【艦これ】提督「神通の 色んな所 触りたい」

1: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:15:55.12 ID:4sTRpGmI0
提督「……」

神通「……」

ある日の夜。

俺は自室で、秘書艦であり妻でもある神通と共に過ごしていた。

提督「……」

神通「……」

特に何かをしているわけではない。神通に淹れてもらったお茶を飲みながらのんびりしている。

そしてそれは神通も同じだ。俺の隣に座り、窓から見える海を眺めている。

提督「……」

神通「……」

会話はない。だが、不思議と嫌な感じはしない。むしろ逆だ。

心地良い静寂、というべきか。この沈黙が俺に安らぎを与えてくれていた。

提督「……」

神通「……」

ただぼーっとしているのもたまにはいいものだが、流石に長時間続けるのは厳しい。

俺は段々手持ち無沙汰になってきた。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1504930554
2: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:22:44.53 ID:4sTRpGmI0
『あの……提督。そんなに触られると、私、混乱しちゃいます……』

とは、神通に触れた時に言われた言葉だ。

では彼女は、どこまで混乱せずに耐えられるのか。

一度疑問に思うと、無性に気になる。

そこで俺は、実際に神通に触れて試してみることにした。

……というのは口実で、ただスキンシップに対する神通の反応が見たかっただけだ。

退屈も紛れるし、一石二鳥だろう。
4: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:31:09.79 ID:4sTRpGmI0
手始めに、神通の肩を抱き寄せる。

神通「……提督?」

神通が怪訝そうに俺を見た。

提督「……」

無言で見つめ返す。

神通「……」

何を言うわけでもなく神通は俺から視線を外し、前を向いた。

そのまま時は過ぎて行く。
5: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:39:51.80 ID:4sTRpGmI0
数十秒ほど経った頃。

神通「……」

神通が俺の肩に頭を乗せた。

神通「……//」

見ると神通の頬は、わずかに朱に染まっている。

恐らく、この行為をしようかしまいか悩んだのだろう。

そして、意を決して行動に移してくれたわけだ。

……かわいい。

その思いが抑えきれなくなった俺は、神通の頭を撫でる。

神通「……//」

神通は気持ち良さそうに目を細めた。

神通「提督に、頭を撫でられるの……好き、です……//」

提督「俺も好きだよ、こうするのは」

神通「……はぁ……//」

提督「……」

しばらく俺は頭を撫で続けた。
6: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:47:24.30 ID:4sTRpGmI0
提督「神通、こっち向いて」

神通の頭から手を離した俺は、続けてそう頼んだ。

神通「はい」

素直に従ってくれる。

俺は神通の方に体を向け、その額にかかっている髪をそっと持ち上げた。

神通「提督?」

きょとんとする彼女をよそに、俺は顔を近づけていく。
7: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 13:56:03.59 ID:4sTRpGmI0
提督「……」

神通「て、提督……//」

俺は今、神通と額を合わせている。子供の熱を測る時にするような、あの状態だ。

普段は鉢金を着けている彼女だが、外している今なら直接額に触れることができる。

俺の視界には、神通の赤くなった顔と、澄んだ瞳だけが映っている。

神通「あ、あの……近い、です……//」

恐らく神通も同じだろう。明らかに落ち着かない様子だ。

そんな彼女に、一言。






提督「かわいい」
8: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:03:58.65 ID:4sTRpGmI0
神通「っ……!!///」

神通がぎゅっと目を瞑った。彼女の顔がますます赤くなる。

しかし、ただ額を合わせているだけなのに、神通は顔を離そうとはしなかった。

心のどこかで、『もっとこうしていたい』という思いがあるのではないだろうか。

そう考えると、ますます彼女のことが愛おしくなった。

まったく……どれだけかわいいんだ、この娘は。

思わず抱きしめそうになったが、ぐっと堪える。

それはもう少し後でもいいだろう。
9: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:10:58.06 ID:4sTRpGmI0
神通の照れ顔を間近で存分に堪能した俺は、次の目標に狙いを定めた。

それはずばり……頬。

いつもはつまんでむにむにしているが、今日は違う。

まだ赤いままの神通の頬に、左手を添えた。

精一杯の愛情を込めて、優しく撫でる。

提督「ここ、赤くなってるぞ」

神通「……誰のせいですか……//」

そんな会話を交わしつつ、俺は一歩踏み込んでみることにした。
10: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:17:26.09 ID:4sTRpGmI0
手の平は神通の頬に当てたまま、親指で彼女の唇をなぞる。

神通「……ん……//」

一瞬ぴくっと反応したが、嫌がる素振りは見せない。

提督「悪いな。君の恥じらった顔があまりにかわいいから、時々見たくなってしまうんだ」

神通「んんっ……//」

何か言いたそうにしているが、俺の指が唇に当たっているからか、かわいらしい声を漏らすだけだ。

提督「……愛しているよ、神通」

神通「ん……んんー……//」

抵抗してこないのをいいことに、俺は神通の唇を撫で続けた。

……指を咥えてくれないだろうか、と思ったのは秘密だ。
11: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:26:46.20 ID:4sTRpGmI0
神通「んっ……はぁ……//」

しばらくして、俺は手を離した。かれこれ十分はそうしていただろうか。

結局俺の願望が実現することはなかった。ちょっと残念。

神通「……提督……//」

神通が目を閉じた。それが表す意味は一つ。

もちろん俺にだって分かる。だが、俺は彼女の要求に、敢えて応えない。

提督「……」

神通「……!」

俺がキスをしたのは、さっきまで触れていた彼女の唇ではなく……鼻の頭。

目を開いた神通は、俺の表情を見て意図を察したのだろう。少し拗ねたような表情を見せた。

神通「もう……意地悪……」

俺は知っている。

焦らした時の神通の反応が、この上なくかわいいということを。
12: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:32:18.34 ID:4sTRpGmI0
……さて、そろそろいいだろうか。

次の目標は触れるのに結構勇気がいるが、この雰囲気ならいける。

まずは深呼吸して、気持ちを落ち着けよう。

提督「すぅぅーー……はぁぁーー……」

神通「……提督?」

……よし、心の準備は整った。

では、いざ―
13: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:39:23.94 ID:4sTRpGmI0
提督「……」

俺はゆっくりと手を伸ばし……

提督「……」

神通の……

提督「……」

慎ましやかな……

提督「……」

胸に……

神通「て、提督……そこは、まだダメです……///」

……触れようかという所で止められた。俺がこれからやろうとしていたことに気付いたようだ。

耳まで赤くなった彼女に、消えそうな声でそう言われたら、こちらとしても引き下がらざるを得ない。

『まだ』という部分がものすごく気になったが、聞かないでおこう。

タイミングが悪かっただけだ。そう思うことにする。
14: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/09(土) 14:47:30.59 ID:4sTRpGmI0
しかし、神通の胸に触れるために伸ばした手はどうするか。

提督「……」

……元に戻すのもつまらないので、少し位置を上げ、彼女の首筋に。

神通「……んっ//」

反応がいちいちかわいい。もっと触れたくなるじゃないか。

神通「提督……今日は、んっ……どうされたのですか……?//」

提督「何だろうな。今は何故か、無性に神通に触れていたいんだ」

神通「あっ……ひゃうっ……//」

提督「……」

ずっと彼女の声を聞いていたい。

この時俺は、心からそう思った。
20: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/10(日) 10:33:43.01 ID:NBuosaqj0
提督「神通、もうちょっとこっちに来てくれないか」

さて、そろそろ締めといこう。

神通「……はい……//」

神通はすっかり大人しくなってしまった。体をこちらに寄せてくる。

提督「……やっぱり最後は」

俺は彼女の背中に手を回し……

提督「これだよな」

神通「……あっ……//」

そっと、抱きしめた。
21: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/10(日) 10:39:08.70 ID:NBuosaqj0
提督「……」

神通「……」

神通の体温を、全身で感じる。

提督「……温かいな」

神通「……とても、心地良いです//」

……そうだ、やらなきゃいけないことがあるんだった。

提督「神通」

神通「はい」

提督「さっきは、焦らして悪かったな。今なら、喜んでしてやるぞ」

神通「あっ……はい//」

数分前は応えなかった神通の要望に、今、応える。
22: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/10(日) 10:47:52.96 ID:NBuosaqj0
提督「……」

神通「……//」

随分と満足そうな表情をしている。

提督「……」

こうなったら、俺も神通にお願いしてみようか。

提督「なあ、神通」

神通「はい」

提督「今日はこの状態で寝ようか」

神通「!」

この状態というのは、俺が神通を抱きしめている状態のことだ。

提督「神通を抱き枕にして寝たい」

神通「……//」

提督「どうだ?」

神通は少しの間考えているようだったが、やがて返事を口にした。






神通「……喜んで//」
23: ◆Kxk36pjJsT2B 2017/09/10(日) 10:52:49.30 ID:NBuosaqj0
以上です。最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。
神通のかわいさは世界一ィィィ!

……すみません、言ってみたかっただけです。

↓過去作リスト

提督「もうっ! 神通かわいいっ!」 神通「……//」


提督「神通愛してる!」 神通「……//」


【艦これ】川内「夜戦だーっ!」


【艦これ】提督と秘書艦のとりとめのない一日


【艦これ】提督「誰とケッコンしようか……」【安価・コンマ】


【艦これ】提督「神通力」


【艦これ】提督「……」 神通「……//」


【艦これ】提督「言葉なんて飾りだよ」



P.S.
川内型の中でまだ主人公にしたことがない、あの娘を主人公にしたSSも書いてみたいなあと思っていたりします。
(書くとは言ってない)
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 11:34:44.25 ID:Pa+bACJio
乙でした
過去作も読んでみます
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 15:44:23.14 ID:45hxkJRSO
かわいい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク