小鳥「プロデューサーさんがお○んちん丸出しで寝てる……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:44:50.39 ID:S+fMrUaRo
小鳥「……」

小鳥(ど、どどどどどうしよう。ああ、なんてことなの。
   小鳥のバカバカ。私があの時きちんとプロデューサーさんに教えてあげていれば……)

小鳥「……」チラリ

小鳥(うあぁああやっぱり出てるぅうう! お、落ち着くのよ小鳥!
   あと30分でスケジュール的に亜美ちゃんと真美ちゃんが出勤してくるはず。
   それまでにはなんとか……)

真美「おっはろ~ん兄ちゃんピヨちゃん!」

亜美「今日もよろよろ~!」

小鳥(駄目だった!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448207090
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:47:00.01 ID:S+fMrUaRo
小鳥「お、おはよう亜美ちゃん、真美ちゃん。今日は早いのねー!」

真美「んっふっふ~。甘いねピヨちゃん」

亜美「いつまでも時間ギリギリに来る亜美たちだと思ってもらっちゃあ困りますなぁ」

小鳥「そ、そうよねぇ。二人とももう中学生だものね」

亜美「そう! もう中学生の亜美たちは気の遣えるオトナになったのだ!」

小鳥「気の遣える……?」

真美「ほら、最近の兄ちゃんメッチャ忙しそうだったっしょー?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:49:54.64 ID:S+fMrUaRo
真美「昨日の夜だって、今日は泊まりだーとか言って!」

亜美「だから早起きして、ちょっとでも兄ちゃんの助けになれるようにって頑張ったんだぜい!」

真美「んっふっふ~! これ聞いたら兄ちゃん、きっと感動で剛速球に違いないね!」

亜美「ご褒美くれるかもしんないね!」

小鳥「なっ……」

小鳥(なんていい子たちなの! ご褒美なんて言ってるけど、お姉さんには分かるわ!
   二人とも本当にプロデューサーさんのことを心配してあげてるのよね!
   こんな状況でさえなければ撫でくり回してあげたい!)

亜美「ところでピヨちゃん。なんでさっきからそんなとこで両手広げて立ってんの?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:52:42.32 ID:S+fMrUaRo
小鳥「え!? ここ、これはその……ちょ、ちょーっと体操しようかなと思って……」

真美「ピヨちゃーん……それはちょっと無理があるっしょー」

亜美「体操とかじゃなくてそのポーズ、後ろに何か隠してるっぽいよー」

真美「っていうか通せんぼのポーズみたい」

小鳥(その通りでございます!)

小鳥「い、いや、えっとね? たとえ亜美ちゃんと真美ちゃんの言う通りだとしても、
   二人は何も気にしなくていいのよ!? ね?
   だからほら、そっちのテレビのある方のソファに座りましょ! ね!?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:55:48.19 ID:S+fMrUaRo
真美「もー、ピヨちゃんそんな心配しなくて大丈夫っしょー」

小鳥「へ?」

亜美「後ろで兄ちゃんが寝てんの、とっくに気付いてるもんね。
   亜美たちが何かいたずらしないか心配なんでしょ?」

小鳥「あっ、え、えーっと……。そ、そうそう!
   で、でもそうよねー! 二人ともプロデューサーさんのために早起きしたんだし、
   いたずらなんかしないわよねー!」

真美「あたぼうよ!」

亜美「疲れてお休み中の兄ちゃんにいたずらなんか……」

亜美真美「ちょっとしかしないかんね!!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:57:43.81 ID:S+fMrUaRo
小鳥「ああっ!? そ、その手に持っているのは……猫耳!?」

真美「んっふっふー! これを兄ちゃんの頭に装着してやるのだ!」

亜美「そして写真に収めてやるのだ!」

真美「これなら迷惑にはなんないし」

亜美「亜美たちは満足だし」

亜美真美「伊勢海老二丁っしょ!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:59:30.70 ID:S+fMrUaRo
小鳥「それを言うなら一石二鳥……ってああっ!?」

亜美「んっふっふー! 油断したねピヨちゃん! まずは動きを封じさせてもらうぜい!」

真美「ナイス亜美! そのまま確保よろよろー!」

小鳥「は、離して亜美ちゃん! 駄目! 真美ちゃんそっちに行っちゃ駄目ぇ!」

亜美「行けえい亜美! 兄ちゃんを可愛いネコ兄ちゃんにしてやるのだ!」

真美「」

亜美「……真美? おーい、真美ー?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:01:35.00 ID:S+fMrUaRo
亜美「真美ってばー! ほら、ピヨちゃん動けない今がチャンスだよ! 早く早くー!」

真美「」

亜美「うあうあー! 真美が完全に固まっちゃったぽいよー!」

小鳥「……見てしまったのね。だからあれほど……」

亜美「え!? ど、どういうこと!? ピヨちゃん何か知ってんの!?」

真美「あ、ああ、あ……亜美ぃー!!」ガバッ

亜美「ぶえっ!?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:02:54.25 ID:S+fMrUaRo
亜美「ちょ、ちょっと真美!? いきなり抱きつくなんて危ないっしょ!」

真美「兄ちゃんが、兄ちゃんのあそこがぁ!」

小鳥「真美ちゃん、シーッ! 声! 抑えて!」

亜美「に、兄ちゃんのあそこ……?」

小鳥「はっ! だ、ダメよ亜美ちゃん! 見てしまっては……」

亜美「」

小鳥「遅かったか……!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:04:57.62 ID:S+fMrUaRo
亜美「あ、ああ、あ……!」

小鳥(クリリンみたいになってる……)

亜美「ち、ちち、ちん、ち、ちん……!」

小鳥「お、落ち着いて亜美ちゃん! 落ち着いて目を逸らすの! 私を見て!」

亜美「ピ……ピヨちゃ~ん! うあうあー!」

真美「ぐすっ……」

小鳥(泣いてしまった……)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:07:16.69 ID:S+fMrUaRo
小鳥「よ、よしよし二人とも。取り敢えず、こっちのソファに座りましょうか」

亜美真美「うん……」

小鳥「もう言う必要もないと思うけど……あれが私が隠そうとしていたものなの」

亜美真美「うん……」

小鳥「人が何かを隠そうとする時にはね、理由があるものなの。
   だから無理に見たりなんかしたらいけないの。それが分かったわね……?」

亜美真美「うん……」

真美「……ってぇ! 今はそれどころじゃないっしょ!」

亜美「そーだよ! どういうことか説明をよーきゅーする!」

小鳥「そ、そうよね。分かったわ。実は……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:08:48.30 ID:S+fMrUaRo
数時間前

小鳥『おはようございます! あら、プロデューサーさん?』

P『あ、音無さん。おはようございます』

小鳥『えっと、やっぱり昨晩はここに……?』

P『俺がもっと効率よく仕事ができれば良かったんですけど……。
 やっぱり徹夜しないと終わりそうになくて……すみません』

小鳥『もう、どうして謝るんですか。
   プロデューサーさんがちゃんとお仕事のできる人だってこと、知ってるんですからね』

P『あはは……恐縮です』
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:10:01.44 ID:S+fMrUaRo
P『でもおかげであらかた片付きました。あとはまとめるだけです』

小鳥『あ、だったら残りは私がやっておきますよ。
   プロデューサーさんは仮眠を取っておいてください』

P『えっ? いやそんな、悪いです。俺の仕事なのに……』

小鳥『みんなのサポートが私の仕事ですっ。
   それに、そんな疲れた顔でアイドルの子たちに会ったらみんな心配しちゃいますよ?』

P『……すみません、ありがとうございます。今度ご飯でも奢りますね』

小鳥『ふふっ、お気遣いなく。さ、どうぞそっちのソファで寝ちゃってください』
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:11:46.50 ID:S+fMrUaRo
P『はい。よいしょっ……と。ふぅー……』

小鳥『プロデューサーさんったら。立ち上がるのに『よいしょ』なんて、おじさんみたいですよ?』

P『うわっ、本当だ! すみません、つい……』

小鳥『いえいえ、お疲れなんですから仕方な……んんっ!?』

P『? 小鳥さん? どうかしましたか?』

小鳥『い、いえ! あ、あの……!』

小鳥(プロデューサーさんズボンのファスナー全開ィーーーーーッ!!)
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:13:30.83 ID:S+fMrUaRo
P『……? あの……小鳥さん? 大丈夫ですか?』

小鳥『はえっ!? だ、だだ大丈夫です! なんでもありません! なんでも!』

P『そうですか?』

小鳥(はっ!? そうじゃないです! なんでもある! 小鳥の馬鹿!)

P『えっと、それじゃあ俺、仮眠とりますね。多分ぐっすり寝ちゃうと思うんで……すみません。
 小鳥さん、適当な時間に起こしてもらえますか?』

小鳥『えっ!? は、はい! 任せてください!』

P『ありがとうございます。それじゃ……』
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:16:08.55 ID:S+fMrUaRo
小鳥(……どうしよう。動揺してしまって、教えてあげられなかった……。
   このままじゃ、みんなが出勤してきてプロデューサーさんの恥ずかしい姿を見られてしまう!
   そ、そんなのダメよ! やっぱり、寝ちゃう前に教えてあげないと……!)

P『スヤァ…』

小鳥(寝てるーーーーっ!! ど、どうする? 起こしてでも……いや、でもそれは……あれっ?)

小鳥『……毛布かぶってる』

小鳥(よ……良かった! これならいろんな意味で余裕が生まれるわ!
   出勤してきた子にあられもない姿を見られる心配もないし、私も落ち着いてきた!
   あとはプロデューサーさんが起きるのを見計らって、それで毛布を取っちゃう前に、
   わ、私が勇気を出して教えてあげるしかないわね!)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:17:50.58 ID:S+fMrUaRo
小鳥(男の人の下半身ばっかり見てるなんて思われたら恥ずかしいけど、
   でもプロデューサーさんだって恥ずかしいのは同じなんだから!
   っていうかプロデューサーさんならそんなこと思わないでいてくれるはずよ!)

小鳥『……よしっ。覚悟完了! やるのよ小鳥! 
   と、いうわけで……しばらくプロデューサーさんのお仕事の続きをやっておきましょう』

P『うーん……』ゴソゴソ

小鳥(! もしかして起きて……って、なーんだ。寝返りをうっただけ……)

小鳥『ウェッ!?』
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:19:53.76 ID:S+fMrUaRo
小鳥(ちょちょちょ、ちょちょっ、ちょっと! なんで!?)

P『スヤァ…』ボッキーン

小鳥(お、落ち着くのよ小鳥。目を逸らしてまずは深呼吸!)

小鳥「すぅー……はぁー……すぅー……はぁ……」

小鳥(って! これじゃまるでプロデューサーさんのおち○ちんの匂いを堪能してるみたいじゃない!
   じゃなくて! なんとかしなきゃ! そ、そうよ、毛布は! 毛布を被せてあげれば!)

小鳥「……」チラリ

小鳥(ダメだぁーーー!! 完全に体の下に敷いちゃってる! どどどどうしよう! どうしよう!)
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:21:50.25 ID:S+fMrUaRo



現在

小鳥「というわけなの……」

亜美「ピヨちゃあ~ん!」

真美「しっかりしてよ~!」

小鳥「ごめんなさい……」

亜美「っていうかなんでチャック開いてたらチンチン出てくんの!?」

真美「そーだよ! パンツあんじゃん! 兄ちゃんパンツ履いてないの!?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:24:31.18 ID:S+fMrUaRo
小鳥「い、いや、それは多分、パンツの穴から……」

亜美「穴……? 兄ちゃんのパンツ穴開いてんの!?」

真美「兄ちゃんビンボーなの!?」

小鳥「ち、違うのよ! 男の人のパンツには穴が開いてるの!」

亜美「何それ変なの……って、変と言えば! 兄ちゃんのチンチンの形!」

真美「そーだよ! パパのあんなんじゃなかったもん!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:26:25.54 ID:S+fMrUaRo
小鳥「ちょっ……! さ、さっきから大声でそんなこと言わないの!
   せめてアソコとか、そんな感じにしなきゃ駄目よ! 女の子なんだから!」

亜美「うあうあー! 今はそんなこと言ってる場合じゃないよー!」

真美「兄ちゃんなんか病気とかじゃないの!?」

小鳥「そ、そんなことないと思うけど……。二人とも、学校で習わなかったの?」

亜美「へっ? 学校で? 習ったっけ?」

小鳥「ほ、ほら、保健の授業とかで……」

真美「……あっ! そ、そっか! 習ったっぽいよー!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:28:40.23 ID:S+fMrUaRo
亜美「そっか! 小学校の時、ソーゴーの時間で言ってた!
   赤ちゃん作るとき、チンチン固くなるって!」

小鳥「だ、だから! もう!」

真美「あれっ? ってことは……兄ちゃん今、赤ちゃん作ろうとしてるってこと!?」

小鳥「ち、違うのよ! そうじゃなくても固くなっちゃう時があるの!」

亜美「そーなの? へー、ピヨちゃんよく知ってんね!」

真美「さすが、豊島港だね!」

小鳥「それを言うなら年の功……ってそんなトシでもないわよ!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:30:54.61 ID:S+fMrUaRo
小鳥「いやいや、それより今はなんとかする方法を考えないと……」

真美「そーだよー! このままじゃ兄ちゃん、変態罪で捕まっちゃうよー!」

亜美「特に律っちゃんに見つかったらやばいっしょ! 絶対ケーサツに通報されちゃうよー!」

小鳥「さ、流石にそこまでは……」

真美「早く起こして教えてあげようよ! ほっといたら絶対起きないっぽいよ!」

小鳥「駄目よ真美ちゃん! そんなことしたら!」

真美「え!? なんで!?」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:33:31.92 ID:S+fMrUaRo
小鳥「よく考えて……! あの真面目で責任感の強いプロデューサーさんが、
   自分が事務所でアソコ丸出しにして寝るなんて醜態を晒したと知ってしまったら……」

亜美「はっ……! まさか兄ちゃん、セップクしちゃうの!?」

真美「うあうあー! 真美、兄ちゃんが死んじゃうのやだよー!」

小鳥「いや、流石に切腹までは……。でも、事務所を辞めちゃうことは考えられるわ!」

亜美「そんなのやだよー!」

真美「ピヨちゃん、何とかなんないの!?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:34:44.11 ID:S+fMrUaRo
小鳥「そうよ、だからそれを今必死に考えて……」

真美「そーだ! ピヨちゃんが兄ちゃんのアソコ、しまってあげれば良いんだよ!」

小鳥「……え!?」

亜美「そーだそーだ! しまってきてよー!」

小鳥「ななな、なんで私が!?」

亜美「だってピヨちゃん大人じゃん!」

真美「中学生が大人のアソコ触っちゃうと犯罪っしょ!?」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:36:44.86 ID:S+fMrUaRo
小鳥「た……確かに中学生が、いや高校生でもまずいけど……。
   っていうかアイドルがやっちゃまずいけど……で、でも……」

亜美「ピヨちゃ~ん! お願いだよー!」

真美「もう大人なんだから慣れっこっしょー! 触ったことあるっしょー!」

小鳥「な、ないわよぉ! 変なこと言わないで!」

亜美「なくたって関係ないっしょー!」

真美「ピヨちゃんしまってきてよー!」

小鳥「あ、あわわわわわ……!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:39:14.94 ID:S+fMrUaRo
765プロのアイドルたちがPのちんちん見るだけの話です
今夜はこのくらいにしておきます
続きはまた次の晩に書きます
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:42:58.26 ID:3V2pjOaqo
Pのちんちん見るだけの話です(直球)
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:51:39.90 ID:n3spmpPio
ここまでドストレートなのに少しもエロくない!不思議!
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 08:58:34.02 ID:ZW9pFxp3O
チソコを仕舞うことから始まる恋もある(至言)
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 19:43:58.26 ID:64zf5xiD0
やよいとか寧ろササっとしまってくれそう
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 19:54:06.47 ID:WbTsm4Mvo
むしろ見た事のある弟達のモノとのギャップにビックリして思考停止しそう
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 19:57:43.59 ID:RbBYLBdDo
やよい(……弟たちより小さい……)
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:03:43.34 ID:S+fMrUaRo
小鳥(ど、どうしようどうしよう! わ、私がやるの!? 触るの!?)

真美「あ、あれっ? ピヨちゃん? ピヨちゃーん?」

小鳥(プロデューサーさんの、お、おち○ちんを……私が!?)

亜美「ピヨちゃん聞いてる!? ってかそれどこ見てんの!?」

小鳥(そんなぁ……見ただけでも心臓飛び出ちゃいそうだったのに……!
   それに私、プロデューサーさんとはこんなんじゃなくてもっと……!)

真美「うあうあー! ピヨちゃんが真っ赤になったまま動かないよー!」

亜美「目もグルグルして頭がフットーしてるっぽいよー!」

やよい「おはようございまーっす!」

伊織「おはよう……あら? 亜美、真美。今日は早いのね」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:11:00.54 ID:S+fMrUaRo
亜美真美「ゲエッ! やよいおりんっち!」

伊織「何よそれ……なんか失礼なリアクションね」

やよい「おはよう二人とも。小鳥さんもおはようございまーす!」

小鳥「……はっ!? や、やよいちゃん!? 伊織ちゃん!?」

やよい「? えっと、小鳥さん大丈夫ですか? なんだか顔が赤いかも」

小鳥「あ、え、えっと、これは……」

伊織「どうせいつもの妄想……と思ったけど、なんか違うっぽいわね」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:12:58.32 ID:S+fMrUaRo
伊織「三人でそんな固まって、何かあったわけ?」

亜美「そ、それはだねぇいおりん……」

真美「海よりも高く山よりも深い事情があるのだよ……」

やよい「……? それってあんまりすごくないってこと?」

伊織「ったく、何訳わかんないこと言ってんのよ。
   ああ、もしかしてそっちで寝てる駄目プロデューサーと関係あるのかしら?」

やよい「あっ、ほんとだ! プロデューサー寝ちゃってますー!」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:14:30.38 ID:S+fMrUaRo
小鳥「ああーっちょちょちょちょ! ヘイ! 二人ともヘイ! こっち見て!」

やよい「はわっ!? こ、小鳥さんどうしたんですかー?」

伊織「ほんとに何なのよもう……。いつにも増して変じゃない」

小鳥(いけない……! 二人の、特にやよいちゃんの純真無垢な瞳に、
   大人の息子の大人モードを写すわけにはいかないわ! それだけは守らなきゃ!)

小鳥「じ、事情を話すから取り敢えず、こっちに来て座ってくれるかしら……」

伊織「はいはい……。ほら、やよいも座りなさい」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:15:51.41 ID:S+fMrUaRo
やよい「うん。あっ、でもちょっと待って。
    プロデューサー、何もかぶってないまま寝ちゃってるから毛布かけてくるね」

小鳥「えっ」

やよい「あのままじゃ風邪引いちゃうかなーって!」

亜美「なん……!」

真美「だと……!?」

小鳥「ちょっ、やよいちゃん待っ」

やよい「」

小鳥(マモレナカッタ……!)
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:17:39.50 ID:S+fMrUaRo
伊織「? どうしたのよ、やよい。急に固まって」

やよい「お……おち○ちん……」

伊織「……は?」

小鳥「だ、駄目よやよいちゃん! アイドルがそんなこと言っちゃ!」

やよい「あうぅ……」

伊織「な、なに? 本当にどうしたの? そっちに何か……」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:19:21.00 ID:S+fMrUaRo
亜美「ストップいおりん! ノーすたんだっぷノー!」

真美「ダメ! ゼッタイ!」

伊織「な、何よ急に!? 何かあるのね!? そっちに何かあるんでしょ!?」

小鳥「ない! 何もないから!」ガシッ

伊織「何もないわけないじゃない! 離しなさい!」バシッ

小鳥「ああっ!?」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:21:52.95 ID:S+fMrUaRo
伊織「どうしたのやよい! 何があっ……」

やよい「……伊織ちゃあ~ん……」

伊織「ひっ……」

真美「ストップいおりん!」ガバッ

亜美「悲鳴ダメ! ゼッタイ!」ギュッ

伊織(きゃああああああああああああああ!!)モゴモゴモゴモゴモゴ
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:24:34.06 ID:S+fMrUaRo
伊織(こっ、この変態! ド変態! der変態! 変態大人!)モゴモゴモゴモゴ

亜美「うあうあー! 亜美の手の下でめっちゃ口うごいてるよー!」

伊織(起きなさいよ変態! 起きてその汚いモノをさっさとしまいなさい!)モゴモゴモゴ

真美「うあうあー! このままじゃ抑えきれないよー! やよいっちたすけてー!」

やよい「あ、あうぅ……い、いおりちゃん。こっちに来て一緒に居て欲しいかなーって……」

伊織(はっ……! や、やよい……)モゴモゴ

小鳥「お、落ち着いた? 伊織ちゃん……。
   取り敢えず、プロデューサーさんは起こさない方向で進めたいんだけど……」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:27:00.27 ID:S+fMrUaRo
伊織「起こさない方向!? なんでよ!
   さっさと起こして、しまわせなさいよ! そして土下座させなさいよ!」

亜美「土下座だけで済めばよろしかろうに……」

伊織「え、どういうこと……?」

真美「責任とって辞めちゃうかもしんないっしょー!」

やよい「そ、そうなの? 確かにびっくりしちゃったけど、
    でもおち○ちん見せちゃっただけで、そんな……」

小鳥「大人はね、中学生の女の子に見せちゃ駄目なのよ。本当なら警察に捕まっちゃうのよ……」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:30:18.23 ID:S+fMrUaRo
やよい「はわっ!? そ、そんなの嫌ですー! ねぇ伊織ちゃん、起こさないでおこうよ!
    プロデューサーがいなくなっちゃうなんて私……!」

伊織「そ、それは……でもどうするの!? っていうかなんであんなことになってんのよ!?」

やよい「そうです教えてくださいー! プロデューサーのおち○ちん、なんか変ですー!
    弟たちやお父さんのはあんなのじゃありません! どうしてあんなことに!」

伊織「いや、そっちじゃなくて……」

亜美「その辺りのモロモロは……」

真美「ピヨちゃん説明よろよろー!」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:34:45.59 ID:S+fMrUaRo
小鳥「実はね、かくかくしかじかなの」

やよい「そ、そうだったんですか……」

伊織「このダメ事務員!
   いい年してズボンのファスナーくらいで恥ずかしがってんじゃないわよ!」

小鳥「ごめんなさい……」

やよい「で、でも、早くおち○ちんしまってあげないと!
    起きたらプロデューサー、きっとびっくりしちゃいます!
    それにすっごく恥ずかしいかなーって……」

小鳥「そ、そうよね……」

やよい「あ、あの! じゃあ私、おち○ちんしまってきますね!」

小鳥「なんで!?」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:37:57.61 ID:S+fMrUaRo
やよい「だ、だって小鳥さんも恥ずかしいんですよね……?
    私も恥ずかしいけど、ガマンします! いつも小鳥さんにはお世話になってるから……。
    私だってたまには小鳥さんのこと、助けてあげたいかなーって!」

小鳥「てっ……」

小鳥(天使……!)

伊織「バッ……駄目よやよい! あんたがあんな汚らしいもの触る必要なんてないわ!」

やよい「あうぅ……。確かにもしかしたらちょっとばっちぃかもだけど、
    でも私、弟たちにはちゃんとおち○ちん綺麗にしなさいって言ってるし……。
    プロデューサーはもう大人なんだから、ちゃんと綺麗に……」

伊織「そういう問題じゃないの!!」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:41:41.43 ID:S+fMrUaRo
小鳥「そうよやよいちゃん……! やよいちゃんにそんなことさせられない!」

やよい「……ごめんなさい。そうですよね……。
    やっぱり私じゃ、なんにもできないですよね……」

小鳥「えっ。いやそういう意味じゃ……」

やよい「出しゃばっちゃって、ごめんなさい。私、もう大人しくして……」

伊織「っ……やよいのバカ! あんたはそういうとこがダメなのよ!」

やよい「え……?」

伊織「あんたはいつだってみんなの助けになってるじゃない!
   みんな……私だって、やよいにはいつも力をもらってるわ!
   なのにそうやってすぐ自信なくして……。この私の友達なんだから、自信持ちなさいよ!」
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:45:44.87 ID:S+fMrUaRo
やよい「伊織ちゃん……」

真美「そーだよやよいっちー! 真美たち、やよいっちのこと大好きだよー!」

亜美「そーだよ! やよいっちと一緒だと元気になるんだかんね!」

やよい「亜美、真美……! えへへっ……みんなありがとう!」

小鳥(ぐすっ……。嫌だわ、最近涙腺が弱くなっちゃって……)

小鳥「って感動してる場合じゃない!」

真美「わっ!? どしたのピヨちゃん!」

亜美「せっかく良いフインキだったのにー」

小鳥「それはごめんなさい! でも今の状況を思い出して!」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:46:16.64 ID:DcPUCasY0
おち○ちんを巡る友情物語
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:49:17.44 ID:S+fMrUaRo
伊織「そ、そうよ! あいつのアレをなんとかしないとおちおち仕事もできやしないわ!」

小鳥(おちおち仕事も……おち○ちんだけに……)

やよい「で、でもどうしよう。誰かがしまってあげないと……」

亜美「中学生が大人のチンチン触ったら犯罪だかんね! 亜美たちには何もできないっぽいよー!」

やよい「はわっ!? そ、そうなの!? じゃあどうすれば……」

亜美「そこは大丈夫! あとはピヨちゃんがなんとかしてくれるから!」

真美「ちゃんと兄ちゃんのアレ、しまってくれるかんね!」

小鳥「ウェッ!?」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:54:12.60 ID:S+fMrUaRo
真美「『ウェッ!?』じゃないっしょー!」

亜美「さっきそういう話だったじゃん!」

やよい「そうだったんですか! 小鳥さん、早くしまってあげてください~!」

小鳥「あわわわわ……」

伊織(まったく期待できそうにない……)

小鳥「そ、そうだわ、社長なら! 社長ならきっと理解してくれるし、男の人同士だし……」

亜美「社長は今日お偉いさんの集まりがあるって言ってたじゃん!」

小鳥「そうでした!!」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:56:58.46 ID:S+fMrUaRo
真美「ピヨちゃん、もう恥ずかしがってる場合じゃないよー!」

小鳥「で、でもでも私……」

伊織「もう! あんたが男慣れしてないなんて関係ないわよ!
   プロデューサーの辞職は765プロの将来に影響するのよ!
   私たちの運命のためにも一歩前進しなきゃどうすんの!」

小鳥「い、伊織ちゃん……!」

小鳥(そ、そうよ。これはプロデューサーさんのおち○ちんだけの話じゃない。
   私は今、765プロみんなの運命の鍵を握っているようなもの!
   それなら私は、みんなのためにプロデューサーさんの鍵を握)

響「はいさーい!」

美希「おはようなのー」
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:59:55.68 ID:S+fMrUaRo
亜美真美「ゲエッ!? ミキびきん!?」

響「えっ、何? なんて?」

美希「なんか変な反応。ゲエッ、だなんて失礼だと思うな」

亜美「いやいや、これにはマリーアントワネットよりも深い事情が……」

美希「マリーアン……? 何それ?」

響「あっ、はいはい! 自分知ってるぞ! ほら、スカートがぶわってなってる外国の人だよね!」
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:04:22.12 ID:S+fMrUaRo
小鳥「それを言うならマリアナ海溝とマリリンモンロー……ってそうじゃなくて!
   響ちゃん、美希ちゃん! こっちへいらっしゃい! そのまま真っ直ぐ!」

美希「? わかったの」

響「よくわかんないけどわかったさー」

小鳥「良かった、わかってくれて……」

美希「あっ、ハニーが寝てるの! あはっ、寝顔見ちゃおーっと!」

響「ほんとだ、じゃあ自分も!」

小鳥「全然わかってないッ!!」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:06:28.62 ID:S+fMrUaRo
伊織「駄目よ二人とも! 待ちなさい!」

やよい「そっち行っちゃダメですー!」

響「? なんで?」

美希「みんな変なの。それにしてもハニーが事務所で寝るなんて、珍し……」

美希「」

亜美「うあうあー! ミキミキも見ちゃったよー!」

響「えっ、なになに! 何か面白いものでも……」

響「」

真美「ひびきんも見ちゃったよー!」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:09:48.22 ID:S+fMrUaRo
響「うっ……」

真美「ま、まずい! ひびきんが悲鳴を!」

亜美「MZ5(マジで絶叫5秒前)っぽいよー!」

ハム蔵「ヂュッ!」ガバッ

響(うぎゃーーーーーーーーーーっ!!)モゴモゴモゴ

伊織「ハム蔵ナイス! 間一髪で響の口を押さえたわね!」

やよい「うっうー! すごいですー!」

小鳥「よ、良かった。流石、並みのハムスターじゃないわね。
   って安心してる場合じゃなくて! 美希ちゃんは!?」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:12:35.71 ID:S+fMrUaRo
美希「あ、う……」チラ

美希「うぅ……!」バッ

小鳥(り、両手で目を覆いつつチラ見してはまた覆っている!
   ここに来てなんか一番いい感じの反応!)

真美「うひゃー……ミキミキの反応なんか……」

亜美「これぞまさに恋する乙女って感じですなぁ……」

美希「も……もう! からかわないで欲しいの!」
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:15:33.14 ID:S+fMrUaRo
伊織「ふーん? 何よ、あんたにしては随分としおらしい反応するじゃない」

美希「で、でこちゃん意地悪なの!
   だって、ハニーのオ、オチ……こんな風に見ちゃうなんて……」

小鳥「美希ちゃん……。とても良い反応をありがとう。
   取り敢えずこっちに来て座りましょうか」

美希「うん……」

小鳥「それで響ちゃんは……」

ハム蔵「ヂュ、ヂュヂュヂュ、ヂュヂュッ! ヂュッ!」

響「そ、そっか。そうだよね。プロデューサーが責任とって辞めちゃったら自分も嫌だぞ……」

小鳥(流石すぎる……)
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:18:51.36 ID:S+fMrUaRo
小鳥「えっと……二人とも、落ち着けた?」

響「な、なんくるない……なんくるないさー」

美希「なんなのなの……。ハニーはどうしてああなっちゃったの……」

亜美「なんなのなのって」

真美「なのが一個多すぎなのだよ」

美希「そだね……」

やよい「美希さん、なんだかいつもと全然違うかも……」

伊織「はぁ……あんな奴のどこがそんなに良いのかしら」

小鳥「えっと、まず事情を話すわね。実はかくかくしかじかで……」
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:22:22.05 ID:S+fMrUaRo
美希「むー……。小鳥はそういうとこダメだと思うな!
   ちゃんと教えてあげないとハニーが恥ずかしい思いするだけなの!」

響「そーだそーだ! しっかりしてよ!」

小鳥「面目ない……」

美希「ミキたちだったから良かったけど、
   これが律子……さんだったら、きっとハニーは百叩きの刑にあってるの!」

小鳥「いや、百叩きは流石に……。で、でも大丈夫よ。私が頑張って……」

美希「もう小鳥には任せられないの! ミ、ミキが、ハニーのオチンチンしまってあげるの!」

小鳥「ウェッ!?」

響「うぎゃーーー! 美希がおかしくなったぞ!」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:25:19.28 ID:S+fMrUaRo
美希「おかしくなんてないの! 普通なの!」

伊織「何バカなこと言ってるの美希! 待ちなさい!」

美希「でこちゃん離すの! ミキがハニーを守るの!」

亜美「うあうあー! ダメだよミキミキー!」

真美「中学生がそんなことしちゃ駄目なんだよー!」

やよい「おち○ちん触ったらプロデューサー捕まっちゃいますー!」

美希「だ、大丈夫なの! もう15歳だもん! 結婚できるもん!」

伊織「できないわよバカ!!」

美希「え!?」
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:30:19.80 ID:S+fMrUaRo
美希「うそ……15歳になったら結婚できるんじゃないの……?」

伊織「16歳よ!」

美希「そ、そうなの?」

伊織「そうよ!」

美希「なんなのなの……」

伊織「こっちのセリフよ!」

真美「いおりんは『なの』とか言わないっしょー」

伊織「うっさい!!」
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:33:35.63 ID:S+fMrUaRo
やよい「い、伊織ちゃん、シーッ! プロデューサーが起きちゃうよ!」

伊織「あっ……そうね、ごめんなさい……」

小鳥「美希ちゃん、わかってくれた?
   美希ちゃんはプロデューサーのあそこをしまうことはできないの……」

美希「うん……わかったの。ミキが触っちゃったら、ハニー逮捕されちゃうんだよね……」

小鳥(まぁ誰も言わない限り逮捕は無いんだけど……)

小鳥「とにかく、みんなももう絶対に見たり触ったりしちゃダメよ? まだ中学生なんだから」

響「……」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:36:42.37 ID:S+fMrUaRo
小鳥「あら、響ちゃん? どうしたの?」

響「あ、いや……。自分、高校生……」

小鳥「ん?」

響「いや、だから……。自分、もう17歳……」

真美「え……ひ、ひびきんまさか!」

亜美「高校生だから自分は触れるって言いたいの!?」

響「え!? ち、違う違う! 違う!」
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:39:33.07 ID:S+fMrUaRo
やよい「……響さん、触りたいんですか……? あうぅ、ちょっとびっくりかも……」

響「ちょっ、やよいまで!」

伊織「正直ドン引きなんだけど……」

響「ええ!?」

美希「ふ、フケツなの!
   ミキ、男の子とはもっときちんとしたお付き合いをするべきだと思うな!」

響「だからそうじゃなくて!」

小鳥「あ、あのね、響ちゃん。
   響ちゃんも、男の人に興味を持ち始める時期かも知れないけど、でも……」

響「うぎゃーーーーっ! なんなのもーーーーっ!!」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:44:30.62 ID:S+fMrUaRo
響「そうじゃないってば!
  ただ自分が高校生だって忘れられてないか心配だっただけだぞ!」

亜美「なに言ってんのひびきーん」

真美「そんなの忘れるわけないっしょー」

響「え? あ、そう……だったらいいけど……」

伊織「まったく、変な勘違いで話の腰を折らないでよね」

響「……なんか納得いかないぞ」

やよい「ごめんなさい響さん、私早とちりしちゃってー……」

響「やよいぃ……ぐすっ」
117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:13:42.72 ID:Xe20Hy+ko
美希「響! 泣いてる場合じゃないって思うな!
   早くハニーのオ、オチンチンをしまってあげなきゃダメなの!」

響「はっ! そ、そうだったぞ。でも自分たちじゃ……そうだ! ハム蔵なら!」

ハム蔵「ヂュ!?」

亜美「そっかー! ハム蔵ならオスだし動物だし!」

真美「犯罪にはなんないっぽいよー!」

ハム蔵「ヂ、ヂュ……」

響「お願いだハム蔵ー! みんなのためだと思ってなんとかしてくれー!」
118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:15:02.85 ID:Xe20Hy+ko
ハム蔵「……ヂュッ!」

響「ほ、本当に!? ありがとう! 今日はご馳走にしてあげるぞ!」

ハム蔵「ヂュヂュ、ヂュ!」

響「わ、わかった。自分たち待ってるぞ!」

伊織「話の流れは大体わかったわ……ハム蔵、頼むわね!」

美希「ミキの分まで頑張ってくるの!」

小鳥(あ、あら? もしかしたら私の出番はない感じ……?)
119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:16:00.68 ID:Xe20Hy+ko
10分後

亜美「……ハム蔵遅いねー」

やよい「大丈夫かなぁ……」

真美「めっちゃ気になるよー」

響「うぅ、どうしたんだハム蔵……。あっ!?」

ハム蔵「ヂュ……ヂ、ヂュ……」グッタリ

響「ハ、ハム蔵ーーーーっ!?」
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:17:26.60 ID:Xe20Hy+ko
美希「うわー……なんかすっごくヘロヘロなの」

伊織「ど、どうしたっていうのよ!?」

ハム蔵「ヂュヂュ……ヂュ、ヂュ……」

響「え、え……!? そ、そんな……」

ハム蔵「ヂュ……」ガクッ

響「うぎゃーーー! ハム蔵ーーーーーーっ!」 

亜美真美「うあうあー! ハム蔵が死んじゃったよー!」

響「し、死んでない! 死んでないから!!」
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:19:45.28 ID:Xe20Hy+ko
響「ただ疲れて寝ちゃっただけだぞ! 縁起でもないこと言わないでよね!」

真美「な、なんだー。良かったー」

亜美「ごめんねひびきん」

美希「でもそれなら響のリアクションもおかしかったと思うの」

響「そ、それはなんかその場のノリで……」

やよい「それより、ハム蔵なんて言ってたんですか……?」

響「あっ、えっと。それが、その……」

伊織「な、何よ。何か言えない理由でもあるわけ?」
124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:26:01.79 ID:Xe20Hy+ko
美希「ミキ的にはちゃんと言わなきゃダメって思うな!
   ホーレンソーは大事って、律子……さんがいつも言ってるの!」

小鳥「そうね……。そもそも、ハム蔵ちゃんは成功したの?」

響「そ、それが……。ダメだったって……」

伊織「やっぱり……まぁ、そんな気はしてたわ……」

やよい「残念ですー……」

真美「しかしまさかあのハム蔵が失敗するとは強敵なり……!」

亜美「なんで失敗しちゃったの、ひびきん!」

響「え、えっと、それは……。
  プ、プロデューサーのオチ……あ、あそこが、大きすぎたって……」
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:37:37.73 ID:Xe20Hy+ko
響「ハムスターの自分じゃ、しまうのは無理だったって……」

伊織「……そ、そう。そうだったの……」

美希「ふ、普通の男の人よりおっきいの? そういうことなの!?」

響「し、知らない知らない! 知らないぞ!」

やよい「あうぅ……確かに弟たちのよりずっと……」

伊織「やよい! 思い出さなくていいのよ!」

小鳥(大きすぎたって……そ、そうなの? ど、どうだったかしら。よく覚えてない……。
   っていうか本物見たことないし、比べる対象が無いからよく分からない!)
128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:41:30.78 ID:Xe20Hy+ko
小鳥(い、いえ、でもインターネットで調べればそのくらいは簡単に……)

亜美「うあうあー! ピヨちゃんがまた何か変なこと考えてるよー!」

真美「ひびきんが変なこと言うからっしょー!」

響「えぇ!? 自分はただ言えって言われたから……!」

美希「小鳥こっちに戻ってくるのー! 小鳥ってばー!」

小鳥「はっ!? ご、ごめんなさい! 何かしら!」

伊織「何かしらじゃないわよ!」

やよい「ハム蔵がダメなら、やっぱり小鳥さんしか頼れる人がいません~!」
130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:43:56.00 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「そ、そうね……そういうことになるわよね」

響「でもさっきのぴよ子見てたらなんか不安になってきたぞ……」

美希「じゃあみんなで小鳥を応援するの!
   きっと小鳥そういう経験ってあんまりないから、私たちが支えなきゃって思うな!」

小鳥「そ、その通りだけどその気遣いは悲しいからいらない!
   大丈夫よ、きっとやってみせるから安心して待ってて!」

伊織「ほ、本当に大丈夫でしょうね?」

小鳥「だ、ダイジョーブ! だからみんなは……」

あずさ「おはようございます~」

貴音「ご機嫌よう……。今日もよき日和ですね」
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:47:34.71 ID:Xe20Hy+ko
亜美真美「ゲエッ!? あず姫お姉ちん!?」

あずさ「あ、あら~?」

貴音「はて……それはもしかして、私たちのことでしょうか?」

あずさ「まぁ~そうだったの。初めての呼び方でなんだか新鮮ね~。
    ところでみんなどうしたの? そんな風に一箇所に固まっちゃって……」

亜美「こ、これはだねぇ、チョモルメランよりも高い事情があってねぇ……」

真美「亜美ー、チョモルメランは今関係ないっしょー」

亜美「あっ、そっか。じゃあ、えっと……」

小鳥「それを言うならチョモランマ……ってそうじゃなくて!」
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:51:04.63 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「二人とも! そのまま真っ直ぐこっちに歩いて来てください! 目線も真っ直ぐ!」

貴音「何やらわかりかねますが……ただ事ではなさそうですね。
   あずさ、ここは小鳥嬢の言うとおりに致しましょう」

あずさ「は、はいわかりました~。えっと、真っ直ぐ、真っ直ぐ~」

小鳥「良かった、今度こそなんとか……
   ってあずささんどこ行ってるんですかぁああああああ!?」

あずさ「どこって、私は真っ直ぐ……。あら、プロデューサーさん」

亜美「うあうあー! あずさお姉ちゃんに真っ直ぐなんて言っても無意味っしょー!」

あずさ「まぁー、プロデューサーさんお休み中ですか?
    ふふっ、お疲れ様です~。もしかして昨日はお泊り……」

あずさ「」

真美「うあうあー! あずさお姉ちゃんも見ちゃったよー!」
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:58:35.57 ID:Xe20Hy+ko
あずさ「……」

伊織「あ、あずさ大丈夫!?」

やよい「あずささん、顔が真っ赤ですー!」

あずさ「あ、あら~……い、嫌だわ、あらあら~……」

響「お、おぉ! 流石あずささん! 思ったよりずっと冷静だぞ!」

美希「……ミキには全然冷静に見えないの」

あずさ「あらあら~あら~……」
137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:01:34.88 ID:Xe20Hy+ko
貴音「あ、あずさ? どうしたのですか……? それに皆も、何やら様子がおかしいです」

あずさ「い、いいのよ気にしないで、貴音ちゃん……な、なんでもないわ~」

貴音「……もしや、先ほどからあの衝立の向こう側から感じる面妖な気配と何か関係が……」

やよい「はわっ!? ど、どうしてわかっちゃうんですかー!?」

亜美「あっ、やよいっち! そんなこと言ったらお姫ちんにバレちゃうっしょー!」

貴音「やはりそうなのですね……! 皆が隠す理由は分かりませんが、
   あずさをここまで動揺させる存在、放ってはおけません!」

小鳥「いいから! 放っておいていいから!」

貴音「さぁ! 私の前に姿を現し……」

貴音「」

真美「うあうあー! お姫ちんも見ちゃったよー!」
138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:03:13.30 ID:Xe20Hy+ko
貴音「……」

響「……た、貴音? 大丈夫か?」

貴音「……」

響「お、おーい? 貴音……?」

貴音「……」

響「貴音ってば! 貴音ーー!!」ペシペシ

貴音「はっ!? ひ、響……?」
139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:04:29.66 ID:Xe20Hy+ko
響「だ、大丈夫? 取り敢えずこっちに来るさー……」

貴音「は、はい、分かりました……」

あずさ「貴音ちゃん、大丈夫……?」

貴音「……」

伊織「ちょ、ちょっと?」

貴音「あ……も、申し訳、ございません。その、何か……?」

小鳥「な、なんてこと。あの貴音ちゃんがここまで……」
140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:06:58.43 ID:Xe20Hy+ko
やよい「あうぅ……貴音さんごめんなさい。私のせいで……」

貴音「やよい……いえ、いいのです。あなたが気に病むことではありませんよ。
   しかし、では、先ほど私が見たものは、その……夢や幻では……」

真美「ところがどっこい夢じゃありません……!」

亜美「現実です……これが現実……!」

貴音「……そう、でしたか……うぅ。
   よもや殿方の大切な一部分を、このような形で目の当たりにしようとは……。
   その……皆はもう、この衝撃を乗り越えたのでしょうか……?」
141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:07:58.01 ID:Xe20Hy+ko
伊織「乗り越えたっていうか……まぁ、そうね。最悪だけど……」

貴音「そうですか……。私もまだまだ、精進が足りませんね……」

あずさ「あ、あの~……。
    それで、どうしてこんなことになってるのか説明して欲しいんですけど……」

小鳥「実はかくかくしかじかで……」

あずさ「あ……あら~……」

貴音「事実は小説よりも奇なり、ですね……」
142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:11:27.02 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「でも二人とも流石というか……大騒ぎしなかったのは助かったわ」

伊織「悪かったわね、大騒ぎして……」

貴音「いえ、私は……騒ぐ余裕もなかったというだけのことです。
   恥ずかしながら一瞬意識が飛んでしまいました……」

美希「じーやとかにそういうことは教えてもらわなかったの?」

貴音「い、いえ……。もちろん、知識としては学びましたが……。
   やはり実際に目の当たりにすると、気が動転してしまい……。
   その点あずさは立派なものです。
   揺らいだ心の持ち直しよう……見習わなくてはなりません」

あずさ「そ、そんな大げさよぉ」
144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:15:25.68 ID:Xe20Hy+ko
あずさ「ただ、最年長だからしっかりしないとって……」

亜美「だってよピヨちゃん」

真美「最年長だからしっかりしないとだって」

小鳥「うっ……耳が痛い。やっぱりあずささんは、その……な、慣れてたり……?」

あずさ「えっ!? ち、違います~! 本物を見たのは私も初めてで……!」

やよい「本物……? ニセモノのおち○ちんがあるんですか?」

あずさ「ああっ!? 違うのよぉやよいちゃん! そうじゃないのよ!?」
145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:16:10.29 ID:xQVGtTyjO
あずささんならまぁ持ってるだろうなぁ
146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:18:36.84 ID:Xe20Hy+ko
響「さ、流石あずささん……オトナだぞ……」

美希「……あずさはエッチなの」

あずさ「ち、違うのよ~! あのね、友達がふざけただけで、
    私はいいって言ったのにパソコンで勝手に……!」

伊織「う、うるさいわよあずさ! 余計なこと言う前にあんたはもうだまんなさい!」

やよい「あ、あの……ごめんなさい。よく分からないかも……」

伊織「わかんなくていいの!」
147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:21:18.21 ID:Xe20Hy+ko
あずさ「……くすん」

小鳥「あ、あずささん、その……だ、大丈夫ですか?」

あずさ「今だけは迷子になりたい気分ですぅ……」

小鳥「す、すみません、私が変な話題を振ったばっかりに……」

あずさ「いえ……私が悪いんです……私がエッチなんですから……」

小鳥(だ……駄目だ、今はそっとしておきましょう)

貴音「あの……小鳥嬢? あずさのことも心配ですが、
   今はプロデューサーをなんとかしなければ……。流石にあのままにしておくわけには……」
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:24:33.46 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「そ、そうよね。でも大丈夫よ、それは私がなんとかするから……!」

貴音「なんとかする、とは……」

小鳥「わ、私がこの手で、しまっちゃいます!!」

貴音「なっ……なんと!? しかし小鳥嬢、あなたはまだ嫁入り前の身……!
   清い体のままで居るべきではないのですか!?」

小鳥「貴音ちゃん……ありがとう。でも気にしないで。
   私は決めたの。だって私の仕事はみんなを助けることだから……!」

真美「ピ、ピヨちゃん、真美たちのために……!」

亜美「なんだかピヨちゃんがかっこよく見えるよー!」
150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:27:29.19 ID:Xe20Hy+ko
やよい「うっうー! 小鳥さんすごいですー! なんだか、メラメラ~ってしてます!」

貴音「あぁ、小鳥嬢……。私はあなたの覚悟と使命感に敬意を表します……!」

小鳥「うふふ……さぁみんな! あとはお姉さんに全部任せなさい!」

美希「わかったから早くして欲しいの! ハニーが風邪ひいちゃうの!」

伊織「そうよさっさとしなさいよ!
   っていうかこんな話してる間にまた誰か来たりしたらどうす」

雪歩「おはようございますぅ」

真「おはようございまーっす!」
152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:31:24.94 ID:Xe20Hy+ko
亜美真美「ゲエッ!? ゆきまこちんぴょん!?」

真「な、なんだよその反応。ゆきまこちんぴょんって……」

雪歩「私と真ちゃんの名前……? えへへっ、なんだかちょっと可愛いかも」

真「そ、そうかなぁ? っていうかみんなどうしたの? そんな一箇所に固まって」

伊織(ちょっ、ちょっと! どうすんの!? よりによって雪歩が来ちゃったわよ!)

響(雪歩にだけは絶対に見せられないぞ!)

やよい(き、きっと大変なことになっちゃいますー!)

小鳥(し、仕方ないわ、こうなったら……!)
153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:36:19.09 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「ふ、二人ともストップ!」

雪歩「ひうっ!?」

真「うわっ!? び、びっくりした……」

小鳥「お、落ち着いて、そのまま目を閉じて……」

雪歩「え……な、なんでですか? 怖いですぅ……」

真「そ、そうですよ! 目を閉じろって、どういうことですか……!」

貴音「二人とも、これは必要なことなのです。
   どうかここは、言う通りにしていただけませんか?」
154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:37:57.29 ID:Xe20Hy+ko
真「え、えっと……」

雪歩「わ……わかりました。四条さんがそう言うなら……」

小鳥(よしっ! 二人とも目を閉じてくれたわ!)

雪歩「あ、あの、それでどうすれば……?」

小鳥「そのままちょっと待っててね! 社長室まで連れて行くから!」

真「しゃ、社長室?」
155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:39:56.04 ID:Xe20Hy+ko
真美「おー! 考えたねピヨちゃん!」

亜美「それなら絶対に見ちゃうことないもんね!」

伊織「まったく、もっと早く思い付きなさいよね!」

雪歩「み、見ちゃう? 見ちゃうって何……?」

やよい「あ、あの! あとでちゃんと説明します! だから……」

春香「おはようございまーす!」

千早「おはようございます」
156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:44:06.82 ID:Xe20Hy+ko
亜美真美「ゲエッ!? はるちはやお姉ちゃるん!?」

雪歩「この声……春香ちゃん、千早ちゃん!?」

春香「? ど、どうしたの雪歩、真。そんなとこに立って」

真「いや、それがボクたちもよくわかんなくて……」

千早「……? あの、取り敢えず奥に行ってもらえないかしら。
   そこに二人並ばれると私たちが中に入れないわ」

真「そうしたいのは山々なんだけど……あの、小鳥さん。目、開けてもいいですか?」

小鳥「え!? ちょっ、ちょちょちょ待って! 今行くから……」

春香「? 二人とも目を閉じてるの? どれどれ……って、わっ、わっ!?」ヨロッ ガシイッ

雪歩「ふぇっ!?」
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:47:40.20 ID:Xe20Hy+ko
亜美「あーっと!? はるるんがよろけてゆきぴょんにしがみついたー!?」

春香「わ、わわっ、わ……!?」

雪歩「ちょっ、春香ちゃっ」

春香&雪歩「きゃああああああっ!?」ドンガラガッシャーン!

真美「なんということだー!?
   そのまま数歩よろけて兄ちゃんが寝てるソファの近くでこけてしまったー!?」

伊織「実況してる場合じゃないでしょ!?」

響「うぎゃー! まずいぞーーーっ!!」

貴音「面妖な……」
159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:51:10.82 ID:Xe20Hy+ko
真「ゆ、雪歩、大丈夫!? 春香も!!」

千早「二人とも怪我はない!?」

小鳥「ああっ! 二人ともそっちに行っちゃダメぇ!」

春香「いたたたた……あっ! ご、ごめんね雪歩! 大丈夫!?」

雪歩「うぅ、ひどいよ春香ちゃん……。怪我はないけ、ど……」

雪歩「」

P「スヤァ……」ボッキーン
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 21:57:06.14 ID:Xe20Hy+ko
やよい「はわっ!? ゆ、雪歩さんも見ちゃいましたーー!」

亜美「うあうあー! しかもゆきぴょんが倒れた位置がー!」

真美「ちょうど兄ちゃんのあそこが目の前にー!」

伊織「あぁーもう! なんなのよぉ!」

小鳥(な、なんてことなの! よりによってあの雪歩ちゃんが超至近距離で!
   い、一体どんなリアクションを……)

雪歩「……あ……」ドサッ

小鳥(気絶した!! そりゃそうか!!)
162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:00:49.39 ID:Xe20Hy+ko
あずさ「はっ……! ゆ、雪歩ちゃん、大丈夫!?」

伊織「仲間の危機にあずさが正気を取り戻したけど今はそんなことどうでもいいわ!
   雪歩を介抱しなきゃ!」

やよい「雪歩さんしっかりしてくださいー!」

亜美「目を覚ますんだゆきぴょん! ゆきぴょ……はっ!?」

真美「ど、どうした亜美!?」

亜美「死んでる……!」

伊織「バカ言ってないで早くこっちに連れてきなさい!」

亜美「違うよー! 本当に心臓も息も止まってるんだよー!」

伊織「ウェッ!?」
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:05:52.18 ID:Xe20Hy+ko
響「そ、そんな馬鹿な……うぎゃーーーーっ! 本当に止まってるぞーーーーっ!!」

やよい「そ、そんな!? おち○ちんを見ただけで死んじゃうなんて!」

あずさ「そんな死に方あんまりです! ど、どうしましょう……!」

小鳥「そうだわ、AED……はまだ無いんだった! 心臓マッサージを……!」

伊織「で、でも正しいやり方なんて……」

貴音「私が施します! 皆は下がっていてください!」

小鳥「貴音ちゃん……!」
165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:07:56.06 ID:Xe20Hy+ko
貴音「雪歩、目を覚ますのです……!
   このような死に方、決して許されるものではありませんよ……!」

真「」

春香「」

千早「」

亜美「うあうあー! こっちはこっちで固まっちゃってるよー!」

真美「魂がどっかいっちゃってるっぽいよー!」

伊織「魂抜けてんのは雪歩だけで十分よ! 息してるんなら社長室に押し込んどきなさい!」

亜美真美「ブ・ラジャー!」
166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:10:22.28 ID:Xe20Hy+ko
貴音「雪歩、お願いです……! どうか目を……!」

雪歩「っ……ぷはっ!」

貴音「雪歩……!」

雪歩「あ……あれ、私……?」

貴音「目を、覚ましたのですね。雪歩……」

響「ゆ、雪歩ーーっ! 良かったぞーーーーーーっ!」

亜美真美「ゆきぴょーーーーん! うわぁーーーーん!!」
167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:11:55.50 ID:Xe20Hy+ko
美希「あ、安心したのー……」

やよい「良かったです……良かったですー……うぇえええん」

伊織「もうっ、心配させんじゃないわよ……ぐすっ」

あずさ「あらあら~、伊織ちゃんってば。でも本当に良かったわ~……」

雪歩「えっと……私、何か怖い夢を見てたような……。何か、あったんですか?」

貴音「いいえ、何もありませんよ。ただの夢です……。
   もう少しこのまま、目を閉じてゆっくりしていてください」
168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:15:17.11 ID:Xe20Hy+ko
雪歩「あっ……四条、さん……」

あずさ「あらあら~」

小鳥(あら^~)

真「ゆゆゆ雪歩ォーーー!! 死んじゃ嫌だよ!! 雪歩ォーーー!!」

美希「わっ!? 真くん!」

伊織「ちょっ、静かにしなさいよ! 病み上がり(?)なんだから!」

真「えっ? じゃ、じゃあもう大丈夫なの……?」
169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:17:52.79 ID:Xe20Hy+ko
雪歩「う、うん。この通り大丈夫……」

真「ほ、ほんとだ生きてる! ああっ、でも起きちゃダメだよ! 念のためもうちょっと寝てて!」

雪歩「あっ、ごめんね……そうするね」

伊織「っていうかあんたこそ、もう大丈夫なの? 魂は戻ってきたみたいだけど」

真「そっ……そうだ! ど、どういうことなのアレ!?
  なんでプロデューサーあんな……!」

貴音「真、その件については後ほど小鳥嬢がまとめてお話します。
   それより、春香と千早は……?」

真「あ、えっと、二人は今社長室だけど……」
170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:21:52.86 ID:Xe20Hy+ko
貴音「春香たちも、もう大丈夫そうなのですか?
   先ほどまでは茫然自失としていたようですが……」

やよい「そ、そうですー! 春香さんと千早さんも心配です!」

真「いやそれが、もう呆然とはしてないんだけど……」

亜美「じゃあ何してんの?」

真美「出てこないのは何かワケありなのかね?」

真「ワケありっていうか……まぁ、来れば分かるよ!
  とにかく、早く二人に雪歩が無事だって教えてあげないと!」

あずさ「そうねぇ~。ささ、みんなも早く行きましょう~」
171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:25:20.56 ID:Xe20Hy+ko
社長室

春香「っ、う、ぇぐっ……!」

千早「春香……」

春香「私のせいでっ……私のせいで雪歩が……!」

千早「……あれは事故だったの。春香は悪くなんか……」

春香「違うよッ! あれは私のせいなの! 私が、あんな……!
   私が一人でこけてれば、雪歩はあんなことにならずに済んだの!
   死んじゃうのも、雪歩じゃなくて私……」

千早「っ……やめて! お願い、そんなこと、言わないで……!
   そんな風に、自分を責めたりなんかッ……」

春香「ぅ……あぁあああん……うあぁあああああん!!」




一同(……とんでもないことになってる……)
172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:30:53.70 ID:Xe20Hy+ko
伊織(ちょっ、ちょっと何よこれ!? 何がどうなってんの!?)

小鳥(きっと、雪歩ちゃんの死因がこけて頭を打ったことにある、とか……。
   そんな風に思ってるんじゃないかしら……)

真(そうそう、まさにそんな感じです!)

やよい(は、早く教えてあげましょう! 雪歩さんが生き返ったことも!)

真美「はるるーーん!! 元気出してよーーーっ!!」

亜美「ゆきぴょんならちゃんと生きてるよーーーーっ!!」

千早「みんな!」

春香「そ……それ、本当……?」
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:37:15.64 ID:Xe20Hy+ko
小鳥「本当よ、意識もはっきりしてる。 
   今は念の為に貴音ちゃんが看てくれてるけど、何も問題はないわ!」

春香「うっ……良かった、良かったぁ……!」

千早「本当に良かったわ……」

春香「で、でも私、雪歩に謝らなきゃ! 私のせいで頭打って……!」

やよい「えっと、違うんです春香さん! おち○ちんなんですー!」

春香「……へっ?」

千早「た……高槻、さん……?」
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:40:42.52 ID:Xe20Hy+ko
春香「え、えっと、聞き間違いかな? やよい、今なんて……?」

やよい「あの、だから、おち○ちんなんです!
    雪歩さんが死んじゃったのは、プロデューサーさんのおち○ちんが……」

千早「たっ、高槻さん! あ、あまりそういう言葉は口にしない方が……!」

やよい「あっ、ご、ごめんなさい」

千早「い、いえ、良いのよ。無邪気な証でもあるから……」

春香「えーっと……ごめん。どういうことなのか、
   私にはちょっとよく分からないんだけど……千早ちゃん、分かる?」
177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:43:32.44 ID:Xe20Hy+ko
千早「えっ!? あ、え……? は、春香、気付かなかったの……?」

春香「? う、うん、多分……」

千早「えっと……事務所のソファで、プロデューサーが寝てたのは?」

春香「あ、それは気付いたよ! こけたあと目の前に居たから」

千早「そ、そうよね。えっと、それでね、だから……。
   その、プロデューサーが、その時、えっと……で、出てて……」

春香「……? 出てて? って、何が……?」
178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:46:49.02 ID:Xe20Hy+ko
千早「そ、その……あ、そこが……」

春香「あそこ……?」

千早「だ、だから! オ……オ、チン、チン……」

春香「え……? えっと、ごめんね。よく聞こえなくて……」

千早「~~~っ! も、もう! わざとやってるでしょ! 春香のバカ!」

春香「えぇっ!? な、なに!? どうしたの!?」

千早「みんなもどうして助けてくれないの! みんなはとっくに知っているんでしょう!?」

亜美「いや~、真っ赤になってモジモジする千早お姉ちゃんを見てるとつい」
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 22:49:22.89 ID:Xe20Hy+ko
真美「ここで助けちゃうのは逆に空気読めてないかなーと」

美希「千早さん、とっても可愛かったの!」

真「いやー、ボクもお手本にしないとなぁ」

響「珍しいもの見せてもらったぞ!」

千早「も、もう! からかわないで!」

やよい「でもほんとーに可愛かったですよー!
    千早さん、なんだかナデナデしたくなっちゃいましたー! なーんて、えへへっ」

千早「た、高槻さんっ……!」

あずさ「あらあら~」

小鳥(あら^~)
183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお迭りします 2015/11/25(水) 01:12:20.59 ID:hso1m8bSO
こんな喧騒でよく起きないなこのpは
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 01:13:57.77 ID:XWtvQEz6o
よっぽど疲れてるんだろう
事務員がなんとかしてあげるべき(性的な意味で)
185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 02:11:17.83 ID:Ys+ecC1AO
雪歩の死因がちんちんになるところだったのか
194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:23:41.65 ID:UeIITzbgo
貴音「真、貴重な一面を見ることができました」

小鳥「きゃあっ!? た、貴音ちゃんいつの間に!」

響「雪歩は大丈夫なのか!?」

雪歩「だ、大丈夫ですぅ。ごめんなさい、迷惑をかけて……」

春香「雪歩! ご、ごめんなさい! さっきは私のせいで!」

雪歩「あっ、ううん。いいの、怪我もなかったし。
   で、でも次からは気をつけてね! びっくりしちゃうから!」

春香「うん、気を付ける! 本当にごめんね! あっ、そうだ! 今度お詫びにケーキを……」

貴音「春香? 雪歩は少しここで休ませようと思うのです。
   しばらく安静にさせてあげたいのですが……」
195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:27:44.09 ID:UeIITzbgo
春香「あっ、ごめんなさい! えっと、それじゃ雪歩……」

雪歩「うん。ありがとう、春香ちゃん。私は本当に平気だから、気にしないでね?」

春香「う……うん!」

真「じゃあ雪歩、ボクたちは部屋を出るけど……。
  部屋の前に居るから、何かあったら呼んでね! すぐ駆けつけるからさ!」

雪歩「えへへ……ありがとう真ちゃん」

貴音「では雪歩、ごゆっくり……」
196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:28:57.92 ID:UeIITzbgo
小鳥「さてと……それじゃあ説明しましょうか……」

春香「あっ、はい! えっと、雪歩は結局どうして……?」

小鳥「……さっき春香ちゃん、やよいちゃんが言った言葉、聞こえてたわよね?」

春香「へっ? あー……え、えっと、どうでしょうか。
   た、多分聞き間違いだと思うんですけど……」

やよい「あうぅ……ごめんなさい、聞こえにくくて。
    えっと! 雪歩さんが死んじゃったのはプロデューサーのおち」

千早「た、高槻さん! いいのよ言わなくても! 聞き取れてるはずだから!」
197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:30:27.36 ID:UeIITzbgo
春香「で、でも私が聞こえたのって、えっと、その……」

小鳥「……聞き間違いじゃないのよ。今のプロデューサーさんは、『それ』が丸出しなの……」

春香「…………」

真美「おぉ~、見る見るうちに赤くなっていく」

亜美「見事なものですなぁ」

春香「あ、あはは……え、えーっと、そ、それはそれはまた、なんというか……」

貴音「そして雪歩は間近でプロデューサーのそれを見て……死んでしまったのです」

春香「そ……そうだったんですか……」
198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:32:25.09 ID:UeIITzbgo
美希「ミキだったら近くで見ても死んだりしないのにな。雪歩ってばちょっと失礼なの!」

真「いや、失礼とかそういう問題じゃないと思うけど……」

春香「そ、それじゃあ、今もまだ、プロデューサーさんは……?」

響「当然出しっぱなしだぞ」

春香「あ……あららら……」

あずさ「あらあら~……」

春香「い、一体どうしてそんなことに……」

小鳥「原因やら今後の方針はね、かくかくしかじかなの」
199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:33:36.58 ID:UeIITzbgo
春香「な、なるほど……」

千早「そうだったんですか……」

真「も、もう小鳥さん! ちゃんと注意してあげてくださいよ!
  そうすれば雪歩も死なずに済んだんですからね!」

小鳥「ごめんなさい……」

千早「真、今は過ぎたことをとやかく言ってる場合じゃないわ。
   律子が出勤してくる前に早く解決してしまわないと」

真「っと、そうか……。律子は確か、今度の仕事の件で挨拶を済ませてから来るんだったよね」

春香「で、でもきっと、もうあんまり時間はないですよね!」
200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:35:01.13 ID:UeIITzbgo
亜美「もう来てもおかしくないっしょー!」

真美「律っちゃんが来ちゃったらゲームオーバーだよー!」

小鳥「えぇ……だから今すぐにでも済ませちゃうわ!
   というわけでみんな、しばらくの間雪歩ちゃんを連れてレッスン場にでも行っててちょうだい!」

響「え? なんでわざわざ……」

小鳥「だ……だって、近くにみんなが居ると思うと恥ずかしいし……」

あずさ「ほ、本当に大丈夫ですか、小鳥さん?」

美希「一人にするのなんか不安なの……」

貴音「私たちに何かできることは……」
201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:37:33.99 ID:UeIITzbgo
小鳥「だ、大丈夫! 音無小鳥、頑張ります!」

伊織「……ふん! そこまで言って失敗したら許さないんだからね!」

やよい「小鳥さん、ファイトですー! がんばってくださいー!」

真「ガツーンと行きましょう! い、いや、ガツーンはまずいか……丁寧に行きましょう!」

春香「が、がんばってくださいね!」

千早「それじゃあみんな、行きましょう。
   音無さん、では……。応援、してますね」

小鳥「みんな……ありがとう!」
203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:40:00.24 ID:UeIITzbgo
小鳥「……ふー……」

小鳥(つ……ついにこの時がやってきたわ。
   いよいよ、私が一歩、女に近づく時が……!)

P「スヤァ……」ボッキーン

小鳥(それにしても、割と大騒ぎしたのに全然起きない……。本当に疲れてるのね。
   でもあそこは元気……ってそんな最低な下ネタを言ってる場合じゃないでしょ小鳥!
   ま、まずは近付くのよ! 近付いて、ゆっくり手を伸ばして……)

小鳥「はぁー……ふぅー……ふぅー……!」

小鳥(こ、呼吸が! 荒くなる! まるで変態みたいじゃない! この淑女小鳥が!)
204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:43:41.58 ID:UeIITzbgo
小鳥(くっ……もうこの際呼吸は仕方ないわ! そんなことを気にしてる場合じゃないもの!)

小鳥「ふーっ……ふーっ……!」ジワリ

小鳥(う、うぅ……なぜか涙が……。ダメよ小鳥、泣いちゃダメ!
   さ、触るぞ、触るぞーっ……! プロデューサーさん、お願い、目を覚まさないで……!)

小鳥「っ……!」サワッ

小鳥(さ、触ったぁ! 触ったぁー! 皮膚に触れたくらいで硬さとかは全然わからないけど!)

P「スヤァ……」

小鳥(よよよよ、よしっ! 起きる気配はない!
   あとはこれをパンツの中に入れて、ファスナーを上げれば……)

律子「おはようございまーす! すみません、遅くなっちゃいましたー!」

小鳥「」
205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:44:38.44 ID:WfuxZimDO
game over
206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:47:59.69 ID:UeIITzbgo
律子「って、あれ? 誰も居ない……? 小鳥さーん? プロデューサー?」

小鳥「だぁーーーーーっ!! ちょちょちょちょちょ待っ! ちょまーーーっ!!」

律子「あっ、そっちに居たんですか。っていうかなに変な声出してるんですか小鳥、さ……」

小鳥「……」

P「うーん……」

律子「ぎ……ぎゃあああああああああああああああ!!!!????」
207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:50:41.66 ID:UeIITzbgo
P「うわっ!? な、なんだ!?」

律子「なっ、ななななっ……! 何してんですかあなたたち!?」

P「えっ? あれ、律子、何って……んん!? えっ、音無さ、えっ!?」

律子「ここ事務所ですよ!? 自分たちがどういうことをしてるか分かってるんですか!?」

P「え!? どういうこと!? 俺どういうことしてんの!?」

律子「とぼけないでくださいよ!! と、とにかくこの件は社長に報告させてもらいます!!
   そのあとの処分がどうなるかは知りませんが、最悪二人とも……」

小鳥「わ、私が悪いんです!! ごめんなさい!!」
208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:55:02.19 ID:UeIITzbgo
P「えっ? お、音無さん……?」

律子「わ、私が悪いって、それはどういう意味ですか……?」

小鳥「プ、プロデューサーさんはただ寝てただけです!!
   それで私が、つい出来心で、いたずらしたくなっちゃって!!
   本当にすみませんでした!!」

律子「そ……それ、本当ですか?」

小鳥「はい、本当です! ですからプロデューサーさんは何も悪くは……!」

律子「……分かりました。では社長には、そのように報告させてもらいます」
209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:56:08.22 ID:UeIITzbgo
律子「それで……アイドルの子たちは今どこへ?」

小鳥「レッスン場へ行ってます……」

律子「はぁ……。分かりました。
   一応確認しておきますが、あの子たちには見られてないでしょうね?」

小鳥「は、はい。見られてないです……」

律子「……それじゃ、私は一度あの子達のところへ行きます。
   二人は、特にプロデューサーは服装を整えて仕事に戻ってください」

小鳥「……はい。すみませんでした」
210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:56:39.94 ID:47bwXkHSo
ピヨちゃんの優しさに全人類が泣いた
211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 21:57:01.26 ID:UeIITzbgo
P「……」

小鳥「……」

P「……あの、小鳥さ」

小鳥「本当に、すみませんでした!」

P「えっ」

小鳥「き、気持ち悪いですよね私!! すみませんでした!!
   で、でも大丈夫です、私、もう二度とプロデューサーさんには近付きませんから!!
   い、いえ、もしかしたら、会うことだって、もう、二度と……!」

P「……嘘ですよね?」
213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:00:44.80 ID:UeIITzbgo
小鳥「え……」

P「音無さんが寝てる俺にいたずらしたって、嘘ですよね?
 俺、知ってます。音無さんはそんなことをする人じゃありません」

小鳥「い……いえ、私は、本当に……」

P「多分、俺のズボンのファスナーが開いてたとかで……出ちゃってたんでしょ?
 それで音無さんは、俺に気を遣って、こっそりしまってくれようとした……。
 そうとしか考えられません」

小鳥「っ……プロデューサーさん……」
214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:03:00.39 ID:UeIITzbgo
P「俺、律子に本当のこと言います。それで、ちゃんと叱られます。
 もしかしたらクビになっちゃうかも知れないですけど……でも、自己責任ですから」

小鳥「そ、そんな……! 駄目です! プロデューサーさんは、クビになんてなったら駄目です!
   765プロには、あの子達には、あなたが必要なんです!!」

P「音無さん……。ありがとうございます。でも無理しないでください。
 音無さんだって、こんな事務所であそこ丸出しで寝るような変態と一緒に仕事するなんて嫌に決まって……」

小鳥「嫌なんかじゃありません!! 嬉しかったです!!」

P「えっ」

小鳥「あっ」
215: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:05:44.15 ID:UeIITzbgo
P「え、えーっと、それはつまり……?」

小鳥「ち、ちがっ、今のは、わ、私が変態とかそんなのじゃなくて!
   誰のでもいいってわけじゃなくて
   プロデューサーさんのだから嬉しかったっていうか、ああっ! 違う!」

P「……」

小鳥「違うんです! そうじゃないんです!! だから、えっと……」

P「おっ……俺も実は興奮しました!!」

小鳥「ウェッ!?」
217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:07:38.73 ID:UeIITzbgo
P「お、音無さんに間近で見られて、しかも触られて! すっげぇ嬉しかったです!!」

小鳥「そ、そそ、それって……」

P「だ、だからもし、音無さんが俺の見て嬉しかったっていうなら、ま、また見せてあげますし……。
 っていうか、正式に、そ、そういう、関係になれたら良いかな、って……」

小鳥「プ……プロデューサーさん……」

P「つ、つまり恋人に……。だ、駄目、ですか……」

小鳥「ダメじゃありません! よろしくお願いします!!」

P「や、やった! こちらこそよろしくお願いし」

律子「今度は何を騒いでるんですか……」
218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:10:42.78 ID:UeIITzbgo
小鳥「っ! り、律子さん……」

P「え、えっと……律子。俺、律子に言わなきゃいけないことがあるんだ……」

律子「……なんですか?」

小鳥「あっ……ま、待ってくださいプロデューサーさん! それはやっぱり……!」

P「音無さん……。いえ、でもこれは俺のケジメです。ここはしっかりさせとかないと」

小鳥「プロデューサーさん……」

P「律子、実は、さっきの……音無さんの話は、俺を庇ってついた嘘なんだ!
 本当は俺がドジして丸出しにさせてて、
 音無さんは直そうとしてくれてただけなんだ! すまなかった!!」

律子「……まったく。次からは気を付けてくださいよ」
219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:14:00.61 ID:UeIITzbgo
P「……はい?」

小鳥「え……? そ、それだけですか?」

律子「薄々そうじゃないかとは思ってましたから。
   妄想ならまだしも、あんな度の超えたイタズラを小鳥さんがするはずがないでしょう?」

小鳥「り、律子さん……!」

律子「もう、なんて顔してるんですか。それなりに長い付き合いなんです。
   あなたがどういう人なのか、私なりに理解はしてきたつもりなんですけどね。
   あ、いや……でもそれを言ったら最初の私の勘違いも駄目ですね。
   二人ともすみませんでした……。動揺していたとは言え、早とちりしちゃって……」

P「い、いや、それは別にいいんだけど。じゃあ、俺の処分は……?」
220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:17:19.18 ID:UeIITzbgo
律子「あ、えっと……今回は私からの注意に留めておきます。
   アイドルの子たちに見られていたら多少は大事にもなり得たでしょうけど、
   幸い私たちしかこのことは知りませんからね」

P「そ、そうか……! ありがとう律子!」

律子「ふふっ……。それじゃあ、仕切り直しに顔でも洗ってきてください。
   気分新たに、今日も一日がんばっていきましょう!」

P「ああ!」

律子「……まったく……。それにしても、音無さんも思い切った庇い方をしますね」

小鳥「え、えっと、あの時は必死で……」
221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:19:53.19 ID:UeIITzbgo
律子「まぁ、庇いたくなる気持ちも分かりますけどね。
   あの人、本当に真面目でいい人ですから。あの子たちからの信頼も頷けます」

小鳥「……あの子たちの信頼? それってどういう……」

律子「本当は見ちゃったんでしょう? あの子達も、全員」

小鳥「っ!? な、なぜそれを!?」

律子「さっきレッスン場で会った時の反応です。
   必死に私を事務所に行かせないようにしたり、ちょっと口滑らせた子もいましたからね。
   それで確信したんです。やっぱりそういうことか、って」

小鳥「そ、そうでしたか……。ということは、律子さんもさっきはプロデューサーさんに嘘を……」

律子「ええ。言ったでしょう? 庇いたくなる気持ちも分かるって」
223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:22:32.90 ID:UeIITzbgo
律子「あの子たちが彼の……を見てしまったことは、私たち全員の秘密にしましょう。
   彼のことです、知ってしまうときっとすごく気に病むでしょうからね」

小鳥「は、はい! もちろんです!」

律子「ところで……さっき私が戻ってくる前、なんの話をしていたんですか?
   なんだか盛り上がっていたように聞こえましたけど」

小鳥「え!? そ、それはその、えっと……」

律子「……仕事とプライベートは区別してくださいね?
   まぁでも……ふふっ、おめでとうございます」

小鳥「あ……ありがとうございます!」


   Happy End!
224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:23:42.34 ID:UeIITzbgo



小鳥(……ってな感じで、万事上手く解決できないかなぁ。
   っていうかもう何もかも妄想だったらどれだけ良いか……)

小鳥「……」チラリ

P「スヤァ……」ボッキーン

小鳥(あぁああやっぱり出てるぅううう!!)


  おしまい
225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:24:55.35 ID:uPjxwEd1o
いいおわりだなぁっておい
おつ
229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:27:05.76 ID:JxfJrCgWO
やはり小鳥さんは小鳥さんだった…乙
231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 23:03:32.97 ID:WxH7WKEt0
もう咥えよう・・・
それで完全に隠れるはずだ・・・
236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 12:33:33.71 ID:GLEwGhMgO
どこから妄想だったんだろう
アイドル達が来る前か、律子が来る直前か……
反応的に最初からっぽいけど

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク