P「人員整理!?」高木「うむ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:24:57.38 ID:+ZGYN4px0
P「何で…」

高木「…彼女達も活躍してくれたおかげで、業績は上がっている…だが、知ってのとおり、アイドルの育成というのは一朝一夕ではならず、要は費用が掛かる…予算の集中を図りたい」

P「…」

高木「少し、考えておいてくれたまえ、キミの意見を尊重し、私から決定を下す」

P「…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396279497
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:25:38.48 ID:+ZGYN4px0
P「…社長が、まさかあんなことを言うなんて…誰を削れるかなんて…」

春香「どうしたんですか?プロデューサーさん」

P「い、いや、何でもない。春香、おはよう」

春香「おはようございます」

P(そう言えば、高校卒業も絡んでくるし…)

P「なあ、春香。アイドルを、辞めろ、って言われたら、どうする?」

春香「え…そんなの…嫌です」

P「…」

春香「私…取り得も、特徴も無いですけど、でも、今まで一生懸命練習してきて、今やっと、皆にアイドルだって認めてもらえるようになったのに…そんなの…」ウルウル

P「わわわっ!冗談だ!たとえ話だ!」

春香「それに…ずっとずぅっと、皆と一緒にぃ…グスッ…ヒック…」

P「春香!」ギュッ

春香「プ、プロデューサーさん…」

P「悪かったな。変な事を聞いて…そうだな、まだまだ、春香もどんどん伸びていくだろう、俺も、全身全霊を掛けてサポートしていく…だから、俺にもっと、春香の活躍を見させて欲しい」

春香「…はいっ!」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:26:07.88 ID:+ZGYN4px0
P「…あ…胃が痛い、罪悪感で最悪だ」

やよい「おっはようございまーす!」ガルーン

P「おお、やよい、おはよう」


P(やよいも、来年は高校受験か。それに家事の手伝いもしてるしな…)


P「なあ、やよい。アイドルを、辞めろって言われたら、どうする?」

やよい「えっ…それは…困りますぅっ!」

P「…」

やよい「うち、貧乏だから私のお給料で、少しでも長介やかすみ達に美味しいもの食べさせてあげたいし、お父さんやお母さんのお手伝いも…それに、皆とのお仕事も楽しいし…その、それに、えーと…うぅぅぅ…」

P「ごめんなやよい!冗談だ、ちょっと聞いてみただけだ!」

やよい「…よかったぁ…」

P「変なこと聞いて悪かった。やよいの元気は、皆を笑顔にする。これからも、皆を元気にしてな」

やよい「はいっ!」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:26:41.45 ID:+ZGYN4px0
P「…うぅぅむ…胃が」

千早「…?プロデューサー、何だか具合が悪そうですね」

P「千早か、そんな事ないぞ」


P(…歌も良い調子だが、千早の場合、このストイックさが後々自分自身を苦しめるかもしれない、いっそ…)



P「なあ、千早。アイドルを止めろって言われたら、どうする?」

千早「…私は…歌う事しか出来ません、アイドルの仕事も、最初は嫌でした。でも…プロデューサーのお蔭で、それが無駄ではないという事が分かりました。皆に、私の歌を通じて、元気になって貰いたい、いやされて欲しい、そう言う事を考えるようになったのも、プロデューサーが教えてくれたから」

P「俺は…」

千早「だから、私は…これからも、アイドルを続けたい…です」

P「…ごめんな、変な事を聞いて。気にしないでくれ、軽ーい冗談だ」

千早「…軽いどころか、重すぎます、春香の様子が変なのは、その所為ですか?」

P「な、何の事やら」

千早「あまり変な冗談は、謹んで下さい」

P「お、おう」

千早「…これからも、その…よろしくお願いします、プロデューサー」

P「…任せとけ!お前の歌声、もっともっと大勢の人に聞いてもらおう!」

千早「…!面と向かって言われると、恥ずかしいです」

P「そうかな?」
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:27:11.57 ID:+ZGYN4px0
伊織「あら、プロデューサー、辛気臭い顔してるわねぇ」

P「伊織か、おはよう」

P(水瀬財閥の令嬢だしな、下手すりゃ跡取りという事もある、アイドルなんかさせてる場合じゃないんじゃないか?)

P「なあ、伊織。アイドルを辞めろって言われたら、どうする?」

伊織「な、何よ藪から棒に…嫌よ。私は、お兄様やお父様に認めてもらいたくて、アイドルを始めた…でも、そんな事はもういいの。ファンの皆に、この伊織ちゃんの可愛さとかを伝えて、トップを目指す、それが私の夢なのよ。今こんな中途半端な所で辞めるなんて、絶対に嫌…それに、その。アンタとの仕事も、まあ、楽しいかなって思うし」

P「俺とか?」

伊織「ええ、竜宮の仕事は勿論楽しいけど、アンタとの予測不可能な営業も、まあ、嫌いじゃないわ」

P「そうか…そうか…うん、いや、変な質問してゴメン、あ、そうだ、今度の企画なんだけど」

伊織「やよいとの無人島生活でしょう、やっぱりアンタの企画だったのね、まあ、この伊織ちゃんに任せておけば1000%OKよ!」

P「そ、そうか、頼むな」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:27:38.92 ID:+ZGYN4px0
P「…どうしよう、考えれば考えるだけ、決める事なんてできない気がしてきた」

雪歩「あの…どうしたんですか?プロデューサー…」

P「雪歩か、おはよう」

雪歩「おはようございます…お茶です」

P「いつもありがとな」

雪歩(…春香と同じ、来年は高校卒業、おまけに家もアレで…スキャンダラスな事になれば…)

P「なあ、雪歩。アイドルを辞めろって言われたら、どうする」

雪歩「え…そんな…私、ひんそーでちんちくりん…ですけど…その…アイドルにもやっと慣れて来たのに…え…ううう…やっぱり私なんて…」スコップジャキンッ

P「あ、ちょっと待て雪歩!」

雪歩「こんな私は、穴掘って!」

P「待て!」ギュゥッ

雪歩「ひゃぁっ!」

P「悪かった、変な事を聞いて…!でもな、雪歩。お前はひんそーでちんちくりんなんかじゃない、立派なアイドルだ…お前は、臆病だけど、それだけに、他人の気持ちを考える事が出来る優しい子じゃないか、だから、私なんて、なんて言うな」

雪歩「…はい」

P「…あっ…ごめん、つい」

雪歩「いっ、いえ…男の人は苦手ですけど、その…プロデューサーなら、良いかなって」

P「え?」

雪歩「あ、わ、私今日真ちゃんとレッスンがあるんです…行ってきますぅっ!」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:28:08.65 ID:+ZGYN4px0
P「…あかん、もうあかん、俺のストレスがマッハ」

真美「にーちゃーん、何ブツブツ言ってるの?」

亜美「そうだよー、ブツブツ言ってると、仏像、なんつって」

真美「亜美、それじゃ親父ギャクじゃーん」

亜美「社長直伝のなんだけど…あれ?にーちゃん」


P(小学生時代は、二人1人の双海亜美、中学進学後には体力的な問題は解決したから亜美と真美…か…)

P「なあ、亜美、真美。お前達のどちらか一方、アイドルを辞めろって言われたら、どうする」

真美「…そんなの嫌だよ」

亜美「そうだよ、亜美と真美は、二人で一人だもん」

真美「それに、お仕事だって楽しいし」

亜美「そうだよねー」

真美「にーちゃんは、亜美と真美、どちらか一方が居れば、良いの?」

P「そ、そんな訳無いじゃないか!亜美はカワイイし」

真美「…真美は?」

P「真美ももちろん可愛い」

亜美真美「「にーちゃーん!」」ダダダッギュッ!

P「お、お前ら、ちょっと」

真美「にーちゃん、大好き!」

P「…ごめんな、亜美、真美」

亜美「え?」

真美「にーちゃん、どーしたの」

P「…何でもない、これからもがんばれよ」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:29:26.57 ID:+ZGYN4px0

貴音「おはようございます」

P「貴音か、おはよう」

P(とっぷしぃくれっと…とは言う物の…このままじゃ、キワモノ系になる可能性も…)

P「なあ、貴音。アイドルを辞めろって言われたら、どうする」

貴音「…あなた様、それは…私は、より高みを目指して精進してまいりました…私に、そのとっぷあいどるの器が無いと言うのであれば…私は、何の価値も無い人間になってしまいます…そのとき…私はどうすれば」ホロホロホロ

P「…貴音、ごめん、冗談で聞いたんだ」

貴音「…本当ですか?」

P「ああ」

貴音「…貴方様と共に、高みを目指す。それが私の、今の生きがいなのです」

P「…ああ」

貴音「あまり、お戯れだとしても、妙な事を聞くと、他の子も同様致しますよ」

P「すまん…忘れてくれ」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:29:54.62 ID:+ZGYN4px0

P「…死にたくなってきたな」

あずさ「あら…プロデューサーさん、どうなさったんですか?」

P「あずささん…おはようございます」

あずさ「お身体の具合でも、優れないんですか?」

P「…あずささん、アイドルを辞めろって言われたら、どうします?」

あずさ「…え?」

P「…」

あずさ「…私が、何でアイドルを目指したか、ご存知でしたよね」

P「運命の人を見つける、でしたね」

あずさ「…見つけた、と言えば見つけたんです」

P「え?!」

あずさ「でも、その人は私の思いに、まだ気づいて居ないようです」

P「…そうですか」ホッ

あずさ「…もどかしいですけど、彼自身が、私の思いに気付いてくれるまで、私はアイドルを辞めたくありません…それに、その運命の人が、物凄く近くにいたとしたら、アイドルを続けていたい…と思います」

P「…そうですか、いえ、ちょっとしたジョークです」

あずさ「あら…そうですか。私は、割と本気だったんですけど」

P「え?」

あずさ「うふふっ…じゃあ、打ち合わせがあるので、これで」

P「あ、はい…どういう意味…あ…いやいや、んな訳無い無い…いやでも…いやいや」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:30:27.43 ID:+ZGYN4px0
P「…あかん、もうあかん、俺のストレスがマッハだ」

律子「プロデューサー、何ブツブツ言ってるんですか?」

P「おう、律子か」

P(…プロデューサーとしても、中々活躍しているが…律子は…)

律子「…何を思いつめたような顔をしてるんですか?」

P「いや、な…律子、プロデューサーを辞めろって言われたら、どうする」

律子「反対に、貴方はどう思いますか?」

P「質問に質問で返すのはルール違反だぞ…そりゃ、やだよ」

律子「私もです」

P「そりゃそうだ、まだあいつらをトップアイドルにするって約束を果たしてないし…」

律子「そうですね」

P「…そうだな、答えなんか、最初から出てたな」

律子「ふふっ、どうしたんですか?」

P「…いや、何でもない…ただな、人間、ままならない事もあるんだなぁ…と」

律子「え?」

P「…人生いろいろ、こういう自分じゃなかったらってのが、あるだろう?」

律子「え、ええ」

P「…はぁ…」
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:30:54.86 ID:+ZGYN4px0
美希「ハニー!おはようなの!」

P「おう、美希か」

P(…仕事も最近軌道に乗ってきたが、美希も高校入学を控えているしなぁ…)

P「なあ、美希。アイドルを辞めろって言われたら、どう思う」

美希「…そんなの、や」

P「…」

美希「ミキね、初めは、お仕事面倒くさいなぁ、とか思ってたの。でもね、ステージに立ってキラキラして、ファンの皆とライブとかで盛り上がったり、テレビに出て、皆に笑ってみてもらうの、すっごい楽しいなって思うの。だから、や」

P「そうか…」

美希「それに、アイドルをしていれば、ハニーとずぅぅっと一緒に居られるの」

P「そ、そうか?」

美希「ミキね、アイドルを辞めるときはね、ハニーと結婚する時って決めてるもん」

P「けっ…こら!そんなこと!」

美希「美希、本気だもん、もう決めてあるんだもん」

P「…」

美希「だからね、ハニー、美希をトップアイドルにするまでに、ちゃーんと考えておいてね♪」

P「美希、俺は」

美希「それ以上言ったらダメなの…でないと…」

P「…ごめん」

美希「ハニー、今日はちょっとおかしいの。どうしたの、急にそんなイジワルな事聞くの?」

P「…いや、何でもない。今やってることを、突然クビにする、って言われたら、どう思うのかなって思って」

美希「え…」

P「美希、そろそろレッスンの時間だろう、行って来い」

美希「は、はいなの…」
12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:31:55.86 ID:+ZGYN4px0
P「…胃が」

真「プロデューサー!おはようございます!」

P「おお、まこりん、おはよう」

真「まっこまっこりーん!って、何で突然」

P「いや呼んでみただけ」

真(…真も春香雪歩と同じだなぁ…こいつの身体能力なら、大学進学して体育教師とか)

P「なあ、真。アイドルを辞めろって言われたら、どう思う?」

真「え…やだなあ、プロデューサー、突然どうしたんですか?…嫌です」

P「…」

真「…ボク、こんな感じだから、アイドル…やっぱり向いてないんですか?」

P「いや、真」

真「…ボク、男みたいって昔から言われてるから、アイドルになれば、女の子っぽく見てもらえるのかなって思ってた時もあったんです…でも」

P「真ーっ!」ガバッ

真「わわっ!」

P「真は誰よりも女の子だよ!それは俺が一番良く分かってる!駄目な男だなおれは!みんなにこんな意地悪い質問して!やっぱり俺はダメプロデューサーだーっ!」ダダダダッ

真「プ、プロデューサー!どこ行くんですかーっ!」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:32:58.19 ID:+ZGYN4px0

P「はぁ…事務所を飛び出してきてしまった」

響「お、プロデューサー、はいさーい!」

P「おお、響…何してるんだ、こんな所で」

響「イヌ美とハム蔵の散歩だぞ。何してるかって…それはこっちの台詞だぞ、何だか深刻そうな顔して、何か悩みがあるなら、自分が相談に乗るよ!」

P(響は、家族が沖縄に居る、何時までも、東京に居たらやっぱり寂しいだろう…)

P「…なあ、響。アイドルを辞めろって言われたら、どうする」

「えっ!自分クビなのか!それは困るぞ!ハム蔵達の食事とか、それに沖縄にはトップアイドルになるまで帰らないし、お父さんが居ないから、自分の給料もその、第一アイドルって楽しいし…でも、自分、だめ…なの…?」

P「ごめんよ響!俺が悪かった、意地の悪い質問だよな!俺がこんなこと聞くから…うわぁぁぁあぁぁん!」

響「あっ、ちょっと待ってよプロデューサー!…行っちゃったぞ、どうしたんだ、様子がおかしいぞ…事務所に行ってみようかな」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:33:33.13 ID:+ZGYN4px0



P「…うううっ…俺は何て奴だ。あんなに仕事に希望と夢を抱いてがんばってる子達に、クビって言われたらなんて質問するなんて…」

ソラニナリタイ、ハレーノソーラニー

P「…小鳥さん?」

小鳥『もしもしプロデューサーさん?今どちらに?』

P「あ…えーと…ちょっと気分転換に散歩を』

小鳥『真ちゃんから、プロデューサーさんの様子が変だって聞いたので、ちょっと気になって』

P「あ、いえ、大丈夫です、そろそろ戻りますから…」

小鳥『そ、そうですか?』

P(小鳥さん…か、事務所の仕事がやれる人が居なくなる…けど)

P「ねえ、小鳥さん、突然、辞めてくれって言われたら、どうします?」

小鳥『えええっ?!わ、私が?ですか?…困ります、まだ年末のイベントも…ああ、それにあれやこれや…それに、アイドルの皆の活躍、一番近くで見れる特等席ですから、ここを離れるなんて…嫌です』

P「…ご、ごめんなさい…俺が悪かったです!こんな質問してるなんて俺どうかしてるんですよ!良い考えが浮かびました!直ぐに事務所に戻ります!」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:34:13.53 ID:+ZGYN4px0
小鳥「な…何だろう、プロデューサーさんの様子が変だわ」

響「はいさーい、どうしたんだピヨコ」

小鳥「ひ、響ちゃん、プロデューサーさんの様子が」

響「あ、自分さっき会ったぞ、様子が変だぞ、大丈夫なのか?」

千早「やっぱり…我那覇さんも気付いたのね?高槻さんも」

やよい「私も今日の朝から、変だなーって思います」

真美「にーちゃん、何だか深刻そーな顔をしてたよね」

亜美「うんうん、真美達にアイドルを辞めろって言われたらーみたいな質問を」

あずさ「あらあら…私もです…貴音ちゃんは?」

貴音「私も、同じ質問を」

美希「ミキもさっき聞かれたの、デコちゃんは」

伊織「あら、奇遇ね、私もよ」

真「ボクも…なんか変だよね?雪歩」

雪歩「うん…何かあったのかな?…どうしたの、春香ちゃん」

春香「プロデューサーさんの机のメモなんだけど…」

真「え…人員削減…?」

千早「予算の集中?」

あずさ「…見て、プロデューサーさん帰ってきた」

美希「ものすごーく暗い顔をしてるの」

真「まさかプロデューサー…」

雪歩「辞めちゃうんじゃ」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:34:39.69 ID:+ZGYN4px0
高木「どうしたね」

P「…人員削減の件ですが」





伊織「ちょっと押さないでよ」

美希「でも気になるの」

貴音「しっ、気取られますよ」

亜美「千早お姉ちゃん、押さないでよ―、あずさお姉ちゃんとかお姫ちんみたいに柔らかくないんだから」

千早「くっ…」

律子「皆静かに…!」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:35:17.81 ID:+ZGYN4px0
高木「…決まったかね?」

P「…俺には、出来ません…あんなに仕事に一生懸命で、必死で、頑張ってるあの子達にクビ何て、とてもじゃありません!律子や音無さんだって同じです!皆この765プロに居る事を誇りに思ってます!俺には…俺は…あの子達を首にするぐらいなら、俺を首にしてください!この通り、辞表も書いてまいりました。俺の分の給料なんて、たかが知れてますけど、それであの子達が事務所に残れるのなら…!」

高木「君が辞めた後、だれがアイドルのプロデュースをするのかね」

P「竜宮小町が軌道に乗った今、律子も少し大変でしょうが、どうにかなるでしょう、各ユニットのリーダーには、自力でユニットを引っ張っていけるだけの事は教えたつもりです」

高木「…それで、良いのかね」

P「…はい」
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:35:57.31 ID:+ZGYN4px0
「「「「ハニーちゃんプロデューさん駄目なの辞めたら駄目ですっだぞー!駄目です嫌なのですぅ!そんなこと言わないでくださいよー!私達のプロデューサーはにーさんしかいないらっしゃらないんですから!」」」」

P「み、皆…」

「「「「ボクわた自分のまだトップアイドルになってないんだぞーですぅ!あなたのサポートが美希寂しいもん亜美達もやだよーとそこまで思いつめられていたとは気付かずにごめんねにーちゃん」」」」

「「「「アンタみたいなボンクラでも敏腕プロデューサーになるまで一緒にって運命の人と思って、一緒に傍に居たいってそんなやだよー!にーちゃん!」

P「…でもな…皆がアイドルを続けるには、こうするしか」
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:36:25.17 ID:+ZGYN4px0

高木「プロデューサー君…今日は、何月何日かね?」

P「4月1に…あ」

高木「…プロデューサー君…すまん!ごめんなさい!この通りだ!許して!」

P「え」

<ドッキリ大成功!>


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:37:20.88 ID:+ZGYN4px0
P「ドッキリ?!」

高木「いや、君がそういう時、どういう受け答えをするかと思ってね、そうしたら、やっぱり自分を切り捨てでも、彼女達を守ると言う答えを出してくれたから、予想通りだったよ」

貴音「高木殿…少々オイタが過ぎますよ」

小鳥「そうですよ社長!私、本当に心配したんですから」

高木「すまんなぁ…四条君、音無君」

伊織「大体ね、アンタもアンタよ、アンタが辞めたら、私達…」

亜美「おっやおやぁ。いおりん、どうしたの?」

真美「にーちゃん辞めたら、寂しいって顔ですなー」

伊織「だっ、だれが!…寂しいに決まってるじゃない!」

あずさ「あらあら、伊織ちゃんは寂しがり屋の甘えんぼさんねぇ」

伊織「あずさまで!」

春香「でも、プロデューサーさん…本当に、本当に、辞めないでくださいね…でないと」

P「ごめんな、春香、心配かけて」

律子「そうですよ、何で私に一言相談してくれなかったんですか」

真「律子に相談したら、バッサリ解決してくれそうだね」

律子「何よ真、私が冷血人間みたいな…」

高木「ま、まあ、迷惑を掛けたね、皆、今夜の晩御飯は私がおごるから、ね、ね」
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:38:00.90 ID:+ZGYN4px0
P「ふぅん、社長の驕りですか…」

高木「な、何だねプロデューサー君」

P「社長、以前からみんなで行きたいなーって思っていたレストランが」

高木「あ、待て、そこは」

P「よーし皆、今日は社長の驕りで高級レストランだぞ!」

ヤッター!

高木「あ、待ってくれ、プロデューサー君、せめて私と君とで割り勘に」

P「俺にあんな苦渋の決断させた罰です」

高木「そ、そんな殺生な~!」

タノシミダーステーキ
カスミタチニモタベサセテアゲタカッタデス
ヨンジャイナサイヨ、ネ、シャチョウ
ナッ、オトナシクゥン


春香「あの、プロデューサーさん」

P「何だ、春香」
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 00:38:28.39 ID:+ZGYN4px0
春香「その…悩んだり、色々困ったりしたら…一人で抱え込まないで、皆に頼ってくださいね」

P「…うん、分かってる」

春香「…ほら!皆行っちゃいますよ!早く!」

P「ああ、行こう…まったく、とんだエイプリルフールだったなぁ」

高木「頼む!後生だから許してくれ!」

P「社長、来年のエイプリルフール、楽しみにしててくださいよ!」

高木「ううっ、皆、エイプリルフールには、人に迷惑や心配を掛けるような嘘をついてはいけないよ~!」



29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 01:55:06.56 ID:imQMEEql0
ドッキリで良かった


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク