モバP「何?顔を踏まれたいプロデューサーが増えてる?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:01:59.29 ID:pyN7bmR8O
佐城雪美「…?」

モバP(以下P)「まったく、なんてやつらだ。裏山けしからん」

雪美「Pも…踏まれたい…?」

P「そうだなー、雪美がもっと大きくなったら踏まれたいかもな」ハハッ

雪美「…むぅ」

ガチャ

櫻井桃華「そのお話、わたくしがお受けしますわ!」バァァン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429246919
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:07:32.50 ID:pyN7bmR8O
P「は?」

雪美「?」

桃華「今の話を聞いたところPちゃまは顔を踏まれることに性的興奮を覚える、ということになりますね」

P「えっと、、、なに言ってるのこの子」

雪美「やっぱり…Pは変態…」

P「えっ」ゾク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:14:33.42 ID:pyN7bmR8O
P(な、なんだ…。今雪美に変態って言われただけなのにゾクっとした…)

ガチャ

メアリー・コクラン「フンッ、これだからプロデューサーって…」

P「メアリー。いきなりきてなんなんだ」

メアリー「うるさいワヨ変態プロデューサー」

P「ッ!!!!」ゾクゾク
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:22:52.84 ID:pyN7bmR8O
桃華「いいからそこに直りなさい」

P「え…?」

桃華「えでもなんでも無く直りなさい」

P「は、はい…」

P(はいとか言ってる俺はなんだ…?)

雪美「Pは…踏まれたがってる」

メアリー「そんなのは百も承知ヨ。桃華は直りなさいと言っただけなのにもう仰向けに寝そべっているワ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:27:57.13 ID:pyN7bmR8O
P「か、身体が勝手に…!」

桃華「はいはい、Pちゃまは大人しく私に従っていればよろしくてよ」

P「く…!」

P(く…悔しい…!でもなぜか身体が桃華の言うことに反応してしまう…!)

メアリー「桃華、あなたワタシと少しキャラが被ってるワヨネ」

桃華「あら、メアリー。わたくしもそう感じていてよ?」

雪美「…?けんか…?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:34:42.38 ID:pyN7bmR8O
メアリー「そんな低俗なことしないワ。ただ桃華と二人でプロデューサーの顔を踏んだら楽しいと思わない?」ニコッ

桃華「それはいい提案ですわ」ニコッ

P「くっ…!俺をそんなことで調教しようなんて!なんて悪魔たちだ!」

雪美「でもPは…嬉しそう…」ドン引き

P「あぁ…っ!雪美そんな顔をしないでおくれ!でもそんなドン引きしている雪美も可愛いよ!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:38:37.15 ID:pyN7bmR8O
雪美「……気持ち悪い…」スススッ

P「その目をやめて!いや、やっぱやめないで!もっと見て!」

雪美「…Pがこんな隠し事持ってるなんて…残念…」シュン

桃華「あら、雪美ちゃまはこれくらいのことでPちゃまのことを嫌いになるのでして?」

雪美「…!」

メアリー「このくらいの隠し事なんてプロデューサーくらいの男の人は一つや二つもっているものヨ?」

雪美「P…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:39:08.38 ID:pyN7bmR8O
P「雪美…!」

桃華「さぁお遊びはここまでですわよPちゃま」

メアリー「本番にイキマショウ」

P「アイドルが本番とか言うな!」

桃華「まったくうるさいお口ですこと」ギュムッ

P「モガガガッ!」

メアリー「ズルいワヨ!桃華っ!」フミッ

P「オォフ!」ビクン
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:39:37.33 ID:pyN7bmR8O
P(いきなりの桃華の足技鼻口封じにメアリーのおでもフミフミ!こりゃぁアカン!アカンでぇ…!)

メアリー「桃華ったら早速プロデューサーが喜びそうなところを踏むなんて…優しいのネ」クスッ

桃華「Pちゃまがもの欲しそうにしているのがいけないのよ」

P「モガモガ…!」

桃華「どうPちゃま?わたくしの足は気持ちいですの?」

P「ひ、ひもちいいれす!!!!!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:40:07.50 ID:pyN7bmR8O
桃華「ひゃん!!くすぐったいですわ!!」

メアリー「むぅ…ワタシもプロデューサーをもっと踏みたいワ!」スリスリフミフミ

P「お、オオオオオゥゥゥ!!!!」

P(メアリーの足がァ!白い足がァ!!俺の顔中をスリスリフミフミしてェ!!!気持ちいいです!!!!)

雪美「P…変態…」

P「ゆ、雪美っ!違うんだ!!」

桃華「ほらそこ口を開けないでくださいまし」ギュムッ

P「ンー!!!ンー!!!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:40:35.98 ID:pyN7bmR8O
桃華「Pちゃまはほんっとうに変態ですわね」

P「っ!!!!」ゾクッ

メアリー「エエ、救いようが無いくらい変態ダワ」

P「っっっっ!!!!!」ゾクゾク

雪美「………変態」

P「っっっっっっっっっっっっ!!!!!!」ゾクゾクゾク

雪美「私が…大きくなったらって…」

桃華「そんなのは嘘に決まってますわ」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:41:12.04 ID:pyN7bmR8O
雪美「誰でもいい…?」

メアリー「ごらんの有様ヨ」

P「そんなっ!誰でもいいわけがn…アァ!!」ビクン

桃華「Pちゃまは踏まれたいんですの。ただそれだけ」グニッ

P「ッぅ!」

メアリー「この姿を大人のみんなに見られたらどうなのカシラ?」

P「そ、それだけはっ!!!」

雪美「P…望んでる?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:41:38.87 ID:pyN7bmR8O
メアリー「ワオ!雪美もプロデューサーのことわかってきたじゃない!」

P「違う!!」

桃華「こんなPちゃま、誰にも見せられないですわね」

P「くっ…!」

雪美「P…私も…踏む」シュルッ

P「ゆ、雪美っ!?踏むなのに何故服を脱ぐ!?」

雪美「?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:42:07.15 ID:pyN7bmR8O
桃華「…なかなか思い切りましたわね」

メアリー「さすがのワタシもそこまではできないワ」

雪美(裸)「桃華…メアリー…交代」

桃華「え、ええ」スッ

メアリー「わかったワ…」スッ

P「く、くるな雪美…!」

雪美「なら立って逃げればいい…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:42:36.98 ID:pyN7bmR8O
P「そ、それは…」

雪美「…逃げないの…?」

P「雪美が傷つくだろ…」

雪美「P…、、、好き」フミッ

P「ン…お、おおお、、、ゥ」

桃華「なんとも不思議な光景ね」

メアリー「全裸の幼女に踏まれて喜ぶ成人男子」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:43:10.67 ID:pyN7bmR8O
桃華「逮捕確定ね」

メアリー「責任とってもらわなくちゃネ」

雪美「P…気持ちいい?」フミフミ

P「雪美…ダメだ…やめてくれ…」

雪美「でも避けない…?」

P「雪美…!」

雪美「…」ニコッ

P「か、可愛い…」ボソ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:43:41.13 ID:pyN7bmR8O
雪美「…っ」ビク

P(ゆ、揺らいだ!これなら勝つる!)

雪美「言わなくても…分かってる…///」

P「ダメだ雪美…可愛い…その可愛い顔をもっと見せておくれ」

桃華「変態レベルがあがってますわ」

メアリー「ヤキモチ焼いちゃうワネ…」

雪美「嫌…い、言わないで…///」スッ
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:44:12.96 ID:pyN7bmR8O
P(足をどけた!!!)

桃華「雪美、Pちゃまのことは任してくださいまし」フミッ

P「アフゥン!」

メアリー「もう!プロデューサー…いや、ダーリン!雪美ばかり見てちゃダーメっ!」フミフミ

P「ナントッ!!!!」

雪美「///////」モゾモゾ←着替える

桃華「Pちゃま、わたくしたちのセキニン、取ってもらいまして?」ニコッ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:44:48.05 ID:pyN7bmR8O
P「…くっ、やむを得ん」

メアリー「なぁにその答え。イヤなの?」

P「嫌じゃない!嫌じゃないけど…」

雪美「…P…///」チラッ

P「よし、お前ら三人とも嫁にしてやる!!!」キリッ

こうしてPと三人のお姫様たちは数年後一夫多妻の国で結婚して幸せに暮らしたとさ。

お終い
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:46:22.06 ID:pyN7bmR8O
やっぱロリに踏まれるのはいいだろうな!
はい、ロリ!まだまだ妄想が捗ります!
ありがとうございました!
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 14:54:55.89 ID:iBlfadPSO
おつ、よくやった
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 15:06:38.21 ID:KOZtCy5so

やはりロリは至高…!!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク