【FGO】清姫「……安珍様?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:25:01.41 ID:BRwbUGj30
ぐだお「よし、次の戦闘で一段落だ。気を引き締めていこう」

ジャンヌ「はい!」

マシュ「了解です、先輩!」

清姫「かしこまりました、ますたぁ」


敵シャドウサーヴァントたち「グオオオオオ!」

ぐだお「きたぞ!マシュ、頼む!」

マシュ「シールドエフェクト、発揮します!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:32:13.32 ID:BRwbUGj30
シャドウサーヴァント「グオオオオオオ!」ザシュ

清姫「きゃっ!」

清姫「やってくださいましたね……燃やし尽くしてあげ……!?」


清姫(影に覆われていてはっきりとは分かりませんが……この声、背格好……この敵サーヴァント、もしや安珍様!?)

安珍?「キヨヒメ……グオオオオオオ!」ザシュ

清姫「うっ!」

ジャンヌ「清姫さん…!」

ぐだお「清姫、一回下がれ! マシュ、前にでで回復の時間を稼いでくれ!」

マシュ「はい!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:37:39.36 ID:BRwbUGj30
ぐだお「大丈夫か?」カイフク

清姫「はい……ありがとうございます、ますたぁ」

ぐだお「よかった、安心したよ。それじゃあ、最後は清姫の宝具できめてくれ」

清姫「っ! それは……」

ぐだお「どうした? 魔力の残量が足りないのか?」

清姫「いえ、そういうことではないのですが……」

ぐだお「まだどこか痛むのか?」

清姫「……はい」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:44:08.23 ID:BRwbUGj30
マシュ「先輩、これ以上はもう持ちません!」

ぐだお(清姫が宝具をつかえないとなると、今回は撤退した方がいいな……)

ぐだお「今回は一旦撤退だ!」

ジャンヌ「わかりました」

マシュ「了解です」

清姫「……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:46:18.53 ID:BRwbUGj30
帰路

清姫「ますたぁ、申し訳ありません。私のせいで……」

ぐだお「いいんだ、気にするな。清姫が無事ならそれでいい」

清姫「ますたぁ……!」

ぐだお「それにあのシャドウサーヴァント、清姫ばかり狙ってたしな。今回はしょうがないさ」

清姫「……」

ジャンヌ「そんなに落ち込まないでください。本当に清姫さんのせいじゃありませんから」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 22:54:39.10 ID:BRwbUGj30
帰投後

清姫(間違いなくあのシャドウサーヴァントは安珍様ですわ……)

清姫(でもそれなら、ますたぁは安珍様の生まれ変わりじゃない……)

清姫(私が英霊として召喚され、ますたぁと出会い共に戦って行くうちに、私はますたぁに惹かれていった)

清姫(私が心惹かれるということは、安珍様の生まれ変わりにちがいない、そう信じて今まで迷うことはなかった……)

清姫(でもそれは間違いだった……ますたぁは安珍様じゃない……でも私はますたぁが……一体どうしたら……)


ドン!


エリザ「いったいわね! ちゃんと前見て歩きなさいよ!」

清姫「申し訳ありませ……って、あなたでしたの」

エリザ「なによ! なんか文句あるの?」

清姫「……いえ、なんでもありません。では……」

エリザ「ちょ、ちょっと! なにか言い返しなさいよ、調子狂うから!」

清姫「いま頭がいっぱいで、貴方にかまっている余裕はありませんの」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:00:55.80 ID:BRwbUGj30
エリザ「……それってさ、今日アンタがクエスト失敗したことと関係ある?」

清姫「…! それは……」

エリザ「なんか悩みとかあるなら、早く解決しなさいよ。自分や周りの命に関わるんだから。あんたの大好きなマスターにでも相談してきなさい」

清姫「それは……できません」

エリザ「はあ? なんでよ?」

清姫「私は……ますたぁが好きで、愛していて……でも安珍様…違くてっ……」グズッ

エリザ「え……ちょっと、急にどうしたのよ……」オロオロ

清姫「私は…一体どうすれば……!」ウワーン!

エリザ「あーもう分かったわよ! とりあえずあたしの部屋にきなさい!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:09:14.28 ID:BRwbUGj30
エリザの部屋

エリザ「どう? 落ち着いた?」

清姫「はい……ありがとうございます」

エリザ「で、アンタ何に悩んでるのよ」

清姫「それは……」

エリザ「心配しなくても、誰かに言いふらしたりしないわよ」

清姫「ですが……」

エリザ「誰かに話すだけで、楽になることもあるわよ。……それに一応、私もアンタとな、仲間だし? 相談にのってあげないこともないというか……」

清姫「クスクス……」

エリザ「な、なにがおかしいのよ!」

清姫「いえ、貴方と話して少し心が軽くなった気がします……では、相談にのっていただいいてもよろしいですか?」


説明中……


清姫「……というわけです。私は一体どうすればよいのでしょうか……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:21:51.46 ID:BRwbUGj30
エリザ「なるほどね……。安珍とマスターどっちが好きなのか、これからどうすればいいのか分かんないわけか」

清姫「はい」

エリザ「安珍を殺したのはアンタなんでしょ?」

清姫「それは、あの人が約束を破るから!!!!!」

エリザ「ふ、ふーん。そういうもんなのね」

清姫「ええ」

エリザ「実はもう心の中では決まってるんじゃないの? どっちが好きかなんてさ」

清姫「その自分の心が分からないから、こうして貴方に相談してるんです」

エリザ「でも、アンタさっきから自分でいってるわよ。どっちが好きなのか」

清姫「私が……?」

エリザ「さっき言ってたじゃない。『ますたぁが好きで、愛していて』って」

清姫「!!!」

エリザ「アンタ、いっつも言ってたわよね。マスターのこと愛してるって」

清姫「はい」

エリザ「でも安珍を愛してるなんて、少なくともアタシはきいたことないわ。……安珍、一目惚れだったんでしょ?」

清姫「ええ、そうですが……」

エリザ「これはアタシの個人的な考えだけど……一目惚れって恋のきっかけにはなるけど、恋とか、愛そのものにはなれないと思うの」

清姫「恋や愛そのもの……ですか」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:33:15.01 ID:BRwbUGj30
エリザ「そう。一緒の時間をたくさん過ごして、相手のいいところはもちろん、悪いところも全部知って、それでもなお好きでいられる。それが本当の恋とか愛って物じゃないかしら」

清姫「……」

エリザ「アンタの安珍への想いは、きっと恋への憧れで、愛情ではなかったのよ」

清姫「憧れ……」

エリザ「アンタ、恋人は嘘つかないものだと思ってるでしょ」

清姫「それがなにか?」

エリザ「安珍は嘘をついた。貴方の恋人へのあこがれ、理想を超えられなかった。だからアンタは安珍を殺してしまったのよ」

清姫「私もそのあと溺死しましたけどね」

エリザ「理想を抱いて溺死したってとこね」ドヤッ

清姫「……」

エリザ「……」

エリザ「で、でもマスターへの想いは安珍へのそれとは違うんじゃない? 出会ってから、一緒に過ごして、マスターの事たくさん知ったでしょ」

清姫「もうますたぁのことで私が知らない事はないですね」

エリザ「そ、そう……」ヒキッ

清姫「なにか?」

エリザ「いや、なんでもないわ……。それで、マスターへの想いはどうなった?」

清姫「知れば知るほど惹かれて行きました」

エリザ「アンタの思い描いたマスターじゃなくても?」

清姫「新しいますたぁの一面が分かってうれしいです」

エリザ「なら、そういう事よ。すべてを知って、それでもどんどん好きになって…愛してるって言いきれるなら、それが本当の恋ってやつね」

清姫「本当の恋……」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:43:40.47 ID:BRwbUGj30
エリザ「まあ、そのときのアンタの年頃じゃ憧れと恋の違いが分かってなくても仕方ないわよ。みんな恋に恋する乙女だし、顔のいい安珍との恋に憧れて夜這いかけちゃうのもね」クスクス

清姫「なっ!」

エリザ「しかもそれで、しげなくあしらわれるとか、いかにもアンタらしくて笑っちゃうわ。いつもアタシをからかってたのに、自分も初心な娘だったなんてね」クスクス

清姫「あ、あなた知ってましたのね!」

エリザ「そのぐらい知ってて当然でしょ? な、仲間なんだから」

清姫「……私の恐ろしい逸話を知ってもなお、こうしてお話ししてくださるのですね」

エリザ「ま、まあね」

清姫「これも、本当の友情、というものかもしれませんね」ボソッ

エリザ「え?」

清姫「いえ、なんでもありませんわ」

エリザ「でも、これでわかったでしょ。アンタ自身の心の本音」

清姫「……はい。貴方のおかげで私の本当の想いに気付くことができましたわ」

清姫「ありがとう、エリザ」ニコッ

エリザ「お、お礼なんていいわよ! …それで、安珍の方はどうすんのよ?」

清姫「私が自ら手をくだそうと思います」

エリザ「アンタはそれでいいの?」

清姫「私が殺してしまったせいで彼は中途半端な英霊として召喚され、したくもない破壊活動をしているのです」

エリザ「……そうね」

清姫「せめて私の手で安らかな眠りについてほしいというのは、傲慢な願いでしょうか」

エリザ「いえ、そんなことはないと思うわ」

清姫「では、私は今からますたぁに会ってきます。安珍の生まれ変わりではない、私が真に恋し、愛するますたぁに」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:50:33.67 ID:BRwbUGj30
ぐだおの部屋

コンコン

ぐだお「どうぞ」

清姫「失礼しますね、ますたぁ」

ぐだお「清姫か、どうしたんだ?」

清姫「今日のクエストのことで……」

ぐだお「なんだ、気にしなくていいって言ったのに……」

清姫「今日は本当にすいませんでした。それで、お願いなのですが…明日もう一度あのクエストにいってもよろしいでしょうか?」

ぐだお「清姫の体が問題ないなら、俺は反対しないよ」

清姫「ありがとうございます、ますたぁ。私は貴方を……今までもこれからも、心から愛しております。ではまた明日」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 23:57:14.17 ID:BRwbUGj30
クエスト


ぐだお「よし、次の戦闘で一段落だ。気を引き締めていこう」

ジャンヌ「はい!」

マシュ「了解です、先輩!」

清姫「かしこまりました、ますたぁ」



敵シャドウサーヴァントたち「グオオオオオ!」

ぐだお「きたぞ!マシュ、頼む!」

マシュ「シールドエフェクト、発揮します!」


安珍?「……キヨヒメ……グオオオオ!」

清姫(安珍様、乙女の恋への憧れで貴方を殺してしまって申し訳ありませんでした)

清姫(そして貴方の安らかなる眠りのため、もう一度貴方を殺める事をお許しください)

清姫(私は……本当の恋をみつけました)

清姫(さようなら、安珍様。どうか安らかにお眠りください)

ぐだお「清姫! 今だ!」

清姫「道成寺鐘百八式火竜薙!」

バシュウウウウウン!

安珍(ああ清姫、いたいけなる少女よ……貴方が憧れに縛られず…真実の愛を見つけられて…よかっ……)

安珍?「グワァァァァァァ……」シュウウウ…
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/23(日) 00:04:48.22 ID:FWtmvop10
ジャンヌ「ふぅ。どうにか勤めを果たせました」

マシュ「見事な采配です……先輩!」

ぐだお「今回はうまくいったな」

清姫「ええ。そうですわね」

清姫(これで私も、ようやく前に進むことが出来ますね。私自身も、ますたぁとの絆も)

ぐだお「清姫もありがとう。ほんとに助かったよ」

清姫「愛するますたぁの為ですもの。これぐらい当たり前です!」ニコリ

ぐだお「よし、今回の経験値は……まずまずだな。ジャンヌとの絆レベルもだいぶ上がってきたな」

ジャンヌ「あ、ありがとうございます……」カアア

清姫「……ますたぁ、私とはどうですか?」

ぐだお「清姫とはとっくの昔にレベルマックスじゃないか。ほら、ここにちゃん…と…」

マシュ「? どうしたんですか、先輩?」

ぐだお「なんか……レベルがバグって上限突破してるんだけど……」

清姫「それはそうですよ、私とますたぁの絆はそんな物では計れません」

ぐだお「いや、でもこんなこと前例が……」

清姫「…………くださいね?」

ぐだお「え?」

清姫「……ずっとずっとずっとずっとずぅぅぅぅぅぅぅぅっと一緒ですよ、ますたぁ」ニコリ


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/23(日) 00:06:39.48 ID:FWtmvop10
以上で終わりです。
槍ひーでるよう願掛けのつもりで書きました。
では依頼だしてから、ラスト30個で回してきます。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク