モバP「美波の弟になりたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:03:03.40 ID:siZzaAKF0
P「そうは思わないですか?千川ちひろさん」

ちひろ「いや、いきなりそんな話題振られても困りますよ」

P「あああああああああ!!ミナミィの弟になりたいよおおおおおおお!!!!」ゴロゴロ

ちひろ「ちょっと、良い年した大人が何やってんですか」

P「……世間じゃこう言われてるんですよ。新田美波の弟は前世で世界を救った」

P「或いはそれと同等の事を成し遂げたんじゃないかと」

ちひろ「はぁ……?」

P「そのぐらい徳を積まないと新田美波の弟になれないってことです。分かりますか、ちひろさん?」

ちひろ「まあ分からなくもないですけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466938983
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:08:31.03 ID:siZzaAKF0
P「美波の弟であれば毎日がどれだけ幸せか……」

ちひろ「確かにあれだけ美人で性格が良いお姉さんがいると周りからは羨ましがられそうですね」

P「ですよね」

ちひろ「それとさっきの奇行は別問題ですけど」

P「……じゃあせめて聞いてくれませんか?新田姉弟の生活を」

ちひろ「……妄想のですか?」

P「妄想のデス」

ちひろ「プロデューサーさんがそれで満足して大人しくなるなら良いですけど……」

P「ありがとうございますっ!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:26:56.00 ID:siZzaAKF0
弟『ただいまー……あぁ、疲れた……』

美波『あ、弟君お帰り』

弟『!姉ちゃん帰ってきてたの?早いね』

美波『今日は撮影が思ったよりスムーズに終わってね!』

弟『ふーん……じゃ、俺宿題するから休んでれば』

美波『コラコラ!暇なお姉ちゃんを無視して部屋に直行なんてダメ!』

弟『な、何だよ!自分だって学校のテストとか資格試験の勉強邪魔すると怒るじゃんか』

美波『それもそうだけど……あ、じゃあ勉強で分からない所があったら教えてあげよっか?』

弟『う、それは助かるけど……』

美波『じゃあ決まり!家庭教師頑張っちゃうぞー』

弟『何でそんなに張り切ってるの……』

美波『早く宿題終わらせてお姉ちゃんの相手してもらいたいからかな?』

弟『……』
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:33:15.35 ID:siZzaAKF0
P「とか良いですよね」

ちひろ「やり取り普通過ぎませんか?」

P「あのですね、ちひろさん。疲れて家に帰ったら美波がいるんですよ?」

P「お帰りって言ってくれるんですよ?」

P「笑顔で話しかけてくれるんですよ?」

P「それだけで素晴らしいですよね?」

ちひろ「お、おう……そうですね」

ちひろ「あと、妄想の美波ちゃんやけにお姉ちゃん推しというか、かまってちゃんですね」

P「弟相手だと結構素が出ると思うんですよ。多分。まだ19歳ですし」

P「まだまだ妄想あるんで次行きましょう」

ちひろ「えっ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:44:08.60 ID:siZzaAKF0
ちょっと仲が悪い姉弟



美波『ちょっと弟君、お釣りあげるからお菓子買ってきて』

弟『は?何で、嫌だよ面倒だし』

美波『ゲームしてるぐらいだし暇なんでしょ?』

弟『そっちこそ雑誌読んでるだけじゃん。自分で行けば』

美波『良いから買ってきて、お姉ちゃんが頼んでるのよ?』

弟『やだ』

美波『そんなんだから彼女出来ないのよ』

弟『……そっちこそ彼氏いないじゃん』

美波『私はアイドルだから作らないだけですー、作れないんじゃありませーん』

弟『アイドルやる前も居なかった癖に』ボソッ

美波『……』ゲシッ

弟『って!何すんだよ!!』
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 20:49:45.89 ID:siZzaAKF0
P「どうですか、家だとそこら辺の性格悪い姉になっちゃう美波」

ちひろ「美波ちゃんはこんな事言わない」

P「いや、ブスな姉なら許せないですけどミナミィですからね」

P「多少口や性格が悪くてもオールオッケーです」

ちひろ(プロデューサーさんは美波ちゃんになら縛られて拷問責めされても喜んでそう)

ちひろ「で、妄想は?」

P「まだあります」

ちひろ「……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:04:25.21 ID:siZzaAKF0
ちょっとエッチなミナミィ



美波『お・と・う・と・く・ん』ニコニコ

弟『な、何……その恐ろしい笑顔』

美波『ジャジャーン、弟君のマル秘本見つけちゃった』

弟『ぶっ!!』

美波『「憧れの先輩と誰もいない教室で」「混浴温泉でエッチなお姉さんに攻められて」』

美波『全体的に胸がおっきくて年上……こういうのが好きなんだぁ』ニヤニヤ

弟『ああああああああああ!!!!違うから!!違うからああああ!!分析すんな!!』

美波『そんな恥ずかしがることないのに、高校生なんだから普通だよ。はい、返すね』

弟『うぅぅ……』

美波『あはは、お姉ちゃんの胸も結構あるよ?』ギュム

弟『!!ね、姉ちゃんのなんか興味ないよ!』

美波『ちぇー、じゃ久しぶりに一緒にお風呂入る?』

弟『ふざけんな!!』
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:10:05.36 ID:siZzaAKF0
P「……とか羨ましすぎるぞ畜生」

ちひろ「妄想の弟さんに何嫉妬してるんですか」

P「でも絶対リアルにこのぐらいしてますよね」

P「下手すりゃなんやかんやでそのままお風呂入っちゃいますよね」

ちひろ「プロデューサーさんは美波ちゃんをなんだと思ってるんですか」

P「ははは、冗談ですよ冗談」

ちひろ「表情も声も冗談だとは思えなかったんですが、ちなみに妄想はそろそろ」

P「まだ終わらんよ」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:28:28.78 ID:siZzaAKF0
アイドル友達


ガチャッ


弟『ただいまー……ん?靴が多い?』

美波『弟君、お帰り!ちょっと部屋に来て!』グイグイ

弟『わ、わ、ちょっとどうしたんだよ』

ガチャッ

美波『じゃーん!私の自慢の弟でーす』

弟(えっ、この二人ってもしかして……)

アーニャ『噂のミナミの弟さんですね。はじめまして、アーニャ……アナスタシアです』

弟『は、は、はじめまして!じゃ、じゃあもう一人はやっぱり本物の……』

蘭子『女神と血を共有せし者、我が名は神崎蘭子!降臨の時!』

弟『うわあああ!やっぱり!!はじめまして!僕二人のファンなんです!!サインお願いします!!』

美波『こらっ、いきなりサインねだるなんて失礼よ?』

弟『あ、ご、ごめんなさい』

アーニャ『ふふっ、ミナミが怒るのは珍しいですね』

弟『えっ、いつも結構怒ってきますよ』

蘭子『なんと!女神の鉄槌を幾度となく受けたと言うのか……』

美波『ま、まあその話は置いておきましょう』
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:35:18.69 ID:siZzaAKF0
アーニャ『……』ジー

蘭子『ふむ……』ジー

弟(そ、そんなに見つめられると恥ずかしい……)

アーニャ『それにしても本当にミナミそっくりですね』

美波『そうかな?』

弟『自分ではそこまで似てると思わないですけど』

蘭子『……くっくっく、ならば闇の試練を授けよう』

弟『へ?』



蘭子『か、かわいい……』

アーニャ『スパシーバ!!』パシャパシャッ

美波『我が弟ながら……ここまで女装が似合うなんて……』ゴクリ

弟(どうしてこうなった)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:39:00.32 ID:siZzaAKF0
P「とか家にアイドルのお友達が来るんですよ。最高じゃないですか」

ちひろ「何で女装させてるんですか」

P「ミナミィの弟は中性的なイメージがあるので」

ちひろ「妄想だけあってプロデューサーさんの趣味全開ですね」

P「ふひひ☆」

ちひろ「まあ、一通り妄想も済んだようですし……」

P「何言ってるんですか?俺の妄想力舐めてもらっちゃ困りますよ」

ちひろ「……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:48:04.01 ID:siZzaAKF0
ヒステリックお姉ちゃん


ガチャッ

美波『……ただいま』

弟『お、おかえり……』ビクッ

美波『後で部屋に行くから……ね』

弟『……』



美波『どうして!!どうしてなの!!!』バシバシッ

弟『っ……いたいよっ……』

美波『何で!こんなに頑張ってるのに!!!レッスンだって!!みんなのリーダー役だって!!』バシッ

美波『こんなに一生懸命なのに!!もういや!!!嫌だよ!!』バシッ

弟『……姉ちゃんが頑張ってるの俺が一番知ってるから』

美波『知った風な口きかないでよ!!』ドンッ ガンッ

弟『っ……うぅ……姉ちゃん……』

美波『あっ……ごめんね……ごめんね……』ポロポロ

弟『うん……』

美波『痛かったよね?弟君……ごめんね……こんなダメなお姉ちゃんで……』ギュー

弟『……』



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 21:55:26.50 ID:siZzaAKF0
P「アイドル活動のストレスを表面では微塵も感じさせない美波」

P「そのストレスの捌け口になるのって興奮しませんか」

ちひろ「大分特殊な性癖ですね」

P「いや、世の中の男性の3割は美波にこういう事されたいと思ってますよ」

ちひろ「なんかそういうデータあるんですか?」

P「あ?ねぇよ、そんなもん」

ちひろ「……で、そろそろ切り上げて」

P「あったよ!妄想が!」

ちひろ「ちくしょう!よりによって妄想が美波ちゃんだから!」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 22:13:13.72 ID:siZzaAKF0
弟好きなミナミィ



弟(部活の試合……緊張するなぁ)

弟友『おい、あれお前の姉ちゃんじゃね?』

弟『え?』

美波『L・O・V・E・お・とう・と!』

弟(な、何でチアコスで!アイドルが勝手にあんなことしていいのかよっ!)

―試合中―

美波『チャンスよおとうとくーん!!あ!決まった!!』

美波『キャー!!弟君すごい!!!かっこいいよー!!』ピョンピョン

美波『見ました?あれ私の弟なんですよー』テヘヘ

弟(しゅ、集中力が……)

―試合後―

美波『お疲れさま!弟君かっこよかったよ!』

弟友(うわぁ……やっぱり綺麗だなぁ……)

弟『あのな!!姉ちゃんのせいで試合に集中が』

弟友『ま、まあいいじゃん、勝ったんだし』

美波『あ、弟君のお友達?いつもお世話になってます』

美波『ちょっと抜けてるところあるけどこれからも仲良くしてあげてね』

弟友『は、はいっ!喜んでっ!』

弟『恥ずかしいからマジでやめて』

美波『なんで恥ずかしいのかな?』ツンツン

弟『姉ちゃんの存在がだよ……』

弟友(こいつ羨ましすぎる……)
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 22:20:45.27 ID:siZzaAKF0
P「羨ましすぎる……」

ちひろ「弟さんの友達に自己投影するのはやめてください」

P「どうあがいても弟にはなれないからせめて弟の友達で」グスッ

ちひろ「流石に哀れになってきました……」

P「俺も、美波の弟だったら幸せに生きていけたんですかね……?」

ちひろ「美波ちゃんの弟以外不幸みたいな言い回しですね」

P「否定も肯定もしません」

ちひろ「否定してください」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 22:40:58.07 ID:siZzaAKF0
やみなみ



美波『ねえ、どうして私が作ったお弁当の中に知らないおかずの欠片があるのかな?』

弟『と、友達とおかず交換しただけだよ』

美波『友達?友達って?男の子?女の子?』

弟『……おt』

美波『女の子でしょ?』

弟『……だったら何?』

美波『いつも言ってるよね、お姉ちゃんの作ったお弁当以外食べちゃダメだって』

弟『そんなんじゃ一人暮らしできないじゃん……』

美波『一人暮らし?ずっとお姉ちゃんがついてくから心配しないで』

弟『ははっ、冗談でしょ……』

美波『弟君が生まれた頃からずっと一緒にいる私が一番弟君の事を知ってるから』

美波『学校が同じだけの同級生よりもずっとずっと弟君の事を分かってあげられるから』ニコッ

弟『……』ビクッ

美波『だからお姉ちゃんの言うことをちゃんと聞いてね?約束だよ?』

弟『うん……わかったよ』

美波『分かってくれたなら良いの。最近弟君の事が心配で……』
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 22:45:04.88 ID:siZzaAKF0
ちひろ「どこかで聞いたことあるシチュエーションですね」

P「美波にこれだけ愛されるなら他に何もいらないですけどね」

ちひろ「弟設定忘れてませんか?」

P「これは弟だからいいんですよ?」

ちひろ「頭がどうかしてやがりますね」

P「ははは、守銭奴よりは人間味があるかと」

ちひろ「……」ニコッ

P「ごめんなさい、申し訳ありませんでした」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 22:56:08.91 ID:siZzaAKF0
ちひろ「で、妄想は終わりですか?」

P「え?まだありますよ?」

P「優秀な姉と比較されて弟がコンプレックスを抱いてるのを知って何か出来ないか悩むミナミィだったり」

P「弟が反抗期で距離置かれてちょっと寂しいミナミィだったり」

P「おはようのチューしたりお風呂に乱入したりするかなりエッチなミナミィだったり」

P「ホラー映画一緒に見て夜布団に入ってくるミナミィだったり」

ちひろ「もういいです、本当に。ありがとうございました。」

P「ああん、いけずぅ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 23:00:20.33 ID:siZzaAKF0
―後日―

P「響子の弟になりたい」

ちひろ「死んで転生ワンチャン狙うか世界救って来世に期待してください」



終わりよ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 23:48:47.17 ID:F/SPsrqHo
とりあえず一つずつお試し良いですか?

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク