渋谷凛「あんたの妻になる未来」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:49:52.54 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

凛『私はあんたの気持ちには答えられない。付き合うなんて無理だよ』

A『……そうですよね。ごめんなさい、無理なお願いをしてしまって』

凛『……5年』パッ

A『え?』

凛『5年待ってよ。今の私たちは大人と子供。でも5年たてば、私たちは対等な関係になれる。そうでしょ?』

A『そ、それはつまり──』

凛『あんたの妻になる未来。それもまあ、悪くないかな』ニコ

タラララ タララララ♪
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:50:29.55 ID:GtJ6aU4I0
──事務所──

パチパチパチ

未央「しぶりんのドラマ撮影&テレビ放送を記念して、かんぱ~い!」

カンパーイ!

未央「ごくごくごく……ぷはーっ!」

凛「ふふ、いい飲みっぷり。今日は未央のパーティだっけ?」

未央「あっはっは。まあまあいいじゃないか。しぶりんの成功は私たちの成功なんだからっ!」

凛「聞こえのいい言葉だけど、それって単に未央がジュースたくさん飲みたいだけしょ」クス

加蓮「でも本当、びっくりするぐらい成功したよね。反響すごいよ、あのドラマ」

奈緒「1回限りの特別ドラマだったのに、もうネットじゃ続編を望む声も出てるみたいだぜ」

凛「続編なんて……まだ気が早いよ。予想以上に高評価をもらってるっていうのは素直に嬉しいことだけどさ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:51:09.16 ID:GtJ6aU4I0
未央「脚本がいいよねぇ。結婚できないサラリーマンの男性が、クールな女子高生に一目惚れする」

加蓮「そこから始まる甘酸っぱいラブストーリー! 一見デコボコな2人が次第に距離を縮める演出がキュンとくるよね~」

奈緒「そして最後の『あん妻』でしょ。本当、1回限りにするには惜しいほどの出来だったぜ!」

凛「あん妻?」

奈緒「ああ。『あんたの妻になる未来。それもまあ悪くないかな』のセリフを縮めて、あん妻だ。すでにドラマの愛称としても広まってるんだぜ」

凛「そ、そんな言葉がいつの間に……」

奈緒「ネットじゃすでにあん妻で浸透しきってるぞ。凛は流行に疎いなぁ」

加蓮「まあまあ。台風の目って一番台風の影響受けにくいって言うし」

未央「しぶりんが新たなブームを作るとは。同じ事務所として鼻が高いよ、うんうんっ」

凛「みんな大げさだなぁ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:51:41.73 ID:GtJ6aU4I0
未央「……で、実際どうなの?」

凛「ん? 実際って?」

未央「ドラマのことだよ。脚本がよかったとは言ったけどさ、ちょっと納得いかないラストだったんじゃない?」

凛「どういう意味?」

未央「未来を誓ったとはいえ、付き合うことなく終わったじゃん。そこらへんの不完全燃焼ぶりが続編を望む声にもつながってると思うんだけど……しぶりんはどう思ってるの?」

凛「いや……付き合うも何も、作中Aさんと私は大人と子供だって言ってたでしょ。あれが答えなんじゃない?」

未央「解釈のことを聞いてるんじゃなくて、主演女優のしぶりんはどういう結末を望んでいるのかを聞いてるんだよ!」

凛「えー……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:52:14.80 ID:GtJ6aU4I0
奈緒「お、それは私も気になるな。主人公の性格って凛に似てるとこあったし、もし凛が同じ状況になったら、あの場でなんて答えたんだ」

凛「うーん。でもあんなのフィクションだしなぁ」

加蓮「ちょっと冴えない年上の男の人……なんだかんだ波長が合いそうじゃない?」

未央「ふふ。しぶりんが実際付き合うんだとしたら、ああいう感じの人なのかもねっ」

凛「あはは。どうかな……」

ガシャン!

凛「ん?」

卯月「あっ、ごめんなさい。……グラス落としちゃったみたいで」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:52:41.84 ID:GtJ6aU4I0
未央「しまむー! そんな端っこで飲んでないで、こっちきて一緒におしゃべりしようよ!」

卯月「あ、そうですよね。すみません」タタタ

奈緒「卯月は凛に、もうおめでとうって言ったのか?」

卯月「いえ。まだです……」

加蓮「早くこっちきて言ってあげなよ。ほら、凛も前に来て」グイ

凛「おっとっと……」

卯月「……凛ちゃん。えっと」オロオロ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:53:10.38 ID:GtJ6aU4I0
凛「ふふ、卯月が緊張してどうするの」

卯月「そうですよね。あはは……あの、おめでとうございます」

凛「うん。ありがとう」

未央「しまむーっ。ドラマを見た感想は?」

卯月「あー……その……」

凛「?」

卯月「……とても、面白かったですよ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:53:48.05 ID:GtJ6aU4I0
──帰り道──

バイバーイ

凛「じゃあ私たちも帰ろっか」

卯月「……はい、帰りましょう」

凛「ごめんね。パーティー疲れたでしょ。私はやらなくていいって言ったんだけどさ」

卯月「い、いえ。凛ちゃんの大事なドラマの成功の祝い事ですから」

凛「成功って言ったって、私は脚本どうりに演じただけだけどね。周りじゃえらい騒ぎになってるみたいだけど、自分じゃよくわかんないよ」

卯月「私も気になってちょっとネットを覗いて見ました。すごかったですよ、検索ワードランキング? みたいなものの一番上に『あん妻』がありました」

凛「ふーん……まあ嬉しいことは嬉しいけど……ねえ。ぶっちゃけたこと言っていいかな?」

卯月「は、はい。なんですか?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:54:23.37 ID:GtJ6aU4I0
凛「あのドラマってさ、そんなに面白くないよね」

シーン

卯月「え、ええーっ!?」

凛「だってさ、あんなの恋愛ドラマじゃなくてファンタジーじゃん。何、大人と子供の恋愛って。歳の差何歳あると思ってるの」

卯月「い、いやそれは……」

凛「Aさんの事は俳優として良い人だなって思ってるけど、あの役はないよ。だってあの役30前後の歳だよ? あの歳で結婚してないんだよ? あの歳で女子高生に迫るんだよ?」

卯月「え、ええと……」

凛「だから私はあんまり面白いと思わなかった。前にも言ったことあると思うけど、私の好きなタイプは普通の人だから」

卯月「……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:54:54.16 ID:GtJ6aU4I0
凛「そもそも恋愛系のドラマがあんまり分からないんだよね。好きって一言言えば解決するのに、それを何週も引き延ばしちゃってさ。意味あるのかな、あれ」

卯月「……」

凛「もっとストレートに気持ちを伝え合えば……って、ごめん卯月。卯月はあのドラマ面白いって言ってくれたのに。みんながあまりに褒めるもんだから、つい……」

卯月「……いえっ。凛ちゃんのそういう素直なところ、私はすごくいいと思ってますっ!」ニコ

凛「え?」

卯月「いやぁ今日はジュースたくさん飲んじゃいましたねっ。明日もお仕事です、走って汗をかきながら帰りましょうっ!」ダッ

凛「急に元気になっちゃって……ちょっと卯月、待ってよ!」タタタ…
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:55:24.02 ID:GtJ6aU4I0
──翌日──

卯月「おはようございますっ」ガチャ

未央「お、しまむーおはよう。今日は朝から元気だね」

卯月「はいっ。今日も1日頑張ってお仕事していきましょう!」

未央「あはは。いいねそのやる気。でもお仕事の前に、しまむーに発表することがありまーす!」

卯月「? なんですか?」

ガチャ

凛「おはよう。2人とももう来てたんだ」

卯月「おはようございます凛ちゃん」

未央「しぶりん! ちょうどよかった、誰よりもまず先にしぶりんに聞いてもらいたい話だったから!」

凛「?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:55:53.04 ID:GtJ6aU4I0
未央「なんとなんと……『あん妻』の第2話が、制作決定しました~っ! ぱちぱちぱち~!」

凛「え、そうなの?」

卯月「……」ポカーン

未央「ふふ、情報が遅いぞしぶりん。まあ私も、今さっきプロデューサーから聞いたところだったんだけどさ!」

凛「ふーん。まあ2話って事は私の出番ももちろんあるだろうし、今から準備しておかないとね」

卯月「えっ、オファー受けるんですか?」

凛「? もちろん受けるよ。これもアイドルの仕事の1つなんだし」

卯月「あ、そっか……」

卯月(そうですよね。昨日の言葉って、もう2度とやりたくないって意味じゃないし……)

未央「おめでとうしぶりん。この勢いでいけば、3話どころか、1クール、映画化まであるかもよ!?」

凛「あはは。だから気が早いって」

卯月「……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:56:30.88 ID:GtJ6aU4I0
未央「私はこのグッドニュースをかみやんとかれんに伝えてくるよっ。じゃあね~!」タタタッ

バタン

凛「私より未央の方が喜んでるみたい、変なの。……コーヒーでも飲もっか?」

卯月「あ、はい……」

コポコポコポ

凛「どうぞ。熱いから気をつけてね」

卯月「はい、ありがとうございます……」

凛「……」

卯月「ふー、ふー……」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:57:33.47 ID:GtJ6aU4I0
凛「……昨日から思ってたけどさ」

卯月「はい?」

凛「卯月はあんまり喜んでくれてないよね。その、私のドラマの放送について」

卯月「え……」

凛「……まあ、嘘ついて愛想笑いされるよりよっぽどマシなんだけどさ、はは。でも……ちょっと意外って言ったら、押し付けがましいかな」

卯月「い、いえ。そんな……私、喜べてないですか」

凛「未央たちに比べるとね。いやだからと言って、無理に喜んで欲しいってわけじゃないんだけどね?」

卯月「はい……」

凛「……ごめん。上手い言い方が思いつかないや」

卯月「いえ。言いたいことはわかります……」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:58:29.05 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……私、放送中からずっと思ってたんです」

凛「?」

卯月「これは人気が出るなって。だって、凛ちゃんみたいなクールな女の子と、少し不器用な大人の男性の恋を描くんですよ。絶対面白いですよ。売れる少女漫画みたいです」

凛「じゃあどうして……」

卯月「……凛ちゃんじゃなかったら、私も楽しめてたんです」

凛「え?」

卯月「凛ちゃんじゃない、違う女の子が主役を演じてたら、私だってキュンキュンしながらドラマを観れていたはずなんです」

卯月「でも、そこに写ってるのが凛ちゃんで、その凛ちゃんが恋に落ちそうになってるのを見ると、なぜだかすごく、不安になっちゃうんです」

卯月「凛ちゃんじゃなかったら良かったのに……」

凛「……」

卯月「ごめんなさい、意味わからないですよね。私も上手い言い方が思いつかなくて……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:59:10.50 ID:GtJ6aU4I0
ガチャ

奈緒「おーおーおー! そこにいますは若手の実力派アイドル女優渋谷凛ちゃんじゃあーりませんかー!?」

加蓮「失礼だよ奈緒! 希代の天才女優様に向かってなんたる口利き!?」

奈緒「ははー、すみませんでしたー!」

ドッ アハハハ…

凛「……私を置いて爆笑しないでくれる?」

奈緒「悪い悪い。つい嬉しくってよ、私たちから即興漫才のプレゼントだ!」

加蓮「またみんなでパーティ開こうよ。今度はもっとでっかいやつ!」

凛「いいって、パーティとかそういうのはもう」

未央「いらないって言っても、こっちで勝手に開いちゃうもーん。なんたって我らがしぶりんの、大出世がかかってるんだからね!」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 02:59:54.68 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

司会『今日は俳優のAさんに来てもらいました』

A『こんにちは。Aと申します』ペコ

司会『Aさんは数々のドラマに出演してきた実力派俳優です。最近話題の『あん妻』にも出演なさってましたねぇ』

A『はい。おかげさまでとても反響を呼んでいただいたみたいで』

司会『そりゃあもう話題沸騰中ですからね~。2話の制作、決定したんですってね!』

A『はい。今撮り始めてるところです』

司会『あのドラマのヒロインは、アイドルの渋谷凛ちゃんが演じてるんですよね。1話ラストでは2人のデコボコカップルぶりが話題になりましたが、2話ではどうなりますか?』

A『いえ、正確にはカップルにはならなかったのですが……でもそうですね。皆さんに楽しんでいただける展開を2話でもご用意できてると思います』

司会『今から楽しみですね。『あん夫』の立場からすると、どの辺が注目のポイントですか?』

A『ん? あん夫とは?』

司会『『あん妻』の夫だから『あん夫』って呼び名らしいですよ、Aさん。いやぁ、ネットの人って面白いあだ名を考える天才ですよね』
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:00:42.38 ID:GtJ6aU4I0
──スタジオ──

凛「おはようございます」

A「おはようございます渋谷さん。今日も早いですね」

凛「はい。スタジオで台本を読んだ方が集中できるから……あ、集中できますから」

A「……タメ口でも構いません。リラックスした方が記憶力もよくなると思います」

凛「そう? ……じゃあ、お言葉に甘えさせてもらおうかな」

A「自分も隣で台本読んでいいでしょうか?」

凛「もちろん。どうぞ」

A「このベンチ、とても座り心地が良いです。こういう椅子の1つにも監督のお人柄が伺えますね」

凛「へぇ。椅子って監督が用意してくれるものなんだ?」

A「監督にもよりますが……前のドラマの監督の時の椅子は、座るたびに楽器の音がなる物でして……」

凛「あははっ、なにそれ」

……カシャ
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:01:16.16 ID:GtJ6aU4I0
──翌日──

未央「みんな見て見て! あん妻公式があげたこの写真!」

バッ

奈緒「これは……凛とAさんのツーショットじゃねーか!」

加蓮「なにこれ、一緒のベンチに座って……リアル『あん妻』の世界だ!」

未央「スタッフが偶然撮ったんだって。もうネットじゃすごい騒ぎだよ『これは妻の風格』とか『これが5年後の未来だ』とか」

卯月「……」

奈緒「さらに盛り上がりを増してるって感じだな。いいないいな、2話放送を前に、場は完全にあったまってるってわけだ」

卯月「……あの」

加蓮「さらに勢いをつけていきたいよね。1クールドラマを狙えるぐらいの話題性はある。あとはどれだけそれを維持できるか……」

卯月「……あの!」バッ
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:01:50.13 ID:GtJ6aU4I0
未央「ん……どしたのしまむー?」

卯月「ちょっと、やりすぎじゃないですか!」

奈緒「何が?」

卯月「も、盛り上がるのはいいことですけど。でも、凛ちゃんはAさんの奥さんじゃありませんっ」

加蓮「そんなの知ってるよ。ドラマの話でしょ」

卯月「でも、公式さんが取り上げたって……」

未央「だからそれもドラマの公式だって。まさか本当に2人ができてると思ってる人はいないよ」

卯月「で、できてるとか言わないでください……」

未央「? 私はできてると思ってる人はいないって言ったんだけど」

卯月「……」クル

スタスタ

未央「し、しまむー?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:02:31.72 ID:GtJ6aU4I0
スタスタ…

卯月(……ううん。私に未央ちゃん達を責める資格はないよ)

卯月(だって、凛ちゃんが主役じゃなかったら、私だって楽しんでたと思うもん)

卯月(ああいう少女漫画いっぱいあるし、私も持ってる。年の差恋愛の本だって中にはあるもん)

卯月(だけど凛ちゃんは、凛ちゃんには……)

卯月「……凛ちゃんじゃなかったらよかったのに」

凛「卯月?」

卯月「きゃっ!?」

凛「何かブツブツつぶやいてた気がしたけど、何かあった?」

卯月「い、いえ、なんでもありません……」

凛「ふーん?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:02:58.99 ID:GtJ6aU4I0
卯月「あの、えっと、凛ちゃん今来たんですか? ドラマの撮影は?」

凛「今日は撮影ないよ。事務所にはプロデューサーに会うために来たんだ」

卯月「プロデューサーさんに? なんの用ですか?」

凛「卯月は知らないだろうけど、ドラマのSNSに私とAさんの写真が載せられちゃってね」

卯月「……」

凛「私は別に気にしないんだけど、見る人が見たら嫌でしょああいうの。実際私のお父さんめちゃくちゃ嫌がってたし」

卯月「え……じゃあ、プロデューサーさんには」

凛「うん。あの写真消してって頼みに行くの。あー、正確に言うと、プロデューサーが直接消せるわけじゃないから、消せる人に消してってお願いするようにプロデューサーにお願いしに行く、ってこと」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:03:28.69 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……」

凛「ごめん。説明下手でさ」

卯月「いいえっ、すごくよくわかりました。凛ちゃん、私その行動は正しいと思います!」

凛「そう? ま、私は気にしてないんだけどね。アイドルとして、ファンの気持ちも考えようと思って」

卯月「さすがですっ。さすが凛ちゃんです!」

凛「さすがって……そこまで褒めてもらわなくても」

卯月「いえ、アイドルの鑑だと思いますっ!」

凛「ふふ……最近の卯月はよくわからないところで機嫌が良くなるなぁ」クス
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:04:05.55 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

A『あなたのの気持ちは、恋愛ではなく親愛の気持ち……いわば父親に向ける感情と同じなんです』

凛『違う! 私の気持ちに嘘はないよ!』

A『5年待つとあなたに言わせてしまったこと、今では後悔しています。その言葉は、あなたを長い間つなぎとめてしまう呪いになってしまう……』

凛『……なら、今すぐ付き合ってみる?』

A『!』

凛『そうすれば嫌でも、私たちの本当の関係がわかるでしょ』

タラララ タララララ♪
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:04:56.32 ID:GtJ6aU4I0
──事務所──

奈緒「な、なんなんだよこの引きは~!?」

未央「気になる! どうなるの、本当の関係ってどんななのしぶりん!」クワッ

凛「ち、近い。私じゃなくて脚本の人に聞いてよ」

卯月「……」ズキズキ…

加蓮「でも今回の話で分かったね。1話時点ではA→凛が多かったけど、でも本当はA←凛という風に矢印が向いてるんだ。これはいよいよ展開が気になってきたね」

卯月「……凛とかAとかじゃなくて、ドラマの中の登場人物の名前使ってください」

加蓮「? そんなのどっちでもいいじゃん。分かればさ」

奈緒「とにかく、第2話では話が進展し、今まで受身がちだった凛も行動を移すようになった。このことは、子供と大人の境目を描いた今作において、特に重要な役割を持っている。そうだな凛?」ズイ

凛「そ、そうなんじゃない? 私は脚本書いてないから知らないけどね」

卯月「……」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:05:24.62 ID:GtJ6aU4I0
──帰り道──

凛「もう。みんな私にばっか質問するんだから。ドラマの内容について聞かれても困っちゃうよ。私はただ脚本どうりに演じてただけなのに」

卯月「……」

凛「卯月?」

 凛『違う! 私の気持ちに嘘はないよ!』

 凛『……なら、今すぐ付き合ってみる?』

卯月(あんなこと、凛ちゃんに言わせないでください……)

卯月(ずるいです。あんなこと言わせたら、また人気が出ちゃうじゃないですか……)

凛「うーづき」ツン

卯月「わっ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:06:08.58 ID:GtJ6aU4I0
凛「最近ぼーっとすることが増えたね。何か悩みがあるの?」

卯月「悩み……いえ、単に考え事を……」

凛「どんな考え事?」

卯月「……3話制作も、そのうち決まっちゃうんだろうなって」

凛「決まっちゃうって……あはは、卯月は手厳しいな」

卯月「あ、ごめんなさい……」シュン

凛「……卯月はあんまり好きじゃないんだよね、あのドラマ」

卯月「……好きとか嫌いとかじゃなくて、怖いんです」

凛「怖い?」

卯月「……なんていうか、ドラマで凛ちゃんがセリフを1つ言うごとに、胸がザワザワするんです」

卯月「最近では『あん妻』って言葉を聞くだけで、胸がぎゅーって痛くなって」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:06:43.13 ID:GtJ6aU4I0
凛「……ふふっ」

卯月「え?」

凛「あは、あははっ。ふふふっ……ご、ごめん、笑う場面じゃないってことはわかってるんだけど」クスクス

卯月「……」ポカーン

凛「……卯月のそのセリフ。私のお父さんが言ってたのと、全く同じだったからさ」

卯月「えっ。ぱ、パパさんが?」

凛「うん。テレビであん妻って単語が出るたびにすごい早さでチャンネル変えるの。ドラマも青い顔しながら見てたし……卯月と同じだ」クス

凛「お母さんは平気なのに、お父さんばっかり落ち着かない様子なんだよ。だから、ごめん、それを思い出しちゃって……うふふっ」

卯月「……」

卯月(そっか、よかった。私だけじゃなかったんだ、ドラマが怖くて仕方なかったの)
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:07:30.46 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

司会『今日は再びこの方にお越しいただきました。俳優のAさんです~』

A『こんにちは。お久しぶりです』ペコ

司会『見ましたよ、あん妻2話。2話も怒涛の展開の連続で、いい歳して私ドキドキしっ放しでしたよ』

A『ありがとうございます。そう言われるのが一番嬉しいです。『あん妻』は、子供も大人もワクワクできるドラマを目指していますので』

司会『うんうん。Aさんのベテランの演技も渋谷凛ちゃんのストレートな演じ方も、どちらも素晴らしく印象に残りました』

A『3話制作も決定しましたので、より楽しんでいただけるよう、スタッフ一同演者一同、心を合わせて制作に取り組んでいきたいと考えています』ペコ
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:07:58.13 ID:GtJ6aU4I0
──事務所──

未央「……テレビ見てて思ってたけどさ、Aさんってリアルで『あん夫』みたいだよね。丁寧な話し方とか、性格とか雰囲気とかさ」

奈緒「それって、Aさんが冴えないサラリーマンに見えるって遠回しに言ってないか?」

未央「あはは。そうなっちゃうのかな。いやでもさ、本当にドラマの世界から飛び出してきたみたいな雰囲気をしてるよ」

加蓮「もともとモデルがこの人で、あのキャラクターの方が後付けなのかも。近くドラマのファンブックが出るらしいし、監督の言葉とか見てみようよ」

卯月「……」

未央「しまむーはどう思う。Aさんについて」

卯月「……そうですね。テレビでの受け答えも完璧ですし。全く失言しないってすごいことだと思います」

加蓮「ん? 面白い褒め方だね、それ」

卯月「あ……えっと、ほら私って緊張して失言しちゃうこと多いから……」

加蓮「あー、そういう意味か」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:08:42.89 ID:GtJ6aU4I0
ガチャ

凛「おはよー」

未央「しぶりんおはよー。今ちょうど『あん妻』の話してたところだったんだよ」

卯月「……」ビクッ

凛「あん妻ねぇ。もう監督もAさんもその愛称使ってるし、本当完全に浸透した感じだね」

加蓮「最近では凛のことを指してあん妻って呼ぶ人も多いしね。ほら、トライアドで握手会やった時も、そういうお客さんいたでしょ」

卯月「え……?」

凛「いたね。『あん妻さん、あのセリフ言ってください!』って言われて、ちょっと困っちゃったなぁ」

卯月「! 言ったんですか!?」

凛「セリフを? いいや、断ったよ。プロデューサーと事前にルールを敷いて、ドラマのセリフは言わないって約束になってたから」

卯月「……そうですか」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:09:23.63 ID:GtJ6aU4I0
凛「あ、そうだ。みんなに発表しないといけないことがあるんだった」

奈緒「んー? なんだなんだ」

凛「えっと、そのあん妻なんだけどさ……今度漫画になるんだって」

奈緒「え……ええー!?」

未央「漫画化! すごいじゃん!」

凛「うん。SNSでかなり有名な漫画家さんが描いてくれることになったみたい。私も表紙だけちょっと見せてもらったんだけど、すごくキレイな絵だったよ」

奈緒「よ、読みたいー! なんていう漫画家さんなんだ? あたしの知ってる人かなっ?」キラキラ

加蓮「あはは、奈緒ったら目キラキラさせちゃって」

未央「嬉しいですなぁ。こうやってコンテンツの輪が広がれば、しぶりんの知名度もぐんぐん上がって……」

奈緒「5年後の未来が描かれる日も、そう遠くないかもな!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:10:12.39 ID:GtJ6aU4I0
バタン!

凛「……ん?」

奈緒「あれ、今誰か出て行ったか?」

未央「えーと……あっ、しまむーがいない!」

加蓮「お手洗いか休憩室かな。なんか調子悪そうだったし、心配だね」

凛「……私、追いかけに行くよ」

奈緒「えー! 漫画化の話詳しく聞かせてくれよ、いつ店頭に並ぶんだ?」

凛「店頭? 知らないけど……まず私に見本本くれてからって言ってたよ」

奈緒「ま、まじか! 凛、それ見せてくれ!」クワッ

凛「い、いや、だから見本本もまだなんだってば……」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:10:56.81 ID:GtJ6aU4I0
──休憩室──

卯月「……」

卯月(『あん妻』ブームがこれから広まっていったって、元の凛ちゃんは変わらないってことはわかってる)

卯月(『あん妻』がドラマの中の話だってこともわかってる。未央ちゃんたちがあん妻を応援してるのは、凛ちゃんを応援してるからだってことも、もちろんわかってる)

卯月(だけど、わかってるからって、胸が痛くならないわけじゃないもん。嫌なことは、嫌なんだ……)

卯月「……凛ちゃんじゃなきゃ良かったのに」

A「凛ちゃんとは、渋谷凛さんのことですか?」

卯月「きゃ!?」

A「す、すみません。共演者の名前が聞こえてきたもので、つい……」

卯月「あ、あなたは、俳優の……」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:11:33.54 ID:GtJ6aU4I0
A「あなたは渋谷さんとユニットを組んでいる、島村卯月さんですね。初めまして、Aと申します」ペコ

卯月「あ、これはご丁寧に。私は島村卯月です。渋谷凛ちゃんと本田未央ちゃんとユニットを組んでいます。えっと、どうして私のことを?」

A「渋谷さんから色々聞かされていたんです。本田さんとのエピソードと一緒に……とても仲が良いそうですね」

卯月「は、はい。私たちすごく仲良しですっ」

A「……そんな島村さんの口から『凛ちゃんじゃなきゃ良かったのに』なんて言葉が聞こえてきたのは、正直驚きました。ケンカ中、なのですか?」

卯月「あ、いえ……ケンカじゃないですけど」

A「ではもしかして、『あん妻』のことについて、何か意見の食い違いが出てしまったのでしょうか」

卯月「……」ビクッ

A「……その反応は、図星みたいですね」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:12:11.22 ID:GtJ6aU4I0
A「ユニット内でのデビューの差で、不和が生じやすいことは、なんとなくですが想像がつきます。自分もこの業界で長いですから」

卯月「不和? い、いえ、そういうのではなくて」

A「ですが、渋谷さんには渋谷さんの、島村さんには島村さんの個性があるはずです。人気の出た順番が、必ずしも人気の順位ではないと考えます」

卯月「……いいえ。本当、そういうんじゃないんです」

A「先輩として言えるのは、あまり焦らないこと、です。嫉妬して自分の可能性を狭めてしまうことが、一番いけないことだと……」

卯月「し、嫉妬じゃありません! 私は、私はただ──」

卯月(……私はただ、何なんだろう)
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:12:41.50 ID:GtJ6aU4I0
ガチャ

凛「卯月、ここにいた。探したんだよ」

卯月「……凛ちゃん」

凛「あれ、Aさんも一緒だったんだ。2人でおしゃべり?」

A「はい。ほんの少しの時間でしたが」

凛「ふーん……卯月、事務所に戻るよ」

卯月「あ、はい……えっと、失礼します、Aさん」

A「いいえ。またいつでも相談しに来てください。自分にできることなら、いつでも力になります」

卯月「はい。ありがとうございます……」ニコ
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:13:17.60 ID:GtJ6aU4I0
テクテク

凛「……Aさんに何相談してたの」

卯月「相談っていうか……Aさんが色々とアドバイスをくれて」

凛「そう。あの人優しいもんね」

卯月「はい。とっても優しくしてもらいました」

凛「……」

卯月「ん? どうかしましたか?」

凛「いや……言い方気をつけてね」プイ

卯月「?」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:13:51.00 ID:GtJ6aU4I0
──ラジオ──

未央「それでは続いてのお便りです。ラジオネーム『あん子』さんからいただきました」

凛「ふふ、美味しそうな名前だね」

未央「違うぞしぶりん~。多分この書き方は……」

凛「書き方?」

未央「まあいいや、お便り読んでいきますっ。『こんにちは。突然ですが、私のお父さんとお母さんは少し変わっています』」

未央「『というのも、2人は歳の差結婚をして、その歳の差が15歳以上もあるんです』」

凛「へぇ。本当にそういう夫婦っているんだ」

卯月「……」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:14:30.65 ID:GtJ6aU4I0
未央「『2人ともとっても優しい親なのですが、1つだけ、何度聞いても教えてくれないことがあります』」

未央「『それは、2人の馴れ初めについてです。どうやって2人が出会ったのかだけ、どうしても教えてもらえません』」

未央「『なので渋谷さんに尋ねたいと思います。2人の出会いは、どんなものだったと思いますか?』」

凛「え、私にだけ質問? 変なの」

卯月「あ、あの……」

未央「ふふ、ふふふ……」

凛「そうだなぁ。15歳も離れてるってことは、普通の出会い方じゃないだろうし。えーと、変わった趣味が2人にあって、それで気があった、とかじゃないかな?」

未央「うふふ、ふっ、ふふっ……」

凛「……さっきから何なの未央。人が真面目に答えてるのに、笑いこらえちゃって」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:15:11.32 ID:GtJ6aU4I0
未央「だ、だってしぶりん全然気づかないんだもん! あは、あははっ、おかしー!」

凛「え? 何なに、どういうこと?」

未央「思い出してみて、ラジオネームが『あん子』だったでしょ。それでメールの内容が、年の差の夫婦!」

凛「……それが何。珍しいけど、笑うことないじゃん」

未央「もー鈍いなぁ。思い当たる節があるでしょ、『あん妻』さん!」

凛「……あっ」

未央「やっと気付いたのー? ふふっ、未来の2人は子供まで作ってるんだね!」

凛「……」カァァッ

卯月「あ、あっ……」オロオロ
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:15:57.54 ID:GtJ6aU4I0
──ラジオ終了後──

未央「あっはっは。今日のラジオは笑わせてもらったよしぶりん」

凛「もう……あんなメールが来るなんて予想外だったよ」

未央「しぶりんの可愛い一面が見れて、『あん子』ちゃんも喜んでるんじゃない?」

凛「や、やめてよ。そのこと掘り返すの……」

未央「なんで? もしかして……隠し子なの!?」

凛「未ー央ー!」

未央「あははっ。ごめんごめん、それじゃ私はポジパの方に行ってきまーす!」

タタタッ…
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:16:33.00 ID:GtJ6aU4I0
凛「全く、ドラマのネタがメールに混じってるなんて聞いてないよ」

卯月「……」

凛「前もって言っておいて欲しかったよね。卯月もそう思うでしょ?」

卯月「……」ポロポロ

凛「……え?」

卯月「……あんまりです。こんなの、ひどすぎます」

凛「う、卯月、泣いてるの……?」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:17:06.50 ID:GtJ6aU4I0
──事務所──

卯月「……」ギュッ

凛「ほら、コーヒでも飲んで落ち着きなよ」スッ

卯月「……ありがとうございます」

凛「こっち向いて。……目、真っ赤じゃん。いきなり泣かれても、私どうすればいいかわからないよ」

卯月「……凛ちゃんは、いいんですか?」

凛「いいって何が?」

卯月「関係ない場所にまで、ドラマのこと持ち出されて。凛ちゃんは嫌じゃないんですか?」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:17:45.00 ID:GtJ6aU4I0
凛「……」

凛(え、私のために泣いてくれてるの?)

卯月「……」グス

凛「……別に。未央がイジってくるのは、まあいつものことだし」

卯月「そうじゃなくて……風潮として、凛ちゃんはもう『あん妻』になっちゃったんですよ」

凛「どういうこと?」

卯月「ドラマの公式も、事務所の仲間も、別番組のラジオでさえ……凛ちゃんは『あん妻』になってしまったんです」

凛「言ってる意味がよくわからないけど……」

卯月「これから先、どんな場所に行っても凛ちゃんはAさんの妻だって言われるんですよ」

卯月「凛ちゃんがどんなことしてもAさんの妻だって言葉が付いて回って、Aさんがどこに行って何をしても凛ちゃんの夫だって言われるんですよ!」

卯月「それでも凛ちゃんは嫌じゃないんですかっ!!」ガタンッ
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:18:37.79 ID:GtJ6aU4I0
凛「う、卯月……落ち着いてよ。『あん妻』はただのドラマだよ?」

卯月「! り、凛ちゃんが『あん妻』って、い、言わないでください! 凛ちゃんだけは、何があってもその言い方しないでくださいっ!」

凛「わっ、わかったから。もう言わないから、落ち着いて……」

卯月「……」ハァハァ

凛「今卯月は冷静じゃないよ。とりあえず、息を整えて。大丈夫、私はどこにもいかないよ」

卯月「……ごめんなさい」

凛「ううん……卯月が私のために怒ってくれてるっていうのは、なんとなくわかってる。だから、ひとまず落ち着いて。ね?」

卯月「……」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:19:12.78 ID:GtJ6aU4I0
──30分後──

凛「コーヒー、おかわり淹れてくるよ」

卯月「……ありがとうございます」

凛「こんなに飲んだらお腹いっぱいになっちゃうね。夕飯食べれるかな」

卯月「……どうでしょう」

凛「……今日の帰りはさ、どこかお店に寄ろうよ。そうすれば、お互い好きな量だけ食べられるし」

卯月「……」

凛「今日は特別に私がおごってあげるから。ふふ、未央には秘密だよ?」

卯月「……はい」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:19:40.58 ID:GtJ6aU4I0
──帰り道──

バイバーイ

凛「どのお店に行こっか。なるべく混んでないところがいいなぁ」

卯月「……」

凛「卯月は何か食べたいものある? 私としては、今日はラジオだったから、飲み物がおいしいところがいいんだけど」

卯月「……私も、飲み物がおいしいところがいいです」

凛「そっか。なら少し歩くけど、おいしいコーヒーがあるカフェがあるから、そこ行こう」

卯月「……またコーヒー飲むんですか?」

凛「ふふっ。大丈夫、そこはお茶が美味しいことでも有名なんだ」

卯月「……そっか。……楽しみです」ニコ

凛「! うんっ」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:20:52.17 ID:GtJ6aU4I0
──カフェ──

凛「ハーブティ2つください。それとアボカドサラダ。お皿は2つで」

カシコマリマシター

凛「雰囲気いいでしょ。1人でしか来たことがない私のとっておきのお店なんだ。卯月は特別だよ」

卯月「……ふふ。ありがとうございます」

凛「人に言いふらしちゃダメだからね。ここを2人だけの場所にしよう」

卯月「はい……嬉しいです、凛ちゃん」

凛「うん。良かった……」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:21:29.45 ID:GtJ6aU4I0
ゴユックリドウゾー

凛「さ、食べよっか。卯月お腹空いてる?」

卯月「いえ。最近あんまり食欲ないので……」

凛「食欲がない……? え、どうして?」

卯月「……考え事をしていると、お腹がすかなくて」

凛「……」

卯月「凛ちゃん?」

凛「……この一番大きいアボカド、卯月が食べて。ほら、卯月の分私が取り分けてあげるよ」ササッ

卯月「ええっ、8割ぐらい私のお皿じゃないですか。凛ちゃんももっと食べてくださいよ」

凛「私はいいの。アボカドは栄養豊富なんだから、多少無理しても卯月が食べなきゃダメ!」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:22:27.98 ID:GtJ6aU4I0
モグモグ

凛「……」

卯月「……」

凛「……卯月、少し落ち着いてきたようだから、正直に言っていいかな」

卯月「……何ですか?」

凛「私、わからないよ。卯月がどうしてそこまで、胸を痛めてくれているのか」

卯月「……」

凛「私の出てるドラマがそんなに嫌い?」

卯月「嫌いじゃなくて、怖いんです……」

凛「……その違いも私にはよくわからないんだ」

卯月「……ごめんなさい。私にも、自分の気持ちがよくわからないんです」

凛「そっか……」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:23:19.41 ID:GtJ6aU4I0
モグモグ…

凛「……私がトライアド組んだ時にもこんなやり取りあったよね」

卯月「え?」

凛「私、卯月のことがよくわからなくなって……でも卯月自身も『わかりません』って言って……」

卯月「……」

凛「……」

卯月「……Aさんに、嫉妬してるんじゃないかって言われました」

コトッ

卯月「凛ちゃんに嫉妬してるから、私たちの間に不和が生じているんじゃないかって」

凛「卯月……」

卯月「でも、嫉妬じゃありません。私は凛ちゃんに嫉妬しているんじゃありません。トライアドの時もそうじゃなかったように、今回も違います。それだけははっきりと言うことができます」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:23:51.70 ID:GtJ6aU4I0
アリガトウゴザイマシター

凛「……卯月。今日はもう少しだけ寄り道して帰ろっか」

卯月「はい、そうしましょう」

テクテク

凛「星がキレイだね。こんなに晴れたのって、久しぶりじゃないかな」

卯月「ふふ、そうですね」

凛「3話では星空をバッグに撮影するシーンがあるんだって。監督が言ってたよ」

卯月「……そうですか」

凛「うん……」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:24:31.57 ID:GtJ6aU4I0
凛「ねえ卯月」

卯月「はい」

凛「もし卯月に『ドラマを辞めてほしい』って言われても、私はドラマを降りることはできない」

卯月「……はい」

凛「だってドラマに出ることは私の仕事だから。例えお父さんに反対されても、私はオファーが来る限りドラマに出演し続けると思うよ」

卯月「……」

凛「だけど、だけどね、その代わりってわけじゃないけど……他のお願いなら、多少無茶なものでも聞いてあげられるかもしれない」

卯月「?」

凛「例えばそうだなぁ。『凛ちゃん、あのセリフ言ってください!』とか?」

卯月「……!」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:25:21.37 ID:GtJ6aU4I0
卯月「り、凛ちゃん!」

凛「……なに、卯月?」

卯月「あのセリフ、言ってくれませんか?」

凛「んー? あのセリフって何かな?」

卯月「あ、あ……『あん妻』の、あん妻の、あのセリフですっ!」ギュッ

凛「……ん。まあプロデューサーとの約束があるから、本当は言っちゃいけなんだけどね。でもここは握手会じゃないし、卯月相手にだったら言っていいかもしれない。うん、いいよ、言ってあげる」

ゴホン

凛「今の私たちは大人と子供。でも5年たてば、私たちは対等な関係になれる。そうでしょ?」

卯月「……」

凛「あんたの妻になる未来。それもまあ、悪くないかな」ニコッ
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:25:48.22 ID:GtJ6aU4I0
卯月「…………」

卯月(あ、そっか)

卯月(私はただ、凛ちゃんのこの笑顔を……)

凛「卯月?」

卯月「……ふふ。ありがとうございます。なんだか心のつっかえが取れたような気がします」ニコッ

凛「!」

卯月「どうかしましたか?」

凛「いや……卯月のその笑顔、見るの久しぶりだと思って」

卯月「笑顔……そういえば私、最近全然笑ってなかったような気がします」

凛「卯月に笑顔が戻ってくれて嬉しいよ。卯月のその笑顔がなくちゃ、私もアイドルをやってるって気がしないから」

卯月「ふふっ。ありがとうございます」

凛「……ううん、お礼を言うのは私の方」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:26:24.65 ID:GtJ6aU4I0
テクテク

卯月「ここでお別れですね。それじゃあまた明日、事務所でお会いしましょう」

凛「うん。気をつけて帰ってね」

卯月「はいっ」パァァッ

凛「……」

卯月「凛ちゃん?」

凛「……バイバイ」クルッ

ガチャ

凛「ただいま」

凛母「おかえり凛。あら、顔真っ赤じゃない」

凛「……ハーブティ飲んできたから」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:26:57.79 ID:GtJ6aU4I0
──翌日──

卯月「おはようございますっ」ガチャ

凛「あ、卯月。おはよう」

卯月「凛ちゃんっ。おはようございます、今日も1日がんばりましょう!」ニコッ

凛「うん……がんばろう」ニコ

卯月「……えへへ」

凛「ふふ……」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:27:40.11 ID:GtJ6aU4I0
ガチャ!

未央「た、大変だ~っ!」

卯月「未央ちゃん?」

未央「た、た、大変なんだ! 大変なことが発表されたんだよしまむー!」

凛「どうしたの未央、そんなに慌てて」

未央「し、しぶりんは先に聞かされてたりする!?」

凛「え……何の話?」

未央「い、今さっきプロデューサーから聞いてきたんだ。……しまむー、驚かないで聞いてね」

卯月「?」

未央「なんと、しまむーが──」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:28:12.16 ID:GtJ6aU4I0
ガチャ

奈緒「卯月!」

加蓮「あん妻出演おめでとう!!」

シーン

卯月「……へ?」

奈緒「こらこら加蓮、出演は違うだろっ。正確にはあん妻からオファーが来た、だろっ?」

加蓮「同じことじゃんっ。なんたってあん妻の3話の新ヒロインにと、監督からの直々の指名なんだから!」

卯月「え……ええーっ!?」

未央「もう2人とも、私から発表しようと思ってたのに~!」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:28:40.34 ID:GtJ6aU4I0
卯月「ちょ、ちょっと待ってください。わ、私があん妻からオファー!?」

加蓮「そうだよ~。聞くところによると、Aさんを巡って凛と3角関係になるんだってね。ん~、これは波瀾の展開だねっ!」

奈緒「Aさんから監督に推薦があったみたいだぜ! 『渋谷さんに対する島村さんの熱い思いは、必ずドラマを盛り上げてくれる』って!」

未央「最近こそこそ席を立つと思ったら、Aさんにコンタクトはかりに言ってたんだな~? しまむーやる~っ!」

アハハハ

凛「卯月……」

卯月「わ、私があん妻に……」

凛「……」

卯月「島村卯月、精一杯頑張ります!」ニコッ

凛「……え?」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:29:33.73 ID:GtJ6aU4I0
凛「え、卯月、オファー受けるの……?」

卯月「はいっ。せっかく頂いたお仕事です。私に務まるかわかりませんが……誠意一杯頑張らせていただきますっ」

凛「……」

──撮影所──

卯月「今日からお世話になります、島村卯月です。よろしくお願いします!」

パチパチパチ

A「島村さん、よく来てくださいました」

卯月「いえ……Aさん、ありがとうございます。Aさんが監督さんに推薦を出してくれたんだって聞きました」

A「そんなお礼なんて……私は先に脚本をいただいていて、新たな登場人物の役には島村さんが適役だと考えたまでのことです。一緒にドラマを、良いものにしていきましょう」

卯月「はいっ!」

A「もし演技の方で不安なことがありましたら、いつでも私に相談してください。精一杯力になりますので」

卯月「本当ですか、ありがとうございます! そうしたら、今度の日曜日に……」

凛「……」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:30:04.37 ID:GtJ6aU4I0
カーット!

卯月「うう……また怒られてしまいました」

凛「大丈夫だよ卯月。始めはみんなこんなもんだから」

卯月「……はい、島村卯月、めげずに頑張りますっ」

A「島村さん」スッ

卯月「あ、Aさん。お水持ってきてくれたんですね、ありがとうございますっ」

ゴクゴク

凛「……」チラッ

A「? 渋谷さんも、喉が乾きましたか?」

凛「……別に。私あっちの方で、セリフの確認してくるから」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:30:46.18 ID:GtJ6aU4I0
──休憩室──

凛「……」ペラッ

凛「……なにこの台本のあらすじ。卯月と私でAさんを奪い合うって書いてある」

凛「……」

凛「いや、ドラマだし、フィクションだし、別にいいんだけどさ」

凛「ただあまりに現実離れしてると、このドラマのファンもそのうち愛想尽かすんじゃないかな」

凛「あん妻もこうなってくると、いよいよ終わりが近いのかなぁ、なんてね」

凛「……そろそろ戻ろう」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:31:18.04 ID:GtJ6aU4I0
スタスタ

卯月「……少し、変なこと言ってもいいですか?」

A「はい?」

凛「ん?」

卯月「……最初に出会った時、優しく声をかけていただいた時から、その、私……あなたに恋してしまったみたいなんです」

凛「!!?」

A「え……?」

卯月「わかっています。こんな恋、許されませんよね。だけど私、私……」

凛(卯月が、そんな、そんな……)
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:31:46.08 ID:GtJ6aU4I0
バサッ…

凛「あ……」

卯月「え、凛ちゃん?」クルッ

凛「あ、ご、ごめん。邪魔するつもりはなかったんだけど、汗で手が滑って台本が落ちて、その……」

卯月「いえいえ、邪魔なんてことないですよっ」

A「渋谷さんもこちらで、一緒にセリフ合わせしませんか?」

凛「……え、セリフ合わせ?」

卯月「はいっ。3話のラストの場面です、凛ちゃんもご一緒にいかがですか?」

凛「……そ、そっか。そうだよね、はは」

卯月「凛ちゃん? 大丈夫ですか、あまり顔色が良くないですが……」

凛「だ、大丈夫だから。……私もセリフ合わせに混じらせてもらおうかな」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:32:46.69 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

卯月『……最初に出会った時、優しく声をかけていただいた時から、その、私……あなたに恋してしまったみたいなんです』

A『え……?』

卯月『わかっています。こんな恋、許されませんよね。だけど私、私……』

A『お、落ち着いてください、あなたは今混乱しているんです。今日の星空があまりに綺麗だから、その魔力に飲まれているだけなんです!』

卯月『そ、そんなことありませんっ。私は本当に、あなたのお嫁さんに──』

ゴオオオッ

凛『……何してるの? 2人で、こんなところで』

A『え? あ……こ、これは誤解です!』

凛『ふーん?』

卯月『……』

タラララ タララララ♪
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:33:23.09 ID:GtJ6aU4I0
──事務所──

未央「しまむーのドラマ撮影&テレビ放送3話を記念して、かんぱ~い!」

カンパーイ!

未央「ごくごくごく……ぷはーっ!」

卯月「ふふ、未央ちゃんいい飲みっぷりですっ」

未央「あはは、しまむーも飲んで! しまむーは今日の主役の1人なんだからさっ」

卯月「はい、いただきますっ」ゴクッ

未央「そしてもう1人の主役、しぶりん! さぁしぶりんも飲んだ飲んだ!」

凛「……うん」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:34:02.81 ID:GtJ6aU4I0
奈緒「それにしても相変わらずの引きだったな~! 全く焦らすのが上手だぜ!」

加蓮「本当続きが気になるよね。卯月の登場によってさらにストーリーに深みが増して……ふふ、4話制作も近いうちに決まるだろうねっ」

未央「しまむー演技上手だったよ~。何て言うか、堂々と演技できてた!」

卯月「ありがとうございますっ。Aさんにいろいろと演技指導してもらって……スタッフの方もみんな優しくて、その期待に応えようと精一杯役を演じましたっ」

未央「うんうん。しぶりんもすごく良かったよ! なんていうか、負のオーラ? 見たいのが、画面越しにも伝わってきた感じがして」

凛「……ありがと」

奈緒「2人ともネットの反応見てみろよ、すごい反響だぜ?」スッ
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:34:39.66 ID:GtJ6aU4I0
1.名無しさん
 あん妻今回もすごく面白かった!
 卯月ちゃんの演技も上手だったし、いろいろと考察が深まった回だったなぁ
 4話も正座待機です!

2.名無しさん
 確かに良かった。今まではA→←凛の両思いだったけど、そこに卯月という登場人物が増えて
 矢印がどういう風にかき乱されていくのか今から楽しみ
 そういえば漫画化の方に動きってあったのかな?
  
3.名無しさん
 卯月ちゃんが登場するって聞いて『どうせ事務所のごり押しでしょ』って最初は思ってたんだけど
 3話めちゃくちゃ楽しかったwww 演技も結構いけるんだね卯月ちゃんって
 個人的には3話が今までで1番面白かったぐらい
 
4.名無しさん
 いやいや、やっぱ1番良かったのは1話でしょ
 あの甘酸っぱい恋物語の感じが好きだったんだけどなぁ。3話はドロドロしててちょっと苦手(;_;)
 凛ちゃんもAさんも好きだから見続けるけどね~
 
5.アイオライトブルー
 ふーん。卯月がわた渋谷さんのライバル? ま、悪くないかな
 でもAさんの妻は渋谷さんこそふさわしいと思うけどね
 Aさんの妻の座を奪いに来るなら、いくら卯月でも渋谷さんは容赦しないんじゃないかな
 
6.名無しさん
 コメントに凛ちゃんいるぞwww
 3話はSNSとか見てても評判いいけどな。ただ4さんが言ってるようにちょっと路線変更気味だから
 爽やかな内容を望んでる人には不評かもしれない(元々15歳差の子供と大人の恋愛ものだったことには目をそらしつつ)
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:35:35.65 ID:GtJ6aU4I0
凛「……」

卯月「へぇ、こんなにたくさんの人が見ていてくれてるんですね」

奈緒「こんなもんじゃないぞ。もっとたくさんの人がドラマを見てるし、感想を書いてるんだ」

未央「あん妻公式のSNSには毎日100通近くメッセージが来るらしいよ!」

卯月「そんなに! へぇ、やっぱり『あん妻』はすごいですね」ニコッ

凛「……」ピク

加蓮「凛ももっと喜んだらどうなの。あの1話から始まって、今じゃ卯月も一緒にドラマの続編作れて、これが嬉しくないはずないでしょ?」

凛「……まあね」

加蓮「まあねって、もう、凛はクールなんだから!」

奈緒「凛は素直になるのが苦手だからな。このクールフェイスの下で、内心飛び上がるほど喜んでるに決まってるぜ!」

アハハハッ
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:36:02.62 ID:GtJ6aU4I0
──帰り道──

卯月「……凛ちゃん、最近あんまり元気がありませんね」

凛「そう?」

卯月「はい。……もしかして、私が一緒のドラマに出るの、凛ちゃん嫌だったでしょうか?」

凛「え……?」

卯月「……私に配慮が足りなかったですね。アイドル活動もドラマも私と一緒なんじゃ、凛ちゃん疲れちゃいます」

凛「い、いや、そんなんことない! 卯月と一緒に出れて、ドラマ楽しいよ!」

卯月「そ、そうですか?」

凛「うん、楽しい!」

凛(楽しい……はずなんだ)
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:37:00.80 ID:GtJ6aU4I0
凛(だけどどうしてだろう。全然、楽しいと思えない……)

卯月「えへへ。私も楽しいです、憧れの凛ちゃんと一緒に、『あん妻』に出演できて」

凛「……」

卯月「……私、最初は『あん妻』って言葉を耳にするのも嫌で、そのせいで凛ちゃんにもいろいろとご迷惑をかけてしまって」

卯月「だけど、凛ちゃんが『あん妻』のセリフで励ましてくれたから、私ももう一度立ち直ることができて」

卯月「今では凛ちゃんと同じ出演者として『あん妻』の舞台に立てている……私はとても幸せものです」

凛「……ねえ」

卯月「『あん妻』のスタッフの方はみんな優しいです。特にAさんは何度も熱心に演技の指導をしてくれて……こうして無事に『あん妻』3話を演じることができたのは、Aさんがいたからだと思っています」

凛「ねえったら」

卯月「まだまだ私は『あん妻』キャストそして日が短いですが、でも『あん妻』を盛り上げていきたいという決心は、ほかの『あん妻』関係者の方と同じぐらい強いと思ってます。だからこれからも私は、『あん妻』のために……」

凛「卯月っ!!」

ガシッ!
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:37:56.80 ID:GtJ6aU4I0
卯月「!」

凛「……あんまり『あん妻』『あん妻』って連呼しないでよ。あんまり気分よくないからね、それ」

卯月「凛、ちゃん……?」

凛「そうだよ。私はあん妻じゃなくて、凛ちゃんだから」

卯月「……はい」

凛「うん……わかってるなら、良いけどさ」

…カシャ

卯月「?」

凛「どうかした?」

卯月「いえ、今カメラの音が聞こえた気が……」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:38:49.02 ID:GtJ6aU4I0
──翌日──

奈緒「『帰り道のあん妻スタッフが偶然激写!』」

加蓮「『凛ちゃんと卯月ちゃんが取っ組み合いのケンカ!? これはAさんを巡っての場外乱闘か!?』」

卯月「……」ポカーン

凛「何、いきなり」

未央「今朝公式SNSに挙げられた写真だよ。ほら、2人とも見てみて」

卯月「! ……これは」

凛「……下品な見出し。それにこういうの、盗撮っていうんじゃないの?」

加蓮「別にいやらしい写真じゃないしいいじゃん」

奈緒「前にもこういうことあったよな。あん時は凛とAさんの2ショットだったが……」

卯月「あー、そういえばありましたね」

凛「……」

凛(……そういえばって)
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:39:55.75 ID:GtJ6aU4I0
凛「……私と卯月はプロデューサーのところに行ってくるから」

奈緒「ん、何しに行くんだ?」

凛「写真を消してもらいに行くに決まってるでしょ。あんな品のない煽りまで付けられて、黙ってなんていられないから。ほら行くよ卯月」

卯月「は、はいっ!」

タタタ

加蓮「……もう消しちゃうなんてもったいないなぁ。たった1枚の写真を我慢すれば、かなりのドラマの宣伝を見込めるのに」

未央「さすがに友達まで巻き込んで仲が悪いように書かれたのは心外だったんでしょ」

奈緒「だな。あたしも今回は悪ふざけが過ぎたと思うぜ」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:41:00.06 ID:GtJ6aU4I0
シツレイシマシター

凛「ふぅ。無事消してもらえたようで良かった」

卯月「はいっ、良かったです」

凛「……でも少し気持ち悪さは残るね。すでに少なくない人にあの写真と見出しを見られただろうし」

卯月「ふふ、そんなに気にしなくても大丈夫ですよ。公式さんのちょっとしたおふざけだってこと、みんなわかると思いますし」

凛「……そんなこと、私だってわかってるよ」

卯月「凛ちゃん?」

凛「……」プイ
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:41:55.79 ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──

司会『今日はこの方に来てもらいました。アイドルの島村卯月ちゃんです!』

卯月『こんにちは、島村卯月ですっ。よろしくお願いしますっ』

司会『卯月ちゃんといえば、あん妻の3話に電撃出演されましたよね。私を含め、多くの視聴者に衝撃が走った展開でした!』

卯月『ふふ、ありがとうございます。私もあん妻での新たな役をもらえると知った時はとても驚きました』

司会『4話への出演は決まりましたか?』

卯月『はい。今撮っているのが何話になるかは分からないんですけど、でも出演はさせていただけるみたいですっ』

司会『おー、それは楽しみですね。ネットではすでに『あん嫁』という愛称で呼ばれ、次回以降の活躍も期待されているみたいですよ』

卯月『あん嫁?』

司会『ええ。凛ちゃんが『あん妻』だから、卯月ちゃんは『あん嫁』というもじりらしいです』
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:42:25.19 ID:GtJ6aU4I0
卯月『へぇ……ネットの人って、面白いあだ名を考える天才ですね!』

司会『おー、島村さんもそう思いますか!』

アハハハ…

凛「……」ピッ

未央「あっ!」

楓『本日お邪魔するのはこの宿です。ここの名物はヤドカリ料理らしいですね。宿だけにヤドカリなんでしょうか、ふふっ』

未央「ちょっとしぶりん、急にチャンネル変えないでよ! 私見てたのに!」

凛「……」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:43:40.43 ID:GtJ6aU4I0
──撮影所──

A「おはようございます」

凛「……おはよう」

A「今日は、島村さんとご一緒じゃないのですか?」

凛「……卯月はサイン会の仕事で少し遅れるって」

A「そうですか……」

凛「愛しの卯月に会えなくて残念だったね」

A「え?」

凛「……」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:45:10.04 ID:GtJ6aU4I0
A「いえ、私は何も、そんなつもりで言ったわけじゃ……」

凛「……自分のことを好きになる役に卯月を推薦しといて、よくそんな白々しいこと言えるね」

A「! そ、それは誤解です。自分はただ……」

凛「もし卯月に本気で気があるようならここで忠告しとくけど、手を出してアイドルをやめさせるようなことがあれば、私は一生あんたを許さないから」

A「……誤解です。渋谷さん」

凛「あと、巷じゃ卯月のことを『あん嫁』なんて呼ぶ人たちもいるみたいだけど、いい気にならないでね。卯月にはその気なんて、これっぽっちもないんだからさ」

A「……」

凛「……」スッ

スタスタ
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:45:49.37 ID:GtJ6aU4I0
卯月「凛ちゃ~ん!」タタタッ

凛「……卯月」

卯月「すみません。今サイン会が終わって、急いで来たんですけど……」

凛「そっか、お疲れ様」

卯月「凛ちゃんもこれから撮影所ですか?」

凛「ううん。私は今出てきたところ?」

卯月「え、これから撮影ですよね。どこ行くんですか?」

凛「……ちょっと気分転換に、休憩室にでも行こうと思って」

卯月「気分転換ですか。ふふ、私もついて行っていいですか?」

凛「……別にいいけど」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:49:02.99 ID:GtJ6aU4I0
──休憩室──

卯月「そういえば聞きました? 私たちが今とっている撮影って、4話の分じゃないみたいなんです」

凛「どういうこと?」

卯月「決まったらしいんです……映画化が!」

凛「! ほ、本当に?」

卯月「はい。まだ誰にも言っちゃいけないらしいんですけど、監督が出演者の耳にだけは入れておいて欲しいって」

凛「そっか……なんか、いろいろすっ飛ばしての映画化だね」

卯月「でも知名度はかなり上がりましたし、きっと売れると見込んでの判断なんでしょうっ」

凛「……うん。きっと売れるよね」

卯月「あはは、売れますね」

凛「うん。……売れ”ちゃう”」

卯月「え?」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:50:54.22 ID:GtJ6aU4I0
凛「……あ、あれ? 私今なんて言った?」

卯月「売れちゃうって……」

凛「本当? あはは、おかしいね。まるで、売れて欲しくないみたいな言い方……」

卯月「凛ちゃん……」

凛「……」

凛(……私、どうしちゃったのかな)

凛(ドラマなんてフィクションだって言ってたのに)

凛(今はそのフィクションが、何よりもドロドロと気持ち悪い)
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:51:31.47 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……今日の撮影が終わった後、私の家に来ませんか?」

凛「え?」

卯月「凛ちゃんと一緒にやりたいことががあるんです。ダメですか?」

凛「一緒にやりたいこと? う、うん、別に遊びに行くのは構わないけど」

卯月「ありがとうございます。それじゃあ、今日の撮影も頑張りましょうっ」ニコッ

──撮影所──

カーット!

A「渋谷さん。今のシーンでは、もう少し柔らかい表情をするように心がけて下さい」

凛「……」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:52:21.14 ID:GtJ6aU4I0
A「渋谷さん?」

凛「……わかってる。次から上手くやるから」

A「次に島村さん。島村さんの演技はとても良かったと思います。日曜日に行った練習を、とてもよく復習されていることがわかりました。素晴らしいです」

卯月「素晴らしいなんて、そんなことありませんよっ。Aさんが丁寧に教えてくださったおかげです」

凛「……」
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:53:02.16 ID:GtJ6aU4I0
凛(……なんで卯月なんだろう)

凛(なんで卯月が選ばれたんだろう)

凛(なんで卯月が選ばれ”ちゃった”んだろう)

凛(卯月じゃなかったら、誰がAさんと仲良くしようと気にならないのに)

凛(卯月じゃなかったら私もこんな気持ちにならないのに)

凛(卯月じゃなかったらいつも通りでいられたのに)

凛(卯月じゃなかったらよかったのに)

凛(何なんだろうこの気持ち)

凛(決して卯月に対して苛立っているわけじゃないんだ。私は、私はただ……)

凛(私はただ……何なんだろう)
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:54:06.98 ID:GtJ6aU4I0
──卯月の部屋──

凛「はぁ……」

卯月「お疲れ様です、凛ちゃん」

凛「今日はたくさん怒られた……演技に身が入ってない私が100パーセント悪いんだけどさ」

卯月「そういう日もありますよ。気を落とさないでください」

凛(誰のせいだと思ってるの)

卯月「辛いことがあったら、なんでも私に言ってください。必ず力になります!」パァァッ

凛「……」

卯月「凛ちゃん?」

凛「……はぁ。その笑顔、反則だから」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:54:55.23 ID:GtJ6aU4I0
モフッ

卯月「凛ちゃんも、こっちベッドに座っちゃってください」

凛「うん……」スッ

卯月「今日はわざわざありがとうございます。疲れているのに、来てもらって」

凛「別にいいよ。約束だったしね。でも、一緒にやりたいことって何?」

卯月「えへへ、実はこれをもらってきたんです」

バサッ

凛「! それってあん妻の……」

卯月「はいっ。あん妻の漫画本、の見本です!」
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:55:22.12 ID:GtJ6aU4I0
凛「へぇ。いつの間にできてたんだ」

卯月「映画化を知らされた時に監督さんから頂いてきました。これも関係者だけの極秘事項だそうで」

凛「そっか。じゃあ残念だけど奈緒にはまだ見せられないね」

卯月「はい。でも凛ちゃんと一緒に使う分には問題ないはずですから」

凛「使う? どういうこと?」

卯月「この漫画を使って、一緒に演技の練習をしませんか?」

凛「演技の練習……」
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:57:58.02 ID:GtJ6aU4I0
ペラッ

卯月「では私はこのページの、このAさんの役をやりますね」

凛「これAさんなんだ。ちょっと美化されすぎじゃない? 本物はもう少しくたびれてるよ」

卯月「だ、ダメですよ凛ちゃん、そんな風に言っちゃ」

凛「冗談だよ……で、卯月がAさん役? 私は私の役をやればいいの?」

卯月「はい。それでお願いします」

凛「……でも私、正直言って上手くやれる自信ないな」

卯月「どうしてですか? このページってちょうどあん妻1話のラストの部分ですし、あの時みたいに凛ちゃん絶対上手く演技できますよ」

凛「……最近調子悪いんだ。あの時みたいにやれって言われても、多分できない」

卯月「……」
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:58:53.59 ID:GtJ6aU4I0
凛「私ね。結局卯月と一緒だったんだよ」

卯月「私と一緒?」

凛「うん。最初はね、卯月の気持ちがなんとなくしかわからなかった」

凛「友達が遠くに行ってしまう時に、少し寂しく感じることがあるでしょ。それと似た様なもんなんだと思ってた、卯月の気持ちの正体を私勝手に決め付けてた」

凛「でも、全然違ったんだよね。卯月がドラマに入ってきてからわかった。この気持ちは、そんな寂しさとは別の何かだって」

凛「私は卯月のことがわからなかったけど、自分のことはわかってる気でいた」

凛「でもそれも全くの勘違いだった。だって私は、今の私が何を考えてるか全然わからないもん」

凛「いつの間にか『卯月じゃなかったらよかったのに』って言ってる自分がいたんだ……だけど、どうしてそう思うのかすら理解できなくて、ドラマにも全然集中できなくて」

凛「でも決して、今の環境を恨んでいるわけじゃないんだ。卯月がドラマに来てくれたことを嬉しく思ったのは本当だし、今まで言ってきた言葉も心からの本音なんだよ」

凛「だけどそうじゃないんだ。私はね、私はただ……」

凛「……私はただ、何がしたいんだろうなって」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 03:59:55.87 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……」

凛「ごめんね。本当に説明下手だよね、私って……」

卯月「そんなことありません。私も凛ちゃんと同じことを悩んでいました」

凛「……」

卯月「自分が何をしたいのかわからないのって、もしかしたら一番辛いのかもしれません」

卯月「だって、答えのないことに悩まないといけないから」

卯月「だから、そういう時は勝手に自分で答えを決めちゃうんです」

凛「卯月……」

卯月「私も、私は一体何をしたいのかなって、随分考えました」

卯月「そして勝手に答えを決めちゃいました。あの星空の日、凛ちゃんの笑顔を見て決めたんですよ」

凛「……」

卯月「私はただ……」
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:00:32.33 ID:GtJ6aU4I0
卯月「私はただ……凛ちゃんの笑顔を、1番近くで見ていたいだけなんです」

凛「……」

卯月「それだけなんです」

凛「…………」

コホン

凛『……私はあんたの気持ちには答えられない。付き合うなんて無理だよ』

卯月『……そう、ですよね。ごめんなさい、無理なお願いをしてしまって』

凛『……5年』パッ

卯月『え?』

凛『5年待ってよ。今の私たちは大人と子供。でも5年たてば、私たちは対等な関係になれる。そうでしょ?』

卯月『そ、それはつまり──』

凛『あんたの妻になる未来。それもまあ、悪くないかな』
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:01:45.67 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……うふふ、いい感じですね。凛ちゃんやっぱり演技がお上手ですっ」

凛「でもまだちょっと固いかな。……ていうか、卯月に対して”あんた”って言うの、すごく違和感あるんだけど」

卯月「それじゃあ少しセリフ変えちゃいましょうか」

凛「だね、そうしよう。せっかくだから、その部分以外のところも書き換えちゃおうよ」

卯月「いいですね」
97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:02:47.60 ID:GtJ6aU4I0
凛「そうだよ。書き換えちゃえばいいんだ。勝手に答えを決めちゃえばいいんだよ」

凛「そうすればよかったんだ。初めからそうすればよかったんだ」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:03:57.31 ID:GtJ6aU4I0
カキカキ

凛「……それじゃあ改めて、こほん」

凛『……私は卯月の気持ちには答えられない。付き合うなんて無理だよ』

卯月『……そう、ですよね。ごめんなさい、無理なお願いをしてしまって』

凛『……5年』パッ

卯月『え?』

凛『5年待ってよ。今の私たちは子供と子供。でも5年たてば、私たちは対等な関係になれる。そうでしょ?』

卯月『そ、それはつまり──』

凛『卯月の妻になる未来。それもまあ、悪くないかな』ニコッ
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:04:26.76 ID:GtJ6aU4I0
卯月「……」

凛「……」

卯月「……凛ちゃん。すごくいい笑顔でした」

凛「……そっか。次はもう少し近くで笑ってみよっか?」

卯月「……いいんですか?」

凛「……別にいいよ。その代わり、卯月もその距離で笑ってね」

卯月「……はい」
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:04:55.65 ID:GtJ6aU4I0
凛「ずっとずっと笑っていてね」

卯月「はい。ずっとずっと笑っています」

凛「笑ってなかったら書き換えちゃうから。ドラマの台本みたいに」

卯月「……はい」

凛「無理にでも書き換えちゃうからね。卯月の笑顔はいつも私に向いてるんだよ」

卯月「はい」
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:05:22.67 ID:GtJ6aU4I0
──6ヶ月後──

未央「あん妻がいよいよ映画化か~。なんだか感慨深いね」

奈緒「その前に試写会があるんだろ。凛と卯月は一緒に行くのか?」

卯月「はいっ。席も隣同士のところを取ってもらいました」

加蓮「いいなぁ~。私たちも早く見たいなぁ」

未央「でも2人も完成した映画を見るのは初ってことになるんだよね」

凛「そうだね。内容はもう知ってるけど」

奈緒「なら楽しみだな。どんな映画になってるのか」

凛「映画?」

奈緒「え、うん。楽しみじゃないのか?」
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:07:38.51 ID:GtJ6aU4I0
凛「だって映画は見ないから」

奈緒「……? 試写会行くって今言ったろ」

凛「試写会行くとは言ったけど、映画を見るとは言ってないでしょ」

奈緒「は? 他に何を見るって言うんだよ」

凛「……」チラッ

卯月「……」ニコ



おわり
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:08:07.10 ID:GtJ6aU4I0
お疲れさまでした

見てくださった方、ありがとうございました
104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 04:08:43.86 ID:GtJ6aU4I0
よかったら過去作も見てください

凛「特別な人」


渋谷凛「蒼い痕」


渋谷凛「笑いどころ」


島村卯月「髪を梳かす理由」


神谷奈緒「箱の中にいる」


渋谷凛「金縛りしてごめん」


渋谷凛「夢占い」



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク