提督「熊野!熊野はどこだ」

2: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:48:11.84 ID:UXCi5YQv0
鈴谷「あ、提督ちぃーっす」

提督「ちぃーっす。なあ鈴谷、熊野見なかった?」

鈴谷「見てないけど…提督もしかして、また?」

提督「うん」

鈴谷「いい加減諦めなよ~熊野は提督みたいなのタイプじゃないんだってさ~」

提督「認めん、認めんぞ…」

鈴谷「あんまり迷惑掛けないでよ?熊野のこと大事なのは私だって同じなんだから」

提督「大丈夫だ少し拘束して台に縛り付けて感度をよくするオイルを全身に塗りたくって鞭で尻を叩くだけだから!」

鈴谷「…死にたい?」
3: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:52:20.94 ID:UXCi5YQv0
提督「ごめんなさい冗談なんです許してくださいまだ死にたくない」

鈴谷「まあ冗談だとは思ってたけどさ。熊野のどこが良いの?提督お嬢様タイプあんまり好きじゃないって言ってたじゃん~?」

提督「…うん、まあ、そう…だな」

鈴谷「…?どうかした?」

提督「……その、胸がな…?」

鈴谷「あっ…(察し)」

提督「おいその哀れみの目で俺を見るのは辞めてくれ」

鈴谷「私の胸みたいなのじゃだめなわけ~?」

提督「うん、ダメだな」キッパリ

鈴谷「ということは龍驤みたいな…」
4: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:52:50.96 ID:UXCi5YQv0
龍驤「命が惜しいならそれ以上は言わんといてやぁ」ニコニコ

鈴谷「わかった、わかったから」

提督「龍驤、今日も綺麗なちっぱいだな」

鈴谷(この提督バカなの?)

龍驤「…ありがと」

鈴谷(えぇ…)

提督「そうだ、龍驤。熊野知らない?」

龍驤「さっき食堂でみたで」

提督「おぉ!助かる!」
5: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:53:56.73 ID:UXCi5YQv0
――――――――

提督(あのお嬢様然とした立ち振る舞い。間違いない熊野だ!)

提督「く~ま~の~」ギュッ

熊野「あら、提督。熊野に何かご用?」スッ

提督「抱かせて?」

熊野「嫌ですわ、提督はわたくしのことなんにもわかっていませんもの。そのような殿方と肌を重ねるつもりは毛頭ございません」

提督「じゃあせめて胸揉ませて!」

熊野「…あ、もしもし憲兵さん?えぇ、また馬鹿がわたくしにセクハラを」

提督「ちょおおおおおおおおおおおおっと待ったああ」

熊野「うるさいですわ、提督。電話中なの分からないんですの?」
6: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:54:38.72 ID:UXCi5YQv0
提督「分かってるよ!分かってるから慌ててるんだよ!」

熊野「…なら尚更静かにして欲しいですわ。そんなに大きな声を出されると耳がきーんとなってしまいますわ、きーんと」

提督「じゃあ電話相手に嘘だって言って?お願い」

熊野「嘘だって言うも何も電話なんて掛けてませんわよ」クスクス

提督「…よかった。もう熊野に逢えないかと思った…」

熊野「そんなにわたくしと居たいんですの?」

提督「勿論じゃないか!」

熊野「し、仕方ありませんね、頭位なら撫でてもよろしいですわよ」

提督「わーい」ナデナデ

熊野「んっ…これは中々ですわね」

提督「お、アレは電。おーい電~」

熊野「あっ…」

熊野「も、もう知りませんわ」プイ
7: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:55:29.62 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

摩耶「ん?鳥海何してんだよ」

鳥海「しー。アレ見てください」

摩耶「なんだってんだよ…って熊野じゃねえか、あいつがどうかしたか?」

鳥海「普段あんな風に地べたに腰を下ろすようなことをしていますか?」

摩耶「ない…よな?」

鳥海「なんで疑問系かは問いませんが。そういうことですよ」

摩耶「でもどうしたってこんな物陰に隠れて見てるんだ?気になるなら声かけろよ」
8: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:56:11.86 ID:UXCi5YQv0
摩耶「よっ、熊野」

熊野「…あ、摩耶さんですのね。何かご用?」

摩耶「いや、よ。熊野がそんな風にしてるのなんか珍しかったからよ」

熊野「…そう、そうですわよね」

摩耶「ん?どうした?」

熊野「いいえ、なんでもありませんわ。では私は鈴谷としょっぴんぐに出かけてきますわね」

摩耶「お、おう。楽しんでこいよ~」

鳥海「どうでしたか?」

摩耶「多分あの提督の馬鹿がなんかやったんだろうな」

鳥海「そうですか。ではこれで」
9: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:57:03.60 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

摩耶「ということがあったんだけどなんか知らない?」

愛宕「ごめんね、わからないわ」

摩耶「そっか、別に謝らなくて良いよ。寧ろ帰ってきたばかりで聞いてごめん」

愛宕「可愛い妹に聞かれたらなんでも答えちゃうわ」

摩耶「…じゃあ愛宕ねえはアイツのこと…好き?」

愛宕「うーん、好きって言うより尊敬してるかなぁ。何々~摩耶ちゃん提督のこと好きなの?」

摩耶「へっ!?い、いやあんなの好きなわけないじゃん!!ま、全く変なこと言わないでくれよ」

愛宕(可愛いわねぇ)

愛宕「あらあら、違ったのね。結構そういうの当たるんだけどなぁ、うふふ」

摩耶「全く違うから!と、取り敢えず行くから…」

愛宕「またね~」
10: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:58:02.99 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

提督「ったく、熊野はすぐ居なくなる…」

提督「お、吹雪」

吹雪「し、司令官!?」

提督「あんまり驚かしたつもりは無いんだが」

吹雪「あ、いえ別に今日の秘書艦の龍田さんが凄い形相で探してたとかそういうことじゃないですから!」

提督「マジか土下座で許してくれるかな…」

吹雪「だ、大丈夫ですか?」

提督「大丈夫大丈夫、多分きっと」
11: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:58:40.35 ID:UXCi5YQv0
吹雪「あっ…」ブルブル

提督「ん?どうした」

吹雪「う、後ろ…」ワナワナ

龍田「うふふ、死にたい提督さんはどこかしらねぇ?」ニッコリ

提督「いやーそんな提督俺知らないなぁ?」

龍田「じゃあ腕を切り落として差し上げますわ」

提督「前後の文が繋がっていない!」

龍田「なんで逃げるんですかぁ?」

提督「それは…俺が仕事をさぼってるからだああああああ」

吹雪「もうやだこの鎮守府」
12: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 00:59:25.35 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

熊野「鈴谷、どうせですしエステにでも寄っていきません?」

鈴谷「んー鈴谷はいいよ、ちょっと疲れたし」

熊野「そうですか、なら今日は辞めておきますわ」

鈴谷「うんにゃ、熊野は行っておいでよ」

熊野「でも鈴谷を待たせることになってしまいますわ」

鈴谷「気にしなくて良いからさ、行っておいで」

熊野「では御言葉に甘えて行って参りますわ」

鈴谷「うん、じゃあ鈴谷は適当に見てるから終わったら電話してねー」フリフリ
13: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:00:08.88 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

龍驤「それでキミはどうしてウチの部屋に逃げ込んできたん?」

提督「龍田から追われてるんだよ、まじでやべーんだって」

龍驤「でもなぁウチ、キミを見つけたら摩耶から教えてくれって言われてんねん」

提督「なんで摩耶?」

龍驤「知らへんわ、ただもう連絡してあるしそのうち来るから待っといてな」

提督「龍田から逃げられるならなんだってするさ」

龍驤「因みに何したんよ」
14: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:00:43.36 ID:UXCi5YQv0
提督「執務をサボってるナウ」

龍驤「バカちゃうの?」

提督「バカって言う方がバカなんですー」

摩耶「へぇ、じゃあそんなど阿呆の提督はちょっと来てくれるか?」

提督「ま、摩耶…」

摩耶「よお、提督。ちょっと話があるんだ」

提督「なんだよ改まって」

摩耶「いいからちょっと来いって」

提督「お、おう」
15: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:01:46.97 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

提督「で、なんで俺は正座をしてるの?」

摩耶「熊野を傷つけただろ?」

提督「いや、全く」

摩耶「普段のアイツから考えられないくらい元気が無かったぞ」

鳥海「提督、嘘は言わないでくださいね」

提督「うん?」

鳥海「あなたは熊野さんを好きですか?」

提督「そりゃもちろん」

鳥海「それは部下としてですか?それとも一人の女性としてですか?」
16: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:02:34.67 ID:UXCi5YQv0
提督「なんていうの…?俺さ、貧乳が大好きなんだよね」

鳥海「…は?」

摩耶「ぶっ殺されてぇの?」

提督「別にふざけてるわけでもなんでもなくてな?やっぱり大きい胸よりも小さい胸の方が可愛いだろ?」

鳥海「摩耶…憲兵を呼んできて貰えますか?」

摩耶「おう!任せておけ!」

提督「待って待って冗談抜きで憲兵だけはやめてぇ」

鳥海「では私たちの手で処理するしか…」

提督「もうここに熊野呼んできて話聞けば良いじゃん」
17: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:03:21.45 ID:UXCi5YQv0
摩耶「そんなことしたら熊野が犯されるだろ」

提督「なんだと…誰だ!俺の熊野を犯そうとしているのは!」

摩耶「あんただよ」

提督「何で?俺は別に熊野のことを犯したいなんて思ってないよ?」

鳥海「…は?」

提督「いや、なんで大切な部下をそんな性処理道具みたいに使うんだよ、バカなの?」

鳥海「…頭にきました」

提督「加賀の真似?すごいすごい全然似てない!」

摩耶「…なあ提督、1回死んどかねぇ?」

提督「やなこった!とりあえず俺行くわ」ガチャ

龍田「! あら、提督。うふふ」

提督「やっべ…にげろーい」
18: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:04:24.85 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

島風「ん、提督~何してるの?」

提督「お、島風。今な、かけっこしてるんだよ」

島風「私もしたーい」

提督「おう、じゃあ龍田に追いつかれた方が負けな」

島風「じゃあいっくよー」

提督「はえー」

龍田「提督~?なんで逃げるんですかぁ?」

提督「捕まったら仕事させるだろ!」

龍田「そんなわけないじゃないですかぁ」

提督「え?そうなの?」

龍田「これから死んじゃう人にお仕事なんて出来ませんよねぇ?」
19: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:05:03.42 ID:UXCi5YQv0
提督「結局!捕まったらダメじゃないか!」

龍田「死にたくないですか?」

提督「そりゃもちろん」

龍田「じゃあキスでチャラにしてあげます」

提督「マジ?」

龍田「提督が出来るなら…ですけどねぇ?」

提督「いいよ、しようかキス」

龍田「んっ…」チュッ

提督「これでいいか…?」

龍田「今日のところは許してあげます…けど溜まってる書類とかはちゃんと片しておいてね?」

提督「あぁ、夜にでもしておくよ」
20: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:05:50.53 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

熊野「鈴谷~」

鈴谷「お、熊野、もうエステ終わったの?」

熊野「はい、おかげさまでお肌がツヤツヤですわ」

鈴谷「ならよかった。あ、ドーナツいる?」

熊野「いただきますわ!」

鈴谷「うん、んじゃ鈴谷はなんか飲み物買ってくるね」

熊野「あ、それはわたくしがしますわ!鈴谷は座っていてください」

鈴谷「そう?じゃあお願いするね」

熊野「了解ですわ!」
21: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:06:48.71 ID:UXCi5YQv0
鈴谷「……」prrr

鈴谷「鈴谷だよーん」

提督『提督だよーん』

鈴谷「あ、どうも提督さん」

提督『なんでいきなり口調から何から何まで変えるの!』

鈴谷「うーん、なんだろね…気分?」

提督『そうか、おこだよ!』

鈴谷「そんなの鈴谷に言われてもわかんないんだけど」

提督『まあ、冗談はさておき、今そこに熊野いる?』

鈴谷「飲み物買いに行ってるけど変わらせようか?」

提督『うーん…いやいいや、とりあえず帰ったら一度執務室に足を運ぶように言っといてくれる?』
22: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:07:47.60 ID:UXCi5YQv0
鈴谷「それはいいけどさぁ、あんまり変なことしないでよ?」

提督『胸を触らせてってお願いするのは変なことじゃないよね?』

鈴谷「…ほんと呆れた…もう切るよ?」

提督『ちょっ…待って…普通に大事な話だから頼むわ』

鈴谷「うっわずっるーい」

提督『どこがずるいんだよっ!』

鈴谷「うーん…なんかずるいっ!」

提督『やべぇめっちゃ理不尽』

鈴谷「あ、そろそろ熊野戻ってくるから切るね~」

提督『おう、じゃあな』

熊野「ただいま戻りましたわ!」

鈴谷「何買ってきた?」

熊野「きゃらめるまきあーとですわ!」

鈴谷「おーありがとね」
23: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:09:07.85 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

時雨「ねえ夕張さん何を作ってるんだい?」

夕張「今は明石さんのお手伝いで適当に装備作ってるけどなにか欲しい装備があるの?」

時雨「酸素魚雷が…積みたいかなって」

夕張「うーん酸素魚雷って言っても色々あるでしょ?どんなのがいいの?」

時雨「五連装酸素魚雷とか…?」

夕張「せめて開発できる装備にしてください」

時雨「冗談だよ、そうだねなら機銃をいくつかお願いできるかな?」

夕張「それならたくさん余ってますよ」ガチャガチャ

時雨「あ、ありがとう。ついでに水着とかもお願いしちゃおうかな?」

夕張「そこまではしませんよ?」

時雨「わかってる、流石に冗談だよ」
24: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:13:56.44 ID:UXCi5YQv0
提督「夕張ちゃんいるぅ?」

夕張「あ、提督。夕張ちゃんです」

提督・夕張「「いえーい」」ハイタッチ

時雨「…て、提督?頭でも打ったのかい?」

提督「別にいたって正常だが…?」

時雨「そ、そうなんだ」

夕張「それで提督は何かご用ですか?」

提督「あぁ、そうだった。明石が暫く休暇取ってるから今日の開発は夕張ちゃんに任せようかなって」

夕張「えっ!いいんですか!?」

提督「うん、そりゃまあ夕張ちゃんだってしたいだろ?」

夕張「はい、それはもちろん」
25: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:14:41.70 ID:UXCi5YQv0
時雨「提督、どうせだし僕にも何か頼んでよ」

提督「うーん、特に頼むことも無いんだが」

時雨「じゃあ秘書艦にして欲しいな?」

提督「おーいいぞ、ただ俺はサボるぞ?」

時雨「そんなサボる宣言されても困るんだけどね」

夕張「私も一度だけ秘書艦したことありますが確かにサボってますよね」

提督「まあね」

時雨「あんまりサボらないようにして欲しいんだけどな、僕たちのためにも」

提督「でも、サボらないとこうして夕張ちゃんと遊べないしぃ」

夕張「提督~」ギュッ

提督「お、夕張ちゃんってば可愛いなぁ」ギュッ

時雨「なにこれなんか違う気がする…僕の知ってる夕張さんじゃ無いよ」
26: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:15:42.89 ID:UXCi5YQv0
―――――――――

熊野「…提督、熊野ですわ。入ってもよろしいですか?」

提督「いいぞ」

熊野「それでなにかご用ですの?」

提督「まあそのなんて言うの?好きだぜ!」

熊野「…はぁ」

提督「えっ」

熊野「別にわたくしは提督に好かれようが変わらないのですが」

提督「マジかよ、すげぇショック」

熊野「そもそも提督はわたくしを何だと思ってますの?」

提督「そりゃあまあまず、貧相な胸だろ?次に貧乳…」

熊野「あのちょっと待ってください?流石にわたくしの価値がこの胸だけということは…」
27: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:16:52.59 ID:UXCi5YQv0
提督「いや熊野は胸だろ」キョトン

熊野「…失望しましたわ…」

提督「いや、よく考えてみろよ。艦娘なんてお前を含めてみんな美人なんだぞ?それでやっぱり顔の次は胸だろう?」

熊野「提督、何回位殺されれば気が済みますか?」

提督「いや死にたくないよ?今日だけでも何回も命の危機に貧してるけどまだ死にたくないよ?」

熊野「提督はわたくしのことが好きなんですわよね?なら好きな人の手で[ピーーー]る、本望なのでは?」

提督「…ふむ、確かに一理ある。よし一思いにグサッとやってくれ」

熊野「……バカですの?」

提督「いやいや、何を言ってるんだ!熊野が俺を[ピーーー]だろ?そうすると熊野は俺のことを覚えているわけだ、忘れたくても忘れられない相手になるんだよ!素晴らしいだろ?」

熊野「わたくしは忘れる自信がありますわ!賭けても良いですわよ」
28: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:17:43.58 ID:UXCi5YQv0
提督「ふむ、じゃあ俺が死んで忘れることが出来なかったら俺の勝ち。忘れられたら熊野の勝ちということで」

熊野「それやる必要あるんですの?」

提督「ないよ」キッパリ

熊野「ないのにするんですのね…」

提督「俺のこと殺さないの?」

熊野「殺してもいいんですが、折角エステに行ったのに提督の血で汚したくありませんわ」

提督「なにそれぇ…まあいいや」

熊野「結局なんだったんですの…」

提督「いや、別に?とりあえず指輪だけは渡すわ」

熊野「えらく唐突ですわね!?」

提督「だって渡すタイミングとか見当たらないし」

熊野「そもそも提督が変な話を振らなければよかった気がしますわ」
29: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:18:41.98 ID:UXCi5YQv0
提督「まっ、そんなことはさておき貰ってくれる?」

熊野「別に嫌ではないので貰って差し上げますわよ」

提督「じゃあ左手出して」

熊野「はい…」

提督「愛してるぜええええええええええ」

熊野「え、えぇ…まあわたくしも嫌いではないですわよ」フフッ

パシャリ―。

熊野「え?」

提督「青葉よくやった!」

青葉「えへへ、これは号外で今すぐ出しますね司令官!」

提督「あぁ、俺の権限で行使できることは全てを許そう」

青葉「合点承知のすけです」ビシッ

熊野「…提督?」

提督「ん?」

熊野「やっぱり死んでください」

提督「嫌だよ!熊野とケッコンしたんだからまだ[ピーーー]ない!」

熊野「あっ、逃げないでくださいまし!…ちょっ、本当に待ってください。殺しますから」
30: ◆5Yy.rC7Gbc 2017/09/01(金) 01:20:07.98 ID:UXCi5YQv0
さてこれで終わりになります。

勢いだけで書きましたが一つだけ思うのは夕張ちゃんが私の知っている夕張ちゃんじゃ無いです。

誰ですかね、この子。

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 09:45:51.50 ID:HqhwQzEA0
提督より>>1の頭がおかしい

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

見知らぬ人間にこう言うのもなんだが病院行け


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク