モバP「もし森久保乃々がシンデレラガールの座を勝ち取ったら」

1: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:16:51.63 ID:LB+660Fk0

~総選挙結果発表の日~


乃々「あうぅ……」

乃々(もりくぼです。いつものように机の下で目立たないようにしています)

乃々(……今日は事務所が慌ただしいです。皆さんとてもソワソワしてて、机の下なのにもりくぼも落ち着かなくなります)

乃々(……当然ですよね。今日は第五回シンデレラガール総選挙の最終結果発表の日ですから)


輝子「ボノノさん」

乃々「あ、キノコさん……」

輝子「フフ……結果発表、楽しみだな……」

乃々「そ、そうですか……?」

乃々「騒がしくて、もりくぼ的にはむしろ落ち着かないっていうか……はやくいつも通りに戻ってほしいというか……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460035011
3: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:17:49.66 ID:LB+660Fk0
乃々「あ、で、でも……一位の人をお祝いするパーティーのことを考えたら……少しだけですけど……楽しいかも……」

輝子「何を言うボノノさん……もしかしたら一位はボノノさんかも知れないぞ……」

乃々「ありえないです……それだけは絶対ありえないです……もりくぼなんかより可愛い人なんて何人もいますし……」


まゆ「そうですかぁ? 乃々ちゃん、中間発表の時すごくいい位置にいたじゃないですか」

乃々「ま、まゆさん……あれは……あれは何かの間違いです……集団催眠か何かです……今頃もりくぼにふさわしい順位に落ち着いてるはずです……」

まゆ「そこまで自分を卑下しなくてもいいんですよ? お仕事、いっぱい頑張ってたじゃないですか」

輝子「そうだぞボノノさん……エイプリルフールの企画、すごくカッコよかったじゃないか……」

乃々「あ、あれは……やらなきゃ、プロデューサーさんや皆さんに迷惑かけちゃいますし……ファンタジーは、嫌いじゃなかったですし……」

乃々「人の足を引っ張らないようにしてただけです……それだけです……」


乃々「あ……そういえば、一緒にお仕事した凛さん……三代目シンデレラガールなんですよね……」

乃々「間近で見て分かりました……凛さんや蘭子さんや……それと、美穂さんみたいな、ほんとにカッコよくて可愛くて…魅力的な人にこそ相応しいんです……」


まゆ「……」

輝子「……」
4: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:18:53.15 ID:LB+660Fk0
輝子「…なあ、ボノノさん」

乃々「……? な、なんですか……?」

輝子「アイドル……楽しくないのか?」

乃々「!」

乃々「え、えっと……だって、人前に出る仕事なんて、もりくぼに向いてないですし……もりくぼなんかより向いてる人なんて何人もいますし……」

まゆ「……」

乃々「……で、でも……キノコさんや……まゆさん……美玲さん……皆さんや…あと、プロデューサーさんがいますから……」

乃々「……1人じゃないですから……」

乃々「……こんなもりくぼでも、その……見てくれる人がいるなら……」

乃々「少し……あの、ほんの、本当にほんの少しですけど……」

乃々「……楽しいとは思え……」

乃々「…………」オドオド

乃々「……………………」ビクビクガクガク

乃々「…………………………………………」プルプルプルプルプルプルプルプル

乃々「…………………………………………ます」

乃々「……だ、だから……ちょっとくらいなら、頑張っても……」


まゆ輝子「!」

まゆ「……うふふっ♪」

輝子「フヒヒ……」
5: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:19:31.42 ID:LB+660Fk0
乃々「あ、あとは……もう少し……仕事を減らしていただければ……それだけで……」


ポン


乃々「え……?」


輝子「ボノノさん……」

乃々「は、はい……?」

輝子「私は…ボノノさんはシンデレラガールになれるボノノさんだと思うぜ……!」

まゆ「同感です♪ 乃々ちゃんだって、こんなに魅力的なんですから」ナデナデ


乃々「え……?」


まゆ「……あら、もう公表される時間ですねぇ。ちょっと出遅れてしまいましたけど、私達も一緒に見に……」


バァン!!


乃々「ひっ」ビクッ
6: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:20:21.41 ID:LB+660Fk0
「乃々はいるかッ!?」

乃々「えっ……えっ? 美玲さん……?」

美玲「ここにいたか乃々ッ! 結果見ろ! オマエやるじゃないかッ!?」

乃々「え、え、え、えええ…?」


輝子「こ、これは本当に……?」

まゆ「みたいですねえ。…いざ知るとなると、やっぱり少し悔しいですけどね」

輝子「私達は何位だろうな……」

まゆ「楽しみですねぇ」


バァンッ!!!


P「森久保ォ! これを見ろォ!!」ビシッ


乃々「え……こ、これは……」
7: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:22:05.27 ID:LB+660Fk0


第五回シンデレラガール総選挙 最終結果


第一位


森久保乃々



P「―――お前がシンデレラガールだ森久保ォ!!!」


8: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:22:41.03 ID:LB+660Fk0
乃々「はひっ!? え、な、どうゆ」

P「全員集合ォ! 森久保を胴上げするぞォ!!」


「「「応っ!!!」」」


P「森久保は多分意地でも机の脚にしがみつくだろうから机ごと胴上げするぞォ!! ケガするなよォ!!」


「「「YEAAAAAAH!!!」」」


乃々「え、何ですか皆さん集まってなんでもりくぼのいる机をみんなして持ち上げてえええ浮いて何するんですかあ、あ、あ、あああああ」
9: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:23:44.37 ID:LB+660Fk0
「……」スッ

乃々「え、あ、あなたは……」


凛「おめでとう、乃々」

凛「ドリームステアウェイの乃々、すごくカッコよかったよ」

凛「……もしかしたら、って思ってた」


乃々「……凛さん……?」


P「行くぞォ!! ワーッショイ!!」


「「「ワーッショイ!!!」」」


美穂「わっしょい!!」


蘭子「わっしょーい!!」


乃々「ひいいいいいいい!!?? まって死ぬ死にます凛さんも美穂さんも喜々として参加しないでくださいまゆさんキノコさんたすけ」ヒューン


まゆ「わっしょい!」


輝子「コオオオングラッチュレエショオオオオオン!! ワッショーイ!!! オオオオニナラタケエエエエエ!!!!」


乃々「むうううううりいいいいいいい!!」ヒューン


――――――――――――――――――――
10: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:24:29.09 ID:LB+660Fk0
――――――――――――――――――――


~シンデレラガール授賞式~


ちひろ「おめでとうございます、乃々ちゃん♪」スッ

乃々「あ……えあ……あう……」ガクガクガクガクガク

乃々(人がいっぱいいっぱい見てるもりくぼを見てるやめてください見ないでくださいもりくぼはそんな注目されるような人じゃうああああああああ)

ちひろ「……ふふっ」


ちひろ「……すごいでしょう、乃々ちゃん?」

乃々「……え……な、何がですか……」ガクガクブルブル

ちひろ「乃々ちゃん、いつも自分のことを価値がないような言い方しますけど……」

ちひろ「そんな乃々ちゃんがシンデレラガールになれたのは、乃々ちゃんがちゃんと……」

ちひろ「応援してくれるファンや、見てくれる仲間達……」

ちひろ「そんな人たちの期待に応えようと、ちゃんと向き合い続けたからです」



ちひろ「みんな、そんな乃々ちゃんが大好きなんですよ」


11: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:27:00.24 ID:LB+660Fk0
乃々「……!」

ちひろ「…さあ。今乃々ちゃんが思ってる事、目の前の皆に言ってあげてください」トン

乃々「え、あ、あっ……」グラッ



シン……



「「「……」」」



乃々「あ……えっと、その……」
12: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:38:16.27 ID:LB+660Fk0
乃々「え、えっと……」


乃々「……もりくぼは、今のこの瞬間を……まだ夢か何かだと思ってます……」

乃々「だ、だって……もりくぼはそんな器じゃないですし……皆を押しのけてトップに立てるようなアイドルなんかじゃないですし……」

乃々「信じられないです。もりくぼのどこを応援してくれるのか、全然わからないです……」


乃々「……ただ……」


乃々「……本当にいるんですよね……? こんなもりくぼを応援してくれる人が、本当にこんなにいるんですよね……?」

乃々「もりくぼなんかを愛してくれる人が、こんなにもいるんですよね……?」
13: ◆AyvLkOoV8s 2016/04/07(木) 22:39:14.78 ID:LB+660Fk0
輝子「……」

まゆ「……」

美玲「……」

P「……」


乃々「えっと……もりくぼなんかよりも、魅力的な人はたくさんいます……」

乃々「もりくぼなんか見てないで、色んなアイドルの人を見て欲しいです……」

乃々「どの人も、すごいアイドルばかりですから……」

乃々「……で、でも」


乃々「もりくぼのことを応援してくれて……支えてくれて……」

乃々「そんな皆さんをガッカリさせるのは……嫌ですから……」

乃々「そんな人たちのために……もりくぼは……!!」

乃々「ちゃんと、輝きます……!!」


乃々「みっ……皆さん……もりくぼのこと、ちゃんと見てくれて……!」





輝子(……お)

まゆ(今、一瞬だけど……)

美玲(……何だよ、そういう顔も出来るんじゃないか!)


P「……うん」
14: 森久保乃々 2016/04/07(木) 22:39:49.70 ID:LB+660Fk0









乃々「本当に、ありがとうございました……!!」










P「―――いい笑顔じゃないか」

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク