提督「電子ドラッグ?」明石「はい」

1: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 01:36:28.41 ID:Gg1lu1KfO
提督「何だそれ?」


明石「えっとですね…特定の信号を含んだ映像を見せる事で、脳内麻薬を分泌させて……」


提督「??」


明石「あー、ちょっと試して見ますか。じゃあ、この眼鏡をかけて…今からパソコンに流す映像を見てください」


提督「ああ」


明石「じゃあ、いきますね」



ギュイイイイイン



提督「んん……なんか気味が悪い映像だな」


明石「どうです?」


提督「んー別に……んん?!」


提督「な、なんだこれは……」


明石「何かの欲求が強まった……ですよね」


提督「あ、ああ……これはいったい…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449419788
2: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 01:38:32.66 ID:Gg1lu1KfO
明石「これが電子ドラッグの効果です。この映像を視聴した者の脳に強く作用し、一番強い欲求を解放させます」


提督「なっ……お前そんなものを俺に…」


明石「大丈夫です。これはかなり弱めの物で、しかも提督には信号を弱める眼鏡をかけていただきましたから。もう、何ともないですよね」


提督「あ…ほんとだ。でも、お前こんなものを作ってどうすんだ?」


明石「本当はリラクゼーション効果のある映像を作るつもりがこんなものになってしまったんです……」


提督「何かに応用は……無理か」


明石「はい。たちの悪い事に、電子ドラッグが解放するのは1番の犯罪的欲求なんですよ…」


提督「それはヤバいな…」


明石「一応できてしまったので提督にご報告をしました」


提督「うーむ使い道はなさそうだな…」
4: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 01:41:32.14 ID:Gg1lu1KfO
明石「因みに提督は何がしたくなりました?」


提督「ん? うーん、明石のスリットに手を突っ込みたくなったかな」


明石「変態!!」バシッ


提督「理不尽!」


ーーーー
ーーーー



明石「ふあぁ……眠い…」


明石「………」zzz


明石「ん……あ、そうだ……寝る前に…頼まれてた装備の試射映像送らなきゃ」


明石「……」zzz


明石「………ポチッとな…」カチカチッ


明石「ふああぁ……寝よ」










送信
>>金剛、榛名、大井、長門、赤城

《電子ドラッグ》
5: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 01:43:18.26 ID:Gg1lu1KfO
ーーーー
ーーーー


金剛「ンー? 明石から動画が届いたネー!」


榛名「あ、金剛姉さまもですか。新しい装備の試射映像ですよね」


金剛「Yes! 新兵装のだからとっても楽しみデース! 早速見るヨー!」カチッ


榛名「私も見ます!」カチッ


ギュイイイン…


ーーーー
ーーーー


大井「うん? …新しい装備の試射映像。うふふ……これは新型の酸素魚雷ね」


大井「これでもっと強くなって北上さんに…ぐふふ」カチッ


ギュイイイン…


ーーーー
ーーーー


長門「………よし」カチッ


長門「後はこれを競り落とせば、くちくかんっ!フィギュアのコンプリートだ」


長門「これまで……長かったなぁ…」シミジミ


長門「ん? お、これは明石に頼んでいた動画か……」カチッ


ギュイイイン…


ーーーー
ーーーー


赤城「…………」ムシャムシャ


赤城「ん? ほぉれふぁ…あかひぃひゃんにひゃのんれいひゃひょうがが?」ムシャムシャ


赤城「みふぇみふゃう」ムシャムシャ

カチッ


ギュイイイン……
6: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 01:45:55.12 ID:Gg1lu1KfO
ーーーー
ーー翌朝


チュンチュン


提督「………ん」


提督「……んー、よく寝た」


提督「良い天気だ……朝日が眩しい」


提督「潮風が気持ちいいなぁ……なんだが今日は良い日になりそうな気がする。こんな日はまず――」



金剛「セッッッッックスデェェェーーーーースッッッ!!!!!!」ドカーン!


提督「?!?!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 02:06:16.40 ID:+c0T+2A80
なんだ、全く異常はないな
10: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 02:10:55.59 ID:Gg1lu1KfO
金剛「SEX!!SEX!!セセセセセセセックスデェェス!!」


提督「え……金剛?! SEX? 性交?」


金剛「Yesッ!! ファックミィィッデースッッ!!!」


提督「えぇ……」


金剛「SEXッカモンッ!!」シュバッ


提督「うぉっ、あぶねっ!」ヒョイッ


ドカーン
イタイデースッ!


提督「一体どうなってんだ……」


榛名「提督! 大丈夫ですか?!」ガチャッ


提督「榛名! 金剛が……」


榛名「とにかく早くここから逃げましょう!」
11: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 02:16:23.33 ID:Gg1lu1KfO
ーーーー
ーー


提督「ふぅ……助かった」


榛名「提督、怪我はありませんか?」


提督「ああ…大丈夫だ。特に何かされたわけじゃないからな」


榛名「良かった…」


提督「それにしても金剛はいったい…」


榛名「私にも分かりません……とにかく提督の身は私がお守りいたします」


提督「ありがとう…助かるよ」


榛名「はい……じゃあとりあえず手錠をつけましょう」ガチャッ


提督「へ?」

12: ◆561uYkmvWc 2015/12/07(月) 02:17:15.58 ID:Gg1lu1KfO
榛名「え?」


提督「なんで手錠?」


榛名「?」キョトン


提督「いや、何言ってんだコイツみたいな顔されても……」


榛名「ああ! すいません……間違えて…」


榛名「こっちの鋼鉄製の方が良いですよね!」ガチャ


提督「えぇ……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 02:26:31.22 ID:hqL+KfcNo
もう嫌な予感しかしない
23: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 16:55:08.88 ID:F7vpAK3OO
榛名「こうやって、私も繋いでっと」ガチャン


榛名「えへへ……これで繋がりました」


提督(これは逃げないとあかんやつだ)


提督「海軍流ピッキング」カシャン


榛名「あっ」


提督「すまないっ、さらばだ!」シュタッ


提督(ヒェェ…金剛といい榛名といいどうなってんだ…)


提督「…?! ドアが開かない?!」ガチャガチャ


榛名「もう、提督。どこに行くんですか」


提督「榛名っ、お前……ひぃ?!」
24: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 16:58:10.09 ID:F7vpAK3OO
榛名「知ってますか提督。人間って何かに縛られるととても気持ちが良いんですよ」ジャラジャラ


榛名「そして、何かを縛るのも、とても気持ちが良いんです」ジャラジャラ


榛名「だからほら、榛名と提督で縛り合いっこしましょう。そのための道具も沢山ありますから」ジャラジャラ


榛名「どこにも行かないように互いを結びつけ愛ましょう。一つにになりましょう」


提督「お、落ち着け榛名。何でこんな事するんだ?!」


榛名「何でって………」














榛名「あれ…何ででしょうか?」


提督「は?」
25: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 16:59:37.86 ID:F7vpAK3OO
榛名「縛ると気持ち良くて…縛られても気持ちが良くて」ブツブツ


榛名「でも何でこんな事を?」ブツブツ

提督「は、榛名?」


榛名「あれ……分からない。分からないです…」


榛名「なんで……なんで、なんでなんで?」


榛名「ナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデナンデ?!?!」ガンガン


提督「ヒエェェェ……」ガタガタ


「えいっ!」ボフンッ


榛名「?!」


提督「うわっ! え、煙幕?!」


明石「提督っ。こっちです!」


提督「明石!」


26: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:01:28.52 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーーーー


提督「ふぅ…助かった」


明石「大丈夫ですか?」


提督「ああ、あと少しで大事なものを奪われそうだったが…」


提督「それより何が起こってるんだ? 榛名と金剛がおかしくなっているんだが」


明石「あれは、電子ドラッグの効果です」


提督「何?! 昨日のか?! 何で金剛と榛名が…」


明石「それが…かくかくしかじかで…」


提督「えぇ…全部明石さんのせいじゃないですか…」


明石「提督が私をこき使うから疲労が溜まっていたんですよっ!! 艦艇修理施設一個しかないのに5艦も修理させようとしたりっ!」


提督「むぐぐ……」
27: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:02:52.98 ID:F7vpAK3OO
提督「ま、まあ言い争いは後だ。何か対策はないのか?」


明石「もちろんワクチンになる映像があります。それを見せれば大丈夫です!」


提督「良かった…どこにあるんだ?」


明石「工廠にあります!」


提督「よし、では早く行こう!」


明石「はい、五人に見せるのは大変ですが手分けすればどうにかなるかもしれません」


提督「へ…五人? 明石。その……金剛と榛名以外にもいるのか?」


明石「は、はい。長門さんと、赤城さんと、大井さんです」


提督「ヒェェェェ……アカン面子じゃないですか…」




電「うわああん! 怖いのです!」


暁「こ、こないで。レディーのすることじゃないわよ!」


「うひひひ…」


提督「むっ、悲鳴が…行くぞ明石!」


明石「はい!」
28: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:04:43.35 ID:F7vpAK3OO
提督「だ、大丈夫か……?!」


明石「こ、これは」







電「ち、近づかないで!」プルプル


雷「き、来たらうつわよ!」プルプル


響「皆には指一本触れさせない…」プルプル


暁「し、正気に戻ってよ!」プルプル


長門「ふひひ……駆逐艦が1人…駆逐艦が2人……駆逐艦が沢山………」



震える電達へにじり寄る長門。それはそれは、とても幸せそうな顔であった。
29: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:06:22.21 ID:F7vpAK3OO
提督「長門…だよな」


明石「多分…」


提督「ど、どうにかしなくちゃ。あのままだと電達に消えないトラウマが」


龍驤「無駄やで」


提督「龍驤?!」


龍驤「あれを見てみ」


提督「ん?」






陸奥「」チーン


比叡「」チーン


霧島「」チーン








提督「ヒェェ…」



30: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:07:50.43 ID:F7vpAK3OO
龍驤「一瞬やった……あっという間に皆を戦闘不能にしたんや」


龍驤「駆逐艦以外の奴は一瞬で大破させられてしまう…。あいつらを助けても、次なる駆逐艦を探して暴れまわるだけやで…」


明石「これは…とても私じゃ止められませんね」


提督「なんて事だ…」


提督「………ん?」


提督「龍驤、お前は大丈夫だったのか?」


龍驤「うん。何故かウチだけ見逃されたんよ。アカンと思ったけど…なんやったんやろ…」


提督「………」


提督「明石……これは」


明石「はい…もしかして」


龍驤「?」


提督「龍驤…聞いてくれ。電達を救う作戦がある。それには龍驤の協力が必要なんだ」


龍驤「な、なんや…」





31: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:09:32.49 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーーーー


龍驤「いやや!! 絶対いやや!!」


提督「頼む! これしか方法はないんだ!」


龍驤「駆逐艦のカッコして長門さんの気を引くなんで、無理に決まってるで!」


提督「いーや、絶対大丈夫だ。気を引いて逃げ回るだけで良いんだ」


龍驤「そもそもウチは軽空母や! カッコ変えただけで駆逐艦になれるわけないで!」


提督「いや大丈夫だ!」


明石「大丈夫です、龍驤さん!」


龍驤「うう……なんで2人共そんなに自信ありげなんや…腹立つわ…」


提督「頼む! あいつらを救えるはお前しかいないんだ!」



長門「ふひひ……お菓子もジュースも沢山あるぞ」


「いやー!」



龍驤「うう…でも」


提督「これが終わったら一つだけ言う事聞いてあげるから! 頼む!」ドゲサ

龍驤「な、なんでも…?」


提督「ああ!」
32: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:11:03.60 ID:F7vpAK3OO
龍驤「………そ、そこまで言うなら。しょうがない…やったるで!」


提督「ありがとう龍驤! じゃあ、早速これを着てくれ!」


龍驤「駆逐艦の制服やな……って、なんやこれ! スカートの丈とかスリットの位置おかしいやろ!!」


提督「長門の気を引くためのセクシー駆逐艦制服だ!」


龍驤「何でこんなもん持ってるんや…」


明石「提督はロリコンで変態なんです」


龍驤「その情報知りとうなかったわ…」


提督「さあ、行くんだ龍驤!頼んだぞ!」


龍驤「うう…しゃあない。な、長門さん!」


長門「ん?」

33: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:12:44.55 ID:F7vpAK3OO
龍驤「駆逐艦のRJや! ウチが相手したる!」


長門「?! …ふひひ。可愛い服だなぁ…こっちにおいでぇ」


龍驤「ひぃぃ! やっぱ無理やー! こっちこんといてー!」ダッ


長門「鬼ごっこか? よーし、待てー」シュバッ



明石「…行きましたね」


提督「頑張ってくれ龍驤。骨は拾うからな」



雷「ひぐっ……うっ…」


響「………」プルプル


電「うっ……うう…」


暁「えぐっ……」


提督「大丈夫か皆!」


暁「……ながどざんが……」グスッ


電「おがじくなっちゃだのでず……」グスッ
34: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:13:54.72 ID:F7vpAK3OO
提督「明石」


明石「はい」プシュッ


暁「ん?……う…」zzz


電「あ………」zzz


響「………」zzz


雷「………」zzz


提督「長門の為にもこれは夢だったということにしよう…うん」


明石「じゃあ、部屋まで運びましょう」
35: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:16:33.08 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーーーー


提督「ふぅ……四人が起きる前に事を収めなければな…」


明石「はい、急ぎましょう」


提督「うう…でも、大井さんなんかやばそうだな…。北上さんの貞操は無事だろうか…」


北上「あ、提督」


提督「む、噂をすれば! 北上さん! 貞操は大丈夫か?!」


明石「提督…」


北上「何それ、新手のセクハラ? それより、大井っちがおかしいんだよぅ」


提督「やっぱり…その、何かされたりしなかったか?」


北上「いや、何かされてるのは大井っちというか…」


提督「?」

36: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:18:14.21 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーー大井の部屋


北上「こっちだよー」


提督「部屋にいるのか?」


「むぐー! ふぐー!」


明石「既に獣のような声が聞こえますね…」


多摩「にゃ?」


球磨「あ、提督だクマー」


北上「どう様子は?」


球磨「相変わらずクマー」


提督「この声は大井さんか? 一体何をしているんだ?」


多摩「実際に見た方が早いにゃ」ガチャッ

提督「お邪魔しまーす……?!」



37: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:21:20.92 ID:F7vpAK3OO
大井「むぐー! あぐー!」ジタバタ


提督「ヒェェ……猿轡に簀巻き状態って一体何があったんだ? 大井さんが暴れて、お前らが縛ったって所か?」


多摩「半分正解にゃ」


提督「半分?」


球磨「大井は球磨達が来た時には半分簀巻き状態っだったクマー。暴れながらも自分を縛ったみたいクマー」


提督「へ?」


多摩「その後、北上を襲う前に自分をもっと縛れと言ったにゃ。凄い形相だったにゃ」


提督「まじか…」


明石「犯罪願望に抵抗するなんて…」


提督「うーむ…愛だな」


北上「ねー、一体どうなってんのさ」


明石「……」プシュ


大井「むぐ?! ……」zzz


北上「ちょ、ちょっと…」


提督「大丈夫だ。眠らせただけだから。すまない…事情は後で話すから。とにかく今は部屋から出ないでくれ」

38: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:23:14.44 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーー食堂


提督「よし、食堂を抜ければ着くぞ…」


明石「あ、待ってください。あそこにいるのは赤城さんじゃ…」


提督「あっ……」


赤城「ん?」ムシャムシャ


赤城「あ、提督と明石さん。どうしたんですか?」


提督「……? 赤城? 何ともないのか?」


赤城「はい? こ、このボーキ丼はちゃんと申請したおやつですからね!」ムシャムシャ


提督「う、うむ。確かにそうだな…」


提督「………どうなってんだ、明石」


明石「…どうやら効いていないようですね」


提督「ありえるのかそんな事?」

39: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:24:02.92 ID:F7vpAK3OO
明石「電子ドラッグは元々の願望が満たされてる場合は効き辛いんですよ」


提督「なるほど…赤城にはボーキをきちんと供給しているからな。普段は辛い消費だが、功を奏したか…」


赤城「何、内緒話してるんですか? あ、そういえば明石さん。送られてきた動画間違えてましたよ」


提督「あー、それなんだが…」



ーーーー
ーーーー



赤城「はー、なるほど。だからさっきから騒がしかったんですね」


明石「赤城さんも一緒に来て下さい。念のためワクチンを見ておいた方が良いですから」


赤城「分かりました。間宮さーん。ボーキ包んでください」


提督「持ってくのか……」
40: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:25:49.20 ID:F7vpAK3OO
ーーーー
ーーーー


提督「ワクチンを見せるの、赤城も手伝ってくれよ」


赤城「えー、私ちょっと用事があって…」


提督「ボーキ追加するから」


赤城「分かりました」


明石「こうやってボーキが消費されてくんですね…」


赤城「……ん。何か来ます」



ドゴーン!
ゴシカァン!



金剛「セェックス!!!見つけたネー!!提督ウウウウ!!!」


榛名「どうして逃げるんですか……一緒に気持ち良くなりましょうよ………」ジャラジャラ


提督「ヒェェ……」


赤城「金剛さんに、榛名さん? 随分とキャラが変わりましたね…」


明石「あと少しなのに…」
41: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:27:37.94 ID:F7vpAK3OO
提督「あ、赤城! 少しの間で良い! 時間を稼いでくれ!」


赤城「ん…ちょっと私一人では骨が折れそうです。無理かもしれませんね」


提督「ボーキ」ボソッ


赤城「了解です」チャキッ


提督「よし、行くぞ明石!」ダッ


明石「だ、大丈夫なんですか?」ダッ


提督「大丈夫だ。もはやあの二人、赤城さんにはボーキにしか見えていない筈だ」


赤城「ボーキ、ボーキ」ブツブツ


セェックス・・
ボーキィィ!



ーーーー
ーー工廠


提督「よし、着いたぞ! ワクチンはどこだ?!」


明石「ちょっと待ってて下さい。今、モバイルにインストールしますから」


提督「急いでくれよ、いつ追いついてくるから分からないからな」


明石「はい」


提督「ふぅ、しかし疲れたな。ずっと走りっぱなしだったからな」ドサッ


明石「………」





42: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:28:53.61 ID:F7vpAK3OO
明石「提督、出来ました!」


提督「出来たか!」


明石「はい、手順を説明するんで。このモバイルを持って下さい」


提督「よし」


明石「じゃあ提督を椅子に拘束しますねー」カチャ


提督「へ?」


明石「よいしょっと」カチャ


提督「お、おい! 明石、何やってんだ?!」


明石「何って、提督に電子ドラッグをみせるんですよ。テレビを正面に持ってきてっと」ゴロゴロ


提督「あ、明石……?」

43: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:30:26.38 ID:F7vpAK3OO
明石「ちょっと待っててくださいね」


提督(目が正気じゃない…。電子ドラッグにかかっているのか? 何でだ?)


提督(……そうか。開発段階で電子ドラッグを見てしまい、知らぬ間にかかってしまったのか!)


提督「くっ。明石! 目を覚ますんだ!」


明石「ん……? あ、提督。今、私を見ていますね?」ギョロッ


提督「は?」


明石「そうです。それで、良いんです。私にもっと注目してください」


提督「え…?」


明石「提督は酷い人。私の事なんてちっとも見てくれないんだから」スッ


提督「な、何を言って。俺はお前のことをそんなふうに……」


明石「嘘だっ!!」ガンッ


提督「ひっ」ビクッ
44: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:31:48.33 ID:F7vpAK3OO
明石「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だっ!!」ガンッガンッ


提督「ひぃぃ……」


明石「はぁ……はぁ……」


明石「いつも…改修工廠ばっか……」


提督「え?」


明石「暗い工廠でカンカンカンカン。最後に出撃したのはもうずっと前」


提督「それは、仕方がないんじゃ…」


明石「そうです。仕方がないんです。だから、嫌になっただけです」


提督「嫌になった…?」
45: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:34:06.91 ID:F7vpAK3OO
明石「提督と話すのは改修工廠の事ばかり。修理と改修の繰り返し。出撃もしないから成長出来ない」


明石「提督が必要なのは改修工廠と修理をする明石なんですよね!」


提督「あ、明石…」


明石「私を見て欲しかった!」ガリッ


明石「何隻倒したとか、MVP取ったとか褒めてもらいたくて…普通の艦娘としての話がしたくてしたくて!」ガリガリッ


提督(あ、明石を止めなければ)


提督「ま、待て…スイッチを押すな」


提督「うぐぐっ……」ミシミシッ


提督(こんな拘束…後少し…)


明石「それが許されないんだったら、こうするしかないじゃないですか!!」


提督「やめろおおおお!!」


















シーン



提督「え?」
46: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:36:03.24 ID:F7vpAK3OO
明石「うぐぐっ……」


提督「明石…?」


明石「ぐっ……」バキッ


提督(リモコンを砕いた?!)


明石「て……とく………」ドサッ


提督「明石!?」


提督「うぐぐっ…ふんっ!」バキッ


提督「大丈夫か! ……気絶してる」


提督(電子ドラッグに抗ったのか……)


赤城「提督? 入りますよ?」


提督「赤城! 金剛と榛名は…」


赤城「はい」


金剛「」

榛名「」


提督「おお…二人掛かりを」


赤城「ボーキがかかってますから。……何かあったんですか?」


提督「……大丈夫だ。早くワクチンを皆の元に」
47: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:42:50.35 ID:F7vpAK3OO
ーーーーーーーー
ーーーー数週間後


提督「ふぅ……これで事後処理も終わりか」


明石「すいません……」


提督「いや、俺の管理不足が原因だからな…仕方ない」


提督「しかし、ドラッグにかかってた間の記憶がないのは幸いだな。明石も覚えていないのか?」


明石「はい…途中から記憶が」


提督「まあ、その方がみんなも良いか……」


明石「そうですね…」


龍驤「提督! そろそろ約束の時間やで!」ガチャ


提督「後50分もあるだろうが!」


龍驤「そ、そうやけど……遅れたら許さんよ!」バタンッ
48: ◆561uYkmvWc 2015/12/09(水) 17:44:20.18 ID:F7vpAK3OO
明石「お出かけでしたっけ?」


提督「ああ……あいつ10分刻みで来るな…。しょうがない、早めに行くか」


明石「はい、行ってらっしゃい。私は工廠で作業をしてますね」


提督「あー、そうだ。今日、夜に工廠に行くからな」


明石「はい? 今日は特に改修や建造の予定は無いはずでは……」


提督「いや…そういうんじゃなくて……その、明石に会いに行こうと思ってな」ポリポリ


明石「え……? あ……ええ?! わ、私に///」


提督「ああ…ダメか?」


明石「い、いえ………大丈夫ですけど」


提督「よし、じゃあまた夜に」ガチャ


明石「は、はい…」


明石「………」


明石「どうしたんだろう提督…」


明石「でも……嬉しいな///」




ーー完ーー




















長門「お、おい…電」


電「ご、ごめんなさいなのです」タッ


長門「ふぇぇ……」


ーー完ーー
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/09(水) 19:27:28.74 ID:1x28V72eO

長門・・・
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 07:22:26.02 ID:tKvk4C66O

明石さん良かったねぇ…
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 12:25:08.60 ID:4Ajf+sBBO
長門ェ……

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

この人デレデレウイルスの人かな?
わかんねぇけど似てる気がする。

面白かったよ。


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク