小梅「最近あの子がちょっとおかしい……」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:31:22.28 ID:eji3DzGI0
前の

歌鈴「私の中の神様」





寺生まれのPさんとか幼いよしのんとか妹ひじりんとか出ます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460255482
2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:32:46.66 ID:eji3DzGI0
聖「ただいま……」

芳乃「お帰りでしてー」

??「お、お邪魔します……」

芳乃「……ふむー?」

芳乃「そなたはー?」

小梅「あ、えっと……白坂小梅です……」

芳乃「ふむふむ、小梅殿でしてー」

芳乃「わたくしは依田芳乃と申しましてー」

芳乃「よろしくでしてー」

小梅「うん、よろしく……」

小梅「あ、あと……あの子も」

芳乃「……あの子?」

小梅「うん……今ね」

小梅「あなたの右肩の後ろにいるの」

小梅「ほら、肩をトントンってしてる……」

芳乃「む、本当でして」

芳乃「どなたでしてー?」クルッ

芳乃「……?」

芳乃「誰もいないのでしてー」

小梅「ううん……ずっと、見てるよ……」

小梅「ちゃんと、目も合ってるよ……」

芳乃「……」

芳乃「?」

聖「あの……その子って、幽霊なんだって……」

芳乃「幽霊……ほー」

芳乃「姿は見えませぬが、よろしくでしてー」

小梅「わぁ……」

小梅「本当に驚いてない……!」
3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:33:20.31 ID:eji3DzGI0
聖「あのね……今日、たまたま一緒のお仕事して」

聖「それで、同い年で……仲良くなって……」

小梅「だから、あの子も……みんなも聖ちゃんに紹介したの」

小梅「でも、ぜんぜん驚かなくて……」

小梅「私がびっくりしちゃって……えへへ」

芳乃「……まあ、わたくしたちは慣れていますゆえー」

小梅「うん……聖ちゃんもそう言ってた……」

小梅「で、どうして慣れたのかって聞いたんだけど……」

小梅「たぶんプロデューサーさんのおかげだって……」

聖「そうですよね……?」

芳乃「でしてー」

芳乃「あの方のそばにいれば幽霊程度の超常現象は慣れっこでしてー」

聖「妖怪とか……神様とかも見ましたから……」

聖「ってことを小梅ちゃんに伝えたら……」

小梅「おぉ……!」

小梅「す、すごい……!」

聖「今みたいに……目を輝かせて」

聖「事務所に来たいって言ったから……」

芳乃「つれてきたのでしてー?」

聖「うん……」
4: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:34:05.27 ID:eji3DzGI0
小梅「でも……ここ、ぜんぜんいないね……?」

芳乃「……幽霊でしてー?」

小梅「うん……」

小梅「誰もいない……」

聖「それって……やっぱり、プロデューサーさんが……」

芳乃「まあ、間違いなくそうでしょー」

小梅「?」

芳乃「ところで、あの方はー?」

芳乃「お仕事の付き添いだったはずではー?」

聖「あ、いつもので……後で帰ってくるって……」

芳乃「……なるほどー」

小梅「何の話……?」

芳乃「ここに幽霊がいない理由でしてー」

小梅「理由……」

聖「うん……あのね、私たちのプロデューサーさんは――」

モバP「――ただいま」

芳乃「とても絶妙なタイミングで帰ってきたのでして」
6: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:34:41.76 ID:eji3DzGI0
モバP「……何の話だ?」

小梅「あの……あなたが、プロデューサーさん……ですか……?」

モバP「ああ」

モバP「……ええと、小梅、だよな?」

芳乃「知ってるのでしてー?」

モバP「共演するアイドルくらいは覚えるさ」

モバP「聖と一緒の仕事だったよな?」

小梅「あ、うん……」

モバP「それで、なんでここに?」

芳乃「……ちょうどさっき説明したばかりでしてー」

モバP「マジか」

聖「うん……ついさっき」

モバP「……」

芳乃「なのでわたくしがかいつまんで説明しますがー」

芳乃「小梅殿はこの摩訶不思議事務所に興味を持ったそうでしてー」

モバP「……なるほど」

聖「それと……小梅ちゃんも幽霊が見えるみたい……」

モバP「ほう……」

モバP「もしかして寺生まれだったりするか?」

小梅「……?」

小梅「えっと……どういう意味……?」

モバP「……いや、すまん、忘れてくれ」
7: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:35:34.37 ID:eji3DzGI0
モバP「それで……」

モバP「この事務所に来て、どうするんだ?」

小梅「あ……えっと……」

小梅「神様とか妖怪とかに慣れてるっていうから……いっぱいいると思ってて……」

小梅「来たんだ……けど……」

小梅「……ぜんぜんいない」

モバP「……あー」

聖「……あの、プロデューサーさん」

聖「それって……」

モバP「まあ、間違いなく俺を恐れてるからだろうな」

小梅「……プロデューサーさんを?」

モバP「ああ」

モバP「まあ、簡単に言えば除霊みたいなことをしてるからな」

小梅「除霊……」

小梅「……あの子は、ダメだよ?」

モバP「俺が除霊するのは人に害をなす霊だけだからな」

モバP「そいつが悪ささえしなければ大丈夫だ」

小梅「悪さなんてぜんぜんしないよ……!」

モバP「本当にか……?」

小梅「本当に……!」

モバP「……」
8: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:36:06.34 ID:eji3DzGI0
小梅「あの子は、ずっと私と一緒にいて」

小梅「いっぱい、いっぱい私にいて……」

小梅「だから知ってるの……」

小梅「悪さなんてしないもん……」

モバP「……そうか」

モバP「じゃあ……いや……」

モバP「……」

芳乃「そなたー?」

モバP「……なんでもない」

モバP「その霊とずっとそばにいた小梅が言うなら信じよう」

モバP「あの子には手出しをしない」

小梅「……あ」

小梅「よかった……」

モバP「……」

聖「プロデューサーさん……?」

聖「やっぱり……なにか気になることが……?」

モバP「いや、何もないさ」

モバP「小梅の言うあの子っていうのは……」

モバP「今、聖の隣でダブルピースしてる子でいいんだよな?」

小梅「う、うん……そう……!」

聖「そんなことしてるの……!?」
9: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:36:58.51 ID:eji3DzGI0
芳乃「せっかくだからわたくしもやるのでしてー」

芳乃「その子がいるのはこっちでしてー?」

小梅「ううん……逆」

芳乃「よかったのでしてー」

芳乃「それじゃ、イェイイェイでしてー」

聖「え、えぇ……」

芳乃「ほらほらー、聖殿もー」

聖「……」

聖「……い、イェイイェイ」

小梅「……」パシャ

聖「写真……!?」

小梅「みんな楽しそうだったから……つい、えへへ」

聖「……うぅ、ちょっと恥ずかしい……」

芳乃「うまく撮れたのでしてー?」

小梅「うん、ほら……!」

聖「……」

聖「宙に浮かんでるこのピースがあの子……?」

小梅「顔は恥ずかしいからって、写真撮ると手しか映ってくれないの……」

芳乃「……わたくしたちには見えないのでー」

芳乃「せっかくなら姿かたちも見たかったのですがー」

小梅「えっと……あの子に変わってごめんね」

小梅「あの子、恥ずかしがりやだから……」
10: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:37:26.82 ID:eji3DzGI0
モバP「まあ、そんなわけだ」

モバP「悪いが、幽霊の類を見たいならここじゃちょっと無理だな」

小梅「そう……残念……」

モバP「じゃ、俺は用事があるからちょっと出てくる」

モバP「後は自由にしていてくれ」

芳乃「はーいでしてー」

モバP「じゃ」

芳乃「……」

芳乃「いったのでして」

聖「うん……」

聖「……これからどうする?」

芳乃「ふむむー」

芳乃「せっかくなので、何かをして遊びましょー」

聖「そうですね……」

聖「小梅ちゃんも、一緒に遊んでくれる……?」

小梅「あ、うん……もちろん……!」

聖「やった……!」

芳乃「それじゃ、何して遊びましょー?」

聖「えっと……」

小梅「……ん、何?」

小梅「ふんふん……あのね」

小梅「あの子は外に行きたいんだって」

芳乃「外でしてー?」

小梅「うん」

小梅「ダメかな……?」

聖「ううん……じゃあ、外で……」

聖「……何をしよう……?」

芳乃「ふむむー……」

芳乃「それならいいところがあるのでしてー」
11: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:38:40.04 ID:eji3DzGI0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「パフェでして!」

芳乃「最近新発売した商品があるそうでして!」

芳乃「それを食べたいのでして!」

聖「……だから、この喫茶店?」

芳乃「でして!」

芳乃「三人でおしゃべりするのも立派な遊びだと思うのでしてー」

芳乃「というわけで食べながら喋るのでしてー」

聖「うん……」

小梅「この喫茶店……」

聖「……来たことあるの?」

小梅「あ、ううん……そうじゃなくて……」

小梅「店先で首吊ってる霊がいる……」

聖「……」

芳乃「じゃあ、入るのでしてー」

聖「一切の躊躇いがない……!」

聖「芳乃お姉ちゃんすごい……!」

小梅「わ、私たちも……行こう?」

聖「う、うん……」

聖「……」

聖(……幽霊見えなくてよかった……かも……)
12: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:39:08.01 ID:eji3DzGI0
芳乃「パフェがきたのでして!」

芳乃「早速いただくのでして!」

聖「……芳乃お姉ちゃん……本当に食べたかったんだ……」

芳乃「とても食べたかったのでして」

芳乃「あむ……ん!」

芳乃「うまいのでしてー!」

聖「あむ……本当だ……!」

小梅「おいしい……!」

芳乃「~♪」

聖「嬉しそう……」

芳乃「嬉しいのでしてー」

芳乃「おいしいものを食べると幸せなのでしてー」

聖「ふふっ……」

小梅「あむあむ……ん~♪」

小梅「……」

小梅「……ん?」

小梅「食べてみたいの?」

聖「……あの子?」

小梅「うん……」

小梅「あの子もこのパフェ食べて見たいんだって」
13: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:39:37.12 ID:eji3DzGI0
芳乃「そんなことできるのでして?」

小梅「うん」

小梅「あのね……私の体をちょっと貸すの」

聖「……貸す?」

小梅「そうそう」

小梅「えっと……二重人格みたいな感じ、になるのかな……?」

小梅「あ、でも、私の意識がメインだから、ちょっと違う……?」

小梅「うーん……」

小梅「まあ、あの……私の体はあの子が動かすけど」

小梅「私の心は私のまま、みたいな感じになるの」

聖「へぇ……」

芳乃「その場合、味覚などはー?」

小梅「うん……全部、あの子に行くよ」

小梅「だから、私が食べても、あの子が食べたことになるの」

芳乃「なるほどー……」

聖「でも、大丈夫……?」

小梅「大丈夫……?」

聖「だって……あの、その間小梅ちゃんの体ってあの子のものになっちゃう……んですよね?」

小梅「そうだけど……」

聖「その……勝手に動かされて……大丈夫なのかな……って」

小梅「あ、それは大丈夫……」

小梅「あの子は変なことしないから」

聖「……」

芳乃「信頼してるのでしてー」

小梅「うん……本当に、ずっと一緒にいたから」
14: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:40:06.03 ID:eji3DzGI0
小梅「私ね、ずっとあの子と一緒にいたの……」

小梅「出会いはもう覚えてないくらいずっと昔で、私の記憶の一番昔にもあの子がいるくらい、ずっと……」

小梅「嬉しいことも、苦しいことも、悲しいことも、楽しいことも、ずっと一緒にいたから……」

小梅「だから、私はあの子のことを信じてるの」

聖「生まれたときからの幼馴染み……みたい」

小梅「うん、そんな感じ」

小梅「……」

小梅「だから、わかるんだろうけど……」

小梅「最近ちょっとあの子がおかしいの……」

芳乃「……おかしいのでしてー?」

小梅「うん……」

小梅「なんか……無理してるみたいに、明るくなっちゃって」

聖「さっきのダブルピースも……?」

小梅「昔は全然してなかった……」

小梅「それに、最近私を引っ張ろうとすることが多くなって」

小梅「それもどこかに行きたいから連れて行く……じゃなくて、友達同士のからかいあいみたいにちょっと押したり、引いたり、そのくらいの」

芳乃「幼馴染みならそのくらいやるのではー?」

小梅「でも、昔はぜんぜんやってなくて……最近になって急にやり始めたから……」

聖「……」

小梅「……きっと、私がアイドルやり始めて、みんなとあまり遊べなくなっちゃったから」

小梅「構ってほしいって思ってるのかな、って……」

小梅「だからね、したいってことはできるだけしてあげたいって思ってるの」

芳乃「……」
15: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:41:00.90 ID:eji3DzGI0
小梅「……話がずれちゃった」

小梅「ごめんね、待たせちゃって……」

小梅「うん……私の体、貸してあげる」

小梅「これ本当においしいから……えへへ」

小梅「……」

小梅「……」ガタッ

芳乃「小梅殿ー?」

芳乃「急に立ってどうしたのでしてー?」

小梅「……」

小梅「……!」ダッ

聖「走った……!?」

聖「芳乃お姉ちゃんっ……!」

芳乃「そなたは先に追うのでしてー!」

聖「うん……!」ダッ

芳乃「さて、わたくしはー……ここの会計と……それと、連絡をしましょー」

芳乃「……」

芳乃「パフェがー……」

芳乃「……」

芳乃「また今度くるのでしてー」

芳乃「……」

芳乃「パフェがー……」
16: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:41:30.00 ID:eji3DzGI0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


聖「こっ、小梅ちゃん……!」

聖「どこ行くの……!?」

小梅「……」

聖「……あ」

聖(今、あの子が体にいるから……)

聖(小梅ちゃん口が動かせないのかな……?)

小梅「……」

聖(じゃあ、なんとしてでも追いつかないと……!)

聖「……っ」

聖(でも、早い……!)

聖(追いついて止めたいのに……距離が……!)

小梅「……」

聖「……っ」

聖(……どこに行くんだろう?)

聖(こっちに行って何かあるのかな……?)

聖(……)

聖(あ、踏み切り……カンカン鳴ってる……)

聖(ちょうど電車が来るみたいだし、これで追いつけるかな……?)

小梅「……」

聖(走る速度を変えない……?)

聖(もしかして……っ!)
17: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:42:55.79 ID:eji3DzGI0
聖「小梅ちゃん……!」

聖「止まって、小梅ちゃんっ……!」

小梅「……」

聖(ダメ……やっぱり、声が届いてない……)

聖(いや、届いてるのかもしれないけど……)

聖(小梅ちゃんが体を動かせないから……!)

小梅「……」

聖「小梅ちゃん……!」

聖(踏み切り……しまってく……)

聖(でも、このままのスピードだったら小梅ちゃん……線路の中に入っちゃう……)

聖(……追いつけない……)

聖(追いつきたいのに……!)

小梅「……」

聖「小梅ちゃんっ……!」

聖(せっかく……同い年の友達ができたのに……!)

聖(こんな……すぐお別れなんて――)

聖(――あっ……線路の中に入っちゃった……!)

聖(どうしよう……どうしたら……!)

聖(……アレ?)

聖(線路の中にもう一人……)

聖(あれは……プロデューサーさん……!?)

モバP「破ぁ!!!」

小梅「!?」

モバP「よしっ!」

聖(プロデューサーさんが小梅ちゃんを抱いて……線路から離れた……!)
18: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:43:35.65 ID:eji3DzGI0
モバP「……ふぅ」

モバP「怪しいとは思っていたんだが……悪い、来るのが遅れた」

聖「プロデューサーさん……!」

聖「どうやってここに……?」

モバP「芳乃から聞いたんだ、聖が小梅を追いかけてるって」

モバP「後は聖の気を探してついてきた」

モバP「で、小梅が危なかったから、小梅の中に入ってた奴を除霊したんだ」

モバP「小梅が言うから、除霊はしなかったが……こうして実行犯に出たんだから仕方ない」

聖「なるほど……」

モバP「それにこいつは……」

モバP「……いや、それは小梅が起きてから話すか」

聖「……あ」

聖「その……小梅ちゃんは?」

モバP「巣食ってた霊を除霊しただけだから、すぐに小梅は目を覚ますだろう」

聖「そうですか……よかった……!」

モバP「……ああ」

小梅「……」

小梅「……あ」

小梅「あー……うー」

小梅「……戻ってる」

聖「小梅ちゃん……!」

小梅「あ、聖ちゃん……」

小梅「ごめんね……声、聞こえてたのに返事もできなくて……」

聖「ううん……仕方ないから……」

聖「だって……小梅ちゃん、そのとき……」

小梅「……」

小梅「……そうだ、あの子……」

小梅「あの子は……!?」

モバP「お前の体に憑依していた奴なら俺が除いた」

小梅「嘘……!?」

モバP「……だが、小梅の言うあの子じゃない」

小梅「えっ……!?」
19: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:46:02.24 ID:eji3DzGI0
聖「あの子じゃない……って?」

モバP「そのままの意味だ」

モバP「小梅のそばにいたのはあの子じゃなく、あの子の真似をしていた悪霊だ」

小梅「悪霊……」

モバP「……さっき芳乃から連絡を受けて、小梅の話、あの子の話も聞いた」

モバP「おそらく、あの子の様子がおかしくなったあたりから入れ替わっていたのだろう」

聖「入れ替わり……」

小梅「なんでそんなことを……」

モバP「……おそらく、という形で言うなら小梅を仲間に入れたかったんだ」

モバP「死者という仲間に」

小梅「……そうなんだ」

モバP「ちょっと押されたりするときがあったって聞いたが……」

モバP「そのとき、危なくなったことなかったか?」

モバP「車に惹かれそうになったりとか……」

小梅「あった……かも……」

モバP「それは、ごく自然に小梅を殺そうとする手段だったのだろう」

モバP「それでも小梅は死ななかった」

モバP「そして、今日俺っていう霊の天敵みたいな奴に会ってしまった」

モバP「だから、強硬手段に出たのだろう」

小梅「……」

モバP「霊の考えることは想像ならできるが確信はできない」

モバP「だから、本当の理由は本人に聞くしかないだろうが……」

聖「……でも『破ぁ!!!』ってやっちゃった……」

モバP「……一大事だったからな」

小梅「……」

小梅「たぶん、それであってるよ」

小梅「ずっと……一緒に……遊ぼうよ……一緒に……って私の中で言ってたの……」

モバP「そうか」

モバP「……本当に遊びたかっただけかもしれないが」

モバP「人を死に追いやろうとするなら、それは悪霊だ」

小梅「……」

モバP「それに……死んだからといってここに留まれるとは限らない」

モバP「余程強い未練がなければ、別のところへ向かうことになるだろう」

小梅「私は……もし死んじゃったら……」

小梅「どうなってたんだろう……」

モバP「……」

聖「……」
20: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:46:34.06 ID:eji3DzGI0
小梅「……ねぇ、プロデューサーさん」

小梅「じゃあ……あの子は……?」

小梅「本当のあの子はどこにいるの……?」

モバP「それは――」

芳乃「――わたくしにお任せくださいませー」

聖「あ……芳乃お姉ちゃん……」

芳乃「あの子がいる場所ならすでに見つけたのでしてー」

芳乃「そこに向かえばおそらく会えるかとー」

小梅「……おそらく?」

芳乃「わたくしには姿が見えませぬゆえー」

芳乃「いるかどうかの確証が得られませぬー」

モバP「……そりゃそうだな」

芳乃「しかし、わたくしは失せ物や迷い人を見つけることができるためー」

芳乃「見つけたその地にいることはほぼ間違いないかとー」

聖「じゃあ……すぐ、行きませんか……?」

芳乃「でしてー」

芳乃「そう遠くない場所でしてー」

モバP「小梅も時間は大丈夫か?」

小梅「う、うん……」

モバP「じゃ、早速行こう」
21: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/10(日) 11:48:50.52 ID:eji3DzGI0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「ここでしてー」

小梅「いた……!」

芳乃「おお、あってたのでして!」

芳乃「どやぁでしてー」

聖「ふふっ」

小梅「どうしてこんなところに……」

小梅「……えっ」

小梅「入れ替わって、どれくらい後に気づくかってからかってたの?」

小梅「こんなに待つとは思わなかったって……あうぅ……ご、ごめん……」

モバP「……まあ、あの入れ替わった奴自体が悪意を持って小梅に近づいてたんだ」

モバP「だから、小梅が気づいても教えてもらえなかったんだろう」

小梅「うん、そう、そうなの……!」

小梅「おかしいって思ってたんだけど……ずっと、真似し続けてて――」

小梅「――えっ……この人は誰、って?」

小梅「えっと……」

モバP「俺はT」

モバP「寺生まれの、しがないプロデューサーさ」

小梅「うん、そう……友達の……えっと、あそこにいる聖ちゃんたちのプロデューサーさんなの……」

小梅「でね、除霊の力とか持ってて――」

小梅「――あ、大丈夫だから……呪おうとかしないで……!」

モバP「悪霊じゃなければ、俺はなにもしないさ」

小梅「ほら、こう言ってるし……それに、プロデューサーさんがいなかったら、私たちはまた会えなかったかもしれないんだよ……?」

小梅(そう……今日、聖ちゃんと一緒にお仕事をして)

小梅(聖ちゃんの事務所に行かなかったら)

小梅(私は、もう死んじゃってたかもしれない……)

小梅(みんながいなければ……私はもう……)

小梅(……)

小梅(……寺生まれってすごいし)

小梅(寺生まれのいる事務所ってすごい)

小梅(私は、初めてそう思った……)






おしまい
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:07:49.63 ID:Vwk7cvsX0

寺生まれってスゴイ、改めてそう思った

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク