幸子「あ、まゆさん。そこの胡椒とってください」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:00:44.58 ID:68Gt0uJC0
まゆ「はいどうぞ」

幸子「ありがとうございます」

まゆ「・・・・どうですかぁ、勝負に勝ったあとのA5ランクの黒毛和牛は」

幸子「最高ですねぇ!」フフーン

乃々「絶品なんですけど・・・・」

輝子「こ、この付け合せのマッシュルームも・・・なかなか・・・ふひ」

卯月「ゴチになります、まゆちゃん!」ブイッ

まゆ「いいんですよ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459504844
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:06:07.15 ID:68Gt0uJC0
卯月「いやあ、しかし、本当に国士無双がでるとは思わなかったですね」

幸子「当然です!だってボクはカワイイですからね!」

輝子「特訓したかいがあったね・・・」

幸子「杏さんには感謝です」

乃々「杏さんもサマが上手なんですけど・・・・」

まゆ「え!?もしかして幸子ちゃん、サマを・・・」

卯月「気づいてなかったんですか?」

まゆ「どおりで・・・・どおりで・・・・」

幸子「いやぁ~、美味しいですねぇー!」モニュモニュモニュ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:13:39.93 ID:68Gt0uJC0
幸子「ん?・・・あれ、あそこにいるの美波さんじゃないですか?」

まゆ「え?」

卯月「本当ですね。アーニャちゃんもいます」

幸子「呼んでみましょうか。おー・・んむぐぃ!?」

卯月「待ってください。なんだか様子が変です!」

幸子「ぷはぁ!・・・・なにも口を塞ぐのにおしぼり突っ込むことはないじゃないですか!」

卯月「すみません、つい癖で・・・」

幸子「どんな癖ですか・・・」

卯月「島村卯月サイコパス運動の弊害です」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:24:00.63 ID:68Gt0uJC0
まゆ「美波さん、なんだかいつもよりお腹がぽっこりしているような」

乃々「便秘ですかね・・・」

輝子「便秘であんなに膨らむのか・・・?」

まゆ「酷い便秘の人はそうなるみたいですよぉ?」

卯月「うーん、でも便秘というよりかはむしろ・・・」

幸子「ま、まさか・・・妊娠!?」

まゆ「ええっ!?」

輝子「あ、相手は・・・?」

まゆ「まさか・・・・Pさん!?」

乃々「あの変態童貞クソサイコ童貞にそんなことできると思えないんですけど・・・」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:30:39.00 ID:68Gt0uJC0
輝子「美波さん、ステーキ食べてるぞ・・・あ、吐いた」

卯月「これは間違いなく妊娠してますね!」

幸子「妊娠中によくステーキを食べにこようなんて思いましたねぇ」

卯月「ああ見えて肉食系ですからね、美波ちゃん」

乃々「いつも事務所で焼肉たべてるんですけど・・・」

まゆ「あれ、やめてもらえないですかねぇ」

幸子「とりあえず明日、Pさんに聞いてみましょう」

卯月「じゃあ、まゆちゃん、お会計おねがいしますね」

輝子「ごちそうさまでした」

乃々「美味しかったんですけど・・・」

まゆ「五万か・・・・高いなあ・・・」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:38:13.98 ID:68Gt0uJC0
翌日 事務所

P「美波が妊娠!?」

幸子「はい」

まゆ「相手はPさんなんじゃないかって」

P「そんなわけないだろ!俺は千枝のパンツは盗むが、アイドルと性的な関係は結ばないぞ」

早苗「はーい、10時24分。手ぇ、出して」

P「違うんです」

卯月「やっぱり童貞は童貞でしたね!」

P「童貞じゃねえって」

幸子「それ、ロケ先の動物園のヤギのことカウントしてます?あれ見た蘭子さんが泡吹いて倒れて大変だったんですからね?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:52:47.48 ID:grLVsuMnO
ヤギで童貞捨てたのか
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 19:55:46.43 ID:68Gt0uJC0
卯月「うーん、相手がPさんじゃないとすれば、一体誰なんでしょう」

幸子「大学とかテレビ局の人とかだともうわからないですね」

P「お前ら、なんでそんなに美波の相手を知りたがるんだよ」

まゆ「だって力になってあげたいじゃないですかぁ」

P「けっ!友情ごっこかよ」

まゆ「早苗さん、連れて行ってください」

P「あっ、違うんだ。待て、待ってください!どこへ連れて行くつもりだ!」

早苗「特訓ルームよ」

P「や、やめろおおおおおお!!!!もうあそこは嫌だああああああああ!!!!」

乃々「さっさと歩け」

P「やあああああだあああああああ!!!!!もう俺のケツは限界なんだあああああああ膿がでてるんだああああああああ・・・・」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:00:45.09 ID:68Gt0uJC0
幸子「もうこうなったら本人に直接聞いちゃいましょう」

卯月「弟とヤッたんだろ、って?」

幸子「そうです」

輝子「そうなのか・・・」

幸子「だって他に妊娠の可能性があるとすれば、もうそれしかないじゃないですか」

まゆ「うーん・・・」

幸子「ボク嫌ですよ?薄い本みたいに汚いオッサンにペットにされてる美波さんなんて」

幸子「まだ弟との健全なプレイのほうがいいじゃないですか!」

乃々「健全ではないんですけど・・・」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:07:29.28 ID:68Gt0uJC0
休憩室

卯月「美波ちゃーん、アーニャちゃーん!」シマシマシマ

美波「あら、卯月ちゃん」

アーニャ「チョールトですね、卯月」

まゆ「単刀直入に聞きます」

幸子「弟とヤりましたね?」

乃々「それともオッサンですか・・・ペットにされてるとかむぅーりぃー・・・」

輝子「き、気持ちよかった・・・?ふひひ・・・」

美波「正座なさい」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:13:47.22 ID:68Gt0uJC0
美波「一体いきなりどうしたの、みんな」

幸子「だって美波さん、それ・・・」

美波「ああ、このお腹のこと・・・だからか」

卯月「やっぱり・・・」

美波「うん・・・六ヶ月」

まゆ「うわぁー、本当に妊娠だったんですねぇ」

乃々「あ、相手は・・・・?」

美波「アーニャちゃんよ」

卯月「は?」

幸子「ニッターニャだあ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:21:47.22 ID:68Gt0uJC0
まゆ「アーニャちゃんに生えてたなんて・・・」

輝子「それはそれで・・・」

アーニャ「アー、みなさん、誤解、してますね」

卯月「誤解?」

アーニャ「ダー。ミナミィは、想像妊娠、してますね」

幸子「なんと、美波さんのアナスタシア愛がそれほどとは・・・」

卯月「結構ヤバかったんですねぇ。おっと口が滑った」

美波「卯月ちゃんは正座二時間追加ね」

卯月「頑張ります!ぶいっ!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:31:12.66 ID:68Gt0uJC0
幸子「どうするんですか、それ」

美波「産むわ」

乃々「産むもなにも、誤解と狂気しか産んでないんですけど・・・」

卯月「やっぱりヤバいですって」

まゆ「アーニャちゃんはいいの?」

アーニャ「ドゥラク。ミナミィに任せます」

まゆ「そうですかぁ・・・」

幸子「だったらボク達も協力しますよ!ね、みなさん?」

輝子「えっ、ああ、うん」

美波「みんな、ありがとう!」

アーニャ「カプースタ!」

卯月「私達がロシア語わからないと思って悪口言うのやめてもらっていいですかね」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:57:59.66 ID:68Gt0uJC0
乃々「でも協力って・・・?」

卯月「心配ご無用!こんなこともあろうかと先生をお呼びしました!」

輝子「先生・・・?」

卯月「先生ー、おねがいしまーす!」


<オレノムネニハ アカイイナズマアアアア!!!!!

まゆ「こ、この入場曲と、ハンドルが死ぬほど上に曲がったママチャリ・・・!」

幸子「ま、まさか・・・!」

拓海「アクセル全快環七フィーバー」

乃々「開幕ブッパのタク・・・!」

拓海「待たせたな」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:04:36.97 ID:68Gt0uJC0
幸子「どうしたんですか、そんなクソダサいチャリンコ乗って。今日び中学生でも乗りませんよ?」

拓海「カッコいいだろうが。ほれみろ、金色に塗ってやったんだ」

幸子「クソダセえ」

まゆ「なんで拓海さんを呼んだんですか?」

卯月「これから生まれてくる赤ちゃんのお世話を想定して・・」

卯月「赤ちゃんのプロである拓海ちゃんに指導していただきます!」シマムー

乃々「赤ちゃんのプロ?」

卯月「丁度あそこに仁奈ちゃんがいますね?」

輝子「う、うん・・・」

卯月「では、先生お願いします」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:11:25.80 ID:68Gt0uJC0
拓海「おーい!」

仁奈「あれ?拓海おねーさん、どうしたでごぜーますか?」

拓海「仁奈ままぁ~」デレェ

仁奈「拓海おねーさん、今日も赤ちゃんの気持ちでごぜーますか?」

拓海「ばっぶばっぶ♪」

仁奈「仕方ねーですね。おー、よちよち」

拓海「きゃっきゃっきゃ♪」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:17:18.81 ID:68Gt0uJC0
卯月「That's it」

まゆ「いや、駄目でしょ」

輝子「赤ちゃんのプロってそっちかぁ・・・」

幸子「こういうのは美嘉さんの役目じゃないんですか?」

乃々「色んな闇を感じるんですけど・・・」

卯月「じゃあ今度は美波さんが拓海ちゃんをあやす番です!」

美波「死ぬほど嫌だなあ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:28:43.15 ID:68Gt0uJC0
美波「た、拓海ちゃーん・・・・」

拓海「おう」

美波「ほ、ほーらよしよし・・・」

拓海「・・・・・」ホジホジ

美波「あ、あれー?」

卯月「どうしたんですか、拓海ちゃん?」

拓海「悪ィ、アタシ、中学生までしかダメなんだ」

卯月「そ、そんなぁ・・・!」

幸子「ええ?じゃあボクが試しに・・・」ナデナデ

拓海「バブみ」プッシャー

幸子「うわあ!?何ですかこれ」

拓海「赤ちゃんだからな。当然お漏らしもする」ジョボジョボジョボ

輝子「ヤベぇ!!!メタルだ!!!!!!」ヒャッハー

拓海「おしめ交換よろしく」バブバブバブ

幸子「ひええぇぇぇ・・・」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:42:31.69 ID:68Gt0uJC0
拓海「ふぅ・・・」スッキリ

幸子「拓海さんの頭は撫でません、エバー、ネバー」

卯月「以上で赤ちゃん研修は終了です。なにか質問は?」

アーニャ「この世界に救いはないのですか?」

卯月「ありません。狂気が全てです。マッドマックスです」

拓海「V8!V8!V8!V8!」

まゆ「ウィットネーーース!!!」

輝子「ヒャッハアアアアアアアアア!!!!」ドジャーーーン  ゴオオオオ

幸子「とりあえず今日は帰ります」

美波「帰って」

乃々「明日またじっくり話しましょう・・・」

美波「帰って」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:49:11.33 ID:68Gt0uJC0
次の日

美波「おはようございます」

幸子「おはようございます・・・昨日よりもお腹大きくなってませんか?」

美波「昨日破水したわ」

乃々「何が破れたっていうんですか・・・」

美波「でも、全然産まれてくる気配がないのよねぇ」

まゆ「あんまり長いことこのままだと、美波さんの身体が危ないですねぇ・・・」

卯月「危ないのは頭じゃないですか?」

美波「卯月ちゃんに言われたくないなぁ」

アーニャ「・・・・」

幸子「どうしたんですか、アーニャさん。さっきからずっと黙ってますけど」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:51:59.47 ID:68Gt0uJC0
アーニャ「・・・このままではミナミィが危ない、ですね」

美波「アーニャちゃん・・・」

アーニャ「決断するしかないようです」

輝子「け、決断・・・?」

アーニャ「ミナミィのお腹を切って、赤ちゃんをとりだします!」

まゆ「そ、それって・・・!」

アーニャ「ミナミの帝王切開です」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:58:41.37 ID:68Gt0uJC0
幸子「そ、そんな・・・お腹を切るなんて・・・!」

卯月「美波ちゃんはアイドルなんですよ!水着グラビアが撮れなくなっちゃいます!」

乃々「全国の童貞が悲しむんですけど・・・」

アーニャ「グラビアだけがアイドルの仕事じゃないですね。それに、ミナミィの命には変えられません」

輝子「み、美波さんは・・・どう思ってるの・・・?」

美波「・・・・・・やるわ」

アーニャ「ミナミィ・・・」

美波「アーニャちゃんがここまで思ってくれて、言ってくれたんだもの。新田美波、帝王切開します!」

アーニャ「ミナミィ!」

美波「アーニャちゃん!」

卯月「いい話ですねぇ・・・帰りましょうか!」

幸子「帰るんですか!?」

まゆ「せっかくだし、もうちょっとお手伝いしましょうよぉ・・・」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:04:27.45 ID:68Gt0uJC0
手術室

幸子「ここの事務所って手術室なんかあったんですねぇ」

輝子「元々、廃病院だったらしい・・・・」

アーニャ「頑張ってください、ミナミィ!」

美波「うん、私頑張るね!」

まゆ「では、麻酔かけますねぇ・・・一緒に数を数えてください」

まゆ「ひとーつ、ふたーつ、みーっつ、よーっつ・・・」

卯月「まゆちゃん、麻酔なんか取り扱えるんですね」

アーニャ「万能ですね」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:14:30.80 ID:68Gt0uJC0
まゆ「ななーつ、やーっつ、ここのーつ、とお」

乃々「!!!」ビクンビクンビクン

輝子「ど、どうしたの・・・!?」

乃々「き、気にしないでください・・・。催眠オナニーの弊害なんですけど・・・」ハァハァ

卯月「なかなかマニアックですね!」

美波「スゥ・・・・スゥ・・・・」

まゆ「はい、麻酔効きました」

まゆ「これより手術を開始します。メス」

幸子「はい」

まゆ「・・・・あれぇ?中に誰もいませんよぉ・・・?」

卯月「そりゃあ、想像妊娠ですからね」

幸子「そういえばそうでしたね」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:32:54.06 ID:68Gt0uJC0
輝子「切った意味あったのか・・・?」

まゆ「帝王切開して、これは想像妊娠でしたっていう証明をしないと、美波さんの脳が納得をしないんですよ」

卯月「なぁるほどぉー!」

まゆ「さて、では結合を・・・って、あれ?」

アーニャ「どうしましたか?」

まゆ「こ、これは・・・」

幸子「け、煙が・・・!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:42:07.74 ID:68Gt0uJC0
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

幸子「その時、ボク達は見たんです。美波さんの開いたお腹から・・・・でてきた煙を・・・」

幸子「あれはきっと・・・美波さんのアーニャさんへの愛・・・だったんじゃないかなって思います」

幸子「アーニャさんへの思いが、魂となって・・・・出てきたんじゃないかな・・・・」

文香「は、はぁ・・・」




美波の夏  完
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:43:07.74 ID:68Gt0uJC0
これにて終了です

ちひろさんの歌が聴ける日がくるなんてなあ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 23:16:17.06 ID:0EQutSvm0
前作これ↓かな?

P「全裸の幸子が廊下で死ぬほど泣いてる」


だとしたら幸子成長したな
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 23:24:36.23 ID:68Gt0uJC0
>>33
はい、それですー
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 23:41:49.79 ID:4abB7688O
乙です
キャラ崩壊好き

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク