【モバマス】幸子 「お疲れ様ですっ。カワイイボクが帰りましたよ~・・・って」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:35:10.30 ID:80UmL9ZY0
幸子 ガチャッ 「お疲れ様ですっ。カワイイボクが帰りましたよ~・・・って」

幸子 「誰もいないんですか?」

ありす 「お疲れ様です」

幸子 「わっ、ありすさん。いたんですか」

ありす 「橘です。私もさっき帰ったばかりです」モフモフ

幸子 「ほかの人はいないんですか?」

ありす 「Pさんもちひろさんもほかの皆さんも仕事ですね」モフモフ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457742910
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:36:01.19 ID:80UmL9ZY0
幸子 「そうですか。ありすさんは文香さん待ちですか?」

ありす 「はい。このあとカフェに行く約束をしているので」モフモフ

幸子 「なるほど。・・・ところで」

ありす 「はい」モフモフ

幸子 「どうして文香さんのクッションを抱きながらタブレットをいじってるんですか?」

ありす 「・・・・」

幸子 「・・・・」

ありす 「あげませんよ?」モフモフ

幸子 「いりませんけどっ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:37:01.88 ID:80UmL9ZY0
ありす 「文香さんのですよ?今更ほしいといってもあげませんよ?」

幸子 「文香さんのですよねっ!?ありすさんに決める権利はないですよねっ!?」

ありす 「このくらいの大きさは抱き心地がちょうどいいです」

幸子 「まあ、気持ちはわかりますけど」

ありす 「そこまで言うなら少しだけモフらせてあげてもいいですよ」

幸子 「そこまで言ってないですけどっ!?」

ありす 「まぁ、冗談はこれくらいにしておきましょう」

幸子 「どこからどこまで冗談だったんですか・・・」

ありす 「お疲れ様です、あたりからですね」

幸子 「思ったより序盤ですねっ!?その辺はまともであって欲しかったです」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:37:58.07 ID:80UmL9ZY0
ありす 「やっぱりアレですね」

幸子 「なんですか」

ありす 「幸子さんと話してると面白いですね」

幸子 「そういうときって大体ボクが疲れるんですけど」

ありす 「幸子さんは根がまじめなのでツッコミが上手いんです」

幸子 「褒めてますか?」

ありす 「褒めてますよ」

幸子 「ま、まぁボクはカワイイうえに勉強もできて事務所ではかなりまともな人間ですか
らね」 フフーン

ありす 「あとそういうところもドヤかわいくて良いと思います」

幸子 「褒めてますかっ!?」

ありす 「褒めてますよ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:39:26.03 ID:80UmL9ZY0
ありす 「ところで幸子さんは誰か待ってるんですか?」

幸子 「ええ。このあと輝子さんと小梅さんとで映画を見ることになっています」

ありす 「・・・怖いやつですか?」

幸子 「・・・たぶん」

ありす 「苦手なものなのによく付き合いますね」

幸子 「ボクのためにあまり怖くないかもしれないホラーを借りてきたらしいので・・・」

ありす 「落ち着いてください幸子さん、感覚がマヒしてますよ」

幸子 「そうですか?」

ありす 「はい」

幸子 「まあボクも2人に買い物付き合ってもらったり、輝子さんもキノコ鑑賞に誘ってき
たりしてますからね」

ありす 「落ち着いてください幸子さん、感覚がマヒしてますよ」

幸子 「そんなにですかっ!?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:40:16.28 ID:80UmL9ZY0
ありす 「買い物とキノコ鑑賞とホラー映画が同列なんですよね」

幸子 「・・・そう聞くとかなり違和感がありますね」

ありす 「違和感の中にいる人は意外と気づかないものです」

幸子 「なるほど」

ありす 「はい」

幸子 「まあでも、小梅さんも輝子さんもボクのために映画に誘ってくれますから」

ありす 「そうなんですか?」

幸子 「ええ。ボクがホラーを克服できるように、そういう仕事がきても大丈夫なようにって言ってましたから」

ありす 「なるほど」

幸子 「それに何だかんだでぼくも楽しいので」

ありす 「・・・なるほど」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:41:28.76 ID:80UmL9ZY0
~~~~

輝子 「これとかどうだ小梅ちゃん。私が見たときはかなり怖かったぞ」

小梅 「あ、いいね。これだったら2作目のほうが怖いからそっちにしよう」

輝子 「わかった」

輝子 「・・・怖がる幸子ちゃん、楽しみだな」

小梅 「うん・・・。怖がって、一緒にお風呂入って、お風呂でも怖がってて・・・」

輝子 「そのあと涙目で、「よ、よかったらカワイイボクがいっしょのベッドで寝てあげてもいいですよ?」って言うとこまでテンプレだな、フヒ」

小梅 「「べ、別に怖くはないですが少しだけ抱きついてもいいですか?」ってウルウルしてるのカワイイよね」

輝子 「小梅ちゃんズルい・・・。次は私が抱きついてもらう」

小梅 「ごめんね。で、でも幸子ちゃんしだいだから・・・」

輝子 「そうだな」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:42:29.09 ID:80UmL9ZY0
輝子 「・・・それにしても」

小梅 「?」

輝子 「こっそり怖いの選んで見せてるけど、幸子ちゃんはホラー克服できるのか?」

小梅 「大丈夫だよ。すごく怖いのに慣れればそのうち耐性がついて怖くなくなる・・・はず」

輝子 「そ、そっか。まあ小梅ちゃんが言うなら大丈夫か」

小梅 「うん(多分)」

小梅 「あっ、でも・・・」

輝子 「?」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:43:25.07 ID:80UmL9ZY0
小梅 「わ、私は・・・幸子ちゃんは今のままでもいいかな・・・って思うよ。怖がってる幸子ちゃんも・・・カワイイし・・・」

輝子 「・・・・小梅ちゃん」

小梅 「う、うん」

輝子 「安心しろ。わ、私もだ」

小梅 「輝子ちゃん」 パアア

輝子 「小梅ちゃん」 パアア

小梅 「輝子ちゃんっ」 ギュウウ

輝子 「小梅ちゃんっ」 ギュウウ



ありす (なんですか、アレ)

~~~

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:45:05.43 ID:80UmL9ZY0
ありす 「(・・・言わないほうがいいですよね)」

幸子 「? どうしました?」

ありす 「なんでもありません」

幸子 「そういえば話は戻りますが・・・」

ありす 「なんでしょう?ちなみに私は電子書籍派です」

幸子 「なんとなくわかりますが、そういうのは文香さんと言い合ってください」

ありす 「文香さんとはこれについて30分ほど議論しました」

幸子 「したんですか。どうなりました?」

ありす 「気づいたら私は文香さんおススメの本を1冊借りていました」

幸子 「負けてるじゃないですか」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:46:36.69 ID:80UmL9ZY0
ありす 「ち、違いますっ。議論のためにまず相手を知るところからはじめようと思ったんですっ」

幸子 「はぁ」

ありす 「決して文香さんが笑顔で嬉しそうにすすめてきて断れなかった、とかではないで
す ///」

幸子 「なんというか・・・文香さんのことになるとありすさんはすごくカワイイですね」

ありす 「何を言ってるんですかっ。あと橘です」

幸子 「いまさらですね」

ありす 「いまさらです」

幸子 「また話が逸れましたが、どうしてありすさんは文香さんのクッションを抱きかかえ
ているんですか?」

ありす 「逸らせませんでしたか」

幸子 「逸らせた先で自爆したようにも見えましたが」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:47:29.50 ID:80UmL9ZY0
ありす 「実を言うと、私が文香さん愛用のクッションを抱えているのに深い理由はありま
せん」

幸子 「そうなんですか?」

ありす 「そうです。単純に抱き心地が良くて文香さんの良い匂いがして普段の文香さんの
気持ちを考察できて文香さんを近くに感じられるからモフッてるだけです」モフモフ

幸子 「予想はしてましたけど9割がた文香さん絡みじゃないですか」

ありす 「そうかもしれないです」モフモフ

幸子 「そうですよ」

ありす 「・・・・」モフモフ

幸子 「・・・・」

ありす 「あげませんよ?」 モフモフ

幸子 「いりませんよっ!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:49:16.14 ID:80UmL9ZY0

ありす 「そこまで言うなら少しだけモフらせてあげてもいいですよ?」

幸子 「無限ループって怖いですよねっ!?」

ありす 「しかしアレですね。モフればモフるほど良い匂いがして気持ちいいですね」

幸子 「隠そうともしなくなりましたね」

ありす 「文香さんのクッションですから」

幸子 「ありすさんは文香さんが絡むと少しだけ暴走しますね」

ありす 「少しの間全力でモフっていいですか?」

幸子 「ボクの話聞く気ないですね。まあ、別に止めませんが・・・」

ありす 「ありがとうございます」

ギュウウウウウウ モフモフ モフモフモフモフ モフモフモフモフモフモフ モフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフ

幸子 「うわぁ・・・」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:49:55.49 ID:80UmL9ZY0
ガチャ オツカレサマデス

文香  「・・・えっ」

幸子  「あ」

ありす 「えっ?」

幸子  「・・・・」

ありす 「・・・・」

文香  「・・・・」

幸子  「お、お疲れ様です」

文香  「お疲れ様です」

ありす 「お疲れ様ですっ。あ、あのこれは違うんですよっ。その・・・」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:50:54.78 ID:80UmL9ZY0
文香  「いえ、大丈夫です。・・・ちゃんとわかってますから」

幸子  「わかってるんですかっ!?」

文香  「ええ。ありすちゃんとは、よく一緒にいますから・・・」

幸子  「すごいですね・・・」

ありす 「えっと、その、これは・・・。あ、あくまで文香さん文庫派の気持ちを考察するために必要な研究でありけっしてやましい気持ちとか良い匂いだとかそういうのではなくてですね・・・」

幸子  「ありすさんは少し落ち着いてください」

文香  「わかっています。ありすちゃんは・・・」



文香  「怒っているんですよね?」


幸子  「え?」

ありす 「え?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:51:48.02 ID:80UmL9ZY0
文香  「昨日のダンスレッスン、私はミスをしてばかりで、何度も何度も同じところをやり直して・・・」

ありす 「い、いえ。あれは元々とても難しいところでしたから・・・」

文香  「私が本ばかり読んでいて、運動不足で、足を引っ張ってしまったばっかりに・・・」

ありす 「違いますからっ。全然まったく思ってないですからっ」

文香  「でもありすちゃんは優しいから、上手く私を叱れなくて・・・」

文香  「それで私のクッションをお叱りしていたのですね」

ありす 「違いますって!」

幸子  「話を聞かないところはありすさんにそっくりですね」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:52:36.76 ID:80UmL9ZY0
文香  「すみませんありすちゃん。これを機にもっと運動を頑張ろうと思います」

ありす 「話を聞いてくださいっ」

幸子  「ありすさんが言いますか」

文香  「・・・なので今からランニングしてこようと思います」

幸子  「今からですか?」

ありす 「文香さん、カフェに行く約束が・・・」

文香  「では、行ってきますっ」 タタタッ

ありす 「ちょっ、待ってください。話を聞いてくださいっ。文香さーんっ!」 タタタッ

幸子  「・・・行ってしまいました」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:53:46.64 ID:80UmL9ZY0
~~少し経過~~

ガチャ

輝子 「お、お疲れ様、フヒ」  

小梅 「お疲れさまです」

幸子 「あっ、輝子さん小梅さん、お疲れ様です」

輝子 「お疲れ。幸子ちゃんだけ?」

幸子 「ええ。さっきまでありすさんと文香さんがいたのですが・・・」

小梅 「あ、その2人ならさっき見たよ」

幸子 「そうなんですか?」

小梅 「うん。川の近くで追いかけっこ(?)してたよ」

幸子 「ああ・・・(話すと長くなりそうですね・・・)」

幸子 「そうですか。あの2人は仲がいいですね」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:54:42.05 ID:80UmL9ZY0
輝子 「だな。わ、私たちもこのあと遊ぶけど・・・」

小梅 「うん。私の部屋集合でいいのかな?」

幸子 「そうですね。途中まで一緒に帰りましょう。どこか寄るところはありますか?」

輝子 「大丈夫だ」

小梅 「私も。DVDはもう借りてカバンに入れてるから・・・」

幸子 「持ってきてるんですか?」

小梅 「うん」

幸子 「よかったら見せてもらえませんか?」

小梅 「あ、うん」ゴソゴソ

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:55:35.35 ID:80UmL9ZY0
幸子 「どれどれ・・・。なんだかずいぶんとおどろおどろしいパッケージですね・・・」

輝子 「私が知ってるタイトルだったからこれにした、フヒ」

幸子 「ナンバリングが2になっていますが・・・」

輝子 「小梅ちゃんに聞いたら、2のほうが、えっと、面白いらしい(嘘は言ってない)」

小梅 「うん(嘘は言ってない)」

幸子 「そうなんですか。わざわざボクのためにありがとうございますっ」

輝子 「き、気にするな(ちょっと罪悪感)」

小梅 「(ちょっと罪悪感)」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:56:30.31 ID:80UmL9ZY0
幸子 「では帰りますか」

輝子 「ああ」

小梅 「うん」

幸子 「今日はこの前みたいにいきなりお泊りさせてもらわないよう頑張りますね」

小梅 「ううん。全然気にしないよ。怖かったら・・・じゃなくて、泊まりたいときはいつでも来ていいからね」

輝子 「今日は私の部屋でも構わないぞ」

幸子 「いえ。頻繁に泊まるのもアレなので今日は大丈夫ですよ」

輝子 「(このとき幸子ちゃんはまだこう思っていた・・・)」

小梅 「(あの映画を見終わるまでは・・・・)」

幸子 「何かイヤなナレーションが聞こえた気がしますが気のせいでしょうか・・・?」

輝子 「き、気のせいだ」

小梅 コクコク

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 09:57:29.27 ID:80UmL9ZY0
幸子 「では行きますか。鍵はいつもの場所にもどして・・・っと」 ガチャガチャ

小梅 「お疲れ様」

幸子 「お疲れ様です」

輝子 「お、お疲れ」



その後、赤面しながら弁解する橘さんを見て文香さんが萌え死にしそうになったのは別の話。

怖くて涙目の幸子ちゃんが輝子ちゃんと小梅ちゃんの手を握って寝たのも別の話。


おわり
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 10:42:55.18 ID:vCGbTUduO
いいですわゾ^~

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク