【モバマス】幸子「手と手のつなぎ方」

1: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:34:46.34 ID:jPvgBeoI0
幸子「日曜の街はすごく混んでいますねー」

幸子「けど、プロデューサーさんも幸せものですね! このボクの買い物に付き合えるなんて!」

幸子「さて、まずは服からですね。あっ、はぐれないように手をつないでもいいですよ」

幸子「ボクは優しくてカワイイですからね。プロデューサーさんが迷子になったら大変ですから」

幸子「……なんですかその顔は。今度のライブ? まったく誰に聞いているんですか」

幸子「レッスンも欠かしていませんし、大丈夫に決まって……えっ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427556886
2: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:35:23.50 ID:jPvgBeoI0
~in事務所

小梅「……幸子ちゃん、明日ライブだね。私達はレッスンだから……」

輝子「カ、カワイイ幸子ちゃんを見に行けないのが残念……フヒヒ」

幸子「――あ、はい。そう、ですね」

輝子「……なんかぼけっとしてる。も、もしかして疲れてる?」

小梅「……うん、レッスンのときも集中、出来てなさそうだった」

幸子「そんなことありません。いつも通りカワイイボクですよ?」

小梅「……そう?」
3: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:36:52.16 ID:jPvgBeoI0
輝子(……ライブ前日なのにテンション低い)

小梅(いつもなら『カワイイボクのライブを観られるなんて、ここが天国だったんですね!』みたいに言ってるのに)

輝子「さ、幸子ちゃん。何かあったなら親友に相談したら……」

幸子「いえ、大したことじゃないですから。明日に備えて今日は帰りますね」

小梅「……お疲れ様」

輝子「お、おつかれ」

幸子「お疲れ様です」

バタン
4: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:37:36.76 ID:jPvgBeoI0
輝子「……ね、ねえ小梅ちゃん。幸子ちゃん、変じゃない?」

小梅「うん……。輝子ちゃんがカワイイって言ってるのに……全然乗ってこなかった」

輝子「や、やっぱり……なにかあった、かも」

小梅「……心配、だね」


5: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:39:19.37 ID:jPvgBeoI0
~ライブ会場in楽屋~

幸子(いつもだったら狭い楽屋が、今日は嫌味なくらい広く感じます)
幸子(どうもそわそわして落ち着かない。浮き足立っている、というやつでしょうか)
幸子(……ボクらしくないですね。いつも通りやればいいんですよ)
幸子「プロデューサーさん、お茶くだ――」

シーン

幸子「いつも通り……出来るんですか?」
6: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:40:07.57 ID:jPvgBeoI0


幸子『今度のライブの日、どうしても外せない仕事が入った?』
幸子『一人で大丈夫かって……大丈夫じゃなくてもやるしかないでしょう』
幸子『このボクを誰だと思ってるんですか! 一番カワイイ輿水幸子ですよ!』
7: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:41:13.64 ID:jPvgBeoI0
幸子「……じっとしているから、変なことを考えるんです」
幸子「会場の様子を見れば、氣が引き締まるでしょう」


スタッフ「ライトの固定はしっかりしておけ! コードに足引っ掛けるなよ!」
スタッフ「了解っす!」
スタッフ「マイクのチェックはいいかー! ちゃんと確かめておけー!」

幸子(スタッフの方も作業を頑張っていますね)
幸子(ステージも大きいし、客席もかなりの数です)
幸子「ここで歌って、客席を人で埋め尽くす……。考えただけでワクワクしますね! プロ――」
幸子「……っつ。馬鹿ですか……ボクは……」ギュッ
8: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:41:50.59 ID:jPvgBeoI0
スタッフ「輿水さん! そろそろ衣装に着替えて待機お願いします!」

幸子「……」

スタッフ「輿水さん?」

幸子「あっはい! 準備ですね、わかりました!」

スタッフ「お願いします! いいステージにしましょう!」

幸子「……はい」
9: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:43:06.50 ID:jPvgBeoI0
~in楽屋~

幸子(どうしてボクは着替えもせず、机に突っ伏しているんでしょう)
幸子(どうして、自信を持って応えられなかったんですか?)
幸子(ライブ前に不安になるなんて、何度もあったのに)
幸子(その都度乗り越えてきたのに!)
幸子「……プロデューサーさん」
10: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:43:42.08 ID:jPvgBeoI0
幸子(わかってます、今まで乗り越えられたのはプロデューサーさんのお陰です)
幸子(いつも手をつないで欲しいと言えば、つないでくれました)
幸子(父親みたいに、大きな手で優しく手をつないでボクを励ましてくれた)
幸子(……だけど、今はいない。プロデューサーさんがいないとボクは一人――)

ギュッ
11: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:44:31.04 ID:jPvgBeoI0
幸子「!? プロデューサーさん!」ガバッ

輝子「……じゃない。ご、ごめん」

小梅「……幸子ちゃん、大丈夫?」

ギュッ

幸子「……輝子さん? 小梅さん? どうして……」

輝子「ち、ちひろさんから……親友がライブに行けないって聞いて……」

小梅「幸子ちゃん、一人で不安かも、って思って。レッスン切り上げてこっちに来たの」
12: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:45:46.65 ID:jPvgBeoI0
幸子「……ボクのために?」
輝子「ト、トモダチだからな。し、親友の代わりには、わ、私達じゃ役不足だけど……フヒヒ」
小梅「幸子ちゃんは一生懸命レッスン……してた。だから……きっと上手くいく」
幸子「……ボクに出来るんでしょうか」
輝子「い、いつもいいステージだった……。だから、今日もいつも通り……」
幸子「けど、いつもプロデューサーさんに……」
小梅「……引っ張ったのはプロデューサーさんでも……その先で頑張ったのは、幸子ちゃん……だよ」
幸子「ボクに……」
輝子「出来る。わ、私達のリーダーで」
小梅「……一番カワイイ、から」
13: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:47:10.86 ID:jPvgBeoI0
幸子(……そっか。プロデューサーさんの手が安心したのは、人を想っていたからなんですね)
幸子(ボクには、プロデューサー以外にも、こんなに想ってくれる人がいるんです)
幸子「……間違いが二つあります」

輝子「な、なに?」

幸子「一つは、プロデューサーさんの代わりになれない、ということなら役不足ではなく役者不足です」

小梅「……そう、なんだ」

幸子「……もう一つは!」グイッ
14: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:48:01.80 ID:jPvgBeoI0
小梅「えっ」

輝子「わっ」

ダキッ

幸子「役者不足なんかじゃ……絶対にないです!」ギュウウウ

輝子「……フヒ、フヒヒヒヒ」

小梅「……えへへ」

幸子「さあ、いじけていた輿水幸子はもういません!」
幸子「ここにいるのは、お二人が信じる一番カワイイリーダーの輿水幸子です!」
幸子「ボクがいるなら、地獄の1丁目からでもファンが来ますよ!」
15: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:48:48.39 ID:jPvgBeoI0
輝子「フヒヒ……さ、幸子ちゃんは、やっぱりこうでないと……」

小梅「……うん。私達、客席から応援……する、ね」

輝子「今日はシメジ君もいるよ……フヒヒ」

小梅「あ、あの子もいるから3人……?」

幸子「二人と1キノコの応援ですね! すごく嬉しいです!」

小梅「いや……あの子もいr」

幸子「二人と1キノコで す ね! あ、ボクはそろそろ着替えないといけないので失礼します!」

ドタンバタンゴスンガチャバタン

小梅「……行っちゃった」

輝子「こ、怖がりなのも幸子ちゃんらしい……フヒヒ」

小梅「……うん」

輝子「いつも通り、だね」

小梅「……うん」
16: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:49:38.82 ID:jPvgBeoI0
~ライブ後in楽屋~

ガチャ

幸子「あ、プロデューサーさん、お疲れ様です! どうしたんですか、そんなに慌てて?」
幸子「ライブの結果? フフーン! プロデューサーさんが見られなかったことを後悔する結果でしたね!」

小梅「……うん、幸子ちゃん、すごく可愛かった」

輝子「フヒヒ……残念だったな、親友」

幸子「フフン、どうですかこの評判。えっ……大きくなった? 背は142センチのままですよ? そういう意味じゃない?」

小梅「プロデューサーさんは……偉い人とお話?」

幸子「それじゃあ、着替え終わったら合流しましょうか。後でたっぷりライブの話を聞かせてあげますね!」
17: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:51:09.03 ID:jPvgBeoI0
バタン

輝子「し、親友……ほっとした顔だった」

小梅「うん……よかった、ね」

幸子「……あの、お二人共。今日は本当にありがとうございました」ペコッ
幸子「情けないですが、お二人が来るまで不安で仕方ありませんでした」
幸子「ですが、もう大丈夫です。手をつながなくても、輝子さんと小梅さんの気持ちは思い出せますから」

小梅「……プロデューサーさん……も?」ニコニコ

輝子「フヒヒ……幸子ちゃん、親友と手をつなぐの好きだもんな……」ニヤニヤ

幸子「か、からかわないでくださいよ! それに! ボクは決めました!」

小梅「……何を?」
18: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:51:51.32 ID:jPvgBeoI0
幸子「プロデューサーさんとの手のつなぎ方です!」
幸子「思い返すとプロデューサーさんは、ボクを子ども扱いにしていました! 」
幸子「迷子にならないようにとか、不安だからとか、スカイダイビングにビビってるとか!」
幸子「ボクの強がりに優しく答えてくれて、ボクはそれに甘えていました!」
幸子「だから! その手から離れて、プロデューサーさんから『手をつなぎたい』と思えるようにボクは成長します!」
幸子「引っ張られるんじゃなくて、二人で肩を並べて歩けるように、ボクは成長します!」
19: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:52:24.95 ID:jPvgBeoI0
輝子「二人で肩を並んで歩く……フヒ、いいな、それ」

小梅「うん、素敵……だね」

幸子「え、ええと……ま、まあカワイイボクならすぐにでもそう出来ますけどね! ええ、すぐにでも出来ますけどね!」

輝子(照れてる)

小梅(照れてる)

20: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:53:30.66 ID:jPvgBeoI0
小梅「……けど、どんなつなぎ方がいいのかな」

輝子「フヒヒ……そ、そりゃあ指と指を絡める……こ、恋人つなぎ」

幸子「ななななに言ってるんですか輝子さん!」

小梅「……けど、肩を並べて歩くって……そういうこと」

輝子「さ、幸子ちゃんなら、リア充でも祝福するから……フヒヒ」
21: ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:55:02.99 ID:jPvgBeoI0
ガチャ

小梅「あ、おかえり……なさい。幸子ちゃん……今のうちに予行演習、する?」

幸子「しませんよ! しませんから!」

輝子「フヒ、フヒヒ……幸子ちゃん、顔真っ赤」

小梅「あ、あの子が幸子ちゃんの手を……」

幸子「ひぃ! ボクの手に何をしようとしてるんですかぁ!? 」
幸子「プロデューサーさんも笑ってないで何とかしてくださいよぉ!」



おわり
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 01:30:24.50 ID:QKo/06u1o
乙!

さっちゃんカワイイ!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク