未央「ほらほらー、白状しちゃえ♪」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 18:24:14.50 ID:RafShfXAO
藍子「だ、だからPさんが撮ってくれたって……」

未央「そうじゃないでしょー? ね、茜ちん」

茜「これはいつ撮ってもらったんですか!?」

藍子「そ、それは……」

未央「この前の藍子ちんの休みの日、プロデューサーも居なかったなー」

茜「デートですか!?」

藍子「で、デート!? ち、違うよ! ただ一緒にお散歩しただけで……」

未央「ほう」

茜「ほう」

藍子「あ」

未央「聞きましたか茜隊員」

茜「ばっちり聞きました!」

藍子「あ、あのその。えーっとぉ……」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1396603454
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 18:38:03.88 ID:RafShfXAO
未央「一緒にお散歩。この証言に間違いはないですね?」

藍子「……はい」

未央「なるほどなるほど。茜警部補、これを聞いてどう思いますか?」

茜「仲良しですね!」

未央「あ、うん。そうだね。じゃなくて! おやすみの日に一緒にお散歩。これがどういう事かわかりますか!?」

茜「ま、まさか!?」

未央「そう! そのまさかなんですよ!」

茜「そ、そんな! 未央警部! 間違いじゃないんですか!?」

未央「……残念だけど、真実はいつもひとつなのさ。悲しい事にね」

茜「そんな……」

藍子「2人ともテンションおかしいよ……」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 18:51:07.00 ID:RafShfXAO
未央「で、ぶっちゃけそのお散歩デートはどっちから誘ったの?」

藍子「だ、だからデートじゃ……」

未央「シャラーップ! 男女が一緒にお出掛けする事をデートと呼ばずなんと言う!?」

茜「わかりません!」

藍子「あうう……」

未央「恥ずかしがる藍子ちんをこのまま眺めるのもいいけど、話が進展しないから早く白状しちゃいなさいって」

藍子「……私から、です」

未央「ほーう」

茜「積極的ですね!」

藍子「ち、違うよ? Pさんが最近休めてないって言ってたから、その。たまにはゆっくりお散歩でもどうですか? って……」
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 19:20:27.81 ID:RafShfXAO
未央「へえー♪」

茜「へえー!」

藍子「にやにやしないでよぉ……」

未央「消極的だった藍子ちんがこんなに積極的になるなんて。感慨深いものですなー」

茜「この写真はどこで撮ったんですか?」

藍子「あ、お散歩してたら桜が綺麗に咲いてるところがあってね。今度2人も一緒に行こう♪」

茜「素敵なお誘いですね! 是非!」

未央「藍子ちん」

藍子「はい?」

未央「話逸らそうとしてもこの未央ちゃんは引っかからないよ」

藍子「……なんのことだかさっぱり」

未央「目が泳いでるよ」

藍子「だってぇ……」

未央「ぶっちゃけさー、プロデューサーとどこまで進んでるの? あんまりもたもたしてたら私がかっさらっちゃうよ?」

藍子「そんな事言われても……。Pさんとはそんな関係じゃないから……」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 19:39:16.80 ID:RafShfXAO
未央「あくまでシラをきるつもりかー」

茜「藍子ちゃんは恥ずかしがり屋ですからねー」

藍子「嘘じゃないもん……」

未央「ま、それなら未央ちゃんにもチャンスがあるって訳だ」

茜「私にもありますね!」

藍子「ううー……。そ、そんな事言って、2人はPさんの事好きなの?」

未央「好きだけど?」

茜「好きですよ!」

藍子「へっ?」

未央「そりゃー顔だけならそこらの俳優さんのほうがカッコイいけどさ。なんつーかなー」

茜「プロデューサーは頼りがいがあります!」

未央「そうそう。それそれ」

藍子「うん……」

未央「デビュー前からずっとお世話になってるからね。愛情が湧くのも不思議じゃないっしょ?」

藍子「そう、だよね」
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 19:51:31.18 ID:RafShfXAO
未央「ちなみにさ、プロデューサーの事狙ってるのは私らだけじゃないよ? 事務所の子ほとんどって言っても過言じゃないね」

茜「プロデューサーは愛され体質ですからね!」

藍子「……知ってるよ」

未央「藍子ちん、本当の事言って。このままでいいわけ?」

茜「誰かにプロデューサー取られちゃいますよ!?」

藍子「……Pさんが幸せなら、私はそれでいいから」

未央「茜ちん」

茜「任されました!」

藍子「え? あ、あの。茜ちゃん? なんで愛海ちゃんみたいに手をわきわきしてるの?」

未央「やれ」

茜「ラジャー!」

藍子「あ、やっ。やめあは、あははは! だ、だめっ! わたし腋よわあははははっ!」

茜「素直じゃない子はお仕置きです!」
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 20:07:21.82 ID:RafShfXAO
未央「藍子ちんが優しいのは知ってるけどさー。好きな人を誰かに譲るのは違うんじゃないかな」

藍子「あははははっ! た、あはっ。たすけて!」

未央「本当の事言ったら助けてあげる」

茜「プロデューサーの事をどう思ってるんですか!?」

藍子「そ、そんなのあはは! いえないよっ!」

未央「茜隊員、まだまだ足りないようですぜ」

茜「うおおおー! 燃えてきましたー!」

藍子「わ、わきばらもっ!? ら、らめっあはははっ!」

未央「ほれほれ。我慢は体に悪いよー?」

茜「うりゃうりゃうりゃー!」

藍子「あははっ! ……っき! あははははっ!」

未央「ワンモアプリーズ」





藍子「……だいすきっ! だいすきです!」




 
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 20:17:08.82 ID:RafShfXAO
藍子「はぁ……はぁ……」

未央「茜ちんお疲れ様」

茜「なんのなんの!」

藍子「はぁはぁ……ぴ、Pさんには……」

未央「だいじょぶだいじょぶ。そんなに無粋じゃないって」

茜「その言葉は自分で伝えないと意味がありませんからね!」

藍子「ふぅ……ふぅ……」

未央「しっかしまー、だいすきっ! ですって奥さん」

茜「情熱的ですね!」

藍子「ふ、2人もPさんの事好きだって……」

未央「ん? うん、好きだよ」

茜「私は嘘はつきませんよ!」

未央「ただね」

藍子「……?」

未央「私らのはライク、藍子ちんのはラブって違いはあるけどね」

藍子「……え?」

茜「日本語って難しいですよね!」

未央「同じ単語でも意味合い変わるもんねー」

藍子「」
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 20:33:43.25 ID:RafShfXAO
藍子「だ、騙しましたねっ!?」

未央「ナンノコトダカサッパリー」

茜「ひゅー」

未央「茜ちん。口笛吹くならこう口を尖らせて……」

茜「ぴゅー♪」

未央「オッケー♪」

藍子「ごまかさないでよ! もうっ!」

未央「しかしこれで藍子ちんの本心がわかったわけだ」

茜「素直に応援出来ます!」

藍子「うう。誰にも言わないつもりだったのに……」

未央「いいじゃん。こんな頼もしい仲間が増えたんだから」

茜「ポジティブパッションは藍子ちゃんの事全力で応援しますよ!」

未央「そだっ! 帰りにクレープでも食べながら作戦会議しない? 題して藍子ちんの愛子化計画!」

茜「いいですね!」

藍子「不安だよぉ……」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 20:46:15.96 ID:RafShfXAO
未央「善は急げだ! 2人ともいっくよー!」

茜「はい!」

藍子「ま、待って。そんなに急がなくても」

未央「こーゆー時は急ぐに限るんだわぷっ!」

P「おいおい。ちゃんと前向いて歩けよ」

未央「……へ?」

茜「わっ!?」

藍子「ぴ、Pさん!? い、いつの間に」

P「いや、今帰ってきたとこだけど。みんなはもう帰るのか?」

未央「う、うん! ちょっと寄り道するからね!」

茜「クレープ食べてきます!」

P「そっか。気を付けて帰れよ」

未央「そんじゃ。お疲れさまー!」

茜「お疲れ様です!」

藍子「あ、あの……Pさん?」

P「ん?」

藍子「……な、なんでもないです! お疲れ様でした!」

P「へ? ああ、お疲れ様」
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 21:11:49.47 ID:RafShfXAO
P「なんだったんだ?」

ちひろ「さあ?」

P「うおっ!? な、なんでデスクの下に隠れてるんですか!? 乃々や輝子じゃあるまいし」

ちひろ「私がいるのがバレると3人に気を遣わせそうでしたし」

P「へ?」

ちひろ「なんでもありませんよ。ほら、帰ってきたなら書類の整理手伝って下さい。ただでさえ中断させられてたんですから」

P「あの3人が何かしたんですか?」

ちひろ「それは私の口からは言えませんよ。彼女達から直接聞いて下さい。たぶん教えてくれないでしょうけど」

P「それ聞く必要あるんですか?」

ちひろ「……ふふ。いつか言ってもらえるといいですね」

P「はい?」

ちひろ(頑張れ、藍子ちゃん)



藍子「ま、待ってー!」

未央「茜ちん早いよ! ペース落として!」

茜「藍子ちゃんを応援するなら常に全力じゃないと!」

未央「た、確かに!」

藍子「は、恥ずかしいからやめてーっ!」



おわりん
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 21:15:20.53 ID:sYqhUFGao
乙!
やっぱり藍子ちゃんは天使や!
21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 21:15:48.71 ID:sRpuOaSk0

やっぱポジパは正義や

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク