息子め…全く仕方ないな)おいきらり」ギンギン

きらり「んゅ?どしたの?」パッ

P「実は、きらりの好きな所で、言ってなかったのがあるんだよ」キリッ

きらり「んー?なになに?」ワクワク

P「この…おっぱいだ!」ムニュ!

きらり「んゃっ!もぉっ、Pちゃんのえっち!///」ビクッ

P「きらりはここもおっきいんだなぁ。ほんとスタイルいいよな」クリクリ

きらり「んっ!やっ、先っぽだめぇ…あんっ!」ビクビク

P「身長も大きいのに、おっぱいも大きいんだよな。72食べたらこうなるんだ?」キュッ

きらり「んぅっ!…Pちゃん、待って…!一旦やめっ…ハァハァ…///」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 08:04:07.57 ID:duuCueABO
P「あっごめん、ちょっとがっつきすぎたか?悪い、夢中になってた」

きらり「!…う、うぅん!きらりがPちゃんに抱きついちゃったのもあるし、Pちゃんも男の子だから…気にしないで?(Pちゃんが、きらりに夢中に…うきゃー///)」

P「んっ、じゃあ何で止めたりしたんだ?」

きらり「えっ!?…い、言わなきゃだめ?///」カアァ

P「(これは可愛いやつだな)あぁ教えてくれ、頼むよ」

きらり「そ、それは…今きらりPちゃんにすっごくきゅんきゅんしてるから、始めちゃったらもう止まんなくなっちゃいそうだから、そのぉ…ゴニョゴニョ…///」モジモジ

P「ん、何だ?はっきり言わないと聞こえないぞ?」ニヤニヤ

きらり「うぅ、Pちゃんのいぢわる…あの…ちゃんと、ベッドで、したいにぃ…///」カアァァァァ

P「正直たまらん(そうか、わかったよ。さぁ上がろうか、のぼせちゃうからな)」

きらり「にょわっ!?」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 08:05:31.64 ID:duuCueABO
ーー脱衣所ーー

P「きらりの髪の毛はふわふわだなぁ」フキフキ

きらり「うぇへへ、Pちゃんに拭かれるの気持ちいいにぃ」フキフキ

P「俺もきらりの手が柔らかくて気持ちいいよ」フキフキ

きらり「拭きあいっこだにぃ♪」フキフキ

P「次は体な。手ぇあげて」フキフキ

きらり「はぁーい」バンザーイ

P「(女の子だからな…優しく、撫でるように…)」スッ…スッ…

きらり「!んっ…ふぅ…(ヤバーい、今きらりすっごい敏感になってる…)」トロー

きらり「!?(お股からおつゆが垂れて来ちゃってるにぃ…こんなのばれたらえっちな娘って思われちゃう///)」ポタ…ポタ…

きらり「き、きらり喉乾いちゃったから先に行ってるね!もう自分で拭くからっ」フキフキフキフキ

P「そうか?それじゃ」
  
きらり「んじゃ、ベットでまってるにぃ!おっさきー!」タタタ

P「ドライヤーを…ってきらりのやつ、裸で行きやがった…スイッチ入っちゃってるのか?」

P「…」床スッ

P「これは…」ネトー…

P「ほう…」ニヤニヤ

P「俺もこのまま行くか」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 08:56:56.93 ID:duuCueABO
ーー寝室ーー

きらり「うぅ、恥ずかしかったにぃ…バレてないよね?むー…」フトンギュッ

P「おっきらり、ポニテにしたのか」ガチャ

きらり「そうだにぃ、Pちゃんこれ好きだから…それより早く来てっ…ちゅーしたいにぃ…」

P「その前に、布団とタオル自分で捲って。そうしないと色々できないだろ?」

きらり「う、うん…(うぅ、自分から見せるのは恥ずかしいにぃ…///)」ペロン パサッ

P「きらりはスタイルいいな、綺麗だよ」サワッ ナデナデ

きらり「(んっ、おなか撫でられて…)ありがと、もっと触って?」

P「あぁ…んむっ…んちゅ」ナデ…ナデ…

きらり「んっ…ちぅっ、ぴちゃ…ふあっ…はぁ、はぁっ(背中からお尻…優しく撫でられて…///)」ゾクゾク
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 09:35:08.65 ID:duuCueABO
P「ふぅ、次はこっちな…はむっ」パクッ

きらり「ひぁっ!おっぱい、そんなに吸っちゃダメぇ…きらり今、敏感だから…っ」ビク

P「れろぉ…あむ」チロチロ…カリッ

きらり「んやぁっ!!(ちくびっ、転がされて、甘噛みされて…っ)あぁっ!…うぅ…ん」ビクッビクッ

P「もうイったのか?よしよし…下、触るぞ?…ってきらり、触ってもないのにぐしょぐしょじゃんか」ナデナデ

きらり「ハァ…ハァ…知らないっ…」クテ-…フイッ

P「奥の方からもごぽぉって溢れてくるぞ?きらりはほんとにえっちだな」クプッ…

きらり「いっ、言わないでぇっ…///んっ!いきなり指入れちゃ、ダメぇ…」ビクン

P「きらりはここ弱かったよな」クチュッ クチュッ

きらり「ふあぁっ!?Pちゃんそこダメっ、またすぐいっちゃう、いっちゃうからぁ!んっ!(キスも!?やばい、頭蕩けちゃう…!)」ビクビク

P「んっ、ちゅ…れろ」クチュクチュッ!

きらり「ぴちゃ…ぷぁっ!あぁっ!出ちゃう!出ちゃうの!イくぅ…っ!…っ!」プシャ! プシャッ! ビクン!ビクン!ビク…

P「ハァハァ…いっぱい出たな…」ヌチャ…

きらり「あっ…あ…ハァ…ハァ…」ピクン…ピュッ…ピュッ…

P「ふぅ…落ち着いたか?」フキフキ

きらり「んっ(ピクン)ありがと…今日は、なんかきらり変だにぃ…Pちゃんに触られただけで、頭がくらくらしちゃうの…全部、Pちゃんのせいだよ?」クテン…
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 11:22:14.93 ID:duuCueABO
P「んー?脱衣所で既に濡れてたのも俺のせいか?」ニヤニヤ

きらり「うぇっ!?Pちゃん、気づいてたの…?///」ガバッ カアァ

P「まさかきらりがキスと体拭かれるだけであんなに濡らしちゃうなんてなー。いつからそんなえっちな娘になったんだ?」ニヤニヤ

きらり「だ、だって、Pちゃんが嬉しいこといーっぱい言ってくれたから、きらり胸がきゅーってなっちゃって、それでっ…///」カアァ

P「さっきだって潮あんなに吹いちゃうしなぁ。こんなにえっちだとは思わなかったよ。いやぁ、ほんときらりはえっちだなぁ」ニヤニヤ

きらり「あ…う、うぁ…うっ…うえぇぇん…!」グスグス
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 11:23:24.23 ID:duuCueABO
P「…えっ?きらり!?ごっごめん!言い過ぎた!(まさか泣くとは…いじめ過ぎたかな)」アタフタ

きらり「ひぐっ、きらり、えっちな娘で、すんっ、ごめんなさい…Pちゃん、きらりのこと嫌いにならないで…っ」グスグス

P「はっ!?そんな事で嫌いになるわけ無いだろ?むしろ…ゲフンゲフン」

きらり「…お下品とか、はしたないって思わなかったにぃ…?」チラ ウルウル

P「(可愛い)さっきも言ったろ?俺はどんなきらりも好きだって。えっちなきらりも大好きだよ」

きらり「うきゃ…///」カアァ

P「だから、俺の前では我慢なんかしなくていいんだぞ?絶対きらりを嫌いになったりしないから」

きらり「…ほんと?」

P「ほんとだ、約束する」

きらり「…じゃあ、きらりもう我慢しないにぃ。Pちゃん、ベットの縁に座って、足下ろして?」

P「ん?こうか?」トッ

きらり「きらりは降りて…あむっ」トスン カプッ!
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 17:33:42.43 ID:duuCueABO
P「んっ…!(フェラ!?今までは頼まないとしてくれなかったのに…)」

きらり「ひあいもほんはほほ、ひははっはんらひぃ(きらりもこんな事、したかったんだにぃ)…れろ、ちゅっ」

P「ぁあっ、くぅ…んっ!(そんなっ、奥まで…)」ビクッ

きらり「んっ…んっ…んふっ…(Pちゃん声出てる…気持ちいいのかにぃ?きらりも…♪)ぷはっ、んあっ、あんっ…♪」クチュックチュッ

P「うっ…ふっ…あぁぁ…(咥えながら自分であそこを弄って…きらり、エロ過ぎ…)」

きらり「んっ…んぅっ…♪んっ!」サラッ…チラ♪ クチクチュッ

P「うあぁ…!(髪を耳にかけて、上目遣い…!やばい、イクっ)」

きらり「んぐっ…んぐっ(Pちゃん、おっきくなってきたにぃ。そろそろかな?)」グプッグプッ クチュクチュ 

P「きらりイクっ、離して…!」

きらり「らめぇ…んっ…んっ…(あっ、きらりもイクッ…!)」

P「きらりなん…で、くぁっ!」ビュルル ドピュッドピュッ

きらり「んんっ!んくっ、んくっ、んっ…んはぁっ、ハァ、ハァ…」プシュッ! プシャァ…ポタポタ…
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 18:12:10.68 ID:duuCueABO
P「きらり、飲んでくれたのか…?」

きらり「ハァハァ…Pちゃんの、美味しかったぁ♪けど全部は飲みきれなかったにぃ、ほらっ」アーン

P「(口の端からこぼれて…それにきらりの口の中、ドロドロだ)」ムクムク

きらり「お口の中のも全部飲んであげるね?耳貸して…モゴモゴ…」ブクブクブク…

P「俺のが、きらりの口の中を汚して…あ、これヤバい」ギンギン

きらり「(ゴクン)…あっ、Pちゃんのまた元気になってるにぃ♪」ペロッ

P「…もう我慢できん!よっと(えっ、何この子軽っ)」グイッ

きらり「うきゃ!ぴ、Pちゃん!?(これってきらりの憧れの、お姫様抱っこぉ!?///)きゃっ」トスン

P「ちょっと待ってろ、ゴム付けるから」

きらり「…ねぇPちゃん、今日は…付けなくていいよ?」

P「え!?でも…」

きらり「今日は大丈夫な日だから…それに、Pちゃんをもっと感じたいの。ピルも飲むから…だめ?」

P「(そこまで生で欲しいのか)…わかった。じゃあ、えっちにおねだりできたら生で挿れてやるよ。できるか?」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:51:09.49 ID:duuCueABO
きらり「にょわっ!?そ、そんなの…恥ずかしいにぃ…///」モジモジ

P「そっか、きらりは生で欲しくないんだな?これで、奥まで突かなくてもいいのか?」ヌチュヌチュ

きらり「い、入り口擦っちゃダメぇ…!分かったにぃ、言うからっ…うぅ、Pちゃんのいぢわる…ハァハァ…///」ビクッビクッ

P「ちゃんと言えたら、きらりの中のイイ所いっぱい擦って、一番奥にたっぷり出してやるよ」ボソボソ ヌチュヌチュ

きらり「うあぁ…言うから!耳元やめてっ///(こっ、これだけでイッちゃいそうだにぃ…///)」ゾクゾク コポォ…

P「ほら、ちゃんと指で広げて」

きらり「うん…(クパァ)…き、きらりのえっちなぬれぬれ潮吹きおまんこに、Pちゃんのおっきなお…ちんちん、挿れて欲しいにぃ…あうぅ…///(恥ずかしすぎて顔見れないにぃ…///)」カアァァァァ トロ…
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:52:27.55 ID:duuCueABO
P「…」

きらり「…?///」チラ

P「もう無理待てない」グイッ

きらり「ぴ、Pちゃん?何だかいつもと違って、ちょっと怖っあぁっ!」ズプッ

きらり「っあ、あぁぁ…っ(一気に奥まで…入れただけでイッちゃった…)」ビク…ビク…

P「っはぁ、きらり、きらり…」ズチュッズチュッ!

きらり「っぁん!Pちゃん待って、今イッてるからっ、あっ(生、全然違うっ、これすっごい…)」ビクビク

P「はぁっ、きらり、きらりっ」ヌチュッヌチュッ!

きらり「ぅあっ、はっ、くふっ、う゛うっ(またっ、出ちゃうよぉ…涎と涙、止まんない…きらりおかしくなっちゃうぅ…!)」ピュッ ビクン

P「きらりの膣、気持良すぎ…ヤバい、イクッ」

きらり「あ゛っうっ…かはぁ…っ(イキすぎて息、出来ない…苦しいにぃ…)」ビクッ!ビクッ!
プシャァァァ…

P「きらりっ、イクッ、膣に出すぞっ…!」ドピュッドピュッ!

きらり「っう゛、あはぁっ!うぁ…あ゛っ…あぁ…っ」ビクンッ!ビクンッ!プシュッ! チョロロ… 

P「ハァ…ハァ…はっ!きっきらりごめん激しすぎた、大丈夫か?」

きらり「ハァ…ハァ…ハァ…うぇへへ、きらりおもらししちゃったぁ…」クタァ チョロ…ピチャッ
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:53:47.26 ID:duuCueABO
P「(濁った目で脱力して精液とおしっこを垂れ流すきらり…エロ過ぎだろ…っていかんいかん)」

P「ごめんな、生のきらりの膣が気持良すぎて、無理矢理気味に…ほんとにごめん…」スッ

きらり「ホントだよ?きらり、気持よかったけど、すっごい苦しかったにぃ…Pちゃんのバカっ…ハァハァ…」

P「ごめんな?お詫びに一ついうこと聞くから、な?」

きらり「じゃあ、落ち着くまで膝枕して欲しいにぃ…今、力入んないんだぁ…」クテー…

P「了解。よっと」トスッ

きらり「なでなでしてぇ…」

P「よしよし」ナデナデ

きらり「ん…れろぉ」ペロ

P「っあっ!ちょっきらり、今敏感だから…」ビクン

きらり「なでなでやめちゃだめっ…んぇろ…」ペロペロ
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:55:39.04 ID:duuCueABO
P「はっ…!はあっ…」ナデナデ ギンギン

きらり「あはっ、おっきくなった…♪きらりも落ち着いたし…、うぇへへ、次はぁ~☆」ムクッ

P「…?もういいのか?」

きらり「とーん☆」トーン

P「おわっ」ボフッ

きらり「いぢわるなPちゃんには、おしおきしちゃうにぃ☆Pちゃんは動いちゃめっ、だからね?きらり髪留めもとっちゃう☆」 シュルッ
パサッ…
P「(ああっ、ポニテが…)俺の上に跨って…まさか」

きらり「きらりのとPちゃんの、すりすりしちゃう☆」ヌチュ…ヌチュ…

P「うっ、きらりそれっ(素股…!?この腰使い、視覚的にも効く…)」

きらり「んっ、ふぅ…はむっ、ちゅうう」モミッ チュッ ヌチュヌチュ

P「っはぁ、はぁ…っ(おっぱいを、自分で揉んだり吸ったり…エロ過ぎる…)」

きらり「ちゅうっ、んふっ…(あはっ、Pちゃんの感じてる顔、かわぅい…)…んはあっ!…は、入っちゃったにぃ…?」ヌッチャヌッチャ ズプッ!

P「ぅあぁっ、っふ、はあっ(きらり、ぬるぬるして、どんどん溢れてくる…)」

きらり「せっかくだし、このままヤっちゃう…♪んっ、ぁんっ、あっ?」ズチュッヌチュッ

P「ぅっ…!(きらり、締め付け過ぎ…膣がうねってる…)」

きらり「Pちゃん好きぃ、気持いい…っにぃ」ヌチュッヌチュッ

P「俺も、気持いいっ!きらり、大好きだっ」

きらり「うぇへへ、これヤバいっ、気持いいにぃ…超きゅんきゅんすぅ…?」グチュッグチュッ

P「ヤバいきらり、もうイク、出るっんっ!?んふっ、ちゅっ」

きらり「れろぉ、ちゅぱっ、ちゅうう」ヌチュッヌチュッ

P「うっ!…っ!」ビュルル ビュクビュク

きらり「(きらりもイクぅっ…!)ちゅっ…ちゅう…っ!…っ!」ビクンッ! プシャァップシャッ
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:56:54.18 ID:duuCueABO
P「うっ…はあっ…はあっ…疲れたな…」ヌポッ

きらり「っあん!…うぇへへ、今までで一番気持ち良かったにぃ」ニコッ ゴポォ…

P「俺もだよ、こんなに出たのは初めてだ…好きだよ、きらり」チュッ

きらり「んっ…うん、きらりもだよ」チュッ

P「疲れたしもう遅いし、今日はこのまま寝るか…」

きらり「にょわっ、ほんとだもうこんな時間!それじゃきらりも寝るにぃ。Pちゃんぎゅってして?」

P「あぁ」ギュッ

きらり「きらり超ハピハピだにぃ…これからもきらりのこと、おにゃーしゃー…☆」ギュウウウ

P「こちらこそ、な」ナデナデ
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 19:58:37.99 ID:duuCueABO
きらり「うぇへへ…くぅ…くぅ…(Pちゃんきらりが寝た後なでなでしてくれるから、今日も寝たふりしちゃうにぃ…♪)」

P「寝たか…寝顔も可愛いなぁ」ナデナデ

きらり「…///」ネガエリ

P「しっかし細いよなぁ…俺的にはもう少し肉がついてた方が良いんだけど。身長が高い分気にしちゃうのかな?元々かな?」

きらり「…(…乙女の秘密だにぃ)」

P「まぁアイドルだしな。でもいつか、きらりがアイドルじゃなくなって一区切りついた時は、言ってみようかな?俺の中ではそれからもずっと一緒にいる予定だし」

きらり「…!!(ず、ずっと一緒に…!?///)」ピクッ

P「まぁ、きらりが受けてくれたらの話だけど。って、今からそんなこと考えてもしょうがないか。ふあぁ…あー疲れた、俺も寝よ…」

きらり「(Pちゃんそれって、ぷっぷろぽっ…てことは、け、結婚!?きらりがお嫁さんに…?う、うきゃー!///)」カアァ

P「ぐー…」

きらり「(うぅ、顔あっついにぃ…眠気飛んじゃった。Pちゃんのばかぁ…///)」カアァァァ…!

P「Zzz…」

きらり「…」ムクッ

きらり「ほんと、Pちゃんはおバカさんだにぃ…そんなの、受けるに決まってるにぃ。いぢわるで優しい、大好きなPちゃん☆」チュッ
おわりん☆
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 20:40:00.79 ID:duuCueABO
ありがとうございました。
依頼出してきます!
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/11(日) 02:36:39.05 ID:gIcicnQm0
きらりのはなかなかないからありがたし
すばらし
にょわー☆
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/29(火) 09:43:53.17 ID:q86qqd1dO
ケ○みたいな口した変な女の癖に可愛すぎんだよきらりは

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク