卯月「アイドルのみなさん、聞いて下さい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:42:16.52 ID:YKkdqLUS0
卯月「今日はプロデューサーさんが風邪でお休みです」

卯月「という訳で、今日はプロデューサーさんが普段しているお仕事を私達でこなす事になりました」

卯月「偶然今日は簡単な書類仕事だけだったみたいなのでみんなで協力して早く終わらせましょう!」

アイドル達「はーい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496731336
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:42:53.01 ID:YKkdqLUS0
未央「しっかしさぁー」

未央「プロデューサーが体調を崩して休みなんて、珍しい事もあるねー」

凛「そうだね…というか、プロデューサーなら多少体調が悪くても平気な顔して事務所に来そうなものだけど…」

美波「プロデューサーさん、一応今朝は事務所に来ていたんだけどね」

美波「私が事務所の前で偶然会った時には凄く辛そうだったから無理矢理帰って貰ったの」

アーニャ「アー、成程。プロデューサーも美波の言葉は無下に、断れませんね。」

奈緒「プロデューサーさんが居ないって、なんかこう……変な感じだな。」

加蓮「あら、奈緒はプロデューサーが居なくて、寂しいの?」

奈緒「な、なな、なに言ってんだよ加蓮!そ、そんなわけないじゃん
べ、別にプロデューサーさんが居なくて寂しくなんかないんだからなっ!」

加蓮「そう言えば、プロデューサーがいつも事務所に置いてる仕事用のカバンって何が入ってるんだろう?」

加蓮「ものによっては、今使える物とかあるかも」

未央「仕事用のカバン……ねぇ」

卯月「……一応、見ちゃいます、か?」

アイドル達「!」

凛「仕事の為のカバンなんだし…」

幸子「フフーン、今仕事をしているボク達には見る権利がありますよね!」

晴「事務所に置いてあるんだから皆のものだろ」

かな子「生ものとか入ってたら困りますから、確認しないとですよね」

早苗「これは、あくまで仕事のため。
決して、プロデューサー君の秘密「暴いてやろうとか、そういう邪な考えではないわよね?そうよね?」

アイドル達「その通りです!」

アイドル達「…………」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:43:25.93 ID:YKkdqLUS0
卯月「そ、それでは私が代表して確認しますね?」

薫「早くっ、早く~」

卯月「はい、中身を出して行きますね」

卯月「一品目、…………タワシです」

アイドル達「タワシ!?」

拓海「おいおい!」

拓海「なんでタワシなんだよ!事務所の仕事で、そんなにタワシが活躍する機会があるってか!?」

卯月「あ、待って下さい、タワシの下に紙が……」

卯月「『粗品』……『東京友達パーク2』」

拓海「出たのかよっ!もう終わった番組だぞ?」

卯月「ま、まあ、そういうこともあるかもですよっ!た、たまたまじゃないでしょうか。きっと、他の物はちゃんとお仕事に役立つものなんですよっ!」

拓海「そうか?」

卯月「た、多分…」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:44:09.24 ID:YKkdqLUS0
卯月「と言う訳で二品目です!」

卯月「……け、拳銃っ!」

アイドル達『きゃあああああああ!?』

亜季「皆さん、少し落ち着いて下さい!」

亜季「これはもしや…」

パァーン!!!

アイドル達『きゃああああああああ!?』

亜季「やはりオモチャでありましたか」

アイドル達『ふぇ?』

亜季「一応見れば本物かどうかは判断出来る自信がありますので」

夏樹「それでも撃って確認するのはどうかと思うけどな」

亜季「すみません…」

亜季「しかし何故こんな物があるのでしょう?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:44:36.82 ID:YKkdqLUS0
卯月「き、気を取直して三品目です」

卯月「…ブルマです。」

アイドル達『………………………』

梨沙「よし、通報よ、早苗さん!」

早苗「梨沙ちゃん、了解よ、お姉さんに任せておきなさい」

卯月「ちょっと待って下さい二人とも!」

卯月「裏に『試作品』って書いてありますよ」

梨沙「試作品?って事はあのロリコンが盗んだものとかじゃないの?」

卯月「た、多分ですけど……」

早苗「なんでプロデューサー君がブルマの試作品を持っているのよ……」

晴「これ本当に仕事用のカバンなのか?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:45:26.34 ID:YKkdqLUS0
卯月「…四品目です。」

卯月「雑誌が3つみたいですね」

卯月「一つ目が『モテ男になる為の方法、その4 オフィス編』」

アイドル達『……………………』

卯月「二つ目が『会社で浮かない上手い方法』」

アイドル達『もう遅いよ!』

卯月「三つ目『ワガママな子供に対する優しい接し方と諭し方』」

森久保「…あれ?皆さんなんで私を見るんですか?……恥ずかしいです…むーりぃー」

凛「後で私も読んでおこうかな……」

美玲「アタシもそうする」

森久保「?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:46:04.93 ID:YKkdqLUS0
卯月「五品目です。」

卯月「除霊用『清めの塩』です。」

アイドル達『いやぁああああああああ』

菜々「それが必要になる仕事って何ですか!なんなのですか!?」

楓「それは、当然……」

菜々「ああっ、待って!楓さん、やっぱり聞きたくないですっ!ナナは知りたくないですよぅ!!」

芳乃「おぉー、これは安心安全の神無ブランドのお塩なのでして~」

菜々「わー、しかもそっちの業界じゃ、ちょっと有名なお塩っぽいです
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:46:32.87 ID:YKkdqLUS0
卯月「いよいよカバンの中身が混沌として来ましたが、次は六品目です。」

卯月「十字架とニンニクです…」

みく「Pチャンは毎日事務所でなにと戦っているのにゃ!」

李衣菜「みくちゃん、この事務所の仕事って、本当に一人でこなせるものなの?というか、いちプロデューサーがこなすべき仕事なの?」

卯月「六品目は、鞭です。」

みく「うにゃー!やっぱりPチャンは絶対ドラキュラハンターだよ!」

時子「待つのよ、それは早計よ。鞭なら普段から私も持っているわ。極めて一般的な持ち物よ、これは」

アイドル達『……………』

法子「流石、時子さん!それで縄跳びでもするんですか?」

時子「法子、貴方はドーナツでも咥えて黙っていなさい」

法子「はーい」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:47:00.52 ID:YKkdqLUS0
卯月「七品目…これは」

卯月「銀の弾丸」

涼「こりゃ敵は吸血鬼だけじゃないよ!?」

小梅「この事務所……夜、色々徘徊しているのかな……ふふふ」

涼「流石にこの状況じゃ冗談に聞こえないよ、小梅」

小梅「ごめんね…涼さん」

卯月「八品目は?なんでしょうかこれは……霧吹き?」

都「おやおやおや~?謎が謎を呼びますね~」

都「しかしこの謎、探偵アイドル、安斎都が解き明かして見せましょう!」

プロデューサーの机に霧吹き シュシュ

都「皆さん、ちょっとカーテンを閉めて、電気を消して下さい」

未央「わぁ、霧吹きをした所が光ってる」

都「謎は全て解けました!」

都「確かその机の上には昨日、十時愛梨さんが突然服を脱ごうとした時にプロデューサーさんが鼻血を大量の垂らしていました。」

都「つまり!その光はルミノール反応、そして犯人(霧吹き)の正体は、ルミノール発光液なのです!ズバァーン!」

未央「おー、流石~」

卯月「都ちゃん、凄いです!」

都「ふっふっふっ、私にかかればどんな難事件も即解決!キラーン!」

未央「でも血痕を追う必要のある仕事が何かって言う一番の謎がまだ解けてないんだけどね…」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:47:34.15 ID:YKkdqLUS0
卯月「九品目いきますよ」

卯月「携帯ゲーム機」

ありす「プロデューサーさん、それでも遊んでいる暇があるんですね」

紗南「ちなみに、入ってるソフトは~どれどれ『ピチピチッ!美少女アイドルパラダイス14』だって」

紗南「イマドキ珍しいぐらい直球のギャルゲーだね」

杏「このゲームを14まで買ってると思うと流石の私も色々思う所があるなー」

ありす「ゲーム機、ある意味とても普通の品なのに、今となってはもう逆に怖いですよ」

卯月「カバンの中身も残り少なくなって来ました、十品目」

卯月「次は…セットになっていますね」

卯月「えと、乾パン、手回しラジオ、長期保存用飲料水です」

拓海「備えてるっ!ヤロウ、何かに備えているぞ!」

美波「これも普通に考えれば、単純に地震などの為に備えているだけだと思えるけど……。」

美波「今までの品揃えを見た後では、なにかそれ以外の『災害』に備えてる気がしてならないわね」

森久保「……ああ、今になって気付きました。プロデューサーさんのカバンは、パンドラの箱だったんですね…開けてはいけないものだったのかも…」

美玲「で、でもパンドラの箱だったら、最後には希望が残されてるはずだぞ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:48:09.00 ID:YKkdqLUS0
卯月「十一品目からは連続で出していきますね」

卯月「ガスマスクです」

裕子「ムムッ、敵は化け物だけとは限りませんね」

卯月「発煙筒」

晴「最早活動場所が事務所内とは思えねぇ!」

卯月「ドックタグ」

李衣菜「事務所以外の何かに所属している!?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:48:48.66 ID:YKkdqLUS0
卯月「遺書」

輝子「親友…いつ死んでもいい覚悟があるのか……」

卯月「もう一つ遺書がありました。こっちには『最愛の親友、輝子と蘭子へ』と書いてますよ?」

凛「プロデューサー極端に友達が少ないから…」

卯月「あー…」

輝子「フヒ…ちょっと照れ臭いな…でも、嬉しいぞ……」

蘭子「我が友の思い……しかと受け取ったぞ!(プロデューサーの気持ち、嬉しいな)」

卯月「次は杏ちゃんの写真です。裏には『最愛の妻、杏』と……」

きらり「うっきゃー!杏ちゃん、Pちゃんと結婚してたのー?」

杏「そんな訳ないじゃん。プロデューサーが勝手に書いただけでしょ」

きらり「そっかー」

まゆ「うふ、うふふ、本当に面白い冗談ですねぇ、ね?杏ちゃん」

杏「ほ、本当に私は関係ないからなっ!ちょっとまゆ何か怖いよ」

卯月「赤ん坊の写真もありました…」

奈緒「プロデューサー、子持ちだったのかよっ!」

まゆ「杏ちゃん?」

杏「知らないから!私は何も知らないからな!?まゆ落ち着いて!?」

まゆ「まゆは落ち着いてますよぉ?」

杏「目が怖い、目が怖い」

卯月「あ、でも裏には『ターゲット』と書いてました」

杏「それを早く言えー」

奈緒「でも凄くイヤな予感のする任務だなっ!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:49:22.56 ID:YKkdqLUS0
卯月「そして、血の付いた、もう一つのドックタグ……」

亜季「戦友でも死んだのでありますかっ!?」

卯月「たこ焼き機です」

薫「うゎー、楽しそー!後でみんなでやろー」

卯月「化粧水」

美嘉「こんな状況でも美容には気をつけるんだね」

卯月「あれ?カバンの隠しポケットに、ビニールに入れられた白い粉が…」

桃華「Pちゃま、何か運んでますわー!」

卯月「口紅」

美嘉「それでもオシャレは忘れないんだ…って言うか女装!?」

卯月「焦げたサングラス」

早苗「誰かの形見っぽいわねっ!」

卯月「ん?、あれ?カバンの裏地に何かついて……発信機?」

未央「まだ危機は去ってない!?」

響子「あ、それは私のです。」

アイドル達『……え?』

響子「私のです。」

アイドル達『……………』
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:49:49.69 ID:YKkdqLUS0
卯月「ここに来て、また雑誌です。」

卯月「今月の幸子ちゃんが表紙の雑誌と」

幸子「フフーン、流石ボクのプロデューサーさんですね。カワイイボクを見て癒されるといいですよ!」

輝子「……それ私も買ったぞ?…」

小梅「私もー」

幸子「二人とも…ありがとうございます!」

紗枝「ふふふ、幸子はんは可愛えぇなー」

友紀「だねー」

卯月「もう一冊は『ムチムチグラドル女子高生500連発!』…」

夏樹「なんかここまで来ると、逆に尊敬出るな、その本を持ち歩ける余裕が…」

李衣菜「うん、それもまたロックだね」

夏樹「ロックではない」

李衣菜「え、そうなの!?」

夏樹「ロックではない……」

卯月「今度は手紙が入ってますよ。」

卯月「読みますね『プロデューサー……。お前がこの手紙を読んでいる時、俺はもう生きていないだろう。すまない。しかしもう、お前に託すしかないんだ。あの日、俺達はエリア346で…』」

菜々「読まなくていいですよ!っていうか、もう聞きたくないです!聞いちゃいけない気がします!」

卯月「三色ボールペンとメモ帳」

ありす「たまに日常の物が挟まってますよね」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:50:34.61 ID:YKkdqLUS0
卯月「海外ドラマ『プリズンリメイク』BD-BOX」

ジュニー「ブレイクじゃなくて?」

卯月「ブレイクじゃなくてです。」

ジュニー「なら私も知らないドラマね…」

卯月「ジュニーちゃんも観たことのないドラマですか…」

ジュニー「また今度プロデューサーに借りられるか頼んでみるわ」

卯月「やっぱり海外ドラマ好きなんですね」

ジュニー「ええ」

卯月「次は…パスポートが幾つかありました、けど、全部名前が違うのに顔はプロデューサーさんです。」

芽衣子「それ完全に偽造パスポートだよね!?」

かな子「そんなにパスポートが必要になる用事って何なんでしょうか?」

卯月「芽衣子さんみたいに旅行する為に……」

芽衣子「絶対に違うと思うけどね」

卯月「ですよねー」


卯月「これは、楓さんの握手会の参加券が3枚あります」

瑞樹「ふふふ、モテモテね」

楓「プロデューサーさんになら、お願いされれば握手くらい幾らでもするのですが…」

瑞樹「あの人、そういう所が妙に律儀だからね」

瑞樹「まあ、素直に喜べば良いんじゃない」

楓「はい、そうさせて貰います」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:51:06.05 ID:YKkdqLUS0
卯月「缶コーヒー」

巴「意外と余裕はあるようじゃな……それがええのかどうかは別じゃろうけどな」

卯月「……あ、今ので終わりみたいです。」

アイドル達『なんかしょーもない終わり方したーー!』
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:51:35.27 ID:YKkdqLUS0
かな子「それにしてもプロデューサーさんのお仕事って、こんなに多岐に渡るんですね…」

卯月「ですね」

比奈「もしかしたらプロデューサーは、本当に『主人公』なのかも知れないっスねぇー」

比奈「このプロダクションを舞台にした超次元異能バトルかなにかの……」

紗南「だね、夜にあたし達の知らない非日常の戦い……バンダイナムコのゲーム的な物語に、複数巻き込まれているのかも知れないよ」

楓「そう言われれば、そんな事があってもおかしくない気がしてきましたね」

菜々「なにせうちのプロデューサーさんは、問題を一人で抱え込むどころか、ナナ達が知る前に解決しちゃう傾向にありますからね…」

光「プロデューサーなら、実際に異常な事件が起こったりしたら、ヒーローみたいに正体を隠して戦うかも知れない…」

奈緒「いや、でも、いくらなんでも化物退治をしているって言うのはないだろ?」

巴「アイツがあんなにスケベなのも、常に生と死の狭間に身を置く事によって、種を保存しようという本能が暴走しているからなのかも知れんのう…」

飛鳥「いつも、しつこいくらいに底抜けて明るいのも、きっと人一倍、穏やかな日常の価値を知っているからなんだろうね……」

瑞樹「み、皆、どうしたのよ。なんでそんなにプロデューサー君への好感度が上がってるの!?おかしいわよ、皆」

まゆ「プロデューサーさん……日夜、まゆ達の為に身を挺して……。ううっ!まゆは…まゆはっ、そんなプロデューサーさんの為ならなんでもしてあげられますぅ!」

凛「ちょ、ちょっと!?みんな、一度冷静になろうよ!」

アイドル達『プロデューサー(さん)……』

凛「卯月、これどう収拾つければいいの?」

卯月「凛ちゃん、こう言う時は直接本人に電話するのがいいんじゃないでしょうか?」

卯月「と言う訳で電話してみますね」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:52:05.67 ID:YKkdqLUS0
P『はい、もしもし、プロデューサーです、げほっげほっ!』

卯月「あ、プロデューサーさんですか?私です。島村卯月ですよ」

P「卯月か!わざわざ電話をくれるなんて、俺は嬉しいぞ!げ、げほっげほっ!」

卯月「ちなみにスピーカーホンにしているので事務所の皆さんもプロデューサーさんとお話出来ますよ」

P『みんなも俺の為に電話を?』

凛「そうだけど、風邪の時くらい、もう少しテンション下げた方がいいよ」

P『うぅ……そうなんだが、無理なんだよ。だって女の子達から…いや、家族とちひろさん以外から電話がかかってくるっていうそれだけで…俺のテンションはMAXなんだから!げほっ、げほっ』

卯月「プロデューサーさん……」

未央「本題に移るよ。プロデューサー。あの、仕事用のカバンのことなんだけど……」

P『げほっ、げほっ、がはっ!!!』

かな子「プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P『大丈夫だぞ、アイドル達に心配をかけるなんて駄目だな……最近は身体に無理をいわせる様な仕事をしていたからな…遂に風邪を引いてしまったよ』

瑞樹「身体に無理がある仕事!?プロデューサー、貴方の仕事って……」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:53:41.35 ID:YKkdqLUS0
P『あ、今ちょっと待って欲しい。昨日捕まえた悪魔が逃げ……よっと!
あ、お待たせしました。それでなんの話だっけ?』

梨沙「なに!?今なにが逃げそうになったの!?その不吉な名前の存在はなに!?」

P『ごほっごほっ……ちっ、こりゃあ、まだ『呪い』が身体に残ってたか……』

晴「プロデューサー、風邪なんだよな?」

P『え?お、おう、そうだ、そうだぞ!俺は風邪だよ。あはははー』

奈緒「なんだよその三文芝居!なんか隠してるのか!?隠してるの?」

P『俺が大好きなお前達に隠し事なんかする訳ないだろ?さっきから、なんかおかしいぞ?』

奈緒「そ、そうだな……悪い、ちょっと冷静になるよ」

『………《緊急任務です!コードネームProducer!スワヒリ上空に『存在Ω』が現れました!現地のエージェント達と合流して、今度こそ『存在Ω』を討伐しーーーー》』

P『あ、みんな悪い、俺ちょっと寝るから、もう電話切るぞ!』

早苗「嘘おっしゃい!スワヒリでしょう!プロデューサー君、貴方、今からスワヒリに向かうつもりでしょ!」

P『HAHAHA。なにを言ってるのかワカラナイナー』

加蓮「最早演技にさえなってないわよ!プロデューサー!本当は何者なの?」

P『お前達、さっきから何を言ってんだ?俺はちょっとウザい事だけが取り柄のただのプロデューサーだぞ。大丈夫か?』

加蓮「……え、ええ。ごめんなさい。そ、そうよね、さっきのは私の聞き間違い………」

『《Producer!何をしているんですか!早くして下さい!貴方が居ないと……『存在Ω』にこの星が滅ぼされるのも時間の問題です!》』

アイドル達「!?」

P『あ、悪い、俺、ちょっと急ぎのお使いが入ったみたいだから、そろそろ……』

友紀「お使い!?お使いなの!?プロデューサーが関わっているその地球規模の何かは、お使いなの!?プロデューサーの異常行動は、お使いにまで及んでいたの!?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:54:27.83 ID:YKkdqLUS0
P『げほっ、ごほっ、……くっ…全然力が湧かない…』

拓海「なんかピンチっぽいぞ!?今、何気に、地球が大ピンチだよな!?」

P『なに言ってるんだよ、俺の体調が悪いだけで、別に地球とか関係ないぞ?』

凛「……そ、そう、うん…さっきまではそうだと信じていたんだけど……」

P『それじゃ、そろそろ切るぞ?』

卯月『あ、はい!そうですね、風邪なのに変な電話しちゃって。すみません』

P『ははは、気にするなって、俺はお前達の声が聞けただけで元気百万倍なんだからさ』

卯月「プロデューサーさん、ありがとうございます。それでは、お大事に」

P『おう、それじゃあこのケータイ、海外じゃ通じないから、もう切るぞ』

アイドル達「!?」

P『じゃっ』

卯月「プロデューサーさん!?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:54:57.13 ID:YKkdqLUS0
アイドル達「……………………」

卯月「皆さん……プロデューサーさんは、本物です…この地球はプロデューサーさんのおかげで守られていました!!!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:55:39.97 ID:YKkdqLUS0
翌日

P(昨日は風邪のせいで思考力が落ちて、電話でアイドル達になんかテキトーな事を喋ってしまった気がするな…)

P(しかも電話が来た時に丁度観ていたプリズンリメイクが途中で一回大音量になってしまったような。)

P(慌ててミュートにしたけど、もう一回ぐらい、音量ボタン押しちゃったりしたっけ。恥ずかしいなぁ聞かれたかなぁ、あれ)

P「あ…そう言えば……仕事用のカバン………」

P(そうそう、あのカバンもちょっと前にフレちゃん達とおふざけで変なものを沢山詰めまくってたっけ)

P(こりぁ、本格的にみんなに変なこと言ったかもな…)

P(ま、みんなも、病人のアホで荒唐無稽な妄言を信じるなんて事は無いか)


P「みんな昨日は仕事休んじまって悪かったな」

アイドル達「プロデューサーさん、お勤めご苦労様です!!!」

P「…………は?…」


おわり
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 15:56:06.70 ID:YKkdqLUS0
ちなみにこのSSのカバンネタは生徒会の一存のオマージュです。気になった方は是非原作を買って読んで見て下さい。
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 16:04:52.57 ID:qQK4SvjzO
乙乙。
韓国版モバマスのキャラとか珍しいな。
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 16:05:34.09 ID:aeRVjfhKo
乙乙
見覚えあると思ったら生徒会の一存だったか
懐かしいし読み返そう
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 18:38:09.22 ID:YJ6kCu9ao
誰かと思ったら韓国組なのか
乙乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク