まゆ「一目惚れ」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 00:58:24.39 ID:trALIHfu0
前の

泰葉「人形の館」



寺生まれのPさんとか、微妙に幼いよしのんとか、微妙にイカレた茄子さんとか、神社生まれの歌鈴ちゃんとか出ます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467820704
2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 00:59:18.84 ID:trALIHfu0
モバP「次の仕事はロケに行ってもらう」

芳乃「おー」

茄子「この3人でですか?」

モバP「うちの事務所からはそうだな」

茄子「なるほど……よろしくお願いしますね♪」

歌鈴「よろしくお願いしましゅっ!」

芳乃「……相変わらず噛み癖は抜けないのでして」

歌鈴「あうぅ……」

茄子「それで、何のお仕事ですか?」

モバP「肝試しだな」

歌鈴「……肝試しですか?」

モバP「ああ」

モバP「3人と、あと別事務所の2人で心霊スポットに行く――ってやつだ」

芳乃「ほー……」

芳乃「……」

芳乃「……人選ミスではー?」

モバP「ん?」

芳乃「わたくしたちにとって霊の類は慣れ親しんだものであるゆえー」

芳乃「怖がる姿はほぼ見せられないかとー」

芳乃「特に茄子殿は終始笑顔を見せてるのではー?」

茄子「そうですねー」

茄子「わっ、面白い……って笑ってると思います♪」

芳乃「……まさか否定されないとはー」
3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 00:59:55.51 ID:trALIHfu0
モバP「まあ、それは百も承知だ」

茄子「……そうですよね」

歌鈴「私はちょっと怖いですけど……」

芳乃「そなたには技があるので大丈夫ではー?」

歌鈴「まだ修行中なので、効くかどうかもわかりませんし……」

歌鈴「……そもそも、技ができても見えないところから襲われたら……って思うと……」

茄子「……確かにそういう意味では、私も怖――」

茄子「――くはないですね、面白そうです♪」

芳乃「どうせそういうと思ってましてー」

モバP「歌鈴」

モバP「……わかってると思うが、悪霊以外にやるなよ?」

歌鈴「あ、はい、もちろんです!」

歌鈴「お兄さんとの修行で散々教わってきましたから……」

歌鈴「霊だって妖怪だって、あるいは神様だって全部が全部悪いやつじゃない……って」

歌鈴「だから、悪い霊にだけやるように……って」

モバP「ああ、そのとおりだ」

モバP「……悪いが、今回のロケはずっとついててやることが出来ない」

モバP「だから、何かあったら頼むな、歌鈴」

歌鈴「はい、がんばりますっ!」

茄子「うふふ、頼りにしてますね♪」

歌鈴「はいっ!」

歌鈴「……うぅ」

歌鈴「ちょっと緊張してきた、かも……」

茄子「大丈夫ですよ、歌鈴ちゃん」

茄子「私がいるので変なことは起こらないはずです♪」

芳乃「台無しでして」
4: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:00:31.91 ID:trALIHfu0
茄子「ところで、別事務所の人って誰が一緒になるんですか?」

モバP「ああ、1人は白菊ほたるだ」

モバP「茄子と芳乃は知ってるよな」

歌鈴「そうなんですか?」

芳乃「前に共演したことがありましてー」

歌鈴「へぇ……」

茄子「私は今も結構連絡してますよ♪」

芳乃「そうなのでしてー?」

茄子「はい……ほら、こんな感じで」

歌鈴「あ、本当だ……」

茄子「普通の話しかしてませんけどね」

茄子「あ、これは二人で遊園地に遊びに行ったときの写真ですね」

芳乃「ほー」

歌鈴「結構遊びに行ったりしてるんですか?」

茄子「行きますよー♪」

茄子「一緒にお仕事してから、すっかり仲良くなっちゃって」

茄子「ほら、こっちの写真は――」

モバP「――話を続けてもいいか?」

茄子「あっ、ごめんなさい」

モバP「……」

モバP「ええと……で、もう一人は……たぶんみんな初対面だな」

モバP「佐久間まゆだ」
5: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:01:58.85 ID:trALIHfu0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


茄子「ほたるちゃーん!」

ほたる「あ……茄子さん!」

茄子「ふふ、今日はよろしくお願いしますね♪」

芳乃「よろしくでしてー」

ほたる「あ、芳乃さんも……」

ほたる「あと――えっと、歌鈴さん……ですよね?」

歌鈴「あっ、はい、道明寺歌鈴でしゅっ!」

歌鈴「あぅ……え、えっと……よろしくお願いしますっ!」

ほたる「白菊ほたるです、みなさん、今日はよろしくお願いします……!」

芳乃「こちらこそー」

茄子「うふふっ、ほたるちゃんとお仕事できるなんて楽しみ……♪」

ほたる「私もです……ふふっ」

芳乃(……以前よりも笑顔が明るく見えるのでしてー)

芳乃(よきかなよきかなー)

歌鈴「……あれ?」

歌鈴「えっと……まゆさんは……?」

ほたる「たぶん……もう少しで来ると思います」
7: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:05:30.27 ID:trALIHfu0
??「……お待たせしました、ほたるちゃん」

ほたる「いえ……あ、こちらが今日競演する3人の方です」

茄子「鷹富士茄子ですよー」

芳乃「依田芳乃でしてー」

歌鈴「えっ……えーっと……道明寺歌鈴でさぁー?」

芳乃「無理にあわせようとしなくてもいいのでして」

歌鈴「な、なんかリズムに乗ってたので私も乗らなきゃかなって……」

まゆ「うふふっ」

まゆ「まゆは佐久間まゆって言います」

まゆ「よろしくお願いしますねぇ、茄子さん、芳乃ちゃん、歌鈴さん」

まゆ「まゆ……幽霊は苦手なので、ちょっと恥ずかしい姿を見せてしまうかもしれませんけど……」

芳乃「大丈夫でしてー」

芳乃「わたくしたちに仇なす霊はこちらの歌鈴殿が祓ってくれますゆえー」

まゆ「そんなことできるんですか……!?」

歌鈴「ま、まあ……一応……」

まゆ「信じがたいんですけど……」

ほたる「……でも本当だと思います」

まゆ「……そうなんですか?」

ほたる「はい」

ほたる(歌鈴さんじゃないけど、実際にやってるところ見たことあるし……)

ほたる(寺生まれの人がいる事務所ならおかしくないと思う……)

まゆ「……それなら頼りにしますねぇ、うふふ」

歌鈴「は、はひっ!」

歌鈴「……」

歌鈴「……き、緊張が……!」

茄子「……歌鈴ちゃんだけ別の緊張してますね」
8: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:06:41.44 ID:trALIHfu0
まゆ「みなさんは怖くないんですか?」

芳乃「こわくないのでしてー」

まゆ「すごいですねぇ」

芳乃「えへん!」

まゆ「うふふ」ナデナデ

芳乃「わひゅっ!」

芳乃「……なんで撫でるのでして?」

まゆ「いえ、つい、かわいらしくて」

芳乃「むー……そなたもわたくしと身長はそこまで変わらないのでしてー」

まゆ「でもまゆの方が大きいので」

まゆ「少し撫でやすいかも……うふふ」

茄子「私はもっと撫でやすいですよー♪」ナデナデ

芳乃「むー……!」

茄子「芳乃ちゃん可愛いー♪」

芳乃「やめるのでしてー!」

茄子「うふふ♪」

まゆ「ふふ……こうしてたら怖さもなくなるのかも……♪」

芳乃「うむー!」

ほたる「ふふっ」

歌鈴「……ほたるちゃんも怖いのは大丈夫なんですか?」

ほたる「あまり得意では……」

ほたる「……だから」

ほたる「もし何か出てきたらよろしくお願いしますね」

ほたる「私、不幸だからきっと――」

ほたる「――違う違う」ブンブン

歌鈴「……?」

歌鈴「……えっと……何か出てきたときは、私が守りま――」

「――そろそろ本番ですので準備お願いしまーす」

歌鈴「はひっ!」

まゆ「あら……もうそんな時間……」

茄子「芳乃ちゃんを撫でてたら時間が早く進みましたね♪」

芳乃「むー……」

芳乃「髪がぐしゃぐしゃになったらどうするのでしてー?」

まゆ「そんなに強くは撫でてないから大丈夫ですよ、うふ」
9: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:07:55.04 ID:trALIHfu0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


茄子「というわけで、有名な心霊スポットまで来ました!」

茄子「いやー、雰囲気が出てて怖いですねー♪」

芳乃「表情と言葉が一致してないのでして」

歌鈴「すごい笑顔ですね……」

茄子「だって、もし何か出たらって思うと楽しくないですか?」

まゆ「……何か出るんですか?」

ほたる「えっと……結構霊の目撃情報が多いみたいです」

ほたる「他にも人魂だとか……骸骨だとか……」

茄子「お化け屋敷みたいですね♪」

まゆ「こっちは本物だと思いますけど……」

ほたる「後はここで何もなくても帰った後に怪奇現象が起こることもあるそうで……」

芳乃「あー……憑りつかれてしまったのでしてー」

歌鈴「……ごくり」

茄子「……まあ、でも大丈夫です!」

茄子「5人もいるから幽霊もうるさくてよってこないでしょうし」

茄子「それに、私もいますから、ね?」

まゆ「すごい自信……」

茄子「私って幸運ですから♪」
10: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:16:11.03 ID:trALIHfu0
芳乃「それで、私たちはどうすればいいのでしてー?」

ほたる「えっと……ここからまっすぐ言った先にある社に行って、戻ってくればいいそうです」

芳乃「……それだけでしてー?」

茄子「何か印とか置いてないんですか?」

ほたる「よりリアルさを求めるために誰も立ち入ってないそうです」

ほたる「なので、この先に何があるか私たちも……スタッフの皆さんも誰も知りません」

ほたる「だれも……」

まゆ「……」

歌鈴「……」

茄子「金銀財宝が落ちてたりしませんかねー?」

芳乃「台無しでして」

茄子「ふふ、怖がっていても仕方ありませんから」

茄子「もっと楽しくいきましょう……ほら、空が綺麗ですよ」

歌鈴「……わ、本当」

まゆ「ライトを消したらもっと綺麗になるんでしょうか……」

芳乃「一面星で埋まるのではー」

歌鈴「あ、それ見てみたいかも……」

ほたる「撮影中ですから消すのは……」

歌鈴「あぅ、そうですよね……」

茄子「きっと、ここでライトを消して空を見上げるより、この先のここよりもぜんぜん明かりのないところで見上げたほうが、もっと素敵な星空が見れると思います」

茄子「ふふっ、そう考えるとこの道も怖くなくなって来ませんか?」

まゆ「……」

茄子「あら?」

歌鈴「それとこれとは別だと思いますけど……」

芳乃「まあ、わたくしは微塵も怖くないのですがー」

芳乃「幽霊なんて平気なのでしてー」

茄子「えー?」

芳乃「疑り深い目を向けられても、平気なのは本当でしてー」

ほたる「ええと……じゃあ、あの」

ほたる「……早速行きましょうか」

茄子「おー♪」


………………

…………

……
11: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:19:08.55 ID:trALIHfu0
まゆ「……さすがに雰囲気がありますねぇ」

ほたる「そうですね……今にもすぐそこから何か出てきそうで……」

ほたる「……手、離さないでくださいね?」

まゆ「まゆも離せませんから、大丈夫です……」

歌鈴「……」キョロキョロ

芳乃「……何かいましてー?」

歌鈴「周りがお墓だから、それなりにたくさん……」

歌鈴「みんなこっちには無関心だけど……」

茄子「あら、残念」

ほたる「残念じゃないと思います……」

まゆ「……」

まゆ「まゆたちはこんなに怖がってるのに……歌鈴さんも茄子さんも芳乃ちゃんもすごいですねぇ」

まゆ「……とくに芳乃ちゃん」

芳乃「どういう意味でして」

まゆ「ずっと強がりかと思ってました」

芳乃「むー……!」

芳乃「わたくしたちは霊には慣れているためー」

芳乃「このような場所など平気へっちゃらでしてー」

茄子「それに、見えない何かが襲ってくるなんて面白いじゃないですか♪」

茄子「今だって……普段じゃ味わえないぞくぞくって感じが……ふふ、楽しい……♪」

まゆ「……その気持ちはまゆにはわかりません」

芳乃「誰にもわからないと思うのでして」

茄子「あら」
12: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:19:53.23 ID:trALIHfu0
ほたる「歌鈴さんは霊が見えるんですよね?」

歌鈴「あ、はい、一応……」

ほたる「もし、私たちにも幽霊の姿が見えたらこんなに怖くなかったんでしょうか……?」

まゆ「歌鈴さん……どうやって見えるようになったんですか?」

歌鈴「えっと……しゅ、修行?」

まゆ「……修行」

まゆ「どういうことをするんですかぁ……?」

歌鈴「え、あの、えっと、えーっと……」

歌鈴「そっ、それより、あの、見えててもぜんぜん怖くないわけじゃないですよ、私!」

歌鈴「私にも見えないのだっているかもしれませんし……そもそも、見えないところから襲ってくるかもしれませんし」

歌鈴「そんなのに襲われたら、私――」

茄子「――ばあっ!」

歌鈴「ひゃああぁっ!?」

芳乃「」ビクッ

茄子「うふふ、こうやって驚いちゃうんですね♪」

歌鈴「か、茄子さん……っ!」

歌鈴「……びっくりしたぁ……!」

芳乃「わたくしも、急に大きな声出されたからびっくりしたのでして……」

芳乃「お二方は大丈夫でしてー?」

ほたる「」

まゆ「」

芳乃「……ほたる殿ー、まゆ殿ー?」

ほたる「」

まゆ「」

芳乃「……」

芳乃「茄子殿」

歌鈴「茄子さん」

茄子「……やりすぎちゃいましたね」
13: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:20:33.28 ID:trALIHfu0
まゆ「……」

ほたる「……び、びっくりしました……」

茄子「ごめんなさい、二人とも」

茄子「つい、楽しくなっちゃって……」

まゆ「もう、しないでくださいねぇ」

まゆ「まゆ、本当に怖かったんですから……」

まゆ「まだ、心臓がばくばくって……」

ほたる「私も……」

ほたる「本当に…………本当にびっくりして……死んじゃうかと……」

茄子「……ごめんなさい」

茄子「反省します……」

芳乃「二人とも、立てましてー?」

まゆ「はい……だ、大丈夫です」

ほたる「なんとか……」

まゆ「右……左……うん、歩けます」

歌鈴「……じゃあ、行きましょうか」

ほたる「はい……」

ほたる「……もう驚かさないでくださいね?」


………………

…………

……
14: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:21:06.11 ID:trALIHfu0
まゆ「目的の社の目の前まで来ましたが……」

芳乃「特に何もないのでしてー」

ほたる「何も用意してないって言ってましたから……」

芳乃「皆頑張ったのですから、ご褒美くらい置いてもいいとおもうのですがー」

ほたる「でも、ここにお菓子とか置いてあっても食べる気には……」

芳乃「……それもそうでしてー」

茄子「ご褒美……」

茄子「あ、空を見上げてみましょうか」

歌鈴「空……?」

まゆ「わぁ……」

まゆ「想像してたより、ずっと綺麗……」

芳乃「おー」

ほたる「すごい……こんなの見たことない……」

茄子「ふふ」

茄子「心霊現象も何も起こらなかったし……結局、夜のお散歩みたいな感じでしたね♪」

芳乃「でしてー」

歌鈴「そうで――きゃっ!」

歌鈴「いたた……上を向きながら歩いたら転んじゃいました……」

芳乃「大丈夫でしてー?」

歌鈴「大丈――ん?」
15: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:23:18.50 ID:trALIHfu0
まゆ「しかし、何も怖いこと起こらなかったのはいいんですが……」

まゆ「テレビ的にこれは大丈夫なんでしょうか?」

ほたる「そうですね……もう一回やってとか言われても私――」

歌鈴「――!」

歌鈴「み、みなさん、ちょっとこっち来てください、私の周りに!」

ほたる「……?」

芳乃「どうしたのでしてー?」

歌鈴「今、転んで見つけたこのお札……」

歌鈴「何かを封印してたものです」

芳乃「!」

茄子「!」

まゆ「封印、ですか?」

歌鈴「はい……具体的に何が封印されてたかは私にはわかりませんが」

歌鈴「でも、封印されてたってことは、それほど危ない何かがいたってことです……」

芳乃「……」

茄子「……もしかして、周りにいるんですか?」

歌鈴「……それはわかりません」

歌鈴「……このお札が効力をなくしてることはわかりますが、それがいつなくなったのかまでは、私には」

歌鈴「……ですが、仮に周りにいるとしたら、間違いなく私たちを狙っているはずです」

歌鈴「なので、私の傍から離れないでください」

ほたる「……は、はい」

まゆ「……」
16: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:25:22.80 ID:trALIHfu0
歌鈴「……」キョロキョロ

茄子「何かいますか?」

歌鈴「いえ……何も……」

歌鈴「……もしかして、ずっと前に外れたものだったんでしょうか?」

芳乃「そうだったらいいのですがー……」

まゆ「……もし、そんな危ないのがここにいるなら早く逃げないと」

歌鈴「……そうですね」

歌鈴「まわりには何もいませんし……今のうちに逃げたほうがいいかもしれません」

歌鈴「行きましょう、皆さん」

芳乃「……」コクリ

茄子「はい」

ほたる「……」

まゆ「……」

歌鈴「……」

歌鈴「……」

歌鈴「あっ!」

歌鈴「まゆちゃん、危ないっ!」ドン

まゆ「きゃっ!」

歌鈴「はぁ!!!」

まゆ「!?」

まゆ(歌鈴さんの手から光が……!)
17: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:27:48.91 ID:trALIHfu0
歌鈴「……ふぅ」

歌鈴「……」キョロキョロ

歌鈴「……うん、一応いなくなったみたい」

歌鈴「あれが封印されてた霊だったのかな……?」

まゆ「か、歌鈴ちゃん……今のは……?」

歌鈴「あ、まゆちゃん……押しちゃってごめんなさい」

まゆ「いえ、それはいいんですけど……」

まゆ「それより、今の……?」

歌鈴「……えっと、まゆちゃんに憑りつこうとしてた霊がいたんです」

歌鈴「なのでそれを阻止するために使いました」

歌鈴「……うまくいったみたいで、よかった……」

まゆ「……もしかして、今手が光ったのがさっき話してた技ですか?」

歌鈴「はい……修行して身に着けた技です」

歌鈴「……ちゃんと守ることができてよかったです」

まゆ「……すごい」

歌鈴「そんな、私なんてまだぜんぜん……!」

歌鈴「お兄さんの方がずっと――」

まゆ「――お兄さん?」

歌鈴「あ、はい、私たちのプロデューサーなんですけど……」

歌鈴「私より、とっても強くて……頼もしくて……」

歌鈴「……きっと、もっと頼りになったと思います」

まゆ「……」

まゆ「……でも、歌鈴さんはまゆを助けてくれました」

まゆ「まゆには何も見えないので、よくわかりませんけど……でも、ありがとうございます」

歌鈴「あ、いえ、当然のことをしただけですから!」

まゆ「うふふ……頼りにしてよかった……♪」

歌鈴「そんな……」

歌鈴「……」

歌鈴「……えへへ」
18: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:29:26.51 ID:trALIHfu0
歌鈴「……あ」

歌鈴「カメラさん……今の、もしかして、撮ってますか?」

歌鈴「撮ってたら消してほしいんですけど……駄目ですか?」

歌鈴「……えっ?」

歌鈴「そもそもノイズだらけで何も撮れてない……?」

歌鈴「わ、本当……」

茄子「……もしかして、このカメラの中にも何か霊がいるんですかね?」

歌鈴「そうなんでしょうか?」

歌鈴「うーん……憑りつかれたかどうかを判断するのは私まだできないので……」

芳乃「であればー、一応やってみてはいかがでしょー?」

歌鈴「あ、そうですね……それじゃ――」

ほたる「――すごいですよね」

まゆ「あ、ほたるちゃん……」

まゆ「……ほたるちゃんは、知ってたんですか?」

ほたる「ちょっと前に、茄子さんたちのプロデューサーが同じようなことをしたのは見たことがあったので……」

まゆ「……まゆ、お札の話とか、全部作り物だと思ってました」

まゆ「テレビを盛り上げるために……って」

まゆ「でも……今のを見たら信じるしかないですよね」

まゆ「全部、本当のことだったんだ……って」

ほたる「……すごいですよね」

まゆ「すごいですねぇ……」
19: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:30:06.44 ID:trALIHfu0
まゆ「……」

まゆ「……?」クルッ

ほたる「……どうしたんですか?」

まゆ「いえ……今、後ろに何かいた気がして……」

ほたる「えっ……?」

まゆ「あ、いえ……」

まゆ「……あんなことがあったから敏感になってるだけだと思います」

まゆ「何もいませんでしたし……大丈夫です」

ほたる「……本当ですか?」

まゆ「はい……いつものまゆです……うふ」

ほたる「それなら、いいんですけど……」

ほたる「……体に違和感もありませんよね?」

まゆ「はい……ほら、ぴょんって跳ねたりもできます♪」ピョンピョン

ほたる「……それなら」

ほたる「……何かあったら言ってくださいね?」

まゆ「わかりました……心配してくれてありがとうございます」

ほたる「いえ……まゆさんまでああなったら嫌なので」

まゆ「……?」

ほたる「あ、えっと……」

ほたる「実は、前に菜々さんが――」
27: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:35:49.96 ID:AV/P+s1H0
歌鈴「――あ、カメラ直りましたね」

芳乃「やっぱり霊がいたのでしてー」

茄子「悪戯してたみたいですね」

芳乃「まるで茄子殿でしてー」

茄子「あら、私も『破ぁ!!!』ってされちゃうんでしょうか?」

芳乃「はぁでしてー!」

茄子「きゃー♪」

歌鈴「ふふっ」

歌鈴「……これならテレビにも映らないだろうし、大丈夫かな……?」

茄子「映しちゃだめなんですか?」

歌鈴「はい、お兄さんがそうしろって……」

歌鈴「いろんな人に私がこういうのが出来ることを知られちゃうと、アイドルとしての活動が狭められるかもしれないから……って言ってました」

芳乃「ほー」

歌鈴「ただ、口封じする必要はないとも言ってました」

歌鈴「話の種になっても、それを信じる人なんてほとんどいないから……って」

茄子「じゃあ、もしかしたら歌鈴ちゃんが都市伝説になるかもしれないんですね」

歌鈴「私が都市伝説……」

歌鈴「……うぅ、なんか変な感じです」
21: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:31:37.88 ID:trALIHfu0
歌鈴「……っと」

歌鈴「お待たせしました、二人とも!」

ほたる「あ、いえ、大丈夫です」

まゆ「カメラ、大丈夫ですか?」

歌鈴「はい……悪霊は追い出したので、もう正常に動きます」

まゆ「そうですか……」

まゆ「……私たちの事務所って、みなさんに助けられてばかりなんですね」

歌鈴「えっ?」

まゆ「前に菜々さんも助けてもらったみたいで……さっきほたるちゃんから聞きました」

歌鈴「……そうなんですか?」

芳乃「これは歌鈴殿が入る前のことゆえー、知らないのも無理はないかとー」

茄子「ほたるちゃんと出会ったのもあれが初めてでしたね♪」

ほたる「そうですね」

芳乃「しかし、わたくしたちもあの方に助けられてばかりであるためー」

芳乃「そう気に病むことはないかとー」

まゆ「……」

歌鈴「……えっと」

歌鈴「このままここにいても……もしかしたらまだ危ないのいるかもしれませんから」

歌鈴「早く戻りましょう?」



………………

…………

……
22: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:33:56.25 ID:trALIHfu0
まゆ「行きは怖かったんですけど……」

まゆ「帰りは余り怖くありませんねぇ」

茄子「きっと何があるかわかってるからでしょうね♪」

芳乃「というよりは、何もないことがわかっているのかとー」

ほたる「あ、確かに」

茄子「だからか、お二人の手も繋がれてませんからね」

まゆ「……あ」

ほたる「……そういえば」

まゆ「いつ離しちゃったんでしょう?」

茄子「ふふ、これで怖いものも克服できたんじゃないですか?」

まゆ「……もしかしたらそうかもしれませんねぇ」

ほたる「……私はそこまではいきませんが」

ほたる「今も怖いですし……もしかしたら何か――」

ほたる「――脅かさないでくださいね?」

茄子「もうしませんから大丈夫です」

まゆ「うふ――きゃっ!」

ほたる「あっ、まゆさん!」

まゆ「……うぅ」

まゆ「転んじゃうなんて……恥ずかしい……」

茄子「立てますか?」スッ

まゆ「あっ――」

まゆ「――」

まゆ「――ありがとうございます」ガシッ

まゆ「んしょっと……」

ほたる「あの、怪我は……?」

まゆ「大丈夫です」

芳乃「当たり前ではありますがー、足元が暗いので気をつけなければー」

歌鈴「うんうん……私もさっき転んじゃったし……」

歌鈴「……でも、あれは上を見てて転んだから、ちょっと違うかな……?」

まゆ「……気をつけます」

まゆ「茄子さん、手を差し伸べてくれて、ありがとうございました」

茄子「いえいえー♪」

茄子「さっき迷惑かけちゃいましたし、そのお詫びみたいなものですから」

まゆ「……」

茄子「じゃ、足元に気をつけて、また進みましょうか♪」


………………

…………

……
23: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/07(木) 01:34:49.76 ID:trALIHfu0
まゆ「あっ、帰ってこれた……!」

ほたる「よかった……!」

芳乃「皆々無事帰還でしてー」

茄子「ふふ、万々歳ですね」

歌鈴「……よかったぁ」

歌鈴「これで安心……ふへぇ……」

芳乃「歌鈴殿がだらけきってるのでしてー」

茄子「ずっと気を張り詰めてたみたいですからね」

茄子「ぜんぜん噛みませんでしたし」

歌鈴「……あ、そういえば」

歌鈴「私もやればできるんですね……えへへっ」

茄子「ふふっ、お疲れ様です♪」

芳乃「お疲れ様でしてー」

ほたる「この後は……あ、はい」

ほたる「ちょっと休憩した後、EDですね……わかりました」

まゆ「それじゃ、それまでの間……お話でもしませんか?」

まゆ「まゆ、皆さんといっぱい話してみたいんです」

まゆ「そして、仲良くなりたい……」

まゆ「――」チラッ

茄子「……?」

まゆ「……皆さん、素敵な方ですから」

歌鈴「わっ、ありがとうございましゅっ!」

歌鈴「……」

芳乃「早速噛んだのでして」

ほたる「くすっ」

歌鈴「あうぅ……」
34: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:44:21.24 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「無事最後の撮影も終わりましてー」

まゆ「うふふ、お疲れ様でした」

茄子「お疲れ様でしたー♪」

ほたる「何事もなく終わってよかったですね」

ほたる「もう一回歩くこともなかったですし……」

歌鈴「そうですね……ふぅ……」

芳乃「歌鈴殿もお疲れ様でしてー」

まゆ「……本当にありがとうございました」

まゆ「本当に……」

歌鈴「あっ、いえいえっ!」

歌鈴「そんなっ、お辞儀なんて……はわ、はわわっ!」

茄子「ふふっ♪」

まゆ「……それでは、まゆたちはお先に失礼しますねぇ」

ほたる「今日はありがとうございましたっ!」

芳乃「こちらこそー」

芳乃「また機会があればお会いしましょー」

まゆ「そうですね……また機会があれば……」

まゆ「……」

まゆ「……きっと、すぐですけど……うふ」
35: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:44:47.31 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まゆ「おはようございます……♪」

ほたる「お、おはようございます……」

芳乃「おや、まゆ殿にほたる殿でしてー」

歌鈴「おはようございます……この前のロケ以来ですね」

ほたる「そうですね……」

芳乃「……まだ一週間も経ってないのでしてー」

芳乃「まさかこんなにもはやく機会が来るとはー」

歌鈴「どうしたんですか?」

まゆ「うふふ、遊びに来ちゃいました……♪」

ほたる「お邪魔でしたか……?」

歌鈴「い、いえっ、そんなことはないんですけど……」

芳乃「……一言くらい連絡をくれてもよかったのではー?」

芳乃「少々驚きましてー」

まゆ「いえ……茄子さんに連絡したんですけど」

歌鈴「えっ?」

芳乃「……歌鈴殿、聞いてましてー?」

歌鈴「いえ、私は聞いてませんけど……」

芳乃「わたくしも知らなかったのでしてー」

まゆ「あら……?」

ほたる「……」

ほたる「……今、茄子さんはいないんですか……?」

芳乃「今日はまだ来てないのでしてー」

まゆ「……」

芳乃「……むー」

歌鈴「約束の時間を間違えた……とかでしょうか?」

まゆ「いえ、まゆたちはこの時間に――」

歌鈴「――あっ、いえ、そうじゃなくてっ!」

歌鈴「あの、茄子さんが忘れてるのかな……って」

まゆ「……そんなことありません」

まゆ「絶対に……」
36: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:45:29.04 ID:AV/P+s1H0
歌鈴「まゆちゃん……?」

まゆ「だって……まゆ、ちゃんと茄子さんに携帯で話しましたから」

まゆ「昨日も、何度も、何度も……」

芳乃「そうなのでしてー?」

まゆ「はい……5回くらい確認して……」

歌鈴「……5回?」

まゆ「朝起きて1回……お昼に1回……夕方に1回……ご飯食べた後に1回……お風呂に入った後に1回……」

まゆ「……これで、5回です」

歌鈴「へ、へぇー……」

芳乃「ずいぶん熱心に連絡してたようでしてー」

まゆ「茄子さんに――みなさんに会うのを楽しみにしてましたから」

まゆ「それに……茄子さんと話すの楽しくって……うふ♪」

ほたる「……」

歌鈴「……ほたるちゃん?」

ほたる「ひゃっ!?」

ほたる「な、何でしょうか……?」

歌鈴「あ、ううん……何か考えてたようだったから」

歌鈴「どうしたのかな……って」

ほたる「……い、いえ」

ほたる「別に、何も……」

歌鈴「……」
37: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:46:02.54 ID:AV/P+s1H0
まゆ「茄子さんって面白いんですよ?」

芳乃「十分承知でしてー」

芳乃「茄子殿ほど奇妙奇天烈な人に会ったことは未だかつてありませぬー」

まゆ「奇妙奇天烈……」

茄子「おはようございますー♪」

芳乃「おや、うわさをすれば影でしてー」

歌鈴「おはようございますっ!」

ほたる「あっ……お邪魔してます」

まゆ「おはようございます、茄子さん」

茄子「あら、ほたるちゃんにまゆちゃん」

まゆ「ちゃんと来ましたよぉ?」

まゆ「約束しましたから……」

茄子「ふふ、いらっしゃい♪」

茄子「ごめんなさい、私が遅くなっちゃって」

ほたる「あ、私たちもちょうどさっき来たところなので……」

茄子「そうなんですか?」

茄子「それならもうちょっと早く出てたら一緒にここまでこれたかもしれませんね♪」

まゆ「そうですねぇ……」

まゆ「……もっと遅れてくればよかったかも」

ほたる「……」
38: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:46:33.21 ID:AV/P+s1H0
茄子「それじゃ、何して遊びましょうか?」

芳乃「何をするか決めてたわけではないのでしてー?」

茄子「何も決めてません♪」

茄子「ただ、この事務所で会おう……ってことだけですね、決めてたのは」

芳乃「ほー」

まゆ「まゆは……なんでもいいですよ」

まゆ「ただ、会いに来たかっただけですから……」

茄子「あら、うれしい♪」

まゆ「うふふ……♪」

ほたる「……あ、あの」

ほたる「一応……お菓子持ってきたので……これを食べながらお話でもしますか?」

歌鈴「あっ、それなら私お茶持ってきますね!」

まゆ「あら、ありがとうございます」

歌鈴「いえいえっ!」

芳乃「何を買ってきたのでしてー」

ほたる「えっと……クッキーです」

ほたる「これ……」

芳乃「!」

芳乃「チョコチップクッキーでして!」

芳乃「好物でして!」

ほたる「あ、本当ですか……?」

ほたる「よかった……ふふ」

芳乃「ちなみに大好物はおせんべいでして」

ほたる「そうなんだ……」

ほたる「……じゃあ、今度来るときはそれ買ってこようかな……」

芳乃「でしてー!」

ほたる「ふふっ」
39: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:47:15.24 ID:AV/P+s1H0
歌鈴「も、持って来ましたー……!」プルプル

ほたる「……だ、だいぶプルプルしてますけど……」

芳乃「大丈夫でしてー?」

歌鈴「だ、大丈夫です……今のところは……たぶん……」

歌鈴「このまま行けば……こけないで……こけないで……」

茄子「手伝いますよー♪」

歌鈴「あっ、だ、大丈夫です!」

歌鈴「あの、今、触れられたら、それは、それで……だから、はい……」

茄子「……」

歌鈴「……」プルプル

歌鈴「……!」

芳乃「!」

茄子「!」

歌鈴「……」

歌鈴「……セ、セーフ」

芳乃「おー」

茄子「もうちょっとですよ、がんばって♪」

歌鈴「は、はひっ!」

歌鈴「……」ソーッ

歌鈴「……」カタッ

歌鈴「……ふぅ」

歌鈴「よかったぁ……こけなくって……」

歌鈴「あ、お茶ですっ、どうぞ!」

まゆ「ありがとうございます……うふ」

ほたる「ありがとうございますっ」
40: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:48:27.47 ID:AV/P+s1H0
芳乃「ところで茄子殿ー」

茄子「なんでしてー?」

芳乃「……ぷくー」

茄子「えいっ♪」

芳乃「ぷひゅっ……」

芳乃「突っつかないでほしいのでしてー」

茄子「ふふっ、ついやっちゃいました」

芳乃「むー……」

茄子「……」スッ

芳乃「指を用意しないでほしいのでしてー」

歌鈴「……あの、それで、どうしたんですか?」

芳乃「はっ!」

芳乃「そうでしてー……茄子殿にはぐらかされたのでしてー」

茄子「ごめんなさい、芳乃ちゃんの反応が面白くて♪」

芳乃「むー……」

茄子「……」スッ

芳乃「だからやめるのでしてー!」

ほたる「ふふっ」

まゆ「……」

ほたる「……」

芳乃「それで、茄子殿は何故わたくしたちにお二人が来ることを教えなかったのでしてー?」

茄子「その方が面白いと思ったので、ふふ」

茄子「まあ、私が遅れちゃったのでみんなの反応は見れなかったんですけど」

芳乃「困惑で場が包まれていただけでしてー」

歌鈴「あはは……」
41: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:49:20.44 ID:AV/P+s1H0
歌鈴「もしかしたら、茄子さんが忘れてるんじゃないか……って話にもなりましたね」

まゆ「そんなこと絶対ありえませんのにねぇ……」

茄子「そうですねー」

茄子「何度もまゆちゃんと確認しましたから♪」

まゆ「はい……うふふ」

芳乃「……最近会ったばかりなのに、ずいぶん仲良くなったみたいでしてー」

茄子「たくさんお話しましたからねー」

茄子「まゆちゃんから連絡が来て、私がそれに返して……っていっぱい♪」

まゆ「……うふ、仲良くなりたかったので」

まゆ「もっともっと、親密に……」

ほたる「……」

茄子「徹夜するくらい話したこともありましたね」

まゆ「そうですね……うふ」

まゆ「本当は24時間ずっと話してたいくらいなんですけど……お仕事がありますから……」

歌鈴「ほぇ~……」

歌鈴「……すごいなぁ」

芳乃「でしてー」

芳乃「わたくしたちには到底不可能でしてー」

歌鈴「うん……徹夜なんて、絶対にできません」

歌鈴「たぶん……すぐ、すやぁって寝ちゃう……」

芳乃「でしてー」

茄子「ふふ、私は二人よりも大人ですから♪」

芳乃「……むー」

歌鈴「そういうものなんでしょうか……」

茄子「そういうものです♪」

茄子「ふふ、一週回って脳が起き始める感覚も楽しいですよ♪」
42: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:50:23.55 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「それで――」クゥゥ

芳乃「――」

芳乃「わたくしじゃないのでしてー」

ほたる「くすっ」

まゆ「うふ……」

歌鈴「ふふっ」

芳乃「どうして皆笑うのでして!」

歌鈴「いえ、なんでもないですよ……ふふ」

芳乃「むー……」

茄子「ふふ……そろそろお昼にしましょうか」

ほたる「そうですね……そろそろいい時間ですし」

歌鈴「それじゃ、どうしましょうか?」

芳乃「外食でしてー?」

芳乃「それとも出前でしてー?」

茄子「んー……どうしましょうか……」

まゆ「……あの」

まゆ「実はまゆ、お弁当作ってきたんです」

まゆ「皆さんの分の……」

歌鈴「皆さんの分……って……ご、五人分でしゅかっ!?」

まゆ「はい……がんばりました」

ほたる「……だからこんなにいっぱい荷物があったんだ……」

まゆ「なので、よかったら食べていただけませんか?」

芳乃「願ったりかなったりでしてー」

歌鈴「ほ、本当にいいんですか……!?」

歌鈴「迷惑じゃ……」

茄子「食べないほうがお弁当が余っちゃうから迷惑じゃないですか?」

歌鈴「あ、そっか……」

茄子「ふふ……それじゃ、ありがたくいただきますね♪」

まゆ「はい、どうぞ……うふ」
43: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:50:52.62 ID:AV/P+s1H0
まゆ「えっと……これがほたるちゃんのお弁当です」

ほたる「あ、ありがとうございます」

まゆ「これが歌鈴ちゃんの」

歌鈴「わぁ~……ありがとうござじゃいますっ!」

歌鈴「……あぅ」

まゆ「うふ……これが、芳乃ちゃんの」

芳乃「おー、感謝でしてー」

まゆ「そしてこれが茄子さんのお弁当です」

茄子「ありがとうございます♪」

まゆ「……愛情をたっぷりこめましたから」

まゆ「味わって食べてくださいねぇ……」

ほたる「……」

芳乃「……それでは、いただきましょー」

茄子「いただきます♪」

歌鈴「いただきますっ!」

歌鈴「……わっ!」

歌鈴「すごい……美味しそう……!」

まゆ「うふふ、美味しそう……じゃなく、美味しいですよぉ?」

まゆ「ちゃんと味見しましたから……♪」

芳乃「あむあむ……」

芳乃「!」

芳乃「うーまーいーぞーでーしーてー!」

茄子「あ、本当ですね」

茄子「ふふ、美味しい……」

歌鈴「ん~♪」

歌鈴「こんな美味しいお昼ご飯幸せ~♪」

まゆ「……うふ、喜んでいただけたようで何よりです」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/09(土) 21:51:06.83 ID:6SfbdHDao
微笑ましい
45: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:51:49.71 ID:AV/P+s1H0

まゆ「ほたるちゃんも美味しいですか?」

ほたる「はい……ありがとうございます、まゆさん」

まゆ「いえいえ」

ほたる「美味しいですし……それに、このごはんにちりばめられた星型の海苔も可愛いです」

芳乃「ん、ほたる殿は星型なのでしてー?」

ほたる「あれ……芳乃さんは違うんですか?」

芳乃「わたくしは大きな太陽が真ん中にありましてー」

ほたる「……あ、本当だ」

歌鈴「私も違います……私のは大きな月です」

茄子「私のは大きなハート型ですね」

まゆ「うふ……実は、それぞれで海苔の形を変えてみたんです」

芳乃「ほー」

芳乃「わたくしが太陽の海苔なのはまたどうしてー?」

まゆ「あ、いえ、別に記号に意味はありませんし、誰をどの記号にするかも考えたわけじゃありません」

まゆ「ただ、なんとなく……そうしたら面白いかなって……うふ」

芳乃「茄子殿みたいなことを言いましてー」

芳乃「茄子殿よりは随分とかわいらしいですがー」

茄子「どういう意味ですか?」

芳乃「そのままの意味でしてー」

茄子「なるほど……私はかわいいよりクールって褒めてくれてるんですね♪」

芳乃「……そのポジティブさは見習いたいところでありましてー」

茄子「ふふっ」

まゆ「……」

歌鈴(……)

歌鈴(……さっき、これはだれだれの……ってやってたよね……?)

ほたる「……」
46: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:52:22.13 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……そうだ」

まゆ「あの……茄子さん」

茄子「はい?」

まゆ「聞いて欲しいことがあるんですけど……」

茄子「なんでしてー?」

芳乃「……茄子殿ー」

茄子「ふふ、言いやすくていいですね、これ♪」

芳乃「ぐぬぬー……!」

まゆ「あ、あの……できれば、茄子さんだけに聞いて欲しいんです」

茄子「私だけに?」

まゆ「はい……なので、ご飯食べ終わった後……」

茄子「……わかりました♪」

茄子「二人だけの内緒のお話ですね♪」

まゆ「はい」

まゆ「お願いしますねぇ……うふ」

ほたる「……」

ほたる「……やっぱり、違う……」ボソッ

歌鈴「……」
47: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:52:55.58 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


茄子「ご馳走様でした♪」

芳乃「ご馳走様でしてー」

歌鈴「美味しかったです……本当に……」

ほたる「ありがとうございました、まゆさん」

まゆ「うふふ、そういってくれるとうれしいです♪」

まゆ「……それじゃ、茄子さん」

茄子「わかりました♪」

茄子「それじゃ、あっちの部屋で内緒のお話してきますから……」

茄子「……絶対に覗いてはいけませんよ?」

歌鈴「鶴か何かでしょうか……?」

芳乃「茄子殿なら鷹ではー?」

歌鈴「あ、確かに……」

茄子「ふふっ」

茄子「それではまた後でー♪」

まゆ「……」

芳乃「……」

歌鈴「……」

ほたる「……」

歌鈴「……あの、ほたるちゃん?」

ほたる「はい?」

歌鈴「何か、ずっと考えてたみたいですけど……」

ほたる「あ、あれは……」

ほたる「……いえ」

ほたる「……」

ほたる「……あの」

ほたる「……」

ほたる「あの、ちょっと聞いてもらっても……いいですか?」

芳乃「?」

歌鈴「?」
48: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:53:34.88 ID:AV/P+s1H0
ほたる「最近……まゆさんがおかしいんです」

歌鈴「……おかしい、ですか?」

ほたる「はい」

ほたる「ちょうど、この前のロケから……」

歌鈴「この前の……」

芳乃「……わたくしはまゆ殿とまだ親交が少ないゆえわかりませぬー」

ほたる「はい……たぶん、まゆさんをよく知ってれば違和感を覚えるんでしょうけど……」

歌鈴「……どういったところが変なんですか?」

ほたる「……あの」

ほたる「……」

ほたる「……どうしよう」ボソッ

ほたる「でも……」ボソッ

ほたる「……」

ほたる「……あの、この話、あまり言い触らさないで欲しいんですが」

ほたる「まゆさんって……私たちのプロデューサーさんのことが好きなんです」

芳乃「ほー」

歌鈴「好き……って」

ほたる「……恋愛対象として」

芳乃「ほ、ほー」

歌鈴「……はわわっ」
49: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:54:22.32 ID:AV/P+s1H0
ほたる「それはもう、熱烈にアプローチをかけてました」

ほたる「お弁当を作ったり、手編みのマフラーをプレゼントしたり」

ほたる「常に寄り添おうとしたり、触れ合おうとしたり……たくさん」

ほたる「言葉に好きって……何度も言うくらいに」

芳乃「お、おー……あうー」

歌鈴「す、すごい……」

芳乃「わたくしごとではないのですがー……少々恥ずかしくなってきましてー」

歌鈴「う、うん……」

歌鈴「……いつか、好きな人ができたら、私たちもそうするのかな……?」

歌鈴「……」

歌鈴「は、はわっ、はわわわっ!」

ほたる「……ですが、ちょうどあのロケの日から」

ほたる「それがぴたりと止みました」

歌鈴「!」

芳乃「!」

ほたる「無理だと悟ったから諦めたのかも……と思いました」

ほたる「……私たちはアイドルですから」

ほたる「アイドルとプロデューサーは結ばれることは難しい」

ほたる「そう、まゆさんは言ってましたし……私もそう思います」

ほたる「けれど、それでもあきらめないとも言ってました」

ほたる「そして、確かに諦めずにまゆさんはアプローチをかけていました」

ほたる「大好きな人に振り向いてもらえるように……って」

ほたる「……私は、その姿勢をすごいな……って尊敬してました」

ほたる「だから」

ほたる「……こんな簡単に、諦めるなんて思えないんです」
50: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:55:07.72 ID:AV/P+s1H0
ほたる「……それと」

ほたる「あの日から、茄子さんにアプローチをかけ始めました」

ほたる「今まで、プロデューサーさんに向けてた思いをすべて、茄子さんに向けるように……」

芳乃「……」

歌鈴「……」

ほたる「……私はまゆさんのことを知ってます」

ほたる「一緒にたくさんお仕事してきましたし、たくさん見てきました」

ほたる「……だから知ってます」

ほたる「まゆさんはそんな移り気な女の子じゃない」

ほたる「純粋で一途な女の子だって」

ほたる「知ってるんです……」

ほたる「だから、今のまゆさんはおかしいんです……」

ほたる「……」

歌鈴「……」

芳乃「……なれば、これはー」

芳乃「何かの仕業でしてー?」

芳乃「あの日から変わったというのであればー」

芳乃「おそらく、霊的な何かのー」

歌鈴「……」

歌鈴「……私が」

歌鈴「私が、もっと――」

「歌鈴ちゃーんっ、芳乃ちゃーんっ!」

「ちょっと来てくださーいっ!」

芳乃「……茄子殿の呼び声でして」

歌鈴「……茄子さんのところに行きましょう!」

ほたる「あ……わ、わたしも……!」

「あと、箒とちりとりも持ってきてくださーいっ!」

芳乃「……」

歌鈴「……何があったんでしょうか?」

ほたる「さぁ……?」
51: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:55:37.04 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


茄子「それで、話って何でしょうか?」

まゆ「はい……実は……」

まゆ「……」

茄子「……実は?」

まゆ「……まゆ、胸が痛いんです」

茄子「……胸が?」

まゆ「はい……茄子さんを見つめると……とくん、とくん……って」

茄子「……」

茄子「……もしかして、茄子アレルギーだったりしますか?」

茄子「カコじゃなくて、ナスアレルギー」

まゆ「仮にそうだったとしても、茄子さんを見てアレルギー反応はでないと思います」

茄子「あら」

茄子「同じ名前だからもしかしたら……って思ったんですけど」

まゆ「同じ名前じゃないですよね……」

茄子「漢字が同じなら同じ名前ですよー」

茄子「まゆちゃんだって、もしかしたら繭アレルギーや眉アレルギーの人にとっては天敵かもしれませんし」

まゆ「そんな人いるんでしょうか……?」

まゆ「……すいません、話を戻します」

まゆ「それで、まゆ、茄子さんを見ると胸が痛くなって……」

茄子「あら、大変」

茄子「お薬出しておきますねー♪」

まゆ「……」
52: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:56:07.17 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……どうして、はぐらかすんですかぁ?」

茄子「はぐらかしてるわけじゃありませんよ、ただ本当にそう思っただけですから」

まゆ「本当に……?」

茄子「本当に♪」

まゆ「……」

まゆ「まゆのこの思いは本物なんです」

まゆ「茄子さんを見ると、胸が痛くなって、でも心地よくって」

まゆ「見られたらそれがさらに強くなって、話したときなんかは何倍にもなって」

まゆ「茄子さんとお話してる間、まゆ、幸せでした」

まゆ「本当に、今までの、何よりも、幸せ……」

茄子「……」

まゆ「……茄子さん」

まゆ「まゆ……茄子さんのことが好きです」

まゆ「誰よりも……何よりも……この世のすべてのものより、愛してる……」

まゆ「茄子さんの心も、体も……何もかも……」

茄子「……」

まゆ「まゆ、苦しいです」

まゆ「胸が痛いんです」

まゆ「一方的な好きだけなのが……苦しい」

まゆ「だから……欲しい」

まゆ「お薬を処方してください……」

まゆ「まゆへの愛という薬を……」

茄子「……」
53: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:57:13.56 ID:AV/P+s1H0
茄子「ふふっ♪」

まゆ「……茄子さん?」

茄子「ごめんなさい」

茄子「女の子に告白されるなんて、初めての経験で……つい笑っちゃいました、面白くって」

まゆ「……まゆは真剣なんですけど」

茄子「そうですよね……真剣に告白してくれるなんて……」

茄子「……すごい、久しぶりです、ふふ♪」

まゆ「……」

茄子「でも、早いですね」

茄子「私とまゆちゃん、まだであって1週間も経ってないのに」

まゆ「……でも、本気ですよぉ?」

まゆ「この人しかない……って、一目惚れしたんです」

茄子「そうですかー」

茄子「私は一目惚れって経験がないのでその気持ちはわかりませんけど」

まゆ「……」

茄子「でも、本当にいいんですか?」

まゆ「……何がですかぁ?」

茄子「まだまゆちゃん、私のことぜんぜん知らないと思います」

茄子「今の私も……昔の私も」

まゆ「……」

茄子「まゆちゃんが知っちゃったら幻滅しちゃうかも♪」

まゆ「……幻滅なんてありえません」

まゆ「まゆは、茄子さんのすべてが好きですから」

まゆ「たとえ茄子さんが、どのような人間だったとしても、茄子さんを愛せます」

茄子「……そうですか」

茄子「……まゆちゃんはすごいですね」

茄子「でも、私にはそれはできません」

まゆ「!」

茄子「……だから、ごめんなさい」
54: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:57:42.80 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……今、ごめんなさいって」

茄子「はい」

茄子「……私はまゆちゃんを愛せません」

まゆ「嘘……」

茄子「……」

茄子「……まゆちゃんが真剣に話してくれたので、私も、私なりに真剣に答えますね」

茄子「性別の問題……というのもありますが」

茄子「なによりも、私はまゆちゃんのことをぜんぜん知らない」

茄子「今のまゆちゃんも、昔のまゆちゃんも」

茄子「……私は、ぜんぜん知らない人を好きになることはできません」

まゆ「……まゆのこと、嫌いなんですかぁ?」

茄子「いいえ、そういうわけでもありません」

茄子「私は、まだまゆちゃんに評価を下せない」

茄子「まゆちゃんはかわいらしいし、話してて楽しいですけど」

茄子「好き、嫌いで判断はできない」

茄子「……なので、恋人にはなれません」

まゆ「……」

茄子「……ふぅ」

茄子「まじめにしゃべると疲れちゃいますね♪」

まゆ「……どうしても、ですかぁ?」

茄子「はい、どうしても」

茄子「……今後どうなるかはわかりません、もしかしたら私が心変わりしちゃうかも♪」

茄子「だから、今は友達のまま、お互いを知っていきましょう?」

まゆ「……」
55: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:58:14.00 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……」

まゆ「……」スッ

まゆ「……!」ブンッ

ガシャンッ!

茄子「あら、コップが割れちゃった」

茄子「ものに八つ当たりはよくないですよ?」

まゆ「いいえ、八つ当たりじゃあありません」

まゆ「……見てください、まゆの周りには今たたきつけたコップの破片が散らばってます」

茄子「そうですね……あ、動かないでくださいね」

まゆ「まゆは、茄子さんに命令されたらこの破片の上で踊ることだってできます」

茄子「……」

まゆ「破片を思い切り握れといわれたら握るし、食べろといわれたら食べます」

まゆ「……茄子さんの言うことなら、なんだって聞きます」

まゆ「望むことをなんだってかなえます」

まゆ「それだけ、まゆは茄子さんが好きで……茄子さんを愛してる……」

まゆ「……こんなに強い愛なのに」

まゆ「少しも返してくれないんですかぁ……?」

茄子「……」

茄子「……歌鈴ちゃーんっ、芳乃ちゃーんっ!」

茄子「ちょっと来てくださーいっ!」

まゆ「!」

茄子「……あ、あと箒とちりとりも持ってきてくださーいっ!」

まゆ「……茄子さん」

茄子「なんでも命令を聞いてくれるなら、その場から動かないでくださいね、まゆちゃん♪」

まゆ「……」
56: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 21:59:03.79 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……どうしても、まゆを好きになってはくれないんですねぇ」

茄子「今は無理ですねー」

茄子「でも、いつかはそうなるかもしれませんから」

茄子「仲良くしましょう?」

まゆ「……わかりました」

まゆ「……本当は心も欲しかったんですけど」

まゆ「体だけで我慢します」

茄子「?」

まゆ「……まゆの愛を受け止めてくれない心なんて……いらない」

まゆ「だから、その体をまゆにください」スッ

茄子「……」

茄子「……包丁なんて危ないですよ、まゆちゃん」

まゆ「大丈夫ですよ……ちゃんと鞘入れて持ち運んでいますから」

茄子「なるほど、それは確かに安心ですね、ふふっ♪」

まゆ「今からはずしますけど」

まゆ「……」

まゆ「……もう一度だけ言います」

まゆ「まゆを愛してください」

茄子「ごめんなさい♪」

まゆ「……そうですか」

まゆ「なら……もう、貴方は――」

まゆ「――いらない」
57: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:00:36.31 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「茄子殿ー、持って来たの――」ガチャ

歌鈴「――!?」

茄子「あら、ふたりともありがとうございます♪」

ほたる「なっ、な、何してるんですか……!?」

まゆ「……っ!」ブン

茄子「まゆちゃんのラブコールを受け止められないので、逃げてる最中です♪」

ほたる「そ、そんなっ……笑う状況じゃ……」

まゆ「なんで……なんであたらないの……っ!?」

茄子「なんででしょうねー♪」

ほたる「まゆさんも何してるんですか……!?」

ほたる「そんなっ、包丁で切りつけるなんて、危ないですっ!」

まゆ「だって……まゆ、茄子さんが欲しいから……」

まゆ「まゆを愛してくれる茄子さんが……」

まゆ「だから……っ!」

茄子「ひらり♪」

まゆ「ああ、もうっ……!」

茄子「ふふっ、鬼さんこちらー♪」

芳乃「……楽しんでるのでして」

芳乃「茄子殿は相変わらずイカレてるのでしてー」

ほたる「そっ、そんなこと言ってる場合じゃ……!」

茄子「あっ、あっちの方にわっちゃったコップの破片が散らばってますから、その掃除できますかー?」

まゆ「……っ!」

ほたる「こっ、こんな状態でそんなことできませんっ!」

ほたる「どっ、どうしましょう……どうしたら……!」

ほたる「まゆさん、こんな人じゃないのに……!」

歌鈴「……」

歌鈴(……まゆさんの体に何かが憑りついてるようには見えない)

歌鈴(ううん、それは私が修行不足なだけ……)

歌鈴(ほたるちゃんの話を聞いたり、今の様子を見たら、絶対に何かに憑りつかれてるはず)

歌鈴(……ものに、人に憑りついてる姿を私が視認できたら、こんなことにはならなかったはず)

歌鈴(あのロケの日に気づけていたら、こんなことにならなかったはず……)

歌鈴(……全部……私のせい)

歌鈴(……だから、私がなんとかしなきゃ……!)

歌鈴「よしっ……!」ダッ

ほたる「歌鈴さん……!?」
58: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:02:12.74 ID:AV/P+s1H0
茄子「~♪」

まゆ「鼻歌まで歌って……っ!」

茄子「ふふ、憎いですか?」

まゆ「……っ!」

歌鈴「――まゆちゃんっ!」

まゆ「こんなときになんで――」

歌鈴「はぁ!!!」

まゆ「――!?」

ほたる(……あ)

ほたる(歌鈴さんの手から出た光がまゆさんをつかんで……)

ほたる(これで、まゆさんは……)

茄子「……あら、鬼ごっこはおしまいでしょうか?」

芳乃「今後は普通の鬼ごっこを楽しむのでしてー」

茄子「うーん……それだとあまりスリルがないんですよねー」

芳乃「遊びにスリルを求めるなでしてー」

歌鈴「……ふぅ」

まゆ「――」

ほたる「……ま、まゆさん、大丈夫ですか……?」

まゆ「――」

ほたる「……まゆさん?」

まゆ「――なんですか、これ?」

歌鈴「……えっ?」

まゆ「まゆを驚かして何がしたかったんですかぁ?」

まゆ「まゆの邪魔をしないでください」

まゆ「まゆのこの、純粋な気持ちの邪魔を……」

ほたる「嘘……」

歌鈴(……もしかして、本当にまゆちゃんには何も憑りついてなくて)

歌鈴(私たちの早とちりだったってこと……?)

まゆ「何が嘘なんですかぁ?」

ほたる「だって……こんなのまゆさんじゃない……!」

まゆ「あら、どこからどう見てもまゆだと思いますけど……」

まゆ「この体も……瞳も……心も……」

ほたる「そんなことないですっ!」

ほたる「まゆさんは、まゆさんはこんなことしませんっ!」

ほたる「私の知ってるまゆさんはこんな人じゃないですっ!」

歌鈴(……ううん)

歌鈴(そうだったら、ほたるちゃんがあそこまで言うはずないし……なら、どうして……)
59: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:03:26.68 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……まあ、いいです」

まゆ「まゆの邪魔さえしなければ、何もしませんから」

まゆ「でも、邪魔をしたら、ほたるちゃんでも――」

ほたる「――っ」

まゆ「……歌鈴さんも、もう邪魔しないでくださいねぇ」

まゆ「まゆのこの愛を」

歌鈴「……」

まゆ「……さあ」

まゆ「今度こそ、茄子さん――」

茄子「――あら、まゆちゃん」

茄子「左手で手を押さえてどうしたんですか?」

まゆ「えっ……?」

まゆ「……嘘」

まゆ「なんで、こんなことしようとしてないのに……」

まゆ「……まさか!」

まゆ「そんな、だって、奥深くに眠らせたはずなのに……!」

芳乃「ほー、眠らせたのでしてー」

芳乃「ならば呼び起こさなければー」

芳乃「いつぞやのようにー」

歌鈴「!」

歌鈴(これって……たぶん……私のときと同じ……っ!)

歌鈴「ほ、ほたるちゃん、まゆちゃんを呼んでくださいっ!」

ほたる「えっ……?」

歌鈴「とにかく、はやくっ……私に続いてっ!」

歌鈴「すぅ……まゆちゃん!」

ほたる「えっ……あっ、ま、まゆさんっ!」

芳乃「まゆ殿ー!」

茄子「まゆちゃーん♪」

まゆ「……っ」

まゆ「ああっ、や、出てこないでっ、もうっ、このっ……!」

まゆ「――っ」

まゆ「――っ」

まゆ「――助けてっ!」

歌鈴「!」
60: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:04:17.62 ID:AV/P+s1H0
まゆ「違うっ、まゆは、まゆはこんなことしたくない……っ!」

まゆ「まゆは傷つけたくなんかないっ!」

まゆ「まゆは……まゆの好きな人は――!」

まゆ「――ああっ、もうっ!」

まゆ「ばれちゃったじゃないっ、せっかく成り代われると思ったのに!」

まゆ「せっかく……もうっ、なんてことしてくれるのよっ!」

茄子「なるほどー、これがまゆちゃんに憑りついてたものですかー」

芳乃「本性があらわになったのでしてー」

ほたる「……よかった」

まゆ「よくないわよっ!」

まゆ「ああっ、もう、あんたたちのせいで……っ!」

まゆ「……まあ、いいわ、あんたたち全員殺せば、私が私であることを知ってる人なんていないし」

ほたる「……ひっ!」

芳乃「……ほたる殿、怖がらずとも大丈夫でしてー」

まゆ「また私が『まゆ』になれる……そのためにも、あんたたちを全員……!」

茄子「そうですよー……私たちには――」

まゆ「ちょっと、何無視してるの――」

茄子「――歌鈴ちゃんがいますから♪」

歌鈴「……」
61: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:05:36.98 ID:AV/P+s1H0
まゆ「……ああ、そうね、あんたが私の中のまゆを引き出したんだもんね」

歌鈴(……まゆちゃんの中に巣食うものの正体もわかりました)

歌鈴(まゆちゃんの思いも届きました)

歌鈴(……だから)

歌鈴(後は私が、それを取り除くだけ)

歌鈴(……私を助けてくれた、お兄さんのように)

まゆ「でも、結局追い出すことなんてできてないじゃない」

歌鈴(……確かに、さっきはできませんでした)

歌鈴(でも……私だって何度も修行してきたんです)

歌鈴(練習してきたんです)

歌鈴(私を助けてくれたみんなを守れるようにって)

歌鈴(……だから)

まゆ「……それでも、あんたが一番の危険因子よね……もしかしたら、もあるし」

まゆ「だから」

歌鈴(……まゆちゃんのためにも、ほたるちゃんのためにも)

歌鈴(茄子さんのためにも、芳乃ちゃんのためにも)

歌鈴(私が……!)

歌鈴「すぅ……」

まゆ「真っ先に死んで――」

歌鈴「破ぁ!!!」

まゆ「――!?」

まゆ「嘘っ、なんで、さっきよりも強く……っ!?」

まゆ「やっ、追い出され……っ、嘘、やだ、やだっ!」

まゆ「せっかくまた、生きれると――」

まゆ「――」

まゆ「……」バタッ

ほたる「……まゆさん!」

芳乃「……おそらく大丈夫でしてー」

茄子「あの子がまだいたら動くはずですしね」

ほたる「……じゃあ」

歌鈴「はい……ちゃんと、除けたと思います」

ほたる「!」

ほたる「よかった……!」

歌鈴「……うん……よかった」フラッ

芳乃「!」

芳乃「歌鈴殿……!?」

歌鈴「はにゃ……ちょっと……疲れて……」バタッ

ほたる「歌鈴さん……!?」

茄子「……大丈夫ですよー」

歌鈴「……」

歌鈴「……」

歌鈴「……すー」

茄子「ちょっと疲れただけみたいですから♪」
62: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:06:06.42 ID:AV/P+s1H0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


歌鈴「……ん」

歌鈴「……んぅ……ふわぁ」

歌鈴「はぇ、ここは……?」

芳乃「おー、目が覚めたのでしてー」

歌鈴「……芳乃ちゃん?」

芳乃「でしてー」

茄子「私もいますよ♪」

ほたる「私も……」

歌鈴「茄子さんにほたるちゃんも……」

歌鈴「……えっと」

歌鈴「私……あ」

歌鈴「まゆちゃんは……?」

まゆ「まゆはここです」

まゆ「……歌鈴さん」

まゆ「本当にありがとうございました」ペコリ

歌鈴「……わ」

歌鈴「わわ、はわわっ!」

歌鈴「いえいえっ、私、そんな、たいしたことは……!」

まゆ「たいしたことです……だって」

まゆ「そのおかげで、まゆはまだまゆでいられるんですから……」

まゆ「……歌鈴さんがいなかったら、今頃まゆは……!」

まゆ「だから、本当に……本当に……っ!」ポロポロ

歌鈴「えっ、あ、あの、な、泣かないでくださいっ!」

まゆ「うれしい……うれしいですっ……!」

まゆ「ありがとうございますっ……本当に……本当に……っ!」

歌鈴「えっと、え、えっと、あの、あ、あわ、あわわわわっ!」

茄子「ふふっ♪」
64: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:10:19.05 ID:AV/P+s1H0
モバP「お疲れ様、歌鈴」

歌鈴「あっ、お、お兄さんまで……!」

芳乃「呼んでおきましてー」

歌鈴「あ、そうなんだ……」

歌鈴「あ、あのっ、まゆちゃんは、もう大丈夫なんですか……?」

モバP「ああ」

モバP「もう何も憑りついてない」

歌鈴「そうですか……よかったぁ……」

モバP「……みんなから聞いた話から推測した考察になるが」

モバP「まゆに憑りついていたのは、人と成り代わり、第2の生を得ようとする霊だ」

ほたる「霊……」

歌鈴「じゃあ、やっぱりあの心霊スポットのお札って……」

モバP「おそらくこいつを封じ込めたものだったんだろう」

まゆ「あの社からの帰り道……後ろに何か視線を感じたんです」

まゆ「ちょうど、皆さんがカメラさんと話してたとき」

まゆ「そのときから……まゆ、体を自由に動かせなくなって……」

まゆ「でも……この体は勝手に動いてて、しゃべってて……まゆ、怖くて……」

歌鈴「あうぅ……」

歌鈴「……やっぱり、私がしっかり見てれば……」

芳乃「あの時は別の霊の対処をしていたため、仕方ないのではー?」

まゆ「そうですよ」

まゆ「……それに、結果的にまゆを助けてくれたんですから……」

まゆ「本当にありがとうございます……もう感謝が尽きません」

歌鈴「は、はひっ、こちらこそ!」

ほたる「くすっ」

歌鈴「あっ……うぅ……!」
65: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:18:26.68 ID:AV/P+s1H0
モバP「……しかし、成り代わった後も人間と同じく生きればそれでいいかといわれればそういうわけではない」

モバP「こいつらは人の魂を食らう必要がある」

まゆ「魂を……」

茄子「だから私は殺されかけてたんですねー♪」

モバP「ああ」

モバP「もしあそこで恋人になると返事をしていても、何らかの形で殺されただろう」

茄子「まあ、怖い♪」

ほたる「ぜんぜん怖そうに見えない……」

芳乃「恋人になりたいという形でわたくしたち……茄子殿に近づいてきたのはー?」

モバP「……おそらく、元の人格をある程度トレースした状態で近づきたかったからだろう」

モバP「周りにおかしいと気づかれては違和感なく元の人格成り代われない」

芳乃「ほー」

モバP「加えて、好意の目を向けて近寄られたとき、向けられた対象は油断することが多い」

モバP「自分のことを好き、といってくれる人に悪印象はどうしても持ちづらいからな」

モバP「だから、恋人になりたい……という形で近づいてきたんだと俺は思う」

歌鈴「なるほど……」

まゆ「……まゆ、別に女の子を恋愛的に好きになる趣味なんてないんですけどねぇ」

まゆ「それに、あんな、猟奇的なことなんてぜんぜんしないのに……」

モバP「……あくまで、その霊自体がまゆの表層を見て、違和感なく人を殺せるように考えた結果があれだ」

モバP「あれが、まゆの姿ってわけじゃない……それはみんなもわかってるだろう」

ほたる「もちろんですっ!」

歌鈴「……ほたるちゃんが、教えてくれたんです」

歌鈴「まゆさんがおかしいって」

歌鈴「私の知ってるまゆちゃんと違うって……だから私は気づけたんです」

まゆ「そうだったんですか……」

まゆ「ほたるちゃん……ありがとうございます、本当に……」

ほたる「あっ、いえ……あの、いつも私も、お世話になってますから……」

まゆ「……うふ」
66: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:24:48.83 ID:AV/P+s1H0
ほたる「でも、なんで茄子さんが標的になったんでしょうね?」

まゆ「……そうですね」

まゆ「そのまままゆをトレースするなら標的はまゆのプロデューサーさんになったかもしれないのに……」

芳乃「もっとも、茄子殿が標的になったおかげで安心感はありましたがー」

芳乃「間違いなく死ぬことはないためー」

茄子「ふふ、私って幸運ですからね」

茄子「ちょっと怪我したりしても、それはそれで……ふふ」

芳乃「心配の必要性が皆無でしてー」

ほたる「ふふっ……」

モバP「……おそらくまゆとして生きるために二人のプロデューサーは必要だったから標的にされなかったんだろう」

茄子「そうですね……まゆちゃんのアイドル生活にはプロデューサーさんは必須でしょうし」

まゆ「そうですねぇ……」

ほたる「かといって、まったく目を向けないようになるのは極端だったと思いますけど……」

歌鈴「そうですよね……だって、まゆちゃんってまゆちゃんのプロデューサーさんのこと――」

歌鈴「――はわっ、ななな、なんでもないですっ!」

まゆ「……」

ほたる「あ、あの……ごめんなさい」

ほたる「説明のために言っちゃいました」

まゆ「……別にいいんですけど……秘密にしてくださいねぇ」

歌鈴「もちろんですっ!」

茄子「?」

茄子「何の話でしてー?」

芳乃「本人に聞けでしてー」

茄子「あら、じゃあ後で聞きましょう♪」

まゆ「……」

モバP「……それに比べ、俺たちの事務所の面々はまゆとまだ知り合ったばかりだ」

モバP「まったく知らない人より……あるいは、ある程度気の知れた仲の人より近づくことが楽だったんだろう」

モバP「そして、殺すことも……と考えたんだと思う」

まゆ「なるほど……」

まゆ「確かに、まゆ……何度も茄子さんと連絡とって、簡単に近づいてましたからね」

茄子「そうですねー、いっぱい話しましたね♪」

まゆ「……あ」

まゆ「……あの、あの、まゆじゃないまゆが言ったこと、全部嘘ですからね……!」

茄子「ふふっ、わかってますよ♪」

茄子「でも、これからも仲良くしましょうね♪」

まゆ「はい……!」

茄子「あ、それとなんですけど」

茄子「私が標的にされた理由って、私が幸運だからだと思いますよ」

茄子「そのおかげで、みんなハッピーに終わりましたから♪」

ほたる「……すごいなぁ」

茄子「どうしました?」

ほたる「あっ、いえ……やっぱり、その茄子さんのポジティブさ……すごいなって……」

茄子「ふふっ、まあ事実ですからね♪」
67: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:29:18.41 ID:AV/P+s1H0
モバP「……それじゃ、改めてお疲れ様、歌鈴」ポン

歌鈴「わぷっ!」

モバP「よくがんばったな」

歌鈴「あう、あの……私、お兄さんに教えてもらったことやっただけですし」

歌鈴「それにっ、あの、今回のって、私のときのに似てるから、だから、なんとかなっただけで……」

モバP「それでもだ」

モバP「……お疲れ様」

歌鈴「あうぅ……」

歌鈴「……」

歌鈴「……えへへ」

歌鈴「……あっ」

歌鈴「でっ、でも、まだ私、ぜんぜんなんです!」

歌鈴「だって、何かが憑りついてるかもまだ判別できませんから」

歌鈴「今回だって、それがわかってれば、もっと未然に防げたはずだから……」

歌鈴「……だからっ、あのっ、も、もっと、たくさん、たっくさん教えてくださいっ!」

歌鈴「私も、もっとがんばりますからっ!」

モバP「ああ」

モバP「……まあ、今日は歌鈴が疲れてるだろうから、また暇な時間を見つけてだな」

歌鈴「はいっ!」

茄子「これにて一件落着ですね♪」

芳乃「でしてー」

まゆ「……」

まゆ(……あのロケの日も、幽霊に襲われるなんて不思議な体験をしたけど)

まゆ(それからは、もっとすごい体験……)

まゆ(……もしかしたらまゆがまゆじゃなくなってたかもしれない)

まゆ(たくさんの人を殺しちゃったりしてたかもしれない……)

まゆ(……そんな夢見たいな話だけど、現実の話)

まゆ(……歌鈴さんに……ううん、皆さんにあえなければ……)

まゆ(今頃、まゆは……)

まゆ(……)

まゆ(寺生まれのいる事務所ってすごい)

まゆ(初めて、まゆはそう思いました)




おわり
69: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/07/09(土) 22:34:19.89 ID:AV/P+s1H0
最近書いたの

まゆ「朋さんの誕生日」


心「はぁとVoice」


ありす「フレデリカさんが小さくなりました」


小梅「あの子がいなくなった」



良かったらこちらもよろしくお願いします

関連スレ:

この書き手のSS
(これ以外の寺Pも)


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク