前川みく「悪夢を見せる装置SDX?」【閲覧注意】

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:30:49.02 ID:26FvT1HI0
南条光「ああ!」

最初

モバP「悪夢を見せる装置?」


前作

南条光「悪夢を見せる装置DX?」


の続きです
前作を見なくても大丈夫です

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1392035448
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:35:28.92 ID:26FvT1HI0
前川「前もあったけど今回はどう進化したにゃ?」

南条「今回は地の文を追加してみようと思う」

南条「それと今回は色々考えてたら衝動的にやっちまった感がいなめない」

前川「そんなのでいいのかにゃあ?」

南条「いいんだ。後で正しかったことにすればいい」

南条「じゃあ早速いくぞ!」

前川「うわ…Pちゃんの仮眠室に>>7がいるにゃ……」

※ちひろさんでも前回でたキャラでもいいです
7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:43:29.65 ID:tHQplonko
ありす
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:46:39.11 ID:26FvT1HI0
P「ありす……か」

南条「いいねいいね」

前川「ひかるちゃん、かわったにゃあ…」

南条「内容は……>>12みたいだ」

みく(とゆうかPちゃんはどっからきたにゃ)
12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:49:35.37 ID:DETHnWEdo
Pの体が真っ二つ
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:57:04.00 ID:26FvT1HI0
みく「………」

南条「なんだぬるいな」

P「いや、これくらいのほうがいいだろ。おもしろいし」

みく(これがぬるい?)

_________
___________
_____________

P「ありす……」

ありす「なんですか?」

P「トイレにはついてこないで」

ありす「なんで、ですか?」

P「ここは公共の場所、まして人がたくさんいるライブ会場、常識的に考えよう」

ありす「むぅ」

P「せめて、外にでるまで待ってて……」

ありす「仕方ないです。それで手を打ちましょう」

P「…」
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 21:59:48.50 ID:26FvT1HI0
ありす「おそいですねぇ」

ありす「これは中に入って確認を……」


ドガシャァァァァァァァァァン!!
ありす「きゃ!」


ありす「な、なに?」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:08:39.76 ID:26FvT1HI0
「あっ……あ、ああ……」

Pさんの声とも思えない声が聞こえました
その声に不安を感じ、急いでトイレの中にはいります

「え……?」

Pさんを見つけたとき私は理解が追いつきませんでした
だって目の前にPさんの足と思わしきものが転がっていたんですから

「な、なに…これ……?」

混乱し、血を見ても悲鳴をあげられない私は希望を求め、Pさんを探しました
トイレの中を見回すと目の前に車が
なんで車が?

車の後ろに大きな穴があいています。
おそらくさきほどの大きな音とともに壁を破って入ってきたのでしょう

そのボンネットの上にPさんはいました

「あ、りす……」

「い、いやあああぁあぁぁあああああああああああああああ!!!!」

_____________________
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:13:11.96 ID:26FvT1HI0
南条「なんか変な感じ……」

P「装置、テストもしなかったから……」

みく「あ、ありすちゃんにゃ」(錯乱)


ありす「Pさん……」

P「なんだ?」

ありす「グスッ」ギュ

P「はっはっは、甘えたくなったか?まだ子供だな」ナデナデ


南条「次の人がもうきてるぞ」

みく「>>22がいるにゃあ……なにしてるのにゃあ……」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:16:58.34 ID:gPo5qDfW0
乃々
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:23:05.55 ID:26FvT1HI0
森久保「……」

P「森久保ォ!仕事いけぇ!」

乃々「ヒィ い、いやなんですけど…」

P「だったら寝ろォ!」

乃々「さ、さっきのみてたから、いやなんですけど……」

南条「はいはい」プシュー

乃々「う、すぅ」バタッ

みく「それは?」

南条「ちひろからもらった麻酔ガスだ」

みく「……」

南条「内容は……これだ!」

>>28
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:27:10.01 ID:9fyiYqHJo
事務所のアイドル達から陰湿ないじめを受ける
Pは信じてくれない
32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:46:08.57 ID:26FvT1HI0
___________
_______________
___________________

おはようございます
そんなけだるい声であいさつする森久保をだれも見てくれはしません
そんな事務所で森久保はいつも一人です

私を守ってくれるPさんは大体事務所にはいません
今日も他のアイドルの付き添いでしょう

そんな日常の中、森久保の居場所は誰の目も無いPさんの机の下です
ですが仕事にいかなければいけない時間がきます

おそるおそる机の下から這い出ます

「う、……ッ」

手を誰かに踏まれました
それだけならまだいいです

仕事場までは歩きでいきます
タクシーは乗りたくありませんでした
請求書を持っていく手間が増えてしまうからです
できることなら事務所には顔を出したくありませんから
今日はスケジュールの確認に来ました

ですが私のスケジュールが書かれているはずのところは白紙
かわりに森久保に対する罵詈雑言、見ているだけでどうにかなってしまいそうです


後ろからクスクスと笑う声
もう嫌です。
森久保は逃げるように事務所を飛び出しました


仕事場に着き、だれもいない控室で泣きだしてしまいました

みんなから陰湿ないじめを受けていること
アイドルをもうやめたいこと

Pさんに言ってもろくに扱ってくれませんでした
それどころかいつもの調子で言ってきたのだと思っているでしょう

かばんを確認すると

   死 ね

と書かれた紙とともにカミソリが入っていました

わたしは震える手でそれをとり手首に当てていました

当てては横に移動させる
この動作を繰り返しました

何度も、何度も

何度も…繰り返し

そのうち私の意識、は遠…のい、て……

____________
________
______
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:49:07.88 ID:s54Qy/DZo
やめてくれ(切実)
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:50:23.99 ID:26FvT1HI0
P「森久保ォ!」

乃々「ヒィ!」ビク

P「大丈夫だぞ。うちにはそんなひどいやつはいないからな!」

南条「そうだ!私は絶対に乃々の仲間だからな!」

みく「そうにゃ!」

乃々「み、みなさん……!」ウルウル

P「というわけで仕事いってこーい!」ズルズル

乃々「むぅぅぅぅりぃぃぃぃぃぃいいい!!!!!」
36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:51:49.39 ID:26FvT1HI0
南条「社用車にだれか隠れてるから車はやめておいた方がいいぞ」

P「タクシーにしたから大丈夫」

みく「社用車にいるのは……」

>>41
41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:52:54.33 ID:YTVUqxxio
あやめ
43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:55:56.80 ID:26FvT1HI0
南条「そういや前のはどうなったんだ?」

P「あーあれ?記憶なかった」

みく「?」

南条「じゃあいいな」

みく「にゃにが!?」

内容>>46
46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:56:51.54 ID:GG7TOc8Eo
くの一上司にP殺害を命じられ自らの手で殺害
48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:06:21.97 ID:26FvT1HI0
__________
______________
___________________

あやめ「P殿を!?どうして!」

上司「いまやアイドル界は戦国時代、次々と強力なアイドルを生み出す輩を野放しにはできん」

あやめ「そんな理由で!誰よりも修練を積んで上まればいいではありませんか!?」

上司「できないなら私がやるまでだ」

あやめ「くっ…」
49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:13:13.82 ID:26FvT1HI0

P「今日も仕事つかれたな……」

あやめ「P殿……」

P「あやめか、どうした?」

あやめ「すみません……」ギュ

P「ははは、どうしたいきなり」ナデナデ

ドス

P「え…?」

あやめ「すみませんP殿……」

P「あやめ……な、んで……?」

あやめ「ごめんなさい…」ポロポロ

50: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:16:27.19 ID:26FvT1HI0
後日
上司「あやめはどうした?」

下人「……」

あやめ「ごめんなさい、ごめんなさいぃ……」

下人「ずっとあんな感じです」

上司「……」

あやめ「ぅ、ぅぅ……」

______
____
__
52: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:18:41.70 ID:26FvT1HI0
P「なんだあの忍者の組織は」

南条「そういうことする仲間が欲しいのかな?」

みく「願望ってこと?」

南条「そうかもしれないな」

P「忍者ものの仕事とってきてやるか……」
54: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:11.93 ID:26FvT1HI0
南条「ちょっと休憩しよう。用意してきたものがあるから選んでくれ」

みく「?」

次のキャラの中で好きなキャラを選んでくださいこのスレから
十番目先のスレまでで一番投票が多いキャラで書きます

菜々

まゆ
55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:37.72 ID:52Gu0/u4o
まゆ
56: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:39.58 ID:gPo5qDfWo
ウッサミーン
57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:48.95 ID:/cFFmG/r0
菜々
58: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:50.43 ID:uX9U1prmo
ななさん
59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:55.83 ID:FsUTt88I0
どれも魅力的すぎ
まゆ
60: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:56.51 ID:wXXYsMFuO
ままゆ
61: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:22:57.58 ID:lbsfoI5Jo
安部菜々さんじゅうななさい
62: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:23:18.86 ID:tF+ZOMLU0
りーん
63: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:23:38.78 ID:YTVUqxxio
なな
64: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:24:16.88 ID:0ekAqtDT0
うさみんさんじゅうななさい
66: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:29:15.48 ID:26FvT1HI0
ウサミン 5
ままゆ 3
りん  1
なので
ウサッミーン
でいきます
67: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:36:28.47 ID:26FvT1HI0
______________
______________________
_______________________________

菜々「Pさん!菜々がきましたよー!」

菜々「もう、二人っきりで話がしたいなんて……菜々身体がほてっちゃいますよぉ♪」

P「…。まあ、そんな感じのことではあるんですが」

菜々「本当ですか!?」

P「とりあえずこれ咥えてください」

菜々「早速ですか!?菜々、心の準備が……」

P「はいはい」

菜々「もがっ!」
68: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:47:20.86 ID:26FvT1HI0
菜々が咥えさせられたのはゴムホースでした
菜々が混乱しているすきにPさんは私の後ろに回り手を後ろで拘束され
ホースを吐き出さないように口を固定されました

「??……」

ホースの先に目をやると水道につながっていました

「っ!!」

目で今からおこるであろうことに対し抗議すると

「すごく楽しみだよ」

無邪気な子供のように笑ってきました

そして、Pさんの手が蛇口をひねります
しかもすごい量の水をだしているようです

当然水が出てくる先は…
71: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 23:54:06.88 ID:26FvT1HI0
「もが!ごふっ!」

最初は恐怖心から水を吐き出そうと考えます
ですが水の行き場は鼻ぐらいしかありません

必死にはきだそうとすると鼻から出る水に不快感を覚えます
しかし水の量はすさまじく、胃に落ちていきます

「ごっ!、ぉあ!!ごぶ!」

吐き出そうとしても苦しくなるのですから少しでも呼吸ができるよう
今度は必至に水をのみこみます

Pさんは水を止めようとはしません

そんなPさんを目で抗議しながら、水をのみこんでいきます

72: 安価をするのは楽しいし訓練になるからです。これは息抜き 2014/02/11(火) 00:03:25.12 ID:CExOf2u70
そのうち限界がきました

息を吸い、吐こうとします
ですが吸うことはできても吐くことができません

胸が上がり、次におなかが上がる
痙攣のような動作を繰り返しやっとホースが口から出されました

「P、Pさ、がっ!」

突如Pさんが私の腹を殴打しました
私は耐えきれず胃の中のものを出してしまいます
ほとんど水ですが

「Pさん…?むぐ!」

一呼吸置いたあと再びホースを咥えさせられます

また窒息との戦いが始まりました
73: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:16:14.60 ID:CExOf2u70
「むぐ!ぅぅ!ごぼ!」

私は朦朧とした意識のなかで呼吸をしようと考えます

ですが吸えても吐けない、地獄のような状況

もうなにも感じれくなりました

意識がどこかに飛んでしまい、呼吸することもできず
苦しいことさえわからなくなりました

しかしそんなことでは終わりませんでした

Pさんに意識が飛んだ時は腹をたたいて起こされ
意識が戻ったらまた水を飲まされる

しかも起きるときにはおう吐の不快感も襲います

なんども溺死寸前まで追い詰められ、死んでしまう恐怖を味わせられます

口がふさがれていて抗議の声もでず、でるのは無様な嗚咽だけ

「ごぼっ!んご!ぉお!」

今度こそ死んだな
と思いながらわたしの意識はまた薄れていきました……


_____________
___________
_________
74: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:18:46.46 ID:CExOf2u70
P「……」

南条「さて、次だ」

みく「え、菜々ちゃんはどうするにゃあ?」

南条「あれはイメージ映像であって菜々さんは見てない」

P「なら安心だ」

みく「ええ……」

南条「あ、>>79だ」
79: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:22:28.44 ID:g+/B4qKvo
のあさん
82: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:24:50.88 ID:CExOf2u70
P「要塞みたいな人が何でくずれるかだな」

南条「菜々さんのみたいなだったら楽なんだけどなぁ…」

みく(にゃにが……?)

内容>>86
86: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:26:26.24 ID:c//OK6fho
催眠術をかけられ意識があるままPを殺害
93: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:32:32.63 ID:CExOf2u70
みく「なんでにゃあああああああああああああ!!!!!」

P「みくうっさい」

_____
________
____________

謎のエスパーU「ふふふ、今からのあさんは私の命令を実行してしまいます……」

のあ(こ、声がでない……)

謎のエスパーU「Pさんを殺害してきなさい!」

のあ ダッ

謎のエスパーU「なーんて、パン買ってきてくださいのあさん」

のあ(身体が勝手に…!)

謎のエスパーU「え、ちょ!のあさーん!」
95: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:38:52.76 ID:CExOf2u70
P「今日もつかれたなー」

P「ん?なんかのあさんがこっちに向かって走ってくる…」

P「どうかしましたかのあさーん?」

のあ(P、逃げて!)ヒュ

ドスッ

P「う、ぐ…なぜ無言で手刀を……」
ボタボタ

P「ぐ、おぇ……」

のあ(い、いやぁぁあああああああ!!!)

____________
_________
______
98: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:44:26.75 ID:CExOf2u70
南条「実際手刀で人刺せそうだよな、あの人」

P「うん」

みく「否定できないにゃあ…」


ガチャ
のあ「できないわよ」

P「あ、お疲れさまです」

南条「残念だ」

みく「お疲れにゃ」

のあ「それで私に対する謝罪はないのかしら?」

P「今度天体観測しましょう」

のあ「!、それでいいわ。さようなら」

バタン

南条「いいのか?」

P「そういう仕事が来てる」

みく「にゃるほど」

P「あ、>>101が来てるぞ」
101: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:45:36.66 ID:OjdXsHE50
師匠
104: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:49:23.35 ID:CExOf2u70
P「結構苦情きてるんだよ」

南条「ま、仕方ない」

みく(あつみちゃんはどこまでも自分を曲げないからにゃあ…)

内容>>109
109: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:51:11.89 ID:j9arE2NEo
ただひたすら美嘉に揉まれ続ける
112: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 00:55:54.23 ID:CExOf2u70
P「なんというインガオホー」

みく「なんにゃそれ?」

____
______
_________

愛海「ふっふっふ、今日は美嘉さんの山を登りにきたんだ」

美嘉「へぇ」

愛海「では早速!」ルパンダイブ

美嘉「遅い!」シュン

愛海「消えた!?」

113: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:02:59.07 ID:CExOf2u70
美嘉「捕まえた!」ガシッ

愛海「う…」

美嘉「やられたらやりかえす、倍返しだ!」

愛海「え……?」

美嘉「ふふ、みりあちゃんにするつもりだった技、見せてあげる!」
モミモミ
愛海「え、ちょ…あっ!」

美嘉「どう気持ちいい?」

愛海「うあぁ!ぁんん!!」

美嘉「ふふ、言葉もでないみたいだね」

愛海「うう、悔しい……!」

美嘉「これはどう?」
キュ
愛海「んああ!!」

美嘉「気持ちいいよね!」

愛海「わ、私のアイデンティティがぁぁぁ……」

美嘉「このままプライドまでへし折ってあげる!」

愛海「い、いやあああああああああ!!!」


_____________
________
_____
愛海「でも、悔しい感じちゃう」ビクンビクン
114: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:05:19.31 ID:rS/rFJwM0
悪夢かと思ったらご褒美じゃないか
115: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:05:42.22 ID:CExOf2u70
P「いい薬になったかなぁ…」

みく「これで揉まれることがなくなればいいにゃ」

南条「美嘉さんが愛海さんの技術を習得しないことを願うよ……」

みく「あ>>120だにゃあ」
120: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:07:23.54 ID:c//OK6fho
美嘉
121: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:10:06.03 ID:CExOf2u70
美嘉「おはようPさん!」

南条「寝てて」プシュー

美嘉「うっ」バタン

みく(麻酔ガス大活躍にゃあ)

P「ロリコンが治ったらなぁ…」

内容>>125
125: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:12:22.46 ID:jp/yLLyro
莉嘉だけ売れて仕事がなくなる
128: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:14:11.81 ID:OjdXsHE50
前回といい美嘉の夢には莉嘉が関わるんだなwwww
129: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:18:52.66 ID:CExOf2u70
P「先にCD出たのは莉嘉だもんな」

みく「それはいうにゃ!」

____
______
________

「莉嘉、今日も遅くまで仕事?」

電話口にいつも一緒にいたはずの妹の声を聞く

「ごめんねお姉ちゃん。帰りはPくんが送ってくれるから安心してね?」

「うん、わかった」

そう言って電話を切る。
この会話が最近増えてきたような気がする

最初は妹には負けまいという一心で頑張ったがどうやっても勝てなかった
なんで?
理由を冷静に分析しようとしてもなかなか思いつかない

今度Pさんに会った時相談してみよう
131: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:28:10.34 ID:CExOf2u70
翌日、朝早く事務所に行きPさんに尋ねてみた

「えーと、それは…うん……」

歯切れが悪いPさんはきっと私が売れない理由を知っているんだろう
最近は仕事よりもレッスンの方が多いしつまらない
そんな状況を改善したいがためにPさんに詰め寄る

「……聞きたいか?」

何か言いづらそうだったが私は覚悟を決めた

「話して、Pさん」

「……実はな」

言われた内容に私は頭を金づちでなぐられたような気分になった

この前私が出演した子供向け番組での行動が局長の怒りにふれたらしく
それ以来、その局からは仕事が来ていないらしい

これだけならまだいい

局長の怒りにふれた噂はまたたくまに広がり、他の局も私に仕事を回しにくいのだと言う

幸いだったのは妹の莉嘉にまで被害が及んでいないこと

133: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:33:13.77 ID:pq5MKyw10
いったいナニしたんですかねぇ・・・・・
134: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:34:57.69 ID:OjdXsHE50
この夢、師匠にも見せるべきなんじゃ...
135: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:35:52.68 ID:CExOf2u70
「美嘉……」

「………」

頭の整理がつかない
その日はレッスンだけしかなかったので休ませてもらうことにした

その夜私は考えた
私のこと
莉嘉のこと
これからのこと

莉嘉に迷惑がかかっていないならそれでいい
私がした行動の報いは私だけがうければいい
私は人気がでなくとも莉嘉が人気ならそれでいい

でも
      でも


トップアイドルになってPさんに恩返ししたい    デキナクナッチャッタ……
夢をあきらめることになっても     アキラメラレナイヨ……
莉嘉が無事ならそれでいい        ワタシモシゴトがシタイヨ……

莉嘉が無事なら……
りかがぶじなら……
リカガブジナラ……



朝起きると私の手首には無数の傷跡があった……
136: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:38:29.08 ID:CExOf2u70
P「いつかなりそうでこわい……」

みく(どの部分にゃ……)

南条「>>141がいるぞ!」

みく(光ちゃん空気よむにゃあああああ!!!)
141: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:40:43.20 ID:74hqTm7po
妹ヶ崎
142: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:43:50.69 ID:CExOf2u70
南条「妹のほうがきたぞ!」

P「姉妹そろってか……」

みく「なんなのにゃあ……」


内容>>149
内容は無いよう ふふっ
148: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:50:55.51 ID:N6zJ+0b20
自分のドッペルゲンガーに成り代わられて、自分は幽霊のように誰にも感知されず、ただひたすらに幸せそうな光景を見ながら徐々に自分の体が朽ちていく
149: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 01:51:32.53 ID:N6zJ+0b20
150: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:04:08.21 ID:CExOf2u70
南条「精神的にくるな!」

みく「さっきだれかいなかったかにゃあ……」

____
______
________

「莉嘉、今日は撮影の仕事だ」

「はーい」

私のいないところで私が返事をした
事務所にはまだ入っていない
私はここにいるはず
でもPくんはたしかに”莉嘉”って呼んでた
事務所の扉を乱暴に開き中に入る

そしたら、私がいた

今日も鏡で自分の顔を見てきた
間違えるはずがない

私じゃない”それ”をみんな莉嘉って呼んでた
Pくんもお姉ちゃんも

「ま、待って誰なの!?」

誰にも反応されなかった
無視してくるほどひどい人じゃない
お姉ちゃんもこんな悪ふざけなんてしない

試しにPくんを思いっきりたたいてみた
Pくんは微動だにせずなにも反応しなかった

次にお姉ちゃんにメールを送ってみる
文面は……適当に書いておこう

少ししてお姉ちゃんの携帯が鳴る

「あれ?莉嘉いつの間にメール送ったの?」

「え?送ってないよー?」

メールには気付いた
でも

「文面が無い?なにこれ」

「え……?」

確かに文面は書いた
不思議に思い画面をのぞきこんでみる

「!」

文面はなにも無かった
151: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:10:24.31 ID:CExOf2u70
「な、なんで…?」

「莉嘉、そろそろ行くぞ?」

「はーい」

莉嘉と呼ばれた人がPくんについてゆく

待ってPくん。莉嘉はあたしだよ?


追いかけ私も車に乗ろうとする
でもなぜか車に手を伸ばした瞬間身体が動かなくなった

・・・・・

タクシーに乗ろうにも誰も反応してくれない
お店に入っても同じ
試しに万引きしようとしてみたけど物を持てなかった

私は自然に撮影の仕事がある公園まで来ていた

Pくん、一体どうしたの?
152: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:20:35.59 ID:CExOf2u70
「莉嘉ちゃんなんだか今日はかがやいてるねぇ!」

「えへへそうかなっ★」

「お!その表情いいね!」

公園では人だかりを作って撮影が行われてた
私がするはずだった仕事

あなたは誰なの?

「莉嘉、お疲れ様」

Pくん莉嘉はあたしだよ……

「えへへ、PくんPくん。ほめてほめて!」

私がいっつもPくんに言ってること

「たく、しょうがないな」

悪態をつきながら頭をなでてくれるのもいつものこと

「えへへ★」

Pくんになでられればいつも笑顔になれた
でもなでられてるのは莉嘉っていう人

あの人が莉嘉なら私は誰?
だれか教えて……

「……クスッ」

莉嘉が莉嘉に向かって笑いかけた
                 ……気がした

____________
_______
____
153: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:25:09.23 ID:CExOf2u70
バタン!
莉嘉「Pくーーん!」

P「光、次の仕事なんだが」

莉嘉「うわーん!」ドゴォ

P「ぐふぅ!じょ冗談だ……」

莉嘉「ぐすっ、うわぁぁああん」ポロポロ

南条「うーん」

みく「どうしたにゃあ?」

南条「ふん」プシュー

みく「うにゃ! スヤァ」
154: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:29:51.96 ID:CExOf2u70
__________
________________
______________________

P「今日はみくの結婚式……」

P「なんか泣けるな」グスッ

P「おおっと今涙を流しちゃいけないな」


キャーヒッタクリヨー


P「!!、待て!」

犯人「どけ!」

P「そうはいかな、うっ!」
ドスッ

犯人「じゃあな!」タッタッタ

P「ぐッ……血が……」

P「みくの結婚式に行かなければ……」
155: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:34:15.78 ID:CExOf2u70
式場近くの公園

みく「あ!Pチャンなんでこんなところにいるにゃあ!」

P「ま、色々あってな……」

前川夫「……」

P「お前がみくの旦那か……」

前川夫「はい」

P「みくを、絶対幸せにしろよ……」

前川夫「はい、必ず……」

みく「Pチャン?」

P「ほら早く式場に戻れ。みんなが待ってるんだろ?」

みく「Pチャンはこないの?」

P「すぐ…行くさ……」

みく「……待ってるにゃ」


その後Pは静かに息を引き取った……

____________
________
_____
156: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 02:34:57.95 ID:CExOf2u70
みく「なんでにゃあああああああああああああああ!!!!!!」


おわり

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク