美嘉「アタシは――――処女だから」武内P「」

1: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:36:42.10 ID:nW2V9tv+0
注意事項

・アニメ基準

・武内Pもの





コンコン、ガチャ


武内P「失礼します」

美嘉「あれ、アンタがこっちに来るなんてどうしたの?」

武内P「ええ。実はこの前の合同ライブでの城ヶ崎さん宛てのファンレターが、こちらの方に混ざっていたので。スタッフの方はどなたか……」

美嘉「今ちょっと空けててね。まあそこら辺に置いてていいんじゃない? アタシから言っとくから」

武内P「そうさせてもらいます。城ヶ崎さん、わかっておられるとは思いますが、このファンレターはまだチェックを終えていないのでくれぐれも目を通さないでください」

美嘉「もう、わかってるって。デビューしたてじゃないんだから。まっ、アンタがまた担当してくれるって言うんならもう一回やり直してあげてもいいんだけど★」

武内P「そうなると、妹さんが先輩ということに……ととっ」


ヒラリ


美嘉「アー。あの娘アタシが後輩になったらはしゃぎ…………そう」





『経験無いのにギャルぶるお姉ちゃんマジ処女ヶ埼』





武内P「」

美嘉「」

武内P「し、失礼しました。私の手が滑ったせいで」

美嘉「べ、別に? アタシもデビューしてずいぶん経つし? ファンの有り得ない妄想を聞くことだって何回かあったし?」

武内P「そ、そうですね」

美嘉「まあファンは良い人の方が多いんだけど、有り得ない妄想をアタシに当てはめようって人は少なくもないからね。にしてもアタシがしょしょしょ……経験が無いだなんて、いくらなんでも夢見過ぎだよね★」

武内P「……おっしゃる通りです」

美嘉「しっかしアタシに未経験なことを求めるだなんて……そういうのはかな子ちゃんとか智絵里ちゃんにしときなさいって話よ」

武内P「は、はあ」

美嘉「……何かさっきからアンタ歯切れが悪いわね。まさかとは思うけど、アンタまで私をその……未経験だなんて思ってるんじゃないでしょうね?」

武内P「そ、そのようなことは!」

美嘉「ふーん。まあそう言うんならいいけどさ。ち、ちなみアンタはどっち?」

武内P「どちら……とは?」

美嘉「経験が有るのと無いの、どっちが好き?」

武内P「」




2: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:38:11.00 ID:nW2V9tv+0
美嘉「ほ、ほら! アタシもアイドルだから、どちらが求められているのか気にならないと言えばウソになるし……直接こんなこと訊けるのは、ア……アンタぐらいしかいないから、その……」

武内P「な、なるほど。とはいいましても、私は別段そちらの方にこだわりは無いので……」

美嘉「……何、アンタ? アタシにこんな恥ずかしい質問させておいて逃げるの?」

武内P(本当にどちらでもいいと思っているのですが……私にどう答えろと?)

武内P(どちらかを選ぶとなると……今の時勢で表だって処女が好きだと宣言するのはあまりにリスキーです。それに城ヶ崎さんも処女でないフリをしていることですし――)

武内P「どちらかというと……経験が有る方が好みです」

美嘉「」

武内P「まあこれは強いて言うならばという程度で……城ヶ崎さん? 城ヶ崎さん!?」

美嘉「あ……うん。おっすおっすばっちし」

武内P「大丈夫ですか? 突然顔色が悪くなられましたが……」

美嘉「アイシャドー……アイシャドーをミスっただけだから」ガクガク

武内P「風邪をひかれたのでは? 体も震えています」

美嘉「大丈夫……大丈夫だから。ああ、そうだった。やっぱり大丈夫だ」

武内P「城ヶ崎さん?」

武内P(明らかに様子がおかしい。身近な男性である私が、非処女が好きだと言ったことがそれほどショックだったのでしょうか? 理由はわかりませんが、撤回した方がいいのでしょうか?)

美嘉「うん、別に男に抱かれなくたって、処女じゃなくなる方法ならあるじゃない。大丈夫、キレイな体のまま処女を捨てて――」

武内P(か、かくなる上は――ッ!!)

武内P「しょ……です」

美嘉「……え?」

武内P「しょ、処女が好きです!」

美嘉「……本当?」

武内P「はい……」

美嘉「…………へえ」


バタン


武内P(終わった……もっと打てる手はあったでしょうに……なぜ私はアイドルに、それもまだ未成年の城ヶ崎さんにこんなことを言っているんでしょうか。性犯罪者と変わらないではないですか)

美嘉「そっか……そっかそっかうん! ふーん、アンタってば処女が好きなんだ! え、今時!? 最近の娘たちは早ければ中学生の頃には捨ててるのに、処女が好きなんだ!? その歳で!?」

武内P「え、ええと……はい」

美嘉「アハハハハッ。そんなんじゃ同年代の彼女なんか見つけられっこないじゃん。それなりの容姿で男が苦手でもなければ、大人になるまでに普通は捨ててるんだよ★」

武内P「は、恥ずかしながら」

美嘉「まあ別にいいんじゃない? 個人の好みは人それぞれなんだし、無理言ってそれを訊きだしたアタシが笑っちゃダメだったよね。ゴメンゴメン★」

武内P「いえ……お気に、なさらず」
3: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:39:15.63 ID:nW2V9tv+0
武内P(今すぐ死にたい気分ですが……城ヶ崎さんはだいぶ明るくなられました。そんなに悪い手ではなかったのかもしれませ――)

美嘉「ところで、笑っちゃったことのお詫びでアドバイスをしたいんだけど」

武内P「は、はい。アドバイス……ですか」

美嘉「うん。まあアンタは処女が好き。けどアンタが好きになるような相手なら、間違いなく中身がステキに違いない。仮に処女だったとしてもすぐにモノにしなきゃ、その娘の良さに気づいた他の奴に取られて処女じゃなくなっちゃうよ」

武内P「ということは……」

美嘉「好みの相手が処女だとわかったら、その時点で口説くぐらいの勢いじゃなきゃアンタ一生結婚できないってこと」

武内P「それは……なかなか難しいですね」

美嘉「まあアンタの性格じゃね。今挙げたのは極端な例だけど、普段それなりに相性が良いと感じている相手が処女だとわかったらグイグイ行くぐらいはしなきゃダメ」

武内P(そもそも私が処女が好きという前提は嘘なのですが……)

美嘉「あ、ところで。ちょっと話は変わるんだけど」

武内P「はい! 何でしょうか?」

武内P(この話が変わってくれるのならば何であっても――)

美嘉「アタシは――――処女だから」

武内P「」

美嘉「き、聞こえてる!?」

武内P「……はい。幻聴なら確かに」

美嘉「だーかーら! あ、アタシはまだ男を知らないって言ってるの! まあ信じられないのも無理はないけどさ」

武内P(とっくに知ってはいましたが……それを口にする意味がわからないのです)

美嘉「ほら、アンタにはデビューしたてのアタシを担当してもらったし、今だって交流があるわけだし……な、なるべく隠し事をしたくないなって」

武内P「物事には……限度というものが」

美嘉「確かに言いづらいことだけど、まあ話の流れで言うべきかなーって思って★」

美嘉「――で、何かアタシに言うことはない?」

武内P「えっ……その、城ヶ崎さんに経験が無いことを求める男性ファンも確かに多いです。しかしそれ以上に同年代の女性ファンが多く、彼女たちは恋愛経験豊富でファッションセンスに優れている城ヶ崎さんに憧れています。ですので――」

美嘉「……ちょっと」

武内P「何でしょうか?」

美嘉「そういうんじゃなくて」

武内P「は、はい」

美嘉「アタシとさっきした会話……覚えてる?」

武内P「ええ、もちろんです」

美嘉「……」
4: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:41:03.98 ID:nW2V9tv+0
武内P「城ヶ崎さん?」

美嘉「……何だかんだで、アタシとアンタの付き合いってそこそこ長いよね」

武内P「そうですね。一年間担当させていただき、その後も何かとお世話になっております」

美嘉「お世話になっているのは私も同じだけど……まあアンタを助けられるってことは、アンタを理解しているってことだよね?」

武内P「そう……なりますね」

美嘉「そしてアタシはアンタが魅力を感じて見出したシンデレラの一人」

武内P「ええ、もちろんです」

美嘉「相性はどちらかいうと……というか、かなり良いよね?」

武内P「え、ええ?」

美嘉「そのうえアタシは、さっき言った通りアレなんだよ!?」

武内P「は、はい!」

美嘉「だったら! さっきした会話を覚えているうんだから、この処女なアタシに――」





「ねえ、処女ってなにー?」





武・処『!!?』

みりあ「さっきから処女、処女って言ってるけどどういう意味なの?」

美嘉「み、みりあちゃん!? え、えっとこれはその……」

武内P「……赤城さん。さっきからと言われましたが、いつからおられたのですか?」

みりあ「んーとね。美嘉ちゃんがプロデューサーが処女っていうのを好きなのを笑った辺りからかな?」

美嘉「なっ……」

みりあ「それで、処女ってどういう意味なの?」

美嘉「あ、アウアウ……」プシュー



5: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:42:15.18 ID:nW2V9tv+0
武内P(赤城さんにそのままの意味で教えるわけにはいきません。ここは――)

武内P「……赤城さん。処女というのは、異性と付き合ったことがないという意味です」

美嘉「……ッ!? そう、そうそれ! 男の人と付き合ったことがないって意味なんだよ!」

みりあ「へえ、そういう意味なんだ」

武内P「はい。そしてあまり口にしてもいい言葉でもありません」

みりあ「処女って言ったらダメなの?」

武内P「はい。もう少し赤城さんが大人になられて、時と場所を選べるようになってからでなければいけません」

みりあ「うん、わかった!」

美嘉「ほっ……」

みりあ「じゃあ私そろそろ撮影が始まるから行くね!」

武内P「とときら学園の撮影でしたね。がんばってきてください」

美嘉「がんばってねみりあちゃん。後からになるけど、応援に行くから★」

みりあ「うん、行ってきまーす!」


ガチャ、バタン


武・処『ふう……』


あらみりあさん、ここにおられたんですね。探しましたよ

そろそろ……撮影始まる

あ、みんなごめんね。ちょっと時間があったから美嘉ちゃんとお話しようと思ったの。それでね。すっごいお知らせがあるの!

あら、なんでしょうか

美嘉ちゃん男の人と付き合ったこと無いんだって!

まあ、美嘉さんが?

……意外

あ、聞いて聞いて! 実は美嘉ちゃん――


武・処『……』

武内P「処女という言葉を口にしてはいけませんとは言いましたが……」

美嘉「ま、間違って教えた方の意味を言っちゃダメって……言って、言ってない?」

武・処『……』


ガチャ、バタン! ダダダダダダダッ


武内P「赤城さーんっ!! どうか、どうかお待ちください!!」

美嘉「みりあちゃんストープッ!!」





――時すでに遅し。
注目度の高いAランクアイドルの噂は火が燃え移る速さで広まり、初期対応に失敗した二人で沈められるものではなかった。

そして――
6: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:45:23.13 ID:nW2V9tv+0
「へえ、美嘉ちゃん付き合ったこと無いんだ。あっちの方は未経験だと思ってたけど、まさか付き合ったことも無いだなんて」

「ふーん。まあ別に意外でもなんでもないけど」

「ププッ。か、過去の恋愛相談コーナー見直してくる。か、考えただけでお腹が」





美嘉「」

武内P「そ、そう気落ちしないでください。悪い方に受け取られていませんから」

美嘉「……もうダメ。お嫁にいけない」ガクン

武内P「そ、そのようなことはありません! この程度のことが起きても、城ヶ崎さんなら素敵な男性と結婚できます!」

美嘉「……ッ!?」チラッ

武内P「……?」

美嘉「未経験なのにカリスマギャルやってたアタシなんて……」

武内P「今回のことで城ヶ崎さんの魅力は少しも損なわれていません。今は少し重く受け止めすぎているだけで、数日もすれば問題ないとわかるはずです」

美嘉「でも……もらってくれる人なんて」チラチラッ

武内P「いえ、ですから――」

美嘉「……ああ、もうっ!」ガタンッ

武内P「じょ、城ヶ崎さん!?」

美嘉「本当に! アタシを魅力的だと、思っているなら! 言うことがあるでしょ!」ポカ、ポカポカ

武内P「な、なんでしょうか……?」

美嘉「『いざとなったら私がもらいます』に決まってるじゃないっ!!」

武内P「え……?」

美嘉「――――あ」


ポクポクポク、チーン♪


美嘉「ち、違うからね! 今のは言葉のあやで、ほほ本心なんかじゃないから! このアタシがアンタなんか……いや、なんかは言い過ぎか。でもアンタがいくら不器用なくせにアタシたちのために必死になって頑張ってくれてたり、頑張り過ぎて心配だから放っておけないって思っていて、支え合いたいと思って――じゃなくて! ああ、とにかく! とにかくちがちが――え、でもやっぱりなくでああもうぅ!」

武内P「……城ヶ崎さん」

美嘉「ひゃ、ひゃい!」

武内P「わ、私でよければ……将来、もし万が一城ヶ崎さんにお相手がいなければ……その」

美嘉「え……?」

武内P「よ……嫁に、来てくださいませんか?」

美嘉「…………ほ、本当?」

武内P「は、はい」

美嘉「ええっと、その……よろしく」

武内P「///」

美嘉「///」





みりあ「エンダアアアァァイァアアア!!!」



~おしまい~
7: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:46:36.18 ID:nW2V9tv+0
最後まで読んでいただきありがとうございました
前作で次は夏と言っていましたが、研修で東京に飛ばされる前に連休をもらえたので短めのを一つ書きました
お、俺でもたまにはHappy End書けるから(震え声)

次回は蘭子メインor文香メインor美波メインor小梅メインor幸子メインorいつもの面々(蒼・露・処)が大暴れorへそ下のどれかを書きます

書きたい話はたくさんあるのに書く時間が無い
8: ◆SbXzuGhlwpak 2017/05/03(水) 14:47:28.59 ID:nW2V9tv+0
おきてがみ(黒歴史)デース!

【モバマスSS】凛「プロデューサーにセクハラしたい」


【アイマスSS】真「ボクのプロデューサーがこんなにマッチョなわけがない」


加蓮「CPのプロデューサーってかっこいいよね」凛「」


未央「貴方の視線」


【モバマスSS】凛「プロデューサーにセクハラしたい」


楓「私たちも」美嘉「プロデューサーに」小梅「…セクハラしたい」


莉嘉「Pくんってかっこいいよね!」美嘉「」【※武内Pもの】


武内P「襲われました…」卯月「へそ下辺りが満たされました♪」


早苗「CPのプロデューサー君(武内P)ってかっこいいじゃない」楓「どやぁ」

島村卯月の性教育【※武内Pもの】


武内P「これは……私の抱き枕?」


藍子「CPのプロデューサーさん(武内P)ってかっこいいですね」未央「」


武内P「渋谷さんがお神酒を飲んだら……」凛「プロデューシャー♪」


武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 16:59:05.94 ID:lNhaYNlxO
乙!
今回は割とストレートでしたね
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 17:18:29.59 ID:gEYjnKE0o
えんだあああああ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 18:35:47.45 ID:WmVClL+0o
おつおつ
すごく良かった
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 18:53:45.37 ID:PPjCH9Ph0
良かったです
お姉ちゃん可愛い

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク