まゆ「プロデューサーさんの車……」

2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:45:36.97 ID:R/GaQG2L0
まゆ「……ふぅ」

まゆ(今日のお仕事はこれでおしまい……)

まゆ(あとは事務所に帰って、プロデューサーさんに報告して……)

まゆ(……できたら、プロデューサーさんにお迎えしてほしかったんだけど)

まゆ(欲張りいっちゃダメですよね……)

まゆ「……」

まゆ「……あら?」

まゆ(あの車は――)

モバP「……」ガチャ

まゆ(あっ……!)

まゆ「プロデューサーさん……!」

モバP「ん……あ、お疲れ、まゆ」バタン

まゆ「うふふ、お疲れ様で――」

モバP「――すまん、急いでるんだ!」ダッ

まゆ「えっ……」

まゆ「……」

まゆ「……」

まゆ「むぅ」
3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:46:25.11 ID:R/GaQG2L0
まゆ(迎えに来てくれたと思ったのに……)

まゆ(……でも、本当に忙しそうだったから、贅沢言っちゃダメですよね)

まゆ(車のドア閉めて、すぐ走って行っちゃったし……)

まゆ(……)

まゆ(そういえば……)

まゆ(プロデューサーさん……急いで車のドアを開けて)

まゆ(勢いよく車のドアを閉めて)

まゆ(……鍵は閉めてた?)

まゆ(……)

まゆ「……確かめたほうがいい……ですよね?」

まゆ(鍵が無いと車も動きませんけど……でも、何か大切なもの置きっぱなしかもしれませんし)

まゆ(確認しといたほうがいいですよね……?)

まゆ(……)

まゆ「……」キョロキョロ

まゆ(……まゆが盗人ってわけじゃないんですから、周りの目をはばからなくてもいいですよね)

まゆ「……」

まゆ「……!」ガチャ

まゆ(あ、開いて――)

杏「んあ?」

まゆ「えっ……?」
4: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:47:16.36 ID:R/GaQG2L0
杏「……」

まゆ「……杏ちゃん?」

杏「ん、杏だよ」

杏「どしたの、まゆ?」

まゆ「いえ……」

まゆ「プロデューサーさん、車の鍵閉めてなかったみたいだったから……」

杏「まあ、杏が中にいるからねー」

杏「鍵の代わりだよ」

まゆ「ああ……なるほど」

杏「ん、杏がいれば誰かが入ってきても大丈夫!」

まゆ「……」

杏「……いや、返事してよ」

まゆ「いえ……」

まゆ「人避けなら寝転がらないで座ってた方がいいと思いますけど」

まゆ「外から見えますから」

杏「あー……」

杏「……」

杏「……つい、寝転がりたくなって」

まゆ「……」
5: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:47:43.09 ID:R/GaQG2L0
杏「まゆも入る?」

まゆ「……この後どこに行くんですか?」

杏「事務所……というか、寮」

まゆ「ああ、帰るんですね」

杏「うん」

杏「どうせ、同じ道だし」

まゆ「そうですね……じゃあお言葉に甘えて」

杏「んー」

杏「……あ、このままじゃ入れないよね」

杏「よいしょ……っと」

まゆ「うふふ、ありがとうございます」

まゆ「それじゃ……」

杏「いらっしゃーい」

まゆ「お邪魔しまーす」

杏「ま、杏の車じゃないんだけどね」

まゆ「うふふ」
6: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:49:13.45 ID:R/GaQG2L0
まゆ「……ねぇ、杏ちゃん?」

杏「なにー?」

まゆ「杏ちゃんって、20歳になったら運転するんですかぁ?」

杏「どしたの、急に?」

まゆ「いえ、なんとなく気になって……」

杏「ふーん」

杏「運転かー……たぶんしないと思うな」

まゆ「あら」

杏「意外?」

まゆ「ええ」

まゆ「車って歩くより楽そうですし」

杏「んー……」

杏「まあ、ほら、杏って20歳になってもこんな体系だろうし」

杏「物理的に運転できなくない?」

まゆ「……」

まゆ「否定できない……」

杏「それに、車運転するのも結構疲れそうだしねー」

杏「それだったら杏は歩きでいいかなー」

杏「……というより、まゆにおんぶしてもらう」

まゆ「……もう」
7: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:49:44.50 ID:R/GaQG2L0
杏「それか、まゆの運転する車に乗せてもらう」

まゆ「まゆの、ですかぁ……?」

杏「うん」

まゆ「うーん……」

杏「……あれ、しない感じ?」

まゆ「なんというか……」

まゆ「……しなくてもいいかな、って感じですねぇ」

まゆ「今だってこうしてプロデューサーさんに送ってもらってますし」

まゆ「休日も、歩きや自転車で色々なところ行けますし」

杏「あー……確かに、杏たちが使う場面って少ないかもね」

まゆ「はい……なので」

まゆ「……うーんって感じです」

杏「そっか」

杏「じゃ、まゆの背中で我慢しよう」

まゆ「結局まゆに乗るんですねぇ……」
8: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:50:39.76 ID:R/GaQG2L0
杏「ふわぁ……」

まゆ「あら」

杏「……まあ、ほら、杏も仕事終わったばっかりだし」

杏「ちょっと眠い」

まゆ「さっきまで寝転がってましたしねぇ」

杏「まゆがこなかったら本当に深い眠りに入ってたかも」

まゆ「人避けは……?」

杏「……まあ、ほら、かもだから」

杏「たぶん大丈夫だったと思うよ、うん」

まゆ「……」

杏「ふわぁ……」

杏「……ねぇ、まゆ」

まゆ「何ですか?」

杏「寝転がってもいい?」

まゆ「……いいで――」

まゆ「――あ!」

杏「ん?」

まゆ「そういえば……さっきの撮影でこんなのもらってきたんです」ゴソゴソ

まゆ「じゃん!」

杏「……クッション?」

まゆ「はい……ハート型の……うふ」

まゆ「柔らかくて、気持ちいいんですよ、ほら」

杏「ぷにぷに……ほんとだ」

まゆ「これを枕にしたら気持ちいいんじゃないですかぁ?」

杏「……試してみようかな」
9: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:51:09.61 ID:R/GaQG2L0
まゆ「じゃあ、どうぞ?」

杏「んー」

杏「ダーイブ!」

まゆ「どうですかぁ?」

杏「……」

杏「柔らかくて、気持ちいいんだけどさ」

まゆ「はい」

杏「まゆのふとももの上においてるからさ」

杏「枕高い……」

まゆ「あっ……」

まゆ「……でも、まゆ……これ以上横には行けませんよ?」

杏「じゃあ、枕をどけて……ごろんっと」

まゆ「きゃっ!」

杏「やっぱりまゆ枕だよね……へへ」

杏「この枕があればほかの枕はいらないと思うなー……」

まゆ「……もう」

まゆ「まゆの足が痺れちゃいます……うふ」
10: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:51:54.99 ID:R/GaQG2L0
杏「ふぃ~……極楽極楽……」

まゆ「……♪」

杏「まゆー……飴ちょうだい」

まゆ「今は持ってきてませんねぇ」

杏「えー……」

まゆ「今日杏ちゃんと別のお仕事でしたし……」

杏「……残念だ」

杏「……あ」

杏「プロデューサー、かばん置いてってたりしない?」

まゆ「かばんですか……?」

まゆ「……あ、助手席にありますね」

杏「その中に飴入ってると思うからさ」

杏「取って♪」

まゆ「……えー」

杏「……いや、いいじゃん」

杏「それ取るだけだからさ」

まゆ「でも、プロデューサーさんのかばんですし……」

まゆ「勝手にいじるのは……」

まゆ(……ちょっと気になるけど)

杏「……」

杏「……さっき、プロデューサーが食べたくなったら取ってもいいって言ってたよ」

まゆ「嘘ですよねぇ」

杏「……バレた?」

まゆ「さすがにわかります」
11: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:52:52.63 ID:R/GaQG2L0
杏「……ダメ?」

まゆ「……」

杏「ねー、ダメ?」

まゆ「……うぅ」

杏「まゆー、お願いー」

まゆ「うぅぅ……」

杏「あっ、これ押せばいける奴だ」

まゆ「えっ?」

杏「あっ」

まゆ「……」

杏「……」

杏「……ほら、杏ってアマノジャクだから」

杏「今口に出したのはその正反対の言葉であって――」

まゆ「――我慢しましょうねぇ」

杏「……うぅ」

杏「油断してた……くそう……」

まゆ「うふふ、残念でしたねぇ」

杏「それもこれもこのまゆ枕のせいだー!」

杏「おのれー!」

杏「きもちいいぞー!」

まゆ「……」

まゆ「……ちょっと恥ずかしいですねぇ」
12: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:53:22.01 ID:R/GaQG2L0
モバP「ふぅ……」ガチャ

モバP「お待たせ、杏――」

モバP「――と、まゆ?」

まゆ「うふ、お邪魔してます」

杏「侵入されちゃった」

モバP「いや、まゆなら別にいいんだけどさ」

まゆ「ごめんなさい、プロデューサーさん」

まゆ「プロデューサーさんが車の鍵閉めたかどうか心配で……つい開けちゃいました」

モバP「ああ、そうだったのか」

モバP「杏から開けたわけじゃないんだな」

まゆ「杏ちゃんは外から見えませんでしたから」

杏「杏、寝てたし」

モバP「……まあ、そっか」

まゆ「プロデューサーさん、急いでたみたいだったので……声もかけられず……」

モバP「ああ、悪い」

モバP「……じゃ、改めて」

モバP「今日の仕事お疲れ様、まゆ」

まゆ「うふふ、ありがとうございます」
13: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:54:03.69 ID:R/GaQG2L0
モバP「それじゃ、出発するぞ」

まゆ「……あ、その前に……プロデューサーさん」

モバP「ん?」

まゆ「かばんの中に飴……入ってるんですよねぇ?」

モバP「ああ……杏か?」

まゆ「はい……もらっていいですかぁ?」

モバP「ん……じゃ、渡すから勝手に取ってくれ」

まゆ「えっ……」

まゆ「……いいんですか?」

モバP「ああ、そんなに恥ずかしいものが入ってるわけでもないし」

まゆ「……わかりました」

杏「……よかったね」

まゆ「いやっ、別に、まゆは見たかったわけじゃ……!」

モバP「じゃ、出発するぞー」

杏「はーい!」

まゆ「あ、はいっ!」
14: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 20:55:55.93 ID:R/GaQG2L0
まゆ「えっと……じゃあ、中見ますねぇ」

モバP「あいよー」

まゆ「……」ゴソゴソ

まゆ「……あっ」

まゆ「プロデューサーさん、このペン使ってるんだ……」

まゆ「まゆも使おうかな……おそろい……うふふっ」

杏「まゆー」

まゆ「はっ!」

まゆ「えっと飴……あ、あった」

まゆ「はい、あーん」

杏「あーん……」

杏「んー……うまー」

杏「いやー、まゆ枕に寝転びながら飴も舐めれてなおかつ移動もできるなんて」

杏「最高だー!」

まゆ「うふふ♪」





おわり
16: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/06/15(水) 21:01:30.97 ID:R/GaQG2L0
前のあんまゆ

まゆ『一緒に、堕ちましょう』



最近書いたの

モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」


フレデリカ「明日また会えるよね?」


朋「まゆちゃんと」まゆ「朋さんと」



よかったらこちらもよろしくお願いします
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 21:56:42.43 ID:JgO045cxo
へいわだった…

関連スレ:

この書き手のSS
(これ以外のあんまゆも)


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク