白坂小梅「今日は輝子ちゃんとのデート、だけど……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:45:14.35 ID:tDMv5Vi20
小梅「待ち合わせの時間まで…あと30分…、早すぎた……かな…?」

ガサガサッ

小梅「でも……なんだか、不穏な気配……?」

コソコソ

小梅「気のせい……かな?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507203914
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:49:45.03 ID:tDMv5Vi20


小梅「あ…あそこの人……プロデューサーに似てる………」

??1「ギックー!ヤバイヤバイッ」

小梅「あ、あの……」

??1「あ、あ、な、なんですか?」

小梅「………(すごくしゃくれてる…)」

??1「あ、あの、用事があるので、失礼します!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:52:54.69 ID:tDMv5Vi20
小梅「行っちゃった…やっぱり、気のせい…かなぁ?」

ホッ...

小梅「でも…視線は、感じるまま……」

ガサガサガサッ

小梅「……?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:53:39.19 ID:tDMv5Vi20
小梅「あ、あの人…美玲ちゃんに似てる…」

??2「!?!?こ、こっちに来るぞッ!」

小梅「あ、あの…?」

??2「な、なんだッ!」

小梅「………(すごくしゃくれてる…)」

??2「よ、用事があるからッ!じゃあなッ!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:55:25.01 ID:tDMv5Vi20
小梅「行っちゃった…別人、かな…」

フー,アブナカッタゾッ

小梅「プロデューサーなら…スカウト、する、のかな…ふふっ」



小梅「あ、今日は輝子ちゃんとのデートなのに…仕事のこと考えたらダメ…反省しなきゃ…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:56:06.54 ID:tDMv5Vi20
小梅「……あれ、あそこの…二階の喫茶店……楓さん…?」

??3(!…気づかれたかしら?)スチャッ

小梅「あ、サングラス…つけ始めた…これじゃ、わかんない……」(あと…すごくしゃくれてる…)

??3(しゃくれて釈然としない…ダメね、微妙だわ)

小梅「しゃくれてるし……別人、かな…」

??3(しゃくれ、自転車くれ…うーん…)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:57:28.64 ID:tDMv5Vi20
小梅「なにか考え事をしてるし……偽物…?」

(しゃくれ、じゃ暮れに会おう…うーん)

小梅「今日は…珍しいことが…いっぱい…!」

小梅「なにかいいことあるのかな…?ふふっ」

小梅「うん…そう思うよね…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:58:02.42 ID:tDMv5Vi20
小梅「あれ…?あそこの、メガネ屋さんにいるのって……」

??4「コノフレームガー、レンズガー」

小梅「こっちを見てる様子もない……後ろ姿だけど…気にしすぎ……か…」

??4(ふふふ、甘いですね!メガネを試着しているふりをして小梅ちゃんの動向を鏡越しに観察しているのです!)

小梅「うーん……」チラッ

??4「!!!!目が合ったッッッ」

小梅「………(この人もしゃくれてる…)」

??4「ふー、やっと目をそらしてくれた…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:58:49.52 ID:tDMv5Vi20
小梅「やっぱり、しゃくれてたし……別の人かなあ…」

エー!コノメガネガサンキュッパ!?

小梅「でも気配は感じる…あの子に偵察、させようかな……」



小梅「え?町一帯…?ううん、そこまでしなくても…いいよ?」


小梅「この駅前だけで…いいからね?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 20:59:26.72 ID:tDMv5Vi20
小梅「うん……あ、あそこにいるのは、ちひろさん…?」

??5「ダイタイアナタハイツモイツモ...」

??1「コエガデカイデスッテ!アッ!キヅカレタ!」

小梅「プロデューサーに似た人と一緒…怒ってるの、かな…?」

??1「キヅカレタラオシマイナンダァ!」

??5「イクラデスカ?」

??1「エナドリ2ダースデ!」

??5「コンカイダケデスヨ?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:00:15.70 ID:tDMv5Vi20
小梅「あれ…よく見たら、しゃくれてる…」

ダイタイアナタハ!
イヤチョット!コエガ!
アイドルヲストーキングシテケイサツニツカマルトカァ!
ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!
ナニカンガエテルンデスカ!

小梅「でも…そっくり…」

小梅「しゃくれてるから…別人、だよね?」

小梅「私は…別人だと、思うよ…?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:01:32.68 ID:tDMv5Vi20
フー,ナントカダマサレテクレタカ

小梅「そっくりさん…こんなにいっぱいいたんだね…」

小梅「え…?それは違うよ…?」

ブルブル

小梅「ううん…それは…アタル版マッスルスパークでしょ…?あ、LINEだ…」

怪奇!キノコアイドル:新着メッセージがあります

小梅「輝子ちゃんから…?何だろう…」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:02:53.04 ID:tDMv5Vi20
怪奇!キノコアイドル:小梅ちゃんごめん
怪奇!キノコアイドル:結構ギリギリに着く…
怪奇!キノコアイドル:(スタンプ)

小梅「うん…いいよ」

Koume:大丈夫だよ
Koume:もう待ち合わせの場所だから待ってるね
Koume:急がなくてもいいよ
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:03:29.76 ID:tDMv5Vi20
小梅「ふふっ、楽しみだなぁ…」

小梅「視線…感じる…どこ…?」

小梅「わかった…偵察だね、いってらっしゃい…」




小梅「いた…?ビルの屋上……?ほんとに…?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:04:17.78 ID:tDMv5Vi20
小梅「待ち合わせまで10分…突き止めなきゃ……」

??6「こ、こっちに向かってくるであります!気づかれた!?」

??7「おおおおおお落ち着いて!煙玉があります!」

??6「落ち着くのはお互い様であります!まだ時間はたっぷり…」

??7「あ、このビルって確かエレベーターありましたよね…?」

??6「あっ」

キィィィ(ドアノブが回る音)

??6&7「!!!!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:05:25.74 ID:tDMv5Vi20
小梅「あれ……?誰もいない…」

??7(こ、小梅殿…この体勢はキツいです…!)

??6(は、早く…)

小梅「あそこにサボテンがあるけど…うーん?」


小梅「もういないみたいだね……」

バタン
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:06:07.89 ID:tDMv5Vi20
??6「はーっ!助かったであります!」

??7「亜季殿の機転はあっぱれですな!」

??6「この年になって組体操をするとは思いませんでしたな!」


??7「あとはやっぱり……」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:06:47.34 ID:tDMv5Vi20




??6&7「しゃくれていたおかげ!!」




??7「亜季殿もしゃくれていたのですか!?」

??6「あやめ殿も!?」

(それでいいのか、小梅よ…)

??7「あれ?今声しませんでした?」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:07:26.80 ID:tDMv5Vi20
??1「よし…なんとか全員ごまかしきれたようだな」


「フヒ、親友…こんなところで何してるんだ…?」


??1「!!!???」

星輝子「?」

P「輝子ッッッ!!!」

輝子「???」



小梅「あ、輝子ちゃん……!」タタタ
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:08:14.31 ID:tDMv5Vi20
P「げえっ、小梅!」

小梅「プロデューサー…何してるの…?」

輝子「もしかして……尾行、か?フヒ…」

小梅「尾行……?そんなこと、してたの…?」

P「ち、違うんだ!小梅!これはお前たちが危ないやつらにナンパされないか…」

輝子「それはもう答え合わせ…フヒ」

小梅「やっぱり、尾行、してたんだね…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:09:10.93 ID:tDMv5Vi20
P「ぐあーーーーっ!!!だが俺だけじゃない!!あそこの美玲も!」

??2「ギクッ」

小梅「しゃくれてるから、別人…だよ?」

輝子「フヒ……?」(まあそういうことに…しておこう…)

P「あそこには楓さんが!」

??3「しゃくれをしゃあ(さあ)くれ…」

小梅「あの人も…しゃくれてる…」

輝子「フヒッ!?」(あんなとこにいたのか…全然気づかなかった…)
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:11:18.54 ID:tDMv5Vi20
P「あそこには春菜が!!ってあれ!?いねえ!!」

小梅「罪を逃れるためにいない人を出しちゃ…ダメだよ?」



春菜「いやー!こんな良質のメガネがサンキュッパで買えるなんて!いい買い物しました!」

春菜「あれ?なにか忘れてるような…」



P「あそこにはちひろも!」

小梅「しゃくれてる、よ…?」

輝子「フヒ…」(あんな色のスーツ着てる人他にいないだろ…)
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:12:50.09 ID:tDMv5Vi20
P「あのビルの屋上には亜季とあやめがぁ!」

小梅「あれは…しゃくれサボテン…」

P「しゃくれサボテン!?」

輝子(将来が不安になってきたぞ…フヒヒ)

P「え、えーっと…ワタシ、プロデューサーデハアリマセーン」

小梅「いまさらしゃくれても…遅い、よ…?」ゴゴゴゴゴ

P「小梅の全身が黒く染まっていくぅ!?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:13:24.64 ID:tDMv5Vi20
このあとめちゃくちゃマッスル・インフェルノされた。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク