安部菜々「死ぬほどあなたが好きだから」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:27:00.52 ID:q7fALb2LO
「カバー曲、ですか?」

ある日手渡された書類に書かれた、懐かしい曲名。

「あぁ~懐かしいですねぇ・・・って、あっ、違います!えっと、あの、ウサミン星では2年くらい前に流行ったばっかりで・・・!」

「ノゥッ!!ナナはえ・い・え・ん・の!17歳です!ココリコミラクルタイプなんて番組、わかりませんからぁ!はいっ!この話はおしまいです!カバー曲の仕事、頑張りましょうねプロデューサーさん!」

慌てて書類を掴んで、その場をそそくさと立ち去る、これ以上はいけない他の娘もいるのだ。

改めて、書類を見直し曲名を確認する

「死ぬほどあなたが好きだから」

一緒に渡された音源を聴きながら、もう10年以上も経っていることに気がついて、軽くショックを受ける。
そうか、もうそんなに経つのか、こうやってお仕事ができるようになって、時間が進むのが早く感じるようになったきがする。歳のせいもあるのかな、なんて。

そして、曲が終わった時に、不意に昔を思いだした。

10年前、私が17歳だった頃、それこそ時給800円で働いていた頃の話。
私がウサミン星人になるよりも前の話。

ウサミン星人は、先代がいた。

誰も知らない、内緒の話

安部菜々こと、ウサミン星人は、二代目なのである。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:27:49.27 ID:q7fALb2LO
小さいころみたアイドル声優、あんな風になりたいと思って東京に通いはじめた頃、初めて「地下アイドル」に触れた。
当時は声優やアイドルになるために養成所に通う、なんて発想も施設もお金も無くて、とりあえず「アイドル」と名のつく場所をとにかく調べているうちに、そこにたどり着いた。

アイドルは、みんなキラキラとした場所で歌って踊ると信じていた私にとって、暗いイメージのある地下という場所はなかなかショックだったけど、ノリと勢いに任せた若い単純思考の私は
「夢への近道!」
という一言に釣られて、地下アイドルの世界に足を踏み入れた。
そこで動いて活躍すれば、声優にもスカウトされると本気で思っていたのだ。

そこで出会ったのが、初代のウサミン星人、その人である。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:28:28.51 ID:q7fALb2LO
私は一番最初のころ、正統派アイドルという形で動きたかった。
何となく、イロモノアイドルだと声優になった時に響くんじゃないかと勘違いしていた。
多分、イロモノ系の方が声優としては合っていたかもしれないけれど。
ただ、地下アイドルとはいえ新人に自由に動くことは許されなくて、ウサミン星人なんて肩書きをつけられて、いつの間にかユニットになって、先輩アイドルとセットでステージに出ることになった。
初めて会った先輩アイドルは、私よりも少し背が高くて、年齢も上で、正直いうと少し怖かった。

先輩は、ステージではほとんど完璧にウサミンを演じる人だったけど、ステージを降りたらすぐに演じるのをやめるタイプの人で、切り替えの早さに関しては他の人の群を抜いていた。
その上、地の性格はかなりサバサバしているものだから、狭い楽屋の中でも、浮いた存在になっていた。
ユニットを組んで長い間、あまり深く話したことも無いので、よく「なんでアイドルをやってるんだろう?」なんて思ったりもした。

「ダブル☆ウサミン」と名前のつけられたそんな先輩とのユニットは、私よりも先に「ウサミン星人」として活動していた先輩に、ウサミン星から増援がやってきた!という設定で活動していくことになる。


「ダブル☆ウサミンの小さい方」なんて呼ばれて、「安部菜々」として認識されることなく、小さなステージで少ない観客の前で歌って踊る。そんな日々がしばらく続いた。
欲張りな新人だった私は、思い描いていた理想とのギャップに少しずつもがき苦しんでいく。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:29:11.81 ID:q7fALb2LO
小さなステージで歌って踊って、芽がでる様子もなく3年が過ぎた。
その間に、お客さんも店の人たちも少しずつ変わっていって、私の少し前に入った人たちもどんどん辞めていった。
私と先輩、あと一人か二人を残してみんな入れ替わってしまった。

成人してしばらく経ったころ、ある日ステージが終わった後に先輩に言われた

「ナナ、飲みに行こうか。」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:30:03.28 ID:q7fALb2LO
「成人おめでと、奢るから好きに飲みなよ。」

成人したことは伝えてあったし、その時に軽くお祝いの言葉はかけてもらった、あまり普段の通りとかわらなかったから、あの時こうして祝ってもらえることを少しだけ不思議に思った。

バイトでも居酒屋で働いていたけれど、お客さんとして入るのは初めてだったし、お酒も初めてだった。
けど、会話の内容は今でもしっかり覚えている。

「ナナは、まだアイドル続ける?」

少し飲み進めて、お酒の味に慣れてきた頃、先輩は言った。

「菜々は…まだ続けて行こうとおもってます」

「…そっか」

そう言って、嬉しいようにも切ないようにも見える表情で先輩は笑った
その顔を見て、聞かずには、居られなかった。

「あの、センパイは続けるんですか、アイドル」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:30:45.91 ID:q7fALb2LO
「私?私はねー、うん、続けるよ、うん」

意外なほどに軽い返事で拍子抜けした私を尻目に、先輩は続けた。

「自分の話で悪いんだけど、私すっごい人見知りなんだ、地下アイドルになっても、今でも。」

「親からも、地下アイドルなんて辞めろって言われ続けてるけど、今のところ『ウサミン星人』でいる間は、人見知りの私は居なくなってくれるからさ、嫌な自分を見えなくして、少しだけど人も喜ばせて、狭いけどステージに立てて、それが楽しくてさ。もちろん、大きいステージにも立ちたいけどね」

「ナナとユニットってなった時、正直ゲッと思ったよね、なんども言うけど人見知りだし、うまくやってける自信もなかった、ステージの自分と…ウサミン星人は私じゃないからさ。」

「だから、3年も一緒にやっててくれて、本当にありがとうって、思ってる、ごめんね成人祝いの席のつもりなのにこんな話ししちゃって。」


今までの3年間、初めて触れた先輩の中身。
なんだか、思っていたよりもずっと私と先輩が近いことを知れて、嬉しく思えた。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:31:32.09 ID:q7fALb2LO
けど、ユニットとして仲良くなっても現実が変わっていくことはない。
今まで通り、小さなステージで、馴染みのファンと、変わらない日々が続いてく
少し変わったと言うならば、先輩と飲んだり遊んだりすることが多くなった
愚痴を言ったり、たまにもらえる店外の仕事に喜んだり。
ある日は、cdを持って来て聴かせてくれて

「芸人が歌えるなら、私らも歌えるよ」

なんて言って笑ったり。

それでもアイドルとして、次へ進んでく様子は何もなかった。
ただ、なんとなく、これでもいいかも、なんて思えてしまったのだ。

時間はゆっくりでもしっかり進んでいく
変わらないものなんて何もないことを、もう少し先で私は思い知ることになる。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:32:14.27 ID:q7fALb2LO
気がついた頃には、さらに3年経っていた
店はメイド喫茶と形を変えて、時代に合わせて服装も変えて、かつての名残のステージでは、私たちが歌っている
私たちはあいも変わらずウサミン星人だった。

馴染みのお客さんも少しずつ増えて、このままの状態がずっと続くと思っていた。

ある日のこと、先輩と店長が話しているのを見かけた。
その時は何とも思っていなかったけれど、今思えばあの時に少しでも察せたなら少しは何かが変わったのかもしれない
…いや、そんなことはないか。

その日以降、少しずつ先輩の元気が無くなっていった、長く付き合っているからこそ、何となく気づくことができた。

そして、ついにその日が来たのである。
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:33:00.89 ID:q7fALb2LO


家にいると、電話がかかってきた、先輩からの電話

「ナナ、ちょっと今大丈夫?」

この電話が、最後だった


「私、お店辞めるね」

たった一言、それだけで足元がぐらつくくらいにショックをうけた

「えっ、センパイ、いきなり」

どうしてと、言うよりも先に先輩が続ける

「お父さん、倒れちゃって、今は安定してるけど、割とギリギリまで行っちゃって。」

「お見舞いにいったらさなんて言われたと思う?『地下アイドルなんてやめてくれ』だよ?
ついにお願いされちゃった」

「死ぬ寸前までいってんのにさ、娘に頼むのが孫の顔とかじゃなくて〇〇辞めろだなんてさ」

「そんなこと言われちゃったらさ、もう、どうしようもないじゃん…」

「私のわがままで出てって初めて、ずっと地下でテレビにも出れてなくて」

「そんなの、親からしたら、ダメだよねえ」

「ごめんね、ナナ、今まで、付き合ってくれて」

何も、言えなかった。
目をそらして来た、自分の進んでいる先を見ているようで
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:33:41.78 ID:q7fALb2LO
「センパイ…」

「ごめんね、ウサミン星人、1人になっちゃうね」

「あの、私は、菜々は」

「大丈夫、私の今は、ナナの進む道とは違うもん」

突然、そういった
心の中を見透かされたようだった

「私は、ウサミンって皮をかぶるためだけにアイドルしてた、けど、ナナは違うよ、ちゃんとなりたいものがあるもん」

「大丈夫、今からでも何とかなるよ、理由を持って続けたなら、きっと。」

「セン、パイ・・・」
「泣かないで、ナナは笑って。」

「は”い”!」

「じゃあ、ごめんね、ウサミン」

「あと、ありがとう」

電話が切れた、私は、涙を流して、言われた通りに、笑った。
ありがとうございましたと、受話器に向かって呟いて。

次の日、先輩はお店に来なかった。
そうして、ウサミンは1人に。
安部菜々が、ウサミンになったのである。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:34:17.59 ID:q7fALb2LO
そして、今、ウサミンはテレビで、地上で歌っている。

先輩は、見ているだろうか。
あれから、先輩とは一度も話していない、連絡が取れない状態だった。

ウサミンは、大丈夫です、あなたが作ったウサミンは、立派なアイドルになりましたよ。
前よりも、ずっと多くの人を喜ばせる存在になりました。

なんて、それだけでも伝わってくれればいいな。


この思い出だけは、誰にも言わないでとっておこう、
私が、ウサミンを好きでいられるように、大事にしまっておきたいのだ。
私は、ウサミン星人が死ぬほど好きだから。

なんてね。
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 00:58:23.07 ID:DVIfdLCMO
おつ

あたらしいな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク