男「ノンケ女ちゃんを犯す」レズ女「えっ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:52:08.39 ID:iea3TC7O0

レズ女「今、なんて」

男「俺達の幼馴染、ノンケ女ちゃんを犯すと、そう言った」

レズ女「……なに言ってんの。そんなこと」

男「先週、告白された」

レズ女「!!」

男「だから」

レズ女「そ、そんなっ」

男「……悔しそうだな」

レズ女「…………」

男「安心しろよ。あいつを犯すのは俺じゃない」

レズ女「は……?」



男「お前だよ、レズ女」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458823928
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:52:41.37 ID:iea3TC7O0
レズ女「な、なに言って」

男「お前、あいつのこと好きだろ」

レズ女「ち、ちがっ」

男「放課後」

レズ女「!?」

男「ノンケ女のリコーダーを、ぺろぺろちゅぱちゅぱぺろぺろ」

レズ女「ぁ、ぁあ」

男「してたのは、誰だったかな」

レズ女「しら、ないっ」

男「へぇ、じゃあ水泳の授業のとき、あいつの着替えをとったのは」

レズ女「ち、違うっ! あのパンツは私じゃっ」

男「俺はパンツだなんて一言も言ってないぞ」

レズ女「っ!!」

男「……はいて帰っただろう」

レズ女「…………どうして、あんたが、そ、そんなこと」

男「好きだったからな」

レズ女「じゃ、じゃあ! あんたが犯せばいいじゃない! 告白されたんでしょ!? 普通に付き合って、えっちしたらいいじゃ」

男「俺はな」


男「レズプレイが好きなんだよ」

レズ女「……はぁ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:53:17.83 ID:iea3TC7O0
男「お前があいつを襲うのを今か今かと待っていたが……結局お前は、そんな度胸のないまま」

レズ女「くっ……」

男「あげく俺があいつから告白される始末だ」

レズ女「……だからって」

男「これはチャンスだ。そうだろ?」

レズ女「それはっ……でも」

男「俺があいつとすると見せかけ、裸にひん剥いて縛ってやる。……あとはお前が、好きにしろ。俺はそれを見て楽しむ」

レズ女「そ、んなことっできるわけ……」

男「二度とないチャンスだぞ」

レズ女「……わたし、は」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:54:29.81 ID:iea3TC7O0
……


ノンケ女「んっ……男くん」

男「脱がすぞ」

ノンケ女「や……電気消して」

男「……」

パチッ


あっや、男くんっ、ん

きれいだよ。お前のここ

やぁあ! だめっあっ


ガタンッ

パチッ

ノンケ女「!? な、なに!?」

レズ女「……」

ノンケ女「レズ女ちゃん!? どうしてここに」

レズ女「…………ごめんね」

ノンケ女「えっ、なに言っ……んんっ!?」

レズ女「ぷはぁ、ごめん……ごめんね」クチュッ

ノンケ女「やっ! どこさわっ、いやぁ! なんで! なんでこんなことっ」

レズ女「ノンケ女ちゃんっ」ペロペロッ

ノンケ女「いやぁあ……なんでぇ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:55:34.46 ID:iea3TC7O0
ギシッ ギシッ

レズ女「はぁっはっ、ぁっきもち、ぃ」スリッスリ、ヌチャッ

ノンケ女「ぁうっ、ぅ、やめっ」

レズ女「かわいい、かわいいよ、ノンケ女ちゃんっノンケ女っ」ズッズッ

ノンケ女「ぅ、ぅう、う……」ギュッ

レズ女「! ノンケ女ちゃん……」



男「よくやった。そのままでな」

レズ女「!? あんた、なに言っ」

ノンケ女「はい」

レズ女「!?」

男「いくぞ……んっ」ズズッ

レズ女「ひっ!? いやっなにしっ、やめて!!!」

男「すっげー濡れてんな、ひくついて、吸いついてくる……そんなにこれが欲しいか」

レズ女「いらない!! いらないぃい!!」

男「くれてやる、よっ」ズブゥ

レズ女「あっ!!?!? が、ぁ、いっ」ガクッガクッ

男「おぉ、すげー締めつけ。ぬるぬるであったかいし、最高に気持ちいいぞ、お前の中」

レズ女「ぁ、い、いた、い……なん、でぇ」グスッ

男「泣き顔もきれいだ。あー我慢できない。動くぞ」ズッ…チュ

レズ女「ぁひぃっ!? や! ゃだぁ!! やめっぁあ!!」

男「あぁ、すっげ、ほんといい」ズチュッズチュッ

レズ女「ぁぐっ、ぅ、ぁっ、あっ! あぁっ」

ノンケ女「わーすっごい、ずっぽり入ってる」スリスリ

レズ女「いっ!? やぁあ! さわん、ないでぇっ」

男「おっ、中がうねって気持ちいい。もっとやってくれ」

ノンケ女「はいはい。こっちもいじってあげるねー」クリックリッ

レズ女「あっ!! あっあっやぁっ! やぁああっ!!」ガクッガクッガクッ

男「あぁーもう出る。出すぞ」パンッパンッパンッ

レズ女「!!? やっ、やだぁあああ!! や、ぬいっ」

男「あぐっ……あぁーっ」

ビュクッ ビュクッ

レズ女「あっ、ぁ……ぅ…………そん、な……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:56:15.43 ID:iea3TC7O0
ノンケ女「レズ女ちゃん気持ちよさそー」

レズ女「ぅっ、ちが、ぅ……ちがぅう」グスッグスッ

男「なに言ってやがる。散々よがっといて」

レズ女「……っ」キッ

男「涙でぼろぼろの顔で睨むの最高。そのまま口でしてくれるか?」

レズ女「……近づけたら、噛み千切ってやる」

ノンケ女「あはは、こわーい」

レズ女「なんで……なんでこんなことっ」

男「言ったろ。好きだって」

レズ女「それは…………っ!?」

男「やっと気づいたか。ほんと、鈍感なやつ」

レズ女「だって、でもっうそっ」

男「ほんとだ」

レズ女「うそでしょ!? ならこんなひどいことっ」

男「お前だって、好きなひとを犯そうとしたろ? 他人の手を借りて、自分勝手に」

レズ女「そ、それは」

男「ノンケ女がやめてって言って、お前はやめたのか?」

レズ女「……」

ノンケ女「レズ女ちゃんひどーい」

レズ女「わ、わた……わたし、は……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:57:33.33 ID:iea3TC7O0
レズ女「で、でもっじゃあ! じゃあなんでノンケ女ちゃんは、こんなやつに協力をっ」

ノンケ女「…………ある組織の命令でね」

レズ女「は……?」

男「そもそも、この計画自体、その組織に提案されたものだ」

ノンケ女「……少子化対策委員会」

レズ女「なに言ってんの……?」

男「委員会は同性愛者を探り、その同性愛者のことを好きな異性と、その同性愛者が好きな同性に、この方法を提案している」

レズ女「なに言っ……なに言ってんの!?」

ノンケ女「少子化対策だよ」

男「少子化対策だ。お前にはこれから、俺の子を孕むまでえっちし続けてもらう」

レズ女「ふ、ふざけないで!! 誰がそんなっ」

男「映像をとってある。ばら撒かれたくはないだろう?」

レズ女「こ、こんな、こんなことっ」

男「悪いのは子供を産まないレズだ。自分を恨むんだな」

レズ女「わ、悪いのはっノンケなのに結婚もせず、子供も産まないやつらでしょ!?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:58:18.53 ID:iea3TC7O0
男「そーいうやつらへの対策もしてるだろうけどな」

レズ女「こんな、こんなことしたって、レズじゃなくなるわけじゃない……同性愛者を排斥してもっ同性愛者がノンケになるわけじゃない!!」

ノンケ女「そーかなぁ」

レズ女「ノンケ女ちゃん……?」

ノンケ女「同性愛者が生まれつきなら、遺伝によるものなら、とっくになくなってるハズだよね。子供を残せないし。つまり、環境による部分も大きいんじゃない? なら社会が同性愛に寛容かどうかは、その数に大きく影響するんじゃ」

レズ女「わたしは生まれつき女の子が好きだ!!」

男「ほんとにそうか?」

レズ女「なにをっ」

男「なにかをきっかけに、同性を好きだと認識して……それ以来、自分は生まれつき同性が好きだ、と勘違いしている可能性は、否定できないだろ?」

レズ女「それ、は……」

男「同性愛がタブー視されていれば、きっかけを得ることなく、異性愛者として育っていたかもしれない。……なんにせよ、種の存続に反する存在を、排斥しようとする。排斥するようにできているのは、生物の定めだ。……結局お前は、世の中を恨むしかない」

レズ女「ぅ、ぅうっ」

男「時間はある。たっぷり調教してやるよ……一人目を産んでも、二人目、三人目……ずーっと、俺専用のえろ奴隷にしてやる」

レズ女「ぅううぅ、いやぁ……いゃぁあ」



「待ちなさい!!!」

男「!? 誰だっ!」

「私は……そう」


レズ男「レズ男よ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:58:45.72 ID:iea3TC7O0
ノンケ女「レズ男!?」

レズ男「私はレズよ」

男「お前男じゃねぇか!!」

レズ男「私の心は女よ」

ノンケ女「!?」

レズ男「でも女の子が好きなの」

男「なんだこいつ!?」

レズ女「えっ? え? なに? なに?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:59:37.80 ID:iea3TC7O0
レズ男「あなたたちは間違っているわ!!」

男「な、なんだと」

レズ男「種の存続なんて……どうだっていい!!」

ノンケ女「!?!?」

レズ男「全ては愛よ!!!!」

男「なんなんだよこいつ!!」

レズ男「愛をけがした者には……」


レズ男「天誅一発!!!!」ズボォオ!!

男「ぐわぁあああああああああ!!!!!?????」

ノンケ女「いやぁあ! 男くんっ! 男くん!!」

レズ男「愛の痛みを知れ!!!!」ズンッズンッズン

男「てめぇええ!! ホモじゃねぇかぁああ!!!」

レズ男「違う私はレズよ!! でも今は心を鬼にしてあなたを掘っているの」ズンッズンッ

男「なにいっなに言ってやめっやめっろぉおおっ!!」ガクガクッ

レズ男「うっ…………ふう」

ドピュ


ドサァ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:00:32.63 ID:iea3TC7O0
レズ男「……さて次は」

ノンケ女「ひぃい!! いやぁああ!!」


レズ女「ゃめっ……やめなさい!!」

レズ男「あなた……」

レズ女「ノンケ女ちゃんに……手を出さないで……わたしが、悪いんだから……やるならっ、わた……わたしをっ」

ノンケ女「レズ女ちゃん……」

レズ男「…………分かったわ、一発やってあげる」

レズ女「っ……」



レズ男「……」ピンッ

レズ女「いたっ……え?」

ノンケ女「デコピン……?」

レズ男「一発は一発よ」

レズ女「…………たすかっ……たの?」

レズ男「異性愛者でも、同性愛者でも、どっちだっていい。けどね」

レズ男「好きな人の気持ちも考えられないようじゃ、だめよ」

レズ女「!! ……は、はい」

レズ男「じゃあね、レズ女さん。同じレズとして、応援してるわ」

スタスタスタ……



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:01:58.67 ID:iea3TC7O0
レズ女「……ノンケ女ちゃん」

ノンケ女「……」

レズ女「ごめんね、わたし」

ノンケ女「ううん……もういい、もういいの」

レズ女「ノンケ女ちゃん!」ギュッ

ノンケ女「レズ女ちゃん!!」ギュッ





こうして、日本は少子化の一途を辿るのであった。


おわり。


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:05:37.12 ID:nEGbD0CoO
めでたしめでたし
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:30:43.42 ID:iV4XuNlH0
????????
!!!!!!!????????
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:32:13.74 ID:oeeqZooVO
やばいわけわかんねえ

関連記事

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

きしょい・・・


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク