鎮守府学園高校〜瑞鶴編〜

1: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:42:30.36 ID:SOVk8UL60
その名の通りの瑞鶴ssです。
今回の話とは関係ないですが、一応過去作の一部↓

磯風「くっ、殺せ!」 提督「ふへへ...」


提督「風雲」




SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1461156150
2: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:43:42.53 ID:SOVk8UL60
瑞鶴「あ、おはよー」

提督「おはよう瑞鶴」

瑞鶴「今日寒くない!?私今日も半袖で来ちゃったー」

提督「天気予報見とけよー、今日から一気に秋模様だぞ?」

瑞鶴「朝はそんな時間ないの!」

提督「...早く起きればいいんじゃ?」

瑞鶴「」イラッ

瑞鶴「...そんなに早起きが得意なら、寝癖ぐらい直してきなさいよっ」ペシッ

提督「いたっ」

3: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:44:53.97 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜〜

鈴谷「おっはよー、今日もお2人は仲良しさんだねぇ〜」

瑞鶴「ち、違うわよっ!」

提督「たまたま途中で会っただけだって」

鈴谷「ふぅーん......私はてっきり朝帰りかと...」

瑞鶴「そんなわけないじゃない!!!」

鈴谷「どうどう、怒らない怒らないっ」

瑞鶴「もうっ、鈴谷が変な事言うからじゃない」

鈴谷「だってな 仲良さそーに入ってくるんだもん、ちょっかいも出したくなるって!」

瑞鶴「そーかしら...」

提督「瑞鶴がガンガン話をしてくるから、うなずいてるだけな気もするけど?」

瑞鶴「なによそれっ、まるで私だけが話してるみたいじゃない!」

提督「え、違うの?」

鈴谷「はいはい、夫婦漫才はお腹いっぱいですよーって、みんなも言ってるよー」

ガヤガヤザワザワ......

瑞鶴「っ〜〜///」

提督「あーあー......」

4: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:45:48.50 ID:SOVk8UL60

キーンコーンカーンコーン



提督「瑞鶴ー、数学の宿題見せてー」

瑞鶴「またー?最近だらけすぎじゃない?」

提督「...ちょっとやることがあって睡眠削ってるんだよ」

瑞鶴「いや、宿題はやりなさいよ」

提督「それはそうなんだけど......」

瑞鶴「......もう...仕方ないわね」スッ

提督「!ありがとう!...瑞鶴大明神だな」

瑞鶴「やめてよその呼び方...なんかやたら神々しいじゃい...」

瑞鶴「あ、お礼はまたなんか帰りにおごってくれたらいいからっ」

提督「ぐぬぬ.........」

5: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:46:56.21 ID:SOVk8UL60
〜〜放課後〜〜


瑞鶴「ほら、早く帰ろっ」

提督「元気だな...瑞鶴は......」

瑞鶴「なに買ってもらおうかなーっ」

提督「あんまり高いものはやめてくれよ...最近カツカツなんだよ...」

瑞鶴「あれ、そうなの?前は“お金使うあてがないー”とか言ってたのに」

提督「え、あー、まぁな...」

瑞鶴「ふぅーん......」

提督「ほら、どこ寄ってくんだ?」

瑞鶴「あ、ここここ!」

提督「またコンビニスイーツかか」

瑞鶴「自分で買う程じゃないけど、食べたくなるじゃない?」

提督「はいはい」

6: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:48:11.40 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜


提督「悩むのもいつものことだな」

瑞鶴「仕方ないじゃない、どれも美味しそうなんだもの!」

提督「それで、モンブランにするの?それともロールケーキ?」

瑞鶴「うーん......」

提督「......両方買って、半分こするか?」

瑞鶴「いいね! ナイスアイディア!!」

提督「じゃあ、買ってくるぞー」

瑞鶴「ありがとうございますーー」


〜〜〜〜

瑞鶴「んんー!やっぱりモンブラン美味しいーっ!」

提督「上の栗はあげるよ」

瑞鶴「ホント!?サーンキュっ!!」

提督「まぁ、一応宿題見せてもらったお礼だしな」

瑞鶴「なら遠慮なくっ! ホント、提督さんは積極性があればすぐ彼女出来ると思うんだけどねー」パクッ

提督「積極性ねぇ......別に、今はそこまで強く彼女欲しい、とか思ってないし...」

瑞鶴「......なんかムカつく」

提督「なんでだよ...」

瑞鶴「なんかちょっと、上から目線...?」

提督「えぇ...」

7: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:49:26.52 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜

提督「じゃあ、また明日だな」

瑞鶴「もうこんなに暗くなってるね」

提督「秋の日はなんとやらってやつだな」

瑞鶴「はいはい、じゃあまた明日ー!」

提督「じゃあなー」

提督「......あと1週間か」ボソッ

8: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:50:51.35 ID:SOVk8UL60
〜〜翌日〜〜

鈴谷「ちぃーす、瑞鶴」

瑞鶴「あー、鈴谷、おはよー」

鈴谷「あれ、今日は提督と一緒じゃないの??」ニヤニヤ

瑞鶴「い、いつも一緒な訳じゃないし!!」

鈴谷「あー、そうだったねー、“ほとんど”一緒だったね!」

瑞鶴「もうっ!!」

鈴谷「まぁまぁ、怒らないの」ニヤ

瑞鶴「......で、朝から何の用よ」

鈴谷「あ、えっとね...提督ってさー、今誰とも付き合ってない......よね?」

瑞鶴「えっ.........う、うん...そのはず...」

鈴谷「瑞鶴とは付き合ってる訳じゃないんだよね.........?」

瑞鶴「も、もちろんよ!!」

鈴谷「ふぅーーん......」

瑞鶴「......なによ」

鈴谷「ホントに付き合ってないのね...?」

瑞鶴「そうよ!!」

鈴谷「......ならいいけど」

瑞鶴「...何か言いたそうね」

鈴谷「......ううん、それが分かればいいやー、じゃねーっ」

瑞鶴「......なんなのよ」

9: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:52:08.14 ID:SOVk8UL60
〜〜放課後〜〜


瑞鶴「......いない」

瑞鶴「......もう帰ったのかな」

瑞鶴「......教室も見てみよう」スッ

熊野「瑞鶴さん?」

瑞鶴「うわっ!びっくりした...熊野かぁ......」

熊野「熊野かぁとは失礼ですわ!なにかお困りのようでしたから声をかけましたのに...」

瑞鶴「ごめんごめん、まさかすぐ後ろにいるなんて思わなかったからさ...」

熊野「そういうことにしておいて差し上げますわ......それで、誰かをお探しで?」

瑞鶴「あぁ、そうだった、熊野は提督見かけなかった?」

熊野「提督でしたら、先ほど鈴谷と一緒に帰っていくのを見ましたわ」

瑞鶴「鈴谷と!?」

熊野「はい、楽しそうにお話ししてましたわ」

瑞鶴「......」

瑞鶴(鈴谷と...2人で.........)

熊野「どうかなさいましたか、瑞鶴さん?」

瑞鶴「う、ううん、何でもないっ。じゃあ私ももう帰るね!」

熊野「あら、ではごきげんよう」

熊野「...返事もなさらず走って行ってしまわれましたわ」
10: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:53:11.15 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜〜

瑞鶴(ふーん......)

瑞鶴(鈴谷と2人かぁ......)

瑞鶴「まぁいっか、私もかーえろっと!」

瑞鶴(きっと何か用事があったりしたのよ)



鈴谷『誰とも付き合ってないよね...?』



瑞鶴(......たまたま...だよね?)
11: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:56:20.49 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜〜〜


キーンコーンカーンコーン


瑞鶴(お昼かぁ......)

瑞鶴(そうだ、昨日の帰りのこと、提督さんに聞いてみよっと)スッ

瑞鶴「提督s...」

鈴谷「提督ー、お昼一緒に食べよー!」

提督「いいよー」

瑞鶴「......」コソッ

瑞鶴(なに隠れてるのよ私っ!別に3人で食べてもいいじゃない!)



提督「......?」ジャネ?

鈴谷「.........!!」ウケルー!



瑞鶴(提督さん...楽しそうに笑ってる......)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キーンコーンカーンコーン...


瑞鶴(もう提督さんがいない......)

瑞鶴(まさか......?)

瑞鶴「熊野ー、鈴谷見たー?」

熊野「鈴谷でしたら、先ほど提督と一緒に帰りましたわよ」

瑞鶴「...っ!」

瑞鶴「そ、そっか、ありがとー」ダッダッダッ

熊野「いえ、どういたしまして!」

熊野「......今日は怒って行ってしまいましたわ」

熊野「わたくし、何か気に障るようなこと言いましたかしら?」

熊野「...いえ、むしろ...もしかして......?」
12: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 21:57:23.76 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜



瑞鶴「なんか気に入らないっ!」

瑞鶴(別に誰と帰っても、ご飯を食べてもいいんだけどさ!!)

瑞鶴(私がどうこう言える立場でもないし......)

瑞鶴「別に......付き合ってる訳じゃない...し......」

13: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:00:11.06 ID:SOVk8UL60
〜すれ違ったまま1週間〜


瑞鶴「.........」

提督「あ、瑞鶴おはよー」

瑞鶴「っ!」

瑞鶴「お、おはよう......」

提督「?」

提督「...寝不足?なんか元気ないけど...?」

瑞鶴「何でもないわよ...」

提督「ふーん.........あ、翔鶴さんに怒られたとか?」

瑞鶴「......何でもない」

提督「うーん......さては、恋の悩みとか??」

瑞鶴「...何でもないって言ってるじゃない!!!」

提督「!」

瑞鶴「あっ...」

提督「ご、ごめん......」

提督「じ、じゃあ俺、先に行くよ...」タッ

瑞鶴「...............」

瑞鶴「.........はぁ」

瑞鶴(...嫌な女だな...私)
14: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:01:47.82 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜

ー昼ー

提督「あの...瑞k...」

瑞鶴「......」フイッ

瑞鶴「......」タッタッタッ

提督「.........」

〜〜〜〜〜

ー放課後ー


熊野「瑞鶴さんに嫌われた、と?」

提督「心当たりがないけど、なんだか嫌われちゃったみたいで......」

熊野「はぁ......」

提督「そんな深いため息つかないでよ」

熊野「......あなたと言う人は、本当に鈍感でいらっしゃいますのね」

提督「えっ?」
15: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:03:10.54 ID:SOVk8UL60

熊野「はぁ......ため息ばかりついていても仕方ありませんので、わたくしが教えて差し上げますわ」カキカキ

提督「...何書いてるの?」

熊野「提督、こちらをお読みになれます?」スッ

提督「...おんなごごろ?」

熊野「あら、てっきりわたくしは存在を知らないのかと思ってましたわ」

提督「失礼な、俺だってこれくらい知ってるわい」

熊野「......知っていて、それですのね?」

提督「...えっ?」

熊野「......話は変わりますが、最近鈴谷と仲がよろしいようですね?」

提督「え......ま、まぁ、鈴谷がよく話しかけてきてくれるってゆーか...」

熊野「それで、鼻の下を伸ばしてホイホイとついていってらっしゃいますのね?」

提督「いや、別に鼻の下は伸ばしてないけど」

熊野「伸びてますわよ?」

提督「えっ......」

熊野「...まぁ、それは今は置いておいて差し上げますわ」

提督「は、はぁ......」
16: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:05:40.31 ID:SOVk8UL60
熊野「......で、鈴谷のことですけれども」

提督「うん...」

熊野「鈴谷に対して......いえ、単刀直入に申しましょう、鈴谷のことがお好きですか?」

提督「えっ......」

熊野「もちろん、1人の女性、1人の異性として、好意を持っていらっしゃるのかと聞いていますわ」

提督「.........」

熊野「...............」

提督「........................うーん」

熊野「はぁ、もう少し答えやすくして差し上げますわ」

熊野「鈴谷と瑞鶴さん、どちらかを選ばなければいけない状況になりましたら、どちらを選ぶのかと聞いているのですわ」

提督「!」

提督「鈴谷と...瑞鶴.........」

熊野「正解がある問題ではありませんから、あなたの心によーく問いかけてみるといいですわ」

提督「.........わかった、ありがとう」

熊野「お礼を言われる筋合いはありませんわ、わたくしが好きでやったことですし」

提督「でも、ありがとう、熊野。見えてきた気がする」スッ

熊野「どちらへ?」

提督「...俺の大切な人のところへ行ってくる」タッタッタッ

熊野「............ふふっ」

熊野「......面白い殿方ですわ」

17: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:06:55.87 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜

タッタッタッ


提督(瑞鶴...)

提督(多分、傷つけちゃったよな......)

提督(......謝らないと!)

提督(......にしても瑞鶴いないな)

提督(...こっちか...?)


??「あ、提督ー、探してたよー」


提督「!」

提督「鈴谷...」

18: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:08:40.27 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜

ートイレ、手洗い場ー


瑞鶴(......ホント、ダメだ私)

瑞鶴(......うん、クヨクヨしてるのも私らしくないかっ)

瑞鶴(提督には後で謝りにいこっと!)

瑞鶴(教室にもーどろっt...)



鈴谷『提督ー、探してたよー』

提督『鈴谷...』



瑞鶴「!」コソッ

瑞鶴(なんでまた隠れたのよ私!)



鈴谷『提督、ちょっと話があるんだけどさ...』

提督『...どうかしたの?』

鈴谷『あの...さっ』



瑞鶴(なによ鈴谷...珍しくもじもじして......これじゃまるで.........!)



鈴谷『えと...確認なんだけどさ、今、付き合ってる人とかって...いないんだよね......?』

提督『う、うん...』



瑞鶴(............もう見たくない)スッ


タッタッタッ


提督(?)

提督(一瞬しか見えなかったけど...あの後ろ姿は......瑞鶴...?

19: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:10:28.43 ID:SOVk8UL60
〜〜〜〜〜

ー河原ー


瑞鶴(...鈴谷...告白...したよね)

瑞鶴(.........提督、OKするよね...)

瑞鶴(...あんなに楽しそうにしてたし)

瑞鶴(...鈴谷だし)

瑞鶴(............。)

瑞鶴(もう、一緒に学校いったり、帰りにコンビニ寄ったり...)

瑞鶴(楽しく話したりも...できないのかな......)



瑞鶴(............嫌だ)

瑞鶴「......そんなの嫌だよ」

瑞鶴「......提督ぅ」



??「呼んだか?」

瑞鶴「!!」

瑞鶴(なんでいるの!)

20: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:13:21.67 ID:SOVk8UL60


瑞鶴「」ダッ



提督「待って!!!」


瑞鶴「」ピタッ


瑞鶴「なによ、鈴谷と付き合ったっていう報告ならいらないわよ!」

瑞鶴(もう私に構わないで。放っておいて。)

提督「......やっぱり見てたのは瑞鶴だったか」

瑞鶴「......悪い?」

提督「...まず最初に言っておくぞ、鈴谷とは付き合わない」

瑞鶴「えっ......?」

提督「だから...ちょっと......俺と話をしてくれないか?」

瑞鶴「.........」

提督「...ありがと」

瑞鶴「......で、話って」

提督「......これを渡そうと思って」スッ

瑞鶴「...なに?これ」カサカサ

瑞鶴「これ...鶴の......!」

瑞鶴(綺麗な銀色の鶴のアクセサリー...私にはもったいないくらいの)

21: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:15:41.11 ID:SOVk8UL60

提督「瑞鶴、今日誕生日だろ?」

瑞鶴「...覚えててくれたんだ」

提督「うん......」



<どうしよう、嬉しい。>



提督「だから...頑張って作った」

瑞鶴「提督さんが作ったの!?」

瑞鶴(誕生日を覚えてくれていたのも、)

提督「うん......何度も失敗して、小遣いが飛んでいったけどな」

瑞鶴「そんなっ」



<私のために頑張って作ってくれたのも、>



提督「俺気づいたんだ、大事なことに」

瑞鶴「大事なこと?」



<どうしようもなく嬉しいのに、>



提督「俺は...瑞鶴のことが好きだ」

瑞鶴「......!!」



<さらにそんなに嬉しいことを言ってくれる。>



提督「瑞鶴...これからも......ずっと一緒にいてくれるかい?」

瑞鶴「.........もちろん............!」




<そんな貴方が、私は大好きです。>

22: ◆Q/bvSRBslQ 2016/04/20(水) 22:19:18.42 ID:SOVk8UL60
おしまいです。
瑞鶴はかわいい。
鈴谷がこのssではちょっと不憫なので、次書くとしたら鈴谷編でお会いしましょう。
駄文失礼いたしました。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク