奈緒「比奈さんがいないと駄目な体になった」

1: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:06:59.69 ID:eDwQ74Td0
加蓮「って奈緒が言ってるの聞いたんだけど」

凛「ふーん」

加蓮「つまり、これってさ」

凛「うん」

加蓮「なおひなってことだよね」

凛「……どうかな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453388819
2: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:09:19.17 ID:eDwQ74Td0
加蓮「いや、けどさ、聞いちゃったんだもん。そう言ってるのさ」

凛「聞き間違いじゃないの?」

加蓮「いや、確かに聞いた。間違いないよ」

凛「うーん……奈緒と比奈か……。仲はいいけど、そういう風には見えないな」

加蓮「……あっ。けどさ、アニメの話とか結構しているみたいだし、そういうのならあり得るんじゃない?」

凛「どういうこと?」

加蓮「ほら、私たちだと突っ込んだ話はできないけど、比奈さんなら詳しいし」

加蓮「そういう話をする相手がいないと駄目、ってこととか」

凛「なるほど、それはありそうだね」
3: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:11:01.15 ID:eDwQ74Td0
加蓮「でしょ? 同じ趣味の話って盛り上がるし、出来ないと奈緒って寂しがりそうだし」

凛「そうだね。奈緒、好きな作品勧めてくるとき、すごい一生懸命だもんね」

加蓮「そうそう。さりげなく『あれ観た?』って訊いてきて『まだ』って答えるとちょっとしょんぼりして」

凛「可愛いよね」

加蓮「可愛い」
4: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:12:07.11 ID:eDwQ74Td0
加蓮「で、提案なんだけど」

凛「なに?」

加蓮「奈緒がそろそろレッスン終わって、事務所に戻ってきます」

凛「うん」

加蓮「比奈さんの件は、おそらくアニメ仲間としての意味だと思われます」

凛「それで?」

加蓮「イジるしかないよね」サムズアップ

凛「まあ、悪く無いかな」サムズアップ

加蓮「じゃあ、奈緒が戻ってくる前にコンビニ行こうよ。お菓子買おう」

凛「うん、わかった」
5: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:13:54.62 ID:eDwQ74Td0
~コンビニ帰り~

加蓮「すぐ戻るつもりだったけど、時間かかちゃったね」

凛「加蓮がアイス買うか散々悩んだからじゃない」

加蓮「だってさー、炬燵でアイスってやってみたかったんだもん。けど、冬にアイスはやっぱないかなってー」

凛「まったく、奈緒も戻ってきてるんじゃない?」

加蓮「別に問題ないでしょ、することが変わるわけじゃないし」

ソレデ…… ソウダネ、ソウシタホウガ……

凛「もう戻ってるみたい。話し声がする」

加蓮「……相手は杏か」

凛「……なんで入らないで聞き耳立てるの?」

加蓮「イジるネタが増えるかなぁって」

凛「……はぁ」

加蓮「凛だってやってるくせに」
6: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:14:42.37 ID:eDwQ74Td0
杏『智絵里ちゃんは? 結構いいと思うけど』

奈緒『うーん、悪くないけど……。やっぱり、舞ちゃんの方がいいかな』

奈緒『それと、薫ちゃんかな。この二人は外せないだろ!』

杏『誇らしげに言う事じゃないけどねー』

奈緒『しょ、しょうがないだろ! いないと駄目なんだから!』


加蓮「…………ねえ」

凛「…………なに」

加蓮「奈緒って、ロリ」

凛「やめなよ」
7: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:21:11.71 ID:eDwQ74Td0
加蓮「いや、だけど、今さ。舞ちゃんと薫ちゃんがいないと駄目って。比奈さんだけじゃ足りないの?」

凛「落ち着こうよ。ほら、事務所の明るい雰囲気に欠かせない存在って意味かもしれないし」

加蓮「智絵里ちゃんは悪くないって、真性ロリじゃないと駄目ってこと?」

凛「加蓮、奈緒を信じよう。奈緒にいないと駄目なのはプロデューサーでしょ?」

加蓮「……うん、ごめん。ちょっと動揺しちゃって。そうだよね、奈緒の飼い主はプロデューサーだもんね」

凛「その言い方はアレだけど、そうだよ」


奈緒『けどなー、もっと言うなら川島さんの方がいいなー。あー川島さん欲しいなー』


加蓮「……9歳から28歳まで守備範囲?」

凛「加蓮」


奈緒『もう一回挑んで……いや、やめよう! 私は決めたんだ!』


加蓮「……既に手を出そうとしてやめた?」

凛「加蓮!」
8: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:22:27.40 ID:eDwQ74Td0
加蓮「だって……奈緒が……」

凛「それでも、奈緒は奈緒だよ。私たちが受け止めてあげないと」

加蓮「そうだね……仲間だもんね……」

ガチャ

奈緒「……お前ら、事務所の前で何してんだ?」

加蓮「……奈緒」ダキッ

奈緒「なっ、なー! い、いきなり何を!?」

加蓮「大丈夫……どんな奈緒でも私は嫌いになったりしないよ……」

奈緒「は、はぁ!? 突然何を言い出すんだよ! またからかってるのか!?」

凛「……奈緒、大丈夫だから」

奈緒「その優しい眼差しはなに!?」
9: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:24:20.91 ID:eDwQ74Td0
杏「……なーんか、勘違いしてそうだね」ヒョイ

加蓮「……勘違い?」

凛「……奈緒が、比奈に舞、薫がいないと駄目な体で、本当は川島さんが欲しいっていうのが?」

奈緒「なんか酷い風評被害受けてないか私!?」

杏「さっきからしてた話は、デレステの話だよ」

加蓮「……デレステ?」

凛「……どういうこと?」
10: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:28:14.42 ID:eDwQ74Td0
奈緒「私、下手だからダメージガード持ちいないと難しい曲がクリア出来ないんだよ」

杏「比奈も舞ちゃん、薫ちゃんに川島さんも全員ダメージガード持ちだね」

加蓮「……智絵里ちゃんが悪く無いっていうのは」

杏「智絵里ちゃんは、ライフ回復持ち。けど、ダメージガードの方が安定するからねー」

凛「……川島さんが欲しいっていうのは」

杏「トラプリでユニット組むなら、残り二人もクールにした方がいいからね」

奈緒「まだ私はSRにもなってないし、凛もRのしか居ないからまだ先の話だけど……」

奈緒「だから、私がSRになるまでガチャを回すのはやめるって決めたんだよ」

杏「そういうことだから、二人が思ってたようなことじゃないよ?」
13: ◆QbMLM0d8YE 2016/01/22(金) 00:30:53.94 ID:eDwQ74Td0
加蓮「……」

奈緒「な、なあ加蓮。わかったら離してよ……は、恥ずかしいだろ……」

凛「ねえ、奈緒。比奈のことは好き?」

奈緒「な、なんだよ急に……。まあ、話も合うし好き、だよ……」ボソボソ

加蓮「私たちのことは?」

奈緒「うぇっ!? そ、そりゃあ……ユニットの仲間だし、き、嫌いなわけ……ない……」ボソボソ

凛「じゃあ、プロデューサーは?」

奈緒「は、はぁ!? プププロデューサーは今関係ないだろ! 別に私はなんとも思ってないからな! ホントだぞ!」カオマッカ

加蓮「……うん、私たちの奈緒だ」ギュッ

凛「……うん」ギュッ

奈緒「おまっ、凛まで!? な、なんなんだよこれー!」


杏「愛されてるなぁ……」


おわり

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク