提督「なぁ瑞鶴、大鳳のハリケーンバウが気になるだが」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:15:45.11 ID:i5I/dv340



提督「あれってなんのことなの?」




瑞鶴「なんで私に聞くのよ」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:16:58.72 ID:i5I/dv340



提督「えー、知らないの??」




瑞鶴「知らないわよ!大鳳に聞けばいいじゃない!」




提督「いやそれが昨日ね......」







~~提督回想中~~




提督「大鳳って、かっこいいよな」キリッ




大鳳「そ、そうですか///」




提督「あ、しかし、女の子に向かって“かっこいい”は失礼か、すまんな」キリッ




大鳳「そ、そんなことありませんよ、提督っ///」




~~~~




瑞鶴「ちょっとまってなんでそんな大鳳の前ではカッコつけてんの」ムスッ




提督「大鳳の前だと内なるイケメンオーラが抑えきれなくなるんだ」キリッ




瑞鶴「.........」イラッ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:17:37.27 ID:i5I/dv340
~~~~







大鳳「私も気に入ってるんです!ハリケーンバウも素敵でしょっ?///」




提督「(ハリケーンバウ??)あぁ、素敵だ。思わず見とれてしまうな」キリッ




大鳳「////」







~~~~







提督「そんなことがあってだな、いまさら聞けん」キリッ




瑞鶴「カッコつけて知ったかぶるからいけないんじゃない!」フイッ




提督「だって大鳳が、素敵でしょっ?、とか言ってくるんだもんーー聞くのダサいじゃーーんーーー」




瑞鶴「自業自得じゃない...」




提督「まぁ、とりあえず、瑞鶴も知らないのか」




瑞鶴「でも話の流れ的に、かっこいいところなんじゃないかしら」




提督「俺もそう思ったから瑞鶴に聞いてみたんだが......」チラッ




瑞鶴「.........一応聞いておくけど、提督さんは私のどこに、“かっこいい”要素を見出したのかしら......?」




提督「ズバリ!その慎ましいむn...瑞鶴「全機爆装!!!」




提督「ここに去年の忘年会で翔鶴が罰ゲームでネコ耳をつけた時の写真がある」スッ




瑞鶴「ちょうど艦爆の整備をしたかったのよねー」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:18:17.00 ID:i5I/dv340






瑞鶴「真面目に考えようよ」




提督「そうだな」




瑞鶴「ハリケーンって言うくらいだから、嵐が関係あるんじゃないかしら」




提督「冴えてるな瑞鶴!そして見ろ!なぜか突然外が嵐だ!」




瑞鶴「わあ偶然!(棒)」




提督「なんか、大鳳におつかい頼みたい気分になってきたんだが、瑞鶴はどう思う?(棒)」




瑞鶴「奇遇ね、私も大鳳にちょっと頼みたいことがあって!(棒)」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:19:02.80 ID:i5I/dv340
~~~~~




提督「という訳で大鳳、この嵐の中悪いが、おつかいを頼めないだろうか?」キリッ




大鳳「わかりました!この大鳳、提督のご命令をしっかりこなしてみせます!///」




ドア「」バタン







瑞鶴「この鎮守府の傘が全部壊れたから買ってきて欲しい、なんてよく信じてもらえたわね...」




提督「俺の真心が通じたってことかな」キリッ




瑞鶴「真(実0であるのは下)心、でしょ?」




提督「山田くーん」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:19:44.21 ID:i5I/dv340
~~~~~




大鳳「ただ今戻りました!」ビショビショ




提督「わざわざすまんな...大鳳だけが頼りでな」キリッ




大鳳「いえそんな...///お役に立てて何よりです!///」




提督「ハリケーンバウは役に立ったか?」キリッ




大鳳「いえ?つけてませんでしたし」




提督「そ、そうか!ともかくご苦労!身体が冷えるといけないから、風呂にでも入ってきなさい。沸かしてあるから」キリッ




大鳳「あ、ありがとうございます////」




瑞鶴「」ムスー







ドア「」バタン
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:20:17.85 ID:i5I/dv340
瑞鶴「............」ムスー




提督「どうした瑞鶴、むくれてちゃ可愛い顔が台無しだそ?」キリッ




瑞鶴「か、かわっ......!」カァッ




提督「俺......ずっと前から.........」ジリジリ




瑞鶴(近い近い近い///////)




提督「...ずっと前から.........」カベドン!!




瑞鶴「」ゴクリ







提督「こーゆー歯の浮くようなセリフ言ってみたかったんだよねー」




瑞鶴「は?」




提督「いやぁ、やっぱこーゆーのはイケメンが言ってナンボだよなー。あれ、瑞鶴どうした?顔が赤いぞ?」




瑞鶴「て、提督さんのバカっ!!!!」ピシャッ




提督「いってぇ!!」




瑞鶴「もう知らないっ!!!!!」タッタッタッ




提督「行っちゃった...急にどうしたんだ?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:20:56.32 ID:i5I/dv340
~~少しして~~




提督「なんか瑞鶴は怒ってどっか行っちゃったけど、とりあえずハリケーンバウってのは艤装の一部っぽいな!」




提督「ちょうど嵐も過ぎたし、大鳳も風呂から出ただろうし、新型艦載機をダシに大鳳には出撃してもらおう!」




ーーーーー




大鳳「大鳳、出撃準備完了です!」




提督「何度も悪いな大鳳。しかしやはり...大鳳にしか頼めなくてな」キリッ




大鳳「そ、そんな///提督に頼りにされて、この大鳳光栄です////」




提督「あ、大鳳、艤装に糸くずが...」サワサワ




大鳳「て、提督っ!?そ、そこは艤装じゃっ...」




提督「すまんすまん...こっちのハリケーンバウの方か」サワサワ




大鳳「そ、そこもハリケーンバウじゃっ...///」







瑞鶴「...提...督.........さん?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:21:44.22 ID:i5I/dv340
~~少し前~~




瑞鶴「~~ッもう!何なのよ提督はっ!!!///」




瑞鶴「提督さんの顔が近づいてきて...............//////」




瑞鶴「~~~~ッ//////」バタバタバタ




瑞鶴「.........」




瑞鶴「でもいきなりビンタしちゃってまずかったかな...」




瑞鶴「..................」




瑞鶴「さすがに謝りに行こうかな...」スッ







ーー執務室ーー




瑞鶴「あれ?誰かの声が聞こえる...大鳳...と提督さん?」ガチャ







>>8 に至る
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:22:21.21 ID:i5I/dv340



瑞鶴「なに...やってるの.........?」




提督「い、いや、大鳳の...ハリケーンバウ...をな?」




瑞鶴「............」




提督「.........」




大鳳「............」




瑞鶴「............」ツー




提督「ず、瑞鶴、泣いているのか?」




瑞鶴「っ!」ダッダッダッ







提督「俺...なにかしたのかな?」キリッ




大鳳「自覚ないんですか?」




提督「えっ?」キリッ




大鳳「えっ?」




提督「えっ?」キリッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:22:53.68 ID:i5I/dv340
~~~~~




海「」ザバーン







瑞鶴「............」







瑞鶴「提督...さん............」







瑞鶴「...............」







瑞鶴「大鳳のことが...好きなのかなぁ......」







瑞鶴「なんでだろ...涙が......止まらないや」ツー





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:23:58.44 ID:i5I/dv340












??「おーーーい!!!」










瑞鶴「?」










??「ずいかくぅーーー!!!」










瑞鶴「提督さん......?」










提督「はぁはぁ、やはりここにいたか」




瑞鶴「やっ...ぱり?」




提督「ほら、瑞鶴はよくここで海を眺めてるじゃないか。だから、ここかなって」




瑞鶴「よく...わかったね」




提督「ふふん、自慢じゃないが、瑞鶴のことなら誰よりもわかる自信があるからなっ!」ドヤッ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:24:45.93 ID:i5I/dv340









瑞鶴「.........」







提督「............」







瑞鶴「.....................」










提督「.........あれ?」










瑞鶴「ふふっ」







瑞鶴「ぜーんぜんっわかってないよっ!」ギューッ










提督「ず、瑞鶴っ!?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 11:25:48.38 ID:i5I/dv340



瑞鶴「///」ギューッ




提督「こ、こら...いいのか、誰かに見られたりしたら瑞鶴が困るんじゃ...」




瑞鶴「提督さんなら...別にいい......かな」




提督「えっ//」




瑞鶴「何度も言わせないでっ////」




提督「......瑞鶴」ギュッ




瑞鶴「////」




瑞鶴「あんまり私のこと放っておいたら、ふてくされるから......//」







ーfinー










大鳳「結局私のハリケーンバウは!?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 12:06:15.88 ID:EUSJHQRko

巧妙に偽装された瑞鶴SSだったか
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 12:31:20.83 ID:w59GpNC7o

大鳳SSだと思ったらずいずいか
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 15:36:43.03 ID:5VHP7/vuo
たまげたなぁ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク