【艦これ】提督「大淀にセクハラしよう」

1: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:24:28.96 ID:vQVqlHcQ0

大淀「提督、お茶です」コトッ

提督「ありがとう」

サワッ

大淀「きゃあ!?」

提督「うむ、いい感触」

大淀「ど、どこ触ってるんですか!」

提督「大淀のお尻」

大淀「分かってますよ!そういう意味じゃありません!」

提督「いやー、目に入ったもんだからつい」

大淀「つい、じゃありませんよ! もう、人がせっかくお茶を淹れてるのに……」

提督「はいはい、悪かったって。お茶ありがとな」

大淀「絶対反省してませんよね……」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446042268
2: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:25:10.38 ID:vQVqlHcQ0
※短いよ
3: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:26:29.54 ID:vQVqlHcQ0

大淀「第一艦隊より電文、前方に敵艦隊確認!提督、指示を!」

提督「単縦陣!迎え撃て!」スッ


大淀「敵艦隊、撤退中です!提督、どうされますか?」

提督「追撃だ、夜戦にもちこめ!」ガシッ


大淀「敵艦隊、全艦撃沈を確認!S勝利です!」

提督「よし、作戦成功だな!」ポンッ


大淀「……提督、指揮中にそれとなくボディタッチをするのはやめて頂けませんか」

提督「あ、ばれた?」

大淀「バレバレです」

提督「いやー、つい指揮に熱が入っちゃって(棒)」

大淀「絶対わざとですよね……まあ今回は肩とか頭とかだったので気にしませんでしたけど、あまり腕などを触られますと、艦隊指揮にも影響が出るので……」

提督「じゃあお腹とかならいい?」

大淀「絶対駄目です!」

4: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:28:25.26 ID:vQVqlHcQ0


提督「……」カリカリ

提督「……あ、大淀。ちょっと」クイクイ

大淀「はい」スッ

提督「ここちょっと見てくれ」

大淀「はい。えーと、この書類はですね……」

フーッ

大淀「ひゃん!」

提督「あっはははは!いい反応だ!」

大淀「み、耳に息を吹きかけないで下さい!びっくりするじゃないですか!」

提督「そりゃびっくりさせるためにやったんだしなぁ」

大淀「またこの人は悪びれもせず……」

提督「くくっ、『ひゃん!』だって。いい声だったなあ」

大淀「~~~~っ、いい加減にして下さい!」カァァ

5: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:30:36.84 ID:vQVqlHcQ0


大淀「おはようございます」ガチャ

大淀「提督はまだ来てないようですね……寝坊でしょうか。あれ、机の上に」


猫耳「」ドーン


大淀「……どうせ提督の仕業ねこれは」

大淀「……」

大淀「……」キョロキョロ

スッ


大淀(猫耳)「……に、にゃ〜ん」

パシャッ


提督「おう、おはよう大淀」ガラッ

大淀(猫耳)「」

提督「いや~たまたまクローゼットの中に入っててたまたま執務室の写真を撮ろうとしただけなんだけどな~、思いがけない写真が撮れたなあ~」

大淀(猫耳)「」

提督「どうしようかな~、青葉に頼んで広報にでも使おうかな~」

大淀(猫耳)「……て、て……」

提督「て?」



大淀「提督のバカーーーー!!」





提督「いてて……まだ頬がヒリヒリする……」

大淀「最低です提督!あんな所写真に撮るなんて……」

提督「とか言って、大淀もけっこうノリノリだったじゃん」

大淀「と、とにかく!あの写真はデータを消させてもらいましたからね!それから、この事は誰にも言わないように!」

提督「うっす」

提督「(まあバックアップとってあるけどな)」

6: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:34:17.32 ID:vQVqlHcQ0


提督「おはよう、大淀。パンツ何色?」

大淀「おはようござ……って朝から何言ってるんですか!早く仕事を始めてください!」

提督「大淀はきょうは出撃だったな?」

大淀「そうですよ。私がいなくても、ちゃんと仕事して下さいね!」

提督「わかったわかった、ちゃんとやるから」

大淀「もう、心配だわ……」




大淀「艦隊、帰投しました」

提督「おう、お疲れさん。被害は?」

大淀「私と朝霜が中破、霞が小破、他は損害なしです」

提督「あいよ。ドックは空いてるから、全員入ってきてくれ」

大淀「了解しました。では行ってきますね」

提督「白か」

大淀「白? ……!!どこ見てるんですか!」バッ

提督「フリル付きとかいい趣味してんな」

大淀「そんなまじまじと見ないで下さい!ど、ドック行ってきますからね!」バタバタ


8: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:37:21.36 ID:vQVqlHcQ0


ガラガラ

大淀「ふぅ……私だけ最後になってしまったわ。駆逐艦の子達は早風呂だものね」

大淀「着替えはどこかしら……あ、あったわ」


---------------------------------

バァン!!

大淀「提督!どういうことですか!」

提督「お、どうした?そんな慌てて」

大淀「どうしたじゃありません!何で……」



大淀「何で下着がサラシになってるんですかっっ!!!」


提督「知らんなぁ、妖精さんが間違えたとかじゃないの?」

大淀「私と武蔵さんを間違えるわけないでしょう!しかも下着だけ!どうせ提督が用意したんでしょう!?」

提督「まあたまにはそういうのもいいんじゃないか?着けてみたら?」

大淀「嫌ですよ!なんで私がそんな痴女みたいな格好しなきゃいけないんですか!」

提督「痴女て……なあ、ところで」

大淀「何ですか!」



提督「そのサラシがそこにあるということは、今って下着つけてないの?」

大淀「……」

大淀「……」チラッ

大淀「……」

大淀「///」カァァ



大淀「て、提督の変態!」

バタンッ、バタバタ……


提督「うむ、恥ずかしそうに裾を押さえて走り去る大淀もなかなか」

9: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:40:14.22 ID:vQVqlHcQ0


提督「この書類、片付けておいてくれ。俺はちょっと休憩してくる」

大淀「はい、わかりました」


大淀「けっこう量が多いですね……あれ、書類の間になにか本が」


『黒髪眼鏡秘書と夜のオフィスレッスン ~私のヒショをもてあそんで~』


大淀「」


---------------------------------


ガチャ

提督「ただいま」

大淀「提督!何のつもりですか一体!」

提督「おう、顔真っ赤にしてどうした」

大淀「とぼけないで下さい!書類に漫画なんか紛れ込ませないでくださいよ!」

提督「漫画?なんの漫画だ?」

大淀「それは、その……あの……え、えっちな漫画です!」

提督「なんて名前の漫画?」

大淀「で、ですから…… って絶対わざとやってるでしょう!言わせないで下さい!」

提督「いや~いい漫画見つけたから教えてやろうと思って」

大淀「余計なお世話です!あれはもう捨てましたからね!」

提督「でもアレ、中々スゴかっただろ?」

大淀「そ、それはまあ……じゃない!す、すぐに捨てましたから!読んでません! ほら、仕事の続きですよ!まだまだ残ってますからね!」バンッ

提督「おっ、そうだな」

10: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:43:48.95 ID:vQVqlHcQ0


提督「大淀って髪キレイだよなー」

大淀「何ですか藪から棒に。褒めても何も出ませんよ」

提督「ちょっと触ってもいい?」

大淀「……まあ、少しだけなら」

提督「ありがとう。じゃ、失礼して」

スッ スッ

提督「うーん、やっぱちゃんと手入れしてあるなあ。そういうの詳しいわけじゃないけど、なんとなく分かるよ」

大淀「……ありがとうございます」

提督「髪が傷みやすそうな仕事してんのになあ。大変だよな」

大淀「そうですね。まあ入渠でもある程度はケアされますけど、プラスで色々な手入れをしている子も多いと思います」

提督「ふーん……」スンスン

大淀「スンスンって……ちょっと提督!匂い嗅いでます!?」

提督「ん、いい匂いするな」

大淀「や、やめて下さい!恥ずかしいですから!」

提督「ほう……?」

大淀「『ほう……?』じゃありません!やだ、髪引っ張らないで!  ちょっと、頭掴んで何するんですか!え、頭皮を直接?もっとダメです!お願いだからやめて下さい!やめ、や、いやああああああああ」

11: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:46:44.81 ID:vQVqlHcQ0


大淀「そろそろお昼です。今日は間宮さんの所に行きましょう」

提督「了解。んじゃ行くか」


パタパタ……


大淀「そういえばなんですけど」

提督「何だ?」

大淀「提督、私にはよく色々ちょっかい出してきますけど、他の娘にもああいう事してるんですか?」

提督「いや、大淀にだけだよ」

大淀「えっ?一体どうして……」

提督「それはな……大淀が好きだからだ」

大淀「ええっ!?そ、そんな事急に言われても……」アタフタ


提督「スキありっ!!」ガバッ

大淀「ひゃわぁ!?」

提督「はっはっは、油断したな大淀!」

大淀「す、スカートに手を突っ込むなんて……!」

提督「良さげな穴が空いてるもんだからね、仕方ないね」

大淀「そういうためのスリットじゃありませんから!」

提督「いやー、しかし大淀は何やってもいい反応してくれるから好きだよ」

大淀「えっ……?」

提督「大淀はリアクションがいちいち面白いからなー。その反応が好きだから、ついつい色々したくなっちゃうんだなこれが」

大淀「……」

提督「おっどうした大淀。急に黙り込んで」

大淀「……」スタスタ

提督「おーい、大淀さーん?」


---------------------------------


大淀「……」ツーン

提督「……というわけで、それから全く口をきいてくれないんだけど、スリットに手を突っ込むのがそんなに悪かったんだろうか」

間宮「(本気で言ってるんでしょうかこの人は…)」

12: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:49:18.08 ID:vQVqlHcQ0


大淀「提督、今日は鎮守府の秋祭りですよ」

提督「浴衣の子も多いな。風情があってなかなかよい。で、大淀も浴衣か」

大淀「はい。折角の機会ですから」

提督「青地に牡丹柄?か。大淀の普段の雰囲気とも似合ってていいな」

大淀「ありがとうございます。ふふっ、いつもと違う服を着てるだけなのに、何だか生まれ変わったみたい」

提督「ところで大淀よ」

大淀「はい」

提督「浴衣は下着つけないって本当か?」

大淀「は?(低音)」

提督「!?」

大淀「……ゴホン、失礼しました。 ……で、今なんとおっしゃいました??」

提督「い、いや、何でもない」

大淀「もうっ、人が折角浮かれているんですから、水を差すようなこと言わないで下さい」プンスコ

提督「申し訳ありません……」

大淀「まあいいです。 それじゃ気を取り直して、お祭り、行きましょうか」

提督「おう」


提督「(しかし、実際のところどうなんだろう……気になる)」

大淀「(さすがに言えるわけありませんよね……本当につけてないなんて)」

13: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:51:12.96 ID:vQVqlHcQ0


マチナサーイ…… アッハッハッハ-……


霞「……また何かやってるわね。食堂まで聞こえてくるわ」

足柄「もう見慣れたものよね~」

霞「あのクズ、怒られても全く懲りてないわよね。大淀のほうも、さっさと秘書降りるなり憲兵に通報するなりすればいいのに」

足柄「そうね……。でもきっと大淀ちゃんも、本気で嫌がってるわけじゃないと思うの」

霞「はぁ?あんな事ばっかりされてるのに?」

足柄「だって、それこそ霞ちゃんが言うように、その気になればやめさせる手段なんていくらでもあるはずよ。大淀ちゃんがそれを知らないわけがないし。  それに、普段の生活でもこれといって提督のことを避けているわけじゃないでしょう?食事はいつも一緒に摂ってるし、この間の秋祭りの時も一緒に居たじゃない」

霞「それは確かに……でもそしたら、大淀はあいつを受け入れてるってことなの?」

足柄「少なくとも、そこまで悪くは思ってないはずよ。何だかんだで長い付き合いのはずだし。大淀ちゃん本人がどこまで考えてるかは分からないけど」

霞「分からないわ……あんなセクハラ野郎のどこが良いのかしら」

足柄「それに、提督の側も単にセクハラだけが目当てであんなことしてるわけじゃないと思うの」

霞「どういう意味?」

足柄「ホラ、よく言うじゃない、『○○な子ほどイタズラしたくなっちゃう』ってね」

霞「それって……」

足柄「どこまで本気かは何ともわからないけどね。 ま、わたしに言わせれば、二人ともまだまだお子様ってこと」

足柄(二人が先に進むには、まだまだ時間がかかりそうね……)



大淀「いい加減にしなさーい!!」


おわり
15: ◆SIevslU5sU 2015/10/28(水) 23:53:47.58 ID:vQVqlHcQ0
以上です。大淀さんかわいい

お付き合い頂きありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/29(木) 00:00:10.30 ID:FWYAKLqVo
乙です

二人のやりとりが良かったです
深海棲艦「またいちゃつきながら戦ってやがる……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/29(木) 00:08:30.70 ID:PbPwAz/Qo
はぁ・・大淀さん最高かよ乙
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/29(木) 00:23:19.78 ID:jlvUnSzJo
おつおつ
ニヤニヤさせてもらった!
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/29(木) 12:25:21.44 ID:lXzmZpCFO
乙、>>1ならもっと書けると信じてる

この書き手のSS:

【艦これ】提督「艦娘と同衾する」
(一つの寝具の中に一緒に寝ること)


【艦これ】提督「艦娘と食事をする」



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク