モバP「まったりまったり」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 19:40:30.09 ID:nZ+uZHiAO
P「かんぱーい」

早苗「かんぱーい!」

友紀「いえーっ!」

早苗「ぐっ……ぐっ……ふはーっ」

友紀「くはーっ! このために生きてる気がするよ!」

P「安っぽいなお前の人生」

友紀「やかましい!」

早苗「はいはいケンカしないの。で、串盛り頼むけど他に何かいる?」

P「白子の天ぷら」

友紀「枝豆! 冷や奴!」

P「チョイスがもう……」

友紀「低カロリーかつお酒のお供として優秀。アイドルにはこれ以上ない布陣だと思うけど、なんか文句ある!?」

P「よく咄嗟にそれだけ言い訳並べられたな。友紀にしては上出来だ」

友紀「うがーッ! 早苗さーん! プロデューサーがイジメるー!」

早苗「あんまり友紀ちゃんイジメたらシメるわよ?」

P「さーせん」




3人がだらだら話すだけです。
まったりいきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396435230
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 19:54:01.84 ID:nZ+uZHiAO
P「じゃあまず今日の反省会始めまーす。まず姫川」

友紀「名字呼びやめて。んー、特に問題は起こさなかったっしょ?」

P「キャッツが好調な時は基本的に優秀だもんなお前」

友紀「えへへー。誉めるがいい!」

P「でも味の評価を打順で表すのはやめろ。伝わりにくいわ」

早苗「なにそれ?」

P「ん? ほい友紀、このビールの感想を言ってみろ」

友紀「へ? うーん、あたしジラフ派だからなー。ユウヒだし8番って感じかな」

早苗「……つまり?」

P「あまり多くは求めないって事か?」

友紀「正解!」

早苗「わかんない! これは無理!」

P「だろ? 料理番組でこんなん言われても視聴者も困るわ」

友紀「そう?」

早苗「P君ももうちょい仕事選びなさいよ……」

P「そうする」
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 20:07:41.83 ID:nZ+uZHiAO
P「じゃあ次早苗さん」

早苗「あたしは特に無いんじゃない? 写真集の撮影だけだったし」

P「スタッフからの苦情が1件」

早苗「……マジ?」

P「酒くせぇ」

早苗「ぎくっ」

友紀「ほえ? 昨日は早めに切り上げたじゃん」

P「大方楓さんや志乃さん辺りと朝方まで飲んでたんじゃないの?」

早苗「ぎくぎくっ」

友紀「ずる! あたしも呼んでよ!」

P「ちょっと姫川黙ってろ。あのね、飲むなとは言わないよ? でもね? 翌日まで残るほどは飲むな」

早苗「いやー。楓ちゃんの持ってきた日本酒が思いの外美味しくてねー。つい、ね」

友紀「いいなー」

P「腹弛みますよそのうごふっ!?」

早苗「なんか言った?」

P「ちきしょう……。その手の早さを男捕まえるのに応用すればいいの冗談ですごめんなさいっ!」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 20:18:13.73 ID:nZ+uZHiAO
友紀「きたきた♪ やっぱビールには枝豆だよね!」

早苗「あたしは串かなー。シソ巻きがあれば3杯はいける」

P「おーいて。口の中切ったらどうすんすか」

友紀「あむ。いみゃのはプロデューサーがわるいよ」

早苗「次言ったらオトすからね。いろんな意味で」

P「洒落にならんからやめて下さい。あ、そうだ。友紀」

友紀「ふえ?」

P「今度のスポーツ祭なんだけど、野球も組み込まれててな。うちの事務所からは3人出せるんだが」

友紀「はいはい! あたし出る! どのポジションでも文句言わないから!」

P「分かってるって。1人は友紀で確定として、あと2人誰出そうかなーと。あ、ちなみに友紀はピッチャー禁止な」

友紀「なんで!?」

P「パワーバランスが崩れるどころじゃないから」
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 20:35:35.44 ID:nZ+uZHiAO
P「誰かいる? 急拵えで野球出来そうなアイドル」

早苗「ここに」

P「翌日サロンハスの匂いが事務所に充満しそうなんで却下」

早苗「ぐう。言い返せないこの腹立たしさ……!」

友紀「んー。年齢制限は?」

P「特に無し。打って投げれたらそれでいい」

友紀「じゃあ櫂ちゃん」

P「理由は?」

友紀「ほら、水泳にクロールあるでしょ? あれ割と投球フォームに似てるからすぐに育つと思うよ」

P「ほうほう」

早苗「あ、店員さん。生中追加ね」

友紀「2つー!」

P「で、あと1人は?」

友紀「えー? バットの扱いに慣れた拓海ちゃんか、スタミナに優れた茜ちゃん。きらりちゃんも捨てがたいし……」

P「パッションばっか」

友紀「仕方なくない?」

P「まあな」
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 20:50:45.31 ID:nZ+uZHiAO
早苗「あえての蘭子ちゃん」

P「途中退場待ったなしなんですがそれは」

友紀「テレビ的には盛り上がるかもね」

早苗「くくく。我が手中より放たれし魔の螺旋を描く白鳳をその身に承けるが善い!」

友紀「副音声お願い」

P「ストレートいきますよー」

早苗「正解! かもしれない」

友紀「可愛いなぁ蘭子ちゃん」

P「テロップ出さなきゃ伝わんないけどな」

早苗「蘭子ちゃんのファンなら伝わるでしょ?」

P「案外副音声無しだと分からないみたいですよ。ノリと雰囲気である程度は伝わるみたいだけど」

友紀「ある程度でも凄いけどね」

P「お前が言えた立場か」

友紀「うっさいなー。いいじゃん、あたしのファンならわかってくれるよ」

早苗「蘭子ちゃんにしろ友紀ちゃんにしろ、言ってる事が伝わるP君も凄いけどね」

P「さすがに慣れた」
9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 21:16:02.82 ID:oqJfyGeo0
Pはいろんな言葉話せるからな!

人語とか犬語とかロボ語とか
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 21:12:16.17 ID:nZ+uZHiAO
友紀「まあ他には超人的なオーラ出てるのあさんとか、運動神経良さげな渚ちゃんとかかな。ガチで野球やらすなら」

P「了解。とりあえずそのメンバーから選んでみるよ。ありがとな」

友紀「えへへー」

早苗「にしても改めてバリエーションに富んだ事務所よねー、うちって」

P「早苗さんから見て優秀な警察官になれそうな人材もいるんじゃないですか?」

早苗「警部としてはあいちゃん。まる暴なら有香ちゃん。鑑識にはまゆちゃん。サイバーポリスにマキノちゃん。尋問役は清良ちゃんか新人の時子ちゃんってとこね」

P「考えた事あったな」

早苗「妄想もなかなか楽しいわよ?」

P「日菜子みたいにはならないで下さいよ」

早苗「あのレベルにはちょっと届きそうにないかなー……」
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 21:27:25.65 ID:nZ+uZHiAO
友紀「そういや楽屋とかでたまに日菜子ちゃん真顔になる時あるよね。1分くらい」

P「ああ、常識人モードの日菜子か」

早苗「普段が常識人じゃないみたいに言わないの」

P「横にいるだけでむふふ言われ続ける身にもなって下さい」

友紀「ギャップなのかわかんないけど、あの状態の日菜子ちゃん凄く大人びてるよね」

早苗「確かに15歳には見えないわよね。出るとこ出てるし」

P「服のセンスも何気に高いんだよなあいつ。あのむふ顔さえどうにかなれば……」

早苗「むふ顔て」

友紀「それが日菜子ちゃんのいいとこじゃん?」

P「まあな。あ、服で思い出した。君ら今すぐ正座」

友紀「なんでよ!」

早苗「あたしは問題ないでしょ!」

P「2人とも問題だらけなんだよ!」
13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 22:27:58.65 ID:nZ+uZHiAO
P「まず姫川」

友紀「だから名字呼びやめて。地味に傷付くんだけど」

P「お前なんでいつも薄着なの? 割と凶悪ボディなの自覚してる?」

早苗「お? セクハラか?」

P「待って。真面目な話だから許して」

友紀「そう? でもあんまり重ね着したら動きにくいんだよねー」

P「少しは羞恥心を養え。いい年頃なんだから」

早苗「まー友紀ちゃんって実際危ないわよねー。痴漢受けやすいタイプだとは思うわ」

P「通勤までは面倒見れないけど、結構心配してるんだぞ? 電車はちゃんと女性車両乗ってるんだろな?」

友紀「……毎回じゃあないけど」

P「おい」

早苗「まあ友紀ちゃんなら大丈夫よ」

友紀「へ?」

早苗「ツブすだけの握力はあるはずだから」

P「……何を?」

早苗「ナニを」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 22:36:45.07 ID:nZ+uZHiAO
友紀「……?」

P「どっちがセクハラか分からなくなったんだけど」

早苗「お酒の席でこの手の話は普通でしょ? どーせ友紀ちゃんには伝わんないし」

P「純粋無垢だもんなぁ……」

友紀「なにが?」

P「気にすんな。ともかく、もう少しは恰好にも気を配れ。分かったな」

友紀「ぶーっ。わかりましたよーだ」

P「じゃあ次は早苗さん」

早苗「遺言くらいは聞いてあげる」

P「……いつまでバブル期引きずるんであたたたたッ!」

早苗「悪かったわね! あたしらの世代じゃこれがモテたのよ!」

P「ただでさえ今頃ボディコン着てる人なんて珍しいのに紫ってもう弁明のしようがいたいいたいっ!」

早苗「これがあたしの個性だ! 悪いか!」

P「アイドルなんだから流行には敏感になって下さい!」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 22:52:13.47 ID:nZ+uZHiAO
P「いつか絶対仕返ししてやる……」

早苗「やれるもんならやってみなさい。あ、店員さん。くろきり1つお願いねー」

友紀「生中!」

P「梅酒ロックで。あと煮付けも」

早苗「また甘ったるいものを」

P「魚の煮付けと梅酒の相性の良さを知らないとは人生損してますよ」

友紀「あたし南高梅酒派」

P「奇遇だな。俺もだ」

早苗「緑茶梅酒ってのが気になった事があったわね」

P「意外と美味しいですよ?」

早苗「梅酒はうめー。てか」

P「…………」

友紀「…………」

早苗「ごめん。忘れて」

P「ちょっとそれで笑うにはアルコールが足りないかなー……」

友紀「楓さんいたら笑ってくれてたと思うよ?」

早苗「友紀ちゃん、こーゆー時の気遣いは逆に悲しくなるからやめて」
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:11:45.19 ID:nZ+uZHiAO
P「そういや早苗さんに相談が」

早苗「なに?」

P「愛海が最近暴走がちなんですよね。助けて」

早苗「清良ちゃんがお説教してくれてるんじゃないの?」

P「それで止まるようなヤワな奴だと思いますか?」

友紀「あれはもう個性だと割り切るしかないよ、うん」

早苗「あたしに向かってきた時は亀甲縛りにして清良ちゃんに引き渡したけどね」

P「なんかあったら連帯責任とか言ってんだよなぁ……」

早苗「大丈夫よ」

P「へ?」

早苗「その場合の粛正はあたしがやったげるから」

P「……俺も?」

早苗「もち」

友紀「ごしゅーしょー」

P「やだし。愛海盾にして逃げるし」

早苗「逃がすと思う? 検挙率100パーのあたしが」

P「……恋人の検挙率もそれくらいあればあだだだだだ!?」

友紀「よく言ったね、それ」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:26:49.76 ID:nZ+uZHiAO
早苗「他になんか問題あったりする?」

P「大した事じゃないけど、相変わらず小梅の撮影で変な影が映るんですよね」

友紀「あの子じゃないの?」

P「かもな」

早苗「普通に言ってるけど割と大した事よ、それ」

P「いやもう慣れましたからね。あ、梅酒おかわり」

友紀「じゃああたしも!」

早苗「面倒くさいしピッチャーで頼んだら?」

P「そうしましょうか」

友紀「あたしの出番!?」

P「違う」

早苗「でも確かに小梅ちゃんのおかげで心霊騒ぎには慣れたかも」

友紀「あ。じゃあさ! 怪談話しない?」

P「約200人を1人でプロデュース」

友紀「確かに怖いけど」

早苗「大台まであと365日とちょっと」

友紀「ごめん。あたしが悪かったです」
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:44:52.53 ID:nZ+uZHiAO
早苗「真面目な話だけどさ」

P「はい?」

友紀「んぐっ……。ふい?」

早苗「あなた達好きな人いるの?」

友紀「ごほっ! え!?」

P「なんて答えても波紋呼びそうなんでノーコメントで」

早苗「いーじゃない酒の席くらい無礼講で。誰にも言わないから、ね?」

P「それ聞くならまずは言い出しっぺからお願いします」

友紀「そ、そーだそーだ!」

早苗「P君」

P「……はい?」

友紀「だ、だめ!」

早苗「……かも」

P「かもってなんですかかもって」

早苗「仕方ないじゃない。最近近くにいる男性がP君しかいないんだから。友人愛か異性愛か勘違いしちゃうわよ」

P「あー……。そういう」

早苗「友紀ちゃんはもういいわよ。分かったから」

P「へ?」

友紀「……いじわる」
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 00:13:00.94 ID:/KC/PAZAO
早苗「で、P君は?」

友紀「…………」

P「仕事が恋人です」

早苗「へー……」

友紀「へー……」

P「悪かったな! こちとら恋愛する暇も無いくらいに忙しいんだよ!」

早苗「じゃあさ、理想のタイプはどんなんなわけ?」

P「えらいグイグイきますね今日は……」

早苗「気になってたからね。ほら、お姉さんに言ってみなさい」

友紀「言いなさい!」

P「お前ら酔ってるな? あー……、そうだな。やっぱり気遣いの出来る人かなぁ」

友紀「ほう」

早苗「詳しく」

P「例えば疲れてる時にお疲れ様って労いの言葉言ってくれたり、負担を一緒に背負ってくれたり」

早苗「だって」

友紀「だってて言われても……」

P「まあ得てしてそんな感じでしょ。好きになる人って」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 11:12:59.33 ID:/KC/PAZAO
早苗「でもその話聞く限りだとちひろちゃ」

P「それは無い」

友紀「即答だね」

P「だってちひろさんだぞ? お疲れ様です! 疲れたならスタドリいかがですか? 増税しても変わらず100mcですよ! とか言って人の財布狙ってるちひろさんだぞ?」

友紀「まあまあ」

早苗「ちひろちゃんも悪気がある訳じゃないんだし」

P「まあ差し入れもちょくちょく貰ってますし何かと助けてくれますから感謝はしてますよ。ただそういう目では見えないカナー……」

早苗「ちひろちゃんに言ってやろ」

P「嘘やだやめて。レアメダルにはなりたくない」

友紀「でも内面的な好みはわかったけどさー、外見的な好みってなんかあるの?」

早苗「胸なら自信あるわよ」

P「それは判断基準に入ってないな」

早苗「ちっ」
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 11:37:33.03 ID:/KC/PAZAO
P「容姿の好みなぁ……。あ、髪は長い方が好きかも」

友紀「……!」

早苗「ああー」

P「単純にポニテが好きなだけなんですけどね。ポニテ万歳!」

早苗「相変わらずポニテ好きよね」

P「言いましたっけ?」

早苗「酔っ払ったらよく言ってるわよ」

P「マジか。なんか恥ずかしいな」

早苗「今更ね。ポニテといえば智香ちゃんとか渚ちゃんよね」

P「菜々さんも似合ってますよ。うちは髪長い子多いからわっほいわっほい」

早苗「変態め」

P「誉め言葉です。早苗さんは鎖骨フェチでしたっけ?」

早苗「はだけたTシャツから覗かせる鎖骨。ここにこいよ。抱き締めてあげる。うはっ!」

P「変態め」

早苗「淑女の嗜みよ」

友紀「み、見て見て!」

P「ん? ごふっ」

友紀「どう? 似合ってるかな?」
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 11:49:00.61 ID:/KC/PAZAO
P「前々から友紀はポニテ似合うと思ってたがここまでの破壊力とは……!」

友紀「えへへー。そう?」

早苗「友紀ちゃん、その髪型のまま今すぐトレーニングウェアに着替えて汗かいてきなさい」

友紀「なんで?」

P「やめて。俺の理性のライフはゼロよ!」

早苗「スパッツでも喜ぶわよP君」

P「俺そこまで性癖暴露してんの!? やだ恥ずかしい!」

友紀「今度してあげよっか?」

P「お願いします」

早苗「もちろんあたしとの合同トレの時にね」

P「生殺しじゃないっすか……」

早苗「人生を踏み外さないようにしてあげるだけよ。友紀ちゃんは好きなシチュエーションとかある?」

友紀「あたし? あたしはねー……。んんー?」

P「お子ちゃまにはまだ早いだろ」

友紀「失礼なっ!」
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:04:19.41 ID:/KC/PAZAO
友紀「そうだなー……。何気ない会話しながらキャッチボールするのも楽しそうだし、部屋で寄り添って野球観戦するのもいいかも」

P「普通」

早苗「普通」

友紀「いいじゃん普通で!」

P「もっとこう。バットで叩かれるのが好」

早苗「P君」

P「ごめんなさいなんでもないです」

早苗「でも友紀ちゃんがえむっ気ありそうなのは同意するわ」

P「ですよねー」

友紀「そ、そんな事ないし!」

早苗「いいじゃない。そこのなんかどえむなんだから」

P「失礼な」

友紀「…………」

P「無言で距離取るな。泣くぞこら」

早苗「マネージャーに転職して頭文字Mにしたら?」

P「お断りします」

早苗「ちなみにあたしは普段えすだけど好きな人の前だとえむよ」

友紀「早苗さんは確かにそんな感じする」
27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:23:50.07 ID:/KC/PAZAO
P「うちの事務所で最優秀えむとえすって誰ですかね」

早苗「えむはありすちゃん。えすは亜里沙ちゃん」

P「迷いがないな。分かる気もするけど」

早苗「ありすちゃんは我が強いようで言いなりタイプだもん」

友紀「先生は?」

早苗「言わずもがな」

P「俺も亜里沙さんと清良さんには逆らえないわ……」

友紀「最優秀えす賞は時子ちゃんだと思ったんだけどなー」

早苗「案外あの手のタイプは惚れたらコロッとなると思うのよねー」

P「分かる。た、叩かれたいですって? 何を馬鹿な事言ってる豚なのかしら! ……好きな人を叩ける訳、ないじゃない」

友紀「確かに可愛いけど、プロデューサー物真似上手すぎてちょっと引く」

早苗「変な才能多すぎ」

P「悪かったなちくしょう」
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:34:12.08 ID:/KC/PAZAO
P「そういやありすで思い出したんですけど、イチゴパスタ覚えてる?」

友紀「あたしが言えた立場じゃないかもだけど、あれはインパクトあったから……」

早苗「忘れる方が無理」

P「あれをこの前巴が食べてたんですよね」

早苗「うそ!?」

友紀「なんで止めないの!」

P「だってめっちゃ目をきらきらさせながら食べてたんだぜ? どう制止しろって言うんだよ」

早苗「……で?」

P「美味しかったそうです」

友紀「うぷ……。聞いただけで胃が……」

早苗「いや、待ちなさい友紀ちゃん。食わず嫌いじゃ本質は見えないわよ」

友紀「えー……?」

早苗「店員さーん。イチゴパフェとパスタ1つずつお願い! あ、パスタは麺を茹でただけでいいから」

P「やめろ! 店員さん困ってるだろ!」
29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:45:15.68 ID:/KC/PAZAO
友紀「……きたね」

早苗「……きたわね」

P「あんな我が儘に対応出来るこの店の優秀さが腹立たしい」

早苗「さあ、誰がいく?」

P「言い出しっぺが」

友紀「どうぞどうぞ」

早苗「それじゃあつまんないわよー。罰ゲームでこれを食べる事にしましょ」

P「何する気?」

早苗「簡単にしりとりでいいんじゃない?」

友紀「縛り無し?」

早苗「いや、アイドルしりとり。うちの事務所限定で」

P「また面倒くさい事を」

早苗「あ、名字ありでも名前だけでもいいから。んじゃ、まずは片桐早苗からで」

友紀「海老原菜帆ちゃん」

P「本田未央」

早苗「緒方智絵里ちゃん」

友紀「り……。危な、あの子アウト枠だった。莉嘉ちゃん」

P「加奈」

早苗「夏樹ちゃん」
30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:55:04.02 ID:/KC/PAZAO
早苗「小春ちゃん」

友紀「る!? あ、留美さん!」

P「美嘉」

早苗「アウト」

友紀「アウトー!」

P「嘘や!」

早苗「さっきあたしが言ったし」

友紀「んっふっふー。諦めて餌食になりなさい!」

P「酔っ払ってるとはいえ友紀に負けるなんて……」

友紀「どーゆー意味さ!」

早苗「じゃあ……混ぜるわよ」

P「お、おう……」

友紀「うわ……。このぐちゃぐちゃって音だけであたし無理……」

P「個室で良かったよ。他の客から苦情きてもおかしくないぞこの惨劇」

早苗「……出来たわよ。はい、P君」

P「もう二度と食うまいと思ってたのに……」

友紀「男らしく覚悟決めちゃいなよ。ほら、あたしがあーんしたげるから。あーん」

P「う……。あー……ん」
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 13:02:44.61 ID:/KC/PAZAO
P「…………」

早苗「ど、どう?」

友紀「いける?」

P「…………」

早苗「そんな無言で首振られても」

P「……んぐっ。あかん、梅酒飲んでた事を初めて後悔した」

友紀「甘味のツーランだもんね」

P「相性悪いとかそんなレベルじゃねーぞこれ。もはや兵器」

友紀「負けなくてよかった……」

早苗「うん。なんかごめん」

P「あかん、あかん。ちょっとお手洗い行ってくる」

友紀「い、行ってらっしゃーい」

早苗「いってらー。さてと、どうすっかなこれ」

友紀「責任持ってお願いします」

早苗「……友紀ちゃん。何か見落としてるとは思わない?」

友紀「へ?」

早苗「このフォーク、一体誰の口に含まれたでしょう?」

友紀「へ、変態だ! 早苗さん変態だ!」

早苗「失礼ね」
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 13:17:21.37 ID:/KC/PAZAO
早苗「仮に今このフォークをぺろぺろしてもP君にはバレない。あたしは誰かにそれを言うつもりはまったくない」

友紀「……しないし! あたし変態じゃないもん!」

早苗「そう? でもパスタを食べるのにはこのフォークを使うしかない。不可抗力……よね?」

友紀「へ……?」

早苗「なんならあたしが食べよっかなー。フォーク口に含んだまま味わって」

友紀「あ、あうう……。だめ! それはだめ!」

早苗「じゃあP君に全部これを食べらせる? 一口でエチケットタイム入るくらいなのに、全部食べたらどうなるかしらー」

友紀「ううー……」

早苗「P君は律儀だからねー。お酒も料理も全部残さず食べないと帰らないもんねー」

友紀「う、うん……」

早苗「P君を助けると思って……ね?」

友紀「うん……」
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 13:25:49.55 ID:/KC/PAZAO
早苗(ほんとにちょろいわねこの子)

友紀「仕方ない……よね。プロデューサーのためだもん、ね」

早苗「そうそう。さあ、パクッとイっちゃいなさい」

友紀「う、ううー……。い、いただきまーす……。あむ」

早苗「……どう?」

友紀「…………」

早苗「……友紀ちゃん?」

友紀「…………」

早苗「おーい?」

友紀「…………」

早苗「プロデューサー大好きな友紀ちゃーん?」

友紀「…………」

P「ふう。すまんすまん。お待たせ」

早苗「あ」

P「ん? なんだ、次は友紀が食べてんのか」

友紀「…………」

P「友紀?」

友紀「あうう」

早苗「友紀ちゃん!?」

P「どうした!? 倒れ込むほどマズかったか!?」
35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 13:37:46.96 ID:/KC/PAZAO
……………
 ………
  …

P「じゃあ後はお願いします」

早苗「はいはい。お姉さんに任せなさい」

友紀「ぷろでゅーさー……」

早苗「ほら、タクシー来たわよ。ちょっとだけ歩こうねー」

友紀「ふぁーい……」

P「ここまで酒弱かったかな、こいつ」

早苗「ごめん。確実にあたしのせいだから責めないであげて」

P「へ?」

早苗「なんでもないわ。じゃあP君、また明日ね」

P「あ、はい。また飲みましょうね」

友紀「ばいばーい……」

P「おう。おやすみ」

早苗「CGプロの女子寮までお願い。じゃ、おやすみー」

P「はい。おやすみなさい」



早苗「……ふう」

友紀「んん……」

早苗「ここまで純情とはねー。ふふふ」

友紀「くぅ……」

早苗「……次も楽しませてもらうからね、友紀ちゃん」



おわりん
37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 13:59:40.46 ID:pmYws5AXo
乙女ユッキかわいい
39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 01:06:08.11 ID:0TQwJ2O90
乙女ユッキ可愛すぎて溶ける

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク