モバP「何気ない日常」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:25:31 ID:Wd2e3cbE
モバP「ブルーベリーパンケーキと目玉焼き」

モバP「あとコーヒーとカリカリのベーコンも」

女P(デュンヌ)「相変わらずですね」

モバP「お前に言われたくない」

デュンヌ「私は朝はオムライス大盛りと決めているんです」

モバP「子供かっ。朝から重いんだよお前のは」

デュンヌ「ほっといてください」

モバP「女の癖によく大盛りとか食えるな」

デュンヌ「女の癖にって差別ですよ?パワハラです」

モバP「生き辛い世の中になっちまったなァ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:27:02 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「先輩は今日はNGのライブ担当でしたよね?」

モバP「まぁ、NGは俺の担当だし」

デュンヌ「他のアイドルは先輩のスケジュールに合わせてですね、新人の私にも担当回ってくるんです」

モバP「ああ」

デュンヌ「それで私、NGとはまだ一度も仕事をさせていただいたことがないのですが……」

モバP「あ~、アイツらはお前よりも先輩だから、補佐も必要ないんだよ」

デュンヌ「なんですかそれ。私より先輩でもまだ未成年でしょう?」

モバP「とにかく、NGはだめだ」

デュンヌ「納得いかないです」

デュンヌ「私より長い先輩のアイドルたくさんいますし」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:28:11 ID:Wd2e3cbE
モバP「……契約にあるんだよ」

デュンヌ「は?」

モバP「俺以外のプロデュースは受けないってとんでもない逆要望込みの契約がな」

デュンヌ「契約って最初にサインするやつですよね?」

モバP「それ以外ないだろ、この流れで」

デュンヌ「えぇ……最初からプロデューサー目当てで?」

モバP「いや、面白半分だった。アイドルに興味ないって無理難題出してきたやつがいたんだよ」

モバP「今はガチだ」

デュンヌ「そんなキメ顔で言われても……」

モバP「だから、契約に従って俺がプロデュースしてる」

デュンヌ「はぁ。一応わかりました」

モバP「こうやって顔突き合わせてメシ食ってるだけで浮気を疑われる」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:29:10 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「浮気って……アイドルに手を出したらダメですよ?」

モバP「真顔で返すな。手なんか出してないわ」

デュンヌ「可愛い乙女の嫉妬じゃないですか」

モバP「将来的に結婚するだろうがな……」

デュンヌ「え~、満更でもないとか?」

モバP「力押しで負ける感じ」

デュンヌ「あ、負けちゃうんだ」

モバP「JKから迫られたら拒絶できん……」

デュンヌ「煩悩ですそれ。断ち切って」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:30:23 ID:Wd2e3cbE
モバP「凛が嫁とか想像したら天国だな」

デュンヌ「「プロデューサー、洗濯よろしく」」

デュンヌ「「だらしないよ、プロデューサー。しっかりして」」

モバP「おい」

デュンヌ「「ふ~ん、その女誰?」」

モバP「やめてください……」

デュンヌ「凛ちゃんが嫁とか疲れそう。心休まりますか?」

モバP「……大丈夫だろ?凛はなんだかんだで俺に甘いし」

デュンヌ「本当に付き合ってませんよね?」

モバP「と、当然だろぉ?」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:34:02 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「というわけですが凛ちゃん」

凛「ふ~ん。プロデューサー、私とのことは全部遊びだったの?」

モバP「いつから!?」

デュンヌ「さっきから後ろにいました」

モバP「言えよ」

デュンヌ「無理です。無言の圧力が凄くて」

凛「プロデューサー、私のことは体目当てだったの?」

モバP「人目のある場所で紛らわしいネタやめて!」

凛「ふふっ。冗談だよ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:35:14 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「ノリノリですね。凛ちゃんはもっとクールだと思ってました」

凛「よく誤解されるけど、私ってそんなにクールじゃないから」

モバP「いやクールだから」

デュンヌ「つまりお茶目なんですね?」

凛「そうかも」

卯月「凛ちゃん!捜しましたよぉ」

凛「ごめん、卯月。プロデューサーを見掛けたからさ」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:36:27 ID:Wd2e3cbE
未央「姐さんと一緒……はっ!?事件の香り!!?」

デュンヌ「その呼び方やめい」

未央「時子様のお尻を鞭で打った怖いもの知らずって印象」

卯月「時子様のお尻を鞭打ち……凄いです!」

凛「あの時子様のお尻をね」

モバP「おーい、時子様時子様って皮肉にしか聞こえんぞ」

未央「あれぇ?知らないのプロデューサー?今事務所の話題は時子様vs姐さんが熱いって」

卯月「私も聞きました。オッズがどうとか」

凛「うん、卯月は綺麗なままでいてね?」

卯月「えっ?」

卯月「よくわかりませんけどわかりました!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:38:01 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「あれは違うのよ!事故なの!鞭が置いてあったからつい……」

モバP「つい?」

デュンヌ「……誰もいないと思って「フハハ!悪は成敗してくれる!」ってなんか盛り上がっちゃってね」

モバP「いやいやいやいや」

デュンヌ「鞭振り回してたら時子さんがいたの……」

デュンヌ「しゃがんで何か探してたみたい」

モバP「……それで?」

デュンヌ「バシーンて……時子さんのお尻に命中した」

未央「うわ……」

凛「悲惨だね……」

デュンヌ「すぐ謝ったんだけど、私の肩ポンポンって叩いて「気にしてないわ」って」

モバP「うっわ、それめっちゃ気にしてる」

凛「絶対気にしてるね」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:41:25 ID:Wd2e3cbE
卯月「もう一度謝ったほうがいいかも……」

デュンヌ「……やっぱり?」

未央「うん」

モバP「すみやかにどうぞって感じ」

デュンヌ「時子さん苦手なのになぁ……」

凛「無言貫いて無かったことにしそう」

未央「無かったと思いこんでるケース」

卯月「思い出させんじゃないわよこの豚!って感じですか?」

凛「えっ?」

未央「えっ?」

モバP「えっ?」

デュンヌ「えっ?」

卯月「えっ?」

未央「まさかの無限ループ!」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:44:05 ID:Wd2e3cbE
デュンヌ「いや、笑い事じゃないんだけどね」

モバP「互いに話題にしなければ自然と無かったことになるかも……」

未央「相手は忘れないけどね!」

デュンヌ「……胃が痛くなってきました」

凛「それ食べ過ぎだから」

卯月「大きなオムライスでしたからね」

モバP「忘れてたわ。お前らの分も奢るから好きなもん頼めよ」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:44:45 ID:Wd2e3cbE
未央「未央ちゃんは朝ごはん食べてきたよー」

凛「私も」

卯月「今はお腹空いてないです」

モバP「なら出るか」

未央「おーっ!」

デュンヌ「未解決!」

モバP「時子様本人がいないと解決しようがないし」

未央「なら事務所に出発だ!」

卯月「おーっ!」

デュンヌ「……逃げたい」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:46:32 ID:Wd2e3cbE
時子「そこの新人」

デュンヌ「私……ですか?うっ……いきなり……」

未央「エンカウントはっや」(※隠れています)

時子「新人なんて不名誉な呼ばれ方の子、貴女以外にいるかしら」

デュンヌ「ごめんなさい!」

時子「勘違いしないで。新人が不名誉なのではないわ」

モバP「めっちゃキレてた」(以下略)

凛「誰この時子様」

卯月「うわぁ……」

時子「貴女の顔を見ると苛々するわね」

デュンヌ「ごめんなさい!ごめんなさい!」

時子「そう、赦しを求めるのね?」

デュンヌ「はい」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:47:02 ID:Wd2e3cbE



時子「なら、私を豚と呼んでいいわ」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:49:02 ID:Wd2e3cbE
モバP「はぁ!?」

凛「ちょっと待って」

未央「理解が追いついかなくてフリーズするしぶりんの図」

デュンヌ「あ……え……?んんっ?」

未央「姐さんはパニック」

モバP「凛、俺を殴っていいぞ」

凛「ほっぺにキスで」チュッ

モバP「夢じゃない……」

未央「しぶりん大胆」

卯月「皆さん声が大きいですよ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:49:50 ID:Wd2e3cbE
時子「……鞭で打たれるのも悪くない。そう思ってしまっただけよ」

デュンヌ「はぁ」

モバP「Mに目覚めた!」

卯月「SとMの両刀使いってわけですね!」

凛「どうしたの卯月!?今日一番おかしいの卯月だよ?」

卯月「そうですか?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:52:57 ID:Wd2e3cbE
未央「時子様言ってることはアレだけど何となくカッコイイよね」

モバP「様になってるよな。時子様だけに」

未央「あ、はい」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:54:00 ID:Wd2e3cbE
時子「はやくしなさい」

デュンヌ「は?」

時子「鈍いわね。だから新人なのよ」

デュンヌ「これ鞭……」

時子「誰か来る前に急ぎなさい」

デュンヌ「この豚!ってことですか?」

時子「貴女がそう解釈するのならそうなのでしょうね」

デュンヌ「わかりました!この豚ぁ!」パシィン

時子「あっ!いいわ!」

デュンヌ「豚ぁ!」パシィン

時子「もっと強く!」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:54:59 ID:Wd2e3cbE
モバP「……解散すっか」

凛「見てはいけないものを見てしまった気分」

未央「しまむー、今見た時子様は忘れるんだ。あれは時子様ではない」

卯月「はい!島村卯月忘れました!」

モバP「あれが噂の百合営業か」

凛「待って、なんか違う」

ちひろ「早く事務所入りたいんですけど……」

デュンヌ「豚ぁぁあ!」パシィン

時子「いいわ!貴女最高のご主人様よぉ~!」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 02:56:27 ID:Wd2e3cbE
モバP「あれは我々だけの秘密にしよう。ファンが知ったら大変だし」

凛「そうだね、ご主人様。私たちもホテル行こうか」

モバP「行かねーし!なにナチュラルに腕組んでんの!?」

未央「初めてだから優しくしてね、プロデューサー」

モバP「ちょお前、その体は反則!」

女Pの苦悩と葛藤の日々はまだまだ始まったばかり!

頑張れ!日本のプロデュンヌたちよ!

おしまい


なんだこれ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/07(月) 03:08:43 ID:Wd2e3cbE
抜けちゃったけどファミレスでの話

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク