モバP「信頼のイタズラ」

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 01:46:55.50 ID:wn+5gt0t0
岡崎泰葉「Pさん」

P「…………」

泰葉「Pさん?」

P「…………」

泰葉「Pさん、聞こえていますか?」

P「…………」

泰葉「……あ、ちひろさんがきわどいサンタさんの服を着て飛び跳ねてます」

千川ちひろ「えっ!?」

P「なんだとッ!?」ガタッ
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 01:47:58.78 ID:wn+5gt0t0
ちひろ「な、なんですか!?そ、そんなことしませんよ!!」

P「なんだ…いつもの緑じゃねーか…」

泰葉「Pさん…」

P「ん?どうした、泰葉」

泰葉「聞こえているなら返事してください」

P「え?何か言っていたのか?すまん…全く聞いてなかった」

泰葉「ならなんでちひろさんの服について反応したんですか?」

P「……わからん、何故かその映像が頭に流れて…」

ちひろ「わ、私はそんなことしませんよ!」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 01:53:52.38 ID:wn+5gt0t0
P「泰葉、それで、何の用だ?」

泰葉「もう…Pさんが私に頼んだんじゃないですか」

P「え、あぁ、あれのことか!本当にすまん!」

泰葉「まぁ、いいですよ。話しかけてもわからないぐらい集中していたんですもんね…」

P「あぁ…ありがとう、泰葉。それでどうだった、麗奈の様子は?」

泰葉「元気なんですが、空回っている感じですね」

P「やっぱり、か」

泰葉「気にしていないような素振りはしているんですが、集中力が散漫して…パフォーマンスもついていけてませんでした」

P「まぁ…まだ13歳だからな。気にしてしまうんだろうな、光のことを」
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:02:11.78 ID:wn+5gt0t0
泰葉「光ちゃんは…落ち込んでいましたけど、もう次に向かって頑張っていますよ」

P「光にはまだまだいろんな可能性はある、ヒーロー役以外の経験も積ませているが…どうしてもヒーローっぽくなってな。このままではこれから先、成長していった時に困る」

泰葉「光ちゃんは、ヒーロー役が一番輝きますけど、場面が限られますからね…」

P「光とはいろいろ話をしたが、麗奈は……」

泰葉「最近、二人のユニットで活動してなかった上に、別のユニットですからね…」

P「本当はこういうのはユニット内で解決させていくのがいいんだが、他の二人はこれが初の大舞台だからな…麗奈には二人を引っ張って欲しかったんだが…」

泰葉「そういうのってまだ重いですよ。だから今、空回りしてしまっているんだと思います」

P「すまん…泰葉を見ていると、みんながまだ子どもだって忘れてしまってな」

泰葉「どういう意味ですか、それ」

P「泰葉が頼りになるってこと」

泰葉「もう///……私だってまだ子どもですし、他の子たちも頼りになりますよ。Pさんの頼り方に問題があるんですよ」

P「……そうだな」
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:04:38.08 ID:wn+5gt0t0
泰葉「まだ、麗奈さんに逃げられたこと、気にしているんですか?」

P「…気にしないわけがない。だって…相棒…だったしな」

泰葉「なら、今支えてあげなくてどうするんですか?」

P「泰葉…」

泰葉「同じ相棒である光ちゃんと話したのに、麗奈ちゃんは逃げたからって放っておくんですか?」

P「いや…それは……」

泰葉「Pさん、Pさんだって、頼られているんですよ?頼るんだったら、頼られたら答えてあげてください」

P「頼られてるって…俺が麗奈にか?」

泰葉「麗奈ちゃんは本気でPさんのことが嫌いになって逃げたわけじゃないですよ。私よりも、Pさんの方が麗奈ちゃんのことを知っているんじゃないんですか?」

P「……そうだな、俺が麗奈から逃げちゃ、ダメだよな。麗奈が逃げたのなら、追いかけてやらなくっちゃな!」

泰葉「麗奈ちゃんはトレーニングルームに行きましたよ」

P「ありがとう、泰葉」

泰葉「どういたしまして。私だって、Pさんのこと頼りにしてるんですからね♪」

P「あぁ、任せろ」ダッ


ちひろ「…………割り込む隙もねぇ」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:06:58.72 ID:wn+5gt0t0
~トレーニングルーム~


小関麗奈「はぁ…っはぁ…」ランニングマシーン中

P「ほっ、ほっ、ほっ」ランニングマシーン開始

麗奈「なっ、P!? いつの間に!?」

P「頑張って走っているみたいだな、麗奈」

麗奈「くっ………何よ!何の用なのッ!?アタシは今トレーニング中なんだから話かけないで!!」

P「なら、止まってくれるか?」

麗奈「イヤッ!!」

P「なら、独り言でもしよう。気にしないでくれ」

麗奈「ふんッ!かってにやってなさいよ!!」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:09:08.96 ID:wn+5gt0t0
P「俺はさ…麗奈のイタズラ、好きなんだ」

麗奈「はぁ!?ってわ!?」グラリ

P「麗奈!?」

麗奈「だ、大丈夫よ!!アタシのことなんて放っておいて続ければ!?」

P「……麗奈のイタズラ、たまにやりすぎなこともあるけど、なんていうか、雰囲気が明るくなるっていうか、楽しくなるんだ」

麗奈「…ふんっ」

P「それがさ、いい刺激になるんだ。俺が緊張していると、そのイタズラのおかげで頭がリセットされて、気持ちを切り替えられるんだ。そういった経験は他の子たちもあると思う」

麗奈「………っ///」

P「そして、イタズラをしていきいきしている麗奈を見るのも、好きなんだ」

麗奈「なぁっ///!?」

P「こっちもさ、楽しくなるんだ……ま、やりすぎていたら止めたりはするがな」

麗奈「……むぅ///」

P「そして、麗奈はイタズラだけじゃない。自信を持って、舞台の上で高らかに笑うその姿、自分の道を突き進む姿がなにより輝いている。勇気を、与えてくれる」

麗奈「な、何よ///恥ずかしい///」

P「イタズラをする時だって、ライブだって、自分を信じて進むその輝く姿が、俺は大好きなんだ」

麗奈「ば、ばっかじゃ、なないのぉ///」

P「だから、そうやって俺に刺激を与えてくれた麗奈なら、他の子たちとユニットを組んだら、その子たちのいい刺激になると思った」

麗奈「……」
9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:14:40.68 ID:wn+5gt0t0
P「現に、光とのユニットは最高だった。光にさらなる輝きを与え、麗奈もまた、光から輝きを受け、さらに輝いた」

麗奈「……ならっ!!なんでアタシと光を組ませないのよ!?」

P「麗奈と光の組み合わせは、まだパターンが一つしかない。悪者と正義のヒーロー、そういった見せ方しかまだできない」

麗奈「なんでよッ!!」

P「光には、まだこなせる役が少ないからだ…」

麗奈「アタシと何が違うのよ!?アタシだっていつも悪者やってるじゃない!!」

P「麗奈は、いろんな悪者ができる。だが、光はまだ、カッコイイヒーローしかできないんだ。このまま二人のユニットだけでやっていくと、光はそれしかできなくなる」

麗奈「それの何がいけないのよ!?」

P「今はまだいいさ。でもな、これからお前たち二人は成長していく。それと同時に厳しさも増していく。いつまでも悪者と正義のヒーローだけじゃやってはいけないんだ」

麗奈「それは……」

P「それに、麗奈だってまだまだなんだ。麗奈だっていろいろ出来ることを増やして行く必要があるんだ」

麗奈「……っ!」

P「今回のユニット……ディーラーのユニットだ。ここで麗奈の新たな可能性が見れる、そう思ったからこのユニットに加えることにしたんだ」

麗奈「アタシは……」
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:17:28.76 ID:wn+5gt0t0
P「なぁ…だから……」

麗奈「…いやっ!!」ダッ

P「麗奈っ!待ってくれ!!」ガシッ

麗奈「放しなさいよッ!!」

P「放さん!」

麗奈「うぅーっ!!」

P(あぁ…また、やってしまった…頼り方が間違っている…か……どうしたらいいんだろうな…)

麗奈「放してッ!!」バチン

P「ぐふっ!?」

麗奈「あっ…ご、ごめ…」

P「……麗奈」

麗奈「っ!」ビクッ

P「麗奈…俺はさ、二人の相棒になれているのかな?」
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:18:20.43 ID:wn+5gt0t0
麗奈「な、何よ…いきなり…」

P「俺はさ…二人が、二人がさ、輝く姿を見たいんだよ。二人が夢を叶えて輝く姿を見たくって、相棒としてサポートしようって思ったんだけど。でもさ、俺、二人をさ、苦しめてばっかりじゃないかなってさ」

麗奈「P……」

P「俺だって、二人の、『ヒーローヴァーサス』としての活躍をもっと観たい。でもさ、それだけじゃやっぱりダメなんだよ」

麗奈「うぅ…」

P「だから…だから……」

麗奈「……」

P(これじゃ、ダメだ!…こんな弱音ばっかりじゃダメだ!俺は……俺はっ!!)
12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:21:05.64 ID:wn+5gt0t0
麗奈「……P、アタシも、ワガママいって、ゴメン」

P「……」

麗奈「言われた通り、やるわ……」

P「いや、いい」

麗奈「え?」

P「もっと、ワガママを言ってくれ」

麗奈「でも、それじゃ…」

P「何でもいいぞ、さぁ、好きなだけ言ってくれ」

麗奈「……」

P「ん?どうした?いつもの悪の女王レイナサマはどうした?それとも俺の泣き落としで心入れ替えて言われたことは何でもする子になるのか?」

麗奈「そ、そんなわけないわよッ!!何よ、何が泣き落としよ!いいわッ!!言ってやるわよ!よく聞きなさい!!」

P「おうっ!!」

麗奈「そうね、まずはアタシのイタズラに口を挟まないこと、そしてアタシがお説教されそうになったら助けること、そしてそいつらに仕返しのイタズラするのを手伝うこと! そして…」

P「あぁ、なんだ!?」
13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:22:48.28 ID:wn+5gt0t0

麗奈「もっと、アタシたちを信じてよ」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:23:21.92 ID:wn+5gt0t0
P「え?」

麗奈「アタシたちを信じなさいよ、Pは、アタシたちの相棒なんだから」

P「麗奈……」

麗奈「何よ、今のままじゃダメって。まだ一回しかやっていないのに、何でそんなところで決めつけんのよ!光がワンパターンしかできないから使わないって、何よそれ!それでも相棒なの?」

P「……」

麗奈「光はね、忌々しい正義の味方ちゃんよ。ああいうのって困難な状況の中で進化していくもんでしょ、だからもっと場数踏ませなさいよ。『ヒーローヴァーサス』がワンパターンになるっていうなら、それを何とかしてやるわよ!!その上でならディーラーもやってやるわよ!」

P「麗奈…新しいユニットが嫌なんじゃ…」

麗奈「アタシは、光がダメだからって理由で他のユニットに入るのが嫌なの!!そうじゃなければやってやるわよ!他のメンバーだって引っ張ってやるわよ!」

P(あぁ……そうか、だから、頼り方を間違えたのか)

麗奈「さぁ!どうよ!まだまだあるわよ!!ワガママ言ってPは叶えてくれるの!?」

P「……あぁ、叶えてやるよ、なんてったって俺は、お前たちの相棒なんだからな!!」

麗奈「そう、だったらさっさとヒーローヴァーサス解散を撤回することね!!」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:25:49.32 ID:wn+5gt0t0
P「なぁ、麗奈」

麗奈「何よ?」

P「別にヒーローヴァーサス、解散しとらんぞ」

麗奈「え?で、でも、光はしばらくレッスンだし、アタシは他のユニットに…」

P「麗奈、どうやってヒーローヴァーサスと新ユニットやるつもりだった?」

麗奈「え?掛け持ちで…」

P「うん、だから掛け持ちでやるんだよ」

麗奈「できるの?」

P「凛がいくつユニット掛け持っているか知ってるか?」

麗奈「あ…」

P「まぁ、いくつもユニットを掛け持つことは大変だからな、でもこれも麗奈なら乗り越えてくれるって信じてるぞ」

麗奈「P……」

P「もしかして、『ヒーローヴァーサス』が解散すると思ったからあんなに反抗してたのか」

麗奈「うぅ…それは……」

P「それでも、新ユニットの練習に参加したり、こうやってトレーニングルームまで来てくれたのはなんでなんだ?」

麗奈「それは……相棒であるPからの…頼みだから…放ったらかしにはできないし、でも、光もほっとけないし……」

P「麗奈……お前は本当に……」
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:29:17.02 ID:wn+5gt0t0
麗奈「な、何よ!!そろそろトレーニング再開するわよッ!Pも走りなさいよね!」

P「あいよ」

ランニングマシーン再起動

麗奈「はぁ、はぁ」

P「なぁ、麗奈」

麗奈「何よ?トレーニング中は話かけないでよ!」

P「これからは、もっとお前らを頼りにするだろう、厳しいことも言う、でも、お前たち『ヒーローヴァーサス』を解散させることはない。頂の輝きを手に入れるまでは。俺はお前ら二人なら必ず出来るって信じている。だからさ、俺のことも、信じて…」

麗奈「今更何言ってるのよ、アタシは、Pのこと信じてるし、それは光も同じよ」

P「解散させられると思ったのに?」

麗奈「もうっ!!いい加減にしないとこうよ!」ポチッ

P「のわ!?スピードが上がった!?」

麗奈「オーッホッホホッホ!アタシに付いてくる体力がPには必要なんだからねッ!」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:31:45.74 ID:wn+5gt0t0
P「おう。俺は、お前の相棒だ。これからもずっと。だから、麗奈も俺の相棒でいてくれ」

麗奈「ふぇ///!?あ、当たり前じゃない!!Pの相棒はアタシよ!!光なんておまけなんだから!!」

P「それにしても、相棒か…パートナーって言い方だと夫婦みたいだな」

麗奈「はぇ///!!??」スッテン

P「麗奈!?危ない!!」バッ


扉<ガチャ


ちひろ「失礼します。光ちゃんを連れてきました、あと泰葉ちゃんから伝言を預かってま……」

南条光「Pと麗奈がいるって聞いたきたんだ。二人ともっと話をしないといけないっておも……」
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:34:34.12 ID:wn+5gt0t0

P「麗奈、大丈夫か?」

麗奈「だ、大丈夫よ!ちょっと、痛いけど…」


光「ふ、二人ともなんで…抱き合って床に……」

ちひろ「え?ちょっと痛い?まさか?え?やっちゃてるんですか?」


P「え?ちひろさんに光!?こ、これはその!!」

麗奈「……ねぇ、P、もっと抱きしめなさいよ」

P「えっ!?」


光「う、うわああああああん、Pはアタシの相棒なのにいいいいいい」ダッ

ちひろ「いやああああああああああ、事案が発生いいいいいいいいい」ダッ


P「ちょっ、待ってえええええええええ」

麗奈「アーハッハッハ!さぁ、早く追いかけて誤解をといてくることねッ!!」

P「おのれぇ!!後でオシオキだから覚えとけえええええええ」ダッ


麗奈「フフッ…先にイタズラしたのはPよ。イタズラの責任は取ることね」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:35:16.25 ID:wn+5gt0t0
その後、光とちひろの誤解を解くのにもひと悶着あったそうな
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:35:44.18 ID:wn+5gt0t0
~数日後~



泰葉「Pさん」

P「…………」

泰葉「Pさん?」

P「…………」

泰葉「Pさん、聞こえていますか?」

P「…………」

泰葉「……あ、ちひろさんがきわどい水着を着て飛び跳ねてます」

P「なんだとッ!?」ガタッ
21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:37:13.09 ID:wn+5gt0t0

シーン


P「なんだよ、いねぇじゃねぇか」

泰葉「Pさん」

P「お、泰葉、どうした?」

泰葉「Pさんはちひろさんのきわどい姿を見たいんですか?」

P「わからない…何故か頭にその映像が過ぎるんだ…」

泰葉「そうですか…」

P「それで、どうだった?泰葉」

泰葉「今回は覚えていてくれたんですね……結果はダメでした」

P「そうか…」

泰葉「といいますか、なんで私に頼むんですか?」

P「いや、泰葉なら警戒されずに調べられると思って…」

泰葉「直接本人に聞けばいいじゃないですか。私は便利屋じゃないんですからね!」

P「すまん、なんていうか、泰葉は頼りになるからな」

泰葉「調子いいこと言わないでください///」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:37:55.07 ID:wn+5gt0t0

扉<パターン


麗奈「アーッハッハッハッ!レイナサマの登場よッ!」

泰葉「話をすればなんとやらですね。Pさん、どうぞ」

P「俺が聞いたらいかんだろ……」

泰葉「さぁ、どうぞ」

麗奈「あら?Pに泰葉、二人してどうじたのよ?アタシの何か用でもあるの?」

P「あ、えっとだな……」

麗奈「何よ、はっきり言いなさいよ」

P「あのな…ライブのディーラーの衣装なんだが……」

麗奈「あぁ、アレ?あれがどうしたのよ?」

P「あの…な…」

麗奈「もう!なんなのよっ!早く言いなさいよ!」

P「いや、でもなぁ…」

麗奈「まったく…アタシはPの相棒よ。何でも言いなさいよ…」

P「…そうだったな、よし。なぁ、麗奈」

麗奈「何よ?」
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:38:23.58 ID:wn+5gt0t0

P「あの衣装、パンツどうなっているんだ?」

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:38:49.32 ID:wn+5gt0t0

麗奈「は?」

泰葉「え?」

P「この前の試着見たときからずっと気になっていたんだ。どうみてもパンツ穿いてないようにしか見えないんだよアレ」

麗奈「な、何よいきなり!!」

泰葉「あの、Pさん、スカートの構造を調べてくれって言いましたよね?」

P「いや、だってスカートの構造が分かればパンツのこともわかるだろ?まぁ、せっかく本人がいるんだから直接聞かないとな」

麗奈「な、なんでそんなこと気にするのよ!?」

P「麗奈のパンツの下を誰にも見せたくない」

麗奈「へ?」

泰葉「ん?」

P「麗奈の大切な所を誰かに見られる、ましてやそれが不特定多数など決してゆるさん。見える見えないではないな。そんな可能性があることが許せん」

麗奈「P、P…」キュン

泰葉「まぁ……それは当然ですよね」
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:39:40.73 ID:wn+5gt0t0

P「麗奈は俺の、相棒、パートナーだからな」


麗奈「そ、それって…そ、そのパートナーって///」

泰葉「…………」

P「さぁ、言うんだ麗奈!あれのスカートはどうなっている!?パンツはどうなっている!?麗奈の大切な所は!?」

麗奈「そ、そんな大声で叫ばないでよ///!!」ポチッ

泰葉「…なんですか?そのボタン?」


ゴゴゴゴゴゴ


P「なんだこの音?」

麗奈「これは晶葉と開発したミサイル台を起動した音よ!セクハラPにはオシオキよッ!!」

泰葉「あ、物置部屋が」


横壁<バタン

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:40:06.22 ID:wn+5gt0t0

ちひろ「え?」サンタコス

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:40:59.27 ID:wn+5gt0t0

泰葉「きわどいサンタさんの服を着たちひろさんが…現れました」

麗奈「あ、ミサイル台に服がかかって…」

P「ちひろ…クリスマス……ジャンプ………うっ、頭が…」


ちひろ「ちょ、ちょっとなんですか!?なんで物置部屋の横の壁が開くんですか!?あっ、これは別にたまたま見つけたから着てみようかなーって」


泰葉「あの…とりあえずそこから離れた方がいいですよ」

麗奈「ミサイルが服に引っかかって」

P「揺れる…揺れる……うっ、ふぅ」


ちひろ「え?」


その後、ちひろの胸は揺れた
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:41:26.01 ID:wn+5gt0t0
~終わり~
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 02:50:13.82 ID:wn+5gt0t0
麗奈様の椅子になりたいので寝ます
おやすみなさい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク