奈緒「加蓮がS!ckになった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:50:07.55 ID:XfoOAwSY0
凛「……しっく?」

奈緒「ああ、S!ckになったんだ」

凛「しっく……シック……ああ、sick」

凛「病気になったってこと」

凛「……どうしたの、急に別事務所の子みたいに英語を使い出して」

奈緒「はぁ?」

奈緒「あたし、そんなことしてないけど……」

凛「……いや、今してたじゃん」

凛「シックになったって」

奈緒「ああ、S!ckになったんだ」

凛「言ってるじゃん」

奈緒「……?」

凛「今、『病気になった』じゃなくて、『sickになった』って言ったでしょ?」

奈緒「いや、S!ckになったとは言ったけどさ」

奈緒「そもそも、病気になったって言葉がどっから出てきたんだ?」

凛「sickは日本語で『病気の』じゃなかったっけ

奈緒「いや、そんな意味ないだろ」

凛「えっ?」

奈緒「S!ckだぞ?」

凛「……sickだよね?」

奈緒「……」

凛「……」

奈緒「……まあいいや、加蓮に会いに行けばわかるよ」

奈緒「今仮眠室にいるから会いに行くぞ」

凛「……うん」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1459867807
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:50:43.55 ID:XfoOAwSY0
奈緒「ほら、そこで寝てるのが加蓮だ」

加蓮「……」

凛「……」

凛「……体の色が紫色なんだけど」

奈緒「S!ckになったからな」

凛「筋肉とかもすごいついてるんだけど」

奈緒「S!ckになったからな」

凛「変なのがそばに浮いてるんだけど」

奈緒「S!ckになったからな」

凛「……」

凛「どういうこと?」

奈緒「だからS!ckになったんだって」

凛「意味わかんないんだけど」

奈緒「意味わかんないもなにも、S!ckになった以外説明しようがないし」

凛「……」

加蓮「……」ムクリ

凛「あ、起きた」

凛「ねぇ、加蓮、どうしちゃったの、これ?」

加蓮「I feel you deep inside...」

凛「は?」

加蓮「I wanna set your body free...」

凛「……」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:51:38.92 ID:XfoOAwSY0
凛「……ねぇ、奈緒」

凛「加蓮が無視するんだけど」

奈緒「今の加蓮はS!ckだからな」

奈緒「S!ckを歌うことしかできないんだ」

凛「……あ、S!ckって歌なんだ」

加蓮「...1 2 3 4 5 6 Do it!」

凛「えっ、じゃあ歌になったの、加蓮?」

奈緒「いや、加蓮はS!ckになったんだ」

凛「……」

加蓮「ドゥーワビヨヨドゥードドドドドドドドヴィイーワドタドタドタヴィ-」

凛「ねぇ、なんかすごいことになったんだけど」

奈緒「いや、歌ってるだけだろ」

加蓮「プオォーオォンッヴォーヴェーヴァーオ゙ヴァーオ゙(ピロロッ)」

凛「歌なの、これ?」

奈緒「だって、歌詞あるし」

奈緒「あたしだって歌えるぞ」

加蓮「ブォーゥワヴォーブルルルヴェーヴvヴェーヴェーヴェー―ヴェー―」

奈緒「ブォーゥワヴォーブルルルヴェーヴvヴェーヴェーヴェー―ヴェー―」

凛「わかったから合唱するのやめて、頭痛くなる」

加蓮「ブリリリリィイブルルルルィッヴィヴォヴォヴァヴォヴォヴォ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:52:32.60 ID:XfoOAwSY0
奈緒「この前ちひろさんもこんな感じになったらしいんだ」

奈緒「プロデューサーさんに聞いた」

凛「ちひろさんも……えっと、シック……だっけ、それになったの?」

加蓮「ヴィーォワブルルルヴィービビビビビビブルルルォオウドタタッドタタッ(ピロロッ)

奈緒「いや、ちひろさんは強欲になってターンテーボージャンキー!って歌ってた」

凛「……ついていけないんだけど」

加蓮「ヴィイーワドタタッヴィーヴィヴィデーレーレーレーレー(ヤァンッ♥)」

奈緒「で、そのちひろさんが治ったのは杏が強欲をクリアしたらなったんだそうだ」

凛「……クリア?」

奈緒「そうそう」

奈緒「加蓮のそばにモニターとアケコンあるだろ?」

凛「……あ、ほんとだ」

凛「あの画面に流れてるのって……」

奈緒「S!ckの穴譜面だな」

加蓮「ヴェヴェヴェウブルルルヴェーヴvヴェーヴェーヴェーヴェーヴェーヴェー」

奈緒「だから、きっとあれをクリアすれば治る」

凛「……」

加蓮「トォンップォプォプォプォプォ...」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:53:05.13 ID:XfoOAwSY0
加蓮「Can not stop, can not leave.」

凛「あ、久々に普通の言葉になった」

加蓮「feel me...」

奈緒「で、だ、凛」

凛「ん?」

奈緒「できることならあたし一人でクリアしたかったんだけど」

奈緒「あたしはまだ七段だからあれのクリアはたぶん無理だ」

加蓮「tripping contact...」

凛「はぁ……」

奈緒「で、凛も今までの反応見る限り弐寺やったことないだろ?」

凛「あ、弐寺って言うんだ、これ」

加蓮「..ミキミキニョパチョイミニ゚ョマーニャーチョイマ゙ィナュメ゙ミャメナニャミェァニ゙ョーナィ」

奈緒「……そもそも知らないのか」

凛「うん、はじめてみた」

奈緒「へぇ……結構面白いゲームだぞ、これ」

凛「ふーん……」

加蓮「ミ゙ニャム゙シヂョーマニ゙ャミゲダデョミェァモ゙パマ゚ーペク゚ゴセテ゚ニ゙ュペマニ゙ャメ゙ニ゙ャm...」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:53:42.92 ID:XfoOAwSY0
奈緒「で、話を戻すけど」

奈緒「私たち二人の力をあわせたらもしかしたらこの譜面はクリアできるかもしれない」

凛「二人の?」

奈緒「ああ」

加蓮「イィックゼェ!!」

凛「でも、この譜面一人用のじゃないの?」

奈緒「ああ、本来はな」

奈緒「けど、あたしも、凛もこれを一人でクリアはできないだろ?」

凛「まあ、私はプレイしたことすらないし」

加蓮「(ドゥンドゥンドゥンドゥンドゥンドゥンドゥンドゥン) イェッスイェッス!!」

奈緒「だから、分業するんだ」

奈緒「二人で協力してこの譜面を倒すんだ」

凛「いや、だから私やったことないんだけど」

奈緒「大丈夫大丈夫、操作方法は簡単だ」

加蓮「(ドゥンドゥンドゥンドゥンドゥン) タィニートゥトラァウト...」

奈緒「あのモニターに流れてくる譜面に赤いのあるだろ?」

凛「赤いの……ああ、うん、なんか横に長いやつ?」

奈緒「そうそう」

奈緒「凛はその赤いのが判定ラインにきたときにこの皿を回すだけでいい」

凛「……」

加蓮「I feel you deep insiiiiide... (ピロロロロンッ...)」

加蓮「I wanna set your body freeeeee...」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:55:08.98 ID:qaqh/4Va0
こんなん笑うわ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:56:19.55 ID:XfoOAwSY0
奈緒「それくらいならできるだろ?」

凛「わかんないけど……」

加蓮「........111111111 2 3 4 5 6 Do it↓」

凛「でも、しないと加蓮はこのままなんだよね?」

加蓮「ドゥーワミヨヨドゥードドドドドドドトヴィイーワドタドタドタヴィ-」

凛「紫色で無駄に筋肉質でよくわかんない歌を歌い続けるんだよね」

奈緒「そうだな」

奈緒「だから、あたしたちが助けるんだ」

凛「……」

奈緒「本当は和尚プレイなんてしたらダメだけど」

奈緒「加蓮を助けるためだし、たぶん記録にも残んないだろうしいいだろ」

奈緒「だから、凛、あたしたちの力で加蓮を助けよう」

凛「……」

加蓮「プオォーオォンッヴォーヴェー... チェッキチェッキワァンットゥー?」

凛「じゃあ、がんばってみる」

奈緒「そうか……!」

加蓮「ブォーゥワヴォーブルルル... アァーイカァラァンッ(ピー)」

奈緒「一緒に助けよう、あたしたちの大切な仲間を!」

凛「……」

加蓮「ブリリリリィイブルルルルィッヴィヴォヴォヴァ... アーアーアーアー―」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:56:49.30 ID:XfoOAwSY0
奈緒「じゃ、1ループ終わるまでは待機な」

凛「ループしてるんだ……」

奈緒「ああ、一回歌い終わると数秒の猶予をもってもう一回歌い始める」

凛「ふーん……」

加蓮「アー―アー―アーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアー」

凛「……ねぇ、思ったんだけどさ」

凛「もっと音ゲーうまい人……杏とか呼んでやってもらったほうがいいんじゃないの?」

奈緒「……凛」

奈緒「加蓮は、あたしたちの大切な仲間なんだ」

奈緒「だから、あたしはあたしたち自身の手で助けたいんだ!」

凛「……」

加蓮「ウーオーオーオーーウイエーッアー――アアアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアー」

奈緒「あと純粋に音ゲーしたい」

凛「台無しだよ」

加蓮「ウーオーオーオーーウイエーッアーアアアアアアアアアアアーッ...」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:57:38.05 ID:XfoOAwSY0
奈緒「さて、終わったし」

奈緒「じゃあ、はじめるぞ、凛!」

凛「できるかな……」

奈緒「……」

凛「……」

加蓮「I feel you deep inside...」

奈緒「……」

凛「……」

奈緒「……」

凛「……」

加蓮「I wanna set your body free...」

奈緒「……」

凛「ねぇ、奈緒」

凛「ちょくちょく首かしげるのやめてほしいんだけど」

加蓮「...1 2 3 4 5 6 Do it!」

奈緒「ああごめん、癖なんだ」

奈緒「我慢してくれ」

凛「……」

奈緒「ほら、そろそろ忙しくなるぞ」

凛「……」

加蓮「ドゥーワビヨヨドゥードドドドドドドドヴィイーワドタドタドタヴィ-」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:58:28.95 ID:XfoOAwSY0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


奈緒「全然赤ゲージに乗らなかったな」

凛「……ごめん」

凛「私、たぶん全然できてなかった」

奈緒「いや、凛は初めてだし仕方ないだろ」

奈緒「何回もやれば慣れてコツを覚えるさ」

凛「……そういうもの?」

奈緒「誰だって最初は全然できなかったんだ」

奈緒「私だって……いや、今もあまりうまくはないけど」

奈緒「ともかく、何回か挑戦してみよう!」

奈緒「うまくハマってクリアできるかもしれないし」

凛「……」

凛「……ねぇ、やっぱり杏呼んだほうがいいと思うんだけど」

奈緒「何言ってるんだ!」

奈緒「あたしたちの大切な仲間だからあたしたちが助けなきゃ!」

奈緒「あと、弐寺したい!」

凛「さっきより欲求が強いんだけど」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 00:00:35.96 ID:DIm2iLMf0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


奈緒「か、勝てない……」

奈緒「易すらも……削られて終わる……」

凛「……私も」

凛「やっぱり、まだ全然できてないよね?」

奈緒「……そうだな」

奈緒「やっぱり、いきなりやるっていってもきついよなー」

凛「……」

凛「ねぇ、やっぱり――」

奈緒「――仕方ない」

奈緒「クリアしたらって言ってたし、多分アシストクリアでも許されるだろ」

凛「何それ?」

奈緒「簡単に言えば譜面がちょっと楽なものになるんだ」

奈緒「その分、今よりクリアしやすくなる」

凛「ふーん……」

奈緒「えっと……万全を期してフルアシでやるか」

凛「フルアシ?」

奈緒「ああ」

奈緒「皿はオートになるし、鍵盤は5鍵盤に減るし、CNはなくなる」

凛「ふーん……」

凛「……ん?」

奈緒「ん?」

凛「これがオートになるなら、私って何もしなくていいの?」

奈緒「ああ、そうなるな」

奈緒「大丈夫、あたしに任せろ!」

凛「……」

凛「……いや、確かに私足手まといだったからいいんだけどさ」

凛「……私たちで、加蓮を助けるんじゃなかったっけ」

奈緒「凛の意思はあたしが引き継いだ!」

奈緒「あと、すっごく音ゲーしたい!」

凛「ほぼそっちがメインだよね」

奈緒「ともかく、クリアするから見てろよ、凛!」

凛「……」

凛「……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 00:01:32.45 ID:DIm2iLMf0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


奈緒「よっし、クリアした!」

加蓮「……」

加蓮「……」

加蓮「……すー」

奈緒「加蓮も元の姿に戻って普通に寝息を立てたし……治ったんだな」

奈緒「ああ、よかった……やった、やった!」

奈緒「見てたか、凛!」

凛「……」

奈緒「……凛?」

凛「眉毛屋……あなたは本当に愚かね」

奈緒「は?」

凛「こんな事務所滅びればいい……」

奈緒「……」

凛「それじゃあ、私は笑顔屋に会いに行くわ……」

奈緒「……」

奈緒「……」

奈緒「凛がしぶりんりん先生になった……」






おわり
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 00:06:58.27 ID:DIm2iLMf0
加蓮にS!ck歌わせたかったのとしぶりんりん先生と音ゲーマー奈緒が書きたかったので

しぶりんにぜひともreunion歌ってほしい

余談ですけどひなビタ曲で一番水月鏡花が好きです。曲聞いてもラジオ聞いても泣いた


読んでくれた方ありがとうございました

元ネタ
https://youtu.be/WoWlEdKiFf0

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 00:07:58.04 ID:DIm2iLMf0

紗南「ちひろさんが強欲になっちゃった!」



よかったらこちらもどうぞ
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 01:40:00.19 ID:lQITbK2DO
学生のころやりこんだわ、金無かったからBMSだけど
万年発狂10段で皆伝になれないまま引退した悲しい思い出

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク