幼女「クズでヘタレのヘンタイロリコン野郎!!」男「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:06:55.79 ID:CWT2JPg00


男「……」

幼女「……」

男(……気のせい、か?)

幼女「トイレありがと」

男「あ、あぁ」

幼女「いやーもうダメかと思った。もうぜったいもれると思った」

男「あぁ、ドアがんがん叩きながら『おしっこぉおおおおお!!』って絶叫連呼されたときは、こっちももうダメかと思った」

幼女「いやーほんと良かった」


幼女「親切なロリコン野郎がいて」

男「おい」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1459516015
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:07:51.00 ID:CWT2JPg00
男「なに言ってんのお前」

幼女「?」

男「可愛らしく小首かしげんな」

幼女「だっておっさんロリコンクソ野郎でしょ」

男「」

男「おっさんじゃなくてお兄さんな」

幼女「えぇ?」

男「まだ二十歳だぞ」

幼女「おっさんじゃん」

男「あとロリコンでもないからな」

幼女「おっさんロリコンの上にうそつきか」

男「」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:08:33.15 ID:CWT2JPg00
幼女「ロリコンでもないのにいきなりトイレかしてくれるわけない」

男「いや俺だって普通はかさねーよ。お前がうちの前でおしっこ絶叫連呼しやがるから」

幼女「つれこんでえっちなことする気なんでしょ」

男「しねーよ」

幼女「なんだそのたいど幼女を前にして!!」

幼女「それでもロリコンか!!!!」

男「違ぇよ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:09:05.72 ID:CWT2JPg00
幼女「ケーサツ呼ぶぞこら!」

男「呼べよ。んでとっとと家に送ってもらえ」

幼女「……いいのかな」

男「なに?」

幼女「今ケーサツを呼べば困るのはおっさんだぞ」

男「お兄さんな」

幼女「わたしは今パンツをはいていない!!!」

男「!?」

幼女「トイレでぬいだままだ」

男「いや……はやくはけよ」

幼女「わたしがパンツをはいていない状態で、ケーサツが来たら……どーなる?」

男「……!」

幼女「……」


幼女「……どーなる?」

男「知らねぇよ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:09:47.99 ID:CWT2JPg00
幼女「わたしが、おっさんにえっちなことされたって言ったら、どーなる?」

男「俺はお兄さんだから関係ないな」

幼女「おっさんはつかまる」

男「……」

幼女「そうなりたくなかったら」


幼女「……わたしを飼って」

男「…………は?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:10:51.07 ID:CWT2JPg00
幼女「幼女飼育とかサイコーだろゴミクズウンコロリコン野郎」

男「俺はロリコンじゃねぇしサイテーだなおしっこ幼女」

幼女「まぁとにかくおっさんは、わたしの言いなりになるしかない」

男「んなわけねぇだろ。さっさと帰れ」

幼女「ちかんは女の子の言うことがほとんど絶対信じられる」

男「……」

幼女「まして、こんな小さな女の子が、ウソをつくわけがない。そうせけんは思う」

男「……」

幼女「だから」

男「しろよ」

幼女「!」

男「通報、していいぞ」

幼女「……」

男「しないなら俺が通報してやる。家出した女の子が不法侵入して騒いでるってな」

幼女「っ……やめて!!!」ガバッ

男「うおっ!? なにすんだっ」

幼女「おねがいっ! おねがいだからっおねがい……!」

男「……なんだよ、ったく」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:12:09.01 ID:CWT2JPg00
……

男「とりあえず話だけは聞いてやる」

幼女「……うん」

男「家出かなんかだろ。なにがあった?」

幼女「えっと…………」

男「……」

幼女「…………ぶたれるの」

男「……親にか」

幼女「……」コクン

男「……じゃあ、それこそ警察に通報だ。それから児童相談所に」

幼女「前に家出したとき」

男「ん?」

幼女「ケーサツを呼ばれて、家につれかえられた」

男「……」

幼女「もっといっぱいぶたれた。はじをかかすな、って」

男「…………児童相談所は」

幼女「きてくれた。ほごしますって。でも……」

男「……親が追い返したのか?」

幼女「……」コクン

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:13:05.51 ID:CWT2JPg00
男「……虐待するくせに世間体気にして、手放そうともしないのか。……そりゃ確かに厄介だ」

幼女「せんせーやともだちにも、言ったの」

男「……そうか」

幼女「でもっ、でもそしたらも、もっと、ぶつ、の」

男「分かったもういい。もういいから」

幼女「ぅぐ、っ、う」

男「……」

男「とりあえず、俺は仕事に行かなきゃならん」

幼女「おっさんしごとあったのか!!」

男「ある。だから今日は、……今日だけは、ここにいていい」

幼女「わーい!」

男「今日だけだぞ。こっちだって余計なことで捕まりたくはねぇんだ。……だから、絶対、おとなしくしてろ」

幼女「はーい」

男「誰か来ても居留守しろ」

幼女「幼女がおしっこってさけびながらドアがんがん叩いても?」

男「そうだ。そんなやつにドアを絶っ対にあけちゃならん。無茶苦茶厄介なことに巻き込まれるからな」

幼女「はーい」

男「冷蔵庫にあるものは好きに飲み食いしていい。テレビも好きに見ろ。ただし外には絶対出るな」

幼女「はいはいはーい」

男「よろしい。んじゃ行ってくる」

幼女「はいはいはいはーい」

幼女「へっ」

幼女「ちょろっ」

男「おい」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:14:04.62 ID:CWT2JPg00
……

男「えぇ、そうです今すぐでないと間に合わなくて。はいすぐに。でないと刑事事件として起訴することになりますのではい。はい一時までに。はいではお願いします」

ピッ

男「……っと、次は」

同僚1「俺がここに息子でかけるから」

男「んじゃあ上司役を」

同僚2「あ、ちょい待ち」

男「ん?」

同僚2「マジモンの上司が」

コンコン

上司「よぅ、調子どう」

男「お疲れ様です!」

同僚1、2「「お疲れ様です!!」」

男「今日は二件、受け渡し済み。今一件完了で、受け子からの連絡待ちです」

上司「いいね。じゃんじゃん頼むよ。でさ、キミ」

男「私ですか」

上司「なんか、最近変わったことない」

男「……?」

男「特には」

上司「そう?」

男「はい」

上司「……」ジー

男「……」

上司「なら、いんだけどね」

上司「でも」


上司「幼女が押しかけてきたら良くしてやんなよ」

男「」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:15:04.72 ID:CWT2JPg00
男「はい? ……なせ突然幼女」

上司「つい最近、俺のとこに押しかけてきたやつがいてさ」

男「……幼女がですか?」

上司「そ。んでそいつ、殺して欲しいやつがいる、って、俺に頼んで来たわけ」

男「は、はは……命知らずですね」

上司「ん。そんだけ命知らずな度胸と根性があっても、親から逃げられんのだから、生まれってのは残酷なもんよな」

男「……」

上司「母親が新しい彼氏を連れ込んでから、らしい。それで」

男「その彼氏を」

上司「そ。こちとら殺し屋じゃないっつうにな」

男「まぁ見た目だけならどう見ても二、三十人やってますもんね」

上司「はっはっはっは!!」


上司「もっと多いよ」

男「はは……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:15:55.20 ID:CWT2JPg00
上司「こっちもヨソと揉めて忙しい時期にねぇ」

男「そうですね」

上司「だからよ」


上司「俺の部下にロリコンクソ野郎がいるからそいつのことに行けって」

男「ちょっと」


上司「そういうわけだから、幼女が来たら適当に遊んでやってよ」

男「カンベンして下さいよ……」

上司「いいじゃねぇか。ロリコンだろお前」

男「違います」

上司「うそつきだね、お前」

男「でなけりゃこんな仕事、やってませんよ」

上司「そりゃあそうだ。んじゃ、またな」

男「はい。では」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:16:46.25 ID:CWT2JPg00
……

ガチャッ

男「ただいま、っと」

男「……」


男「おーい」

男「いない」


男「トイレにも風呂場にも台所にもいない」

男「……帰ったか。まぁそれならそれで」カシュッ

ゴクッ


幼女「ばぁっ!!」

男「!?!?」ブフッ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:17:29.02 ID:CWT2JPg00
男「あぁあビールが」

幼女「おかえり」

男「なにしてくれてんのお前」

幼女「かくれんぼ」

男「いやそうじゃなくて」

幼女「クローゼットに入ってたの」

男「……」

幼女「おかえり」

男「ただいま」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:18:17.71 ID:CWT2JPg00
幼女「ビールだ」

男「ティッシュティッシュ」ガサゴソ

幼女「……」

ペロッ

男「あ、こら!」

幼女「にがっ」

男「お前にはこっちな」

幼女「ぎゅうにゅうだ」

男「ミルクだ」

幼女「お前幼女を子猫かなんかと思ってんのか」

男「いや」

幼女「ミルメーク入れろよ」

男「は?」

幼女「ミロでもいい」

男「うるせぇな。贅沢言わず飲め」

ゴクッゴク

幼女「ぷはぁ」

男「はぁ~」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:18:56.82 ID:CWT2JPg00
幼女「ごはんにする? おふろにする? それとも~?」

男「とりあえず風呂な」

幼女「ノリわるいなお前」

男「風呂というか、シャワーで済ませるけど。先入れ」

幼女「ロリコンのくせに」

男「なにがだよ」

幼女「おっさんが先入れ」

男「お兄さん。……まぁいいけど」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:20:00.97 ID:CWT2JPg00
ジャー

男「ったく、なんで俺がこんな」

男「……はぁ」

男「どっか預かってくれるとこ……いやそれこそ猫じゃねぇんだから」

幼女「にゃーん」

男「!?」ビクッ

幼女「かみ洗ってよ」

男「おま、なに入って来てんだお前」

幼女「いやーん」

男「……」

幼女「じろじろみるな」

男「じゃあ、目つぶっとけ」

幼女「はーい」

ワシャワシャ

男(……ガリガリだし、アザだらけじゃねぇか……なんだよ、これ)

幼女「ううー」

男(これはヤケドか? くそ……よくもまぁ服で見えないとこにだけ、こんなに)

幼女「目ぇしみるぅうう!!!」

男「つぶっとけっつったろうが!」ジャー

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:20:40.78 ID:CWT2JPg00
……

幼女「ぶかぶかだ」

男「俺の服だからな」

幼女「ノーパンだぞほれほれ」ピラッ

男「着替えぐらい持って家出しろっての」

幼女「おなかへった」

男「めし食ってはよ寝ろ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:21:17.36 ID:CWT2JPg00
……

幼女「ぐぅ……」

男「もう寝たのか……」

幼女「……すやぁ」

男「しかもベッドを占領して」

幼女「ぐごご……」

男「……仕方ない。ソファーか」

ガシッ

男「手を離せ」

幼女「…………いっしょ」

男「寝てたんじゃなかったのかこら」

幼女「……いっしょがいい」

男「……」

ボフッ

男「これでいいか?」

幼女「……うでまくらしろよ」

男「ほらよ」

幼女「へんなことするなよ……ロリコン」ギュッ

男「しねぇよ。はよ寝ろ」

幼女「…………ぅん」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:22:20.79 ID:CWT2JPg00

幼女「あさだ!!」

男「……zzZ」

幼女「あさだぁああああ!!」

男「うるせぇよ!!」ガバッ

男「騒いで近所に通報されたら、お前だって困るだろうに」

幼女「そういやそうだ」

男「朝飯くっておはスタ見てろ」

幼女「山ちゃんのいないおはスタなんて」

男「お前の年齢で言うことか。レイモンドも知らんくせに」

幼女「レイモンドって誰?」

男「レイモンドはドンファン使う人だろ」

幼女「?」

男「オーハー! レイモンドダヨー」

幼女「似てる!!」

男「知らないんじゃなかったのか」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:22:45.63 ID:CWT2JPg00
……

男「はい。必ず得をする仕組みになっておりまして。はい絶対です。えぇ、それが今日限りということで、偶然空きが出たので、そのキャンセルされたお客様からの推薦で、お電話させていただいておりますー。はい、はい」

男「それは個人情報になりますので。えぇ、もちろん断っていただいても構いません。他の方にチャンスが回るというだけですので。え? はい、そうですか。分かりました。ではまず振り込みの方を……」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:23:23.63 ID:CWT2JPg00
……

ガチャッ

男「ただいま」

幼女「ばぁっ!」

男「もう驚かねぇよ」

幼女「ちぇっ」

男「ほらパンツ」パサッ

幼女「!?」

幼女「どっからとってきたこのヘンタイロリコン下着ドロ!!」

男「違う。買ってきたんだ」

幼女「……パンツを?」

男「パンツを」

幼女「女の子のパンツを」

男「替えも含めて何枚もな」

幼女「つまり」

幼女「しゅうちプレイってやつだ」

男「お前のせいだからな」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:24:08.14 ID:CWT2JPg00
幼女「……!!」パサッ

幼女「な……なんだこれ!!」

男「だからパンツだろ」

幼女「なんか、なんかすごいぞ!」

幼女「てかてかのドピンクだったり、黒くてスケスケだったり!!」

男「言うほどじゃないだろ」

幼女「えっろ!!!」

幼女「ロリコンのくせにひどい」

男「なにが」

幼女「パンツのしゅみ」

男「趣味とかでなく、さすがに女児用を買ったら不審すぎるからな。彼女とかに買うていで買ったんだ。そのために大人用なわけ」

幼女「と見せかけて?」

男「見せかけない」

幼女「わたしにえっちなパンツはかせたかっただけ」

男「違うっつの」

幼女「ヘンタイロリコン野郎が大人パンツはかせて『へへへなかみも大人にしてやるぜへへへ』とか言ってくるよぉおお!!」

男「やめろってんだよそうやって騒ぐのぉおおお!!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:24:57.98 ID:CWT2JPg00
……

男(そうして、やかましい居候が住みついて、一週間)


幼女「まだ手を出さないとか、それでもロリコンか!!」

男「違うって言ってん」

幼女「ホモか!!!」

男「」

幼女「ホモなんだな」

男「なぜそうなる」

幼女「男はみんなロリコンかホモ」

男「は?」

幼女「ってせんせーが言ってた」

男「その先生やばいな。近づかんようにしろよ」

幼女「そのせんせー女の人だよ」

男「なに……?」

幼女「男はみんなロリコンかホモだーだからわたしに彼氏ができないんだー」

幼女「って」

男「違う意味でやばいな」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:26:20.33 ID:CWT2JPg00
……

同僚2「ほい、今日のぶん」

男「了解」

同僚2「それと、頼まれてたやつ」

男「ありがとう。しかし早いな」

同僚2「まぁお前の頼みだし。でもこんなやつ調べてどーすんの。たいして金持ってねーよ?」

男「まぁな。ちょっと」

同僚2「変なとっから足つくようなこと、すんなよ」

男「分かってる。すぐに片付けるから」


男(この仕事は、早さが命、留まらないことが大事)

男(とにかく全てを迅速に。対象を急がせ、部下を急がせ、俺達自身も急ぐ)

男(そして素早く繋がりを断つ)

男(一定の期間で、場所も、番号も変え、手口も変える)

男(留まる水は濁る)

男(一刻も早く、新しく生じた繋がりを)

男(断ち切りたかった)

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:26:49.35 ID:CWT2JPg00
男「えぇ、そうです。必ず当たる方法を、あなただけにお教え致します。いえ、それが実は、言葉通りの出来レースってやつなんですよ。そのあらかじめ決まっている結果を、会員様にだけお知らせしているんです。儲けている人のほとんどが、実は会員なんですよ」

男「会員になって一定額……詳しくは申し上げられませんが、億の単位とだけ。……その一定額を稼ぐと、自動で会員から外され、次に当選した方が、会員に選ばれます。そうして、当たっている人がいると見せることで、全体の参加人数を維持しているわけです。そのための会員システムでして」

男「こちらとしては、早く決めなくてはいけないので、今日じゅうに……お客様が断った場合、他の方に。そうですか? では、……あー、いえ」

男「それでしたら、こちらの指定する機関から借りて頂いて。えぇ大丈夫です。すぐに取り戻せますので。はい。では今から指定する……」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:27:59.24 ID:CWT2JPg00
……

幼女「すぅ……すぅ」

男「……もうすぐ、朝に腕がしびれる生活とも、おさらば、だな」

幼女「むにゃ……」

男「…………もうすぐ、だからな」

幼女「……この…………ろりこん……むにゃ……」

男「……そうだよ」

男「だから、見捨てられなかった。こんな仕事やってて、余計な面倒、起こすわけにいかないってのに」

男「正々堂々、お前の親と対面する気もない」

男「広く訴えかけて、事を大きくして保護機関を動かす気もない」

男「やってることはただの犯罪。クズでヘタレの、ロリコンだよ」


男「…………それでも、一人くらい、救えたら」

男「仏さんは、蜘蛛の糸でも垂らしてくれるかね……」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:30:23.61 ID:CWT2JPg00
……

男(それから、一ヵ月)

男(思ったより、かなり手早く事が運んでくれたらしい)

幼女「え……」

男「聞こえなかったか? 今言った通り、お前はもう帰れるんだよ」

幼女「なんで……」

男「それも言ったろ。お前の親の、彼氏さん。借金まみれになって、どっか消えちまったとよ」

男(マグロ漁船だとか、コンクリ詰めで東京湾だとか、溶かして道路だとか、危険な発電所の作業員だとか)

男(どうなったかは、俺は知らない)

男(けどとにかく、上司に無理矢理頼み込んで、そいつが女売るような真似せず、そいつ自身に落とし前つけさせた)

男「だから、もう帰れるんだ」

幼女「っ…………ぅ」

男「もう大丈夫なんだ。……自分の家で、暮らしていける」

幼女「……っん、ぅんっ……ぉかあさん、もとに、もどっ」

男「あぁ、お母さんのもとに帰れるんだ」

幼女「うぅう、うあああ」

男「泣くな。泣かれると、俺が通報される。それは困る」

幼女「うんっ……。ありがと……ロリコンクソ野郎」

男「なにもしてねぇよ、おしっこ幼女」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:31:22.36 ID:CWT2JPg00
男「じゃあな、元気でやれよ」

幼女「ばいばいっ……! またね!!」

男「また、は、なしにしてくれ」

幼女「えー?」

男「それから、誘拐されてたとか言うのもなしな」

幼女「どーしよっかなー」

男「おいおい……」

幼女「また、会ってくれるなら」

幼女「誘拐されたなんて言わないよ」

男「…………」

男「分かった。いつか、また会おう」

幼女「やった! 約束ね」

男「へいへい」

幼女「指切りげんまんうそついたらハリセンボンのーます! 指きった!!」

男「……」

幼女「じゃーね!!!!」

男「あぁ、じゃーな」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:32:21.34 ID:CWT2JPg00
……

男(……朝か)

男(隣には誰もいない)

男(ただ少しだけ、あの子の残り香がする)

男(あと、あんな小さな子には似合わない、大人用のパンツもいくつか)

男(……これだけが、俺の収穫か)

男「ま、悪くない、な」







『……続いてのニュースです。市内の小学○年生の少女が、自宅の浴槽で溺死しているところを発見されました。警察は虐待の疑いがあるとして、少女の母親を……』





おわり


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:41:54.48 ID:Pum3SRJe0

鬱終わりか……好きだけどな
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 23:15:05.41 ID:/idLtZuAO
うそだと言ってよ…

幼女一人救えなくてなんのためのロリコンだよ…

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 07:48:18.30 ID:+whokxMDO
児童虐待なんてこんなもんよ

子どもが救われる展開はあり得ない、子どもを傷つけた時点で親はただの動物に成り下がる

それでも子どもを救いたいなら人生賭けないと無理

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク