杏「ふれふれあんず」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:11:10.54 ID:Iw1dPgIU0
まゆ「ただいま、杏ちゃん」

杏「あ、お帰り」

杏「撮影どうだった?」

まゆ「うふふ……ちゃんと出来ましたよ?」

杏「ん、そっか」

杏「じゃ、発売が楽しみだね」

まゆ「そうですね」

まゆ「今回の撮影……アジサイも綺麗ですごい楽しかったんです」

杏「ふーん」

まゆ「……興味ないありませんか?」

杏「ほら、杏は花より団子だから」

まゆ「確かにそうですね……」

まゆ「じゃ、そんな杏ちゃんには……はい、どうぞ」

杏「ありがと」

杏「……クッキー?」

まゆ「はい」

まゆ「お土産に買ってきたんです……うふ」

杏「ふーん」

杏「じゃ、一緒に食べよっか」

まゆ「うふ、そうですねぇ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468692670
2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:12:50.03 ID:Iw1dPgIU0
杏「いただきまーす」

まゆ「いただきます」

杏「あむ……ん、わりとおいしい」

まゆ「ですねぇ……なんだかちょっと不思議な味……」

杏「だねー」

杏「でも癖になるかも……」

まゆ「うふ……」

杏「あむあむ……」

まゆ「……あ、そういえば」

まゆ「もうひとつ、不思議なことがあったんです」

杏「……撮影で?」

まゆ「はい」

杏「心霊写真が撮れたとか?」

まゆ「違いますよぉ……!」

まゆ「そんな写真は……」

まゆ「……」

まゆ「……な、ないはずです」

まゆ「たぶん……」

まゆ「……」

まゆ「……ないですよね?」

杏「いや、杏に聞かれても」
3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:16:07.98 ID:Iw1dPgIU0
杏「まあ、無事に撮影が終わったっていうなら大丈夫だと思うよ」

まゆ「ですよね……ほっ」

杏「……相変わらず怖がりだなぁ」

まゆ「怖いものは怖いので……」

杏「……で、何があったの?」

まゆ「あ、そうそう」

まゆ「えっと……撮影の日、まゆ、ふれふれまゆを作ったんです」

杏「……何それ?」

まゆ「雨が降って、プロデューサーさんと二人きりの時間が増えるように……って」

まゆ「そんな願いをこめた、まゆのてるてる坊主です」

杏「あー、るてるて坊主みたいな?」

まゆ「……るてるて坊主?」

杏「ん、違うの?」

まゆ「いえ……まゆ、るてるて坊主は知らないので」

杏「あ、そうなんだ」

杏「いや、ただ単にてるてる坊主を反対にして吊るすだけなんだけどね」

杏「そしたら明日は雨になるーっていうから……杏も小さいときは毎日吊るしてたよ」

まゆ「毎日……」

杏「毎日すごい雨が降ったらずっと休める!……って思ったんだけど」

杏「そんな強い雨ぜんぜん降らなくてさー」

まゆ「……まあそうですよね」

杏「だよねー」

杏「そんなに雨が降ってたら地球が海だけの星になりそう」

まゆ「……うふふ、それは大変ですねぇ」
4: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:19:18.00 ID:Iw1dPgIU0
まゆ「でも、まゆの作ったふれふれまゆはそのるてるて坊主とは違いますよ?」

杏「あ、そうなんだ」

まゆ「逆さに吊るしたりしないので」

杏「ふーん……じゃ、見た目はてるてる坊主と同じって感じ?」

まゆ「はい」

まゆ「……ううん、ちょっと違うかも」

杏「ん?」

まゆ「えっと……作り方は普通のてるてる坊主と同じなんですけど」

まゆ「作るとき……思い込めて作るんです」

まゆ「明日雨が降って、プロデューサーさんと一緒にいれますようにって……強く……強く……」

まゆ「……それで、完成した二つのてるてる坊主にアクセサリーをつけるんです」

まゆ「片方にはまゆと同じ……赤いリボンを頭と、首に……」

まゆ「片方にはプロデューサーさんと同じ黒いネクタイを首に……」

まゆ「これで、てるてるまゆとてるてるプロデューサーさんの出来上がりです」

杏「……なるほどねー」

まゆ「あとは、これを吊るすんです」

まゆ「てるてるまゆとてるてるプロデューサーが寄り添うように……一緒にいられるように……って」

まゆ「それから、吊るしたそれに祈るんです」

まゆ「ふれふれ……ふれふれ……って」

まゆ「……これでふれふれまゆの完成です」

杏「ふーん……」
5: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:25:46.62 ID:Iw1dPgIU0
まゆ「これを作ったから……きっと雨が降って」

まゆ「プロデューサーさんと二人きりの時間が増えたんです……うふ」

まゆ「……きっとこれは偶然じゃない」

まゆ「まゆの思いを受け取ってくれた神様が叶えてくれたんだって……まゆは、そう思ってます」

まゆ「うふ……うふふっ」

杏「……いいなー」

杏「……本当に叶うなら……杏も作ろうかな」

まゆ「あら、杏ちゃんも作るんですか?」

杏「うん」

杏「……杏も、明日雨降らないかなーって思ってるからさ」

まゆ「そうですか……」

まゆ「……杏ちゃんが作るならふれふれあんずですね」

杏「……どっちでもいいよ」

まゆ「うふふ」

まゆ「……ちなみに、なんで雨にしたいんですか?」

杏「お仕事だから、休みにならないかなって」

まゆ「……杏ちゃん、しばらくオフでしたよね?」

杏「ん、そだよー」

杏「まゆもいなかったし、だらだらの限りを尽くしてた!」

杏「……なんて生活してたらさー」

杏「休みになれちゃったよね」

杏「お仕事したくなくなるよね」

杏「だから明日は休みたい!」

まゆ「……」
6: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:29:31.97 ID:Iw1dPgIU0
杏「……いや、明後日からがんばるつもりだよ?」

まゆ「……本当ですかぁ?」

杏「少なくとも今はそう思ってる」

まゆ「……」

杏「それに、明日ってまゆはオフなんでしょ?」

まゆ「あ、はい……」

杏「……だから、久しぶりにいろいろ遊びたいなって思って」

杏「撮影でしばらくあえなかったし」

まゆ「!」

杏「だから、明日雨になって、お仕事が無くなればいいのにな……って」

杏「……まあ、そんな感じで作ろうかなって」

杏「……」

まゆ「……そうですか」

まゆ「うふ……いけないことなのに……うれしいかも……♪」

まゆ「うふふ……」

杏「……何さ」

まゆ「いえ、別に」

まゆ「……杏ちゃん、寂しかったんだな……って」

杏「……そりゃあさ、この寮って杏たち以外いないしさ」

杏「ちょっとくらい寂しくたって……仕方ないでしょ」

まゆ「うふ……そうですね」

まゆ「うふふ」

杏「……何さ」

まゆ「いえ別に……うふふ」

杏「……うぅ」
7: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:30:20.97 ID:Iw1dPgIU0
まゆ「さて、それじゃ作りましょうか」

杏「ん、そだね」

杏「……まゆはてるてるまゆにリボンをつけたんだよね?」

まゆ「そうですね」

まゆ「よりまゆらしくなるようにって……」

杏「そっか……んじゃ、杏も杏らしくなる何かを……」

杏「……」

杏「……働いたら負けって書けばいいか」

まゆ「うふ……確かに杏ちゃんらしいですね」

杏「でしょ?」

杏「あと杏らしいものっていってもこのうさぎくらいしかないし……」

まゆ「このうさぎを作るのは……」

杏「まあ、無理だよねー」

まゆ「……あら?」

まゆ「そこ、綿出てませんか?」

杏「……あ、本当だ」

まゆ「うふ……後で縫ってあげますねぇ」

杏「……ありがと」

杏「やっぱまゆがいると助かるなー」

まゆ「うふふ……」

まゆ「今度の撮影は一緒に行けるといいですね」

杏「……そだね」






………………

…………

……
8: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:31:07.13 ID:Iw1dPgIU0
まゆ「うふ、できました」

杏「杏もできたよ」

まゆ「あらかわいい」

杏「まゆのこそ」

まゆ「うふふ」

杏「へへっ」

杏「……で、後はこれを吊るせばいいんだっけ?」

まゆ「そうですね」

まゆ「ふれふれ……ふれふれ……って祈りながら」

杏「んー」

杏「……ふれふれー……めっちゃふれー……!」

杏「交通が機能しなくなるくらいの雨めっちゃふれー……!」

杏「明日が間違いなく休みになるくらいの雨めっちゃふれー……!」

杏「ふれー……ふれふれー……!」

杏「……」

杏「……よしっ!」

杏「こんなもんかな?」

まゆ「……別に声出さなくてもよかったんですけど」

杏「あ、そうなの?」

杏「……ま、声に出したほうが神様にも届きやすいでしょ」

まゆ「そういうものでしょうか……?」
9: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:36:28.49 ID:Iw1dPgIU0
杏「それじゃ、まゆも吊るしなよ」

まゆ「そうですね」

まゆ「……」

まゆ「……」

まゆ「……」

まゆ「……これがてるてるまゆ」

まゆ「それと……」

まゆ「……」

まゆ「……」

まゆ「これが、てるてるプロデューサーさん」

まゆ「うふ……これで出来上がり……♪」

杏「……二つ作ってるなーとは思ったんだけど」

杏「やっぱりプロデューサーだったんだね」

まゆ「はい」

まゆ「まゆと、杏ちゃんと、プロデューサーさん」

まゆ「……てるてるまゆたちも一緒にいさせたかったので」

まゆ「まゆたちと同じように……うふ」

杏「……そっか」

杏「そうだよね……うん」

まゆ「……」

杏「……」

杏「……ね、明日雨降るかな?」

まゆ「降りますよ、きっと……うふ」

杏「そっか」

杏「……そのときは、プロデューサーもこの部屋に来て、一緒に1日中だらだらするのかな」

まゆ「神様がお願い事を叶えてくれるならそうなるかもしれませんね」

杏「……雨の中くるなんて大変だろうなぁ」

まゆ「そうですね……うふふ」
10: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:40:29.77 ID:Iw1dPgIU0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

杏「……降ってるね」

まゆ「降りましたねぇ」

まゆ「それも、結構強い……」

杏「……外に出たくないレベルのね」

まゆ「……」

杏「……」

杏「……まさか、本当に降るとは」

まゆ「信じてなかったんですかぁ……?」

杏「いや、別にそういうわけじゃないんだけど……」

杏「……降ってるなぁ」

まゆ「降ってますよ……うふ」

杏「……」

杏「……今日のお仕事なくなるかな?」

まゆ「プロデューサーさんから連絡来てるんじゃないですか?」

杏「あ、そっか」

杏「んー……あ、連絡来てる」

杏「なになに……」

杏「……」

杏「……うげー」

まゆ「あら」

まゆ「なんて書いてあったんですか?」

杏「……仕事はあるから迎えに来るってさ」

杏「くそう……休めなかった……」

11: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:50:57.17 ID:Iw1dPgIU0
杏「こんな雨降ってるんだから仕事なしでもいいのに……」

まゆ「……今日は何のお仕事なんですか?」

杏「えっと……何かの雑誌の撮影だったかな」

まゆ「……それって、室内のですか?」

杏「そうだったはず」

まゆ「……なら、このくらいの雨じゃ、まだお仕事なくならないかと……」

まゆ「室内だったら雨もほとんど関係ないでしょうし」

杏「まあそっかー……」

杏「……警報も出てないから辿り着けないってこともないだろうしねー」

まゆ「そうですね」

まゆ「警報まで出てたら、もしかしたら休みになっていたかもしれませんけど……」

杏「祈りが足りなかったかー……くそう」

杏「もっとふれー……って祈っとけばよかった……」

まゆ「……うふ」

まゆ「それじゃ、プロデューサーさんを待ってましょうか」

杏「……どれくらいで来るかな?」

まゆ「きっとすぐ来ますよ」

まゆ「プロデューサーさんなら」

杏「うげー……」

杏「今日もだらけようと思ってたのに……もっとだらだらしたかったのに……!」

まゆ「ふふ、また今度、一日中一緒に遊びましょうね……♪」

杏「杏は遊ぶよりはだらけたいけどね」

杏「……一緒に」

まゆ「……うふふっ」







おわり
13: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/17(日) 03:58:52.97 ID:Iw1dPgIU0
前のあんまゆ

まゆ「プロデューサーさんの車……」



最近書いたの

ありす「フレデリカさんが小さくなりました」


まゆ「一目惚れ」


まゆ「朋さんの誕生日」



よかったらこちらもよろしくお願いします

関連スレ:

この書き手のSS
(これ以外のあんまゆも)


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク